おはようサイク 22-51

8月 7日(日) 天気 曇り
今週も2回走れそうだね、犬の散歩が入るようになり、少し余裕がなくなって来た感じだ。
 なんとなくバタバタと準備をし、玄関へ、そうか! 自転車でないか? となる。
 跳ねが上がったモールトン、そのまま作業場に居れたんで、フラットロードが出せない。
 仕方なく、モールトンを外に、フラットロードを出し、モールトンを・・ だったね。
 7時過ぎてしまった、慌てて車に乗り込んで、家を出る。
 駐車場には、後藤さんの車、田中さん? が居た。
 参加者 7名 (和田、田中、後藤、今木、高橋、内藤、私)

コロナで掃除が無くなった! とかで、田中さんが参加、高橋さん、今日も来ないなあ! まだ駄目かな?
 準備に手間取っている間に、今木、後藤さんが走り出していった。
 少し遅れて、和田、田中さんとともにスタート、何時ものコース「谷汲」休憩です。
 当たる風は、ジメッとしていて、梅雨時みたいな感じがする。
 とにかく、スカッと爽やかな朝・・ が、少なすぎだよね。
 今回は、と言うか、今回も、追い越さず後ろからの走り! です。
 
「ゆ~みんぐ」を回って、「揖斐川」堤防を北に向かう、風はほとんどない感じだ。
 時速26キロ以上なら、無理に付いて行かずに、マイペースで・・
 まだこの辺は、ゆっくりした走りに成って居る。
 右下のテニスコート、今日は、女性が多い様子、ピンクや赤の服装が多い。
 いろんなところで、女性の姿が多く見られる様になったもんね。

「平野庄橋」東交差点、今木さんの姿は見えず、大分離れた様子だ。
 スタートするも、スピードは控えめの時速24キロ程。
 今日は、このまま先頭を維持する気? 何だろうね、と、思いながら後ろです。
 この前、上りで息切れしたからね、それよりは最後まで行けるスピードの方が、良いかもね。
 グライダーは、白と黄色の2機が、並んでいる。
 河川敷には、大人の人がサッカーのゴールを移動して、子供らがウオーミングアップ? してる。
 見慣れた風景だが、やっぱり賑やかなのが、良い感じですねえ。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から左折、小さい橋を渡って右折、再び堤防だ。
 そう大きなスピードの変化も無く、良い感じで走れてるね。
 周りの風景を見ながら、少し余裕を持って走れる、こんな感じも最高です。

「前島橋」後ろを少し詰めて、同じ信号で通過できるようにした。
 その後も、少し間を開けて、先頭走りを続ける。
 「井ノ口橋」の所で、和田さんが抜ける? かと思ってたが、そのまま後ろを走って居る。
 民家の有る所も、良い感じで走る事が出来た。
 「川口橋」を渡って左折、風景を眺めてのんびりしてる間に、置いてかれた。
 まあ、何時もの事だからいいや! と、思いながら下り基調です。
 左へ曲がって「井ノ口橋」を渡る、信号交差点、上手く渡ったつもりだが、次がダメだったね。
 「303号線」交差点を直進、そう言えば、あの坂を上る! とか言ってたなあ! 思い出す。
 直線道路、前方に2人の姿が見える。

いよいよ「東山トンネル」、ここで間を詰めれる! と、ギヤを換えて上りの体制。
 両サイドの並木、ピンクや白い色の花が、奇麗に咲いてる。
 前に見える2人が、頑張って居るのを見ながら、途中でストップ。
IMG_5493.jpg
IMG_5494.jpg
  (グーグルで調べるのを忘れ、後で確認 ”さるすべり” でした。)
 トンネル入り口が見える所で、もう1枚
IMG_5496.jpg
 見えなくなった二人の、後を追います。
 
坂を上りに行ったのかな? 少し不安では有るが、T字路を左折する。
 21キロ程で小さい上りを走り切り「道の駅」の直線へ。
 此処からが本格的な上り、前方に赤いウエアのサイクリスト? 小さくて良く判らず。
 少し近くなり、やっぱりサイクリスト、和田さん? みたいだ。
 距離的には、追い付かないかもね、でも上手く行けば・・ だ。
 上りがきつくなると、どんどん近くなってくる、和田さんが落ちてきた様子だ。
 田中さんの姿が見えず、来てないか? もっと前?
 右へ緩やかにカーブし、トンネルの入り口が見え、居ました、着いてましたね。
 和田さんの後ろに何とかついて、入り口に到着、同時に田中さんが下りスタート、2回目来る? だって。
 ペットボトルのお茶を、一口含んで吐き出し、それから飲み込む。

下りスタート、2回目来るなら付き合う覚悟です。
 前傾姿勢を取りながらも、戻ってくる田中さんを、見逃さない様にしながら、下ります。
 「道の駅」は、居ないなあ? T字路まで行った? 通過します。
 それほど頑張らずに、アップダウンを走るが、田中さん来ずにT字路を通過。
 見逃しを心配しながら「谷汲」交差点を左折、参道を上る。
 
途中、駐車場のトイレの所に和田さんが、そのまま通過し、おばちゃんの店へ。
 内藤さんが居て、今木さんらが今戻ったとこ、高橋さんも一緒! と、教えてくれた。
  (内藤さん、農耕接触者で待機開け、高橋さん、遅くなって今木さん等と、合流した)
 ”冷たいぜんざい“ を注文、ぜんざいにかき氷が入ってる。
 冷たくて良い感じだ、やっぱり夏ですなあ! (かき氷は、冷たくて良いが、多すぎる感あり)
 ”濃厚接触者“ 元気だけど、どこにも出れない! やっぱり厳しいねえ!
 そんな話をしながら、休憩タイムだ。

10時になるよ! と言いながら、戻ります。
 何かのんびりしてしまった、参道を下って交差点を左折、何時もの裏道へ。
 内藤さん、奥さんと喫茶店で待ち合わせ、「万代橋」で別れる。
 途端にスピードが上がって「分水嶺」を過ぎると、30キロを過ぎる。
 先頭和田さんだからなあ! 走りきられるときついんだよなあ! と、後を追う。
 間を開けているのに、36キロはきついよ! 田中さんも少し遅れ気味だ。
 このまま行ったら千切れるかも! なんとか落ちて来て、30キロ、助かる。

「大野橋」を過ぎると、又もスピードが上がる、何時もの事ながら、我慢比べだ。
 少し間が空いた田中さん、すぐに持ち帰下、頑張ってるねえ!
 カリモク手前で、一旦スピードが落ちるが、又上がってきて33キロ。
 やる気になってるね和田さん! って、感じだ。
 30キロになって「薮川橋」下へ、ここの下りで、一息つける。
 片足付きで、一旦停止したので、間が大きくなった。
 堤防への上り坂、頑張るにはちょうどいい感じ、頑張れ!! 上りきって、後ろに付けた。
 
「真大橋」下から下道へ入って、ゆっくりなスピードになる。
 お互い、走ったあ! って、感じだね。
 クールダウンをして、「泰山木」到着、でした。
IMG_5501.jpg
IMG_5502.jpg
  (後で判ったのですが、休憩が長いと、勝手に ”フリーゴール” してしまうみたいで、途中で切れてました)

店内には、先に戻った今木、後藤さんのほか、高橋さんも居ました。
 結構一杯で、奥の方に和田さんと席に、モーニングです。
 途中、多和田さんが来たが、エンジン付きのバイクです。
 後藤さんに、ロングナットの件を話したり、高橋さんと腰の具合を・・。
 今回の走りは、終了! でした。

おはようサイク 22-50

8月 6日(土) 天気 曇り
悩ましい空模様、何時雨が降ってもおかしくない感じだ。
 エアコンを付けたままで寝てしまったのでか、なんとなく体調が良くない。
 とにかく、走るウエアーに着替え、土曜日なので、モールトンを車に乗せ、家を出る。
 道路の端に水溜りが有るが、走って居ると、乾いて来たので、北の方が降ったみたいだ。
 西川さん先着、田中さんも来ており、走る気満々でした(明日、用事で走れない!)
 後藤さんも来ていたが、走る格好ではない、モーニングをして帰るとの事。
 参加者 4名 (田中、今木、西川、私)

調子が悪いので、私Bコース! が、伝わらなかったみたい、ウオーミングアップ走行に入る。
 「ゆ~みんぐ」を回って、どこ行く? の話に。
 「揖斐校」コース! 皆は、何時ものコースで良いよ! が、皆、同じコースになった。
 なんとなく、軽い船酔い状態みたいで、フワッとしている感じだ。
 最後尾からの走りで、行く事にしました。
 先頭は、西川さん、時速22キロ程、皆もあまり走りたくない?

ミニベロのモールトン、久しぶりなので、尻が痛い! 困ったものです。
 雨がパラパラっと、でもこれで終わってくれた感じだ。
 路面も黒くなって来てるし、北の方ほど雨が近かったんだね。
 「三町大橋」手前、この曇り空を写真に・・
IMG_5482.jpg
IMG_5483.jpg
 橋の下をくぐり、中間堤防を走ると、橋のたもとで、西川さんらが止まってくれてました。
 そのまま先頭に成って、少し走って左側の道路に入る。
 小さな橋を渡って右折、え! こんな道路有った? (田中) 高橋さんが教えてくれた! (私)
 「303号線」交差点を直進、このコースは、道幅は広くて、走り易いですよね。
 さあ! 峠を上ります!
 路面が濡れていて、左カーブは、特に急になるので、少しおっかなびっくり走る感じだ。
 ギヤを落として、ゆっくり走る事にした。
 トンネルを抜けると、雨は降って無いが、路面は濡れていて、下りなので跳ねが上がる。
 下り終えると、道路の濡れも少なくなって、跳ねが無くなる。
 
「谷汲」参道の、おばちゃんの店到着です。
 暑い! と言うほどでも無いので、今回は、ぜんざいを・・。
 
戻りは、何時もの裏道、ここも濡れているので、少し前に降ったんだね。
 南の方は、少し明るく成って居るので、雨は降られずに済みそうだね。
 田んぼの中の挑戦道路、路面がまだ濡れてる。
IMG_5484.jpg
IMG_5485.jpg
 ゆっくりなので、写真を撮りながら・・
 「万代橋」
IMG_5487.jpg
 「根尾川」堰堤の上側
IMG_5491.jpg
 堰堤の所に「分水嶺」が有ります。
IMG_5490.jpg
 左の青い所から、「根尾川」の水を取り、
 手前が堤防下をくぐって、水が流れて、左右2方向へ、別れて「本巣市」へ。
IMG_5492.jpg
 此処から、田んぼに入ったり、大水の被害をなくしたりしているんだそうです。

 「根尾川」堤防を時速25キロ程、これならいい感じで、走れる。
 川の水量は、少し多いかな、まだ少し濁ってる感じだ。
 また一人走りになったのですが、毎回感じが違うからね。
 道路も乾いて来ました、おしりを触ると、ザリザ利する、バッグも同じだ。
 これは、掃除が大変だなあ! とか思いながら、天気が良くなって来た。

 今日の走りです。
IMG_5499.jpg
IMG_5500.jpg
 後藤さんは、帰った後、私等だけでコーヒータイムです。

おはようサイク 22-49

7月31日(日) 天気 晴れ
朝から良い天気で暑い、昨日から比べると、体調は良い感じだな。
 ポロシャツに短パン、短パンジャージと違い、少し短いので、まだ日に焼けてない部分が見える。
 ボトルは、自転車に付いたまま、時間が無いのでそのままで・・。
 駐車場に着くと、参加者はもう準備を終えてたね。
 参加者 4名 (和田、西川、田中、私)

内藤、後藤さんも来ては居たが、サイクルコンピューターと時計のプログラミングとの事で、不参加。
 4人で走ります。 
 コースは、「根尾断層」帰りは国道コース で、スタート。

「根尾川」堤防を北に、先ずは、ウオーミングアップ走行です。
 風はほとんど無し、道路端、僅かに黒くなって居る所、雨の跡が残っている。
 とにかく、熱くなりそうで、首の後ろ側の覆いが、役に立ちそうだね。
 「真大橋」過ぎからスピードを上げて、時速24~5キロに。
 ケイデンスが93回、ほとんど25キロかな、先が長いので、こんなもんです。
 何時もは最後に頑張って上る坂を下って、平坦になって、合流するところから、また上って「薮川橋」交差点だ。
 赤信号で小休止、青にて走り出す。
 先頭交代! も、考えたが、もう少しこのままで行く事にした。
 何時もとは反対に見える景色、新鮮で良いですよね。
 少しの間は、上りを感じないが、中間ごろから、僅かに上ってるんですよ。
 向かい風もほんの少し出て来て、良い感じに運動してるなって、思える。
 「大野橋」の間は、結構長く感じる、3キロあるのかな。
 車が結構多いので、蹴飛ばされないように注意です。

「大野橋」を過ぎた所で、先頭を交代する。
 田中さんが先頭、間に・・ と、言われるが、最後尾に下がる。
 間に入ると、お尻を見ながら走らないとダメなので、ダメですね。
 間を少し開けて、景色を見ながらが最高、先頭と同じなので、大変ですけどね。
 ?? 少し間が空いて来た、スピードを上げると、時速28キロになった。
 26キロまで落とす、間が少しづつ大きくなってくるが、仕方ない。
 トータルで遅れなければ良い! つもりで、後ろから走ります。

「分水嶺」「本巣」の方からの道路と合流、左へ入る。
 下り坂を走って右へカーブ、左側「万代橋」を渡って右折、大分離されてしまった。
 時速2キロ違うと、1時間で2キロ差が出来るんだもんね。
 そんな事を思いながら「谷汲口」左折し、すぐに右折です。
 前方に小さくメンバーが見えたが、カーブですぐに見えなくなってしまった。
 此処からは、アップダウンが多いので、何とかなるかもね。
 次の上り坂で差が縮まるが、上り終えると、又差が戻ってる。
 下りと平坦の所は、まだ、私の方が遅い感じだ。
 道路工事の場所、ここからは、道幅が狭くなって、上りが多くなる。
 杉並木のトンネル状態、日陰で薄暗い、山に来たあ! って、感じるねえ。
 山側から流水があるし、石ころだらけ、木くずのか所あり。
 水しぶきも上がるよなあ! お! 風が冷たい!! 横から冷風だ。
 前のメンバーが、近づいてきましたが、すぐカーブで見えなくなる。
 上りの途中で、追い付いたあ! と、言いながら、和田さんを追い越す。
 その後に、田中さん、西川さんを追い越して、写真を撮ろうとストップする。
IMG_5474.jpg
 西川、田中さんに追い越され、走り出す。
 この辺は、左側、崩れ止めのブロックが、緑のコケに覆われてるのが、最高です。
 今回は、若いサイクリスト、グループなんだろう、5~6人が下ってきてすれ違う。
 濡れても居る所が有るので、注意ですよ! 頭の中で、励ます。
 民家の有る区域に入ると、もう少しで目的地だ。
 通り抜けると、右側に「根尾川」がすぐそばに見える、良い景色です。
 「根尾断層館」到着です。

少し遅れて、和田さんも到着、トイレ前の縁石に座り込むが、又も虫に食われた。
 この前なんか、3か所ですよ! 私だけ、どうして?
 上り強いですよねえ! と、田中さん、始め早やすぐだって! 私。
 後ろ見えなかったもんね、それでも追い越されたもんね! 西川さん。
 ビンディングの話に、足が痛いので、フラットペダルに! (西川) 滑らない? (田中)
 ツーリングペダルが、面積が広くて楽だよ! (私) シューズも、硬いとダメかもね! (私)
 そんな話から、踏み方に、踵が下がる方が・・(西川) いや、それはダメ、力が逃げてしまう! (私)
 やっぱり、踵が上がっているか、水平で、上から踏み、下で引き上げる。
 人間自然とそうなってる、階段上る時、意識しなくても、右足で上げる時、左足つま先で蹴る。
 私は、朝の運動時、ベンチでの上がり降りするが、それが良く判る。
 意識して、蹴らないと、上げるのが大変さが解かる。
 それと、やっぱり体幹、腕の力で上る前に、体感で上る。
 TVでやってた、チャリダーでの、片足立ちの自転車こぎ、(やって見る)
 オリンピックに出た、女子空手のこれ・・ (やって見る)
 なんて、なんか、講義の時間に成ってしまいました。
 やっぱり、パワーメーターが欲しくなってしまいますよね。

戻りは、ここから少し北に走り「幸福橋」を渡って、国道へ出ます。
 橋の上で止まって、写真を撮って、景色を見渡して、走り出します。
IMG_5476.jpg
IMG_5475.jpg
 皆も止まったせいで、私が先頭に成ってしまった、図られたか!!
 ま、後ろも前も一緒か、遅ければ、追い越していけばいいからね。
 時速28キロ、まあ、こんなもんでしょう。
 道幅が広いし、季節的には、車の行き来もそうは多くないので、走り易い。
 トンネルも歩道に入らず、そのまま車道、少し濡れてはいるが、問題ない。
 抜けると、途端に暑さが戻って、ずっとトンネルが良い! 勝手なことを!
 さあ! 長い上り坂ですよ! ギヤを落として頑張ります。
 今回は、なんとなくたやすく登れた感じがする。
 さあ! 下りです! 向かい風のせいか、思ったよりスピードが上がらないが、仕方がない。
 2つ目の坂を下って、緩やかに左へカーブしたところで、後ろから何か声がした。
 左側に居たおじさんと知り合い? 何か叫んでる? パンク! 停止する。
 自転車を降り歩道へ、西川さんが何かやりだした。
 パンクではなく、サドルがガタついた! ボルトが緩んだみたいだった。
 田中さんに、早い? 遅い? 聞くと、ちょうどいい感じです! との返事だ。
 和田さんが来た、ゆっくり行くは! 俺らも、そう早く行かないから! と、一緒に走り出す。

この辺からは、上りと言っても、緩やかに上るだけなので、下り傾向だものね。
 時速28キロをキープしながら、良い感じも風景の中、快調に走る。
 途中、エルモのメンバーや若い男性に追い越されるが、こっちはシニアチームだもんね。
 頑張ってるんだから、気を使いながら追い越して欲しいね。
 「樽見線」の鉄橋が見えて、「谷汲」からの道路と交差する。
 少し走って道路を横断し右へ、「万代橋」袂を通過。
 上りも何とか上って「分水嶺」 後ろOK! の声を聴き、右へ入る。

堤防道路、腹も減ってきてはいるが、エネルギーが底をつきそうです。
 ボトルの水はほぼ残って無いし、何とかいけないかなあ! って、感じに。
 とにかく熱い、下から吹き上げる風が、モヤッとして熱風だもんね。
 横風と交互に、下から来るんだよね、これがたまらん 熱い!。
 「大野橋」をタイミング良く、車が来ずに、通過できた。
 いよいよエネルギ切れな感じ、誰か前に・・ でも、スピード出されたら、千切れるなあ!
 こんな時の為に、朝飯食わずに運動してきたんだ、脂肪を燃やせよ! と、体に。
 「薮川橋」下をくぐり、一旦停止は、肩志付きです。
 最後の上り坂、ひと踏ん張り・・ 時速32キロー で上り終える。
 左でが震えてる! ダメだこりゃ! みたいな感じで、時速24キロへダウン。
 後ろは遅れたみたいなので、呼吸を整えて・・ 時速26キロに。
 「真大橋」下から下道へ入る。
 エネルギーは何とか持ったようだ、良かったねえ! て、感じです。
 最後に、クールダウン走行は、皆と一緒でしたので、最高ですね。
IMG_5479.jpg
IMG_5480.jpg
「泰山木」到着、自転車を何時もより傾けて、右足を戻す。
 店内に入って、ヘルメットを取り、そのまま椅子に座り込む。
 奥開いたので、一緒の方が・・ 移動するが、すぐに座り込んだ。
 コップに水を一気に飲む、右手の指が震えてる!、と言うと、 熱中症だわ! と、和田さん。
 そうでは無いけど、エネルギー切れだね! 良く走ったなあ!!
 着替えを終えて、西川さんも、良く走ったねえ! と、皆、満足そうだ。
 1人でも千切れると、面白くないけど、そろってゴールだと、感じが違うよね。
 「乗鞍」の話へ、1回上ったらもう良いよ! 景色が良いよね!
 雨降られるから! 上ったことが無い、田中さん、興味津々だった。
 あそこどうなの? 国道303から・・ 茶畑の横! そうそう!
 どこへ出るの、「横倉」からの急坂を上りきったところ、昔学校が有ったのかな。
 今度上って見ましょうよ! 次回の日曜日だね! との話に。
 何かどんどんきつくなってくる感じ、俺は75に成るんだぞ!!
 
 

おはようサイク 22-48

7月30日(土) 天気 晴れ
夜中に何度か目が覚め、寝苦しい夜だった、雨も降った様子だしね。
 なんとなく寝足らない感じ、洗顔の後着替え、犬も散歩を済ませ、ヘルメットを持って玄関へ。
 シューズ、ボトルに水を入れ・・ 自転車を・・ 家を出る。
 時間ギリギリで、駐車場に着いたので、皆集合をしてた。
 参加者 10名 (今木、内藤、和田、多和田、長谷川、西川、田中、尚大、後藤、私)

どこ行く? の前に、内藤、今木さんの2人は「根尾 薄墨桜」の向け、走って行った後だった。
 後藤さんは、ヘルメットを忘れた事も有り「来振り寺」の方から・・ とか言っているので、「谷汲」コースにした。
 私は、なんとなく気が乗らず、後藤さんと共に、「揖斐校」コースを行く事に。
 
久し振りの尚大さん、大きな建物の鉄骨に、何が出来るの? 総合病院! と、和田さん。
 上の所が、ヘリポートかな? 金属の色が違って、角が丸くなっている。
 「道の駅」からの景色が、なんとなく建物で邪魔される感じ、窮屈になる感じだね。
 そんな話をしながら、ウオーミングアップです。

「下座倉大橋」を過ぎると、スピードが上がって、後藤さんと2人残された。
 でも、時速21キロ位で走ると、少しづつ追い付いて来たので、このまま行く。
 今回は、こんな走りで良いかな! 年なのかなあ? 
 このメンバーの中では、後藤さんと共に、最年長になるんですよね、考えてみると。
 「ゆ~みんぐ」を回って少し行ったところで、釣りの話になる。
 「揖斐川」は、「根尾川」と違って、この前の雨の影響は、ない感じだね。
 水量も、それほど増えて無いみたいだし、濁って無いもんね。
 「根尾川」は、増水したより、濁りがひどかったもんね、上流でまた崩れた所が有ったみたいだ。
 そんな話をしながら、皆の後を追う。

「平野庄橋」東交差点、赤信号で止まった皆に合流する。
 青信号で走り出すとすぐ、間が空いて、置いて行かれたのは、当然ですね。
 どんどん小さくなっていくのを見ながら、私等は、時速21キロ走行です。
 格納庫が1個しかなく、黄色の機体のグライダーが、外に出されて、周りに7^8人の人が居る。
 今日は、最高に気分良く、飛べるんだろうね。
 河川敷の運動場には、サッカーのゴールが出ていて、青や黄色の弓ホーム姿の、ちびっ子の姿がある。
 同じ色の子らが、数か所に分かれているので、試合でもあるのだろうね。
 車も多く止まってるので、府警も大変ですねえ! 熱いのに。
 そんな風景を見ながら走って居ると、10キロ、平均速度・・ ウオッチからの声だ。
 5キロごとに、アナウンスがあるんですよ! おもしろ!! (ランニングの場合は、1キロごと)
 
「三町大橋」下をくぐり、直進した後に、左へ入るが、後藤さんは直進し「303号線」へ。
 私は、小さい橋を渡った所で、右へ・・ (高橋さんが教えてくれたコース) 。
 「303号線」信号交差点を直進、田んぼに出たところの、右へカーブするところで、合流です。
 こうつうりょうのおおいこくどうを、はしってよこぎりたくないので・・ ですが。
 さあ! 峠越えに入ります。
 ギヤを落として、ゆっくり上りながら、後ろを確認、後藤さんの姿が見えず。
 カーブを曲がった所で、再確認すると、離れた後ろを走って居るのを見る。
 そう言えば、九十九折なんだよな! と、止まって写真を。
IMG_5468.jpg
IMG_5470.jpg
 上ってきた感が有りますよね。
 ゆっくり走ったおかげでの、景色ですね。

頂上の、小さなトンネルを抜け、下りに入るが、日陰を抜け日が当たると、熱いねえ!
 今の時間だと、右側からの太陽の光になるので、ほとんど日陰は無いんですよ。
 惰性で下った後は、又時速21キロ程度で、風景を見ながらのサイクリングです。
 この季節、民家の庭先には、ほとんど咲いている花は見かけないね。
 田んぼの稲は、稲穂が家の側よりは、粒が大きくなっている感じだ。
 この時期は、緑一色! って、感じの空閨だ。

おばちゃんの店到着、やっぱり私等の方が、早かったね。
 熱いので、かき氷だ、今回は、水色の ”ブルーハワイ味” にした。
 おばちゃんと世間話をしながら、かき氷を・・ 冷たい!!
 和田さん等が到着、尚大さん、「昆虫館」かも? と、言うので、行って見る。
 いませんでした、戻ったついでに、山門まで行って見る。
 桜のトンネル、良いですねえ!
IMG_5471.jpg
 「谷汲」山門です!
IMG_5473.jpg
 戻ると、和田さんが、戻った後(尚大さんと連絡し、先に戻った)だった。
 西川さんは、T字路からの2往復したみたいですね。 頑張ってるウ!!
 汗も、収まった所で、帰ります。

「昆虫館」前から裏道コースへ、なぜか後藤さんが、少し前を走って居る。
 コースの件もそうですが、難しいものですね、人の頭はね。
 田んぼの中の直線道路を抜け、山影から日の当たるコース、サイクリストとすれ違う。
 黒づくめ、長そでにズボン、熱そう!! やっぱり、夏は、半袖短パンです!
 そんな事を思いながら「万代橋」を渡って、右折する。

「分水嶺」後ろを確認し、道路を横断、堤防を走る。
 何時もの様に、少し間をおいて、最後尾だ。
 それにしても早過ぎない? 時速30キロ超えてるよ!
 そんなに急がなくても、来る時は、のんびりと来たのになあ! と、思うけど仕方がない。
 離れすぎない様に、走るだけです。

「大野橋」過ぎると、西川さんが先頭に、後藤、田中さんが遅れて来たので、間に入る。
 コーヒータイムでの話、息の先頭は、田中さん「井ノ口橋」辺りで、交代した。
 その後、多和田、長谷川さんに、付いて行けず、西川さん先頭。
 トンネル前の上りで、尚大さんに追い越され、トンネル内で、車にホーンをならされたみたいだ。
 そんなんで、田中さんは息切れした感じなんでしたね。
 西川さんが、前で力強く踏んでる、下ハン持ってるみたいだし。
 間を開け後ろから見てると、意外と左右に動いてる感じがするなあ!
 スピードは、それほどぶれないけど、横に動かない方が、効率良く走れてるんだよね。
 直後ろで走ると、前を注意しないといけないので、自分の走りがどうの・・ は、出来ない。
 少し間を開けると、先頭状態で、きついけど、自分での走りが出来るんですよ。
 白線から、離れない様に、カーブでも白線通りに走るとか、です。
 
「薮川橋」下をくぐり、一旦停止からの堤防への上り、頑張って上る。
 これで、今回の運動は、完了! って、感じですね。
 
「真大橋」下から坂ノ途中を左へ、下道に入ります。
 右側工場が並んでいる、歩道には、毎回ウオーキングの人が、今回も居ました。
 ダメですよ、そのゆっくりな歩き方は! と、言いたくなってきそうですね。
 家の側でも会ったなあ! 半袖短パン、ランニングシューズに帽子をかぶり、格好は最高!
 でも歩く姿は、足が上がらず、歩幅が無い、かわいそうな感じだ。
 しっかりした歩き方をしないと、歩いても意味が無い、と、思うのですが。
 とか思いながら、クールダウンに入る。
 
「泰山木」到着、店内に入ると、和田、多和田、長谷川さんが居ました。
 外に、黄色の折り畳みが有ったので、児玉さんもいまして、にぎやかだ。
 和田さんと、何やら自転車談義、真っ最中? 内容理解できず、輪に入れず。
 
コーヒータイムを終え、外に出てから、児玉さんの ? に、答える。
 適切な空気圧? 無し! 体重によっても違うので、自分で覚えておくことだ。
 例えば、この折りたたみ自転車、タイヤ外し100PSI までOK!。
 とりあえず、80PSI 入れて、乗ってみる。
 余りガタガタするのが気に成るなら、75~70PSI にしてみる。
 乗ってみると、タイヤのへこみもそう問題無いし、これで行ける様子だ。
 タイヤの太さでも違うので、自転車ごと覚えておく必要があるよね。
 田中さんも、タイヤ圧を少し落として、手の痛みが無くなった、との事ですのでね。
 自分で、探ってみるのも、必要かもね! でした。

おはようサイク 22-47

7月24日(日) 天気 快晴
完全に夏! って感じ、朝が涼しく感じる。
 犬の散歩で、特に感じたねえ! 空気がカラッとして風が心地いい。
 フラットロードを車に積み込んで家を出て堤防へ、早速サイクリストとすれ違う。
 集合地に着くまでに、3人のサイクリストとすれ違う、サイクリング日和だもんね。

天気の割にはこれだけ? 天気が良過ぎたかなあ! 言いながら、走る準備だ。
 田中さん、新しい自転車なので、空気圧の話
 25Cのタイヤ、7.5(110psi)から7.0(100psi)にした、との事。
 私は、23Cで97psi もう少し少なくても・・ 思うが、とりあえず、様子を見る事にした。
 参加者 5名 (和田、田中、後藤、内藤、私)

スタート時は、4人(内藤さんは、掃除が中止で、「谷汲」合流)でスタートだ。
 良い感じの風を受けながら「根尾川大橋」を渡って左折、ウオーミングアップ。
 それにしても雲一つない、奇麗な青空、太陽の光は強いが、風が涼しいねえ。
 ウオーミングアップのスピードも速い感じだ、最後尾で走ってる。
 先頭は、田中さんに任せて、間を開け付いて行けばいいのが、このところの走りです。
 
「下座倉大橋」を過ぎ、自然とスピードが上がり「ゆ~みんぐ」を回って、北へ。
 何時もの向かい風、良い感じだ、ガラッと変わって山の景色、緑が良いね。
 何時もの様に、ウオーキングのお祖母さんとすれ違う。
 「神戸大橋」下をくぐって、再び「揖斐川」堤防へ上がる。
 右下のテニスコートでは、テニスをやってる人が、何組か見られる、頑張ってるねえ。
 高速道路の下をくぐると、左側大きな林? 風よけに成って、楽なんですよね。
 過ぎると途端に向かい風の恩恵を・・ そして「平野庄橋」東交差点で停止だ。

再スタートすると、更にスピードが上がり、時速25キロ程に、ま、何時ものスピードだ。
 グライダー練習場、河川敷の運動場、ともに人影はほとんど無し。
 ウオーキングの人が、2人ほど居たかな? こんなにいい天気なのに!
 前を走って居た後藤さんが、遅れてきてすぐ前に。
 どうした? 足が少し調子悪い! 無理せずゆっくり来て! と、追い越す。
 一緒に・・ とも思ったが、気を使わせるより、マイペースでコースを変えても良いだろうと、した。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防を走り左折、橋を渡って右折、再び堤防に。
 27キロに成ったり、スピードのばらつきは、どうしても出る様子だ。
 ずっと先頭を走るのは、大変なんですよ! それが出来る様になったのが、すごいですよね。
 後ろから見てると、田中さんは、ケイデンスが90回ほどかな、和田さんは、80回無いかもね、違いが良く判る。
 私が、もう少し早い感じで、94回だからね。
 
「岡島橋」交差点、信号に合わせ、通過するも「前島橋」は、車が来て待ちの停止だ。
 橋のたもとに男性サイクリスト、どこへ行くのかな? 挨拶し通過する。
 「揖斐川」まだ水かさが多いなあ! 釣りが中々出来ないんだよね! 余裕ですな。
 そお言えば、最近、中部電力の軽バンが見えないなあ? なんてね。
 緩やかに右へカーブ、和田さんまた下道・・ あれ? 行かないのか。

「井ノ口橋」袂を直進、家並みの間に入ったら、スピードが上がった。
 やっぱり、感じが違うんですよ、目標物が有るみたいなね。
 足に力を入れ、遅れ過ぎない様に、路面が悪いので、あちこちよけながら走る。
 最後の方が、上りを感じる所、前の2人は頑張って走り左折「川口橋」へ。
 私は、橋の上でストップ、写真を撮る事に。
IMG_5462.jpg
IMG_5463.jpg

橋を渡って左折、ランニングの男性を追い越す、大分お疲れの様子だ。
 下りを利用して、ボトルを取って水分補給、直線なので、最近多くなったね。
 T字路を左折し「井ノ口橋」を渡って、「広域農道」1つ目の信号から停止だった。
 2つ目、3つ目の信号は、スピードを調整し、ノンストップ通過。
 前の2人は、大分小さく見える位置にいた。
 僅かに上りの直線コース、ギヤを重くし、次の上りに備える。
 上りのカーブを抜けて、ちょっと平坦に、前の2人は見えない。
 トンネル前の上り、ギヤを2枚落として、上り始めると、上の方に和田さんが居た。
 こうなると、頑張りがいがあるが、田中さんは、トンネルに入ったみたいだ。
 ケイデンス55回位、何とか行けそうだが、息が上がって来た。
 ?? トンネル手前左側、歩道に田中さん、この前と同じ、息切れした様子で、止まってた。
 あ! 追い付かれたあ! 必死なんです、こっちも! 思いながら、道路を横断し歩道へ。
 和田さんの後からトンネルに入る、涼しいねえ! でも、今日は、頑張ってるなあ!。
 トンネル内も登ってはいるが、何とか呼吸を戻せるスピードで、出口へ。
 
そのまま止まらずに、下りへ入ります、下り最高!! って、感じだ。
 思ったより早く追い付けたので、ここからは余裕で・・ みたいな感じに。
 平坦になっても、和田さん早や! やる気になってまっせ、今日は。
 信号交差点、左への近道? 直進したぜ、やっぱりやる気満々だ、今日は。
 そんな事を思っていたら、離されてしまった、T字路を左折が見えてないもんね。
 そこからは、カーブが有って姿が見えず、直線の所でやっと見えた。
 「道の駅」の所でも、まだだいぶ間が有り、これは追い付けないかも? 頭に。
 田中さんの後ろで、エネルギーを温存してた感じで、走ってるもんね。
 ただ、上りのきついのは、この後急になってからなんですよね。
 ケイデンスを50台で保って、お尻を少し前に出し、膝が垂直になるように意識する。
 引き足と共に、踏むタイミングを意識し、上ってみる。
 思った通り、和田さんのスピードが落ち、後ろに付けた。
 一気に追い越す、追い付かれたあ! と、和田さん、すみません! 前行きます。
 心拍数が上がって、呼吸が大変だが、頑張るしかない、これが上り坂です。
 トンネル入り口が見えて、あと一頑張りです。
 行き絶え絶えって感じで、入り口前の日陰でストップする。
 ボトルを外し水分補給、遅れて、和田さん、遅れて田中さんが上って来て、小休止だ。
 
下りは、やっぱり良いですなあ! 歩道を上って来たサイクリストとすれ違う、頑張れ!!
 お尻を下げて、前傾姿勢で下る途中、昨日多和田さん等が、遊んだ! って、言ってたことが頭に。
 惰性でどこまで行けるか! やって見る事にした、途中で、和田さんに追い越される。
 少しづつスピードが落ちてくる、平坦から少し下ってまた平坦? いや僅かに上ってるなあ!
 そんな事を思いながら、行け! でもすぴーどがおちて、10きろ、8きろ。
 6キロになった所で終了、右側鉄工所の入り口まで行けませんでした。
 さあ! おばちゃんの店に向かいます。

今日は、おばちゃんが居なく、おじさんの店だった。
 後藤さんも居ましたが、内藤さんも居ましたよ。
 やっぱりかき氷だね、今回は、コーラ味にしました。
 田中さんが来ません? どうかしたかな? と、思っていたら来ました。
 長岡さん、2往復じゃなかったの? と、田中さん、行って来たんだ! と言ったら、手を横に振って、行って無いんでした。
 なんとなく、普通に2往復、なんてことになってしまいそうだ。

戻りは、何時もの裏道コース。
 直線道路から、左折し川の側へ出たころには、和田、田中さんの姿は、見えなくなってしまった。
 後藤さん前へ! マイペースで行ってくれ! と、先頭に出す。
 下手に、引くよりは、足の具合に任せて、マイペースの方が・・ と、思った。
 ?? スピードが上がる? 大丈夫かよ? みたいなスピードだ。
 「万代橋」を過ぎ、「大野橋」を過ぎても、そんなスピード、思惑外れです。
 途中で、内藤さんが前に出るも、スピードはそれほど変わらず。
 足の調子が良いなら問題無いが、心配ですなあ。

「薮川橋」下をくぐり合流地点、前の2人が止まった、珍しい!
 堤防の上に、2人の白バイが止まって、見張ってたんですよ。
 珍しいことするなって! 自転車も捕まるかなあ? だって、捕まるで最近は!
 「真大橋」下から下道、一旦停止箇所があるんです。
 内藤さんがスピードを上げ、前の方へ、今日は居ないなあ! 見に行ったんだ。
 私は、スピードを落とし、片足をチョン付きし、交差点を通過。
 それは、ダメなんで無いの? 止まる寸前までスピードを落とし、足付くからOK! だろう!。
 そんな話をしながら、クールダウンをして、「泰山木」到着でした。
IMG_5466.jpg
IMG_5467.jpg
先着した2人の所に、児玉さんが居ました。
 内藤さん、このメールは? この時とばかりに質問です。
 ネット詐欺に有ってから、メールにも恐怖心が・・。
 それと、後藤さんのラインが・・ ?? これ何? モーニングがもう一つ横に。
 児玉さんが、2敗目なので、モーニングだけ、私にくれたんでした。
 質問などに夢中で、児玉さんの話が、聞こえてませんでした、大笑い!!
 スマホの問題も解決し、有意義なコーヒータイムでしたですな。

おはようサイク 22-46

7月23日(土) 天気 曇りから晴れ
目が覚めて、時計を・・ 4:00 雨音もせずに、明るいので、雨は無いようだ。
 トイレ、洗顔を済ませ、走る格好に着替え、犬の散歩を済ませる。
 爽やかな感じの涼しさ、やっと梅雨明け? そんな感じも。
 バックやそのほかの物、自転車を積み込んで、7:10 家を出た。

西川、後藤さんの車があり、おはようさんです! と、何時もの挨拶をし、自転車を下ろす。
 おはよう! 何か涼しいねえ!! とか、言いながら、次々と参集です。
 参加者 9名 (和田、多和田、長谷川。西川、田中、内藤、後藤、今木、私)

「根尾」行くので! と、今木さんが走り出し、それじゃあ! と、「根尾断層」コースになる。
 ”アップルウオッチ” ワークアウトの屋外サイクリングをタップし、3,2,スタートだ。
 駐車場から「根尾川大橋」下をくぐって、堤防道路を、ウオーミングアップ。
 ”腰痛いので、先に行って!” と、声を掛ける、”ナガオカさん、腰痛で、先に行って! ってだって!” 後ろの人。
  (火曜日からかな、座った後、立ち上がると腰が痛くて、前かがみになってしまう感じだった)
 内藤、和田、多和田さんと順に、追い越して前に出て行ってくれた。
 走り始めて、問題は無いものの、腰の部分には、違和感があるんですよね。
 無理をせずに、有酸素運動だな、今日は!

「真大橋」過ぎから、速度を上げるが、時速23キロ程、先は長い!
 前のグループは、小さくなってしまった、どこかでバラけるだろうけど。
 一旦堤防を降り下道、坂を上って、再び堤防に上がると「薮川橋」交差点です。
 何時もとは、逆のコースなので、僅かに上ってるんですよね。
 上りに入ると、遅れるメンバーが出てくるので、このまま行けばいいだろう!
 「薮川橋」過ぎた所に、先に行ったはずの、内藤さんが止まって居えて、合流です。
 後藤さんの事が気に成り、一緒に・・ の様子です。
 余り無理しない方が良いと思うので、ありがたいですが、「根尾」まで行くとの事だった。
 
「万代橋」を渡り右折、山影から右へ入って「谷汲口」です。
 左折してすぐ、道路を横断し右の道路へ。
 後藤さんらが別の方へ行った! 手前に出てくるわ! と、そのまま走ります。
 学校の有る所かな、上りが始まる、ギヤはそのままで行って見る。
 この辺は、まだ田んぼが有って、民家もあり、「根尾川」も川って感じだ。
 平坦のなって、又上りが有って、平坦な所に、田んぼと民家が・・ みたいな繰り返しだ。
 そこを過ぎると、いよいよ山道みたいに、狭くはなるし、両側が杉並木で、日陰になる。
 一緒に涼しさも増してきて、山に来た感じがしてくる。
 そんな中、今木、田中さんに追いつく。
 また、スギ林があり、良い感じなので止まって写真を
IMG_5453.jpg
 ついでに、皆の写真もと、待つと、内藤さんが来た。
IMG_5454.jpg
 今木さん
IMG_5455.jpg
 西川さん
IMG_5456.jpg
 後藤さん
IMG_5457.jpg
 良い感じで走ってるねえ!!
 この辺は、「根尾川」が大分下に成って、谷川みたいな感じです。
 左山側は、コンクリートになって居る所は、苔みたいなのが生えて、緑が物凄く奇麗です。
 山から流れる川が横切る所は、冷たい風が来るしね、本当に涼しい。
 そこを抜けると、再び集落の間に、「根尾川」もすぐ横を流れる様になる。
 「断層」はもうすぐだ! って、頭をよぎる。
 少し走ると「樽見鉄道」の陸橋下を通る。
IMG_5458.jpg
 すぐに「根尾断層会館」到着です。
IMG_5459.jpg
 横の駐車場にて、休憩です。
IMG_5461.jpg
 小休止の形で、今木、内藤、後藤さんの3人は、「樽見」の喫茶店へ行きました。
 好きだねえ! と、私等は、水分補給をしながら、休憩です。

戻りは、もう少し北に走って、赤い橋(開運橋)を渡って国道に出ます。
 ヤバ! 再開にしないと! 止まって、アップルウオッチを操作する。
 これで、最後尾少し遅れてしまった。
 橋を渡って右折、皆は小さく見える、大分離されたなあ!
 此処からしばらく下り気味、長谷川さん方和田さんが、先頭なら追い付かないかも?
 案の定、どんどんおいて行かれてる感じ、見えなくなってしまった。
 最初、調子が出ずに、スピードが上がらなかったのもあるしね。
 「日向」の所の長いのぼり、誰かいないか? 誰の姿も見えず。
 上り終えてから、本気になった感じで、スピードアップする。
 30キロを超したスピードで、走って居るが、誰の姿も確認できず。
 多分、多和田、長谷川さんが先頭だと思うので、遅れたメンバーを、期待するしかないんだけどね。
 山手の涼しさが無くなって、厚さの方が勝って来た感じだ。
 でも当たる風は、涼しくてさわやか、いよいよ夏本番? て、事なのかもね。
 右手に「根尾川」を見ながら、走るのは最高ですね。
 「樽見鉄道」の鉄橋下をくぐり、直線道路、かすかな望み・・ 誰も見えず。
 コンビニで休憩・・ 自転車もなさそう、通過して右へ入る。

「万代橋」を過ぎ上り ?? 後ろにサイドバッグを付けた自転車、まさか! 児玉さんでした。
 1人で、「谷汲道の駅」とおばちゃんの店で休憩、帰って来た所だった。
 先に行って、モーニング予約を・・ 時計は、10:10 大丈夫、間に合うから! と、付き合う事に。
 それにしても、相変わらず元気が良いと言うか、感心しますなあ!
 時速19キロ程にして、「根尾川」堤防を、ゆっくりサイクリングです。
 途中からギヤを換えて、ケイデンスを92回ほどにして、風景を楽しみながら走ります。
 
10:45 「泰山木」到着、時間は、バッチシでしたね。
IMG_5464.jpg
IMG_5465.jpg
 店内に入ると、アラー! しばらくですねえ! と、児玉さんの元気な声が。
 どうしたの? と、皆、「谷汲道の駅」まで・・ 長岡さんと会って・・ と、児玉さん。
 なんとなく、何時もと違う雰囲気での、コーヒータイムでしたね。

店を出ると、児玉さんが、コンピューターなにも出ないの! との事。
 説明書が無いと・・ 言いながら、見ると、測定器が、あっち向いてポイ! 状態だった。
 位置を直して、車輪を回すと、速度が出て来たので、故障ではない感じだ。
 取り付けのバンドが緩んでしまったので、交換し、しっかりと固定する。
 クランクの、ケイデンス用の方も、固定し直し、確認すると、表示もするようになった。
 どうしても、当てたり、引っ掛けたりする、最初の内はね、アルアルですよ。
 

おはようサイク 22-45

7月17日(日) 天気 曇り
又も悩ましい空模様になった、6時ごろは軽い雨模様、すぐに上がる。
 犬の散歩中、パラパラとで上がったので、自転車を積んで家を出る。
 「薮川橋」を過ぎると、路面は濡れて、更に走ると水溜りが両側に。
 南の方がしっかり振ったみたいだ、今日は誰も来ないかもなあ! 思いながら、駐車場に到着。
 田中さんが自走で到着、走る気満々、でも路面が・・ 先にモーニングをし、乾くのを待つ事に。
 参加者 5名 (西川、田中、高橋、後藤、私)

8:30 モーニングを済ませ、路面も乾いて来たし、空模様も良くなったので、走ります。
 田中さんが、昼過ぎから雨が・・ の予定ですから、大丈夫でしょ!
 「根尾川大橋」を渡り左折、雑草が伸びて、緑が奇麗なので、止まって写真を。
 スマホを見ると、おかしい? ストラバがまたも切れてる、それも走った奇跡が直線になってる。
 再スタートを掛けると、すぐに停止してしまった、ので、やめて、写真を撮る。
 「総合病院」骨組みが大分できて来たね。
IMG_5447.jpg
 両側の雑草が奇麗だね。
IMG_5448.jpg
 スマホの問題もあり、時間が掛かってしまったので、メンバーは見えなくなってしまった。
 後藤さんも居る事だし・・ 高をくくってた感あり、そう頑張らずだ。
 「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、何時もの様な向かい風になる。
 昨夜までの雨で、同じように「揖斐川」も増水している。
 釣りは無理かなあ? なんて、のんびりしたことを考えながらだった。
 テニスコートには、人はいるものの、それほど多くは無い感じだ。

「平野庄橋」東交差点、誰も居ない中、赤信号でストップ。
 走りだし、前方にサイクリスト? 違う、看板の様だ。
 後藤さんすら見えない、河川敷、サッカー少年団が、試合でもあるのかな、テントを張ってた。
 熱中症対策もあるんだろうね、曇っててもいやに蒸し暑いからね。
 
「三町大橋」下をくぐり中間堤防、やっぱりいない、さあ! どうする?
 後藤さんだけでも、「揖斐校」コースだろう? で、直進する。
 途中から左へ入って走り「303号線」交差点を直進する。
 見通しの良い所に出るが、残念ながら、後藤さんの姿は無し。
 峠の方からサイクリストが来たが、もちろん知らない人、まっすぐ町の方へ行ってしまった。
 上りに入る、路面は黒く塗れている感じ、少し注意をしながら登る事に。
 頂上の小さなトンネル、なんとなく、懐かしさみたいな感じを受けながら通過。
 下りに入っても、それほど急ぐ感情が出ず、1人走りだ。
 
「谷汲」交差点の少し手前で、左へ入る。
 田中さんの事だから、坂を上るだろう! と、行って見る事にした。
 何時ものT字路、皆の姿は無い、先に行った? 直進する。
 途中ですれ違うかもね! アップダウンを過ぎ「道の駅」、直線気味だが、前には見えず。
 上りが急になって、ギヤを落とし、尻を少し前に出し、頑張る。
 トンネル入り口の所で停止、誰も居ない、私が早いか? 上ってないか? 下ります。
 途中ですれ違ったら、戻って2往復・・ も、考えながら走るが、すれ違ったのは、6名ほどのグループでした。

「谷汲」交差点、左側に後藤さんが居た。
 皆は? 分からないけど、赤い橋の方へ行った! 話し中電話が入る。
 西川さん、心配をし確認してきた、交差点居る返事をすると同時に、居場所を確認する。
 後藤さんは、おばちゃんの店、私は、再度T字路へ。
 
T字路で、しばらく待つと、3人が来ました。
 もちろん、一緒に、トンネルまでの上り坂、行きます。
 遅れた理由、来たコースなどを話しながら、「道の駅」を右に見ながら、本格的な上りへ。
 2回目の方が、足が慣れてるせいか、調子が良い時もあるんです。
 トンネル入り口で、休憩水分補給、トンネルからの風が涼しくて良いねえ!
 西川さんがまだ上り途中ですが、下ります。
 高橋さんが、頑張って後ろついてたので、2往復する? って、感じです。
 「道の駅」を過ぎた所でストップ、Uターンします。
 休んで居た、6名ほどのグループが上り始めていました。
 西川さん等も来たので、もう1回行ってくる! と、すれ違います。

3回目は、さすがに太ももに、使った! と、言う感じが出て来た。
 グループから遅れた2人が、ゆっくりと上っているが、1人は付き添ってる感じだ。
 抜くかなあ? 思っていたら、右側歩道へ入ったので、気兼ねなく頑張る。
 いやらしい時あるもんね、そのまま追い越した形で、トンネル前でストップ。
 思った通り、遅れずに上って来た高橋さん、もう1回行く! もう良いです!! って。
 水分補給をし、下ります。

フロントギヤをアウターにして、下りの後も一気に・・ サイクリストが1人、挨拶しすれ違う?? 西川さん?。
 時速30キロで、アップダウンをこなし、なだらかな上りで「谷汲」交差点停止。
 案の定、後ろにしっかりと高橋さんいるもんね。
 参道を走って、おばちゃんの店到着、休憩です。
 
すれ違ったのは、やはり西川さんだった、遅れて到着です。
 T字路からUターンしたみたいで、頑張れえ! て、聞こえたみたいだ。
 かき氷ある? 熱いので、かき氷です!!
IMG_5449.jpg
 再度、遅れた理由、コースなどを話しながら、休憩です。
 時間がいつもより遅いせいか、参拝客も多い感じだ。

おじさんにお礼を言って、戻ります。
 参道を下る、歩いている参拝客の夫婦が、ビックリした感じで・・ 同年配だね。
 お互い頑張りましょう!! って、事ですよね。
 交差点を左折し「昆虫館」前から、道路を横断し、裏道へ。

「分水嶺」を過ぎてスピードが上がる、時速30キロ、向かい風少し。
 田中、西川、後藤、高橋さんの順、間を開けて最後尾の私。
 後藤さん、膝の具合が心配だが、付いて走って居るので、調子が良いのだろう。
 このメンバーなら、これ以上は早くならないだろうし、なんか天気も良くなったしね。
 青空が見えて、太陽の光が当たり、風が有るので、そうは暑くは無いけどね。
 
「薮川橋」下をくぐり、一旦停止で道路が合流。
 堤防への上り、前の4人も頑張って・・ 私もです。
 流石に最後の方に成って、時速28キロ程になったようだが、良い感じだった様子だ。
 ゴールしてからの話だったが、行きは、西川さんが先頭だった様で、帰りは引く元気が無かったみたいだ。
 田中さんが、ずっと先頭だったのは、これだったんですね。

近道した私、上り3回走ったので、走行距離が、50キロを過ぎてました。
 「川口橋」の所で、少し雨に降られた! 見たいですが、それだけでしたしね。
 2日走れてよかったねえ! また来週です!! で、解散でした。
IMG_5452.jpg
 

おはようサイク 22-44

7月12日(土) 天気 曇り
本当に、梅雨が明けたの? そんな感じの毎日ですね。
 なんとか走れそうな朝の始まり、着替えを済ませ、犬の散歩を終え、自転車を積み家を出る。
 道路は、まだ黒くなって居る所や水溜りもある、夜中に降ったものね。
 参加者 7名 (多和田、今木、内藤、西川、田中、和田、私)

途中雨が・・ 誰かが言ってて、11時までは大丈夫! が、田中さん、を、信用する。 (前回、ばっちりだった)
 コースは、田中さんに任せて(最近、やけに張り切ってるんだよね)、スタートです。
 ウオーミングアップから、彼が先頭を走り、「下座倉大橋」過ぎた時には、大分前でした。
 皆のんびりしてる間に、私は、スピードを上げ何時もの走りに。
 それでも、全然間が詰まらず、小さく見えるだけでしたね。
 何時もの様に、北に向かうと向かい風、先頭は大変です。

「平野庄橋」東交差点、赤信号で止まってくれてましたので、追い付いた。
 青信号でスタート、でもすぐに間が空く、24キロでは不足です。
 とりあえず、慌てて詰める出なく、そのまま走る事にした。
 後ろに皆も居るし、どのコースを来るかも聞いて無いので。
 この速さなら、どこかで息切れする? ことも、思ってるかな。
 差が大きくなったのでスピードを少し上げ、26キロへ。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防を走って左折、小さい橋を2つ渡って右折する。
 後ろを確認、あれ? 後ろのメンバーは、橋を1つ渡って右折「花桃街道」に。
 それじゃあ! と、スピードを上げ、田中さんを追う事にした。
 時速28~9キロ、何とか少しづつ詰まって来た感じだ。
 前方、雲が低く山が見えない状態、雨が降ってる様子だ。
 
「岡島橋」の所で、何とか追いついた形になる。
 そこからは、何時もの間隔を取って、2人が先頭走りになる。
 25~6キロ似て、大分落ち着いたスピードのなったが、走れる様になったもんだね。
 心配した前方の雲が、上の方に上がって、山すそが見えて来て、雨は大丈夫な感じだ。

「井ノ口橋」手前、左下から追い越す自転車? 和田さんだ! 後ろに居たのを、解りませんでした。
 袂で、一旦停止したので、2人とも追い越される形になった。
 少し走って、和田さんはトイレ、私等は、そのまま直進、走り過ぎます。

「川口橋」を渡って左折、下りを利用し、走りながら水分補給。
 T字路を左へ曲がって、橋を渡って信号交差点、何とか青で通過する。
 2つ目、3つ目は、彼がストップ、私は調整走りで、通過する。
 考えると、「平野庄橋」以降、止まって無いんですよね。
 直線道路、「花桃」組の姿? 見られません、行った後かもね。
 なだらかな上り坂も、快調に走って居る、付いて行くのがきつい位だ。
 トンネル前の上りに入る、ギヤを落として上り始める。
 少しづつ間が詰まって来て、最後に右側歩道・・ 田中さんが左側で止まった? 息切れしたみたいだね。
 私は、そのまま道路を横断、歩道をトンネルに入る。
 中は涼しくて良いねえ! 路面が少し濡れていて、タイヤの跡が数本、やっぱり先に行った様子だ。
 
トンネルを出て下り、田中さんが気に成り、少しゆっくりと下る。
 平坦になってからも、スピードを上げず、待っての走りの間に、追い越してきた。
 再び、元の体制になって「あられ工房」前を通過、T字路を左です。
 さあ! 上りですよ! 先ずは、軽いアップダウンを走る。
 「道の駅」まで来ると、きつい上りが見えてくる。
 前に目標と言うか、人が居るだけで、心づもりが違うからね。
 先ほどの息切れもあってか、頑張ってた田中さんが、もう少しの所でスピードが落ち、間が詰まって来た。
 カーブしてトンネルの入り口が見えて、誰か止まってる? 和田さんだった。
 トイレから戻って、最後も信号機から、近道を来たんだね。
 こっちは、何とか田中さんに追い付いて、入り口で小休止です。

水分補給をし、下ります。
 やっぱり下りは最高ですね! さっきすれ違ったサイクリスト、又すれ違った、上りの練習なんだろう。
 どこにも、頑張ってるやつが居るんだね。
 2人は、「谷汲」交差点手前、左へ・・ 直進した私は、交差点から、参道に入る。
 走って居ると、前の方から、今木、西川さんが下って来て、まだ来てないよ! と、すれ違った。
 雨の予報もあってか、店が開いて無かったんですよ。

私ら3人は、「昆虫館」で休憩する事にした。
 久しぶりの「昆虫館」ドアは閉まっており、駐車場もガラーンとしている。
 俺たちしか来ないからかなあ? と、和田さん、そうかもね。
 
道路を横断し、裏道へ入ります。
 田んぼの中の直線道路、いかにも田舎風で良い感じのコースです。
 先に行ったメンバーには、追い付きそうにも無いので、ゆっくりです。
 「万代橋」手前からかな、スピードが上がって、帰りの走りになる。
 「分水嶺」を過ぎて、更にスピードが上がり、時速30キロを超える。
 先頭田中さん、後ろ和田さん、間をおいて、私だ。
 前だったら、絶対に息切れしている田中さん、まだ先頭を走って居る。
 とにかく、1番スタミナが付いたメンバーじゃあないかな。
 年を考えずに、何とか定位置をキープしながら、頑張るしかない。

「大野橋」過ぎると、少しスピードが落ちて来て、28キロ程。
 案の定、和田さんが前へ、その前に横に出たのだが、前には出なかったんですがね。
 スピードが上がり、田中さんの間が少し開いたけど、何とか持ちこたえて、後ろに付いた。
 こっちも頑張るしかない、開き過ぎない様に、スピードを上げる。
 メーターが33キロを表示、どこまで続くかだね。
 少し走ると、落ちてきて30キロ、これならなんとか行けそうです。

「薮川橋」下をくぐり下道、そこから再び堤防へ上り坂、このところ、皆頑張る彼ね。
 今日も同じく、前もスピードが上がる、必死でスパートし頂上で、すぐ後ろでブレーキング。
 再び間を取って、走るのだがさすがにきついです。

「真大橋」下から堤防にサヨナラし、直線道路へ。
 スピードを上げ、田中さんの横へ。
 なんとなく、握りの位置が、ほぼ同じ場所(ブレーキレバー上)な気がして、話を。
 本人は、変えてる! との事だが、もっとハンドルの中央を、持つこともアドバイスする。
 街中、カーブが多い、下りなどは、ブレーキを掛ける事が、多くなるので、レバーを持つ。
 堤防道路など、ブレーキを掛ける事が少ない所は、ハンドルの上を持つ。
 上りなんかでも、前傾姿勢より、起き上がった方が、呼吸が楽だからね。
 手がしびれて痛くなる! 防止策にもなるし、そんな、アドバイスをする。

「泰山木」到着、良く走りました!! ですね。
 スマホを取り出し、ストラバを終了! あれ? 「平野庄橋」過ぎで、止まってしまってる!
 何か、押したのかなあ? 原因がわからずですな。
 アップルウオッチ、ワークアウト、サイクリングの方、48.59キロ だった。
 
ブログアップ中、アップルウオッチ再確認。
 平均心拍数 132 平均速度 20.8キロ 上昇高度 228メートル
 あ! 地図もあるんだ! これは、面白いですね。
IMG_5451.jpg 

おはようサイク 22-43

7月 9日(土) 天気 雨、曇り、雨
波乱の1日と言うか、行ったり来たりと言うか・・ この天気に、惑わされてね。
 予報は、昼過ぎから雨30%! 走る準備をし、犬の散歩に出たら、雨が降って来た。
 時間は短かったけど、しっかり降って道路は、びしょ濡れ、水溜りも。
 明るくなったので、自転車を積んで家を出て堤防道路、やっぱり水溜りがある。
 しかし南へ走ると同時に、路面の濡れが無くなって、「真大橋」では、完全に乾いて居た。
 でも「池田山」の方は、山が見えなくなってきているので、又降りそうだ。
 「泰山木」到着、少しして、田中さんが自走、和田さんが車で来た。
 参加者 5名 (西川、田中、和田、私、多和田)

北西の方が黒い雲に覆われているので、モーニングをして、様子を見る事にする。
 西川さんが、リヤのチェンジが今一つ・・ と言うので、後で見る事に。
 先ずの話題は、阿部元総理大臣の件、残念なことですが、少し安心しすぎ?
 私は、防弾チョッキ(今は、薄くて軽い物も有るはず)位は、身に着けて居るものと、思ってた。
 日本は、銃規制が厳しく、自作の銃なら、殺傷能力は低いと思うので、今回の様に、360度何もないなら、後ろ側に、防弾ガラスで防御するとか、何らかの対応策は、有ったかと、勝手に思ってしまう。

天気も思わしくなく、途中から来た後藤さんは、膝の治療に。
 多和田さんは、帰る事にし、私は、西川さんの自転車を治すことに。
 先ず、フロントは、半落ちが効いて無い、リヤは、小さい方で、1段余っている。
 この場合は、始めからやり直す方が、確実なので、説明をしながら、調整作業をする。

私事ですが、 アップルウオッチ 買ってしまいましたあ!
 朝、歩き出すと、勝手にウオーキング機能が入るし、ジョギングすると、機能が作動するんですよ。
 1時間動かないと、合図が有って、動いてください! の、合図が出る。
 これは、面白いかも!
IMG_5446.jpg
 日曜日、内藤さんに教えられ、リモートで撮ったんです。
IMG_5440.jpg
 これだと、私も入れるようになったね。

走る? 走ろうよ! 俺止めようかな? 行きましょうよ! 4人で走る事に成った。
 空模様を見ながら、走るしかない感じ、とにかく自転車を下ろし、準備をする。
 9:30にスタート、「根尾川大橋」を渡り左折、堤防をウオーミングアップ。
 流石に空気は、ジメッとしている感じ、何時降って来てもおかしくないね。

「下座倉大橋」を過ぎて、スピードアップ。
 西川さんが前、少し間をおいて私、遅れて田中、和田さんだ。
 今日は、先頭でなく、間をおいて後ろから走る事にした。
 思ったより向かい風がある、良い運動になるかもね。

「平野庄橋」東交差点を過ぎると、少しスピードが上がって、時速25キロに。
 今日のメンバーなら、遅れずについては行けるので、間隔を保って走るのみだ。
 1人走りと違い、前に人が居る! だけでも、頑張りがいがあるねえ!
 
「三町大橋」手前かな、田中さんが追い越してきて、西川さんの後ろへ着いた。
 和田さんは、私の後ろに居るんだろう? と、思いながら、そのまま走る。
 中間堤防を左折、橋を渡って右折、再び「揖斐川」堤防へ。
 後ろを確認するが、和田さんの姿が見えず、途中から戻ったみたいだ。
 とりあえず、前の2人を追う事にする。
 前方の山がかすんでいる、雨が降っている様子、行けるかなあ?

「前島橋」交差点を過ぎると、道路端に水溜り、パラっと雨粒も落ちて来た。
 雨はそれで収まったけれど、路面は濡れて来て居る、少し前に降った感じだ。
 このスピードだと、跳ねが上がるのは間違いないが、前に付いて行くしかない。

「井ノ口橋」袂で、どうしますか? と、言うので、任せる! と言うと、直進でしたね。
 とにかく、追い越さず、間をおいて走る! に、徹しますよ。
 路面は濡れているが、北西の空は、雲が薄くなってきているので、雨は大丈夫みたいだ。
 前の2人、走る気満々だもんね、任せたからには、頑張るだけだ。

「川口橋」を渡る、さすがにバッグのズレを直すと、跳ねが上がっているのか、ザラザラする。
 左折すると、2人のスピードが上がり、間が大きく開いてしまう。
 この2人なら・・ 余裕で、下りでもあるしね、T字路を左折、「井ノ口橋」を渡る。
 3か所ある信号交差点、最後の「303号線」でタイミング会わず、私だけ停止する。
 それでも、ここからはしばらく上りなので、何とかなるだろう、みたいな離れ方だ。
 とにかく、見えてる! と、言うのは、力になるよね。
 トンネル前の上りで、西川さんに追いつくが、田中さんは先に上り終え、トンネルへ。
 身震いするような寒さは無い、やっぱりジメッとしてるからかなあ?
 
トンネルを出た所で、田中さんが待っていて、一緒に下りに入ります。
 間を開けて下り始めたが、前傾姿勢を強くした私、惰性走りで田中さんを追い越したぜ。
 空気抵抗を減らすと、こんなに違うんだよね。
 そのまま2番目で走って「あられ工房」を過ぎ、T字路、西川さんどっち? 左の上りでした。
 やっぱり、やる気満々だぜ! 小さいのぼり右側「道の駅」、サイクリスト居ない!
 田中さんが追い越してきて、1番前へ、頑張ってるなあ!
 追い越し禁止な私、1時踏みと、6時引き上げ、を意識しながら、上ります。

トンネル前でストップ、2人と違い呼吸も楽なものでした。
 こっちのトンエルは濡れてるね! 茶畑の方は、乾いてたよ! と、田中さん。
 高さの地が異かな、こっちの方が、寒いんだろうね。
 水分補給をし、下ります。
 今度は、追い越さない様に、間をおいて下ります、でも下りは最高です!!
 下り降りても、下り傾向なので、時速28キロで、置いて行かれる。
 最後の軽いのぼりで追いついたら、田中さんが左折、駐車場へ・・ 。
 西川さんと私は、「谷汲」交差点を左折し、参道へ入る。
 私は、先に駐車場のトイレに立ち寄り、それからおばちゃんの店だ。
 お! 和田さんが居た! ま、最初に言ってた通り、「揖斐校」コースで来たんだ。

かき氷! マンゴー味にするか! 熱い時は、これだね。
 ”大変な事に成ったねえ!” と、阿部さんの話になる。
 「奈良県警」も大変だ、他の県警だったらどうだったのかね? って、事にもなるもんね。
 余りに、平和感があったかもね! 現実は、殺人事件はあちこちであるし、平和ではないかもね。
 そんな話をしながら、かき氷と西川さんにもらった、まんじゅうでエネルギー補給です。

お礼を言いながら、自転車にまたがり、参道を下る。
 夫婦で歩いている人が、結構多い、近場に運動を兼ねて・・ 感じかな。
 ヘルメットを取ってると、自転車で? どこから? みたいな顔も。
 交差点を左折、「昆虫館」前から裏道へ、ゆっくり来たら、和田さんがだいぶ前だ。
 直線道路に入って、何時もの距離まで追い付く事に、景色は最高だね。
 雲はそれほど狂くなく、切れ目も有るので、行けそうだ。

「万代橋」を渡り右折、しっかり確認するので、間が空くが、又詰める。
 「分水嶺」右手信号を出し、後ろ大丈夫!! と言いながら、道路を横断する。
 少し向かい風を感じながら、前のスピードが上がる。
 時速30キロ、この風で大丈夫かよ! と、思いながら、くらいつくしかない。
 前は3人、こっちは1人、レースなら絶対負けだね。
 どの辺りかわハッキリしないが、西川さんンが先頭、その後田中さんが変わった。
 最後に和田さんが先頭に、スピードが34キロになった時は、ダメかな? と思ったが、すぐに落ちて来た。
 例えば、時速31キロを維持できるタイミングで、先頭交代されたら、アウトだったね。
 スピードが落ちてくるまで、先頭を維持してくれたので、助かりました。
 離れる事も有ったが、落ちる事が判れば、一定のスピードで走ればなんとかなる。
 最後上り坂の終わりで、すぐ後ろにまで追い付き、少し休んで間を置く。
 先頭状態で、最後まで遅れずに、走り切りましたねえ!
 無事「泰山木」到着です。

雨には降られず、予定のコースを完走、良い運動でした。

西川さんのバイク、ブレーキ音がすごい、シューを換えたにもかかわらず。
 見て欲しいとの事で、確認する事にしたのですが、雨が降って来た。
 いやいや、きわどかったですねえ! 10分遅かったら、まともにずぶ濡れだ。
 和田さんは、車だから良いですが、自走の田中さん、大丈夫? かなあ!
 屋根の有る所を借りて、ブレーキを確認しました。
 Vブレーキなんですが、シューがリムの面にしっくり合わない?
 船がキャリパー様になってたので、Vブレーキ用に変え調整、OK! となる。
 キー! と、言う音は。雨のため確認できずで、乞う御期待です!

 
 

おはようサイク 22-42

7月 2日(土) 天気 晴れ
梅雨が明け晴れたのは良いが、早朝から熱い。
 短パンジャージ、尻の所は透けて見える、使い込んだからねえ! ご苦労さんでした。
 なんだかんだ言っても、7時前に家を出て、集合地へ向かう、快晴の天気だ。
 西川さん先着、車に自転車を乗せたまま、空気を詰めてる?。
 参加者 7名 (和田、多和田、長谷川、西川、田中、内藤、私)

軽く準備体操をやり、シューズを履き、バックを・・ 田中さんが来て、西川さんと話してる。
 準備を終え、私も・・ 熱いので1本の木の日陰の中に、皆で入る感じだ。
 東側の木を切ってしまったので、この木の影が、唯一暑さをしのげるとことだ。
 電信柱の陰に沿って、並んでる感じになってる。

今日は、熱いでえ! と、言いながら、走り出します。
 コースは、何時もの「谷汲」、トンネル前まで上ります。
 走りだすと、体に当たる風が爽やかで良いが、止まると、熱いんだろうなあ! が、頭に。
 
ウオーミングアップ走行、内藤さんと、スマホ変わったら、写真の縮専が・・ 。
 アップルウオッチを買う段取りで・・ 等の、話をしながら、進みます。

「下座倉大橋」過ぎると、スピードアップし「ゆ~みんぐ」を回る。
 「揖斐川」堤防、風もほとんど無くいい感じだが、背中が厚い。
 内藤さん、途中で抜ける? 仕事だから! じゃあ! 先頭だな! って、事に。
 スピードが上がり、時速26キロ、24キロ位で・・ では無かったね。
 間が開くが、慌てる事は無い、少しづつ詰める事にした。
 堤防下のテニスコート、熱さの為か、人の姿が少ない感じだ。
 
「平野庄橋」東交差点、青信号で走り出す。
 少し下りでスピードが上がり、それを利用してか、スピードが速くなった。
 ミニベロなのだが頑張ってる「三町大橋」までだからね、頑張りがいがあるさ。
 グライダーが、滑走路に出てるし、運動場の方には、サッカー少年団の姿がある。
 熱いけど、皆頑張ってる、熱中症気をつけろよ!
 時速28キロ~25キロと、上下はするが、良い感じで走れてるね。
 脹脛の筋肉が見えるので、踏んでることが良く判る。
 予定通り「三町大橋」にて、内藤さんは右折し、戻る事に成った。

中間堤防から左折、再び「揖斐川」堤防へ。
 先頭は、私、時速27キロにして、走ります。
 空腹感も出て来てるし、熱いしね、エネルギー切れに成ったら大変ですから。
 余り無理をし過ぎないように! だね。
 後ろから太陽が照り付けるので、首の後ろの日よけが、効果を発揮する時だ。
 帽子の後ろに付いて居る物も有るが、風通しが悪くなるので、バンドタイプを使っている。
 頭のてっぺんが、日焼けする! と、帽子をかぶってる人、それぞれです。
 そう言えば、グローブもそうだ、朝話に有ったんですよ。
 これ何なのかなあ? 切り忘れ? 指の間が、布でくっついてる? そんな感じ。
 外し易い様に付いてるんだろう! 俺のは、こんな風、指切りタイプの先が2重になってる。
 外す時に、ここを引っ張ると・・ そうか、不良品じゃないんだ!!
 ボトルの時と一緒じゃん! 管から水が吸えず、不良品? 電話するとこだったが、やり方が違ってた。
 皆で爆笑だったんですよ! 確かに、ぴったりしてるんで、外しにくいもんね。
 
「前島橋」歩行者用信号機点滅通過、そのまま次の交差点も通過する。
 水分補給は、まだ大丈夫なので、そのまま先頭を走る。
 ケイデンスは93回、出来るだけぶれない様に、リズム良く走る事だ。
 上りや風が来ると、力を入れ踏み、下りや追い風は、カラ踏みする。
 ペダリングを止めない事も、大事、後ろに付いての時も、この脱力を覚えると、楽ですよね。
 踏んで止めて、を、繰り返している人が、多いと思うがかえって疲れるんじゃないかな。
 
「井ノ口橋」を直進、堤防道路では有るが、雰囲気がガラッと変わるので、ある意味、走り易い。
 足に力を入れ、上り基調と路面の悪さが有るが、スピードを維持する事に、心がける。
 しばらく走ると、赤い橋が見えて来て、「川口橋」に到着です。
 左へ曲がり、橋を渡る時、後ろを確認、皆居る感じだ。
 渡って左へ曲がった所で、先頭を交代する。
 下りを利用し、ボトルの水を飲みながら、後ろに下がる。

「井ノ口橋」を渡って、1つ目の信号は青、ダッシュして次の信号も、青通過。
 前の4人とは、少し間を詰めたのだが、「303号線」で赤ストップだった。
 まともに一信号遅れ、小さく見えるだけに成ってしまった、残念!!
 後ろの田中さんと一緒に、頑張るしか無いかな、水分を補給する。
 カンカン照りの中、スマホでコースを記録してるので、熱くなってないか心配になる。
 バックを触ってみるが、スマホの暑さで無く、太陽の光で、全体が熱いのでわからず。

直線道路が少しづつ上って、カーブが有って、両側が茶畑になる。
 写真を・・ 止まれないので、そのまま通過、上りが急になる。
 ギヤを落とし、お尻を少し前に出し、足に力を入れ、上りに入った。
 左歩道を走る和田さんが居た、頑張って追いこす、きつい!!
 上り終えトンネルへ、?? 思ったより寒くない、残念!
 ギヤを2枚戻し、少し上って居るので、頑張って走りきる。
 トンネルを出て下り、前傾姿勢を強くし、風の抵抗を出来るだけ減らし・・。
 平坦になって、少し走った所の信号交差点、西川さんが居た。
 これでほぼ遅れを取り戻し、そのまま「あられ工房」前を通過する。
 T字路を左折、いよいよ上りコースだ。
 この辺から和田さんが・・ 居た、信号機から、左へ来たんだ。
 へい! と言いながら追い越す、上りはこっちのもんですから。
 「道の駅」を通過する辺りで、前の西川さんを追い越した。
 もう2人(多和田、長谷川)が、下ってくる頃だろう? 速いからなあ! 前を見る。
 息が上がって来る、ケイデンスも58に落ちて来た、速度は12キロだぜ。
 頑張れ年寄り、汗がしたたり落ちてくるし、誰が 走る! って言ったんだ。
 なぜ上るんだ? そこに山があるからだ! そこに上り坂があるからか? きつい!!
 トンネルが見えて来た、誰か止まってる、1人だけ? 長谷川さんだ。
 上りきって、木陰を利用し止まって、水分補給です。
 後ろを見ると、田中さん等も登ってきました、熱くてきつそうだ。
 
止まってても反って熱いので、下ります。
 ペダルを水平にし、お尻をサドルの後ろに下げ、空気抵抗を減らし、スピードを楽しみます。
 「道の駅」エルモチームの姿は見られず、熱さで中止? コース変更かな?
 無理に頑張らず、時速28キロ程で、走って「谷汲」交差点に到着。
 参道は、何時もの様な気のトンネル状態、葉っぱの陰が爽やかだ。
 観光客は、まばらにいるだけ、警備員も土曜だからか、居ませんね。
 かき氷あるかな? 7月だからあるんじゃない? あったら、かき氷だね! です。

おばちゃんの店到着、熱いねえ! 良く頑張ってるねえ! が、挨拶だった。
 自転車を置くなり、かき氷ある? あるよ! シロップ何にする? よかった!
 俺イチゴ! いくら? 250円! 何にするかな? よし、マンゴーだ! は、私。
 シャッ! シャッ! と音が、良いですねえ! はい! イチゴの人!
 美味い! あ、来た来た! ジーンとね。
 やっぱりこの暑さには、かき氷がぴったりです。

さあ! 涼しくなったので、戻ろうか! 自転車を引っ張り出す。
 反対側の歩道を、団体客が歩いて来た、皆似た様なお年寄りが多い。
 こんな光景も、見られる様になって来て、元の生活に戻ってきてる感はあるよね。
 私は、コロナの中でもサイクリングは、他やしませんでしたけどね。
 
「昆虫館」前で道路を横断し、裏道へ。
 車の通りも無く、まっすぐなコースは、皆話しながら走ってる。
 僅かに下ってるし、踏むのも楽だし、こんな走りには最高だね。
 此処を抜けると、途端にスピードが上がり、開けた道路に出る。
 スピードを上げ、前の3人に追いつき「万代橋」を渡り右折。
 先頭が、多和田さんでなきゃなんとか付いて行ける! って、感じですね。
 
「分水嶺」を右に入って堤防、後ろを確認、田中さんが居ない?
 スピードダウン、右下の川面で バシャン! と音がした、鯉が飛び跳ねたんですよ。
 やっぱり鯉が居るんだ! と、様子を見ながら、止まって待つ事に。
 遅れて田中さん、どうかした? 25~6キロが良いトコですわ! と、言うことらしい。
 無理せず、ゆっくり行こうか! と言いながら、前を走る事にした。
 時速26キロ、時間の余裕もあるし、無理する事は無い。
 ギヤはそのままにして、ケイデンスが70回ほど、帰りだからね。
 
手がしびれるんですよ! と、田中さん、肘を少し曲げてみたら! と、アドバイス。
 腹筋と背筋で状態を支えるように! 前のバイクと比べると、ハンドルが低いかなあ?
 同じ様に合わせたはずなんですが! そんな話の中、「泰山木」到着です。
IMG_5434.PNG
 縮専が聞かず、重いかも? とりあえず載せてみました。
 普通の写真は、次回から、アップできると思いますので。
 
用事があって、先に戻ったと思っていた、多和田さんが居ましたので、そろってコーヒータイムです。
 余り会話を交わす元気が無い、そんなわけでは無いが、静かだった。
 水のお代わりをする位、水分が足りない感じだね。
 
ブログを書いていて気に成ったのが、田中さんの手のしびれ、先日もあったよな。
 あの時も、新しいバイクじゃなかったかな? そうだとすると、やっぱりバイクの違い?
 ① 各寸法の違い?
 ② フォーク、ステムなどの硬さの違い?
 ③ 車輪、タイヤ圧の違い?
  この次のサイクで、確認して見る事にしましょうか。
 

 

おはようサイク 22-41

6月26日(日) 天気 晴れ
今回も、2日間走れる、良い事ですね。
 今日は、レーパンとサイクリングジャージ(ワークマンで買ったやつ)を着こむ。
 自転車は、奥のラックから、トレック マドンを持ち出すんです。
 気分的に、こんな時もあるんですなあ!
 参加者 8名 (和田、多和田、長谷川、高橋、今木、後藤、田中、私)

田中さんが、2日酔いだあ! て、ハンドルにもたれかかってる。
 今年、今日が41回目、昨年は7月末だった(私)、やっぱり雨が少なく、2日連続で走れるのが多いからだね!(田中)
 そんな話をしながら、シューズを履き、バッグを背負い、走る準備をする。
 和田さんが、後ろの1番大きいギヤに入らない! と、言うので確認する。
 後ろより、前が問題、イン、アウトの規制値を、僅かに広げ、半落ちが作動するようにする。
 デレーラーのガイドに当たらないことを確認し、チェンジ動作を確認する。
 Rデレーラーが曲がっている? と、思ったが、問題なさそうだ。
 とりあえず、大きな問題も無く、調整終了ですね。

今日は、どのコース? とか、言ってる合間に、後藤、今木さんが走り出した。
 遅れて、昨日と同じコースかな? 「谷汲」だね! と、走り出した。
 「根尾川大橋」を渡り左折、堤防をゆっくりと、ウオーミングアップ走行だ。

「下座倉大橋」からスピードアップ、ブレーキを持つと、前が長い気がする。
 珍しくロードバイクにするので、先ずは、このフォームに慣れないといけない。
 グローブは、レース用の薄手なので、握りやすさは抜群だね。
 ウエアーもそのつもりになってるが、走れるかは、別問題だもんね。
 「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、少し向かい風を感じるが、何時もの事だ。
 なんとなく先頭(今木、後藤さんはしばらく前)行ける所まで・・ だ。

「平野庄橋」東交差点、赤信号で、前の2人と共に停止。
 青信号で、私等が前に出て、そのまま走る、「谷汲」で合流だな。
 時速26キロ、最年長の私が先頭、なのでこんなスピードです。
 グライダーが出てるのに、人がほとんど居ない? そんな河川敷。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防をすぴーを落とさず走る。
 再び「揖斐川」堤防、右折の時に後ろ見るが、人数まで把握できず。
 まだ行けそうなので、そのまま先頭、時速27キロへ。
 ケイデンスが95回ほど、息も上がって無いので、もう少し行けそうだった。

「前島橋」を過ぎると、向かい風が強くなるが、何とか乗りこなす。
 右へ緩やかにカーブしてるので、風向きが変わるんですよね。
 珍しく、対向車が3台も・・ 間をおいてなので、狭い所は気を使う。
 山が、ぐんと近くなって、川をさかのぼって来たのを、実感しながら「井ノ口橋」だ。
 先頭交代! と、思ったが、もう少し行けそうなので、そのまま突っ込む。
 カーブがあり、両側が民家なので、車が出てくる心配があり、気を遣うね。
 舗装状態もあまり良くないし、状態を見て左右に動きながら、みたいな走りになる。
 よし! 赤い橋が見えた! 左折し「川口橋」を渡り、先頭交代!!
 ?? 田中さんの姿が無い? 2日酔いで、さすがに走れなかったな!
 
最後尾になり、間を開けて走るのは、何時もの状態です。
 下りの事も有り、スピードが上がるが、付いて行けない感じだ。
 T字路を左折だが、赤信号で停止、和田さん歩道をそのまま橋の方へ。
 「井ノ口橋」を渡り「広域農道」、1個目の信号で、私だけ引っかかる。
 2個目の信号、皆も止まってる、スタートダッシュし青信号通過、短いんだ此処。
 順番が入れ替わり、長谷川、多和田、高橋さんの3人が一緒に、少し遅れて和田さん、遅れて私だ。
 「303号線」交差点、思ったより早く・・ 黄色信号で直進だった。
 それにしても、高橋さんが、良く2人に付いてるなあ! 追い付かないもんね。
 緩やかな上りで、少し置かれた感じの私だ。
 長谷川、多和田さんには、追い付けないけど、高橋さんには・・。
 トンネル前の坂へ、前方に高橋さんが見えてるので、頑張れる。
 少し間が縮まってトンネルへ、私等は歩道を、長谷川さん? 車道を走ってるのは。
 歩道の高橋さんには、追い付いて来たが、車道の方は、少しづつ離された感じだ。

トンネルを出て下り、クランクを水平にし、尻をサドルの後ろ、全景を深く知空気抵抗を減らす。
 この形で、惰性だけで、何とか高橋さんを追い抜いた。
 これだけの事でも、大分違うんだねえ、やっぱりフォームは、大事ですよね。
 信号機で引っ掛かり停止、左近道、直進ですよ!
 「あられ工房」女性店員が、今日も、入り口を開けてる、何時もの時間だ。
 T字路を左折、さあ! 頑張って上りまっせ! って、感じだ。
 「道の駅」手前だったかな、多和田、長谷川さんが戻って来た、早い!!
 「道の駅」売店の所に、多くの自転車、今日はやけに多い感じだ。

俺らは上りですよ!
 前方にサイクリスト、頑張って追いこすぜ! と、思ったら、横断し歩道へ、残念!!
 とにかく上るしかない、足に力を入れ、上る、息が上がって来た。
 緩やかに右カーブ、トンネルの入り口が見えてくると、最後の頑張りどころだ。
 見える所が良いねえ! 曲がってさらに上りは、心がおれるもんね。
 入り口で停止、水分補給、遅れて高橋さんが来た、思ったより遅れず、さすがだね。
 水分補給をし、下ります。
 和田さんが来た、頑張れ! と、言いながら、すれ違いだ。
 「道の駅」円陣を組んでミーティング? ”エルモ” のメンバーです。
 
右側、トンネル工事用? そんな形のものが並んでる此処、止まって写真を。
  (新しいスマホの写真、縮専ならず、後でアップしますね)
 これで最後尾に成って、「谷汲」交差点を左折、参道に入る。
 おばちゃんの店到着、思った通り、田中さんは、今木さんらと一緒のコースでしたね。

エネルギー補充は、甘いぜんざいです。
 
戻りは、何時もの裏道コース。
 ダラダラで帰ろう! と、言ってたのは、田んぼの中の直線道路だけでした。
 「万代橋」の所では、しっかり間が空いてしまった。
 「分水嶺」を過ぎた所では、私ら4人だけに。
 途中から、高橋さんが、頑張りだして前へ、それにもつかず。
 今木、後藤さんの2人組、少し遅れて私だもんね。
 ま、人生慌てても・・ そんな感じで、最後尾、風景を堪能します。
 此処でも写真を・・

とにかく、最後尾で、のんびりとトレックマドンです。
 こんな走りも良いんじゃあありませんか! この景色を見てくださいよ!!
 てな感じで「泰山木」到着、でした。

なぜか、2人づつ座ってる! 高橋さん、頑張ったね! 30キロで戻った?
 なんとか戻れたかな、最後の坂の後がダメだったけど! みたいな返事。
 きっちに頑張る所は、流石、高橋さんだね。
 来週は、マウンテンバイクにするかな?
 
 

おはようサイク 22-40

6月25日(土) 天気 曇り? 晴れ!
昨夜の予報は、雨の日曜、ダメだなあ! と、思って寝たのだが、朝から青空が広がってる。
 このところ、前日の予報も、当たらないような天気だね。
 とにかく、洗顔を済ませ着替え、犬の散歩と、やる事をこなし自転車を積み、家を出る。
 今日も、フラットロードは出しにくく、モールトンにしたから、ゆっくりサイクだ。
 参加者 6名 (和田、西川、内藤、志知、平田、私)

駐車蒸着、?? 誰も居ない? 土曜日だよな? 時計をSAT・・ 土曜だ。
 7:18 そうか、出た時間は遅かったけど、付いた時間が早いんだ! 西川さんが来て、一安心。
 
参加メンバーから見て、似合わない自転車(ミニベロ、モールトン)に、なってしまった感じだ。
 とにかく「谷汲」目指して、スタートです。
 皆同じように、雨だと思っていた様子、そんな天気の変わりようだ。
 当たる風がジメッとした感じ、ウオーミングアップです。

「平野庄橋」東交差点、赤信号で小休止、止まると熱い。
 青信号で走りだし、Y字路を左へ入ってから、先に行って! と、声を掛ける。
 西川、和田さんの2人が前へ、その他は?? 無しの様子だ。
 時速23~4キロ、良い感じで走れてる、と、思うのだが。
 「三町大橋」の手前で、内藤さんが、戻る事を伝えて来て、さよならです。
 橋の下をくぐり、中間堤防を走る途中、今度は平田さんが横に来て、Bコース行きます! との事。
 昼から、バドミントンの試合があり、体力を残さないと・・
 ウオーミングアップするにに、自転車が使われることもあり、Bコースが良いかもね。
 「303号線」に出る手前で、別れる事に成った。

左へ曲がって橋を渡り・・ 気分が変わって直進し、そのまま走って「前島橋」手前で、再び堤防へ。
 何時もの様な、1人サイクリングだが、天気も良いし、気分的には、走りたくなるよね。
 モールトンだから余計に、周りの風景が良く見える。
 雲は有るけど、なんとなく夏の雲感があるね。
 梅雨はまだ明けて無いけど、雨の予報が、急に無くなるし、梅雨らしくないよね。
 
「井ノ口橋」右折して「広域農道」先に行ったメンバーは、周回を終え先か? 後か?
 「303号線」交差点を直進、田んぼ、稲の緑で無く、雑草の緑、休耕田なんだ! と、気が付く。
 穀物不足が心配される社会、出来る限りコメを生産し、援助! 国で、出来ないのかなあ?
 そんな事を、思い浮かべながら通り過ぎ、緩い上り坂へ。
 茶畑の右側、黒い所が有る、写真を撮ろうと思ってたけど、やめて通過。
 トンネル前の上り坂、景色を見ながらゆっくり、頂上で停止する。
 後ろを見ると、良い景色が広がってる、写真だ。
  (スマホが変わったためか、縮専が上手く行かず、無しです)

 トンネルは涼しい! 寒い位に感じる、夏は最高だね。
 濡れて居る所が有って、ワダチの後を確認するが、解らずだった。
 再び明るい所に出て下り、鶏舎の独特な臭いが、長く感じるのも、モールトンだからだな。
 フォームが変わるだけで、見えるもの、感じるものが違うんですよね。
 これもまた、自転車の良い所かもね。
 「あられ工房」女性の店員さんが2人、駐車場の止めをよけてる、そう言えば、この前もあったな! なんて。
 T字路を左折、頑張ってトンネル前まで・・ 100メートル走って、心変わりのUターン!!
 自由度も最高ですなあ! 「谷汲」交差点を左折、並木のトンネルの参道を上る。

おばちゃんの店到着、私が早かったみたい、誰もついて居ない。
 そんなに早かったかなあ! とりあえず、ぜんざいをいただくことにする。
 しばらくすると、来ました! 西川、和田さんの2人です。
 他の人は? 状況を話し、私だけになったことを話す。
 日陰に入って、風が当たると、涼しいのだが、まだむしむしする感じだ。

戻ります! 又です!! ありがとうさんでした!!
 ゆっくりと参道を下って、交差点を左折「昆虫館」から裏道へ。
 田んぼの中の直線道路、ここの田んぼも休耕田が目立つ、人が居ないのか?、もうからないのか?
 自給率が低いのに、策は無いのかねえ? なんて、考えてもどうなるものでもないけどね。

時間に余裕もあるし、堤防を走るにも、風景を眺めながら、サイクリングです。
 少し向かい風、でも、これ位が走るには、運動になって良いかもね。
 時速26~7キロ、堤防への上り、頑張って・・ 何時もの通り。
 「泰山木」到着、涼しい店内でのコーヒータイム、空は、どんより曇って来たが、雨は無し。
 明日も走れそうだし、楽しみです! 
 

おはようサイク 22-39

6月19日(日) 天気 晴れ
快晴の青空、良すぎるくらいの、梅雨の中休み? 犬の散歩をこなして、準備を終える。
 ロードバイクに・・ と、作業小屋のラックから持ち出し、エアーを詰め車に積む。
 それにしてもいい天気、雲一つないし、どんなメンバーが来るか? 楽しみです。
 参加者 8名 (多和田、長谷川、和田、高橋、田中、内藤、清水、私)

後藤さんが来ていたが、普段着姿、2日連続は無理なのかな?
 「揖斐川」堤防の話に、通行止め区間がねえ! 大変だけど、良いコースだからね。
 今日は、同じ距離で「根尾断層」まで行く事に成った。
 さあ! 行ってよ! と、言うが誰も走り出さず、仕方なく、清水さんと私がスタートする。
 先日の二の舞いに成らない様に、先ずは、ウオーミングアップ走行です。
 「真大橋」を過ぎた所で、クイックハブの締めが気に成り、先に行ってもらいストップ。
 特に問題は無く、すぐに走り出し、後を追う事にした。
 「薮川橋」信号交差点で追いつき、一緒に走り出すが、今度は電話が鳴った。
 止まって確認すると、息子から、自転車に乗りたいが・・ ペダルの場所と取り付け方、エアーの確認をする。
  (車の具合が悪く、修理中で、自転車で出かける、そんなんでした。)
 走りだすが、皆のスピードが上がった後なので、メンバーの姿は、小さく見えるだけに。
 そう頑張らなくても、往復できるコースなので、良いか! って、感じで走る事にした。
 空の青、川の青、山の緑、爽やかな向かい風! こんな感じの走りですね。
 フラットロードより、サドルが少し高く感じるが、良い感じで踏めてる。
 前傾姿勢が深いので、その点は、顔が上がらないし、前に曲がらない感じだ。
 まあ! 何時もの1人サイクリング、「分水嶺」を過ぎて「万代橋」を渡り右折する。
 こちら側から見る風景も最高だなあ! なんて、余裕の走りです。
 
「谷汲口」左へ曲がって、道路を横断、こんな時に車が4台ほど来てしまった。
 いよいよ「根尾川」山コース! と、感じたら、走る気に成って来た。
 フロントをアウターにして、リヤを軽い方にチェンジ、足に力が入る。
 最初からそうなれば・・ ならないところが、不思議ですが、解りません。
 ケイデンスが80回を割って居るので、点滅状態だが、速度は29キロ。
 僅かに上ってるコースだが、走れてる感じ、腕にも力が入る。
 上りは、リヤのギヤを換えて、少し軽くするが、ケイデンス60回台。
 下り?? ギヤが戻らず、空打ちしてる! レバーを何度か動かすと、入った!
 何時ものレバー奥川の、空打ちがまだ出てるんですね。
 でも、体の方は良く動いてる、足の力も入る、後はエネルギーが持つかだね。

右カーブの途中、左側に止まってるサイクリスト、和田さん? いや、まだ先だろう! 通過。
 しばらく走ると、前方に1人、服装から見て、内藤さんだ。
 上着を1枚脱いだのか、手に持っているようだ、止まったのかもね。
 このまま一緒に・・ とも思ったが、せっかくだから、追い越します。
 空腹感が出て来て、エネルギーがもう少ししかない感じ、なんとなくわかって来た。
 ダメだったら、ミニ羊羹が1つあったはず! 頑張って上り坂をこなす。
 日陰の所は、路面が濡れていたりするので、注意が必要だ。
 石や木の枝が落ちても居るし、水が流れてる所もあった。
 老眼で、醜くなってるんだよね、2重になって見えるしね。
 
「根尾断層」手前、ロードのグループとすれ違う。
 なんとなく見覚えが・・ 右側に田中さん、サイクリスト2人と話し中?
 エルモのメンバーか! と、思いながら通り過ぎ「根尾断層」駐車場到着です。

キッツ! と、自転車を降り、水分補給が最初だ。
 なんかあったの? と聞かれ、電話が・・ こんな時にねえ!
 トイレの前の縁石に、座ったとたんに、右足首 痛! 虫に刺された、3か所同時に。
 遅れて田中さん、その後に内藤さん、最後に和田さん、やっぱりトイレ中だったみたいでした。
 同じ様に、なんかあったの? 息子から電話でさ・・ 心配かけましたですね。
 汗だくで、走ったあ! って感じ、ヘルメットも取って、座っての休憩は、そうない事だ。
 ふわっと吹く風が、いやに涼しく、体にしみる感じが最高です。
 タイヤ鳴りをさせ2人のロードが、勢い良く通り過ぎて行った。
 見えなくなった所で、ダラダラだったりして!、上りで息切れかも! 自転車あるあるだよね!
 追い越した後、スピードダウンだったり! 見られてる所だけ・・ あるよなあ! なんて、話に。
 若い人は良いなあ! タイヤ鳴りをしながら、走れるもんね。

帰りどうする? の話に、下りでの路面が濡れてるのは、いやだよね、国道にするか! 
 せっかくだから、赤い橋まで行って、国道に入るか! と、言う事に。

先頭で出た、多和田、長谷川さんは左へ? 私等は右へ、別れて走り出す。
 「幸福橋」で止まって、写真を撮る。
IMG_5407.jpg
IMG_5408.jpg
 後で来た清水さんが、和田さん来てないみたい! と、教えてくれた。
 ちょっと待ってこないので、走り出す 向こうから行ったのかな?
 国道へ出て右折、前の4人の姿は見えず、早いなあ!
 後ろを気にしながら、前を追う事にした。
 時速30キロ、しばらく走ると、小さく見えて来た、早過ぎない?
 「日向」? の長いのぼりで、何とか追いつき、下り途中清水さんの横へ。
 気に成るので、待ってみるので! と、連絡し、歩道に入って停止する。
 水分補給しながら待つが、来ないので、坂のてっぺんまで戻って見る事にする。
 頂上でUターン停止、見えないので、電話を・・ バックから取り出して、ライン電話・・ 来ました。
 トラブルで無く、友達と偶然出会ったみたい、良かったです。

走ります! 車は多いが、道路は広いので、走り易い。
 トンネルも歩道で無く、車道を走り抜けます、でも濡れて光ってましたね。
 除草作業中の所もあり、歩道に入れなかったしね、仕方ないですね。
 でもロードバイク、走るのは気持ちが良いですねえ! 腹が減って来た!
 このコースは久しぶり、なだらかなアップダウン、ほぼギヤチェンジ無しで、走れる。
 とにかく先頭で、行ける所まで行ったら、交代だ。

国道から右側へは居る所に、内藤さんが居た。
 手前のコンビニでストップしたみたいで、一緒に走ります。
 まだ先頭で走れてはいるが、エネルギーが底をついて来た感じだ。
 「分水嶺」を過ぎて堤防道路、向かい風が有って、きつくなって来た。
 「大野橋」手前で先頭を交代、30キロで行って! それ以上は付けない! と、和田さんへ。
 彼もきつかった様で、30キロを維持するのが、大変だったらしい。
 「大野橋」過ぎてからは、時速28キロへ、私は、助かりましたねえ!
 なんとなく、何時エネルギーが切れてもおかしくない、そんな感じでしたからね。
 それでも「薮川橋」下をくぐり、坂を上る時は、和田さん! 頑張って上れよ! と、声を掛ける。
 年寄り2人して、最後の上り時速32キロで上り終え、26キロのダウンする。
 頑張りあうのは、最高ですねえ! それにしても、高橋さん、強いなあ! 遅れてないもんね。

「真大橋」下をくぐって下道へ、後ろを確認すると、内藤さんが居ない?
 途中で家に戻ったのかな? と思いながら、クールダウン走行。
 なんとかエネルギーは最後まで、持ちましたね。
 それにしても、良く走りましたです!

「泰山木」到着、店内に入って、ヘルメットを取る、汗が落ちる。
 座って、コップの水を飲む、美味い! すぐ無くなって追加です。
 遅れた内藤さんも到着、そう言えば、昨日今日、ともに参加人数が、8人だ。
 余り多くても大変だし、このくらいがやりやすいかもね。
 まあ! 欲張らずに、地道にやって行く事が、一番だね。
 次回も、天気が良く、2日間走れると、最高なんですが!!
 

おはようサイク 22-38

6月18日(土) 天気 曇り
昨晩夜釣りにて、朝起きるのが、少し遅くなってしまった。
 釣り道具を車から降ろし、自転車を・・ 出すのに面倒なので、簡単に出る折りたたみにした。
 土曜日は、セカンドカーで・・ もあるしね。
 参加者 8名 (和田、長谷川、田中、西川、清水、今木、後藤、私)

折り畳みなので、「揖斐校」から行くので、「谷汲」で会いましょう! とか言いながら、スタートです。
 なんとなく、寝不足感があり、元気が出ない感じ、空模様と同じだね。
 折りたたみ自転車も、久しぶりだ、ハンドル付け根、折れる部分からのイオンは、締め付けを強くして治ったみたいだ。
 段差があると、金属音がするのが、ちょっと気に成る所だが、様子見だ。
 アルミなので、独特の軽い音がするんだよね。
 
このメンバーだと、「揖斐校」コースは、今木、後藤さんと私の3人だろう。
 風景を楽しみながら、有酸素運動ですな。
 堤防下のテニスコート(ここは神戸町になるんだね)、混合ダブルスかな、賑やかそうな声も聞こえる。
 同じ様な歳の人が、集まってる感じだね。
 
「平野庄橋」東交差点、皆一緒に信号待ちをし、再び走り出す。
 「川口橋」コースのメンバーのスピードが上がり、どんどん間が空いて行く。
 残った3人、時速22キロ程、こんなペースが最高です。
 グライダーが2機滑走路に並んで、事務所の前に円陣を組んで、ミーティング中? かな。
 途中で落ちたりしたら、大変だもんね。
 
「三町大橋」下をくぐって、中間堤防をしばらく走って左折、小さな橋を渡り右折する。
 後ろの2人の姿が無い? さっきまで居たはずなのだが、左折せず直進したようだ。
 とりあえず、峠は同じなので、そのまま走って「303号線」交差点を直進する。
 速く行ってもしょうがないので、ゆっくりと2人の後ろで良い。
 田んぼの中の道路、小川を見ながら、ウナギ釣れねえ? と、のぞき込む。
 こんなのんびりとした走り、右の方に2人の姿が見えた。
 予定通り、上りには遅れて入る事に成った。
 前の後藤さんを、追い越さない様に、ゆっくり走る事に。
 今日は、やけに車が通るなあ! と、思いながら頂上です。
 トンネルの入り口で、後藤さんがバックライトをなぶってるので、仕方なく追い越す。
 そうだ! ライトが有りませんでした! ですが、短いトンネルなので、問題なし。
 
時計を見ながら、下りもそうスピードは出さず、時間調整です。
 今木さんの姿は見えず、先に行ったみたいだ。
 田んぼの風景や、右側の雑木林、サルが居ないか? 見ながらです。
 民家の庭先、黄色と白の百合の花が咲いていた。
 後ろから後藤さんが、「谷汲ユリ園」やらないんだよね? ネットで見たら中止だって! と、返事。
 でも、決定が早過ぎたかもね? 花を準議しないといけないので、仕方ないかもね。

右側「ゲンキー」の駐車場から今木さん?? 合流です。
 おばちゃんの店には、9時到着、計画通りですね。
 参道の緑のトンネル
IMG_5404.jpg
 水を持ってないので、何にしようか? ジュースにした。
 長谷川さんらが到着、疲れたあ! 皆で、トンネル前の坂を上ったみたいだ。
 きついけど、1回上ると癖になってしまう感じ! は、田中さんみたいだ。
 おばちゃんの店
IMG_5405.jpg
 IMG_5400.jpg
IMG_5402.jpg
おじさんにお礼を言って、戻る事にした。
 何時もの様に、最後尾スタート、時間時は余裕が有るので、これでいい。
 参道をコトコト音を出しながら下り、交差点を左折、皆の姿は見えない。
 「昆虫館」道路を横切ろうとすると、入り口の所に今木さんが見えた??。
 何か探し物かな? と、思いながら裏道コースへ。
 田んぼの中の直線道路に入ると、はるか前方に、メンバーの姿が見えた。

マイペースで走るしかない、とか言いながら、「万代橋」手前は、時速30キロだ。
 この自転車、走るぜ! って、感じで走ってみる。
 「分水嶺」を過ぎてからは、周りの風景を楽しみ、この辺で釣れないかなあ? また、釣りの・・。
 「大野橋」袂を過ぎてからかな、後ろに今木さんが来たので、2人になった。
 モーニングまでには、まだ余裕が有るので、そのままのスピードです。
 そういえば、「谷汲」に居る時、雨が降って来たが、霧雨程度で、終わったみたいだね。
 明日は、晴れそうなので、この時期に2か走れるのは、嬉しい事だ。

「泰山木」到着、皆でモーニング? 私は、遅かったけどね。
 信号機の所から左へ・・ 近道来たんだ! 和田さんですね。
 この前も、いつの間にか前に居て・・ トンネル前の上り坂です。
 「根尾」に行くときもそう、「谷汲口」から・・ 良く知ってるもんね! 話題に。
 いつも通り、楽しいひと時でした。

6月 大野ポタリングクラブ 例会

6月12日(日) 天気に 晴れ
迷った挙げ句、「一夜城」の所の ”アジサイ街道“ ~ 「大垣市 曾根城公園」 ”花しょうぶ“ を、見に行く。
 参加者 10名 (今泉、児玉、飯沼、高橋、西川、内藤+3名、私)

コースを説明し、恒例の記念写真を。
IMG_5368.jpg
 「パレットピア大野」元気よくスタート! 先ずは、「根尾川大橋」を渡り東へ。
  (内藤さん、娘さんと孫さん、計4人は、「三水川」堤防散策コースへ行きました)
 今回のコースは、高橋さんの地元なので、コースはお任せで、先頭案内です。
 歩道を走って「十六銀行」の所で、反対側へ、そこから裏道から、堤防のコースに入る。
 田植えの風景を見たりしながら、川沿いの細い道路、舗装してあるのがありがたいですね。
 「美江寺」は桜並木の緑のトンネル、日差しが差し込み、爽やかな風が吹き、最高のコンディションです。
 何時もの様に、時速14~5キロで、ポタリング気分を、満喫します。
 「十九条」高橋さんの家を過ぎました! え? この辺なの! とか、言いながら。
 未舗装のガタガタ道を進み「樽見線」は、自転車を持って、渡ります。
IMG_5370.jpg
 鉄橋の回りは、草ぼうぼうだが、緑が最高だ。
IMG_5371.jpg
 堤防を降り東へかじを取り、「五六川」の堤防に上がる。
 このコースも、車はほぼ走らないくらい狭い、自転車には最高ですね。
 お! 魚釣りしてる! と、言ったとたんに、ウワ! ガシャン! と、音がした。
 前で、今泉さんが、路肩から外れ転倒してしまった。 (幸い、擦り傷だけで済む)
 同じ様に、釣りの人を見てたらしい、気を付けましょう!!
 堤防下の河川敷、未舗装だったり、国道、頭がぶつかりそうな下をくぐったりだ。
 先日訪れた、水門では、ここ来たよね! 此処だっけ? 上歩いたでしょ! とか。
 「プラント16」見えた! とにかく、楽しい走りですね。
 開けた堤防に出る、川も広くなってきて、整備されて奇麗になって来た。
 左側に神社があり、誰かが「伊勢神宮」みたいだね! 小さいので、「小伊勢神宮」かな?
 屋根などのつくりと雰囲気が似てる感じはする。
 「江戸城」だ! いや「名古屋城」でしょ! てな具合で、楽しさいっぱいだね。
 「一夜城」到着です。
 場内への入り口、観光客も、ちらほら見える。
IMG_5375.jpg
  ヒョウタンから出る出世水、飲んだら出世するかな? 今から? 楽しいねえ!
IMG_5372.jpg
  「一夜城」を見上げる
IMG_5374.jpg
 自転車を引いて、橋を渡りながら、「岐阜」に来て、最初に鯉釣りに来たのが、ここなんだよね!
 35年も前に成るのかなあ! 職場にこの近くの人が居て、教えてもらって・・。
 懐かしい思い出です、へー! そうなんだ! 川面をのぞき込む、児玉さん。
 濁っていて、鯉の姿は見えず、残念でしたけどね。

城から南へ「中川」堤防に成るのかな、「アジサイ街道」の上り旗です。
 青いアジサイが奇麗に咲いている。
IMG_5378.jpg
 手入れがされて、花が続いて居るねえ!
IMG_5379.jpg
 テントが張ってあり、ピンクのベストを着た、地元の人が居たので、停止する。
 瓶に入った水をくれると言うので、人数分児玉さん受け持つ。
 アジサイの話をし、記念写真を
IMG_5384.jpg
 世話をしている方々との話も、勉強になって良いですよね。
 花を見ながら、南え走ってみる、思ったより長いねえ!
IMG_5389.jpg
 濃いピンクのアジサイ
IMG_5391.jpg
IMG_5392.jpg
 Uターンをし、昼食のために「31号線」を走ります。
 「一夜城」の所にもあったのですが、4500円とかしたので、やめたんですよね。
 蕎麦屋さんが有ったので、そこで、私は、おろし蕎麦 でした。
IMG_5393.jpg
 京都風の細いそば、もっと田舎風のが、良い感じかな!

腹ごしらえを済ませ、そのまま西へ・・ 交差点を右折し北へ。
 この辺は、仕方なく車の多い道路、歩道を走るが、結構狭いのが難点ですね。
 昼食の前か後か、定かでなくなったが、当たって転倒・・ 等もあり、走り方にも注意が居るね。
  (下りは、間を開ける、狭い歩道などでも同じようにし、追突を避けるなど、後で確認する)
 
流石、高橋さん! 裏道を走って、「揖斐川」JR鉄橋北側の、歩道橋へ出る。
 橋を渡って堤防を降り「大垣市」に入る。
 「樽見鉄道」の下をくぐり、「平野井川」堤防に上がる。
 此処も、桜並木のトンネルが、ずっと続くコースです。
 途中から、飯沼さんが先頭、彼の地元ですからね。
 「経済大学」の所、右へ・・ 少し遅れて信号停止でしたが。
 反対側、10メートルほどの所で、前の2人が待ってくれてました。
 最高の場所で、待ってくれたですね。
  (その前にもあったのですが、信号で、私、西川さんが遅れ、しばらく走った所で止まってくれたが、その前に追い付いてたので、ビックリされたのですが、何度か走ってると、待った方が良いのかも、解るようになる。)
 回数を重ねると、色んな事を経験し、体現していけるようになるんですよね。
 
堤防を左へ下りると、「曾根城公園」到着です。
 公園もそうですが、左側の池の所には、大勢の人が居た。
 ”ハリヨ” が生息してるんですよね。
 私等も、自転車を置き、池の中を覗き込む、居ました! 3~4匹も。
 3センチほどかなあ! メダカより少し大きい感じ、横向いてくれないと・・。
 
 西側にある、「花菖蒲園」に。
 結構な見学の人が居ましたね、カメラを持ってる人、ご夫婦、家族ずれなど多彩だ。
 「花しょうぶ」が奇麗に咲いてますねえ!
IMG_5394.jpg
 レジェンドの記念写真 だそうです。
IMG_5397.jpg
 紫色の花
IMG_5395.jpg
 白い色の花
IMG_5396.jpg
 一回りしたところで、飯沼さんが、“春日局が居た所で・・” 碑がある! と言うので、見に行く。
 大きな池の西側、説明書き うんうん・・ そうなんだ! 知りませんでしたね。

此処から近くの、飯沼、児島さんの2人は、ここでお別れしました。
 残った4人で、戻りのコース「神戸大橋」を渡り、高速工事中の道路を走り、「パレットピア大野」ゴールです。
 15:03 34キロほど走った勘定です。
 中で、コーヒーを飲んで、反省会? をやって、解散です。
 ご苦労さんでした!! 7月も、頑張りましょう!!

おはようサイク 22-37

6月12日(日) 天気 晴れ
週間天気予報が動いて、朝から良い天気になった。
 第2ラウンド ”大野ポタリングクラブ 6月例会“ が有るので、早く起きだした。
 準備をし、犬の散歩をし、自転車を積んで、7時前に家を出て、先にモーニングをする。
 参加者 9名 (後藤、今木、西川、多和田、長谷川、和田、田中、高橋、私)

第2ラウンドもあるし、「谷汲」コースに! と、スタートする。
 昨日、田中さんと話した通り、雨の次の日は、風が強い! その通りだ。
 「根尾川大橋」を渡って左折、ウオーミングアップに入った所で、私だけ止まって、写真を・・。
IMG_5366.jpg
IMG_5367.jpg
 最後尾になり、後を追う。
 「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、向かい風を受けながら、スピードアップする。
 高橋さんい追い付き、昨日の走りを話し、スピードをあげさせ、前に出す。
 この辺は、前のメンバーが時速20キロ程、そのまま後ろに付く。
 誰が先頭になるかで、スピードが決まって来るけど、田中さんの様子だ。

「平野庄橋」東交差点、赤信号で停止、後ろの西川、後藤さんの声がするので、全員止まってる。
 青信号、今木さんスタート遅らせ、後ろで行くとの事だ。
 スピードが上がり、時速25キロになる、向かい風の中速い感じ、間が空く。
 田中さんが先頭の様子だが、私は、何時もの様に間を少し開け、走ります。
 時速24キロ、じりじりと間が空いて行く、前がこれより早いみたいだ。
 後ろに自転車の陰、西川さんだろう! そのまま走ります。
 グライダー練習場は、人の姿は見られず、今日は、飛ばない様子だね。
 
「三町大橋」手前に成って、後ろの陰が無くなった? 遅れたのかな? 橋の下をくぐる。
 中間堤防から左へ、橋を2つ渡って右折、再び堤防へ。
 後ろを確認するが、誰の姿も見えず、でした。
 前のグループは、小さく見えるだけで、誰が先頭かもわからず。
 又も1人走りに成ってしまった様子、この風の中だからしようがない。

「前島橋」を過ぎると、向かい風が強くなって、スピードダウンしてしまう。
 これで前が、長谷川さんや多和田さんが先頭に成ったら、それこそ追い付きもしない。
 とにかく頑張って走るしかない、緩やかに右カーブ、風が少し向きが変わって来た。

「井ノ口橋」を直進、民家で風よけになるか? 期待したが、ほとんど変わらずだった。
 何時もながらの先頭走り、慣れているとはいっても、やはりきついわ。
 赤い橋の上の部分が見え、橋の全部が見える所に、誰かいる! 反対側堤防にも。
 黄色のヘルメット、高橋さんの様だ! 橋を渡って左折、当然スピードが上がる。
 見晴らしの良い所に出ると、3人居る、和田、田中、高橋さんだ。

交差点を左折「井ノ口橋」を渡り「広域農道」だが、信号交差点が曲者だ。
 2か所ある交差点、自転車のタイミングで無いんですよね。
 青でスタートすると、次は赤信号に成ってしまう、短いんですよ。
 追い付けると思ったのですが、やっぱり信号で、引っ掛かりました。
 でも次の「303号線」の信号交差点、前の3人がストップ、私は調整しノンストップ。
 直線道路のわずかな上り区間、先頭の和田さんが後ろへ下がり、田中さん先頭へ。
 間が空いたままで、最後尾だが、和田さん苦手の上り、少し間があく。
 トンネル前の上り坂、頑張って見るか! って感じで、前へ。
 和田さんを追い越し、田中さんも、高橋さんが良い感じで先頭に出て、上っている。
 軽いギヤでまだしっかりとまわせてるのが、さすがだが、頑張って追い越し、右歩道へ。
 行き絶え絶え、って感じ、スピードを落とし呼吸をと殿へ、トンネルへ。
 後ろからライトに照らされてるので、再度頑張るしかないですねえ。
 
トンネルを出てそのまま惰性で下りに入るが、向かい風にて思ったよりスピードが上がらず。 
 平坦になって、時速25キロ程で走ろう! と、してたら、田中、高橋さんに追い越された。
 もう良いだろう! と、そのまま走って、T字路を右折、和田さん見えず。
 「谷汲」交差点を左折、参道を走ると、赤い三輪車 ”おはようさん!” 挨拶し通過。
 
おばちゃんの店到着! 多和田、長谷川さんの2人、今木、後藤さんの2人だけ?。
 田中さん等は? ノンストップ走行? まあ、良いか! 先ずは、ぜんざいにしよう!。
 西川さんが来た? トイレに行ってたみたいだが、他は来ず。
 この前、教えてもらって助かったわあ! って、おばちゃん。
 え? テストやったの? うん! 絵は違ってたけど、覚え方がね・・ 。
 すごい、全部覚えてるんだ! と、多和田さん、俺なんか、すっかり忘れたけどね。
 そんな話題で、盛り上がりの休憩でした。 

ゆっくりチーム行くね! と、今木さんらが、走り出した。
 結局、和田さんら3人は来ず、私も、少し遅れて戻る事にした。
 参道をゆっくり下って交差点でストップ、そこに田中、高橋さんが右手から来た。
 トンネル前まで行って来た! との事で、「昆虫館」で休憩です。
 和田さんが来てないので、私が待つ事にしたが、姿が見えず、手前から入ったか? と、「昆虫館」へ向かう。
 田中さん等が、トイレ休憩の所へ、少しすると和田さんが走って来た。
 和田さーん!! 大きな声で呼ぶ、何とか気が付き、駐車場に入って来た。
  (やっぱり、途中から曲がって、おばちゃんの店に行ったんでした) 
 第2ラウンドが有るので、始めから、トンネルまでは行く気なかったが、3人は、頑張ったんですね。
 
4人で、裏道から戻ります。
 9:30ちょっと過ぎたところ、余裕で間に合う時間です。
 「万代橋」の手前、開けた所に出ると、追い風があり結構強い、スピードが上がる。
 橋を渡って右折、上り坂を終え、開けた堤防、後ろ確認しながら、横断して「分水嶺」だ。
 やったあ! 追い風だ! 後ろから、45キロ! なんて声がする。
 スピードを上げる、30、32,34無風状態みたいだ。
 頑張って踏んでみる、38キロまで上がる、イケー!! って感じだね。
 タイヤ鳴りを響かせながら、ガンガン踏み込む、追い風ありがとさん!
 そんな勢いのまま「大野橋」です。

再び走り出すが、追い風が右からの風、34キロ程になる。
 和田さんが勢いよく前に出て先頭、追うのをやめスピードを維持する。
 この辺からは、何時も風が変わる、速度もきつくなって来たしね。
 間が大きく開いたが、落ちてくると思って、32キロで頑張る。
 やっぱり前が落ちて来て、少しづつ近づいてきて、何時もの距離に。
 気が付くと、後ろの2人が、遅れてしまった様子だ。

「薮川橋」下をくぐって、Y字路合流から、堤防への上り。
 一緒に頑張って上り、後ろへ着いたところで、スピードを落とす、息切れです。
 これだけ走れば、良い感じの運動です。
 下道へ入って、横の田んぼへ左折、昨日、ザリガニ釣り? じゃないかな? です。
 2か所、入ってみるが、残念ながら、居ませんでした。
 高橋さんが通り過ぎ?? な感じ、クールダウンをする。
 
「泰山木」到着、田中さんが、腕が痛い? 走り過ぎ? エネルギー切れ?
 クエン酸が良い! と、和田さんが言うので、アミノバイタルの粉末を、提供する。
 先に到着し、店内にいたメンバーに、挨拶をし、第2ラウンドに向かう。
 前回は、余裕で2回目のモーニング・・ で、遅くなったので、無しです。

おはようサイク 22-36

6月11日(土) 天気 曇り
5時くらいに目が覚めた時は、パタパタ音がして、雨が降っていた。
 やっぱり今日はだめか? しかし、6時には降って無いみたいで、起きだす。
 洗顔をし、迷ったが、走る服装に着替え、犬の散歩をこなす。
 7時、自転車を車に積んで家を出て、堤防へ、道路は黒くなっている。
 南へ行くにしたがって、路面が乾いてる感じ、空も明るくなっている。
 駐車場は、誰も来ておらず、中に居ると、田中さんが来た。
 参加者 2名 (田中、私)

2人だけの様なので、「川口橋」~「茶畑」~「谷汲」ノンストップ走行を、やって見る事にした。
 ウオーミングアップの堤防は、除草が済み、黄色の枯れた雑草だが、周りがしっかり見渡せる。
 犬の散歩のいきさつなど、話しながらまずはゆっくりと、走ります。
 
「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、田中さんを前に出す。
 走り切れるスピードで良いので、先頭を行く! 今回の課題です。
 これくらいの距離で、こんなコースなら、時速何キロだったら、走り切れるか? 知る事も大切なんです。
 もちろん、先頭でです! イベントでも、最初張り切り過ぎて、最後バテバテで戻る事が無いようにね。
 ゴールまで後何キロ、エネルギーが余っておれば、そこから使い切れば、カッコいいでしょう!
 自分の実力を、確認しておくにも、この走りが役に立つんですよね。
 
時速22キロ、意外と慎重に入った様子だ。
 初めてなので、これ位で良いでしょう! と、自転車2~3台分開けて、後ろから走ります。
 すぐ後ろに付くと、プレッシャーになるので、あくまでも1人走りの状態、2人とも先頭です。
 少し向かい風が有って、この走りをするには最高の、コンデションかも知れない。
 
「平野庄橋」東交差点、過ぎてから、時速23キロの数値が出て来た。
 どうしても21~23キロの間では、動いてしまう感じだが、仕方がないな。
 私は、ギヤを1枚落とし、24キロで105回のケイデンス、これならスピードのブレも、回転だけで対応できる。
 私よりも、少ないが90回程度で、回している感じだ。
 ケイデンスで走れる様になったら、スピードのブレがもっと小さくなると思うけどね。
 
「前島橋」信号で停止、水分補給をし再スタート。
 緩やかにカーブしながら走るが、風向きが変わる所でもあるが、そんなに風が無いので、影響は無かった。
 「井ノ口橋」を直進、家並みの間に入る、路面が悪くガタガタしながら、上りも感じる。
 「川口橋」を渡って左折、下りなので自然とスピードが上がる。
 前の方にサイクリスト2人、堤防道路の方へ、私等は下道、信号交差点を左折する。
 橋を渡って東へ、信号交差点青で通過。
 「303号線」を過ぎると、上り基調になるが、調子良く走れてる。
 いよいよトンネル前の上り坂、頑張って上るが、田中さんも早いねえ。
 彼はトンネル入り口で停止、ライトを操作してる様子、私は歩道に入って、ゆっくり走る。
 そのまま車道を走る、田中さんが少し前に出て来た感じで、トンネルを抜ける。

一気に下って平坦になるが、スピードは前のまま、少し間が空く。
 「谷汲」交差点手前、トイレへ・・ 田中さん、「昆虫館」で止まる。
 軽く水分補給をし、ずいぶん慎重に走ったねえ! と言いながら、小休止。

戻りは裏道へ、余裕があれば、スピードを上げて・・ と、話したので、堤防が楽しみだ。
 「万代橋」を渡り右折、「分水嶺」から堤防へ。
 速度が上がり時速30キロを超す、これでないといけないよね。
 堤防を走るだけなので、有るエネルギーを使い果たすくらいでないとね。
 「大野橋」袂を過ぎても、スピードは落ちずに、30キロを維持している。
 良い感じで、走れてるねえ、先頭の走りは、初めてかも知れないけど、良い感じですね。
 「薮川橋」下をくぐって、堤防へ上がる上りも、頑張って上った。
 流石に最後は、少しスピードが落ちたが、そのまま「真大橋」下をくぐる。

下道途中から、クールダウン、良く走ったねえ! 雨降られなかったし良かったですなあ! と、「泰山木」到着。
 木村さんが、モーニングに来て、帰られた! と、店の人から。
 2人で、モーニング、田中さんに、サイクリングを始めたきっかけを聞かれ、津島でのことなどを。
 その後、会社での生活、自転車の話などしてたら、昼になってしまいました。
 雨は降って来ず、解散でしたね。

おはようサイク 22-35

6月 5日(日) 天気 曇りです!
やる事が増えた犬の散歩を終え、自転車を車に積み込んで、運転席へ?? シューズが無い! 忘れる所でした。
 再度持ち物をチェックし、家を出て堤防道路、雲が多いが雨は大丈夫そうだ。
 夕ご飯の量が少なかったか、腹が減ってる感があり、コンビニへ寄る事にした。
 交差点を右折していく車、後藤さんだ! コンビニで、パン、ジュースを買って、集合地へ。
 参加者 7名 (和田、田中、平田、今木、内藤、後藤、私)

一時から見ると、良くなった感じの後藤さん、続けれると良いなあ!
 パンをほうばりながら、ウナギが釣れずナマズが4匹・・ なんて、報告をしながら、走る準備。
 さあ、行こうか! と、今木さんが、そっちで無く、堤防通れるようになったよ! と、和田さん。
 一方通行の道路に戻って、内藤、後藤さんの3人が、走り出した。
 時計を見ると、38分 高橋さん来るかなあ! とか言ってると、平田さんが来た。
 準備が出来るのを待ちながら、コースを話し合い、4人でスタートです。
 (「川口橋」~「井ノ口橋」渡って~「茶畑」~「あられ工房」~T字路左折~「トンネルまでの坂を上る」~「谷汲」これで、「横蔵」コースと同じ50キロになる)

「根尾川大橋」を渡り左折したところで、私だけ止まる。
 総合病院建設中です。
IMG_5359.jpg
 両側の雑草は、背丈位に伸びている。
IMG_5360.jpg
 高速道路、インターから「本巣市」の方へ延びる、工事中だ。
IMG_5361.jpg
IMG_5362.jpg
 私からすると、県道辺りの自転車道を作って欲しいけどね。
 
「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、やっぱり向かい風を感じる。
 スピードを上げて、皆の前に出る、しかない感じだ。
 旨く行ったら、前の3人に追いつけるか? と、思いながら先頭です。
 昨日の様なスピードは出せない、25キロが精精みたいだ。

「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、先にスタートした3人の姿が、ここでも見えず。
 10分ほど遅かったので、無理はないかもね。
 とにかく青信号でスタート、後を追う形でスピードを上げる事にする。
 グライダー練習場、今日も、グライダーが格納庫から出て、芝生の上で待機している。
 そんな風景を横に見ながら、先を急ぐが、姿は見えず? さては、喫茶店か? そんな事も。
 昨日頑張った足が、頑張ったんだぜ! と、言いたいような感じになって来てる。
 心拍数も上がってきて、「三町大橋」で変わる? それとも「前島橋」? 頭の中。

「三町大橋」下をくぐって中間堤防、左折して橋、夫婦らしき2人が小径車で・・ 挨拶しすれ違う。
 ヘルメットは被って居なかった、やっぱり抵抗があるんだなあ! 女性は特にね。
 でも、自転車人口が増えてくるのは、良い感じですねえ。
 ヨーロッパみたいに、フォームなんかもしっかりすると、最高なんでしょうけどね。
 どうしてもママチャリフォームが、多いもんねえ。

まだ先頭を走れてる、「前島橋」を通過。
 行ける所まで行って見るか! そんな感じ、パンを食べて良かったですね。
 「道の駅」からの上りが余分にあるからね、頑張り過ぎても、息切れしてしまう。
 曇って居るおかげで、暑い日差しが無く、結構いい感じだが、湿度が高い感じだ。
 「井ノ口橋」手前、?? 和田さんが、左の下道を走って居る。
 トイレ? でも下道から行けたっけ? 橋のたもとで、一時停止左右確認し、横断する。
 走りだすと、前の方に和田さんが、上がって来た、停止せずに前に出る為だったんですね。
 そのまま少し走って、左へ入った所のトイレへ・・ 私等は通り過ぎる。
 走って行くと前に男性サイクリスト、挨拶し追い越す。
 最後尾なら、話しかけるけど、先頭なのでそれも無しです。

「川口橋」を渡って左折、反対側を戻る形になる。
 誰もいるはずが無いが「朝鳥公園」駐車場奥を見る、自転車無し! だろうね。
 走り抜けて「井ノ口橋」を渡り、交差点過ぎ辺りで、先頭を交代する。
 平田さんに、あられ工房の後の・・  僕上り遠慮します! との返事、休憩は、おばちゃんの店ね! と言う事に。
 平田、田中、私の順になるが、すぐに私が遅れる、2人が早いもんね。
 上りに入ると、更に間が空いて、トンネル前の上りへ、平田さん上り強いんだよね。
 頑張って上ると、2人が早めの道路を横断し、歩道に入った、ゆっくりになってる。
 私はそのまま車道を上り、最後に道路を横断し、歩道に入るが、呼吸がきつい、でも大分詰まったね。
 トンネル内もずっと上り、頑張ってペダルを踏みこむ、少しづつ近くなって来た。
 トンネルを出た時には、何とか追いつき、道路を横断下りは、平田、私、田中の順になった。
 
下りで間が空き、平坦になった所で、信号交差点、きわどく赤、万事休す! 見えなくなりました。
 「あられ工房」を過ぎ、T字路を左折、後ろに田中さんが居る。
 フロントをインナーに戻し上り坂、少し足に来てるが、頑張るしかない。
 初めはアップダウン、左側に工場を見ながら通過する。
 前に上り坂が見えるのが、良いのか悪いのか、行くしかないね。
 途中右側「道の駅」、売店の所に、今日も、エルモのチームかな? 何台かロードが止まって居る。
 前の方に小さくサイクリスト、同じく頑張ってるなあ! 良い刺激にもなるしね。
 緩やかに左へカーブ、近づいて来ると?? 和田さんじゃあアーりませんか!! 
  (後での話、信号機の所から、左に入って途中から出て来た!)
 和田さんがんばあ!と言いながら、追い越し前に出る、きつい!!
 右へカーブする中、トンネルの入り口が見えて来た、もう少しだ!
 上りきって入り口前、日陰の所でいったん止まり、水分補給、田中さんが来た。
 強くなったもんだね、ほぼ遅れずに来たもんね、見ると和田さんが、きつそうに上ってる。

よし! 下ろうか!! と、Uターンし下りだぜ!!
 お尻を後ろに下げ、前傾姿勢を深くし、スピードを上げる、出ないと和田さんに追い越される。
 フロントを慎重にアウターへ入れ、平坦になっても、時速30キロで走る。
 アップダウンは、きついけど頑張らねば! とか、思いながら「谷汲」交差点。
 後ろは? 誰も居ない? そのまま参道をゆっくり走る。
 途中で、今木さんらが下ってきて、先に行くね! との事、すれ違う。
 後藤さんの事も有り、ゆっくり戻る方が、良いだろうと思う。

おばちゃんの店、到着! 何時もの様に、おばちゃんはまだ来てない。
 今日は、甘酒! と言ってると、田中さんが来て、少し遅れて和田さんが到着です。
 そこへ、軽バンが止まって、おばちゃんが、出勤だ。
 平成30年だっけ? いや31年、途中で、例話になったんで! 何の話やねん? でしょ。
 500円玉の話、知らないおばちゃん? も加わって、そんな話に。
 でも、そのおばちゃんじゃない、お祖母さんだよね、90歳、元気に散歩なんだから、若いわあ!!
 そんな話をしながら、楽しく休憩でしたね。

又です!! と、言いながら走りだします。
 何時もの裏道コース、でも今回は、少しスピードが速い、前のチームが気に成る?
 なんとなく、和田さんの後ろ、どこからだったかが、定かでないが、私の後ろが田中さんで「万代橋」。
 面白半分で、後ろに付いて見よう! みたいな感じだったんですよね。
 「分水嶺」を過ぎての堤防は、向かい風が有って、楽をさせてもらいます。
 極力間を詰め、タイヤが触れ合いそうになる、そんな間隔を、意識して走る。
 本当は、こんな事に頭を使っての、サイクリングは好きでは無いけど、たまの練習ですな。
 時速30キロ、風は、左前からなので、右側へ少しずれ、タイヤは前後重なるくらいだ。
 しばらくぶりなので、神経を使うし、スピードのブレに対し、ペダルを止めない様な走りも、練習。
 
「大野橋」袂を過ぎてから、和田さんスピードアップ、頑張って付く、時速34キロ。
 多和田さんだと、そのまま持続するので、付いて行けないが、落ちる予想で、付く。
 予想通り、32、30,28キロ、向かい風だからね。
 お互いに頑張れる走りが出来るので、良い感じの走りだと思う。

「薮川橋」下をくぐって、一旦停止合流後の、堤防への上りへ。
 余り離れて無かったので、このまま良いか! と、思ったら、和田さんがスピード落とさず上る。
 やる気だね! と、私もスピードを上げ対抗、頂上横並びで、スピードを落とす。
 お互い息が上がった感じだったが、後ろの田中さん、遅れた様子だ。
 やっぱり、競い合うのは、楽しいですよ、年甲斐もなくですが。

「真大橋」下をくぐって、下道でのクールダウン。
 いやあ! 走ったですねえ! 後ろが私だと思ってなかっらしい。
 きつかったけど、楽しかったですねえ! 田中さんも、追い付いて来て「泰山木」到着。

店内満席、待つ事に成るが、来ていた木村さんを含め8人になるので、先着の所へ座る事に。
 内藤さん、”しまなみ海道” イベント参加当選した! との事で、話に。
 その話より、夫婦で走る? 走らない? で、盛り上がった感あり。
 体力差、価値観の違いなどもあり、一緒に走るのは、簡単ではないようですね。
 終了です!!
 

おはようサイク 22-34

6月 4日(土) 天気 晴れ
いよいよ6月! どんどん熱くなっていく感じ、今日も、朝から天気良好だ。
 トイレ、洗顔の後、走る服装に着替え、今日より、犬の散歩が入って来た。
 準備運動みたいなことを終え、ヘルメット等を持って、玄関へ。
 自転車は、何時ものフラットロード、タイヤなどを確認し車へ積み、家を出る。
 参加者 7名 (和田、多和田、長谷川、田中、西川、内藤、私)

昨日ね、免許更新のための、認知症検査を受けに行って来たわ! から始まる。
 ああ、時計を描くやつ! 時計は無くなったみたい・・ なんて話に。
 (75歳以上の人は、「認知症検査」を受け、問題がなければ、自動車学校で予約し「高齢者講習」を受ける。
 問題がなければ、「運転免許の更新のお知らせ」が、1か月前に来るので、更新をしに行く事に成る。
 「大垣市綾野 西濃講習センター」へ2度、「自動車学校」へ1度、少なくても行かないといけない)

何時ものコース通れるようになったよ! と和田さん、それならそっちから行こうか! と言う事に成り、スタートです。
 「根尾川大橋」への坂の横を通り、交差点でUターン、坂を上って橋を渡る。
 久しぶりに見る景色、橋を渡って左折、通行止めが無くなっている。
 右手に、総合病院の骨組みが・・ すぐ南側に、高速道路の高架工事だ。
 走る道路の上は、高速道路が掛けられており、その下をくぐる。
 やっぱりこのコースの方が、走り易くて良いね! との声が。
 広いしね、車も来ないので、話しながらウオーミングアップが出来るからね。
 
「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、少し向かい風は、何時もの事だ。
 なんとなく、ゆっくりしてる間に、西川、田中さんが離れて前、多和田、和田、長谷川さんの3人が中だ。
 前回のゆっくりが、そのまま残ってる? そのまま後ろからが、頭の中。
 ”オオキンケイギク“ が少なくなって ”ススキ” の穂が目立って来た感じだ。
 若草色から緑濃くなり、もう、黄色や肌色がかってきた、そんな感じの道路端だ。
 
半袖短パン、そのままは、多和田さんと私、後は、ウオーマーだったり長袖だったりです。
 日焼け対策も大変な季節、私はほとんど無し、ムダ毛の処理もしないです。
 腕は、1度目の皮が、むけた様な感じ、水膨れ状態は無かったけどね。
 (走りから帰って、シャワーの後、薬用ローションを、テッシュに漬け、たたくようになじませてる。
 冷たく感じて、さわやか、効果は分かりませんが、6年ほど前から使ってるかな。)
IMG_5363.jpg
「平野庄橋」東交差点、前の2人は先の青で、通過したみたいで居ない。
 走りだして、スピードが上がる、最初は間を開け、付いていたが、先頭が多和田さん、あきらめた。
 少しづつ間が開く、向かい風が少し有るので、先頭と同じでは、遅れます。
 頑張って、時速26キロも、長く続かずだもんね、すぐに1人走り状態だ。
 それにしても、良い天気ですねえ! グライダーも飛ぶ気です!!
 
「三町大橋」下をくぐって、中間堤防から、小さな橋を渡って、再び「揖斐川」堤防へ。
 メンバーの姿が、ホントに小さく見えるだけに、なってしまった。
 何時もなら、「前島橋」辺りで、ちぎれるメンバーが・・ 甘いかな?
 そんな都合の良い事にはならず、信号も赤でストップ、こんなもんですね。
 でも、何時もながら、何とか頑張って走れてるね。

「井ノ口橋」を直進、残念ながら、誰もちぎれては無い様子だ。
 居た! 誰だ? メンバーでは無かった、挨拶をし追い越す。
 どこまで行くんだろう? 頑張ろう!! とか思いながら、先を目指す。

「川口橋」を渡り左折、工事中通行止めの看板の前にサイクリスト、行けないよ! 思いながら通り過ぎる。
 良い季節、良いコースなんだから、何とかしてほしいよね。
 「藤橋」までは、もう何年も前から、工事中で通れない所が有るからね。
 国道は、車が多いし、トンネルが多いので、走るのが大変なコース。
 橋単位で、反対側を通れるように、段取りしてくれるとか、両側工事中通行止め、有るからね。
 自転車は、遊びだからね、車と違い必要道路じゃないか?
 
戻って「井ノ口橋」を渡り「広域農道」信号交差点、青にタイミングを合わせ通過。
 直線道路だが、メンバーに姿は無い、上りに入り足に力を入れる。
 なだらかな所は、快調に上りきって、カーブを終えて ”茶畑“ の横で、息切れだ。
 ギヤを落として、上り坂に入る、やっぱり誰も居ないと、きつさが増すねえ!
 ライトを点灯し、トンネルへ入ると、中間ほどでジョギングの男性が居た。
 すみません! 追い越します! と、声を書け追い越す、頑張ってください! と、応援された。
 
フロントをアウターにして下り坂へ、向かい風が有って、スピードが出ない感じだった。
 平坦になった所で、時計を確認 9:48 何時もの時間だ。
 「あられ工房」を過ぎ、T字路を左へ、坂を上る事にした。
 フロントをインナーにし、アップダウンのコースをこなす。
 右側道の駅、売店の所にロードバイク、エルモのメンバーだろう、休憩しているようだ。
 目の前に上り坂が見える、ここからが本当の上りなんです! 頑張れ!!
 ケイデンスが少しづつ落ちて来て、50台から、耐えられず40台に、ギヤを落とす。
 口の中が空からになって来ていたので、水が欲しい! 息も上がって来た。
 右の方にトンネルの入り口が見えて来て、目標が解かるだけでも、エネルギーになる。
 入口の所の日陰でストップ、水分補給をし、下ります。

9:15 予定通り、おばちゃんの店に到着。
 遅かったね! 坂のぼって来た! 「道の駅」? いやトンネルまで! みたいな感じだ。
 今日は、ぜんざいにするかな! こんな時には、甘い飲み物が、最高ですね。
 なんだかんだ言いながら、皆と一緒に休憩タイム、最高ですね。

戻りのコースは、何時もの裏道コース、?? 今日は、やけに後ろからの、車が多かったなあ。
 西川、田中さんかな、姿が見えず、県道を走ってるみたいだった。
 「万代橋」を渡り右折、走り慣れたコースで、スピードが上がる。
 堤防道路「分水嶺」で右へ、堤防は向かい風が有った。
 先頭が多和田さん、最後尾で着くことにした。
 時速30キロ、スピードが上がり32キロ、後ろだから走れてるスピードだ。
 
「大野橋」袂を横切るが、私だけ、車に阻まれてしまった。
 間が空き、スピードを上げ追い付こうともがく、時速34キロだが、追い付かず。
 (後で、前も34キロだったことが分かり、ダメだよね)
 反対に、力尽きた感じで、メンバーが小さくなっていくのを見ながら、頑張るしかなかったですな。
 明日は、後藤さんか、飯沼さん来ないかなあ? なんて思いました。
 
「泰山木」到着、田中さんは、用事が有ってそのまま帰ったらしく、居ませんでした。
 席に着くとすぐ、内藤さんが来て、どのコースで戻って来たの? 何時もの裏道! なんで? 合わなかったよ!
 「谷汲」行って裏道戻り、ラインが入って・・ 見なかった? おかしいなあ! で、終わりました。
 西川さん等は、追い付かれまいと頑張ったみたいだし、それぞれに、頑張った走りだった様子だ。
 行きも帰りも、そんな走りに加われずに、1人走り状態の私。
 ブログの材料も、乏しくなってくるよなあ!

店の外、帰り際に、西川さんと、自転車談義。
 フォームの事について、先ずは、基本の寸法を測っておくこと、ゆったり走る自転車は、サドル~ハンドル間を短くするし、ハンドルの高さも、少し高くするとか、スピードを出して走る自転車は、その反対にするなど。
 B/B~サドル間、サドルの高さは、変わる事は無いと思うので、これは基本だと思う。
 用途分けして、複数台持っている人は、その辺を確認すると良いと思う。
 年を取るにつれ、身長が縮んでくるしね、体が硬くもなるので、変更する必要があるよね。
 何かの機会に、皆で測定する事に、話がまとまり、解散でした。
 お楽しみに!!

 

おはようサイク 22-33

5月29日(日) 天気 晴れ
30度超える? 予報によると、熱くなる、快晴の空模様だ。
 昔の様に、日焼けして皮がむけた! みたいな事では無いが、細かく剥けた感じだ。
 何時もより早く起きだして準備は、犬の散歩をするためだもんね。
 余裕で事を済ませたのは良いが、家を出たのが、なぜか10分過ぎ、やばいです。
 参加者 8名 (多和田、和田、田中、高橋、志知、平田、飯沼、私)

今日は「根尾断層」かね? と、言う事に成りました。
 私と飯沼さんは、適当な所まで行ったら、引き返します。
 
駐車場から「根尾川」堤防に上がって、北に向かいウオーミングアップ走行だ。
 風もそれほど無く、雲一つない青空、ベストを着て無いので、体全体で風を感じる。
 昨日は児玉さん、今日は飯沼さんのおかげで、最高の有酸素運動が出来るね。

「真大橋」を過ぎた所で、「断層」まで行くメンバー6人を、前に出す。
 いってらっしゃい! って感じかな。
 時速20キロ、ケイデンス98回、ま! こんなところですね。
 初めから無理をさせても・・ と、少し風もあったしね。
 後ろ居るかな? とか、確認しながら「薮川橋」~「大野橋」~「万代橋」を渡り右折。
 良い景色だねえ! とか言いながら、順調に「谷汲口」から、「255号線、根尾谷汲大野線」に入る。
 上りも有るので、マイペースの方が・・ で、飯沼さんに前を走ってもらう事に。
 ?? 速い! どんどん離されてしまう、スピードを上げ間を取る、時速24キロだもんね。
 上り坂も大きなギヤでどんどん上って行くし、ダンシングしてるもんね。
 堤防を19~20キロで引いたのは、何なんだったんでしょうか?
 
アップダウンの繰り返し、さすがに少しきつそう、ガツン! 音がして、ギヤを換えた。
 ダンシング試打したが、遅くなった、ギヤを間違えたみたいだ。
 スピードを上げ横に並び、右奥小さいレバーを動かすと軽くなる! カタン! 音がした、そうそう。
 右側、小さい方のレバーを横へ、前のギヤが小さくなって、軽くなる。
 使わないと、忘れてしまう! とか言いながら、フロントを小さい方へ。
 上りきって左へカーブし、下りに入る、又置いてきぼり的な感じです。

20キロか、9:15のどちらかで、戻る予定! と、話した20キロ。
 時間はまだ9時前、日陰の所で、小休止しますか? と、停止する。
 いやはや、このペースだと「根尾断層」行っちゃうよな。
 水分補給しながら、休んでいる中、勢い良く走って言ったサイクリストあり、ゆっくりの人も。
 7~8人の女性を含んだグループも、ゆっくり走り抜けていった。
 
時間が早いので、もう少し行って見ますか! で、走り出す。
 「高尾」に成るのかな、T字路で左へ・・ の所です。
 23キロ、9:15 「根尾断層」2・5キロの看板、Uターンします。
 
途中、7~8人のグループが休憩、ここも女性が居ましたね、多くなりました。
 単独走のサイクリストも、何人かすれ違う、皆若い人ばかりだったけどね。
 少し軽いギヤに成って、快調に走れてる感じの、飯沼さんだ。
 やっぱり、こんなコースは、引かないで勝手に走ってもらった方が、良い感じだね。

どこで追い越されるかなあ? それとも、「緑」でモーニングか? ちょっと、遅いもんなあ!
 「万代橋」の所で、追い越される、多和田さん! 体系は似てるが自転車が赤い、違った。
 過ぎてから、平田、志知さんが来て、追い越して行ったので、少し安心。
 「大野橋」袂を過ぎた後に、和田さん等が、追い越してきた。
 高橋さんもいるではありませんか! 良い感じですなあ! とか、思いながら追い越される。
 こんなシチエーションが、最高なんですよね、走りがいがあるって言うか、頑張りがいがある。
 後での話、国道を来たようで、多和田さんは、「万代橋」を渡る前に、通り過ぎたみたい、さすがに早いね。

それでも、堤防は、わずかに向かい風、風よけに・・ 考えたが、スピードは余り落ちないのでそのまま。
 走ってしまいましたねえ! と、クールダウンしながら、やっぱり1人じゃないと、頑張れる! 
 下手に、前で引かなくてよかった! って感じでしたね。
 予定通り10:47 「泰山木」到着です。

店内に入ると、先ず どこまで行ったの? の質問、和田さん友達に・・ T字路・・ 。
 2キロ手前かな? 戻って来る時、右に入る・・ あそこまで行ったの? みたいな話に。
 78歳。頑張りました!! ですね。
 アイスコーヒーが、格別においしいですね!!