おはようサイク 21-08

2月21日(日) 天気 晴れ
昨日よりは、だいぶん温かい感じなので、ジャケットも薄で、ネックウオーマーもなし。
 車に箱に入ったままの自転車(通学用)が、乗ったままなので、自走で行きます。
 自転車を変えようと思ったけど、出すのが面倒なので、玄関前のラックから、フラットロードを下す。
 軽く準備運動をし、出発です。
 何時もは、車で走るコース、自転車で走ると、別の景色だね。
 コンビニで、パンとジュースを買う、時間が早いので、裏のほうで食べることにした。
 朝日が眩しい、太陽のぬくもりを感じながらの、朝飯もいいもんです。
 橋を渡ったところで、「泰山木」を
IMG_4180.jpg
昨日どうした? 先着の西川さんと、あの近くで、モーニングして・・
 結構疲れたようで、後藤さんが来てないのも、それかも? って、話になった。
 杉本、高橋さんらが来て、今日はどうする? 飯沼さんが来て、助かったあ! になる。
 冗談半分で、今日はさぼれる! あんたらは練習ね! って、話なんですよね。
 参加者 8名 (和田、多和田、高橋、内藤、杉本、西川、飯沼、私)

「川口橋」~「昆虫館」コースで、先頭交代の練習をする。
 スタートします、やはり昨日と比べると、だいぶ温かい、飯沼さんも、その為に今日にしたんです。
 スマホのアプリを起動するのを忘れ、橋を渡って左折したところで、止まって起動する。
 最中に、4人のサイクリストに追い越される?? なんだろう、こんなコースへ・・。
 皆の後を追う、もしかしたら、一緒に走る? 残念でした「下座倉大橋」の所でUターンし、下道へ行きました。
 「ゆ~みんぐ」を回った所で、皆の後ろにつき、そのまま最後尾です。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、とりあえず一休みです。
 青信号でスタート、前のほうが早くなって、Y字路を左に入る。
 少しすると、飯沼さんが遅れて、間が空いてきたので、前に出て引くことにした。
 ほんの少し向かい風があるので、何時もの様に時速21キロです。
 内藤さんが、ツーリング車なので、任せても良いのだが、前のチームも自分達でやって見るのも良いしね。
 ギヤを1段軽くし、ケイデンスを100回、これで有酸素運動が出来ます。
 グライダー練習場、サッカー練習場には、人影はなく、ウオーキングの人が1人だけ、静かだ。
 左後ろ、路面に映る陰で、飯沼さんを確認しながら、ケイデンスを維持し走る。
 おかげで、体全体が、温まってきた、良い運動をしているのを実感できる。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、飯沼さんどのコース! 「揖斐高校」の方、雪あるかなあ? ないと思うよ! 「揖斐校」で! OK!
 前を走るメンバーは、「揖斐川」堤防だが、本当に小さく見える感じ、私らは直進する。
 直線の道路、右折し民家の間、「303号線」交差点を横切る。
 私は、できるだけ簡単なコースで、「揖斐校」の東側を、回り込みます。
 田んぼの中の道路、山のすそ野に並ぶ民家を見ながら、右折し、峠に入る。
 あまり頑張らずに、ゆっくり走る事にした。
 飯沼さんの姿がすぐ後ろに見える、頑張って登ってくるもんね。
 頑張れ! と思いながら、頂上のトンネル、登り切りましたね。
 トンネルを出たとこで、先頭を交代し後ろに下がる。
 さすがに雪が多いんですね、道路わきに、雪が残っている。
 止まって写真を
IMG_4181.jpg
 溶けて路面が濡れているところ、そうだ、雪を道路に投げ捨てているところもあって、ビチャビチャも。
 車わ良いかも知れないけど、自転車は、たまらないよなあ!
 追いつこうとし、スピードを上げているので、跳ねが上がりました。
 「谷汲」交差点手前で、後ろに追いつき、交差点を右折、「昆虫館」へ。

「昆虫館」到着は、私ら3人が早かったようだ。
 第3日曜日なので、駐車場には、軽トラの出店が開店準備中、挨拶を交わしながら、見て回る。
 少し遅れて多和田さんが到着、さすがに早い! ほか誰も来ずだもんね。
 そろそろ、体も冷えてきたころ、杉本さんを先頭に、皆到着です。
 「朝鳥公園」でトイレ休憩をした! との事だった。
 多和田さん全然見えないんだもの! そりゃあそうだわ、多和田さんは直線で来るからね。
 皆トンネルから、曲がってくるだろう! 彼は、その上をまっすぐ飛んでくるからなあ! 
 私が、冗談半分に言いながら、24キロじゃ遅すぎるんだろうな! と、思った。

寒くなって来たので、先に行くから、「分水嶺」から、時速30キロ、間をあける、最後30秒スパートだよ! 
 えー! またやるの? もちろんだよ、それで追い越して! と言って、道路に出ます。
 走り出して少しすると、多和田さんに追い越され、そのまま前のほうに。
 こっちは、飯沼、内藤さん、私の順番で、飯沼さんペースで走ります。
 帰りは、よほどでなければ、前は走りません。
 「分水嶺」を過ぎても変わらず、飯沼さんに任せて、サイクリングします。
 なんとなく、尻が痛かったので、フロントをアウター、リヤを14T位にする。
 内藤さんと、良い感じだねえ! こんなスピードが最高だねえ! なんて、話しながらです。
 若い男性サイクリストに、追い抜かれる、前に走って居るのを見ると、頑張ってしまうよね。
 でも、私らは、あくまでサイクリングですから、これくらいのスピードが、最高です。
 
「薮川橋」を過ぎても、杉本さんらが来ません? 休み過ぎか?
 15~6キロ程なので、休み過ぎると、追いつかないことも出てくる。
 そんな事を考えながら、「真大橋」をくぐって、上り坂、上まで? 中間から下道でした。
 飯沼さん横に出て、少し向かい風だったね・・ そんな話での、クールダウン。
 最後のスパート練習で、追い越したら、かっこいいのにねえ! と堤防を見ながら走る。
 道路を横断し、小道に入って、「泰山木」手前、反対側から杉本さんの姿が、来ましたねえ!
 駐車場に、同時到着、続いて皆到着です、最高のシチエーションでしたね。
 走ったあ! って顔してる、任せてよかったようですね。
 飯沼チームの、走行距離 35.0キロ 平均速度 15.9Km/h でした。
IMG_4183.jpg

多和田さんは、もう半分ほどコーヒーがなくなっていた、これだけ差が出るんだもんね。
 雑談をしながら、楽しくコーヒータイム、まったりした時間です。
 隣の席(西川、杉本、高橋、飯沼さん)に行き、状況を確認。
 反省会みたいで、話が盛り上がった様子、楽しかったようだ。
 どうしても、間が空いてしまうので、下がる時にどうしたらいいか迷う! とか。
 遅れた場合どうする? 練習なら、遅い人に合わせる! 交代の練習だから。
 出ないと、どんどんメンバーが限られてきてしまい、出来なくなってしまう。
 レースの時は違うので、練習は練習、時によっては、同じレベルの2人でやるとかね。
 そんな話をしながら、後ろの席を見ると、皆帰ってしまった後だった。
 え! 俺も今日は自走なのに、内藤さんも帰ってしまった!

天気もいいので、「三水川」堤防を走る事にした。
 何時もとは逆に走る、見える景色が違うのが、新鮮でいい。
 前方に小さく自転車の人、少しづつ間が詰まって・・ 電動アシストの女性だった。
 しばらく走ると、また自転車、でも今度は2人、若い夫婦って感じ。
 クロスバイクでサイクリング、こんにちわ! 暖かくて良いですねえ! 追い越す。
 あ! ヌートリア! Uターンし写真を・・ 残念ながらすぐ川の中へ入ってしまった。
 「野、古墳群」の所から、橋を渡って東へ、家路につきました。
 こんな風に、のんびり走るのが、これからは最高ですね。
 

おはようサイク 21-07

2月20日(土) 天気 晴れ
寒い! 布団から出るときに、まず感じたことだね。
 走るウエアーも、冬のものに逆戻り、ヘルメット下の防止、ネックウオーマーも厚手のものに。
 雪があちこちに残る中、自転車を車に積み込んで、家を出る。
 道路の両端には、雪が残っているが、とりあえず路面は乾いて居る様だ。
 参加者 7名(後藤、今木、和田、西川、志知、平田、私)

「谷汲」は雪が有るだろうなあ! 「川口橋」~「前島橋」周回するか! ですね。
 走りだすと、もっと寒さを感じる、目から涙が出てきた。
 橋を渡って左折、堤防に入ると、腹のほうが寒さを感じる。
 寒さが下からくる感じ、空気自体が冷たい、そんな感じだね。
 どうせなら、南のほうに行かない? (今木さん) 雪が無くて良いかもな! (私)
 後ろのメンバーに話し、急遽、コースを変更です。
 焼却場の煙は、真上に上がっている感じ、南風の予報なので、帰りも心配なさそうだ。

「下座倉大橋」を渡って右折、堤防を皆見え向かって、走ります。
 1時間の予定、「今尾」の餅屋くらいまで? かな。
 速度を上げ、時速24,5キロにして、先頭は私だ。
 向かい風を少し感じながら、そう頑張ることもなく、有酸素運動だ、と思った。
 少し走ると、雪は、周りの景色からもなくなり、南北の差を、目のあたりにする。
 ハイ先頭交代! と言うと、後ろの今木さんが、え! もう代わるの? って感じだ。
 早めに、皆で交代するつもり、だったんですけどね。
 途端にスピードが上がり、時速27キロになった。
 すぐに代わるだろう! ともったが、なんと頑張るねえ!
 和田さんになって、さらにアップ、28キロへ、時間も長い。
 西川さんも頑張るし、平田さんのなったら、時速30キロになった。
 平田、志知さんが続き、後藤さんが遅れて、合図したので、私が前に出る。
 間を詰めるか? 突然横に和田さんが来て、前に出たので、後ろにつく。
 ほら、これだから、前回は来ると思ってたんだよね! と思った。
 志知さんが遅れ、3人になったので、「今尾」の餅屋でストップ! と指示を出す。
 それをもって、志知さんがスピードアップし、平田さんの後ろまで、頑張っていく。
 前回、先頭交代の練習をした時と同じ、交代をするたび、スピードが上がって来る。
 若い人には勝てないですよ! きついわあ!!
 でも、先頭の2人が、餅屋の所で止まっている、遅れて和田さんと2人、到着です。
 少しづつ遅れて、皆到着ですが、疲れたあ! って感じだ。

休憩しながら、戻りの打ち合わせ。
 私は、仕事があるので、このまま堤防を戻る、志知、平田さんも戻ります。
 今木さんら、4人は、近くでモーニングをして、「長良川」のほうから戻る、とのこと。

平田さんに、時速26キロで走ってくれないかなあ! とお願いする。
 志知さんが、スピードメーターついてないので、平田、志知、私の順だ。
 しばらく走って居ると、志知さんが遅れてきた、疲れている感じではないんだけどね。
 風もなさそうなので、私も少し離れてみる、行けそうだ!
 先頭平田さんには、物足りないかもしれないので、そのまま先頭のほうがいいだろう!
 気を利かせたつもりだが、「新幹線」前の橋かな、赤信号で止まった時、向かい風でなくよかったね! と言いながら、スタート。
 そしたら、今度は向かい風になって、大変でした。
 離されてしまうし、足は疲れてくるし、それでも何とか25キロ。
 最後のほうは、26キロに持ち返して、「泰山木」ゴールです。
  走行距離 46.3km 平均速度 20.4km/h 
IMG_4182.jpg
この3人でのコーヒータイムは、初めてかもしれないなあ!
 今日の走りの事だとか、マウンテンバイクの事や、コースのことなど。
 コーヒーを沸かして飲む、そんなサイクリングの事も。
 暖かくなったら、一緒に行くことで、終了でした。
 

おはようサイク 21-06

2月14日(日) 天気 曇り
今日も、朝から暖かい、ネックウオーマーもつけずに、走る事にした。
 フラットロードを車に積み込み、余裕で家を出る。
 昨日と同じように、男性サイクリストとすれ違う、このところ団体とはすれ違わないなあ!
 「三水川」堤防、ジョギングのグループ4人ほど、季節だなあ!
 パン、ジュース210円也、買って集合地へ。
 参加者 6名 (後藤、高橋、杉本、西川、和田、私)

西川さんのバイク、今日は ”ヨネックス“ テニス、バドミントンなどの、カーボン技術を生かして、制作されたもの。
IMG_3917.jpg

今日は少ないねえ! どこ行く? 昨日と同じ、「川口橋」行く!
 先頭交代の練習してみるか! 先頭何分? 決めずに、自分でいいところだよ!
 とか言いながら、コースは決定です。

まずは、ウオーミングアップ、堤防に入ってすぐ、写真を撮るのに停止です。
 高速道路、インターから東への工事が、進んでいるんです。
IMG_3788.jpg
 走り出してすぐ、橋の橋脚の所に、和田さんが止まっている、トイレか! スルーです。
 「下座倉大橋」からスピードを上げ、「ゆ~みんぐ」を回って少ししたところで、追いつき追い越す。
 時速24キロ、風の状態から、26キロまで行けそうな感じだった。
 少し走って、交代だ、次は杉本さん、「神戸大橋」下をくぐり、堤防へののぼり、早いなあ!
 少し走って交代、良い感じだね! と思いながら「平野庄橋」交差点停止。
 走り出してから、スピードアップ、時速26キロへ。
 交代! と言いながら、順に変わっていくが、速度が上がったので、後ろへの下がりがうまくない感じだ。
 それと間が空くようになって、スムーズでなくなってきた。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、左折し橋を渡る所で、右折したら止まって! と声をかける。
 再び「揖斐川堤防」に入ったところでストップ、時速24キロにしようか! 速過ぎて上手く交代出来ないな。
 そう言ううと、交代前に、手を上げたらどうかな? とのアイデアが、そうする事に。
 和田さん来ないねえ! トイレだと思うんだが、少し早すぎたかな。
 でも追いついてくるよ、きっと! 行きます。
 時速24キロにして、先頭交代、スムーズになってきた感じだ。
 とにかく、先頭になったからと言って、頑張りすぎないことだ。
 スピードを変えない、前が居なくなると、急に足に力を入れないとダメなので、ブレが出る。
 この練習が必要だし、タイミングもね。
 後の話だが、手を上げると同時に、右へ寄られると、後ろが大変。
 手を挙げ、後ろが 一呼吸して OK! となったら、右へ寄ることも必要。
 
先頭交代を繰り返しながら、「井口橋」直進時、スピードが20キロに、遅いよ! と声をかける。
 再び24キロ、まだまだ行けるはず、そんな𠮟咤をしながら、走ります。
 民家の間なので、注意は必要ですが、いけないことはない。
 カーブあり、上りも感じるので、大変なところだけどね。
 少しばらけた感じだが、「川口橋」を渡って左折、下りが入る所でも、速度を上げずに行くと、追いつける。
 皆そろって「井口橋」を渡って、元の体制が出来た。
 また同じように、先頭交代をしながら、「303号線」を横切る。
 のぼりが少しづつきつくなってくる、速度落ちても良いよ! と声をかける。
 トンネル前の登りは、西川さんが先頭、追い越さずに私、杉本さんが続く。
 横に並びそうになるが、ここまでで追い越さないので、杉本さんも同じ状態で、上り終える。
 横断し、歩道に入る所で、私が先頭になってトンネルに入る。
 出て下り、そのまま惰性のみで下って、カラ回しから24キロで、普通に力が入る。
 とにかく、時速24キロを維持し、「あられ工房」前の小さなアップダウン、T字路を右へ。

先頭で、「昆虫館」到着、何時もの様に、場内を周回すると、反対側から、皆も入ってきた。
 2周回して、停止し、ラックに自転車をかける。
 隣りの自転車ラックに、トレックのロードバイクが2台、男性サイクリストが居た。
 すみません、写真撮らしてもらっていいですか? 西川さんの、ヨネックスのバイクです。
 乗ってる人が少ないからだろうね、ステーが細いんですねえ! 自転車談義だ。
 その後、どこから? どんな集まり? 等々、話をする。
 笠松の人だったかな、毎週走って居るのを、うらやましがられました。
 人数が少ないと、なかなか回数が、ままならないんですよね。

先頭交代の件は、大満足!! って、雰囲気だね。
 後ろに下がるのに・・ どうしてもスピードに・・ とか、話に。
 とにかく、メンバーを見て、また実施することになった。

戻りは、高橋さんが、時速30キロ維持する、つもりで走るので、皆そうする事に。
 ただし、後ろにつくのでなく、3~4メーター開けて、走る事。
 風よけを作らず、それぞれが先頭で、走る感じだ。
 スピードアップで、追い越し禁止、遅れての追い越されは、有りで、その人の後ろについてよし。
 「分水嶺」を過ぎてからね! と言う事で、走り出しました。

下り基調の間に、フロントをアウターへ、リヤは、30キロで87~92回ほどのギヤへ、変更する。
 この辺は何時もの様に、後ろについた形で、走って居る。
 結構向かい風を感じるが、堤防に出てもこんなだったら、きついかもね。
 「万代橋」手前も向かい風、これはダメかもなあ! 少し心配になった。
 緩やかなのぼり、結構いいスピードで皆走って居る、張り切ってる感じだ。
 「分水嶺」を過ぎ、堤防に入ると、向かい風はほとんどなし、良かった。
 スピードが上がり、時速30キロ、各自の間が空いてきている。
 前を走る、後藤さんの、腰が動くのが、気になる、サドルが高いんだろう。
  (終了時、確認すると、やはり高かったみたいで、調整するとの事)
「大野橋」を過ぎると、相田が狭くなってきたので、もっと間をあけるように指示する。
 どうしても、いつもの癖が出てしまう、そんな感じですね。
 それほど、前を気にしなくていいので、走りやすいと思うが、疲れます。
 でも、良い感じで走ってますねえ!

「薮川橋」下をくぐって、堤防へののぼり、時速アップし登りきる。
 間が詰まったが。そのまま、前に行って、杉本さんに、「真大橋」下をくぐったら、また堤防に上がって! と頼む。
 途中から、スパートダッシュ30秒、やってクールダウン、ゴールにするので、と言って後ろに下がる。
 橋の下をくぐって、再び堤防に上がり、さあ! 30秒 ダッシュ! と声をかける。
 皆、順番にスピードアップだ。
 ギヤはそのままで、力を入れる、38、40,42キロ、頑張れ!!
 前を追い越して、2番目になって、クールダウンです。
 走ったあ! って、感じで、「泰山木」ゴールです。
 走行距離 43.5キロ 平均速度 18.8キロ 
IMG_4179.jpg
 距離は、昨日と同じだが、平均速度が、0.6キロほど遅い? 多分、休憩時間が昨日より長かったからだと思う。

最後、力出なかったあ! 何キロ出た? とか、いつもとは、違う話題に。
 今日は、後藤さんが、足に来たみたいだね。
 3メーター位離れても、風の影響受ける? 受ける感じだよね。
 それで、もっと離れる様に、言ったのよ! いい経験だと思うし、いい運動だよね。
 最後のスパート30秒、練習するといい、スタミナが付くと思うよ。
 高橋さんへ、何時も同じケイデンスだけで走るんでなく、たまには、遅いケイデンスで走る事の大事。
 登りでも、常に軽いギヤでなく、頑張れる足の状態で、ギヤを変えるようにする。
 足、腰、腕を同時に使う、その筋肉や体感を鍛えられるから。
 いつもとは違う走りなので、ものすごく新鮮で、面白かったねえ!
 ロードバイクの魅力を、満喫した感じ、なのかな、またやりたいね! で終わりました。
 和田さん、どうしたかな? きっと「藤橋」に行ったよ! ってことで。

おはようサイク 21-05

2月13日(土) 天気 曇り
暖かいなあ! と思いながら、起床し、トイレ洗顔をし、着替えをする。
 上のジャケットを、モンベルの冬用から、ワークマンの薄手の物に切り替える。
 ネックウオーマー、グローブも薄いものに、少しだけ春らしくだ。
 自転車を車に積み込み、家を出て堤防道路、サイクリストと連れ違う、やっぱりウエアーが薄くなってるな。
 コンビニで、パンとジュースを買い、そのまま車の中で朝食、集合地へ。
 参加者 7名 (後藤、今木、多和田、長谷川、和田、西川、私)

自転車の、車輪をチェック、前回、西川さんのホイールで走ったので。
 特に前は、ハブダイナモが付いているので、コネクションの位置を、フォークの後ろ側へずらす。
 コネクションの関係から、いつも同じ個所に、力が加わっているので、当りを変えるためです
 後輪は、パンクとかあれば、車輪を外すので、当りが変わるので気にすることはないんですがね。

暖かいねえ! そんな挨拶から始まる。
 「昆虫館」休憩! コースは、チームごと任せ! でのスタートです。
 走り出しても、温かさを感じる、いよいよサイクリングの季節! か?
 今木さんと、釣りの話、「根尾川」雑魚で年間6600円、頑張るぞ!
 年齢割引は? 「長良川」はあるけど、「根尾川」はないんだよねえ!
 いろんな規制はある割には、安くなんないんだよねえ! (私の思いだ)
 
「下座倉大橋」を過ぎ、ウオーミングアップを終え、ケイデンスをアップ、92回へ。
 今木さんが、どれだけやる気か? にもよるが、ケイデンスを上げて、走ることにした。
 少し向かい風のある中、時速21キロ、もう少しあげれそうだ。
 「平野庄橋」東交差点、後ろから 止まって! 声があったが、そのまま青信号で通過する。
 なんとなく、走りたかったんだなあ! 通過してから、ゆっくり走ることにした。
 Y字路を左に入って、少しすると、追いついてきて、多和田、長谷川、和田さんの3人が前に。
 その後も、追い越され、最後尾からの走りになったけどね。
 スピードが上がり、時速22キロ、ケイデンスも100回前後になる。
 練習には、最高のケイデンスです。

途中、今木、後藤さんが止まったりして、先頭になってしまう。(多和田チームは、もっと前)
 遠くの山が、白ききれいに見えるが、停止する状況ではない。
 スピードを上げずに、このままの走り、「三町大橋」下をくぐる。
 このスピードなら、今木さんも・・ と思いながら、左折し再び、堤防へ。
 後ろは? ちょっと遅れ気味だが、今木さんもいる。
 
「井口橋」袂、後藤さんが止まっている、曲がらず直進することにした。
 暖かいので、走りたかった! って感じ、誰が来るかわわからず。
 ケイデンスを維持、足の付け根に違和感は、しばらく前から変わらずだが、問題はない。
 道路が蛇行しているし、上りも感じるところ、100回を維持し「川口橋」へ。
 橋を渡って左折、今木、後藤さんの姿がなく、そのまま左折したようだった。
 下りは惰性、平地になったところで、足に力を入れケイデンスを維持する。
 どうしてもスピードが出がちだが、あえて出さずに、22キロだ。
 「井口橋」を渡って「広域農道」も同じスピードです。

「303号線」交差点でストップ、後ろは今木さんだった。
 同じコースを走ってきて、下りで追いついた、西川、後藤さんはトイレ停止だった。
 青信号で再び走り出す、田んぼの真ん中、まだまだ冬の風景だ。
 10時前だまだ開いてない! あ! 開けているか? 人がいる。
 今木さん立ち寄りで、一人坂を上る。
 ケイデンス重視なので、ギヤを最低まで落として、トンネル前の坂を上る。
 それでも、結構意気が上がってしまう、回すのも楽ではないねえ!
 トンネルを出て下り、惰性で走ってギヤを戻すが、元に戻すだけ。
 24キロほどから、力を入れるが、120回になって、空回りでした。
 とにかく、100回を維持、そのままの状態で走る。

「昆虫館」到着、前の3人はすでに、ベンチで休憩でした。
 続いて西川さんが到着、10分ほど休憩しているみたいだし、10時を過ぎている。
 先に出ましょうか! と声をかけ、先に出るよう段取りをする。
 みんな、自転車を持ち出したところに、今木、後藤さんの姿です。
 そのまま行くよ! と、大きな声で合図、休憩なしだ。
 
最後尾から走る事になるが、ギヤはそのまま、下りはカラ回しになる。
 速度が上がっているので、ケイデンスが110回に、頑張れ!
 MTBの今木さんが、どれだけのスピードで走るかです。
 「谷汲口」右折し、「万代橋」を渡り右折、「分水嶺」を過ぎたところまでは、何とかよかった。
 向かい風も少なく、スピードが上がり、時速26キロを超すと、120回になり、仕方なくギヤを1段変える。
 110回なら息も上がらず、何とか走れる感じ、良く回るようになったと思う。
 少し遅れて、必死でペダルを回している感じ、外から見ると、かわいそう! って、見えるかもね。
 そんな事を考えながら、でも練習です、汗も結構搔きますからね。
 でもこればっかりやってると、踏むことが出来なくなる、そんな心配も。
 「薮川橋」後の上り坂、行けー! って感じで走って、後は休みだ。
 とにかく、良く回した! って感じ、足の付け根が痛い。
IMG_4178.jpg
 走行距離 43.5キロ 平均速度 19.4キロ  結構早いかもね! 
 
「泰山木」ゴールすると、今木さんが足に来た様子、頑張ったもんね。
 たまには、そんな走りをせんといかん! とか言いながら、店内へ。
 上着を脱いで、席に座っている今木さん、私はジャケットのファスナーを下す。
 一運動の後の、コーヒーは美味いねえ!
 
 前回、借りて走った ”ダブルバテッドスポーク” 判りにくいかな?
IMG_3784.jpg
 ニップル側の太い部分が、昔から見ると、短い感じだする。
IMG_3787.jpg
 通常で、折れるのは、両端なので、理にかなっている、フレームなんかのバテッド菅と同じだと思う。
 私も、フラットロードのスポークは、バテッドスポークに変更を、考えることにした。

 
 

おはようサイク 21-04

2月 7日(日) 天気 晴れ
2日続けて走れます! 昨夜の雨で、路面は濡れては居るが、大丈夫だ。
 少しづつ暖かくなっても来ている感じで、嬉しくもなりますなあ!
 家の者が、起きてきたところで、玄関に出て車へ。
 参加者 6名 (後藤、和田、長谷川、高橋、西川、私)

昨日、車輪(ダブルバテッドスポーク使用、西川さんの)試乗した後藤さん、今日は私が。
 タイヤが25Cなので、95PSI(23C100PSIなので)にして、試走です。
 
メンバーから見て、「井口橋」~「昆虫館」コースです。
 風が少し冷たさを感じる、それほど強くはないので、走るにはいい感じかもね。
 堤防に入って、ジグザグに走ってみる、違和感はない。
 路面からの振動、するのは同じだが、なんとなく優しい感じがする。
 
「ゆ~みんぐ」を回って、スピードアップ! ケイデンスしか動いてない。
 後輪に磁石がついてないので、作動してないんでした。
 92回位だから、23キロ位だろう! 風も強くなくいい感じだ。

「平野庄橋」東交差点からは、もう少し上げて97回。
 時速26~7キロだと思いながら、先頭のまま走る。
 河川敷運動場の所で、先頭交代、後ろに下がる?? 長谷川さんがいない。
 声もかからなかったので、大きな問題はないと思い、そのまま後ろにつく。
 「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から左折橋を渡って右折、後ろを確認するも、姿が見えない。
 先頭を引くのは、西川さん、どうしてもスピードにブレがある感じだ。
 和田さんに代わっても、同じようにブレが出ている、難しいよね。
 少しして、再度西川さんが先頭へ、入る場所がまずいなあ! と思いながら、走る。
 また変わると、今度は和田さんが先頭、終わってから、西川さんとも話すが、2番目に入るんでなく、最後尾に入る。
 そうする事によって、5人居れば、順に交代が出来る様になる。
 
「井口橋」袂を右折、高橋さん前に出て! 和田さんからの声で、高橋さん先頭です。
 ケイデンスから、時速28キロ位で走ってた感じだから、息切れした様子だ。
 案の定、「303号線」を過ぎて少し走ったところで、高橋さんから遅れてきた。
 仕方がないので、前に出て高橋さんの後を追う。
 高橋さんは、ここからが強いからね、高回転で軽く回し、上りもそのままだ。
 少し遅れて、トンネル前の上り坂に入る、見ると1番軽いギヤ、こっちは3枚目だ。
 少しづつ詰まってきて、何とか最後に追い抜くことができた。
 横断し歩道に、高橋さん、前行って、ライト点かないので! と言って、後ろに。
  (車輪交換したので、オートライト使えないんです)
 トンネルを抜け、そのまま行って良いよ! と声をかけ、休まずに下りへ。
 ペダルを水平にし、おしりを後ろに下げ、体制を低くしての下り。
 高橋さんに近づいてくる、空気抵抗の関係だねえ! 彼が踏み出したので、そのままだったけどね。
 少し間をあけたままで、後ろを走る、高橋さんも、思いっきり頑張ってる。
 
「昆虫館」到着、駐車場をゆっくり3周回して、自転車ラックにかける。
 すぐ後に、長谷川さんが入ってきた、どうかした? いや、ちょっとヘルメットが・・ との事。
 ヘルメットに違和感を感じ、直して遅れ、トンネル中で、追い越してきたようだ。
 その後に、西川さん等も、皆到着し、休憩です。

汗が冷たくなってきたので、戻ります。
 ゆっくり帰ろうよ! 和田さんの声、あてにならないからなあ! と思いながら、道路に出る。
 なぜか先頭で出たが、天気もいいし、下りなのでそのままスピードアップする。
 このメンバーなら、気にすることもないし、天気もいいし、つい力が入る。
 「谷汲口」右折の時、後ろを見たら、誰もいない? それほど早かった?
 適当に走って居れば、追いついてくるだろう! と思い、そのまま走ります。
 山の陰になる所は、まだ路面が濡れていて、跳ねが上がりそうなので、ゆっくり走る。
 「万代橋」からのだらだら上り、頑張って踏み込んだので、後ゆっくりになる。
 「分水嶺」右に入る、後ろを見ると、後方に2人いる感じだ。
 向かい風を感じながら、待って一緒に行くか? 追いかけさせたほうが、楽しいかも! 行け!! です。
 サイクリングは、尻を見ながら走るんではないんです。
 青い空、流れる川は、青く澄んできれいだし、向かい風はきついけど、この風景は最高です。
 回転数が上がらず、87回ほどのケイデンス、ギヤからして、時速28キロだろう!
 「大野橋」後は、まだ離れたまま、やっぱり向かい風で、皆きついんだ。
 ギヤを変えてみるが、足が回らず、戻して走る、相変わらず、90回行くかってところだ。
 中間ごろから、下っている感がなくなり、膝の上に疲労が来た。
 高橋さんが、帰りの堤防は、時速30キロで走るはずなので、来るはずなんだけどなあ。
 息も上がってきて「薮川橋」下をくぐって、Y字路、一旦停止、まだ来てない。
 ダンシングして再び堤防へ、エネルギー切れ寸前、ペダルが遅くなってきた。
 80回ほどなので、26キロまでないかもしれない、「新大橋」下をくぐる。
 下道へ左折の所で、後ろに誰か、長谷川さんだった。
 二人でクールダウン、会長、途中で遅くなるだろう! と思ったけど、遅くならないんだもの! 言われた。
 高橋さんが前だったみたい、途中遅くなったので、追い越して追ってきた、とのことだった。
 良かったですなあ! 前にいると、頑張れるでしょう! 私の弁。
 高橋さんも、追いついてきて、「泰山木」ゴールでした。
IMG_3782.jpg
 走行距離 39.4キロ  平均速度 18.7キロ

汗だくで、ジャケットを脱ぎ、ヘルメット、グローブも、車において店内に入る。
 走りすぎたあ! って、後藤さんの隣へ、座り込む。
 前半、あれだけ走って、帰りはもうダメでした! 西川さん。
 やっぱり、車輪のせいだわ! と言い訳は、私です。
 第2ラウンド予定の、「岐阜 梅林公園」は、無くなってしまって、申し訳ない。
 それほど走ってしまいましたが、たまには良いことです。

自転車談義は、ツーリング車の事、歳を取ると、体に優しいクロモリが良いとか。
 ゆっくり走って、コーヒーを作って飲んだり、ご飯を炊いて食べたり、が最高だねえ。
 ガンガン走ったり、名所巡りも良いけど、今年は、こんな事もやって見たいもんだ。
 そんな年寄りサイクみたいなもので、盛り上がってしまった。
 
後ろの皆で、上手く先頭交代してたら、もっと手前で追いつけたと思うのですがね。
 行きのコースで、西川さん、和田さんが後退しただけなので、あれで疲れるよね。
 交代の仕方を話しする、列の後ろに下がる、2番目でなく、最後尾へ。
 5人居れば、順に変わり、今度は5回目に先頭になる。
 それと、先頭に出ても、スピードアップしないで、維持する。
 あまり頑張って引かない、2分、3分でも、自分でいい時に交代する。
 練習するなら、1キロづつにするとか、決めるのも手かもね。
 そんな話を、外に出てから、後藤、西川さんの3人で話し、終了だった。

 

おはようサイク 21-03

2月 6日(土) 天気 快晴
起きて、窓の外を見ると、明るい青空、良いですねえ!
 トイレ、洗顔を済ませ、着替えも安心している、自分がいる。
 自転車は、昨日の昼に、掃除をしワックスがけをしたので、光っている。
 途中コンビニで、パンジュースを買い、車の中で食べる、コロナ過だからね。
 駐車場につき、自転車を下ろし、走る準備、参加者も多く集まったね。
 参加者 10名 (後藤、多和田、長谷川、和田、西川、今木、内藤、飯沼、田中、私)

「泰山木」から出てきた、夫婦と話。
 ”天気良いし良いねえ!” “若いなあ!” いやあ! 73だよ、あの人は76! ”え! 60位だと思った!”
 ”どこまで行くの?” 「谷汲」ぐるっと回ると40キロほどかなあ! ”結構走るんだね!”
 モーニング間に合うように戻らないとダメなんでね! と言うと、びっくり、1日だと思ったようだ。
 私らは、それほど大変だ とは思ってないけど、他の人はそうで無いんだよね。

暖かいし、雪も大丈夫だろうから、「昆虫館」休憩、コースは各自チームに任せる。
 今期、1番の温かさ って感じを受けながら、「根尾川大橋」を渡り左折、堤防のウオーミングアップだ。
 10人ともなると、走りながらの話し声が、にぎやかに聞こえる。
 「ゆ~みんぐ」を回ったところで、後ろに下がって、飯沼チームを作る。
 コースは、飯沼さんの状態で決定、「三町大橋」すぎてから話だね。
 田中さんが、あけましておめでとう参加、集合知に来るまでに、疲れたあ! との事。

「平野庄橋」東交差点で、信号停止し、再び走り出す。
 多和田、長谷川、和田、後藤、西川さんの5人、今木、内藤さんの2人、飯沼、田中、私の3人だ。
 時速21~22キロ、ほんの少し向かい風、これだったら問題ないだろう。
 路面後ろに影を確認しながら、走りを進める。
 「グライダー練習場」の所で、前方を走っていた、今木さんがストップ、特に問題なさそうなので、通り過ぎる。
 内藤さんも、吸収して、5人になった。

「三町大橋」下をくぐって、中間堤防へ、飯沼さんどうする? 「揖斐高校」で! 決定です!!
 橋の所を直進し、少し走ったところ、Y字路を左に走る。
 田んぼの真ん中の直線道路、ここから右折して「303号線」を横切る。
 「揖斐高校」の東側から、北側へ走って、山を越えます。
 今年初めての上り坂、先頭で登り始め、何とかそのまま頂上に。
 トンネル前、抜けたところに、雪が残っている。
 みんなを待つ、ついでに写真を撮る。
IMG_3776.jpg
IMG_3778.jpg
 ?? 和田さんが来た、どこから来たの? って感じ。
 最後に出てきた飯沼さんの後に、走り出す。
 下って平たんになって、最後緩やかに上っている、意外と大変なコースだ。
 でも、頑張って走っているので、少し遅れて、あとから走ります。

「昆虫館」到着は、私らが先だった。
 少しして、西川、後藤さんが到着、しばらく遅れて、多和田、長谷川さんだった。
 駐車場の片隅に、よけた雪の山が、黒く汚れてはいるが、残っている。
IMG_3781.jpg
 公園の木々は、まだ茶色っぽくて、冬の色だものね。
 内藤さんがいるので、パソコンの話題になってしまうは、何時ものことかな。
 何年も使ってると、具合悪くなるんだよね。
 このブログは、新しいパソコンでアップしているのですが、早や! って感じ。

寒くなってきた! こんな話で、戻ります。
 何時もの様に、最後尾から、ゆっくりサイクリングです。
 下って平たんになると、多和田さんらの姿が、どんどん小さくなっていくのも、何時もの様子だ。
 でも、本当にいい天気だ、温かいし、最高のサイクリング日和 って感じ。
 フロントギヤの外側にチェーンがあり、スプロケットも外から3枚目、踏む状態です。
 帰りは、これで走ります。
 ケイデンスを、上げてばかり走って居ると、踏み込めなくなるので、練習です。
 「万代橋」を渡り右折、なだらかな上り坂、力を入れ走ってみる。
 前のメンバーを追い抜き、先頭に(多和田さんらは、いない)出て、「分水嶺」。
 ここでスピードダウン、Y字路を右へ、皆に追い越され、再び最後尾へ。
 
田中さんは、良い感じでペダルが回っているし、飯沼さんは、反対に力強く踏んでる感じだ。
 先頭を走る西川さんは、その中間な感じの走り、後ろから見ると、面白いねえ!
 私はと言うと、引き足を意識しながら・・ ふみ時間を長く意識しながらとかね。
 帰りのギヤは、50*14 と言うところかな。
 ハンドルに、親指だけ当てて、上半身を支えて走る、さすがに久しぶりなので、大変でした。
 こんな練習も、ゆっくりだからやれることなんですよね。
 堤防の上は、景色もいいし、サイクリングには、最高ですし、交差点がない分、気を遣わずに、こんな練習もできる。
 「薮川橋」過ぎて、堤防への登りも、間を多く開けた後、全力で登る。
 早く追いつきすぎ、ブレーキングだったけど、良い走りができたと思う。

下道へ入って、田中さんの横へ、良い感じだねえ! とか言いながら、満喫感を味わう。
 近々、カテーテル手術の予定がある、とのことなので、大事にして欲しいですね。
 幸い、私は、健康診断結果、特に問題なしだったが、体重、腹回り、血圧が、少しね。
 お互い、健康で居ないとね、仕事や遊ぶ事も出来なくなってしまうからね。
 クールダウン走行をし、「泰山木」ゴールです。
IMG_3783.jpg
 走行距離 35.7キロ  平均速度 16.1キロ

店内は、割と席が埋まってる感じ、児玉さんが来てる。
 チョコレートをいただきましたよ、バレンタインデー、幾つになっても、嬉しいもんですなあ!
 早速、皆でいただきながら、しばらくなかったなあ! こんな声も。
 人数が多い事もあってか、なんとなく賑やかな感じ、児島さんだけ?
 何時も多く参加してくれると、にぎやかで楽しい時間が過ごせるんですが、そうもいかないですね。

業務連絡
 2月のクラブラン 2月28日(日) 天気 晴れ?
  「梅」の花が咲くころなので、梅の花を見に行きます。
  コースはまだ未定ですが、計画に入れてください。
 

おはようサイク 21-02

1月31日(日) 天気 曇り、晴れ
昨日は、積雪のため、走れず、モーニングのみだったけど、木村さんが来てくれた。
 坐骨神経痛を患ったらしく、走ることがしばらく無理な様子だ。
 今年は、名所旧跡巡りを、考えているので、走れるように頑張ってほしいなあ!

今日は、道路に雪はないが、夜中の雨で、路面は濡れている。
 とりあえず、走る準備をし、玄関に、東から日の光、西は灰色の雲が垂れている。
 フラットロードを車に積んで、家を出て堤防へ、?? フロントガラスに雨粒が。
 道路端には、まだ水たまりが残っているので、走るのは無理? と思いながら、コンビニへ寄る。
 パンとジュースをもって、「泰山木」駐車場につく。
 後藤、西川さん先着、和田、今木さん自走到着、路面濡れていることもあり、先にモーニングをすることに。
 参加者 8名 (今木、後藤、西山、和田、多和田、高橋、杉本、私)

直前に、朝食をしてきた今木さん、一人先にスタートです。
 モーニング中に、杉本、高橋さんが加わり、道路の渇きを待ちました。
 
外に出て、自転車を車から降ろし、エアーを・・ タイヤを新しいのに交換したので、あまり入ってなかったんです。
 シューズを履き・・ 皆の方は? もう終わってるではないか。
 先に行く! と言う事で、「川口橋」から「葬儀場」で休憩! コースを確認する。
 完全に遅くなり、橋を渡って左折堤防道路、メンバーが見えず1人サイクリングだ。
 ウオーミングアップをしている場合じゃないので、初めから20キロオーバーで走るが、皆の姿は見えず。
 風はあまりないのが救いだ、「焼却場」からの煙を見ると、上に伸びているので、「ゆ~みんぐ」を回っても、あまり風はなさそうだ。
 
1人といっても1人ではないので、走りには力が入る。
 「高速道路」下をくぐって「平野庄橋」東交差点、タイミングよく、青信号通過。
 道路はし、水たまりが続いているので、少し中央寄りを・・ 車が来ないのがよかったあ!
 Y字路を左へ、速度を24キロへ、何とかこれで行けそうな感じ。
 この辺になると、乾いて居る所が多くなって来たが、端は雪が残っている。
 河原も田んぼも真っ白、白と黒の水墨画の風景を、見ている様だ。
 「三町大橋」手前、路面が濡れて、端の下へ下るところは、雪も見られた。
 北へ来るにしたがって、積もっている雪が、多くなってきたので、乾きも好きなくなってきた。

再び「揖斐川」堤防に、やっぱり濡れている、路面の傾きによっては、流れているような筋も。
 前輪から、しぶきが前に飛ぶのが見える、後ろにも上がってるんだろうなあ!
 そんなことを思いながら、先を急ぐことにする。
 時速24キロ、ケイデンス97回、足の付け根に違和感は、何時ものことだ。
 信号交差点、ここも青信号通過、いいタイミングだが、休めないのも困るね。
 ここからは、どっち側を走っているかだなあ! 私は、直進することに。
 旨く行けば、すれ違うか、「朝鳥公園」で、トイレ休憩していると、追いつけるかもね。
 水溜りが出来て居る処もあって、濡れもひどくなって居る様だ。
 親子で、堤防斜面を使って、ソリ遊びをしている所を、通り過ぎる。
 「井口橋」手前で、写真を撮るべく停止する。
IMG_3771.jpg
IMG_3772.jpg
「井口橋」袂を直進、両側に民家があるので、雪のため、より狭くなってきた。
 向こうから、赤いウエアのサイクリスト、和田さんだ。
 “早いなあ!” と言いながらすれ違うが、1人だけだった。
 「川口橋」端にはまだ雪が残っている。
 左折する、右側が山なので、雪解け水が流れて、帯状になっている。
 雪がドサッ っと、音を立てて落ちてきて、びっくりしたりだ。
 右側の「朝鳥公園」を望みこむ、誰もいないようだ? どこ行った?
 Y字路左、途端にワダチ、真ん中にも雪が残っている。
 親子で、ソリ滑りをしているし、右端に逃げれないし、こっちに出ないでよ! って感じだ。
 右下の道路に、和田さん、戻って来た様だ。
 真ん中に雪があるのは、ずっとかな? と思いながら、端の下をくぐると、無かったので、良かったです。
 和田さんは「井口橋」を渡って、反対側へ。
 風のせいか、時速28キロにアップするが、ソリ遊びの子供らがいたり、注意しながら走る。
 ジョギングに付き添って、自転車の親子、お年寄り夫婦のウオーキング、暖かいからね。
 
「岡島橋」を渡りながら、和田さんを確認できた。
 ここからは、一緒にした道へ、Bコースに入って、「303号線」です。
 トンネルを走って、下り、日陰のところは雪が道路にはみ出ている。
 左側駐車場、みんなの姿を確認、到着です。
 
「川口橋」から、「303ごうせん」にでたようで、あわなかったわけですね。
 10分ほど前についた様子、寒くなってもいけないので、戻ることにした。
 のんびり走ると、寒いので「大野橋」コースにしますか!
 
東側の出口は、日陰で雪があり、入ってきたところから、道路に出る。
 前回、凍り付いていた道路は、大丈夫だった、やっぱり暖かいんだ。
 「大野町」の北の端、「泰山木」の辺りより、雪が多い。
 久しぶり「総合グラウンド」横を走って、だらだら上り、交差点ストップ。
 信号交差点は、全部ストップだった。

「大野橋」を渡って右折、合図し、先頭交代です。
 和田、西川さんの2人、間が空いたところで、多和田、高橋さんが前に出る。
 高橋さん、30キロで走る! 言ってたから、頑張ってるなあ。
 私は、時速28キロを維持、少しすると、前が4人一塊になった。
 後ろには後藤さんがいる感じ、このまま走る。

「薮川橋」の下をくぐって、合流地点は、片足をチョンとつき、再スタート。
 ギヤはそのまま、堤防へののぼり、30キロにアップし走りきるが、その後がダメで、26キロに。
 エネルギー切れで、足に力はいらず、少しして戻ったけど、ダメだったねえ。
 なんとか、28キロに戻して「真大橋」下をくぐり、下道へ。
 少し走って、交差点、個々の一旦停止も、片足をちょっとついて、左右確認、スタートです。
 クールダウンに入ると、後ろに後藤さんが来た。
 ちょうど40キロになりそうだ! いい運動だったねえ! そんな話をしながら、ゴールです。

片づけを仕様とした処に、白バイが走ってきた、だれかスピード違反した? そんな話に。
 少しして、サイレンの音、誰か捕まったな! そんな話をしながら、自転車を車に。
 高橋さんが、立て掛けた自転車の所で、何か変わったのを気が付かない? ??
 ハンドルのバーテープが、ピンク色のものになってる、気が付きませんでした。
IMG_3773.jpg
 でも意外と、フレーム、タイヤの色とマッチしてるんですよね。
 1人で巻けるようになったのも、大したもんです。
 
今回の、コースです。
 走行距離は、40キロでした。
IMG_3774.jpg 

”多度大社 初詣サイク” 雨がパラパラッと!

1月17日(日) 天気 曇り
天気予報とは裏腹で、早朝から悩ましい空模様、西の方は、雨が降ってる感じだ。
 南の方は明るいので、洗顔を済ませ、走る服に着替え、玄関へ。
 外へ出ると、駐車場のコンクリート、車のフロントガラスに、雨の跡がある。
 降っては無いので、自転車(トレック1500)を積み、家を出る。
 7:45「泰山木」に着き、モーニングを取ることにした。
 参加者 7名(後藤、飯沼、高橋、和田、今木、西川、私)

8:20 後藤さん、店に入って来たが、朝食は済ませた、との事なので、そのまま店を出ます。
 飯沼さんが、”おはようサイク” の予定で来たが、“初詣サイク“ 行く事に。
 高橋、今木さんが来て、8:35 5人でスタートする。
 
寒いと思って、マスク付きのネックウオーマー、温かくていいが、強く息を吐くと、眼鏡が曇る。
 時速21キロ、ケイデンス80回、飯沼さんが居るので、まずは様子見だね。
 多和田さんの所は、雨の様子で不参加、西川さんも来てない。
 誰が途中参加かなあ! とか思いながら、走っていると、前の方からサイクリスト、西川さんだった。
 国道21号線を過ぎたところで、和田さんが合流し、7人になる。
 「新幹線」を過ぎたところで、小休止です。
 
ここからは、高橋さんが先頭、私は最後尾へ。
 時速22キロほど、良い感じのサイクリングだね。
 向かい風が有る訳でも無いし、コースも堤防の上なので、心配ないしね。
 和田さんが途中停止? 問題なさそう、その後前後で、15日にやった、人間ドックの結果について話す。
 血圧高かったあ! 90~150なので、問診で再検 75~145 だった。
 腹周りが 84.5センチ 体重も3.5キロ増えて、65.5キロだったわ。
 運動してないからなあ! 俺も同じだ、食って寝て、って感じだもんなあ!
 週2の ”おはようサイク” だけでは、足りないんだよなあ!
 でも何とかしないとね、血圧計も買わないといけないみたいだし。
 食事は、食べ過ぎないこと、間食はしないこと、そして運動だ。

途中、ぱらっと雨が降って来たが、それで済んだ。
 西の山の切れ目から、雲が流れ込んでる感じだ。
 南の方は青空が見え、太陽も現れる、強く降られる事は無い様子だ。
 
「海津大橋」を渡って反対側、町中から「石津駅」で、トイレ休憩。
 街並みの間を南へ、疲れたか、飯沼さんが遅れて、前のメンバーが見えなくなってしまった。
 「養老線」の横なので、そのまま走り、線路を横断し、南へ。
 しばらく走ると、信号交差点、ここへ出るのか! 次の所右だね。
 左側が川沿い、そこからなだらかな登り、このまま走ると、目的地だ。
 後ろになった飯沼さん、やはり遅れたので、スピードを落とし待つことに。
 最後、少し上りがきつくなって、上り切って「多度大社」到着です。

自転車を止め、まずは記念写真だ。
IMG_3751 (編集済み).jpg
 参拝者は、思ったより少ない。
 階段を上る人、参道を歩く人も、少ないなあ!
 参拝も、並ばずにできた感じだ。
IMG_3754.jpg
IMG_3752.jpg 
 社務所の所で一休み、甘酒(200円)を飲んで、温まる。
 腹もすいたので、昼飯の段取り、鳥居の所、大きな建物に行く事に。
 「多度 だるまうなぎ」(多度本店)
IMG_3755.jpg
 玄関を入ると、だるまの置物が
IMG_3756.jpg
 刺身のセットにしました、ウナギは高いので!!
IMG_3765.jpg 
 腹も満腹、前傾姿勢が大変な感じだ。

戻りは、どうする! の話に。
 後藤、飯沼、高橋さんの3人は、「養老鉄道」で、サイクルトレインだ。
 今木さんは、友達の所へ、和田さんは、「木曽三川公園」から中堤防を・・。
 西川さんは、車を途中に置いて来たので、そこまで帰る。
 「お千代保さん」に寄るのは、私だけになってしまった。
 皆、走りだしが早く、1人遅れてしまった。
 交差点で、止まってから、解れると思っていたが、そうでもなかった。
 トレイン組が、橋を渡って「多度駅」に行くのが見えたのみ。
 国道の下をくぐって、田んぼの真ん中の道を走って、橋の手前に出る。
 ついでに、「津島」に行って、千賀さんの所に、挨拶して来るか! となった。
 「長良川」「木曾川」を渡って国道、北へ走る。
 何と無く、右折の場所を間違うんですが、今回も同様に、1つ行き過ぎた。
 「天王川公園」のほとりを戻り、何とか「千賀サイクル仲地店」到着。
 年始の挨拶と自転車談義、お客さんが来たので、早々に、駅前の方に。
 駅前の店で、親父さん、奥さんと年始のあいさつ、近況話だ。
 ゆっくりしていられない状況を話し、戻る事にしました。

「津島神社」に立ち寄り、初詣とトイレをする。
 七五三の祝いかな、“鬼滅の刃“ の格好の男の子、今時だねえ!
 風が強くなってきた、想像していたことなんですが、やっぱり嫌ですね。
 少し西へ向かいコースなので、まともに向かい風を受ける、ロードバイクで正解だったね。
 レンコン畑を懐かしく思いながら、「東海大橋」に。
 中堤防をサイクリスト、和田さんでは無かった。
 橋からそのまま西へ、途中から交差点を右折、「お千代保さん」に向かう。
 左斜め前からの風になり、思ったより楽な感じになる。
 田んぼの真ん中、そんな感じなので、まともに風は当たるが、走れない事は無い。
 途中で、クロスバイクの男性を追い越す、一緒に・・ の余裕は、今回は無しだ。
 
「お千代保さん」到着、何時もの場所に自転車を置くが、1台も見当たらず。
 参道も参拝者は少ないし、串カツ屋の前も少ないや。
IMG_3767.jpg
 とにかく、油揚げを買って、初詣を済ませる。
 今回も、名刺を忘れました。
 腹が減って来たが、ゆっくり食べている時間は無いので、草餅を買うことにした。
 2個食べて、残りはお土産だね。
 写真を撮ったら、スマホが切れてしまった、電池切れ? なんか、GPSが作動しなかったみたい。
 画面も真っ黒で、何も出ないので、ダメかと思たが、自転車置き場で再確認。
 元に戻ったので、確認して、走りだします。

北の方へ行き、堤防を西へ、途中から降りて、北へ向かう。
 風は思ったより、西から吹いてる感じ、建物がなくなると、急に強くなるので、大変だ。
 首が疲れて来た、やっぱり久しぶりの、長距離だからなあ! ロードバイクだし。
 ケイデンスを少なくし、使う筋肉を変える事に、フロントをアウターに変更だ。
 ただし、戻す事が出来ない、インナーへは、空打ちするのだ。
 リヤも同じで、重い方へのギヤチェンジは、空打ちするが、仕方がない。
 しばらく乗ってないので、来る時から、レバーを動かしているが、たまに引っかかるのみだ。
 「高速道路」の下をくぐり、「百梅園」側から、左へ入って、堤防に上がる。
 此処からは、残り10キロ、4:30には着けそうだ。
 足に疲れを感じてきたが、ギヤチェンジが出来ず、クロスになっているが、仕方がない。
 途中、水分補給と、首の運動をして、又走り出す。
 「ゆ~みんぐ」が見えてくると、もう少しだ! 力が湧いてくるね。

4:20 「泰山木」に到着、走行距離は、90.5キロ。
 スマホの方は、95.0キロ  時間は 6時間33分 になっていた。
 コースは、このようになった。
IMG_3769 (編集済み).PNG
 やっぱり運動不足、足にも来ているもの、ダメですなあ!
 頑張って、運動しなくちゃ!!

おはようサイク 21-01

1月 9日(土) 天気 快晴
今年も始まります、まずは良い天気になりましたが、雪はあちこちに残っています。
 晴れていたせいか、ものすごく寒い感じ、ウエアーも一段と分厚いのにする。
 腹も減ってなくコンビニへもよらずに、集合地へ1番乗りでした。
 参集した北メンバーと、新年のあいさつを交わしながら、走る準備をする。
 参加者 7名 (後藤、和田、今木、多和田、内藤、西川、私)

雲一つないいい天気、風も思ったほどなく、普通ならサイクリング日和だが、寒い!!
 最後に来た多和田さんの、準備が済む間、動かしてない体を、動かし準備運動です。
 日陰の所は、まだ凍り付いているので、コースは、Bコースにした。
 信号交差点から、すぐ上り、やっぱり運動不足で、足が動かない感じだ。
 橋を渡って左折、堤防道路へ、顔が痛い! 花がしびれてる感じの寒さだ。
 あちこちに雪が残っていて、冬の景色の中、ウオーミングアップ。
 写真を撮るために、話をして先に行く事にした。
 「ゆ~みんぐ」手前でストップし、皆を待つ。
 横一線に! と合図するがバラバラで、やり直しだ。
 Uターンし、再度横並びで、OK!!
IMG_3740.jpg
 サングラスでマスク姿、誰が誰だかわからない、でも1回目の参加者です。
 改正の青空、遠くの山の雪景色、これを入れたかったんです。
 
スピードを上げ、皆に追いつき、順に前に出る。
 先頭に居た和田さん、ケイデンスが高い! 和田さん今年から、走り型変えた? そうでもなかったようだけどね。
 寒いんで、早く温める策だったようだ。
 私も同じ、無理してケイデンスを上げ、手の方は、指を動かしながらです。
 向かい風があるものの、それほどではない、背中は太陽の温かさを感じている。
 マスクはしてないので、頬と鼻の頭は、しびれて何も感じないみたいだ。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、疲れたあ! との声も聞こえてきた。
 皆運動不足なんだね。
 雪、コロナ、正月と、重なったもんね、最悪なのか、最高なのかねえ。
 私なんか、3が日、昼までは駅伝を見て、それからパチンコ屋さんへ、だったからね。
 4,5日も、仕事が無く、1日中ジオラマ政策って感じだった。
 
先頭になって、ケイデンスを97回、時速21キロ、向かい風も有りですから。
 周りは静かなもので、グライダー練習場は誰もいない、河川敷グラウンド、サッカーの子供がいましたね。
 途中から、ギヤを1枚上げて、ケイデンスを下げる、きつかったんですよ。
 やっぱり動いて無い、こんな感じですね。
 とにかく、作業ズボン、ウエスト82センチが、きつくなってしまった。
 何とかして戻さないと、頑張ろう!
 風向きが変わって、楽になった、と思ったら急に向かい風が強くなった。
 「三町大橋」少し手前です、ここでは、キツイ!!
 
「303号線」交差点を直進、トンネルは暖かい! と思ったが、意外とそうではなかった。
 山深い処でないからかな、出て下り 先にトイレ! と言いながら、和田さんが追い越していった。
 冬場は、トイレが近くなってしまう、皆同じ生理現象だ。
 左側の駐車場、日の当たる端の方まで行って、停止です。
 
北側の田んぼには、ほんの少し雪が残っている程度、山もほぼない感じだ。
IMG_3741.jpg
 後藤さんの自転車を見ながら、自転車談義を。
IMG_3742.jpg
 寒いので、早めに切り上げ、戻ることにした。

道路に出て左へ、すぐに凍り付いて居る所があり、片足をビンディングから外し、ゆっくり走り抜ける。
 1日中、日の当たらない所は、こんな風になっているので、怖いですよね。
 「牛洞」の直線道路、向かい風になって、スピードが上がらず。
 信号交差点を右折し、「三水川」堤防に入る。
 川の水は少ないが、きれいに透き通っている。
 桜並木、柿畑は葉が無く、殺風景な景色だ。
IMG_3743.jpg
 太陽の日差しが、まぶしく感じる。
IMG_3744.jpg
 人もほとんどなく、寂しい中、パンを焼く香ばしい香り、腹減ったあ! 思い出す。
 
「真大橋」の所から、私だけ、「根尾川」堤防へ上がる。
 牛舎からの独特のにおいを感じながら、直線の堤防道路。
 ケイデンスを110回ほどに上げ、最後の走りをする。
 右手の方に、皆の姿を確認、あれ! 追い越したか? スピードダウンし、橋のたもとに。
 橋を渡って下り、信号交差点を、左へUターン、後ろに皆が居て、ゴールです。

「泰山木」店内はほぼ一杯、2席に分かれて、コーヒータイム。
 久しぶりに内藤さんが来たので、ここぞとばかり、いろんな相談です。
 スマホのアプリが・・  パソコンの・・ 判らないことが多い。
 得意分野が、それぞれあるので、ありがたい事です。
 失敗した事、年末にフラットロードのチェーン洗浄、そのままだったんですよ。
 今日の朝、注油したら、オイルがグリスみたいにドロッとしていて、浸透しない。
 クランクを回している間に、浸透した感じだけど、余り寒い時はダメだね。
 明日は、なんとなく、天気が悪そうだ、ダメかなあ!

おはようサイク 20-75

12月27日(日) 天気 晴れ
昨日は、起床時曇ってはいたが、南の方が明るかったので、走る準備をして、玄関へ。
 ?? 雨が降っているではないですか、でも自転車を積んで、集合地へ出る。
 小降りの雨、「泰山木」駐車場に到着、後藤、西川、和田さんが居た。
 様子を見るか! と言う事で、先にモーニングですが、晴れませんでした。
 話も尽きずに、終わったのが10時30分位、何時もの時間になってしまった。

今日は、朝からいい天気です! 安心して、走る準備ができる。
 前もって買っておいた、パンとコーヒーで朝食を済ませ、着替えて玄関へ。
 ラックから自転車を下ろし車に・・ 出発です。
 参加者 7名 (後藤、今木、多和田、和田、高橋、西川、私)

今年最後、天気もいいし「昆虫館」だね! 高橋さん先頭!! なんで私が? とか言いながらスタート。
 上り坂は、ダンシングだよ! え? 早速やるの? と言いながら、すぐ上り坂です。
  (昨日、話題になった一つ、“ダンシングがうまくやれない!” から)
 堤防に入ると、先頭の今木さんが、やけに早い、最近張り切っている、と言うか、意識してる。
 私は、何とか1年無事で走れたねえ! とか言いながら、ウオーミングアップです。
 「下座倉大橋」を過ぎ、スピードアップする。
 顔にあたる空気が、ピシッとした寒さを伝えてくる、冬のサイクリングだね。
 「ゆ~みんぐ」を回り「揖斐川」堤防、北に向かう、何時もの向かい風、少し感じる。
 時速24キロ、前の今木さんに少しづつ近づく。
 「神戸大橋」下をくぐって、上り、ダンシング?? バックが前にずれ落ちた。
 慌てて直しにかかる間に、追い越されて、後方に下がる。
 堤防下のテニスコートには、コートに8人ほどみられる。
 そのまま後ろを走って、「平野庄橋」交差点、赤信号停止です。
 青信号、前行って! と言われて、先頭になってしまった。
 時速25キロ、ケイデンス97回、これがせいぜいだなあ!
 此処は、橋まで長いので、途中で交代を考えながら、走りを進める。
 グライダー練習場、河川敷公園には、人の姿は見られず、ウオーキングの人が2人だけ。
 カーキ色の河川敷、ガラーンとした冬景色だ。
 「三町大橋」下をくぐって、登りもダンシングで走る。
 左の小さな橋を2つ渡って右折、先頭交代をする。
 和田、多和田、高橋さんの後ろに入る。
 高橋さんの後ろは、余りありがたくない感じなんですが、空いてたので、入ります。
 今回は、余力を残し、交代したので、後ろに着き、体力回復させる。
 「岡島橋」を過ぎ、先頭が多和田さんに、これは大変、スピードが上がるぞ! って思う。
 時速28キロに、ここにきてこれはきつい、頑張れ! って感じだ。
 何とか後ろには付けてる、それにしても、高橋さんは、高いケイデンスで走れてるのに、驚きだ。
 「井ノ口橋」右折の所で、「川口橋」まで行こうか! 和田さんやる気です。
 直進して、「川口橋」まで走ることになった。
 民家の立ち並ぶところなので、横からの車や人の出入りに、注意しながら走る。
 「井ノ口橋」右折し、細い道路を戻る、初めてのコースだ。
 「303号線」を走って・・ と言うのは、このコースの様だ。
 民家の間の狭い道路、田んぼの間、何時ものコースを右に見ながら、茶畑へ。
 トンネル前の上り坂、少し手前に出て、いよいよ上りです。
 何時もより、重いギヤでダンシングに入る。
 前のメンバーも、ダンシングしているが、多和田さんは見えない。
 太ももが張って来て、心拍数も上がって来た、でも何とかダンシングで登り切った。
 横断し右側歩道へ、?? 雪の為、折れた木が歩道を塞いでいる。
 後藤さんが、自転車を止め、塞いでいる木をどけてくれた。
 トンネルの出口は、雪が山になって残っており、自転車をもって車道を降り、道路を横断する。
 まだあちこちで、雪の影響が残っている感じだね。
 坂を下る、フロンギヤをアウターにして、平坦になって時速30キロだが、すぐに27キロへダウンです。
 前の2人との間を詰めれずに、そのまま「昆虫館」到着です。
 
先に着いているはずの、多和田さんが居ない? 初詣? やっぱりそうでした。
 早く着いたついでに、「谷汲山 華厳寺」 初詣して来た! って、到着です。
 今木さんは、トンネルまで行ってきた! と言う事で、上り坂走って来たようだ。
 増えた体重を減らす、そんな目的があり、積極的ですねえ!
 オシルコを買って、エネルギーを補給、休憩です。
IMG_3733.jpg
IMG_3734.jpg
 感を捨て戻ると、高橋さんが、自転車にまたがっている? もう行くの? 間に合わないんでないの? 今何分? 10時5分! まだ大丈夫だよ! そんな話をしていると、和田さんが、ラックから自転車を外した。
 じゃあ、行きますか! と言いながら、自転車のまたがると、道路には誰も出たがらない。
 高橋さん、先頭だよ! とせかせて、スタートです。

何時もの様に、後方スタート、「谷汲口」右折で、最後尾になる。
 まじめに、手信号を出し、ストップ、後ろ確認すると、後ろのメンバーが先に右折だもんね。
 毎度の事なので、慣れたもの、遅れて最後尾だが、前の今木さんも見えない。
 「万代橋」の見える所でも、姿は確認できず、橋の上で川面を見るが、魚もいなかった。
 「分水嶺」の所を過ぎると、なぜか向かい風、一人サイクリングだ。
 太ももに違和感、ダンシングしたためだ、時速29キロがやっとだ。
 反対側の堤防、今木さんを探すが、確認できず。
 それにしても、張り詰めたような、寒さの中を、風を受けて走る、最高ですね。
 体は暖かくなって、でも手足は寒い、頭は厚いが、顔は寒さを感じている。
 鼻水をすすり上げても、すぐ滴り落ちそうになるしね。
 
「泰山木」ゴール、西川さんは、着替え中か? 店内は満員御礼 って感じだ。
 帰りの、「根尾川」堤防、やっぱり30キロほどで走ってきた様子だった。
 最近の高橋さん、人が変わった様子、足も良く回ってる! なんて話も。
 忘年会はやれませんでしたが、いい最終回だった。
 ありがとうございました!!

外に出て、今木さんのMTB、チェーン洗浄をしました。
 チェーン洗浄機などを持ってきたので、今木さんがやります!
 やっぱり、使い慣れないと、フロントギヤの方に引き込まれるし、チェーンが外れるしです。
 最後は、私の出番でしたが、乾かして注油、見違える位綺麗になりました
 またしばらく、快調に乗れることでしょう!!

2020年 ”おはようサイク“ ”クラブラン” に実施結果です。
 年間、土日合計104日として、
  ”おはようサイク“ 実施回数 75回  ”クラブラン“ 7回  計 82回 でした。
  参加回数は、
  チーム60 和田さん 67回
        後藤さん 63回
        西川さん 49回
        内藤さん 34回
        高橋さん 32回

  実業団チーム 多和田さん 49回
         今木さん 41回
         田中さん 32回
         長谷川さん 30回
         杉本さん 20回

 大きな事故やトラブルもなく、コロナ過での実施でしたが、良く走れたと思いますね。
 健康増進、体重の減量、そのほか、目的は多々あるにしろ、共通なのは、自転車です。
 自転車(サイクリング)の5徳 自由、安全、健康、環境、経済、
 来年も、頑張って、実施していきたいと思いますので、お願いします。
 

おはようサイク 20-74

12月20日(日) 天気 晴れ
車が1年点検のため、自走で行く事になって居るので、早めに起床する。
 でも準備を終え、家を出たのはぎりぎりになってしまった。
 相変わらず寒い、こんな時にすれ違う車からは、どんな風に映ってるんだろうね。
 そんな事を思いながら、コンビニへ寄って、パンとジュースで朝食。
 時計を見ると26分、慌てて自転車にまたがり、歩道を端へ向かう。
 橋を渡り、高い歩道から皆に ”おはようさん!” の挨拶だったね。
 参加者 6名 (長谷川、杉本、西川、高橋、内藤、私)

今回も「昆虫館」休憩! このメンバーなら「井ノ口橋」だろう!
 高速道路は、24年度に開通する感じだ、インターの東側も、大きく整地されてきた。
 こんなに道路を作っても、人口が減るのに、どうするのかな? って気も有るけどね。
 他の道路も、4車線化したりしてるけど、自転車ラインもしっかり整備して欲しいなんてね。
 ほとんど誰も歩いて無い歩道、なんであんなに広いのかな? 半分分けて欲しいね。
 ウオーミングアップ走行を終えスピードアップ、「ゆ~みんぐ」を回り「揖斐川堤防」へ。
 向かい風は少し感じられる、それよりも寒い! 目から涙が出る。
 ジャケットは、何時ものモンベルなので、寒さはそれ程では無いけどね。
 先頭は、杉本さん、後に続いて長谷川さんだ。
 若い人が前を走ってね! と言って後退したんです。
 3番目に高橋さん、体制が低いので、後ろの私は、余り恩恵を受けない感じ、前傾を深くする。
 
「平野庄橋」東交差点、青信号でタイミング良く通過、後ろが気になる。
 Y字路を左に入った所で、後ろを確認 ?? 誰もいない。
 スピードを落とし待つことにしたが来ないので、ストップする。
 少しすると、西川さんが、遅れて内藤さん、問題はなさそうだ。
 後ろから走り出す、やっぱり風がきついか、でも前の3名はほとんど見えずです。
 最近目に見えて頑張っているのが、高橋さん、前のグループで行ってしまった。

途中、山の雪景色が良かったので、私はストップし写真を
IMG_3723 (編集済み).jpg
IMG_3724.jpg
 道路わきの残雪から、溶けた水で跳ねが上がるのを、気にしながらのサイクリングだ。
 でも、夏と違い、スカッとした寒さの中を走るのも、良い感じだね。
 何とか追い付こうと、頑張って走る、前が遅いためかな、「三町大橋」で後ろに。
 何と無く、2人とも元気なさそうな走り、「揖斐川」堤防に入って、前で引くことにした。
 「岡島橋」を過ぎると、向かい風が一段と強くなった。
 此処まで来て、これだときついですよね、走るしかないですけどね。
 「井ノ口橋」右折、後ろの2人は少し遅れているので、スピード落し、順番を入れ替わる。
 「広域農道」信号交差点、赤信号停止が休憩になる。
 残っている雪が多い感じ、田んぼも真っ白だ。
 「303号線」交差点、私だけ赤信号停止、置き去りにされた。
 国道沿いにも雪が残っている、雪掃きしたので、山になっているから特にだよね。
 両側の田んぼが、雪で一面白の雪景色、良いもんですねえ! 登りに入る。
 何とか前に2人が見える、トンネル入り口、降りて横断し歩道、雪で歩いている。
 私は、そのまま車道を走る事に、ライトのスイッチを入れる。
 最近、後ろから蹴飛ばされる事故が有るので、少し心配でしたが、大丈夫でした。
 トンネルを出たところで、2人を待つ、ついでに写真を。
IMG_3727 (編集済み).jpg

下るにも、余りスピードが出ない様に、時々ブレーキング、跳ね上がり対策です。
 竹藪の何本かが、雪の為か折れてしまって、道路そばまで倒れてきているところも。
 軽い雪で無く、重いボタ雪って感じだったので、耐えれなかったんだろうね。
 そんな事を考えながら、何時ものコースを走って、「昆虫館」到着です。

水分補給、内藤さんが自販機で、温かいオシルコ? を買っている。
 内藤さん! それ飲んだらスタートしようか! 前の人が、差向かってしまうんで!! と、合図する。
 10分ほど、私等の方が居遅かったみたいなので、小休止で戻ります。
 出店が今日も出る感じで、そこにいた男性に、ようこんな時に走るねえ! って言われた。
 確かにそうだよね、でも運動しないとね、頑張ります。
IMG_3730.jpg
IMG_3731.jpg
何時もの様に、いつの間にか、長谷川、杉本さんが見えなくなり、4人で走る事に。
 心配していた、「万代橋」手前の、山の裏も路面はほぼ乾いた状態だった。
 でも、何時も日陰なので、すっと寒さが増して、日の当たる所に出ると、まるっきり違うんですよね。
 
「分水嶺」の所を過ぎると、追い風を感じながら、自然とスピードアップする。
 時速29キロ、なんとなく遠慮している感じ、でも最後尾です。
 この辺は、周りにも雪が少し見られる程度、これだけ違うんですよね。
 ケイデンスは97回ほど、最高の状態で、サイクリングしている感じだ。

「大野橋」を過ぎると、高橋さんスピードアップ、間が空いた。
 じりじりと間が空く感じなので、前に出て引くことにした。
 時速31~32キロ、少しづつ近くなってくるが、30キロは出ている高橋さんだ。
 「藪川橋」手前、後ろは? ついて来てません、少しスピードダウンする。
 下って橋の下をくぐる、Y字路、一旦停止足を付き、手信号、後方確認し、走りだす。
 少し後ろに、西川、内藤さんを確認、上り坂は時速32キロ、頑張って登る。
 そのまま、高橋さんの後ろまで行って、スピードを落として、下道へ入る。
 クールダウンをしながら、「泰山木」にゴールです。

コーヒーを飲みながら、高橋さんが、「大野橋」から時速30キロで走る! 事をしている、との話。
 平日は、コロナの件も有り、ほとんど運動がされてない、そんな話の中、ウオーキングも、3分インターバルを実施。(高橋)
 3分早歩き、3分普通に歩く、週に何時間だったかな、そうすると、心肺機能が向上する。
 そんなうんちくな話、それで、”おはようサイク“ の時は、最後「大野橋」から30キロ、だったんです。
 飯沼さんが参加の時は、”前を走ってもらう” のも同じで、最後少しだけ、無理して走る! 何ですよ。
 そうすることにより、呼吸機能、持久力を高める事が出来るんですよね。
 内藤さん、朝12キロほどサイクリング、でもスピードが遅いからね。
 もっと乗ればいいのに! 時間が無い、戻って風呂入って、仕事が・・。
 そうなんですよね、中々思うようにいかない、それが現状ですなあ!
 土、日、こうやって走れるだけ良い環境なのかもね。
 仲間がいる事によって、少しでも頑張れるのが、最高なんですよね。
 来年も、頑張って走らないとね。

外に出て、何日までやるんですか? 私は、26日、27日も走ります、運動ですのね。
 雨だと、もう会えないかもしれないので、来年もよろしく!! でしたね。
 もしも雨だったら、モーニングしに来ます、朝飯なので。
 21年は、9日(土) ”おはようサイク“ 開始かな。
      17日(日) ”多度大社 初詣サイク” にしましょうか!

おはようサイク 20-73

12月19日(土) 天気 曇り
夜中から朝方に掛け、雪の予報、でも降らなかったようで、走れそうだ。
 ただ、田んぼは真っ白、道路の端は雪が残ってる。
 とにかく、着替えて走る準備、先日ワークマンで買った、ジャケットを着てみる。
 自転車は、児玉さんとの約束で、折り畳み自転車を準備だ。
 風はほとんどないが、体に寒さがしみてくる感じだ。
 参加者 5名 (多和田、西川、後藤、今木、私)

流石に、この状態では、参加者は少ない。
 久しぶりの折り畳み自転車、なんとなく、ハンドルに力が入る。
 「昆虫館」休憩! と言う事になったが、山の裏側「谷汲」の雪が心配です。
 東西で見ると、「根尾川」を超えると、雪が多く、「揖斐川」を超えるともっと多くなる。
 この辺と、北の「野」でも違うし、トンネルの向こう「谷汲」は、より多くなる。
 ウオーミングアップを終え、スピードアップする。
 
「ゆ~みんぐ」を回って北へ、ありがたい事に、風はほとんどない感じだ。
 速度を上げ、時速23キロほど、このままだったら行けそうだ。
 走っている最中に、自転車のカタログを忘れて来た事に気が付く。
  (兒玉さんから、”折り畳み自転車” の相談を受け、私のを試乗、カタログを見る約束)
 「昆虫館」休憩の帰りに、家に寄っていては、遅くなってしまうので、Cコースに。
 
道路わきには、よけられた雪が、少し山になって残っている。
 溶けて水溜りや、傾きによって水が流れるようになって居る所も。
 前の車輪から、水が跳ね上がっている。
 時速は23キロだが、20インチなので、回転が多い分、跳ねが上がる。
 サドルまでは大分有るので、大丈夫だろう! (後で見たら、バッグまで上がっていた)
 
「平野庄橋」東交差点、皆で赤信号停止、信号待ちです。
 時速24キロにして先頭、風が無い分助かる。
 白い雪景色を見ながら、顔にあたる風が冷たい、でも楽しいね。
 ケイデンスは90回を超していると思うが、キシキシ音がするのが、ちょっと気になる。
 ひび割れするなんてことは無いと思うけどね、久しぶりの再会だからね。
 
「三町大橋」下をくぐって、中間堤防、西川さん左折し、再び堤防へ、私等は直進する。
 後ろから ”雪景色撮らなくちゃ!” 道路が広くなった所で止まる。
 私は、Cコースを走って、家により戻ることを伝え、先に行ってもらう。
IMG_3718 (編集済み).jpg
IMG_3719.jpg 
「303号線」交差点、直進しトンネル、歩道を走ることにした。
 出たところで、歩道に倒れた木が覆いかぶさっていた、雪の制だね。
 車道の左側へ移動し、坂を下って、何時ものコースを走ります。
 家の所から比べると、雪の量が多い感じだ。
 「総合グラウンド」の横を走って、「大野橋」のたもとを右折、家に立ち寄る。
 カタログをもって、「泰山木」に向かいます。

「泰山木」到着は、私が早かったですね。
 店内に入ると、児玉さんが来ており、自転車の話をする。
 間もなく、皆が戻ってきました。
 やっぱり、こちらよりは、雪が残っていた様子だ。
 今木さんが、ラインで写真を送ってくれました。
IMG_3720 (編集済み).jpg
IMG_3721.jpg
 思ったより、雪は少ない感じだったけど、戻ってみると、バッグまで泥跳ねで汚れていました。
 でも、雪景色を眺めながらのサイクリング、良いですねえ!!

おはようサイク 20-72 

12月13日(日) 天気 曇りから雨
今日は、朝から部落の川掃除の日、終わり次第、逆コースサイクの予定。
 8時からなので、長靴を履いて集合地へ、部落の皆が居り、役割相談です。
 皆で顔を合わせるのも、こんな機会が無いと、会わないからね、特に今わね。
 川の方は、前日にやってくれた人が居り、ほぼやることなしだった。
 思ったより早く解散し、戻ってくる。

走る準備をし、スマホの “探す“ で、内藤さんを・・ でも家にいるようだった。
 9時過ぎたところなので、逆コースだと「昆虫館」は、早過ぎるので、後を追う事にした。
 家からほぼ直線的に、西方向へ走ると、「葬祭場」の所に出るんです。
 天気が良くないので、Bコースも考えられ、上手く行けば会えると思ったが、駐車場にはいなかった。
 坂を上ってトンネル、雨がぽつりぽつり降ってきた。
 走って来た途中でも、路面が濡れているところもあり、ところどころ降った様子だ。
 トンネルを抜けて、「303号線」交差点、向こうからサイクリスト、和田さん! 当りだと思った。
 合流し話を、雨が降って来たので、戻った! ほかのメンバーは、「井ノ口橋」から茶畑の方へ行った! との事だ。
 参加者 6名 (和田、今木、後藤、高橋、西川、私)

和田さんは、このまま戻る事に、私は、「揖斐校」の方から「昆虫館」を目指すことにした。
 空の状態は、冬独特の、どんよりとした雲が覆っている。
 雨に降られる覚悟で、4人が走っているのなら! と思い、「303号線」交差点から、山里へ。
 雨が少し強くなって、路面も濡れてきた中、峠の上り坂です。
 まだ、気が覆いかぶさっているところは、濡れてないが、山の向こうが心配だった。
 上り終えトンネルへ、心配したとおり、トンネルを出たら、本降りです。
 すぐにタイヤから水が跳ね上がるのが分かる。
 サングラスにも雨粒、滴り落ち始める、これはダメかも!!
 坂を下り終えたあたりで、知りに冷たさを感じる、後ろからの跳ねがしみて来たんだ。
 首を縦に振ると、ヘルメットからも、水滴がバラバラッと落ちる、最悪の状態だ。
 道路には、水溜りが出来、前輪からの水が飛び上がるのも見える。
 尻から太もも、ふくらはぎに冷たさを感じると、踵にも冷たさが来た。
 ヤバ! シューズの中に水が入ってきた。
 表面は防水なのだが、知りの方から垂れてきて、中に入って来たんでした。
 「谷汲」交差点を右折し「昆虫館」、誰もいない! 行ってしまったか? と思い、スルーします。
 
南の空は、明るくなっているので、少し希望が出てきたが、足首が異常に冷たい。
 濡れて風にあたっているためだろうが、仕方がない。
 これだけ濡れると、止まって雨宿りして、体を冷やす方が、風邪ひく心配があるので、走ります。
 「谷汲口」手前で、雨が小降りになって来た。
 路面は濡れているので、跳ねはまだ上がっている。
 どんどん雨が弱くなって、「分水嶺」のあたりで、上がってくれた。
 後ろから来たダンプ、すれ違うが、霧のシャワーを浴びた感じだった。
 「大野橋」を過ぎると、水溜りは無くなり、跳ねも無くなった。
 時速32キロで飛ばす、風にあたったので、ジャケットが少しづつ乾いて来た。
 「藪川橋」を過ぎると、路面も乾いて来たが、足はびしょびしょに濡れている。
 和田さんが当たりだったね、これだけ降るとは思わなかったなあ!
 
「泰山木」ゴール、店内に入ると、和田、杉本さんの2人が居ました。
 杉本さんは、集合した時には、誰も居らず、1人「池田山」に行ったが、雨で戻ってきた。
 和田さんも、ほぼ雨に降られずに戻った様子だ。
 コーヒーを飲んでいると、後藤さんらが戻ってきました。
 「あられ工房」で、雨宿りしていたらしく、「昆虫館」は、私の方が、早かったんでした。
 本降りの中を走って、完全に濡れたのは、私だけ! って事でしたね。
 
風邪を引かない様に、頑張って走り家路についた。
 体を温め家について、急いでシャワーを・・ 風は引いていませんので。
 次回、頑張って走りましょう!!

おはようさおはようサイク 20-71

12月12日(土) 天気 曇り時々晴れ
6時過ぎに起床、いつもこんな時間に起きてしまうのは、歳をとった証拠? かな。
 食パンを切ってトースターへ・・ そんな余裕をもって、準備してたら時間に。
 自転車は、昨晩車に積んであったので、良かったです。
 珍しく、駐車場には、今木、飯沼さんが居た。
 参加者 7名 (後藤、飯沼、多和田、和田、西川、今木、私)

珍しく、今木、西川さんが、腹が出て来た! 有酸素運動は、余り無理せず、長い距離を・・ 言うような話を。
 さあ、行きましょう! やる気満々、時計を見たら38分だった。
 飯沼さんも来てるし、良いだろうと思い、最後のスタートになるが、走りだす。
 県道に出てすぐ、反対側の歩道を、男性サイクリスト、内藤さん? と思われたが、そのまま走り過ぎる。
 橋を渡って左折、ウオーミングアップの堤防、後ろから追い付いてくるかな? と思ったが来ない。
 内藤さんではなかったんだ、スピードを上げて、前のメンバーに追いつくことにした。
 「ゆ~みんぐ」の所で、追い付いたが、居たのは2人、後藤、飯沼さんだった。
 その前の4人の姿は、見えなくなってしまっていた。
 西川さん等が、「横蔵」コースの話をしてたので、行ったのかもね。
 向かい風が有るので、後藤さんが前を引いてくれている。
 時速20~21キロ、これ位のスピードで、飯沼さんの状態で、コース決めの予定だ。
 「神戸大橋」下をくぐって、再び堤防に上がると、後藤さんとの間が空いてきた。
 速度は変わってないので、後藤さんが早いんだろう。
 こんな状態で「平野庄橋」交差点、赤信号停止です。
 青信号で走り出すが、すぐに後藤さんが先行し、間が空いて行く。
 このままだと、スピードが保てないので、前を引くことにした。
 後藤さんは、ケイデンスが低く、踏む乗り方なので、遅いスピードを維持するのが、難しいんだね。
 私は、時速21キロで、ケイデンス100回にギヤにして、走っている。
 96回になると、20キロになるので、ケイデンスを意識して走っている。
 路面に移る飯沼さんの影で、付いているのを確認している。

「三町大橋」下をくぐって、中間堤防へ、後藤さんの姿も見えなくなってしまった。
 飯沼さんに、どこ行きますか? と聞くと、「谷汲」「揖斐校」の所から! との返事だった。
 直進して、裏の方から「303号線」交差点を直進する。
 途中、左側からジョギングの男の子が6人ほど、後ろから女子が、「揖斐校」の運動部だね。
 山に太陽の光が当たり、紅葉が綺麗なので、止まって写真を撮る。
 前方の交差点に、後藤さんお姿があり、飯沼さんと合流したようだ。
IMG_3713.jpg
IMG_3714.jpg
 遅れて、峠の登りに入る、今回は2往復はしません。
 頑張って登れる、何とか追いつけないか・・ 見えてきました、2人です。
 何とか、トンネル手前で追い越し、トンネルに入る。
 トンネルを出たところで、スピードを落とし、2人に前に出てもらい、坂を下る。
 平坦になっても、24キロ位で走っている、良い感じだね。
 さすがに「谷汲」交差点、手前のなだらかな坂は、17キロに落ちたが、「昆虫館」到着だ。

少し遅れて、多和田さんが到着、汗をかいたので、ジャケットを脱いで休憩だ。
 そうなんですよ、ウオークマンのウエアーなんですが、蒸れてしまうんですよね。
 背中の上部に、空気抜きがあるのだが、背中が曲がるので、ほとんど役に立たない。
 雨や水滴をはじくのはいいが、内側の水分も出さないので、腕も汗で濡れてしまう。
 私は、モンベルの物で、20年近く前に買った物を、いまだに着ています。
 さすがに、撥水はダメみたいですが、風は大丈夫、蒸れも無いから、捨てられない。
 そんな話をしているところに、和田さん到着、ハンドルには買い物袋がぶら下がっている。
 「あられ工房」であられを買ってきた様子で、「昆虫館」でもなんか買って、両側にぶら下げ、帰ります。
 今木、西川さんがまだだが、寒くなってきてしまうので、15分休んだ55分に出る事にした。
 
何時もの様に、最後尾から走りますが、「谷汲口」では、飯沼さんと2人になる。
 スピードは、飯沼さん任せ、風に任せて好きなように走る。
 サイクリングの楽しみを、十分味わえるのは、先頭で、マイペースで走る時ですから。
 「分水嶺」をすぐ堤防道路、良かった、追い風です。
 時速26キロ、良いペースで走ってるでしょう!
 「大野橋」を過ぎ、舗装間もないところ、スピードが上がる、29キロ! 76歳だよ!!
 それほど強い追い風ではないが、すごい走りですよね。
 私は、ケイデンスを110回以上にしたり、白線の上だけ走ったり、ケイデンスを下げ引き足で、走ったりです。
 最後は、22キロほどに成ったが、本当に良い感じで、走ってきましたね。
 
コーヒータイム、後藤さんが、新聞記事 ”大野町上磯 古墳発掘!” を見つけ聞かれる。
 「上磯古墳群」の南側・・ 見てはいないけど、聞いてはいる。
 日本最古の古墳、とも考えられ、名所になるかもね。
 来年、名所旧跡巡りやりたいね! その時は、見れるかもね。
 今木、西川さんの2人が到着、やはり「横蔵」コースを走って来たんだ。
 平均速度23キロ、「昆虫館」小休止程度、時速26キロ位だと、11時までには戻れる。
 2時間余りのサイクリング、有酸素運動には、最高かも知れない。
 これから、スタート時間が、計画通りの8時35分になるかもです。
 40分位に到着すると、居ない場合があるので、注意してくださいね。

おはようサイク 20-70

12月 6日(日) 天気 晴れ
天気は問題ない、トイレ、洗顔を済ませ、家で簡単に朝食をする。
 昨日は、モーニングのみで、昼飯は無し、夜もカップラーメンだったので、腹減ってた。
 着替えを済ませて玄関先へ、自転車を車に積んで、いざ、出発です。
 参加者 8名(後藤、和田、多和田、長谷川、高橋、西川、内藤、私)

今回も、「昆虫館」休憩! のみを決めて、だが、メンバーを見ると、茶畑コースだろう。
 橋を渡って左折、堤防に入って、ヘルメットが気になり停止、一番後ろになる。
 今日は、このまま後ろから走るのもいいか! と思い、そのままゆっくり走る。
 時速16キロ、本当にゆっくりしたウオーミングアップ、誰も前に出たくないか?
 「下座倉大橋」を過ぎ、少しスピードアップするが、20キロだ。
 この辺で、なんとなく足が回らない、そんな感じだった。
 向かい風も少なく、問題ないはずだが、重い感じなんですよね。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号で皆停止、ここまでで疲れたみたいだ。
 青信号で再スタート、Y字路までは良かったが、そこからスピードが上がると、付いて行けず。
 瞬く間に、間が空いてしまった、足に指令がいかない? 行っても動かない?
 少し空腹感があるのだが、エネルギー切れ、と言う感じではない。
 これはダメだ! 仕方が無いので、一人で走る事にする。
 昨日、走り過ぎ? そんな事は無い、やっぱりご飯まともに食ってなかったから?
 時速24~5キロ、ケイデンス92回、これで走るしかない。
 2日続けて一人サイクリング、「三町大橋」下をくぐって、再び、「揖斐川」堤防に。
 前のメンバーの姿は、完全に見えません。
 
皆どのコースを走っているかな? 昨日と同じ、「朝鳥公園」だろうな! と思った。
 「岡島橋」を過ぎ、このまま「井ノ口橋」を直進したら、会えるかもね。
 そのつもりで、頑張って「井ノ口橋」袂を直進。
 残念ながら、すれ違いもせず、「朝鳥公園」にも姿は無かった。
 離されてたからなあ! もっと前に行ってしまったのかも。
 橋を渡って「広域農道」を走り「303号線」交差点で、水分補給。
 トンネル前の上り坂、一番軽いギヤで登ります。
 やっぱり一人は寂しい! トンネルを抜け下り、途中反対側で、止まって電話のサイクリスト、声をかける暇もなく通り過ぎる。
 トラブル? かと思ったが、スピードが出ているので、何もできずでした。
 平坦な道路に戻っても、元気なく25キロほどで走る。
 「昆虫館」到着は、やっぱり一番遅かった。

部落の掃除日だった内藤さん、逆コースで合流です。
 期待を裏切って、「井ノ口橋」から茶畑・・ だった様、会わない訳が分かりました。
 水分補給をし、休憩タイムだ。

10分位休んだなら、戻ろうか! 俺先に行ってるね! と言って、先頭で走り出す。
 とにかく、時速25キロ位で、帰れりゃ良いだろう!! って思いながら。
 どこで追い越されたんだったかなあ! 何時もの様に追い越されたのは確かだ。
 後藤さんらは、後ろを走ってくれたんだけどね。
 今回は、私が、守られて走ってきた感じでした。
 
今日は、お客さんが多く、満席状態な感じ。
 隣り合わせの2席で、コーヒータイムです。
 久しぶりの内藤さんが居て、隣はにぎやかな雰囲気だ。
 奥の席の男性、バイシクルクラブを読んでる、自転車に興味ありか? 話す機会は無し。
 那波さんが、サイクルコンピューターを取りに来て、途中加わりです。
 走れない! ことなど気にせずに、どんどん参加してほしいですね。
 
先日、話題になった ”チェーン洗浄” について、
 方法として
 ① 洗い油 (灯油、白灯油、デグリーザ等) に付け置く。
    チェーンを外し、バットないしペットボトルを切ったものなど、洗い油を入れ、付け置く。
IMG_3707.jpg
    ブラシでこすり洗う、ボトルなら降って動かすなどして、汚れを落とす。
    チェーンを取り出し、乾いたタオルなどで、ふき取る、ぶら下げて乾かす。
    洗い油によっては、乾きにくい物が有るので、注意が必要。
 ② ブレーキクリーナーなどのスプレーを吹き掛ける。
IMG_3712.jpg
    ペダルをゆっくり回しながら、スプレーを吹き掛けていく。
    汚れが下に落ちるので、ウエスを下に敷いておく必要アリ。
    揮発性が強く、すぐ乾くのは良いが、チェーンリングも汚れて、すぐ乾くので、掃除が大変かも。
    内側の汚れが、ひどいと取れないことも、硬めのブラシで落とす。
    スプレー缶、1本使ってしまう事も。
 ③ チェーン洗浄機 を使う。
IMG_3709.jpg
    洗浄機にデェグリーザーを、中のブラシの所まで入れ、チェーンの下側から受け、フタをする。
    ペダルを、反時計方向に回し、チェーンを洗う。
IMG_3710.jpg
IMG_3711.jpg
    フロントギヤはインナー、スプロケットは中間位の位置が、回しやすい感じだ。
    早く回し過ぎると、ディグリーザーが飛び散るので、そうならない程度に回す。
    チェーンの内側の、汚れが落ちたら、完了です。
    チェーンの汚れがひどい場合、ディグリーザーを入れ替えて、2度洗いする。
    洗浄機を外し、ウエスで拭き取る、ギヤ、スプロケット、ガイドローラーも拭き掃除する。
    時間はかかるが、揮発性があるので、1時間ほど置くか、ブレーキクリーナーを吹き掛ける。

  これは、宣伝ではありませんので、各自でよいものを探してくださいね。
  ふみの軽さはもちろんの事、チェーンやギヤの寿命にも、関係しますので、自分でやれると良いですよね。
   
 

おはようサイク 20-69

12月 5日(土) 天気 晴れ
早い、走り終えたと思ったら、すぐ、土曜日! って感じだ。
 どんどん寒くなり、ウエアも冬用に、あれこれ悩まずに済むのは、楽だけどね。
 変わらないのは、自転車だけかな、相変わらずフラットロード、ハイテンション鋼のフレーム。
 車に積み、家を出て堤防、「藪川橋」の所で、ロードのチームとすれ違う。
 お互い皆頑張ってる、私も頑張らなくちゃね。 
 参加者 6名 (後藤、今木、田中、多和田、和田、私)

日曜に、今木、西川さんが参加した、マウンテンバイクの山道走り、状況を聞く。
 初心者には、少し大変だった様だが、それ位でないと面白くないからね。
 来年は、皆で行ってみたいですね。

「昆虫館」休憩です! コースは各自に任せる。 事にしてスタートです。
 寒いので、ヘルメットの中の帽子は、耳付きのもの、グローブも厚手のに代わりました。
IMG_3704.jpg
 ジャケットも、冬用、モンベルで13年以上使ってるかな、背中の部分がニットなので、蒸れないのが最高。
IMG_3705.jpg
IMG_3706.jpg
 買い換えようとしたんですが、同じものが無いんで、何年も着てます。
 ウオーミングアップは、時速17キロほど、ケイデンスも80回ほどから始まる。
 でも本当に良い天気、雲一つ無い快晴、下から上まで青空です。
 「下座倉大橋」を過ぎたところから、スピードアップして「ゆ~みんぐ」を回り「揖斐川」堤防へ。
 やはり少しの向かい風、先頭になって居るので、このまま行きます。
 とにかく、しっかりとした寒さの中、気持ちが良いですね。
 ケイデンスを94回にアップし、これで体が温まるだろう。

「平野庄橋」東交差点、ちょうど青信号になったので、スピードを上げそのまま通過する。
 反対側の右折するダンプが、すぐに右折したので、後ろは離れているようだ。
 待つことも考えたが、多和田さんの事なので、追い越されるだろう! とそのまま走ることにした。
 時速26キロ、ケイデンス97回、心拍数も少し上がり、良い運動状態だと思う。
 でも、追い越されたら、付いて行けないスピード、頑張るしかない感じだ。
 グライダー練習場、黄色の機体が、飛ぶ準備を終えているようだ。
 そのほか、河川敷グラウンドには、サッカー少年団が、集まって来ているだけ、静かな風景だ。

「三町大橋」下をくぐって、中間堤防から左折、橋を渡って右折、後ろは誰もいない。
 まだ追い付けないのは、信号でストップしたのかもしれない。
 とにかく走るしかないので、そのまま先へ進む。
 「岡島橋」を過ぎても来ず? 目測を誤ったかもね。
 そんな事を思いながら、スピードを維持し走るが、少しきつくなってきた。
 「井ノ口橋」袂を右折、後ろ確認するが、姿は見えずだ。
 「303号線」交差点、赤信号で停止、水分補給をする。
 もう体も汗ばんできた、頑張ったからね。
 これは、本気で一人サイクリングに、なってしまうかもね。
 茶畑を見ながら上り坂、トンネルの中で、ジョギングの男性、直前に気が付く。
 黒っぽい服装に無灯火、発見しにくいが、しようがないかな。
 一気に下って、小さなアップダウンを走り切る。
 まだ一人、「竹中公園」前T字路を左折、思い切って、坂を上りに行く。
 こんな時でないと練習できないと思い、トンネル前まで行きます。
 最初緩やかな登り、「道の駅」過ぎから普通に上って、トンネル手前で、Uターンする。
 下って、「谷汲交差点」から「昆虫館」駐車場、もう皆到着してました。

多和田、和田さんチームは、「朝鳥公園」側から「川口橋」、戻って茶畑。
 今木、後藤、田中さんは、「揖斐校」側から山越えコース。
 それも皆バラケテ、ここまで来たみたいな、そんな話になった。
 此処は自転車ラックが、2台あります。
IMG_3701.jpg
 9時半ごろから、地元のおばあさんおじいさんらが、自家製の野菜を持って来て、並べます。
IMG_3703.jpg 
 取り立ての新鮮な野菜、季節の果物、昆虫なども販売する。

戻りは、「万代橋」を渡らずに直進、「来振寺」の横を下って、少し行ったところから左折、「根尾川」堤防へ出た。
 何時もとは反対側を、下るコースだね。
 「大野橋」を過ぎたところで、“長岡さんの家は?” (田中) もう少し行った所!!
 こんな話をし、ここから降りて・・ とか言いながら、家を確認する。
 もう皆先に行って、2人だけの走りに。
 「藪川橋」も直進し「真大橋」も下をくぐって、そのまま堤防へ。
 田中さん、足は回っているものの、時速20キロほどだ。
 私も110回ほどにして、22キロだが、離れてしまう。
 あまり走ってないので、疲れたのかもね。
 先に行ってもらっていいですよ! と言われたが、スピードを合わせて走る事に。
 モーニングせずに帰ります! 今年は、あと来れないと思いますが、来年来ます! との事だった。
 皆、仕事が有ったりして、忙しいもんね、来年来てよね! 来ますので、よろしく! で別れる。
 「泰山木」ゴール、時計を見ると 10時58分 急いでマスクをし、店に入る。

きっかり11時、何とかセーフ!!
 ケイデンスを上げて走ってたので、汗だくって感じで、ファスナーを下ろしてコーヒーを。
 後藤さんが、バイシクルクラブの中で、ロードバイクの4本スポークの車輪を見て、その話に。
 私と同じように、36本組の車輪を使ってる者から見ると、どんなんだろう? って事かな。
 コーヒーを飲み終えると、マスクをしての自転車談義です。
 お客さんは、ほとんど居なくなっている。
 私等も、解散です。

おはようサイク 20-68

11月29日(日) 天気 曇り
早くに目が覚め、風は無い様なので、起きて準備をすることにした。
 パンが有ったので、家で食べて行くつもりになって、食べたら8時過ぎてしまった。
 慌てて家を出る、「真大橋」手前で、エルモのグループ? 2グループとすれ違う。
 駐車場には、5分前に到着、自転車を下ろし走る準備です。
 参加者 6名 (和田、多和田、杉本、後藤、飯沼、私)

寒い! ジャケットでなく、ウインドーベストなので、腕が寒い。
 昨日と反対にしなきゃ! って和田さん、当たりでしたね。
 雲に筋が入って、珍しい形をしてる。
IMG_3699.JPG
 コースを決めずに、「昆虫館」休憩! として、スタートです。
 
ウオーミングアップから、ケイデンスを上げ気味にし、早く体を温める事に。
 「下座倉大橋」を過ぎて、スピードアップ、時速20キロで「ゆ~みんぐ」です。
 そこを回って「揖斐川」堤防を、北に向かうが、少しの向かい風だ。
 今日のメンバーだと、多和田、和田、杉本さんの3人、後藤、飯沼さんと私の3人、2グループだろう。
 先頭なので、時速20キロ、ケイデンス96回、それにしても寒い。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、全員一緒に信号待ちだ。
 青信号で走り出し、少し走った所で、手で合図をし、前に出てもらうことに。
 杉本さんを先頭に、和田、多和田さんが続き、予定のメンバー構成になる。
 こっちは、時速21キロにして、ケイデンスは100回です。
 指先が冷たいので、指の運動をしながら、温まれえ! って思いながら。
 グライダーが外に出ている、今日の雲は、どのように見えるんだろう。
 体は少し暖かくなってきたが、腕は寒いままだ。
 
飯沼さん、どこ行く? 返事が聞きづらく、再度確認、「揖斐校」の方! OK!です。
 橋を渡らずに直進、「303号線」交差点手前を左へ入る。
 裏の方から「303号線」交差点を直進、田園地帯から、上り坂へ入る。
 先頭で上り坂、頑張って登ってみる、トンネル前で、後ろ確認、姿が見えない。
 戻ってみるか! Uターンすると、間もなく2人が登って来た、下まで行ってくる! と言ってすれ違う。
 下りの途中、高校生らしき2人、シティサイクルで登っていた。
 下まで行ってUターン、2人には追い付けないが、シティサイクルには追い付けるかな。
 やる気を出して上っていくと、学生? 2人が歩いてる・・ 残念でした! です。
 頑張る目標がなくなってしまった、そんな感じでした。

前の2人に何とか追いつけないかな! と思いながら、頑張って走るも、全然見えずに、「昆虫館」です。
 駐車場を2週、クールダウンして停止、自転車ラックに置く。
 少し間をおいて、多和田さんらが、駐車場に入ってきました。
 途中で、トイレに寄ったようで、その分だけ遅かったみたいだね。
 寒くなって、トイレに時間が、短くなるので、途中でのトイレが多くなるよね。

観光客でなく、「昆虫館」前に並ぶ、野菜を持ってくる人で、にぎやかだ。
 白菜、ネギ、大きなキャベツ等、が並んでいるが、私等は、持って帰るのが大変なので、買えません。
 ほとんど売り切れてしまうそうです。
 裏の公園の方は、紅葉も終わって、どんどん寂しくなる感じですね。
IMG_3700.JPG
戻りは、飯沼さんの後から走り出したが、すぐ追い越されて、最後尾です。
 飯沼さんのスピードで、少し離れて、その後を追うサイクリングだ。
 向かい風を少し感じながら、前を走る飯沼さん、快調に走っている。 
 私は、ハンドルに親指を置き、上半身を支える走りです。
 ケイデンスを上げてくると、きつくなってくる、これが体感を鍛える事になるからね。
 そう言えば、飯沼さんの、足を見ると、3時の位置でも、踵が上がっている。
 理想的な踏み方なんですよ、ハーフクリップをしっかり使いこなしてるしね。
 ビンディングがダメなサイクリストには、是非、ハーフクリップを、使って欲しいね。
 母指球の所で、ペダルの中心を、常に踏めるからね。

「泰山木」ゴールして、店内に入ると、多和田さんと別の席に、和田さんと児玉さん、1人で走って来たそうだった。
 飯沼さんと別の席で、コロナの話から、「桜を見る会」の話題へ。
 結構政治の話なんかもするんですよね、歳だからかなあ!
 それぞれの席で、皆楽しんでる感じ、早めの終了です。

業務連絡
 コロナがまたも増えてきました。
 体力増進、免疫力を高めるためにも、運動は必要ですので、”おはようサイク“ は、持続します。
 一緒にゴールするのも、難しいので、予防策をしっかりして、モーニングも持続します。
 マスクを持参し、着用して入店したいと思いますので、お願いします。

おはようサイク 20-67

11月28日(土) 天気 晴れ
先週の土曜日ほどではないが、北西の風が強く吹いている。
 今日も大変な走りになりそうだ! そんな事を思いながら、着替えを済ませる。
 とにかく、最近の運動手段が、この”おはようサイク“ノミになって居るので、走らないとね。
 寒いので、レインジャケット(ワークマンで購入)を着て行く事にした。
 参加者 4名 (和田、後藤、今木、私)

スタート前に、今木さんが、マウンテンバイクの後ろタイヤを交換すると、車輪を外す。
 エアーを抜いて、タイヤを・・ タイヤレバーが入らない? リード部を落とさないと! アドバイス。
 リード部がくっついてしまって離れず、横にして上から押さえつけ、剝すことに。
 そのあとは任せ、走る準備をしていると、あれ! 折れた!! チューブのバルブを差し込む時、曲げてしまったらしく、先が取れたんです。
 仏式なのですが、エアーを抜いたら、ネジを締めておかないと、やってしまう事が有りますね。
 家にチューブを取りに行き、治ったら、反対コースから行く! との事で、私ら3名でスタートする。
 結果の話です!
 時間がかかり、河川敷で明日の練習をして、「泰山木」で合流でした。
 タイヤ入ったの? 入った、空気を入れたら、ミシミシ音がして、怖かった。
 2.15の太いタイヤなので、簡単に入るか! それよりも、タイヤが平らになって居るので、チューブを入れるのが大変かもな。
 こんな話を、「昆虫館」休憩時、話をしてたんですよね。
 パッチをもらいましたので、いくらですかね? 明日のパンク修理用? と思たのですが、違いました。
 最後が入らず、タイヤレバーを使って、嵌め、エアーを入れたらすぐ抜ける。
 レバーで挟んでパンクしたんですよね、なんか2回ほど繰り返したようだ。
 これも良く有る事ですね。
 どうしても、タイヤレバーを使わないと、入らない時は、裏返しで使う。
 チューブに当たらない様に、リムの端にレバーを掛け、タイヤを上げて入れ込む。
 レバーの先が曲がって居るので、そこを利用するんですよ。
 チューブレスタイヤは、特に入りにくい物が有り、パンクしてチューブを入れる時等は、知っておくと便利です。
 ま、空気は入ってる様なので、パンク修理は、出来てる感じなので、良しとしました。
 
追い風のウオーミングアップ、自然とスピードが出る。
 和田さんと、世間話をしながら、車の来ない堤防道路を、ゆっくりと走る。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、途端に向かい風の恩恵? を受ける事に。
 スピードを上げてみる、時速20キロ、やっぱり先週ほどではない感じだ。
 このスピードで「平野庄橋」東交差点まで・・ 赤信号停止、これでも良い運動だ。
 
青信号で、再スタートした後、時速を22キロにアップ、ケイデンスも96回へ。
 やっぱり先週とは少し楽な感じ、このまま行ける所まで行こう。
 風向きが少し西からが強くなったり、走りずらい。
 「三町大橋」の下をくぐって中間堤防、少し楽になる感じは、何時もの事だ。
 左折し、橋を渡って右折、後ろを確認、和田さん、後藤さんは遅れた感じだ。
 このまま頑張ってみよう! 「井ノ口橋」を目指す。
 体が温かくなり、汗ばんできた、このジャケットは、腕まで汗ばんでしまう、欠点だな。
 ファスナーを少し下ろし、胸に風を入れる様にした。
 「岡島橋」を過ぎた所で、正面からの風、たまらず先頭交代です。
 ただ、後に着けずに少しづつ遅れて、「井ノ口橋」を右折する。
 その後も、そのまま間が空いたまま、「茶畑」登りに入って、何とかすぐ後ろに。
 トンネル中間ほど、急なサイクリストにビックリ、前に和田さんが居る事も有り、見えなかった、無灯火だったしね。
 一人の無灯火は、前で声を出して欲しいね。
 複数の時は、ライトのある人を先頭にするとか、注意してほしいね。
 そのあとの下りで、又間が空いてしまった。
 何とか、すぐ後ろには追い付いた格好だが、走ったあ! って感じで「昆虫館」です。

後藤さんは先に着いており、3人で休憩です。
 ついて行けなかった! 後藤さん、「揖斐校」の方から来た様子だ。
 和田さんも、風が横から出後ろも結構きつかった! との話。
 前文にアップした、今木さんの心配の話も。

帰りは、ダラダラだわ! と言いながら、後ろから道路に出ます。
 追い風に乗って走るとはいっても、堤防に入ってからの話、ここまでは踏まないといけない。
 少しづつ、和田さんが間を開けて行く、のは仕方ないか。
 「分水嶺」を過ぎると、さらにスピードアップだ。
 時速40キロ、タイヤ鳴りがして来た、追い風の大慶を受けて走る。
 これでも、和田さんとの間が大きくなってしまった。
 「大野橋」を過ぎて、後藤さんが付かれてきた感じなので、前に出る。
 時速38キロ、間は詰まらず、まだ話されてるかも、小さくなった。
 このまま「泰山木」ゴール、今木さんが居ない。
 店内へ入る、8人席がなくなって(コロナ対策)、4人席だ。
 今木さん、戻ってきた。 (前述の通り)
 
店内は、お客さんが異様に少ない、スタートの時は車が結構あったんだけどね。
 私等も、静かな声で話し、少し早めに切り上げる。
 今後は、マスクをして、話をするようにしないとな。
 店側の注意も必要だが、私等も、出来る限りのことをしないとね。

おはようサイク 20-66 

11月22日(日) 天気 曇り
今回は、おはようサイクコースの、「谷汲華厳寺」と「横蔵寺」に行ってみる計画だ。
 帰りが、昼頃になるので、早く行ってモーニングをすることにした。
 先に「泰山木」に居た、後藤、西村さんと、3人でモーニングです。
 8:30外に出ると、メンバーが集合していました。
 参加者 9名 (後藤、多和田、和田、西川、他に、杉本、飯沼、高橋、私)

コースは、何時もとは逆コース、「山水川」~「大谷トンネル」~「谷汲」~「横蔵」~「揖斐川」です。
 谷さんと、自転車談義をしながら、ゆっくりした走りで、「山水川」堤防を遡る。
 途中から、「山県」の方である、自転車のイベントを、見学に行くそうだ。
 「大野町」北の端「野」の交差点から急な登りに入る。
 後ろに下がって、飯沼さんを歩道へ・・ そのまま走るとの事でした。
 スプロケットの歯数を大きくしたので、どうかな? 歩かず、上り切りました。
 あと3か所ほど、上りが有るので、少し心配ですが、行ってみるしかない。
 トンネルを出て下り、前を走るメンバーの姿は、見えなくなってしまった。
 とにかく、飯沼さんを中心のスピードで、「谷汲」へ向かう。
 
「谷汲」交差点を直進、参道に観光客はいるが、それほど多くは無く、自転車で登る。
 飯沼、高橋さんトイレでストップ、私は写真を
IMG_3662.jpg
 走り出したところに、多和田さんが下って来たので、アマ酒でも飲んでて! と言いながらすれ違う。
 あとから来た、杉本さんは、Uターンし合流、上まで登ることにした。
 手洗い所の横まで自転車で行くが、誰も居らず、私ら4人で「奥の院」へ。
 紅葉は、完全に終わって居て、昨日の強風でか、葉っぱも落ちてしまった感じだ。
IMG_3663.jpg
IMG_3665.jpg
 一通り、お参りを済ませ、戻ることにした。
 途中、何時もの店で、アマ酒、たい焼きを買って、食べながら休憩をする。

2つ目の上り坂、右側の「道の駅」、駐車場はほぼいっぱい、結構にぎわっている様子。
 トイレついでに「昆虫館」を、見てもらった杉本さんが、合流 ”誰もいなかった!” との事。
 この登坂も、流石にスピードはゆっくりだが、上り切ってトンネルへ入った。
 76歳、感心しますよ、ホントに!
 下りへ入った所で、谷さんが戻ってきて、みんな先に言った旨の連絡があり、「山県」へ向かう。
 旧坂を下って、「横蔵」への登り、上の駐車場で前で、車が渋滞です。
 此処も下りずに上り切って、駐車場奥に駐車する。
 残念ながら、ここも葉っぱが落ちてありませんでした。
 脇の方に、掃き寄せられた枯葉が、ずーっと積まれてる状態だった。
 とりあえず、一回りすることに。
IMG_3677.jpg
IMG_3672.jpg
IMG_3674.jpg
 こんなんでも、駐車場には、県外ナンバーの車が、結構見られた。
 戻る時にも、渋滞の車、紅葉はダメでしたよ! って、教えてやりたい感じだった。

3つ目の上り坂、反対側から走ると、結構きつい感じだった。
 下りに入り、トンネル前までも、結構長くスピードが出るので、上るときついのが、理解できた。
 この坂も、飯沼さん上り切ってしまった、まだまだ走れそうですね。
 「揖斐峡大橋」を渡って左折、短い坂を上って、あとは下りに入る。
 
「朝鳥公園」でトイレ休憩、①「池田山」ふれあい街道 ②飯沼さんの家でコーヒー ③「揖斐川」堤防を戻る。
 半分冗談で、コース提案した結果、 ③ に、決定!! です。
 飯沼さんを先頭に、「揖斐川」堤防を下ります。
 時折顔を出す太陽、そのたびほわっとした温かさを感じる。
 やっぱりサイクリングは最高!! 光を感じ、その温かさを感じ、自然の風景を見ながら、風を感じる。
 余裕をもっての走りなので、こんな感覚になる、これこそが ”サイクリング” なんだろう。
 
飯沼さんと、「三町大橋」で別れ、3人になる。
 1つ気になっていた件、「琵琶一」サイクの時、杉本さんから(横風を受けても、なぜスピードが落ちないの?)での話。
 アドバイスしてみる事にした。
 ① 足首が動き、ペダル3時の位置で、かかとが下がっている。
  ケイデンスを上げるギヤにして、足首が常に、足先より高い位置で、回転させる。
  ケイデンスは、高い方が直しやすい感じなので、上げて走ってみる。
 ② 膝が少し外に出て、蟹股になっている。
  膝と言うか、太ももがトップチューブに、こするくらいの意識で、走ってみる。
  彼、右ひざに痛みがあるとの事で、右が大きく見えるのが、それだと思う。
  無理をせずに、少しづつやるしかないかもね。
 ③ ペダルに体重が乗ってない。
  ハンドルトップに、親指を置き、それだけで体重を支える。
  最初は、ケイデンスを下げてやる方がやりやすい(上半身を支えやすい)と思う。
  やれる様になったら、人差し指でやってみるとか、ケイデンスを上げてみる事も。
 思ったより、簡単にやれたので、”おはようサイク” は、これらを練習する場にするといい。

高橋さん、電話がありストップ、追い付いてきたことも有り。
 「平野庄橋」でサヨナラでなく、下をくぐって、そのまま下って「下座倉大橋」を渡った所で別れる。
 2人で、「泰山木」まで戻って、無事解散でした。
 紅葉は、残念だったけど、最高のサイクリングでしたね。
 腹が減ったので。そのままランチを食べて、帰宅しました。

おはようサイク 20-65

11月21日(土) 天気 曇り
夜中から、風が強い、起床時も、風の音がするほどの、強風が吹いている。
 着替えを終え、バック、ヘルメットなどをもって玄関へ、西向きのドアを開けると、途端に強い風だ。
 こりゃ、今日は参加人数が少ないかな? 思いながら、自転車を車に積み、家を出る。
 堤防道路に出ると、車が降られるほどの、横風の中、コンビニで班、ジュースを買って、集合地へ。
 先着の、西川、後藤さんと、挨拶を交わしながら、自転車を下ろし、エアーを入れる。
 和田、田中さんは、途中から帰ろうか、と思った! 確かに自走での向かい風だもんね。
 参加者 8名 (後藤、和田、多和田、長谷川、今木、田中、西川、私)

西川さんが、Eバイクを持って来て、試乗会に。
 坂を上って見ないとダメだよ! とか、向かい風に向かって・・ とか言いながら、アシストを実感。
 日本のメーカーなのか、スタートが怖いくらい早い、あまり必要ない感じだけどね。
 でも、皆、楽なことは実感したようだった。
 チーム70は、これからの事を考え、30万円を貯める! ですね。

「根尾川大橋」への登りから、向かい風できつい、から始まる。
 橋を渡って左折、南へ向かうので、軽く踏んでも時速20キロ! って感じだ。
 このまま「ナガスパ」まで行って、帰りは電車だね! こんな話も出るくらいだ。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、思った通りの向かい風、強風だ。
 何時もの様に、先頭になる。
 行ける所まで行くしかない、時速18キロ、ケイデンス80回。
 それにしても久しぶり、こんな向かい風、こんな時に走るか! って、感じかもね。
 「高速道路」下をくぐって登り、堤防は左側に、林が有るので、少し楽になり「平野庄橋」です。
 此処までで、心拍数が上がってきた感じ、青信号通過です。
 Y字路左へ入った所で、又林があり、一瞬楽になるが、すぐ元に戻った。
 左側にグライダーが下りてきて着陸、こんな風の中飛んでるんだ、離陸には向かい風、良いのかな。
 とにかく、時速20キロがやっと、ちょっと力を抜くと、17キロになってしまう。
 でもある意味、楽しい! きついけど、楽しい! って感じだ。
 2度呼吸が出来なくなってきた。
 「三町大橋」手前、前方にサイクリスト2人、闘争心出る。
 少しづつ近づいて、橋の下をくぐる、中間堤防左、橋の手前で追いつく。
 おはようさんです! と言いながら追い越し、向こうは左折、私等は直進です。
 少し走って、左へ入った所で、先頭交代だ。
 和田、多和田、長谷川さんの3人、後ろは?? 姿が見えず、スピードを落とし待つ。
 交差点右折し、「303号線」交差点、左の方から、後藤さんらが来た。
 青信号で直進し合流、少し走ると、前に今木さんが? 入ってくるコースが、少しづつ違ったようだね。
 此処も向かい風、田んぼ簿中だから、風よけが無い。
 上り坂、意外と足に力が入る、準備運動になったかな。
 トンネルを通り抜け下り、平坦になってから、少し走った所で、長谷川さんを発見。
 でも最後まで追い付けずに、「谷汲」交差点を右折し、「昆虫館」到着です。

疲れたあ! って感じなのは、みんな同じ感じの様だ
 帰りが、追い風であるように! は共通で思うところだろう。
 
戻りは、ダラダラで帰るぞ! と言いながら、道路に出る。
 残念だが、東に向かう下り傾向の道、意外とスピードが上がらない、向かい風だ?
 平坦になって、少し走れる様になって、「谷汲口」ここで後方になる。
 皆のスピードが上がる、付いて行く事にしたが、さらに上がって、橋を渡って左へ。
 視界が開けたところ、「万代橋」まで時速38キロ、タイヤなりがしだした。
 遅れ気味だったが、橋を渡ってなだらかな登りで、何とか追いつく。
 「分水嶺」の所から、またスピードアップ、幸い追い風だ。
 サイクルコンピューターを見ると時速38キロ、まだ上がってくる。
 38本スポークの車輪、鉄フレームで、タイヤなりがしてきた。
 時速40キロオーバー、追い風の恩恵を受けての走りだね。

「大野橋」を過ぎると、先頭の和田さんが、疲れたのか少しスピードが落ちた。
 多和田さんが前に、長谷川さんが続く、和田さん少し遅れたので、前に出る。
 いったん間をあけると、詰めるのが大変なので、間に入るが、前が早い。
 42キロでも離されてしまう、長谷川さんも遅れてきた。
 息が上がって来て、スピードを少し落とすと、和田さんが前に、頑張ってるう!
 「藪川橋」過ぎの登り、上り終えたところで、再び前に出る。
 たまにこんな走りも楽しい、年齢を忘れて、お互いに頑張って見るのもいい。
 下道へ入って、スローダウンしクールダウンして、「泰山木」ゴールです。

走ったねえ! と言いながら、店内へ入る。
 それほど遅れずに、皆到着し、モーニングです。
 雑誌を見ながら、ゆったり自他この時間も、良いですねえ。