おはようサイク 20-52

9月20日(日) 天気 曇り
雨かと思いきや、晴れた! と言うか、曇りだけど、走れそうだ。
 スマホの天気予報アプリ、10時ごろ雨具もあり、とにかく走る準備です。
 自走を断念し、車に自転車を積み込んで、家を出る。
 何時も自走の、和田、高橋さんも車に積んで参集。
 赤のジープタイプの車、後ろのラックにロードバイク、名和さんが参加でした。
 参加者 7名 (後藤、名和、内藤、和田、高橋、西川、私)

スマホを各自で見ながら、北の方は大丈夫だろう! と言う事で、北の方へ。
 雨が止んだら戻ってくればいいか! 凄い事になりそうです。
 橋を渡って左折、堤防で、少し練習してみるか! と言う事で、1時間走コースを周回、する事に。
 「川口橋」を渡って戻り、「前島橋」を渡って左折、3周を目標です。
 そのまま堤防を戻って、「平野庄橋」左折で、「泰山木」ゴールの計画。
 
「下座倉大橋」過ぎからスピードアップ、「揖斐川堤防」に入っても向かい風は、問題ない。
 時速26キロ、これ以上も以下も無し! 先頭交代する!
 「平野庄橋」東交差点、過ぎたところから、和田、西川、高橋さんと私の4人になる。
 橋から橋を区切りにして、先頭交代をするが、少し長いかもね。
 1週目は、「川口橋」を渡って、和田さんが先頭へ、?? 早いんでない!
 時速30キロ過ぎくらいで「前島橋」、渡って左折、2週目に。

 「井ノ口橋」手前で、先頭の西川さん苦しそう、橋を越えて、高橋さん前に。
 さあ!どこまで頑張れるか、そんな感じになってきた。
 「川口橋」を渡って、私が先頭、「朝鳥公園」駐車場後藤さんの姿を確認。
 内藤さんらは、休憩をしている様子、スルーです。
 下り基調と言う事も有り、自重して時速28キロで「前島橋」。

 西川さんが、力尽きて遅れたようだ、今度は和田さんが先頭。
 途中で、トイレ! との事で、少し早い、高橋さんが付いたまま、私は遅れても時速26キロ、間が空いた。
 「井ノ口橋」手前で、和田さん横道へ、高橋さん先頭だが、間があり、2人が先頭みたいになる。
 2橋分先頭状態なので、少しきつくなってきたが、「川口橋」からは、少し楽なので、何とかなりそうだ。
 左折して少し「朝鳥公園」?? 高橋さんが居る? 内藤さんらがいると思ったようだ。
 左側、堤防に入った所でスピードダウンし、待つことにする。
 後ろに着いたことを確認し、スピードを時速28キロに戻す。
 向かい風は弱くなり、川の流れ分下って居るので、スピードは出やすい。
 西川さんが気になったが、和田さんと合流した、と思いそのまま走る。

 「前島橋」を渡って右折、そのまま堤防道路を走ります。
 この辺まで来て、足が回る感じになって来た。
 このスピードなら、このまま行ける様なので、先頭のままです。
 「三町大橋」下をくぐり、また堤防へ、依然として、内藤さんらは見えない。
 「グライダー練習場」の所で、後ろの高橋さんから、止まって! の声がありストップ。
 何か有ったのかな? と思って、後ろを確認すると、高橋さんが坂を降り始めた。
 練習場の駐車場に、内藤さん等が居たんでした。
IMG_3533.jpg
IMG_3534.jpg 
 すこしして、和田、西川さんも合流、小休止です。
 1回4000円で、乗せてくれるってよ! 故郷納税だとタダだって! そんな声が。

ここからは、グループが変わり、和田、高橋、西川、後藤さんの4人、遅れて名和、内藤さん、遅れて私。
 「平野庄橋」からは、裏道を走ったが、私は途中から、県道に出る。
 最後に「根尾川大橋」への登りを、時速30キロで走って、終了!! です。
 こんな走り方も面白そうですね、自分の体力に合わせて、何週できるか? なんてのも。
 「朝鳥公園」でトイレ、別のグループに合流、早いチームで頑張ったりも。

世の中狭いもので、和田さんと名和さんが、昔からのたどりで、知り合いみたいで、盛り上がってる。
 こっちは、西川さんが途中息切れで・・ 高橋さんは、ハワイから人が変わって・・。
 そういえば、“ホノルルセンチュリーライド“ 参加から、ちょうど1年ですよ。
 早いものですねえ! 良い思い出です。
 まだまだこれから、頑張らないとね、10年後 “ホノルルセンチュリーライド“ 参加、を目指して!
 10年後かい? そりゃそうだろう、金がないし! 行かせてくれるかなあ? 文句言われたし。
 いろんな問題がありますなあ! その前に “琵琶湖1週サイク“ 行く人居ない!
 コロナの件もあるしねえ! 台風も来るみたいだし、どうなりますかねえ!!

おはようサイク 20-51

9月19日(土) 天気 曇り
急に朝の気温が下がって、ベストの着用を・・ でもまだ、無くてもよさそうだ。
 これから少しの間、服装で悩ましい時期になる。
 首の後ろに付けるものは、要らなくなったが、すぐに帽子が要る様になるね。
 サイクルコンピューターの移動をしてなかったので、バイクは、トレック1500です。
 参加者 7名 (後藤、今木、和田、西川、飯沼、Oさん、私)

駐車場に着くと、初参加予定の、Oさんが来ており、西川さんと談笑中でした。
 皆がそろったところで、紹介をして、スタートしました。

今日のコースは、「揖斐校」の方から「谷汲」コースです。
 橋を渡って左折、堤防道路、脇の雑草が綺麗に除草され、周りがすっかり見える。
 飯沼さんが、“ヒガンバナ”が少ない? 遅いのかなあ? そう言われると、見当たらないですね。
 川の傍に3~4本あるだけ、除草しても、1番の伸びて、花を咲かせるんですが、ありません。
 時速18キロほどで、ウオーミングアップ走行、少し肌寒い感じもする。

「下座倉大橋」を過ぎたところで、和田、西川さんの2人に、スピードアップさせる。
 多分、3グループになるだろうし、飯沼さんと2人、ゆっくりサイクです。
 これで、乾燥して来ると、最高のサイクリングの季節、なんですけどね。
 時速21キロ、今日のサイクリングスピードです。
 「平野庄橋」東交差点、赤信号停止の、私等だけ遅れたが、すぐ前で、待っていてくれました。
 それでもすぐに又、間が空いて、3グループになってしまった。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、「303号線」信号交差点を右折する。
 田んぼの中の道路、横を川が流れて、里山の風景ですよね。
 上り坂に入る、対向車が何台かある、「谷汲」との行き来が結構ある感じだ。
 それほどきつくも無いので、十分登れる感じ、後藤さんとの間は空いてきたけどね。
 頂上のトンネルを抜け・・ 後藤さんは、下った様子なので、私等も、続きます。

「昆虫館」到着は、最後でしたが、良い運動でした。
 休憩している間、結構な人数のサイクリストが、左右に通り過ぎて行った。
 季節も良い事から、もっと増えるかもね。
 Oさんは、用事が有り、ここから戻るとの事で、別れました。
 
戻りも、最後尾スタート、でも何時もと違い皆がゆっくりだ。
 このまま行ってくれると、サイクリングで終わるんだけどね。
 「谷汲口」右折すると、前のグループ4人と、飯沼さんとの間が開いてきた。
 マイペース、マイペース! 急ぐ事は無い! そんな感じです。
 
 「分水嶺」根尾川の方
IMG_3529.jpg 
 堤防下から、扇のかなめの所に、水が出てきて、
IMG_3530.jpg
 開いた所から「糸貫川」と「真桑用水」へ、流れる。
IMG_3531.jpg
 「揖斐川」からも、形は違うけど、あちこちに水を取り入れてるところがある。
 こんな所を巡って見るのも、面白いかも知れない。
 一人走りになるが、ゴールまで追い付ければ良い。
 あまり頑張らずに、走りを楽しみながら、スピードアップ。
 「藪川橋」の手前で、追い付く事が出来た。
 5メートルほど後方を、ケイデンスは97回ほどで、走ります。
 「真大橋」下をくぐって、坂の途中から、下道へ。
 クールダウンコースになり、走りながら話す、久しぶりなので、疲れた! だって。
 熱くも無いので、走りやすかった、ようだが、頑張りましたですね。

「泰山木」でのコーヒータイムです。
 もうそろそろホットでもと思うが、今回は、アイスにしました。
 “自転車道“ 先月購入した本、自転車の構造、材料、色・・等、うんちく本みたいな本だ。
 知らないけど、聞く所が無い、と言うか、そんな専門的なところのある本。
 でも読んで行くと、なるほど! と納得行く事や、やっぱり、良かった! と言う事も有り、面白い本だ。
 その中での話題、”ベアリング”の事、セラミックにすると、軽くなる! B/B変更や、ガイドローラーを変更したが、感じられなかった。
 本では、ほとんど判らないでしょう! チェーンを洗浄し、軽くした方が大きい! やっぱり、と言う感じだ。
 まだ読み終えてないので、しっかり読みたいと思っている。





おはようサイク 20-50、

9月12日(土) 天気 晴れ
天気予報より、天気が良くなった感じ、嬉しいですねえ!
 余裕で起きたはずが、7時になってしまった、急いで玄関へ。
 自転車は、トレック1500に、再栗コンピューターをフラットロードから外し、ポケットに入れ、いざ出発。
 道路の端が、濡れている様で、色が黒くなっているところがある。
 夜中に雨が降った感じだった、場所によって、時間がずれたんだろうね。
 「泰山木」駐車場に着くと、何時もと車の並びが違う、後藤さんの車がなく、私が遅かったからだね。
 参加者 6名 (多和田、長谷川、和田、西川、児玉、私)

え! 今日はロードですか! なんて言われながら、空気を詰め、サイクルコンピューターを、サイクル合わせ。
 時間になっても、5人のみ、ロードで当たりでしたね。
 トレック1500 ホリゾンタルのアルミフレーム、540mm
IMG_3524.jpg
 ダウンチューブが縦に大きくなっている
IMG_3527.jpg
 ハンドルステムは、70mm 幅400mm リーチ80mm
IMG_3528.jpg
 天気の事も有って、「横蔵」回りでなく、「東のトンネル」~「昆虫館」コースになった。
 橋を渡って左折、堤防に入って、ブレーキの上に手を乗せる、前傾がきつい。
 慣れて置かないといけないので、たまに乗るんですが、やっぱりフラットロードとは違う。
 ペダルも、ツーリングペダルなので、片側ビンディングなんですよ、ひっくり返すのも慣れだね。
 リヤのギヤチェンジ、まだ少し空打ちする感じ、何度かやって引っかかる。

「下座倉大橋」からスピードアップ、23キロほどにして「ゆ~みんぐ」を回る。
 向かい風はほんの少し、何時ものことだ。
 
「平野庄橋」東交差点、歩行者用が点滅、頑張って通過する。
 今日のメンバーなら、置いてきぼりでも大丈夫、そこからスピードアップする。
 時速26キロ、まだいけそうなので、28~9キロへ。
 後ろにいるのは、西川さん、その後ろは判らず。
 「三町大橋」手前で、きつくなって先頭交代、西川さんと2人だけだった。
 再び「揖斐川堤防」やっぱり後ろは楽、呼吸を整えることができる。
 この体系で「井ノ口橋」まで行ければ、最高です。
 「岡島橋」手前で、少しスピードが落ちてきた感じだった。
 信号交差点も青で通過、休む場所がないまま「前島橋」も通過、先頭交代する。
 何とかまだ行けそうなので、スピードを戻し、ギヤを1段変えて、ケイデンスを下げ走る。
 何時もの様に、向かい風がなくなって、すぐに元に戻る、頑張りどころだ。
 右へ柔らかくカーブしながら「井ノ口橋」、そこを右へ?? 西川さんが居ない。
 少し遅れた感じで、後方に見える、ゆっくり下って、信号交差点停止。
 此処は、自転車だと、ほぼ2か所とも止まるんですよね、水分補給です。
 西川さんも合流し、スピードも落として、普通の走りにした。
 「303号線」交差点を過ぎたところで、長谷川、多和田さんの2人が来た。
 和田さんは、前に出ずに、後ろに着いたようで、思った通りになってきた。
 2人とは少し間が空いたままで、茶畑から上りに入る。
 頑張って昇が追い付かず、2人は車道、私は横断し右側の歩道、トンネルへ。
 少し間が近くなったが、トンネルを出て、車を確認し、左側車道・・ また開いてしまう。
 前傾姿勢をとって下るが、終えたところの信号機が赤、残念でした! って感じだ。

「昆虫館」駐車場、3回転して停止、児玉さんの姿があった。
 1人で、それも私らと同じ「東の山トンネル」を・・ と言った具合、驚きますよ、ホントに。
 少し遅れて、西川さん、さらに遅れて和田さんも到着、そろって休憩です。
 ベンチに座った私を見て、珍しいですね! 座って休憩なんて! 兒玉さんに言われた。
 確かにそうですね、サングラスとヘルメットを外し、座り込んだんでね。
 西川さんと、あまり長い休憩は良くないんですってね! そうだね、筋肉が冷めてしまう!。
 5分から10分位かな、その事も有って、普通は座らずに、うろうろしてることが多い。
 そうしたら、何分立ちました! そろそろ行きませんか? と言う事になり、出ます。

遅いので、先に行きます! と、児玉、西川さんと共に、先にスタートする。
 スピードは、兒玉さんに任せて、私は、少し離れて最後尾です。
 50*13位で、ゆっくり踏んで帰ることにした。
 「万代橋」を過ぎダラダラな登り、いい感じで走れているのは、さすがですね。
 「根尾川」堤防、時速26キロほどで、快調にペダルも回っているみたいだ。
 西川さんが、前なので下げてやろうと思ったが、間が少し空いて居るので、止めた。
 「大野橋」を過ぎ、舗装が良くなった辺りから、ダンシングに切り替えた。
 休み休みだが、気が付いた事が有る、休む時、ペダルを平行にすると、ふら付き易い。
 それは判って居たのですが、何時も左足が前なんですよ。
 意識して、右足を前にすると、ふら付く? バランスが上手く取れないんです。
 新発見ですねえ! 練習! 練習!
 「真大橋」下をくぐって、下道へ入ってもそのまま、ひざ上の筋肉が居たくなってきた。
 でも思ったより長く、ダンシング状態が出来、右足前でもふら付かなくなった感じだ。

兒玉さんが、良い感じで走ったので、「大野橋」と「藪川橋」の中間ほどだったと思う。
 多和田、長谷川さんに追い越された、場所的には、最高かもね。
 追い越した方も、追い越された方も、十分満足だもんね。
 
「泰山木」ゴールです。
 和田さんも到着し、みんなで一緒に、コーヒータイムだ。
 この本(バイシクルクラブ)はどうしてるんですか? (兒玉さん)
 2か月先行してる(8月20日発行は、10月号)ので、9月になったら、9月号を此処へ持って来てる。
 2冊になって、8月号は、内藤さんが家で読むので、持って行ってしまう。
 何冊固まった所で、リサイクルしたお金が、私の所に戻ってくるんですよ。
 へえー! すごいんですねえ! 一人で走るのが出てましたよね、それが読みたかったんです! じゃあ、内藤さんに言えばありますかね?
これまた、意欲的な児玉さん、いつもながら驚きですよ。


 

おはようサイク 20-49

9月 6日(日) 天気 晴れ?
目を覚ますと、窓の外が明るい? 雨は降っておらず、青空が見える。
 雨は、夜中で上がった様子、洗顔をし、走る準備をする。
 空腹感があり、少し早めに家を出て、コンビニで、パン、ジュースを買う。
 西の方は、灰色の雲があって、道路にも濡れた跡があったしね。
 多和田さんが、朝雨降ってた! と言っていたので、後藤さんが来てないのは、雨の制かも。
 参加者 8名 (多和田、和田、長谷川、高橋、西川、杉本、内藤、私)

長谷川さんに、修理した車輪を渡し、状況説明しながら、取り付けてもらう。
 リヤなので、スプロケットや、構造上から、ハブシャフトを抜かないとダメだった事等。
 
今期は、「横倉」コース多いよねえ! なんて言いながら、今日も同じコースになりそうだね。
 珍しく、杉本さんが、クロスバイクで来たので、どうしたの? って感じだけどね。
 ゆっくり行こうよ! との声もあるが、どうなることやら。
 
昨日と違い、なんとなくジメッ とした感じの天気だ。
 「ゆ~みんぐ」を回って、ケイデンスとともにスピードを上げる。
 向かい風は問題なし、でも時速26キロはきつそうなので、24キロだね。
 北西側の空は、灰色の雲があり、雨になる? そんなことも頭に浮かぶ。
 初参加の男性が来るはずだったのですが、雨だったのかもね、池田町なので。
  (仕事の電話の方にメール、やっぱりそうでした)
 道路端にまだ水溜りの所も、急に極所で雨が降るもんね。
 
「平野庄橋」交差点を青信号で通過、後ろも全員通過した様子だ。
 グライダー練習場には、グライダーが外に出ているし、サッカーの練習をしている子供たちが大勢。
 何時もの日曜の午前の風景、少しづつ戻ってきている感じだね。
 杉本さんが前に出て、先頭を走る、流石に若い! 良い感じですねえ。
 少し走ると、和田、多和田、長谷川さんが前に出て、少しづつ間が空く。
 橋を渡って、堤防に上がった所で、合図をして内藤さんらにも、前に出てもらう。
 此処からは最後尾を走る、腹は問題ないが、なんとなく足が回らない。

「前島橋」を渡って向こう側へ、何時もの軽バン(中電の広報カー)とすれ違う。
 少し間が空いた所なので、1人遅れてる・・ って、見られてるかもね。
 皆調子良さそうなので、歳の節目なのかなあ? 有ると言うもんね。
 西川さんらと、「朝鳥公園」で休まず、走る方が持久力の練習に・・。
 どうするかな? お、直進したよ! 駐車場を気にしながら、私もスルーです。

山の登り、頑張っては見るが、追い付きませんでした。
 と言うよりは、差もほとんど縮まらず、「揖斐峡大橋」を渡る。
 赤信号停止で、水分補給をし、青信号で再スタートです。
 トンネルを出ても更に上り、西川、高橋、杉本さんが前に見える。
 内藤さんは、トイレに入った様子で、後ろになってしまった。

ここから上りも、同じように離されたまま、頑張るしかなかった。
 登りを終え、坂を下って左折、差が大きくなった感じ。
 ダラダラ上りの直線、橋を渡って、次の登りへ入る。
 軽いギヤで登る高橋さん、こっちはケイデンス60台、何とか追いついた。
 上の駐車場 ?? 多和田、和田、長谷川さんがいるではありませんか!
 とりあえず、水分補給をし、行くよ! と言いながら、すぐに下ります。
 苦しいながら、練習! 練習! なんてね。

急坂を上り切って、何とか頑張ったが、多和田、長谷川さんに追い越される。
 トンネルを出て下り初めで、杉本、高橋さんに追い越され、元の位置に。
 何とか、高橋さんの後ろで、「昆虫館」到着です。
 
水分補給、ペットボトルのお茶が無くなり、ジュースを買って、半分をペットボトルに入れる。
 高橋、西川、和田さんなども、同じように追加していたみたいで、暑いんだよね。
 日陰に居ても、風がないので、余り涼しさを感じられない。
IMG_3521.jpg 

早めの道路に出るが、すぐに追い越され、定位置で走る。
 途中、太った男性サイクリストに、横を追い越され、ちょっとびっくり。
 予想もしないで、横に黒いものが・・ だったんです。
 最後尾の走り、「分水嶺」までは重いギヤ、その後は軽くし、ケイデンス105回ほど。
 前のスピードに合わせて走ったので、ケイデンス115回の時も。
 私の前は、杉本さんで、その前は間が空いてしまったのは、仕方がないね。
 でも、クロスバイク、時速28キロ~30キロだからね、こっちが大変ですよ。
 そんな走りで、完走!! 「泰山木」ゴールでした。

席に着いてすぐ、コップの水をガブッ と、いやあ! 美味しいですねえ!
 おしぼりで汗を拭いて、シャツのファスナーを下ろし、ああ涼しい!!
 アイスコーヒーを・・ ほっとしますねえ。
 なんだかんだ話しているうちに、ホイールの振れ取の話に。
 確かに、経験を積まないと、出来ない作業かも知れない。
 トラブって、リムの曲損となると、大体2か所曲がるのが多いんですよね。
 曲がり方によって、どこがどっちへ曲がったのか、見分けにくい事も有る。
 スポークの数が多いのと、少ないのがある、少ない方が修正しにくい。
 扁平スポークは、ニップルについてねじれるので、押さえないといけないし、戻すことも。
 ニップルの形、マビックなんかは星形で、大きさも違うしね。
 横ブレは、大体解るけど、盾ぶれって言うの、上下にブレる事は、どうするの!
 初めから組上げる場合は、スポークのネジを切ってある部分まで、ニップルを回し入れ、バルブ穴の所から、1回転ずつ回す。
 まだ緩ければ、もう1回転づつ回し、張りを調整、その後に、横ブレ、縦ブレを見る。
 ママチャリのリムは、斜めにもなるので、縦ブレは取りにくく、まず横ブレを先に・・。
 普通に組めば、縦ブレは、そんなに出ない、出た場合は、5本位締める様にして修正かな。
 今回、長谷川さんのは、交差してない方に1本、入れ替えて、張り、計測すると6位だった。
 まだ少し曲がっていたので、他のスポークテンション、10だったので、そこまで張り、曲がりがなくなった。
 リムは曲がってないので、簡単に張りだけで、元に戻ったので、良かったですよ。
 久しぶりに、自転車屋さんの話に、でも良い事ですよね、自分が使っているものですから。
 今回のうんちくは、これで終了です。


おはようサイク 20-48

9月 5日(土) 天気 晴れ
予報にずれが出てきたか、朝からいい天気に恵まれた。
 もう土曜日? って感じもあるが、とにかく走る準備です。
 グローブ、ヘルメットのバンドなど、汗で汚れたものを洗ったので、確認しながらです。
 掃除をした、フラットロードを車に積んで、家を出て堤防へ。
 「藪川橋」手前で、ロードの集団、今日は2チームに分かれて・・ って感じだった。
 参加者 7名 (後藤、今木、多和田、和田、田中、西川、私)

日差しは厚く感じるが、風は涼しくなった感じもする。
 多和田さんに、振れ取した車輪を渡し、状況を話ししながら、準備をする。
 今日のメンバーなら、「横蔵」回りだね・・ と言いながらスタートする。
 
最近、なんとなく走る時から、空腹感がある。
 途中エネルギー切れ! も有って、体重は増えてるのになあ!
 今回も、途中で、和田さんらが前に出たのに、付いて行く元気が出ない。
 遅れて、前に出た西川さんにも、じりじりと、遅れる始末だ。
 「揖斐校」の方から「谷汲」へ行くだろう、後藤、今木さんは後ろだしね。
 
「岡島橋」交差点、赤信号停止、間が詰まらず。
 西川さんは、前に追いつき「前島橋」を渡って行ったので、私は、直進する。
 行けたら、「川口橋」を渡って・・ と思いながら、走るが駄目でした。
 「井ノ口橋」袂を右折、「東の山トンネル」を抜けて、「谷汲」へ変更です。
 「広域農道」で、車ですれ違った、ロードチームとすれ違う、後ろのチームは、「303号」交差点手前だった。
 国道を、南の方から? どのコースを走っているのかな? 人数が減った? 頑張ってるよね。
 
トンネル前の上り坂、両側の並木にまだ花が咲いていた、癒されるね!
 歩道を走っている途中、無灯火のサイクリスト、やっぱり危ない。
 一人走りは、マイペースなので良いけど、やっぱり楽しくはないですね。
 頑張る気にもなれず、下ってそのまま「昆虫館」到着です。

先についた、後藤、今木さんとともに、休憩。
 風は時折、ほんの少し、それを探すように、うろうろする。
 若い男女のサイクリストが、駐車場に・・ 女性も走りそうな自転車を。
 会話する事は無かったが、多くなりましたねえ、女性のサイクリストも。
 
9:15 まだ、先のメンバーが来ない、どうせ離されるので、先に出る事にした。
 追い付かれるだろうから! という想定、だったんですけどね。
 ゆっくり走る中、「谷汲口」右折で、今木さんが先頭に。
 少し間をあけ、2番目を走る、3番目が後藤さんだ。
 
「分水嶺」を過ぎて、堤防道路、少しの向かい風の中、快調な走り。
 時速28キロ、同じ鉄チンロード、力強い走りです。
 力が入って居る制なのか、左右への蛇行が大きい、後ろを走ると、良く判る。
 重いギヤで踏んで、腕で支える人は、出やすいように思う。
 そんなことを思いながら、スピードメーターが、30キロを示す時も。

結局、下道に入っても、多和田さんらに、追い越される事は無かった。
 今木さんが、何キロ位で走ってた? そうか、スピードメータ付いて無いだっけ! と思いながら、28キロほど! と返事。
 一瞬、30キロも出てた! (私) やっぱり、マウンテンより早いなあ! 軽いし! だって。
 マウンテンバイクとは、同じ力で、3キロほど早くなる感じだね。

店内に入って間もなく、和田さんが飛び込んできた。
 やっぱり、同じようにスタートしてたら、完全に置いてきぼりだったね。
 皆が(田中さんは用事で、帰った)そろって、コーヒータイムです。
 何時に出た? 9時15分! 途中で追い越されるだろう! と思ってね。
 そんな会話をしながら、汗を沈ませました。
 途中、児玉さんが来て、会話の中に、終わって外で、スタンドやバックライトの付け直しをする。
 何時もながらの元気に、こっちも元気をもらって、頑張らなくちゃ!!

 

おはようサイク 20-47

8月30日(日) 天気 晴れ
何と無く、快調な感じで起床、顔を洗って着替えをする。
 余裕だと思っていたが、7時の音楽(町内放送)が流れて、慌てて家を出る。
 参加者 5名 (後藤、和田、高橋、西川、私)

参加人数も少ないが、このメンバーなら「横蔵」行きますか! になる。
 何と無く、むしむしする感じの中、ウオーミングアップを、時速18キロほどで走る。
 風は無い様な感じ、「ゆ~みんぐ」を回って、からスピードを決めることにした。
 
「ゆ~みんぐ」を回って、北へ! やっぱり向かい風を感じる、不思議なものです。
 此処までは向かい風があっても、ぐるっと回って、反対の北に向いても向かい風? あるんだよねえ。
 とりあえず先頭に居るので、このまま先頭で走ります。
 時速23~4キロ、ケイデンスは87回ほど、このままで、「平野庄橋」交差点です。

スピードを上げ、時速26~27キロ、ケイデンス95回です。
 これでどこまで行けるかですが、途中でダメでした!
 「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、後藤さん直進した! との声があり、「揖斐校」の方から・・ と思った。
 「前島橋」を渡って右折、途中下って登りの所で、エネルギーがなくなった。
 先頭交代でなく、そのまま最後尾で、遅れてしまい、そのまま「朝鳥公園」到着。

駐車場は、ほぼ満杯、ランニングを終えた人らが、集まって休憩中だった。
 私らも、トイレと水分補給、休憩です。

道路に出るのも、最後尾、なんとなく足が重い。
 追いつく元気と気力もない、暑い日の体力消耗は、きついねえ。
 
「横蔵」までの直線道路、和田さんらが下ってきてしまった。
 それでも上までは・・ 上って駐車場、自販機でジュースを買って、一気飲み、下ります。
 1番軽いギヤにして、急坂を上り、トンネルからは下りです。
 遅れて、「昆虫館」到着、休憩だ。

皆より、一足先にスタート、ゆっくり行くためだ。
 「谷汲口」右折のため止まって、後ろを見ると、高橋さんが来た。
 2人で走り、「分水嶺」堤防は、時速28キロ、何とかなりそうだ。

「大野橋」を過ぎたところで、西川、和田さんに追い越される。
 良い処で来たな! って感じだったが、ついて行けずに間が空いた。
 ジュースのおかげで、空腹感はほとんどないが、力が出ない。
 終りに近くなって、力が出てきた感じもするが、もう夏バテかもね。

「泰山木」ゴールするも、後藤さんの車はなく、帰った様子だ。
 今日のモーニングは、パンを追加して、特別食だ。
 昨日は、1番走ってないのに、今日は、最悪の走り、ダメでしたね。
 

おはようサイク 20-46

8月29日(土) 天気 晴れ
夜が、上手く眠れないのは、皆同じ? 何と無く、眠い感じで、走る準備をする。
 準備をして居るだけで、汗ばんで来る様な、暑い朝だねえ!
 頑張って運動しないとダメなので、負けない様に、自転車を車に乗せ、家を出る。
 20分過ぎの到着なので、大分集まって来ていた。
 参加者 9名 (簑浦、内藤、後藤、西川、田中、多和田、長谷川、和田、私)

1班は「横蔵」~ 3班は、途中で考える・・ スタートします。
 何時もの様に、雑談をしながら、17キロほどでウオーミングアップ。
 道端の雑草が、大きくなって、西側は、景色が見えなくなってしまった。
 
今日の走りは、皆バラバラになってしまった。
 「平野庄橋」東交差点、を過ぎたところで、
 和田、多和田、長谷川さんの3名、「朝鳥公園」休憩、「横蔵」~「谷汲」
 「三町大橋」下をくぐり、「揖斐川堤防」に入ったところで、 
 内藤、西川、田中、後藤さんの4名 「川口橋」~「井ノ口橋」周回
 箕浦さんと私の2名、「川口橋」を渡って、内藤さんらと「朝鳥公園」休憩。

3班の私ら2名、時速22キロ、早くは無いが、余り無理をせず、長い時間走る。
 走りながら、坂を上りたくないので・・ 平坦なコースを設定したんです。
 熱いことも有って、後ろの箕浦さんに、声をかけ確認しながらだ。

「朝鳥公園」駐車場に入ると、和田、多和田、長谷川さんの3人がいた。
 少し間を置いて、内藤さんが入ってきた。
 一緒のはずの西川さんら3人が来ず。
 和田さんら3人は、「横蔵」に向け、スタートしていった。
 (しかし、後で話を聞くと、「横蔵」は和田さんのみ。
  多和田、長谷川さんは、茶畑コース「谷汲」、それもお互い追突トラブル。
  車輪を破損し、戻ってきた。)
 箕浦さん、私は、予定通り、堤防を走って、「岡島橋」を渡って、「葬祭場」下の駐車場へ。
 心配だからと、内藤さんは、「川口橋」を渡って、戻りで「葬祭場」下の駐車場で合流。
  (西川さんらは、「井ノ口橋」から茶畑~「谷汲」だった)

「葬祭場」下の駐車場、個々の休憩は、久しぶりです。
IMG_3514 (編集済み).jpg
IMG_3515 (編集済み).jpg
 暑い暑い! と、言いながら、今年は、「谷汲」コースが多いんですね。

「山水川」堤防を走るのも、久しぶりです。
 桜並木下、日陰になって涼しいと思ったけど、思ったより、歯が散って居て、余りありがたみ無しだった。
 昨年もこんなだったかなあ? なんて思いながら、空閨を楽しむ。
 ヌートリア発見! でもすぐに、茂みの中へ、逃げて行ってしまった。
IMG_3516 (編集済み).jpg
「泰山木」ゴールは、私らが最初だったが、順に皆が戻ってきて、コーヒータイムでした。
 こんなバラバラでの走りも、そうは無いと思う。
 モーニングの後、箕浦さんと話していた、”カキ氷” を、食べる。
IMG_3519.jpg
 今年初のかき氷です! 冷たくて、最高でした。 (西川、内藤さんも)

外へ出て、多和田さんの前輪を。
 スポークが曲がって、リムが大分触れてしまっている。
 長谷川さんのは、後輪、スポークが1本折れ、同じくリムが振れてしまっている。
 扁平、しかもストレートのスポークなので、車輪のメーカーで有るかどうかだね。
 2人の車輪を預かることにした。

おはようサイク 20-45

8月23日(日) 天気 晴れ
天気予報が変わって晴れ? 寝起きが悪く、2度寝状態で、起きたのが6:45、やばい!!
 急いで走る準備をして、玄関へ、こんな時に限って車が後ろ、車を入れ替え、自転車を積んでと。
 7時15分過ぎ、家を出て集合地へ、みんな集まって居る所に、何とか間に合いました。
 参加者 9名 (後藤、和田、内藤、高橋、長谷川、杉本、西川、清水、私)

昨日「横蔵」行って無い様なので、行きますか! 40分過ぎにスタート。
 若い、杉本さん先頭だね! とか言いながら橋を渡って左折、堤防に入る。
 高速の橋脚を過ぎたところに、向こう側からサイクリスト、おはようございます! 。
 すれ違う寸前まで、清水さんだとは思わず、清水さん?  参加です。
 全然走れてなくて・・ と言いながら、合流する。
 
このメンバーなら、無理して先頭を走る事も無いので、最後尾です。
 「ゆ~みんぐ」を回って、向かい風が少し、でも良い感じの風だ。
 先頭は、杉本さんかな? 何時もの様に、少し間をあけて、走ります。
 昨日、回したので、足の付け根、お尻側に違和感、筋肉痛のようなものを感じる。
 そんな事を思いながら、でも、ギヤを下げて、ケイデンスを上げていきます。
 「高速道路」下をくぐる辺りで、トイレで途中停止した和田さん、後ろに来ました。
 これで、メンバーが揃って、清水さんが先頭にならない事を、祈ります。

「平野庄橋」東交差点、青信号何とか皆と一緒に通過。
 スピードが上がって、時速25キロに、これ位なら何とかなりそうだ。
 グライダー練習場、黄色の機体が外に出ている、今日は飛ぶのかな?。
 すぐ隣の芝生の広場では、サッカーの練習姿が、少しずつ元に戻ってきた感じだ。
 もう8月も終わりだもんね、そろそろ平常にならないとね。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、左折、橋を2つ渡って右折、再び「揖斐川」堤防へ。
 スピードメーターは、時速24と25を行ったり来たりしている。
 風があるからなんだろうね、どうしても動いてしまう。
 でも1人で頑張って居る、流石に今日1番若いだけある。
 
「前島橋」を渡って向こう側へ、途中から清水さんが先頭に出たのかな。
 スピードが少し上がった感じ、少し落ちてきたから、助けてくれたかもね。
 先頭交代しても良いんだけど、若い杉本さんが・・ の話でスタートしたからね。
 向かい風の中、時速25キロでここまで来たら、立派ですよ。
 
「朝鳥公園」駐車場到着、トイレ休憩です。
 駐車場は、車で一杯、北側の角では、7~8人の男女グループが、バーベキューをしていた。
 自転車を降り、水分補給、皆もそれぞれ休憩です。
IMG_3511.jpg
 キャンプ場は、使用禁止になって居るので、川もなんとなく寂しい感じだ。
IMG_3512.jpg
 
道路に出て走り出すと、ヒヤッとした風が、涼しい! 思わず声を出す。
 ほんの少しの時間だが、やっぱり山に来た感じだね。
 「川口橋」前、2人の男性サイクリスト、古ぼけた自転車に跨り、長旅? 挨拶し追い越す。
 あんな感じでのサイクリング、憧れますねえ!
 いよいよ上り坂に、今日は頑張って、前を追い越すのでなく、この位置で走るんです。
 内藤、高橋さんが、何時もの様に、軽いギヤで足を回転させ、走って居る。
 私は、と言うと、ケイデンス70回ほどのギヤ、足に力はいるけど、良い感じだ。
 一定の登りでも無いし、下りも有るが、ギヤは変えずに、ケイデンスで調整する。
 長距離の中なら、ギヤを変えるが、惰性で下り、上りを頑張る、が、このサイクだ。
 そのまま走り切って「揖斐峡大橋」を渡って「303号線」赤信号停止。
 
水分補給をし、青信号で走り出し、トンネルへ。
 清水、杉本、長谷川さんも、前に行った感じだ。
 ここからは、上りが急になった所が有り、ギヤを1段落とし走るが、又戻した。
 トンネルが有る為か、上り勾配が分かりにくい、何時も自転車が、急に重くなったように感じる。
 上り終え下り、右へカーブして、平坦な直線道路、ギヤはそのままなので、スピードダウンです。
 左手を出し左折合図、後ろから、行くの! みたいな声がした。
 登りになるがギヤはそのまま、時速20キロ、途中少し急になるもそのまま。
 下の駐車場を過ぎ、橋を渡って右カーブから、上りがきつくなるが、そのまま時速17キロ。
 徐々に落ちてくるが、今日はそのままのギヤで登り切る。
 駐車場には、先についたメンバーが休んでいた。
 1番奥でUターン、そのまま皆を置いて下ります。
 途中で、フロントギヤをアウターにするが、踏み込むのはやめて、回すだけにする。
 清水、杉本、長谷川さんに、追い越されるが、これでないとダメ、休んでいてはね。
 急坂は、ギヤを落とさないと登れません、中間でもう1段落とし、上り終えます。
 前方に2人(杉本、長谷川)が見える位置で、アップダウンに入る。
 トンネル前の少し長い登り、頑張って間を詰めようと、スピードアップ。
 何とか頂上で、追いつけた位置まで行って、下りに備えて、フロントをアウターに ?? チェーンが外れた!!
 止まったすぐに、高橋さんらに追い越され、直しているところに後藤さん等が来た。
 オーバルギヤなので、ゆっくり回しながら変速するのだが、小さいところで、変わったんだね、きっと。
 嵌めなおして、再び走り出します。
 トンネル内は涼しいし、下りなので最高! このままの下り時速48キロ。
 この自転車では、安定感が少し心配になるが、前傾姿勢で下りを、楽しめ! って事です。

頑張って走る事も無いので、普通に時速28キロほど、すれ違うサイクリストも有り、挨拶です。
 アップダウンも、下り傾向なので、楽な感じで走れる。
 最後になってしまった感じで、「昆虫館」駐車場へ。

癖になってしまった感じで、自販機のマスカットのジュースを、買ってしまった。
 清水さんが、男性サイクリストと話し、「関サイクルツーリング」にスタッフ参加・・ 話の中へ。
 ”サイクリングクラブちゃりんこPit” の話などをする。
 一緒に走る機会が出て来るかもね? 嬉しいですね。
 親子でサイクリングの2人、小学生の男の子かな、マウンテンバイクで良いですねえ!。
 皆と、どこから? とか、楽しく談笑のひと時だったね。
 
道路に出るのは、何時ものように最後尾からです。
 誰のペースで行くかが、問題ですが、清水さんが「根尾」の方に行く、ので「谷汲口」で別れです。
 右折の時に、少し間が空き、工事中の信号通過、スピードを上げ、何とかいっしょに行けた。
 「万代橋」を渡り右折したところで、自転車の若い男性3人かな、追い越す。
 挨拶をしながら追い越したが、スピードが出ていたので、解ったかどうかは?だ。
 
「分水嶺」を過ぎて、スピードが上がって来た様だが、時速28キロほど、遠慮してるな。
 このメンバーなら、和田さんしびれ切らせて、前に出るか? 後ろは楽しいですね。
 尻を見ながら、後ろ走るより、先頭を気分良く、走れば・・ 思うのですが。
 「大野橋」を過ぎても、状況は変わらず、横に行って、西川さんに出させるか、なんて事も。
 でも今日は辞めて、少し間を置いて、後ろから眺めることにした。

「藪川橋」下をくぐって、上り坂は、間をあけて一気に登る。
 「真大橋」下をくぐって、1人そのまま登り切って、再び堤防へ。
 息が戻った所から、スパート!! それを2回やって、下をゆっくり入っている皆より先に、「泰山木」ゴールです。

スマホのアプリを確認すると、走行距離 51.1キロ になって居る。
 自転車のメーターとは少し違う? 自転車ではなく、背中のバックなので、休憩で歩き回ったのも、計測されるんですね。
 突然、白木さんが登場! と言っても、自転車でなくバイクだ。
 自転車には、全然乗ってないので、太ってきて・・ 確かに、全体にふっくらしてる。
 中型バイクの免許を取ったらしいので、自転車が、より遠くなってしまったかな。
 早く自転車に戻らないと、重くて乗れなくなるんだから! 皆で、共通の心配。
 騒がしくというか、和気あいあいに、と言うか、楽しい時間を過ごして、終了だ。
 

おはようサイク 20-44

8月22日(土) 天気 晴れ
夜も暑いので、なかなか上手く眠れない、そんな日が続いている。
 雨の心配はなくなったが、その分暑い! トイレ、洗顔を済ませ、着替えをする。
 この時点で、汗がにじみ出てくる感じ、バックのベルトが、何と無く湿っぽいし。
 自転車を車に積み、家を出て「藪川橋」の所で、ロードの集団とすれ違う。
 参加者 9名(簑浦、飯沼、後藤、多和田、和田、西川、田中、谷、私)

今回は、ゆっくりでも、「横蔵」周りするか・・ で、スタートする。
 橋を渡るので坂を上っていると、途中で止まって居る2人のサイクリスト。
 自走参加の、飯沼、谷さんの2人だった、一緒に橋を渡って左折、堤防に入る。
 久しぶりに、箕浦、飯沼さんがそろって、楽しそうに話しながら、ウオーミングアップ走行です。
 これだと、全員で「横蔵」は無理かも・・ と思い、第1班は「横蔵」回り、3班は「谷汲」コース。
 確認しながら、後方に下がって、3班に入る。 (簑浦、飯沼、後藤、私の4人だね)
 
「下座倉大橋」を過ぎると、2チームに分かれて、3班は後ろにまとまる。
 何となく、最後尾になったので、このまま走って見る事にした。
 1班は、一塊になって走って居るので、1度離れた距離はそのままで、走れて居る。
 「神戸大橋」下をくぐる時に、縦1列になって、その後はその隊列で、進むことに。

「平野庄橋」東交差点、過ぎると、どんどん間が空いて、何時もの状態へ。
 こっちは、箕浦さんが先頭だ、後藤さんが先頭でも良いんだろうが、殆ど見た事が無い。
 私は、少し間をおいて、同じ速度で走る、サイクルコンピューターは、23キロ。
 向かい風もほとんど無いので、箕浦さんは行けると思うが、飯沼さんが付いて行けるかだな。
 76,76,73,72歳の4人組、熱中症に気を付けて、走らないとね。
 
 速度は別にして、ギヤを落とし、ケイデンスを103回、練習だ。
 前のスピードが上がると、ケイデンスが110回を超える、なので良い練習になる。
 離れて走って居るので、風の抵抗があり、適当に力も入る。
 覚え始めは、息が上がってきたが、今は100回なら、普通に走れる感じだ。 
 ただ、軽く回せるだけで、時速30キロで・・と言われると、さすがに無理だけどね。

「三町大橋」まで来ました、飯沼さんも2番目で、頑張って走って居ます。
 ここからは、どこコースで峠まで行くか? お任せで、後ろから行くだけだ。
 橋を渡らずに直進、「303号線」交差点手前を左に、「303号線」に入って少し走る。
 横断して北へ、Y字路を右 じゃなく左だ! 田んぼの中の道路です。
 交差点を右折 あれ、直進? 右だよ! って後藤さん、2人行き過ぎて停止、戻ります。
 たまには、来んな事も有ります、決してボケた訳では有りませんから。
 坂までの間、止まって歩くかも! (飯沼) 俺もダメだわ! (簑浦)の会話。
 じゃあ、俺も歩くから、ピクニックするか! 私も、歩きに付き合う事にした。
 登りに入る、後藤さん先頭で、少しづつ先に行き、2人との間が空く。
 ゆっくり、ケイデンス50回程、軽くはないがゆっくり、追いつかないように走る。
 歩くか? と思いながら、上っているうちに、これが最後の登り! 結局、上り切ってしまった。
 上ってしまったんでないの! と言いながら、トンネルへ、涼しい! でも短いかな。
 出た所で、後藤さんが止まって居て、皆、止まって小休止だ。
IMG_3504.jpg
 ここからは下り、でもこちら側、標高が高いので、思ったより短いんです。
 小さなアップダウンがあって、「谷汲」交差点前は、なだらかな上り坂になって居る。
 そんなコースなので、それほど早いスピードにはならない。
 飯沼さんの後姿を、確認する格好で、景色を眺めながら、走ります。
 「谷汲」交差点を、2段右折して「昆虫館」到着です。

先着の、私等だけで休憩、水分補給をする。
 上り坂の話、やっぱりライバル心? 各自が、自然と頑張ってしまい、上れた! みたいな話だ。
 茶畑の登りは、ダメだけど、途中になだらかになる所があって・・ (簑浦さん)
 ちょうど良い距離なのかな、それほど急でも無いし・・ (飯沼さん)
 まあ、とにかく良かったですよ! たまには、歩きたかったけどね! なんて、私。
 あまり休んでも・・ と思い、9:10になったら、スタートすることにした。

9:10先に戻ろうか! と言いながら、自転車に跨った所に、多和田、谷さんが到着です。
 3人はそのまま出て、状況確認と、谷さんと話したかったことも有り、私はストップ。
 暑過ぎるので、「朝鳥公園」駐車場で、ゆっくり休憩した、そんな状況の様だ。
 谷さんと、ツーリングペダルの件で話、彼はこの後「伊自良湖」の方に・・ なので、グッドタイミングでした。
 
前の3人を追います。
 何時ものペースなら、それほど頑張らなくても、追いつけるだろう、と思いながら工事中の信号停止だ。
 すれ違うサイクリスト、何時もの様に、挨拶を交わしながら走ります。
 「万代橋」では姿を確認出来ず、「分水嶺」の所で、何とか確認する。
 周りに何もない堤防に入ると、向かい風があって、それほどスピードは出てない感じだ。
 「大野橋」袂を横断するところで、追い付く事が出来、一緒に横断する。
 間をあけて、後ろを走って居ると、横に西川さんが来た。
 休憩を短くして、先に来た! との事、そのまま前に行ってもらう。
 何時もの様に、後藤さんが続き、箕浦さんが途中息切れ、飯沼さんは、マイペースで頑張る。
 少しづつ間が空いて、1人づつ走って居る感じになる。
 頑張って走ってるので、そのまま後ろから、離れて走ります。
 「藪川橋」下をくぐって、堤防への登りは、時速29キロ! 間が詰まってブレーキング。
 そんな走りをしながら、楽しんで「真大橋」下へ。
 どうする? と思っていたら、飯沼さんが直進、再び堤防へ上がった。
 最後に頑張りますねえ! 惰性が有ったから! とは言うものの、何時もながら、頭が下がります。
 堤防からの風景を、存分に堪能しながら、走り切って「泰山木」ゴールです。

店内に入って、間もなく、1班の皆も、順に到着した。
 話によると、「朝鳥公園」での休憩が長くなって、「横蔵」で無く、戻って「井ノ口橋」~「谷汲」だったみたい。
 暑いからね、その時その時に合わせて、コース変更は、アリです。
 とにかく、汗びっしょりで、コップの水はすぐ無くなりますしね。
 水差しの水も、お代わりを貰う、これも何時もの事ですが。
 モーニングを食べながら、雑談をし、汗も引いた頃に、解散です。


 
 
 

おはようサイク 20-43

8月16日(日) 天気 晴れ
久しぶりに、トレックマドンに乗って見ようと、サイクリングジャージーを、上下そろいのものにする。
 十数年前、ドイツで購入したもの、何となく、以前より余裕がある感じだ。
 自転車はトレックマドンを出してきて、車に乗せ、駐車場に向かう。 
 参加者 6名 (後藤、今木、内藤、和田、西川、私)

想像したとおり、何? 今日は? って、ビックリされた。
 自転車も、サイクルコンピューターが、240,66の走行距離が出てきたので、5月の自走琵琶湖以来だね。
 たまには、気持ちだけでも、ロードマンになって、体形確認にも最高ですよ。
 ビッグプーリーを見て、実際軽くなるんですかね? 踏んで軽さは実感ないが、自転車を引くと…。
 そのまま自転車を引く、ペダルが付いて回る! これだけ、チェーンに抵抗が無いと考える。
 その分、軽くなっているんだろうね。
 そんな話をしながら、みんな集まったようだ。

“池田山行かない?” と言う声があり、決定です。
 橋を渡って左折、堤防に入った所で、停止、スマホのアプリとバッテリー繋いで無かったんです。
 遅れて走るが、皆が思ったより早い、ウオーミングアップのはずなんですがね。
 コースは判って居るし、後ろからゆっくりと、マドンを楽しむことに。
 ブレーキの上に手を乗せると、前傾姿勢、首が上がらない! って感じだ。
 「ゆ~みんぐ」を回って、昨日より向かい風が強い、でも気持ちが良いねえ!。
 前の皆が小さく見える、先頭が誰か解らない、そんな距離がある。
 ケイデンスを90回に乗せ、スピードもそれなりに挙げ、後を追う。
 
「平野庄橋」東交差点、何とか同じ青信号で通過、それにしても、早い感じだ。
 信号停止のことも有って、少し間が詰まって、先頭が今木さんだと判る。
 ケイデンスを97回ほどへ、少し間を詰めて、このまま・・ 時速25キロ、やっぱり早い。
 此の向かい風、落ちるか? でも、先頭交代西川さんかな、少しすると、又今木さんの様だ。
 時速24キロで後追いすると、離れなくなった、でも先頭交代されると、離れる感じだ。
 こっちは、初めから先頭を走ってるのと同じなので、きついのは良く判る。
 それにしてもこの向かい風、やる気になってる! 良い事だねえ!
 
「三町大橋」下をくぐり、上った所で、皆が止まって居る? どうした! 問題なさそうなので、通過する。
 スピードを落として、時速14キロで走りながら待つことに。
 橋を渡って右折、後ろに誰か来た。
 皆来てる? って聞くと、来ないよ! と和田さんの声がした。
 そのまま、時速13キロで走行、待つことにした。
 少し走って、先に行ってて良いよ! と、先に行ってもらう、和田、西川さんだった。
 私は、そのまま時速13キロで、「前島橋」交差点、後ろを確認するが、今木さんらの姿は見えない。
  (後で判った事だが、来ないよ! と、言ったのは、来てない! で無く、コースを変えて、来ない! と言う事だった。)
 もしかしたら、「三町大橋」を渡って、途中から「ふれあい街道」? 思ってスピードアップする。
 ゆっくり走ろう・・ が、しっかり走る事になってしまった。
 「井ノ口橋」を渡って、山の方に向かうが、2人の姿は見えない。
 時速30キロだが、2人も早いからなあ! 何とか姿を発見、残念ながら赤信号でした。
 橋を渡って右折、「蘇生の泉」到着し、2人と合流です。
 ここで、来ないよ! の意味が解りました。

とりあえず、「蘇生の泉」の水で水分補給、冷たくて美味しかった。
IMG_3492.jpg
IMG_3494.jpg
 駐車場は、仕切りがしてあり、ガラーンとしている。
 2台ほど、水のみに来た車くらいで、静かなものでした。

さあ! 山登りしますか! と言いながら、走り出す。
 北側からの入りは、結構楽なコース、後ろから上りに入る。
 何時も通り、余り軽くせず、ゆっくり上る事に。
 西川さんは、立ちこぎしてる、練習してるんだろう。
 長めの登りで、何となく前に出てしまう、ダメですねえ!
 そのまま下って又登って、「大谷公園」今木さん等は居ない? そのまま通過。
 上って下って、左側「池田町」の町が眼下に、最高の景色だ。
 「霞間ヶ谷」にも姿が見えず、そのまま通過、下り下りることに。
 もう1回戻って見る? 西川さんOK! 和田さんNO! 止めます。
 
県道に出て左折、そのまま走る。 (後で考えると、ゆっくりで無かったよね)
 横風に吹かれて、32キロ、信号交差点が無ければ、最高の走りです。
 片側2車線、自転車としては、走りやすい。
 「神戸町」交差点、前方にサイクリスト、居ました今木さんチームです。
 「平野庄橋」への上り坂、途中で追い越し前に出ます。
 これで、一緒に戻れるので、スピードダウンです。
 橋を渡って下ったところの交差点、走り出す時に後ろに下がります。
 和田さんが来てない! 置いて来てしまった? でもすぐ来ると思います。
 それにしても暑いです、首には日除けがして有るが、それでも暑さを感じる。
 汗をかく体には成っては居るが、水分補給をっしっかりしないとね。
 「根尾川大橋」上り坂、最後内藤さんが、車道を頑張って先頭へ、後を続く。
 「泰山木」ゴールは、汗びっしょりです。

店内は、結構混んでいて、一番奥の窓側の席へ。
 見たことのある顔、自転車修理に行った事が有る、横の席に座り込んだ。
 私だけ、その人と話をして、時間を過ごしてしまった。
 途中で、多和田さんが、バイクでモーニング参加でした。
 涼しくなったら、南側から走って見ようと思う・・、頂上まで・・ は、無いかな!

おはようサイク 20-42

8月15日(土) 天気 晴れ
通年なら、「お盆休み」なので、サイクリングも休み、なのだが、今年はコロナで、暇だろう! と走る事にした。
 白い雲が少しあるが、青空が見えて、太陽の光が差し込む、夏空になってきた。
 駐車場には、西川さんが先着、とりあえず1人ではない。
 後藤さんが来たが、私服姿、暑いので・・ 続いて和田さんが来た。
 参加者 5名 (今木、和田、西川、杉本、私)

ゆっくり「横倉」回りコース・・ でのスタート、どうなりますやら。
 ウオーミングアップのはずが、早い! ここから時速20キロを過ぎてる。
 今木さんが、リヤデレーラーが治った、クロモリロードで来たので、全体に早くなっているかな。
 「ゆ~みんぐ」を回って、少し走ったところで、途中から「谷汲」行く・・ (今木さん)
 4人で「横倉」になる、自然と先頭は何時ものことか。
 向かい風が少しあるので、無理をせずに走る事にした。

時速25キロ、ケイデンス97回、100Wくらいの抵抗になるのかな? ジムでやるエアロバイクより、少し楽な感じだ。
 やっぱりパワーメーターがあると、この辺が分かるのだろうね。
 心拍数で管理するのも、良いのですけどね、まだそこまで進んでいないね。
 最近やっと、スマホのアプリを使って、コース、距離など、確認出来る様になった。
 でも、スタートセットを忘れたり、モバイルバッテリーを忘れたり、今日は充電してなかった。
 和田、西川さんらは、ハンドル部にスマホをセットして、有効に使っている。
 まだまだそこまではね、効果的に練習するには、良いアイテムかも知れない。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防を走って、左へ、橋を渡って、再び堤防へ。
 今木さんは直進、「揖斐校」の方から、峠越え・・。
 昨日の夕飯が少なかったのか、腹が減ってる感じ、少し心配だ。
 熱いことも有って、消費エネルギーも、多くなるんだろうな、エネルギー切れが多い。
 「岡島橋」を渡って反対側へ、向かい風を強く感じる。
 山に近ずく関係で、風向きなども変わる事が有り、向かい風も変わる。
 速度、ケイデンスともに変わらず、心拍数は140台くらい(感覚だけ)かな。
 「井ノ口橋」下をくぐってから、「朝鳥公園」トイレ止まる? その方がいい! との事。
 私も賛成、エネルギー切れだったから。

「朝鳥公園」駐車場に入る。
 止まると暑い、木陰に移動し、トイレ休憩だ。
 ダメだ、エネルギー切れだ!! とか言っていると、西川さんが、これを・・ パンを出してくれた。
 遠慮なくいただく、本当に助かったです、まともに駄目だったんですよね。
 
トイレ休憩を終え、再スタート! まだ、パンのエネルギーが回ってこないので、馬力が出ない。
 ゆっくり走るしかない、上り坂、ギヤを落とし、70~80回のケイデンスになるようにする。
 スピードをいつもより、3キロほど落として、無理は出来ない。
 足に力は入るので、何とかなるだろう、空腹感も何とか無くなった感じだし。
 「昆虫館」でジュースを飲めば、何とかなりそうだし、無理は出来ない。
 坂の途中、杉本さんが横に、先に行って! と言ったが、下がってしまった。
 こんな走りの繰り返し、遠慮しなくても・・ と思うのですが。
 「揖斐峡大橋」から「303号線」横切ってトンネル、涼しくて最高ですねえ!。
 暫く続いて欲しい! これは全員の思いだよ、きっと、そんな涼しさだ。
 でも走って居れば、また日差しの中へ、暑い! 登りがきつい。
 こんなに急だったかよ! って思いながら、走り切って下り、少し走って左折だ。
 ダラダラの上り、ちょっと急なところは、スピードダウンしてしまった。
 橋を渡って、少し急になってそのまま上の駐車場まで、ここは頑張りどころ、でもきつい。
 何とか駐車場、そのまま一番奥でUターン、そのまま下ってくる。
 続いて急な上り坂、ギヤを下げて上るが、大きい方から3枚目で入る。
 ケイデンス50回までは、このままだが、途中の柔らかくなったところで、もう1段下げる。
 いつもこんな感じになってしまう。
 上り切ってギヤを戻しながら、なだらかな登り、トンネル前の登りで、杉本さんが前に出て、トンネルへ。
 中は涼しいし、下りだから最高、でも路面が濡れていて、跳ねが上がりそうだ。
 フロントのギヤを大きい方にし、下りが終わっても、時速30キロオーバーです。
 杉本さんは、前に見えるが追い付けず、そのまま「昆虫館」到着です。
 今木さんの姿が見えず、待ちくたびれて、先に戻った様子だ。
 
少しづつ間が空いて、全員到着、休憩タイム。
 自販機で、缶ジュースを買って、エネルギー補給、冷たいのがありがたい。
 「昆虫館」早く開いたので、中へ入ると、鈴虫の鳴き声が、久しぶりだ。
 2年前かな、クワガタを購入、増やし方を教えてもらったんですが、上手く行かなかった。
 そんな話をしながら、休憩でした。

戻りは、何時ものごとく、最後尾スタートです。
 走り出して間もなく、駐車場にいた、若い男性に追い越される。
 追いかけるスタミナが無く、そのまま見送るしかない。
 前方を走るメンバーも追い越され、「谷汲口」を直進、私らは右折する。
 「万代橋」すぐ下流には、多くの川遊びの人、テントなどが見える。
IMG_3490 (編集済み).jpg
 上流は、こんな風景ですね。
IMG_3491 (編集済み).jpg
 止まったので、さらに遅れ、今日のメンバーでは追いつけない。
 1人サイクリングを楽しむしかない。
 残念なのは、追い風にはならなかった、速度も当然ゆっくりだ。
 
先に戻った今木さんも一緒に、コーヒータイム。
 これだけ暑い日が続くと、体力自体が、落ちてくるのかもね。
 体重は増え気味だけど、上手く行かないモノですね。

おはようサイク 20-41

8月 9日(日) 天気 晴れ
今日も、空は白くなっている、でも晴れてるんだろうね。
 「藤橋」道の駅でモーニングを・・ と、言う事になって居るので、早く準備をし家を出る。
 集合時間までに「泰山木」で、モーニングをし、外に出る。
 メンバーの中に、兒玉さんが(昨夕ラインあり)通常コース参加の予定。
 おはようサイクコース 参加者 2名 (兒玉、私)
 「藤橋」道の駅でモーニングコース 参加者 8名 (内藤、和田、尚大、高橋、西川、田中、杉本、後藤)

皆を見送ってから、2人でスタート、今木さんが来るはず? (昨日、長野からの戻りが遅かったとのこと)来ず。
 コースは、相談のうえ「谷汲」コース(Dコース)に、兒島さんは初めてコースです。
 本人は心配している様子だが、今までの走りを見て、十分走れ切れる! と言いながら、ウオーミングアップ。
 「ゆ~みんぐ」を回って、時速18キロへ、クロスバイクだし、こんな具合かな。
 気持ちが良いですねえ! 最高です!! 何時もの元気な声が後ろから。

「平野庄橋」東交差点、止まると流石に暑い、青信号で再び走り出す。
 Y字路を左へ入ったところで、先頭交代! 後ろへ下がる。
 向かい風もほとんどないので、自分のペースで走った方が、気持ちいいからだ。
 後ろの方が、走り方など勉強に・・ と、言われるが、大丈夫だから! と交代です。
 走る事については、問題無しで、変速まだまだ理解していない事が有るので、後ろから見たいのもあった。
 スピードが上がって、時速22キロほど、やっぱり思ったより早い。
 僅かに上っているコースであるので、スピードの上下はあるが、いいペースだ。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防で前に出る、左折橋を渡って右折、これの誘導のためだ。
 再び堤防に入って、後ろに下がって、元の体制に。
 足もきれいに回っていて、綺麗なフォームで、本当に感心します。
 そのまま直進です!! と言いながら、「前島橋」交差点を通過です。
 スピードも落ちずに、スムーズに走れて居る。
 来ている上着が、レインコートのように長いので、風にひらひらしているのが気になるけどね。
 そんなことはお構いなしで、どんどん前に進んでいる。

「井ノ口橋」袂を右折、自信なく止まってしまう。
 この辺は女性、車とすれ違うのに恐怖を感じ止まったり、交差点で止まったり、が有るんですよね。
 前を走って居ると、見えないものが見えてくる。
 どうしても、端に寄れずに中央に出てしまう、左右に動きがある、とかね。
 「303号線」交差点で水分補給をして、また走りだします。

トンネル前の上り坂、ダメです! 登れません!! と言いながら、歩き出しました。
 私は、ゆっくり上っていると、勢いよくサイクリストの集団が、トンネルから下っていきました。
 トンネル入り口で、兒玉さんを待ちます。 (ライトが、点灯しなかったので)
 離れないように気を付けながら、トンネルへ入ると、前からサイクリスト、挨拶しすれ違う。
 トンネルを出ての下りは、兒玉さんが前を、まだ走れて居るので、大丈夫です。
 平坦になっても時速21キロほどで、「あられ工房」を通過。
 問題なく「昆虫館」到着です。

カチャカチャ音がする! と言う事なので、ギヤチェンジを確認する。
 ワイヤーが伸びてきた感じなので、前後のシフターワイヤーの微調整をする。
 ギヤの使い方の疑問? まだまだ、軽い重いが理解出来て居ない感じ。
 特に、フロントとリヤの関係が、解りずらいからね。
 ケイデンスが結構高いので、フロントをインナーのまま、リヤだけでギヤチェンジする! ことをアドバイス。
 特に今のバイクは、リヤのスプロケットが、大きくなって来ているからね。
 こんな話をしながら、休憩時間を終える。

戻りも同じように、前を走ってもらう。
 ここからは、何度か走っているコースなので、コースの支持もしなくていい。
 マイペースで、好きなように走ってもらうだけです。
 「分水嶺」を過ぎて、もう1段重くして! 重くするんですか? そうそう!
 ちょっと見て、もう1段重くして! 足きつくないでしょ? 大丈夫です!
 スピードが上がって、時速24キロほどへ。
 スピード上がったでしょう! 早くなったけど、足は楽な感じ!
 回転数と力のバランスが取れたんですよ! そうなんですね、気持ちいいです!!
 そんな会話をしながら「大野橋」を通過する。

最後の方は、少しスピードは落ちたものの、快調に走り切りましたね。
 年齢からすると、ポタリングクラブ員、そんな感じだが、走りはサイクリングクラブ員だね。
 ギヤは、フロントインナーでリヤの切り替えだけで、十分走れるし、まだまだ伸びそうだ。

私は、2度目のモーニング。
 いろんな質問を受けながら、楽しいひと時を過ごし、今日は終了です。

「藤橋」道の駅モーニングコースへのメンバーも、楽しかった様子。
 送ってくれた写メをアップします。
IMG_3488.jpg
IMG_3489.jpg
 どんな走りだったかわ、次回に聞くことにしましょう!

おはようサイク 20-40

8月 8日(土) 天気 晴れ?
梅雨が明けたにもかかわらず、すっきりした青空が無い、何となく霧がかかったような、感じの朝。
 右足、やっぱり肉離れかなあ! ランニングが出来ず、ウオーキングです。
 おっかないので、サポーターを付けて・・・ あまり格好良くないけどね。
 自転車は、トレック1500、サイクルコンピューター移動してないので。
 藪川橋の所で、10人ほどの集団が、1列になって堤防を北上、遅れた人が3人、頑張れ!!
 参加者 7名 (和田、西川、後藤、多和田、長谷川、田中、私)

このメンバーだと「横蔵」~「谷汲」コースか? と思いながらスタート。
 ウオーミング中、和田さんが横に来て、コース打ち合わせだ。
 明日「藤橋」行くので、あまり走らない方が・・ で、「川口橋」から戻って「茶畑」~「谷汲」になった。
 「下座倉大橋」を過ぎたところから、何時もの様にスピードを上げ、「ゆ~みんぐ」を回る。
 向かい風はほんの少し、やっぱりカラッとした風では無い。
 時速17キロ⇒21キロ⇒23キロと上げ、「神戸大橋」下をくぐる。
 堤防へ上がって、時速24キロにして「平野庄橋」交差点停止だった。
 すぐに青信号で、再び走り出し、下りを利用して時速26キロへ。
 Y字路を過ぎて、さらにアップしてみる、28キロだ。
 どこまで行けるか? と言う事も有るが、多和田さんが来てくれるだろう! 希望的観測だ。
 風もそれ程無いし、ロードバイクだもんね、行けえ! って感じだ。
 ケイデンス95回、いい感じで走れている。
 フラットロードとは、なんといっても前傾姿勢が違う、風の抵抗が少ない。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防は少しスピードを落とし、左折橋を渡る。
 右折の時に後ろを確認、?? 和田さんしか居ない?
 え! 誰も居ないの? 少し遅れて西川さんが来る! そう言われると、少し遅れて2人居る。
 どうする? って感じだったが、和田さんが付いてるし、行け! って感じだ。
 スピードを戻し、時速28キロ、汗びっしょりになってきた。
 心拍数も上がって、2度呼吸が上手く出来なくなっても来た。
 足と気力は、まだ走れそうな気分、頑張るしかない。
 「前島橋」交差点は青信号通過、「岡島橋」を渡って向こう側へ。
 まだ何とか走れて居る、多和田さんは来ないか? 目測を誤ったみたいだ。
 先頭交代するのも、癪だし、行ける所まで頑張るしかない。
 後ろから、「朝鳥公園」止まらない! トイレ休憩! 止まろうか! でまとまる。
 何とか、時速28キロで走り切って、「朝鳥公園」駐車場へ。
 少し遅れて、西川、後藤さんが到着、小休止。
 ランニングをしに来た夫婦、男性としばし、マラソンの話を。
 良いですねえ! 夫婦で共通の趣味を持つ、うらやましいね。
 
「川口橋」を渡って右折、反対側を走ります。
 僅かな下りを利用して、スピードを上げるのでなく、楽に踏みの走りだ。
 「井ノ口橋」袂を左折「広域農道」少しスピードを緩め、信号停止、和田さん来た。
 次の信号は短い、スピードを上げ何とか通過、「303号線」交差点を横切る。
 腹が減ってきた、なだらかな登りは何とか良かったが、最後の所でエネルギーが切れた。
 ギヤを落としてトンネル前の上り坂、ダメ! 和田さんに追い越される。
 ここで頑張ると、ハンガーノックになってしまうので、軽くです。
 
トンネルの中は、涼しく助かるー! でも、離されないのがやっと、って感じ。
 始めて追い越したあ! と、喜んでいる和田さん、でも本当に、エネルギーがなくなりそうなんです。
 下りは、惰性に任せて、少しづつ和田さんより遅れて、仕方ないですね。
 そこからは、省エネ走法で、軽く回すしかない。
 往路でのエネルギー切れは、ほとんど無かったはず、頑張り過ぎたんだね。
 「昆虫館」駐車場到着です。

自転車をラックにかけ、すぐさま自販機で、ジュースを買ってベンチに座る。
 ジュースがおいしい! とりあえず、エネルギー補給は完了です。
 そんなことをやってる間に、西川、後藤さんが到着、遅れて多和田、長谷川さんが到着だ。
 このメンバーだと、さすがに田中さんが、遅れての到着で、全員そろった。
 長岡さんを、上りで初めて追い越した! しばらく言われそうです。

戻りは何時もの様に、最後尾からスタートする。
 エネルギー満タン! では無い物の、このまま走れそうなので、後ろから眺めることにした。
 日差しが出てきたが、すっきりした青空では無い感じだ。
 走って居る時は良いが、止まると流石に暑い。
 すれ違うサイクリスト、何時もの様に、挨拶をしながら、すれ違う。
 
「谷汲口」車が来て、1人だけ遅れてしまうが、仕方がない。
 少し頑張って、「万代橋」手前までに追いつく。
 多和田さんが最後尾、と言うのもおかしいが、堤防に出たら前なんだろう。
 「根尾川」の水も大分少なくなって来た、水面を気にしながら、橋を渡る。
 右折し、上り、皆、思ったより良いスピードで走って居る。
 「分水嶺」を過ぎて、少しスピードが上がって、30キロほどになる。
 1列になって走る、ロードバイクの醍醐味だろうけど、私は少し離れている。
 一人遅れて・・ と見えてるのかもね。 そんな感じだ。

「大野橋」を過ぎ、ちょっと頑張ってみるか! スピードを上げ皆の横を追い越し、先頭へ。
 そのまま時速35キロほどで・・ やっぱりすぐ息切れ。
 でもすぐに和田さんが出てきた、と思ったら、今度は多和田さんだ。
 付こうとしたが付きけれず、離され、長谷川さんにも追い越される。
 でも刺激にはなったようで、役目完了! って、とこかなあ!
 置いてきぼりを食うのも、走る気を無くしてしまうが、少し頑張って見るのは、良い事ですよね。
 
「真大橋」下をくぐって、途中から左折をせず、再び堤防へ。
 1人だけだが、最後に頑張っては見たが、32キロが一杯だった。
 こんなんで、「泰山木」ゴールは、1番になってしまった。
 ダメだ、俺も和田さんみたいになってしまった! 明日からは、フラットロードにしよう!
 
店内は、涼しい風が吹き、コップの氷水が美味い。
 熱いお手拭きを顔に当てる、これも逆に、気持ちが良い。
 長谷川さんが、組合の役員で・・ からかな、そんな話になる。
 「宮城県」に居た頃は、”週休2日制” に、移行する時代でして・・。
 現在は、賃上げやボーナスにしても、会社自体での交渉は、あまりないのかな。
 大手が決まると、右習え! みたいな感じだし、やることが無い。
 選挙があると、それ何人演説会に出せ・・ とかね。
 大変だったけど、今思うと、面白かったねえ! やる事が有ったからなあ!
 そんな話をしながらの、コーヒータイムで、体も冷えたし、終了です。
 ちなみに、コップの水は、3杯飲んだかな。

おはようサイク 20-39

8月 2日(日) 天気 晴れ
雨は大丈夫! 天気は上々! 張り切って走る準備をし、玄関へ。
 自転車は昨日と同じ、トレック1500にして、車に積み込んで、いざ出発です。
 今日も多いかな? と期待をしたが、半分の人数になった。 
 参加者 7名 (今木、後藤、高橋、和田、内藤、西川、私)

天気も良いし、「横蔵」まで行くか! と言う事でスタート。
 ウオーミングアップしながら、コースの調整、今木、高橋、後藤さんが「井ノ口橋」~「谷汲」になる。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、何時もの向かい風が心地いい、サイクリング日和だね。
 
「平野庄橋」東交差点、再スタートは西川、和田、内藤さん、私の順。
 長岡さん先頭! 年長者に先頭走らせ無いの、後ろから行くから! と言いながら、楽をします。
 時速27キロほど、後ろから走るのもいいもんですね。
 西川さんは、いい感じでペダルが回っているし、和田さんは踏んでる感じ、内藤さんは軽く回転数で・・。
 ただ、どうしてもスピードの上げ下げがあって、少し離れたほうが、楽に走れる感じだ。
 
今日は、どうする? かっこよく先頭交代するかな? と思いながら、私は出る気なし!
 先頭交代! 和田さんが先頭、しばらくすると、西川さんが先頭、3人で交代、良いですねえ!
 「前島橋」能勢前の方で、うわっ! と、ガタン! とアスファルトの穴に、前輪を落としてしまった。
 後ろは、これがあるので怖いんですよね。 (とりあえず、問題はなかったです)
 橋を渡って向こう側に、和田さんが先頭になったが、間が空いてしまったので、前に出て追いつくことにした。
 そんな状態で、「川口橋」を過ぎ、登りに入る。
 ギヤはそのままで、和田さんの後ろを走ると、意識している感じで、頑張っている。
 こっちも遅れずに頑張って、後ろを走ることにした。
 前を走って、付いていこうとするより、後ろを走られると、頑張れるかもね。
 もう駄目だわ! と言いながら落ちてきたので、まだまだ頑張れる! と言いながら後ろ。
 スピードが戻ってくる、これはいい感じだぜ。 (遊んでいる)
 いい感じで「揖斐峡大橋」到着、渡って左側、トイレ休憩。
 少し遅れて、西川、内藤さん到着、トイレと水分補給の小休止。

「303号線」交差点を渡って、トンネルへ 涼しい!! 寒いくらいですが、ずっと痛い感じだ。
 抜けると暑さが戻ってくる、ダラダラの上り坂、ギヤを落として後方からの走り。
 和田さんが抜け出して、間が空いたので、スピードを上げ2人を抜いて、追いかける。
 先頭に出ないことにしたので、和田さんの後ろから、付いて走る。
 坂を下って右カーブ、直線から左折、また登りの直線道路、いい感じで走れている。
 橋を渡って、上りがきつくなる、ギヤを1段落として、和田さんも頑張っている。
 上の駐車場到着、和田さんは止まって水分補給、私は旋回して待つことに。
 和田さんスタート、あとに続く、西川さんが登ってきた、頑張れ!!
 いよいよ急な上り坂、ギヤを落として後に続く、何時もより軽くしているので、心拍数も楽な感じだ。
 昨日も頑張って走っている和田さん、少しきつくなって来たか? 私、昨日は、頑張ってないからね。
 トンネル前の上り坂、スピードが落ちてきたので ”和田さん! 最後の登り! ガンバ!!” 激励です。
 スピード上がって頂上、下りからトンネルの中も下りだからね。
 時速50キロ、でも少し離されてしまう、まあまあ 下りはこんなもんです。
 その後も、32キロくらいで走って「竹中公園」ほんの少し上っている。
 スピードが鈍ってきたので ”和田さん! ラスト!!” またスピードアップし、交差点通過。
 「昆虫館」駐車場、和田さんもすぐ止まらず旋回、クールダウンし停止です。

後藤さんチームが先について、休憩中に合流です。
 和田さんは、上着のファスナーを外して、汗だくで 帰りは、ゆっくり走るゾウ! だって。
 大丈夫だって、ペダルに足が乗ったら忘れて走るから! そんなことを言い返す。
 でも、たまには、こんな走りもいいもんです。
 誰も言ってくれないからね、置いてく事は有るけどね。
 よく走りました! 花丸だねえ!

昔の、名鉄電車カラー(赤白)の、3輪車が止まっていた。
IMG_3486.jpg
 運転席に乗せてもらって、写真を撮った。
 無料で、「谷汲さん 華厳時」山門まで乗せてくれるんだって。
IMG_3487.jpg
 もちろん ”無料” です。
 趣味でこの車? を購入し、ボランティアでやってるんだって、すごいですね。

今木さんは先に帰った、との事なので、6人で走ります。
 帰りは、何時ものように最後尾、のつもりでした。
 なんとなく中間に位置、メンバーとしては、心配ないので、このまま行く事にした。
 
「分水嶺」を過ぎて、「根尾川」堤防時速30キロ近い走り。
 和田、西川さんが先頭交代しながら「大野橋」を過ぎる。
 時速26キロほどになってきたので、内藤さん前! 先頭に出るとき 30キロで引け! とけしかける。
 スピードが上がって、いい走りになったが、あまり続かず、先頭交代です。
 でもこれもあまり続かず、スピードも下がってきたので、再度後ろにいた内藤さんに合図。
 前を引くように、声を掛けると、追い越して先頭へ、スピードが上がる。
 和田、西川さん少し遅れて、間が空いたので前に出て、内藤さんを追う。
 「藪川橋」下をくぐって、再度堤防に上がる前に、スピード落とさず坂上る! とけしかける。
 ?? 中間で息切れ、ぶつかりそうになって、慌ててブレーキングです。
 その後も頑張ってもらって、「真大橋」下から、下道へ。
 内藤さんにも走ってもらってしまった! でもたまにはいいよね。
 さすがに、後ろは遅れた感じ、誰も居ない。
 いや、楽しかったですなあ! いい運動になったでしょう!!

「泰山木」ゴール、後藤、高橋さんの方が、すぐ後に来ました。
 和田、西川さんがその後、これは少し意外でしたね。
 ケイデンスでなく、少し重くして走ったので、太ももが使った感じがする。
 汗びっしょり、席について、氷水がおいしいこと。
 家に帰ったら、一寝しないといかんは! 和田さんもきつかったみたいだが、満足げな顔つきだね。
 こんな走りをしたのは、何年ぶりかな? ほんとに、いい関係ですなあ!
 またやったろう! そんな感じでしたね。
 

おはようサイク 20-38

8月 1日(土) 天気 晴れ
やっと 梅雨明けだあ!! って感じ、朝から快晴の青空だ。
 迷うことなく、洗顔、トイレを済ませ、着替えをするんです。
 サイクルコンピューターを移動していないので、自転車は、トレック1500だ。
 ?? 表示が点滅? こっちも同じように、電池切れか? 電池も一緒に車に。
 さすがに日差しが厚い、車の窓を開けると、風はさわやかだ。
 駐車場につき、早速、測定器のボタン電池交換、点滅直らず! サイクルコンピューターの方を交換、直った。
 そんなことをやってる間に、メンバーが集まってきたね。
 参加者 13名 (後藤、箕浦、飯沼、多和田、長谷川、和田、尚大、谷、西川、田中、内藤、兒玉、私)

天気もいいし、さすがに参加者が多い、うれしいですねえ!
 コースは「横倉」~「谷汲」、「川口橋」から行けるかわからず、袂で停止、相談!
 そんな具合で、ワイワイガヤガヤのスタートになった。
 堤防に入って、ウオーミングアップも、賑やかな感じで、話し声が聞こえる。
 やっぱり天気がいいのが最高だね、空気も乾いてきている感じだ。
 前回は、2日とも走れなかったことも有り、箕浦、飯沼さんに無理はできず、「井ノ口橋」から「谷汲」だね。
 そんな話を、後ろに下がって済ませ、前に戻って「ゆ~みんぐ」を回る。
 少しすると、谷さんが前に来て、コースの確認をし、スピードアップ。
 若いメンバーも・・ あれ誰も続いて出ない? 間が空いて来たので、仕方なくスピードアップする。
 1人だけではかわいそうだもんね、私が上げれば皆付いて来るだろう!
 男女のサイクリストとすれ違う、初めて会う2人だと思う。
 高速の下をくぐる辺りで、谷さんの後ろに、そのまま「平野庄橋」東交差点、赤信号停止。
 青信号で、「横倉」チーム先にスタート、遅れて居る簑浦さんらを待つ。
 交差点で、バタバタして、箕浦さんの後ろと接触、後藤さん転倒。(幸い怪我無し)
 ゆっくりチームは、信号を1回遅らせてスタートです。

時速20キロ、少し向かい風を受けながらなので、これで走ることにした。
 前のメンバーは見えなくなって、4人だけです。
 平均年齢74歳、笑えそうなチーム構成ですね。
 ギヤを変えて、ケイデンスが97回ほど、ブレーキをもって前傾姿勢、保つ練習です。
 やっぱりハンドルが曲がっているなあ! 今日は特に気になって・・。
 堤防斜面、河川敷などの雑草は、水分をたっぷり吸ってか、生き生きとした緑一色だ。
 路面に移る後ろの影を確認しながら、ペダルを回す。
 走ってない影響か、太ももの付け根に違和感、運動している! って感じだね。
 
皆どうしているかな、「川口橋」から戻ってくるか? 思いながら、「岡島橋」を過ぎる。
 「揖斐川」の水量は少し多いようだが、濁りはほとんどなくなっている。
 順調に走ってきて「井ノ口橋」袂を右折、「広域農道」に入る。
 向かい風がなくなり、ペダルも軽くなった感じだ。
 「303号線」交差点でストップ、1回分余分に止まって、水分補給をする。
 
茶畑を見ながら、トンネル前の上り坂、両側の並木に、ピンク色の花が咲いて居る。
 癒されますねえ!
IMG_3483.jpg
 頑張って登ってきた、飯沼さん、箕浦さん
IMG_3484 (編集済み).jpg
IMG_3485.jpg
 トンネル中は、涼しくていいですねえ!
 汗が左の眼に入って痛い! 片目で走るしかないが、少しおっかない感じだ。
 歩道を走っているので、下手に片手で・・ とは行かないので、そのまま出口まで走る。
 皆も止まって居たので、止まって目を指で拭き、車がないのを確認し、再スタートです。

途中の信号交差点、赤信号で、飯沼さんとともに停止。
 そのまま走って、「昆虫館」到着ですが、なぜか、内藤、兒玉さんが居ました。
 あのスピードでも、こっちの方が早かったようで、少ししたら、尚大さんが入ってきた。
 疲れたあ! と言いながら、木製のベンチ? に、あおむけで休憩。
 少し遅れて、谷さんが入ってきて、間をおいて西川、田中さん、しばらく後に和田さんが到着です。
 順番がおかしい? と思ったら、「横蔵」駐車場へ行ってないメンバーとの差が出たようだね。
 しばらく後についた、多和田、長谷川さんは、知り合いの所で休憩・・。
 これで、メンバー全員そろって、休憩です。

内藤さんが、解るんだねえ! って、インナーパンツだったんだって、私は気が付きませんでした!
 涼しくていい! 確かにそうだとは思うんですが・・・。
 相変わらず、元気のいいのは、兒玉さんです。
 
昼から用事のある内藤さん、兒玉さんと先にスタート、遅れて皆走り出します。
 最後尾から走り出して、300メートルくらいかな? 後藤さんが逆走? どうした! ・・ 聞き取れず。
 自転車には乗れているので、忘れ物? ゆっくり走ることにした。
 飯沼さんが居るので、そのペースなら追いつくか! と思い、前に追いつき確認、解らず。
 再度スピードを落とし、そのまま「谷汲口」を右折、一人走りになる。

「分水嶺」の所で、前を確認すると、飯沼さんが遅れて1人のようだ。
 風は向かい風、少し大変かな? スピードを上げて追いつくことにした。
 はじめ見えなかったが、箕浦さんが前で、少し間を置き飯沼さん、後ろに田中さんが居るみたいだ。
 「大野橋」を過ぎ、少しすると、田中さんが前に出て、箕浦さんまで追いついた。
 間が少しづつ大きくなったのは、飯沼さんがきつくなった感じだね。
 後藤さんが追い付いてきました、ボトルを忘れた! との事だった。
 
何時もの様に、7~8メートルほど間をあけ、後ろを走ることにした。
 頑張って走っているので、そのままマイペースで、走ってもらうことに。
 「真大橋」下をくぐって、上り坂、再び堤防? 途中から左折、下道へ。
 さすがに、その元気はなかったようだね。
 話をしながら、クールダウン、久しぶりなので、少しきつかった様子だった。
 登りは、飯沼さんが早かったけど、平たんコースは簑浦さんが早い、って状態ですね。
 でも、76歳の2人、ともに頑張ってますねえ!

人数が多いので、3隻に分散して、モーニングタイムです。
 コロナと雨続きで、どうしても運動する機会が、少なくなってしまうんですよね。
 気力的にも、体力と同じく、積極性がなくなって、1歩が出せない。
 皆同じですね、私は肉離れをしてしまったようで、でもウオーキングに切り替え、やろうと思う。
 とにかく持続することが、第1ですかね。
 ”頑張ろう! チーム70!” ですね。

解散後、兒島さんとの約束である ”チューブ交換“ 作業をやってみる! 実施。
 今回は、フロントで実施しました。
 フロントとリヤの違い、オイルディスクの注意事項、パンクの場合、まずタイヤ表面に何かないかを確認する。
 タイヤレバーを入れる前に、外す方のビード部を、中央に落としておく。
 チューブを外す時、タイヤの内側に白くなって居る所が無いか、観ながら。
 新品チューブは、空気を少し入れて、丸くしたのを嵌める様にする。
 タイヤは、手で入れる、何度かこじながら、余裕を作る。
 空気を70%ほど入れ、タイヤのハマり状態を確認する。
 問題が無ければ、何時もの圧まで入れる。
 終われば、車輪を嵌める。 (キャリパーに挟んであるものを取り、ローターを入れる)
 クイックを調整し、はめ込み、終了!
 車輪を回転させ、確認する。
 等々、1回では覚えきれません、またやることにした。
 飯沼さんも最後まで付き合ってくれました。
 

おはようサイク 20-37

7月19日(日) 天気 晴れ
昨日は、起きた時に雨は降って居なかったので、走れる! と思って、着替えをした。
 バッグ、ヘルメット等を持って、外へ出ると?? ざあざあ降の雨! そのままの服装で、「泰山木」へ。
 モーニングを終え、店を出たところで後藤さんが来て、逆戻り、その後に、木村、西川さんが来て、モーニングで終わった。

今日は、朝からそんな心配はない、青空が広がり、梅雨が明けた? そんな感じだ。
 自転車は、トレック1500(25年ほど前のアルミフレーム)で、自走することにした。
 家を出て堤防へ、当たる風が少しひんやりとして、気持ちがいい、サイクリング日和。
 メーターに目をやると、時速27キロ、さすがにロードバイクは軽い! 最初からこれだもんね。
 久しぶりのロードの走りを楽しみながら、集合地に、後藤、和田さんが先着です。
 参加者 6名(後藤、和田、箕浦、高橋、杉本、私)

腹がまた出てきたあ! 確かに、運動不足で、私も腰が(土曜日)痛くなった、木村さんもギックリ腰だって、言ってた。
 雨で朝の運動が出来ないし、コロナで夜の事務にも行けない、そんな日が続いてるからなあ!
 それぞれ、皆も同じような状態のようだ、そんな話をしながら、準備をする。

天気もいいし、ゆっくりで「横蔵」回りするか! とスタート、向こうからサイクリスト、杉本さん合流です。
 杉本さん入ると、平均年齢だいぶ落ちるなあ! とか言いながら、ウオーミングアップ走行です。
 確かに、その前は全員70歳以上でしたからね、平均年齢最高ではなくなりました。
 和田さんと、世間話をしながら、時速18キロほどで、ウオーミングアップ。
 「ゆ~みんぐ」を回っても、変わらずゆっくりした速度で、のんびりサイクです。
 男性サイクリストとすれ違う、「神戸大橋」を渡るサイクリストも、天気もいいので、走っている人は多そうだ。
 そんな話をしながら、縦1列になって橋の下をくぐって、再び堤防に上がる。
 「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、スピードは20~21キロで行くことにする。
 途中から早くなるんでないの? そのままで行くから! 絶対いけないよ! そんな話の後、走りだします。
 ケイデンスは92回ほど、しっかりと有酸素運動だね。
 それにしてもいい天気だ、この人数はもったいない感じです。
 ギヤを変えて、ケイデンスを102回に、ブレーキを持つと前傾姿勢を保つ、練習になる。
 フラットロードよりも、だいぶフォームが前に倒れるので、首も大変です。
 グライダー練習場の辺で、和田さんが前へ、やっぱり我慢出来ないんですね。
 少し離れたところで、杉本さんが後を追い始める。
 2人がどんどん先に行く、こっちは相変わらず、時速21キロ、ケイデンス102回。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、左折し、再び「揖斐川」堤防へ。
 スピードの確認をする、このままでいい! との事なので、21キロです。
 スピードは遅いが、ケイデンスが高いので、汗が出てきました。
 「岡島橋」を渡って反対側へ、先頭交代、箕浦、高橋、私、後藤さんの順です。
 それにしても快適です、体に当たる風は、涼しいしさわやかな感じです。
 川を流れる水も、綺麗になって、緑も最高に盛り上がりの季節、梅雨の中休み。
 「朝鳥公園」は入れるようになっていたが、通過、「川口橋」の所に、2人が止まっていた。
 やっぱり通行止め、仕方なく橋を渡って国道へ。 (前回、多和田さんから聞いていた)
 後藤さんが、わき道を知っている・・ ので、左へ入る。
 民家の間を走り抜け、少しくと?? 道が草だらけで、走れそうになく、戻ることに。
 国道に戻って、少し走り、トンネル手前を左、旧道に入る。
 路面が濡れて、枯葉が積もって、小枝も散乱し、おっかなびっくりって感じだ。
 景色は最高、
IMG_3441.jpg
IMG_3442.jpg
 途中土砂崩れにて、泥が路面に、片足ついて抜ける。
 「揖斐峡大橋」が、山の緑の中に紅一点、赤く輝いてる。
IMG_3443.jpg
 国道に出て、交差点の所で、トイレ休憩です。
 路肩にあった、水たまりにて、清水の泥を落とし、タイヤも水につける。
 
トンネルを通り抜け、ダラダラ坂、ギヤはそのままで走る。
 頑張って走ることはせずに、少し余裕をもって・・ かっこよすぎか?
 バイクの音がして、横に並んだ?? 白木君でした。
 乗るもの違うだろう!! まだバイクに凝ってるようだ。
 下りは惰性、T字路を左へ、ギヤはそのまま、速度を上げる必要もない。
 今回は、皆で「横蔵」だからね、橋を渡って、少し急になってもそのまま、駐車場奥でUターン。
 おお! 簑浦さん来たね! と言いながら、すれ違って下り坂。
 ギヤはそのまま、完全惰性、24キロ出ると、ケイデンスが120回を超えるので、空回しだ。
 T字路の所で、先にサイクリスト、ビアンキカラーのロードバイク、若い男性だ。
 さあ! 急坂のぼり、ギヤを1段落として、上ります。
 ここでも、ロードの軽さを感じながら、上り切りました。
 ギヤを戻して、相変わらず17キロで、アップダウンへ。
 トンネル前の少し長い登り、途中で杉本さんに追い越され、てっぺんで、高橋、和田さんが先に行く。
 止まっていると、後藤さんが来たので、先に行ってもらい、箕浦さんを待つ。
 姿が見えないので、坂を下って務ると、下り終えたところで見えましたので、すれ違い、Uターンです。
 久しぶりなので、急坂が登れなかった・・ あとは下りですから。
 トンネルから下って、惰性での走りだが、時速47キロになる、でも簑浦さんとは、離され気味だ。
 平坦になって、ギヤを1段変えたが、ケイデンスが追い付かず、最後尾で「昆虫館」到着です。
 
「昆虫館」駐車場には、軽トラックの屋台が、数大イベントの準備中です。
IMG_3444.jpg
 私たちは、何時もの様に、ベンチに座って休憩タイムだ。
IMG_3446.jpg
 道路側に、ピナレロのロード、クロモリロードのサイクリスト、知り合いでは無い感じだね。
 
10時も過ぎたし、そろそろ戻ろうか! と言いながら、ラックの自転車を、外します。
 走りが遅かったので、何時もより30分ほど遅い、そんなスタートです。
 ここからは、箕浦さんペースで、最後尾からゆっくり・・
 走り出して、少しすると、先ほどのピナレロの男性に追い越される。
 すれ違うサイクリストも多く、挨拶を交わしながら、「谷汲口」。
 右折の時には、箕浦さんと2人になって、前のメンバーの姿は、ありませんでした。
 ギヤを変えて、フロントをアウターに、リヤは14Tかな? 踏んで走る事に。
 この辺は、時速27キロほど、「万代橋」から右折、少し上り坂は、後れを取って走り間を詰める。
 「分水嶺」を過ぎて、堤防は向かい風、箕浦さんには少しきついかも。
 でも前には出ず、任せて、こっちは引き足だけで走ることにした。
 「大野橋」横切るタイミング悪く、車が列になってくる、ま、休憩です。
 その後も、引き足走行、くたびれたので、親指をハンドルに起き、ペダルに体重を乗せる、練習だ。
 腰が痛いので、背筋を鍛えるのにも、いい感じなんですよね。
 スピードは、時速24キロほど、箕浦さんが頑張っているので、前には出ません。
 これくらいの風は、最高の運動になりますので、助けませんね。
 こっちはこっちで、勝手にプラスして、運動強度を上げて、楽しんでますので。

「藪川橋」下をくぐって、合流地点、見覚えのある自転車! 内藤さんでした。
 神社の清掃活動で、終わってから来た! との事で、ゴールまで行きます。
 スピードはゆっくりだとはいえ、76歳の箕浦さんには、少しきつかったかな?
 本人は、十分楽しんで走ってきた! そんな話をしながら、「泰山木」ゴールです。

店内に入ると、良かったあ! やっと会えたあ! 元気な声が、兒玉さんです。
 皆の顔が見たくて、ママチャリ電動アシストで、モーニングに来ました。
 相変わらず元気で、周りが、ぱあ っと、明るくなりますよね。
 そんな楽しい? コーヒータイム、また明日から雨だなあ! って感じだ。

クラブラン ”中山道を走って、スイスへ行こう!”

7月12日(日) 天気 梅雨の中の唯一 曇り
私事ですが、土曜日の午後、立ち上がった時に、左腰に痛みが走って、腰が曲がったような感じに。
 そんなことも有ってか、夜中の3時過ぎに目が覚めて、その後は眠れずに、5時に起きることに。
 玄関先で、ツーリング車のサイドバックに、工具などを入れていると、カラスの鳴き声が、屋根からするし。
 それでも、天気予報は、曇りマークなので、走ることにした。
 参加者 6名 (今木、高橋、西川、後藤、多和田、私)

6時30分、家を自転車で出発、途中コンビニへ寄って、おにぎりとミニパンを買う。
 「美江寺観音」到着し、ベンチの座っておにぎりで朝食、今木さんが来る。
 ここからは、西川、高橋さんと、4人でのスタート予定だ。
7時30分、先ずは、4人でスタートです。
IMG_3344.jpg
IMG_3345.jpg
 「美江寺宿」をスタートし、「中山道」
 「揖斐川」に架かる「鷺田橋」を渡って左、昔、呂久の渡しの在った所。
 少し離れすぎて、見失ってしまい、「小簾紅園」前に出ると、皆が居ました。
IMG_3347.jpg
 ロードバイクと違って、小回りが利かず、スタートも遅れてしまうのが、ありまた迷子になりそうだ。
 「大垣市」の北側を西へ、右に左にと曲がって、昔の面影は見られず。
 新興住宅街を、走っている感じだ、男性サイクリストを、追い越したのも、この辺かな。
 「417号線」を横切って「赤坂」へ、
IMG_3350.jpg
 少し走って、左側「十六銀行」隣「赤坂宿」似て後藤さん合流。
IMG_3352.jpg
 ここはまだ、昔の面影があちらこちらに残っている。
 「216号線」を斜めに横切り、そのまま直進、昔の道ママ残っている感じだ。
 「垂井宿」到着、ここで多和田さんと合流。
IMG_3354.jpg
 少し走って登り、途中の「一里塚」にて停止。
IMG_3355.jpg
 走り出しが遅れて、坂を上り終えたところで、前を見失ってしまう。
 確か、どっちかに曲がる… いったん戻って、再度確認すると「21号線」反対側にいた。
 歩道橋を渡ったようだが、私は横断し合流する。
 反対側を向き写真を、走りだしが上り坂、重いのがダメだったね。
 ここからは、どこを走っているかは、説明できず。
 国道、JR、高速道路など、詰まっているところなので、あっちこっち曲がり、走り抜ける。
 少し間をおいて最後尾、できるだけ周りの風景を・・ あ! ここがインターへ入る道路だ!とか「資料館」の裏だよねくらい。
 林の間に「関ヶ原宿」?? みな止まらずに、そのまま通過です。
 「今須宿」“美濃と近江“の境になる所かな。 (27.3キロ、9:33)
IMG_3358.jpg
 この辺は、国道21号線、東海道本線、名神高速が、近くを走っている。
 車の通過する音や、列車の音を聞きながら、山の間を走ってる感じだ。
 「柏原宿」ここは、まだ昔の街並みが残っている。
IMG_3362.jpg
IMG_3363.jpg 
 「醒ヶ井宿」到着、きれいな水が流れ、緑色の水草、並木道が印象的だ。 (35.2キロ、10:02)
IMG_3367.jpg
IMG_3370.jpg
 梅花藻って言うんだっけ
IMG_3371.jpg 
 バイクツーリングのグループが大勢、いい時期だものね。
 休憩は、コーヒー、くずもちをいただく。
 少し走って、「泡子堂」手作りの、”六方焼” を食べる。
IMG_3374.jpg
IMG_3372.jpg
 多和田さんは、昼から用事があって、ここから戻ることに、ありがとさんでした。
 「番場宿」は、上りがあるよ!  と言いながら、 「摺針峠」  (43.1キロ、11:10)
 「望胡堂跡」から、「琵琶湖」を見る
IMG_3375.jpg
IMG_3378.jpg
IMG_3379.jpg
 山を一気に下り下りて、街並みに入って、少し走る。
 「鳥居本宿」 「有川薬局」 ”赤玉神教丸” (44.7キロ、11:23)
IMG_3380.jpg
IMG_3381.jpg
 もう平坦だね! という感じ、街中に入って、橋を渡って右折、堤防道路。
 石畳の遊歩道ですが、太い木々が並んでいて、いい感じです。
 もちろん、ウオーキングやサイクリングを楽しむ人、川では釣りをしている人も。
 そこから左折し、「彦根市」喫茶店 “スイス“ 到着です。 (51.9キロ、11:45)
IMG_3384.jpg
IMG_3383.jpg 
 やっぱり店の外に、待ちの行列が、でも思ったより少ない5人ほど。
 15分ほど待って、店内へ入る。
 オムライスとハンバーグです。
IMG_3389.jpg
IMG_3390.jpg
 どちらもやわらかくて、最高にうまい!
 結構満腹感を覚え、待っている人もいるだろうから、店を出ると、20人ほどの行列だ。
 いいタイミングで、付いた感じですね。
 天気が良くなって、日が照って熱くなってきました。
 並んでいる人らに、見られてるって感じの中、北に向かって、走りだします。
「彦根城」に入る手前の道路(夢京橋キャッスルロード)、城下町風になって居る。
 観光客も多く、一人止まって写真を
IMG_3391.jpg
IMG_3392.jpg
 外堀に架かる橋を渡って、中へ、皆先に行ってしまったので、そのまま表門の所へ。
 誰も居ない? とりあえず写真を撮る。
IMG_3393.jpg
IMG_3394.jpg
IMG_3395.jpg
 そのまま内堀沿いに走ると、売店(自販機のみ)の所に泊まっていたので、合流。
 さらに北側から、外堀沿いを走って、堀を渡ってから、「琵琶湖」湖岸に出る。
 湖岸を北へ向かって走るが、「琵琶湖」は、北西の風が強く、白く波立っている。
 途中で、何とか写真を撮る。
IMG_3398.jpg
IMG_3397.jpg
「米原市」に入り「入江橋」交差点を右折、市街地へ。
 JRに架かる陸橋手前を左へ、高架橋の下を通り、少しして新幹線の下を抜ける。
 走ったことのないコース、交通量も少なく、走りやすい。
 ツーリングには、風景も相まって、いい感じのコースだね。
 もしかしたら、他のメンバーも、方向音痴気味になってるかもね。
 適当にアップダウンもあり、走りがいのあるコースだ。
 ”ローザンベリー多和田” で休憩。 (68.9キロ、13:36)
IMG_3403.jpg
IMG_3399.jpg
 ワイン工房のある、遊園地のようだが、観光客の車が駐車場にいっぱいだった。
IMG_3404.jpg
 トイレ、水分補給をして、走りだします。
 山の間の道路、街並みに出て再び山の中、そんなコースを走る。
 「大野木」で「365号線」に合流、ここからも上り坂。
 この前(自走琵琶湖の時)走ったコース、長い上り坂です。
 そのあとは下り、時速40キロオーバーで、下り「伊吹山口」交差点停止。
 バイパスでなく、そのまま直進し、途中から左折し、「関ヶ原民俗資料館」へ。
 まだ工事中のようで、残念ながら閉館中でした。 (10月開館予定とのこと)
 駅前を通り、今木さん行きつけ? のスーパー? 似て、休憩です。 (86.8キロ、14:40)
 アイスなどを食べながら、「関ヶ原」合戦地などの話を、店の人と談笑。
 
「岐阜関ケ原線」はいい感じの追い風、平たんながら、時速30キロを超えて走っている。
 道路のせいだと思うが、シャー! っと音がする? ベアリング・・ 心配になった。
 それにしても、風の力はすごいですね、追い風最高!! って感じだ。
 左側へ入って「中山道」を走り、「赤坂宿」で後藤さんと別れる。

ここからは、来たコースから途中外れて、「岐阜経済大」の側を東に、「156号線」を。
 「鷺田橋」を渡って左折、再び「中山道」で来たコースを走って、「美江寺」に入る。
 「美江寺宿」無事に到着です。 (107.3キロ、16:14)

トラブルや事故もなく、雨も2度ほどパラッと、良かったですねえ! 
 とにかく、暑くもなく、曇り空、息は向かい風、帰りは追い風ですから。
 心配した、腰も痛くなかったし、良く走れました。
 クラブランは、2度続けて100キロオーバー、でもみんな満足の様子です。
 ブログを書くのに、コースが分からず、やっぱりスマホにてコースをたどれるようにしよう!
  モバイルバッテリーを手に入れることからだね。 

おはようサイク 20-36

7月 5日(日) 天気 曇り
昨日は、雨ふりでモーニングしただけ、今日も、半分あきらめていたが、スマホの天気予報を見ると、雨は昼からのようだ。
 少しでも走れれば、と思い、着替えて、走る準備をする。
 ラックから自転車を下ろす時、フレームがまだらになって汚れている? のに気が付く。
 浄化槽の工事をやっているので、土ぼこりが付いたんだね、タオルで掃除をし、車に積み込む。
 そう言えば、サイクルコンピューターが点滅、電池不足だったんだ! そのままです。
 参加者 6名 (後藤、今木、多和田、高橋、西川、私)

10時ごろまでには、戻った方がいいかもね! 早めにスタートしようよ! と言う事で、35分過ぎにスタート。
 ウオーミングアップしながら、今木さんとコースの打ち合わせ。
 「昆虫館」行きましょう! 俺は、火葬場下の駐車場・・ で、それなら「昆虫館」休憩です。
 「下座倉大橋」を過ぎたところから、スピードアップ。
 時速23キロほどで、「ゆ~みんぐ」を回って、「揖斐川」堤防、ほんの少し向かい風。
 北西の空に、黒い雲があって、何となく不気味な感じ、風ももやっとしている。
 高速のあたりから、もう1段速度をアップ、24~5キロへ。
 
「平野庄橋」東交差点、タイミング良く、青信号通過する。
 後ろを確認すると、高橋、西川さんの2人、あとの3人は、赤になったようだ。
 休憩地は、分っているし、多和田さんは、追いつくだろうから、このまま先に行くことにした。
 何とかいけそうなので、速度を26キロまでアップしてみる。
 河川敷には、天気も悪いせいか、誰も居ない感じだ。
 ギヤをチェンジし、ケイデンス95回、時速28キロへアップする。
 この感じは「ゆ~みんぐ」で、エアロバイクに乗る時よりも、ワット数は大きいね。
 心拍数が上がり、呼吸も2度呼吸がで出来無くなってきて、スピードが乱れてくる。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、車が来るので、スピードを落とす。
 サイド「揖斐川」堤防、右折の時に後ろ確認、まだ2人のままだ。
 頑張って、出来るだけ早く、スピードを戻すように、踏み込んだ。
 ここまでくると、27キロ後半と28キロを行き来する感じ、ぶれて来るねえ。
 「岡島橋」交差点、赤信号停止、ほんの少しの時間だが、助かる。
 ここから先も、何とかスピードを維持し、「井ノ口橋」です。
 心拍数は、きっと150は行ってる感じ、右折して「広域農道」です。
 信号交差点でストップ、速度も24キロで、「303号線」を横切る。
 同じようなスピードで、直線道路から、なだらかな登りカーブ、これはダウンです。
 トンネル前の上り、何時もより遅め、時速11キロほど、反対側歩道に入ってトンネルへ。
 わずかだがここも出口まで上っている、暗くて見えないが、20キロ以下なのは確かだ。
 トンネルを出ると、バイザーが曇っていて、良く見えない、止まるとサングラスが曇ってしまった。
 2人に先に行ってもらい、後ろから下りに走り出す。
 ヘルメットのバイザーから、汗がしたたり落ちる、湿気が多いので、落ちる汗が多い。

坂を下り終え、時速30キロで走るが、差は縮まらず、2人が早い。
 「あられ工房」向かい側に、アジサイの花がきれいに咲いて居たので、止まって写真を。
IMG_3329 (編集済み).jpg
IMG_3327.jpg
IMG_3331.jpg
 薄紫のアジサイの花、やっぱり梅雨の時期に、ピッタリの色だね。

「昆虫館」到着は、最後かと思ったら、多和田さんが付いていない?
 一人「横倉」回り? 少ししてきました。 (「横倉」通れず、「川口橋」から戻ってきた)
 西川さんが、心拍数いくつくらい・・? と聞いて来たので、150くらいかなと言うと、私110回ほど、とのこと。
 少ないねえ! 何もしてない時から少ないから! 最低心拍数 56回ほど、私も同じくらいだ。
 運動強度が違うのか、それにしても少ない、そんな感じだ。
 そんな話をしながら、水分補給をし、休憩をする。
 汗は、相変わらずヘルメットの、バイザーから落ちてくる。
 背負ったバックのベルト、ヘルメットのバンドなども、汗でびっしょり濡れている。

今木さん先に出て! と言いながら、何となくみんなスタートを渋っている。
 雨が降らないうちに・・ やっと走り出した、何時ものように最後尾? いや多和田さんが居る。
 走り出してすぐ、腕に冷たいものが、え! 雨降ってきた? いい時に走りだしたようだ。
 坂を下り終えたところで、多和田さんが前に、そのまま前のグループに追いつく。
 私は、少し間をおいて、ギヤをチェンジ、50*13で走ることにした。

今木さんを先頭に、西川、高橋、後藤、多和田さんのようだ。
 でも途中から、多和田さんが前に出て、そのまま引き離して、先に行ってしまったようだ。
 私は、「分水嶺」を過ぎて、スピードを落とし、間をあけてから、スパート練習です。
 時速40キロ! とか思いながら、一気に上げて、近づいたところで、スピードダウン。
 「大野橋」後もやるが、40キロが出なくなるし、時間も短くなってしまった。
 前のグループも、今木さんが1人置かれてしまった様子だ。
 堤防への上り坂を、時速30キロでで走って、今日の練習は終了!! 疲れた。

「真大橋」下をくぐって、登りの途中から下道へ。
 今木さんが、手放しを始めた途端、自転車が振動し始め、慌ててハンドルを持った。
 再度やってみると、同じように自転車が、小刻みにぶれる。
 なんかおかしいねえ! この前の転倒で、おかしくなったか? そんな話をしながら、繰り返して居ると、無くなってしまった。
 リムが振れている感じでも無いし、はっきりした原因は、解らず。
 とりあえず、雨は、戻りの走りだしだけで、無事ゴールでしたね。
 
店内は、8人席に先客あり、2か所に分散しての、コーヒータイムだ。
 車の話からかな? 10年後の世界、電気自動車に・・ ガソリンスタンドは、どうなる?
 無くなるかな? どんな仕事が、良くなって、ダメになるのは、何かなあ?
 そんな話題に、自転車の世界は、どうなるんだろう? Eバイクは、増えるんだろうね。
 年配層が増え、健康志向になり、旅行もしたい! となると、サイクリングは最高だしね。
 
 終えて外に出る、西川さんの車の後ろで、後藤さんが話してるのに、入り込む。
 しばしの自転車談義、どうしても話が長くなってしまうね。
 
 

おはようサイク 20-35

6月27日(土) 天気 薄曇り
6月も最終の土日、薄っすらと雲がかかってるので、青空でないが、明るい。
 短パンジャージの尻が、薄くなってしまい、別の短パンジャージにする。
 どうしてもこすれてしまうようだ、4年ほど使ったのかなあ!
 天気を見ると、首の後ろの日よけは、いらないので持つのをやめる。
 駐車場へ、少し遅めだったからか、だいぶ集まっていた、自転車を下ろして、走る準備だ。
 参加者 11名 (後藤、飯沼、箕浦、和田、多和田、長谷川、内藤、今木、西川、谷、私)

ラインのあった、今木さんのMTBのチェーンを確認、完全に伸び切っている感じで、戻ったら交換の段取りをする。
 結構乗っているので、フロントギヤの前の部分を引っ張ると、ギヤの上下のチェーンまで動く状態だ。
 
明日は、天気が悪く、走れそうにないので、全員で「横倉」~「谷汲」コースを走ることに。
 飯沼、箕浦さんは、今季初のコースになるかも、ゆっくりでいいから、行って見ようよ! と、スタート。
 堤防道路、ウオーミングアップしながら、私は、飯沼、箕浦さんと走ることを伝える。
 多和田、谷さんが居るので、早いチームは大丈夫、楽しめるだろう!
 自然と2チームに分かれて、「下座倉大橋」を過ぎる。
 ここからスピードアップ、時速20キロ、南からの向かい風、しかし「ゆ~みんぐ」を回ると??。
 反対方向なのに、また向かい風、こっちの方が少し強い感じだ。
 時速20キロ、ケイデンス90回、いい感じの有酸素運動。
 前のチームが、まだ一塊で走っている、少しづつだが、間が縮まってきて、追いつきそうだ。
 でも誰かが気が付いたみたいで、少しづつ間が空いて来た。

「平野庄橋」東交差点、多和田、和田、今木さんと、私等は、赤信号停止です。
 青信号で再スタート、当然ながら、すぐ間が空いてしまう。
 今木さんが頑張って、私等の前方を走っているが、間が広がらなくなってきた。
 私等は、4人(私、飯沼、箕浦、後藤)だけになって、状態を確認する。
 速さはこれでいい感じだ! との事なので、ちょっとアップし21キロに、ギヤを1段落とす。
 ケイデンス97回かな? と思ったのだが、102回必要になった。
 足も動いているし、いい練習なので、これで行って見る事にした。
 前の今木さんには、少しづつ追いついてきているが、その前の2人は見えなくなってしまった。
 
「三町大橋」下をくぐり中間堤防、今木さんが左折せず直進、あ! さぼったな! とか言いながら、左折する。
 再び堤防道路、穴ぼこがあったよな! と、思いながら走ると、修理してありました。
 良かったですねえ、でも早かったですねえ、1つだけだったのに、ありがたいですねえ!
 
「前島橋」を渡って右折、少し走ると下っているところは、惰性で空回り、25キロですから。
 その後も、ギヤを変えずに「井ノ口橋」下をくぐり、再び堤防を走る。
 「朝鳥公園」手前、トイレの状況を確認、大丈夫な様子なので、通り過ぎる。
 そこからの登りも、ギヤを変えずに走るが、何時もより早い感じだ。
 軽いギヤになって居るからだろうが、下りはやっぱり惰性になってしまう。
 「揖斐峡大橋」を渡ってストップ、信号待ちもあるが、トイレ休憩です。
 少し遅れて後藤さん、少し遅れて簑浦、飯沼さんが来た。
 私は、水分補給をしながら、終わるのを待つ。
IMG_3326.jpg
IMG_3324.jpg
「横倉」回りするから、皆はそのまま右へ行って・・! と言いながら、トンネルへ入る。
 ここからも同じで、そのままのギヤで、坂をこなします。
 上り終えての平たんでも、時速22キロ、ケイデンスが110回になってしまうから。
 思ったより離せないかも・・ と、左折し、直線道路の登りへ。
 その後、橋を渡って川沿いの上り坂、頑張って登り駐車場でUターン。
 下りは、向かい風もありスピードが上がらないが、踏んでも空回りだった。
 急坂もそのままのギヤで登り切り、アップダウンを経て、トンネル前の上り、3人は見えずだ。
 ライトを点灯しトンネルへ、?? 飯沼さん? 歩道を無灯火ですれ違った。
 なんかあったのかな? と思いながら走る、出口の所にサイクリストが見えた。
 黄色いジャージは簑浦さんだ! 追いついて確認しようと思ったが、追いつかず。
 こっちは惰性だけで下ったからね、「道の駅」を通り過ぎ、カーブの所で前の方が見えたが、誰も居ない。
 やっぱり、すれ違ったのは、飯沼さんだ! と心配になり、Uターンして戻って見る事に。
 再び上り坂、すれ違ったサイクリストが2人いたなあ! とか思いながら。
 トンネル手前、1人が走っている、ずいぶん間が詰まって、こっちはトンネルで停止、確認する。
 誰も下ってこないので、反対側歩道を走って、トンネルの向こう側へ、誰も居ない。
 頂上まで行って、下の方を確認し、再度Uターンしてトンネルから、下りのコースです。
 とにかく、「昆虫館」まで走ることにした。

「昆虫館」駐車場到着、箕浦さん含め、全員いました。
 黄色のジャージ、体系は同じだが、背中のポーチが違ってた。
 タイヤ赤かった? そこまで近くなかった! その人、3回ほど追い越したよ! 簑浦さんに似てた!!
 「朝鳥公園」辺りから、前のチームが、会っていた様子だった。
 私の間違いだったけど、問題なくてよかったです。
 坂を余分に走ったけどね。

戻りは、何時ものように最後尾から。
 ギヤは、フロントはアウターの50T、リヤは3枚目の14Tかな? ふんで走ります。
 平坦になったところで、スパート 前を追い越して、時速38キロで「谷汲口」右折。
 スピードダウンして、皆に追い越される、箕浦、飯沼、西川、後藤さんだ。
 もうゆっくり、最後尾を走ります。
 
「分水嶺」を過ぎると、箕浦さんと飯沼さんの間が、少しづつ空いて来た。
 なぜか向かい風、今日は、行きも帰りも向かい風だ。
 スパート練習・・ とも思ったが、やめてのんびりと走ることにした。
 「大野橋」を過ぎ、箕浦さんとの間が、さらに大きくなると、西川さんが前に出てくれた。
 西川、後藤、飯沼さんの順になり、風よけで走ってくれている。
 時速21キロほど、気を使って走ってくれている。
 何時もなら、26~7キロで走っているんだが、今日は、距離が長いのと向かい風、仕方がない。
 回数は少ないが、同じ年の箕浦さんの方が、まだ体力がある感じだ。
 私は、引き足で走ったり、手に体重をかけないで走ったり、ゆっくりではあるが、練習です。
 そのままの隊列で、「泰山木」ゴールです。

コーヒータイムは、腹の出っ張りのこと。
 土、日のどちらか来ないとダメだわ! と言うと、出てくる意欲がないんだよねえ! との返事。
 確かにそう、何でもやる気がなくなってくる、意欲がなくなるんですよね。
 私も感じます、年ごとに強くなってきた、そんな感じ。
 第2ラウンドも、1度家に帰ると、走りたくなくなってしまう。
 魚釣り、これもなんとなく、出る回数が減って、何とか釣れるように・・ 工夫もなくなった。
 ”チーム70” 皆が抱える問題みたいだ。
 とにかく、意識してやらないと、できなくなるので、頑張ろう! ってことだね。

終了後、駐車場にて、今木さんのMTB チェーン交換です。
 切断したチェーンを、新品のと並べてみると、1コマ半ほど登ている感じだ。
 長さを確認して、繋ぎ合わせ、ギヤチェンジの状態を確認、調整し、完了です。
 今日はできなかったが、ガイドプーリーもガタが大きくなっている感じ、交換が必要かもね。
 
 
 

おはようサイク 22-34

6月21日(日) 天気 晴れ
6時過ぎ起床! 余裕で走る準備をする。
 自転車は、フラットロード、車に積み込んで、家を出て堤防道路、サイクリストとすれ違う。
 天気も良いし風もないので、走っている人が多いんだろうね。
 参加者 7名 (後藤、多和田、高橋、和田、内藤、兒玉、私)

「泰山木」スタート時は、後藤、多和田、高橋、和田さんと私の5人。
 和田さんが、ルックで来たので、「横蔵」回りだね! と言いながらスタートです。
 日差しが強い割には、肌に当たる空気は、少しひんやりしている感じだ。
 堤防道路、両側の除草が終わっていて、綺麗になって、周りの景色がよく見える。
 
「下座倉大橋」を過ぎたところから、時速24キロにスピードアップ、「ゆ~みんぐ」を回る。
 やっぱり、無風というわけにはいかない様子で、空気の抵抗を感じる。
 とりあえず、ノンストップで行きたいので、無理をせずに走ることにした。

「平野庄橋」東交差点、青信号通過、今日のメンバーなら、後ろを気にする事は無い。
 遅ければ前に出るだろうし、時速25キロにして、ケイデンスは97回です。
 昨日よりは、足が回る感じだ、何時もの付け根には、違和感が出ている。
 「三町大橋」を過ぎ、再び「揖斐川」堤防に入ってすぐ、大きな穴があるので、声と手で合図する。
 昨日走った時に気が付いていたので、私はよかったが、落ちたら大変です。
 
「前島橋」を渡って右折、反対側へ、まだ誰も前に出てきていない。
 ここからは、ジョギングの人が居るので、手信号を出し中央に出て追い越す。
 「朝鳥公園」駐車場は、まだ封鎖されていて入れず、通過する。
 ギヤは軽くしているので、そのまま上り坂へ、やっぱり途中でチェンジだった。
 今回は、短く感じて上り終え、民家の並ぶところから、右折して橋を渡る。

「303号線」交差点、赤信号停止、すぐ後に高橋さんが来た。
 水分補給をして、青信号で再スタート、トンネルへ。
 ここからがきついところ、信号待ちでの水分補給がよかったのか、意外と走れた感じだ。
 トンネルから登っているので、分りにくく、何となく足が重い? そんな感じになる。
 気分を入れ替えて、走りだすと違うのかもね。

T字路を左へ、後ろから声が聞こえる? 行くんです、上まで!
 下の駐車場の所で、お年寄りが大勢、ゲートボールを楽しんでいる様子だ。
 橋を渡って、上りがきつくなる、ギヤを1段落として、上り切る。
 奥の方でUターン、多和田、高橋さんが後ろ、戻りだしたところに、和田さんが登ってきた。
 下りは、頑張らずに惰性に任せる、T字路の所で、後藤さん? 居ないので、そのまま行ったようだ。
 急坂の上り、すぐ多和田さんが前に出て、そのまま登って行った、追いつけないもんね。
 2度呼吸を意識して上るが、最後はどうしても、ハアハアしてしまい、1度呼吸になった。
 上り終えた時には、多和田さんの姿は、はるか前カーブですぐ見えなくなってしまった。
 後ろのメンバーも、遅れてないので、トンネル前で待たずに、そのままトンネルへ。
 すぐ後ろには、高橋さんが居る、走れるようになったもんなあ! そんなことを思いながら、一気に下ります。
 その後も、時速30キロ超で走り、「昆虫館」駐車場へ。

黄色のウエア? 内藤さん、兒島さんも居る。 (遅れて、「小野坂」から来たようだ)
 少し遅れて和田さんも来て、全インド休憩タイムです。
 私たちのチームとしては、少ないが、道の駅には、結構自転車が止まっていたし、途中でもすれ違うサイクリストいた。
 この駐車場にも、他に休んでいるサイクリスト、通り過ぎる人もいるしね。
 
後藤さん、車輪にガタが出るんだけど! 確認すると、後輪がひどい状態だ。
 走る前に、ガタを取ったのだが、また出てきた! と言う事だが、せいぜい40キロしか走ってない。
 手の打ちようがないので、とりあえず気を付けながら、「泰山木」まで戻ることにした。
 
ブログ用の写真を、ついでではないが、皆の写真だ。
 遅いから! と言いながら、先に出てしまった兒島さんが居ません。
IMG_3321.jpg
IMG_3323.jpg
 何時もの様に、最後に道路に出る、みんな早い!
 すれ違うサイクリストが多い、これだけ多いと、挨拶が大変だね。
 こんちわ! お辞儀をしたり、手で合図をしたり、その時々ですけどね。
「谷汲口」右折の時は、ほぼ1人旅 って感じに。
 急ぐ時間でもないので、マイペースでのサイクリングを、楽しむことにする。
 
前のグループが見えたのは、「大野橋」手前だったかな。
 それから少しづつ間が詰まる、兒玉、後藤、高橋さんのようだ。
 私が、追いついたのが分かったみたいで、後藤、高橋さんが前に出て、兒玉さんが遅れた。
 何時もの様に、間をあけたまま、後ろを走る。
 それにしても、快調にペダルが回っている、恐れ入ります。
 この前の日曜に、一人で「彦根」まで行ってきたみたいだし、ビックリしますよね。
 これで、手信号や一時停止表示交差点など、もう少しはっきりとした表現になると、最高だね。
 
こんな走りをしながら、無事に「泰山木」ゴールです。
 店内は、何時もよりすいている感じだったけど、私らがにぎやかだった。
 ここでも、兒島さんが主役だ、和田さんが引き立て役かな?
 
店を出て、後藤さんの車輪を分解する。
 簡単な、前輪を外して、ハブのダブルナットを緩めて、中を確認する。
 黒い、アルミかすのような色、これは完全に摩耗している状態だ。
 後で、家の方に持ってくることで、元に戻して、終了でした。