おはようサイク 19-72

11月30日(土) 天気 晴れ
明日使う折り畳み自転車を使って、おはようサイクを走る事に。
 参加予定のメンバーも・・ 予想に反して、私だけでしたね。
 ほんとにたまにしか乗らないので、状態を確認しておかないとね。
 参加者 9名 (多和田、清水、和田、後藤、飯沼、田中、西川、西川、私)

堤防の下道を走って「下座倉大橋」の袂へ。
 橋を渡って左折、何時ものコースに入る、やっぱりこの時間車の通りは多い。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、季節風の向かい風、起き上がっているので、まともに感じる。
 俺が先頭かよ! とも思うが、何時もの事なので、走るしかない。
 時速22キロ、ケイデンスは着いてないのでわからない、少し少ないかも。
 この風、飯沼さんも居るので、こんなもんだろう! 
 高速横のテニスコートでは、多くの男女で賑わっているし、ウオーキングがあったのにまだ工事車が見える。
 とりあえず、ギヤも変わるし、Vブレーキもしっかり作動している。
 
「平野庄橋」東交差点を過ぎて、清水さんに前に来てもらう? 話をしていて離れてみたいで少し待って。
 スピードアップし、離れて行ったのは、清水、多和田、和田さんの3人。
 田中さん、今回は遠慮します! ってこと? 西川さんは、奥さんが心配だねえ!
 取り敢えず、飯沼さんペースと行きたいが、向かい風で付いて来れるか? ってことです。
 少し左上からグライダーが、音もなくスーッと降りてきた感じだ。
 今日は、風もいい加減あって、最高のコンデションなんだろうなあ。

「三町大橋」下をくぐって、追加走りで、再び「揖斐川」堤防、後藤、田中さん前へ。
 「井ノ口橋」でUターン、先に行って! 頑張って運動してもらう事にした。
 こんなスピードでも、体が温かくなってきて、背中が汗ばんできた。
 20キロほどあるので、1時間ほど走って行く事になり、最高の有酸素運動になる。
 交差点も少ないので、停止しなくていいのも最高だね。

「岡島橋」を過ぎて、あと2キロほど手前から、スピードアップ、前の2人に近ずいてみる事にした。
 橋のたもとで2人止まって休憩? 私はそのままUターンし戻る事にする。
 戻りは追い風、ペダルに足を乗せているだけで24キロ、少し力を入れると28キロです。
 ハンドルに指先を乗せ、体を起こして、追い風を受けて、そんな走りを満喫する。
 少しすると、皆が後ろに来たので、スピードアップ良い風でしたねえ。

トンネルを抜け下ったところで休憩。
 何止まってんの! 運動しなきゃあ! (私) 喉が渇いて・・ (田中さん)
 そんな冗談を言いながら休憩、山の紅葉が綺麗です。
 曲がる合図をするとき、片手を出すとふら付いてしまう・・ (田中さん) 最初はみんなそうだね(私)
 上体のウエイトが腕に掛かって居る事と、踏んだ時に力が腕にかかるのが原因。
 足で踏んでる、と言うか、腰で踏むように、道路端の白線の上を走る練習が良いかもね。
 目線は遠目に、重いギヤや軽いギヤで、腺から落ちないように練習する。

戻ろうか! と言いながら、立てかけた自転車を?? サドルが動く??。
 前後が上下にガタが有る、え? ボルトが緩んだんだ! たいしたガタではないので、戻ってからやる事にした。
 最後尾、直線道路に入って、道路のへこみでガタンとなったら、サドルがずれた!!
 やばい! 前が上がって傾いた、手で治そうと思ったが、治らない。
 とりあえず「三水川」まで行ったら直す事にし、そのまま走る。
 堤防に入ってストップ、レンチを出してボルトを緩め、サドルを水平にし締めなおす。
 少し遅れていたのに、完全に遅れてしまった感じだ。
 
街中を抜けたところで、川面を泳ぐヌートリアを見つける。
IMG_2705 (編集済み).jpg
 泳いでいるとかもがすぐそばに、でも逃げる気配なし、襲われないって解ってるんかな。
IMG_2706 (編集済み).jpg
 しばらくぶりで、こんな風景を見れました。
 柿の葉っぱも綺麗に色図いて、取り入れも最終期に入って来た様子だ。
IMG_2707 (編集済み).jpg
 家の側までこんな感じだね。
IMG_2708.jpg

「タイサンボク」到着! 「谷汲」コースの3人の自転車もあり、本当に最後になったんだ。
 何時もの8人席、早いメンバーの前にはコーヒーが来ていた。
 明日の予定などを話をして、皆に置かれてしまった感じで、最後の一人になってしまった。
 

"おはようサイク 19-72" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント