おはようサイク 20-10

2月15日(土) 天気 曇り
寒さも一段落した感じ、ネックウオーマー無し、ウエアーは何時もと同じだけどね。
 明日、輪行サイクで乗る、折り畳み自転車を考えたが、雨の様子なので、フラットロードにする。
 「真大橋」手前、道路が段になっている所で、10名のロードのグループとすれ違う。
 同じ色のジャージの人が前後に、あとはチームジャージではなかった。
 コンビニへ寄って、パンとジュース(210円)を買って、集合地へ。
 参加者 10名 (後藤、多和田、飯沼、清水、和田、田中、今木、長谷川、内藤、私)

天気は良く無いけど、参加者が多い中、清水さんが、切り替えがどうも・・ 確認する。
 11段コンポを自分で載せ替え、乗って来たのですが、何かしっくり来ない様だ。
 メンテスタンドに乗せ、切り替えの確認をする。
 インナー、インナーでは、フロントデレーラーのガイドに、チェーンが当たっており修正。
 アウター、アウターでも、フロントデレーラーのガイドに当たるので、修正。
 リヤの切り替えは、ほとんど問題なし、フロントも問題なし、終了です。
 走って居ての不具合が有れば、再度調整することで、スタートする。

2組に分かれて、「谷汲」コースを考えながら、下道から「下座倉大橋」へ。
 橋を渡って左折、堤防コースに入る。
 「ゆ~みんぐ」を回り「揖斐川」堤防に入って、コースの確認をしながら、後ろへ下がる。
 「井ノ口橋」からの何時ものコース、「揖斐校」裏からのコース、だが誰が行くかわ、判らずだ。
 私は、「揖斐校」にするつもりで、中間ほどの位置で、走って居た。
 高速道路の下をくぐって、「平野庄橋」東交差点でストップ、みんな一緒になった。
 
走りだして、Y字路を左、堤防道路に入って、清水さんが横に来て、コースの再確認。
 なんとなく、私も「井ノ口橋」コースになってしまった感じで、スピードアップ。
 後の事は、今木さんらに任せて、清水さんの後ろに付く。
 時速29キロ、この状態なら・・ と思いながら走るが、少しすると、30キロになってきた。
 後ろにも誰かいる感じ、多和田、和田さんくらいだろうけどね。
 フロントはインナーなので、リヤがどんどん小さくなって、時速31キロ、ケイデンスは95回ほどだ。
 「三町大橋」下をくぐって、中堤防橋の手前、清水さんが後ろを、私は、左への合図をする。
 橋を渡って右折、後ろは? やっぱり予想の2人だった、きついは!
 ドロップハンドルと違って、どうしても体がたってしまうのか、風を受ける感じがする。
 何とか「井ノ口橋」までは・・ そんな感じになってきた。

「前島橋」「岡島橋」もほとんど止まらず、休む機会無し。 
 足もそうだが、呼吸がきつくなってきてしまい、「井ノ口橋」の途中で息切れ。
 後ろにいた、多和田さんが2番手に着き、私はちぎれてしまいました。
 いたはずの和田さんは見えず、もっと前で遅れた様子だった。
 「井ノ口橋」右折、信号交差点引っ掛かり、さらに離されてしまう。
 時速27キロくらいで頑張って走り、「303号線」を過ぎたところの交差点、左から黒いワンボックス、止まるかと思いきや、そのまま横断、こっちは急ブレーキ、こら! どこ見て走って・・! つい怒鳴ってしまった。
 田んぼの中何もない交差点、車が見えてたので、ブレーキに手をかけていた為、助かりました。
 
トンネル前の上り坂、上の方にサイクリストが見えた。
 誰かわからないけど、頑張って居るなあ! とか思いながら、坂を上り切り、トンネルへ。
 向こうは車道、こっちは歩道を走り、でも少しづつ間が詰まって、清水さん? いやそれはないかな。
 トンネルを出たところで、向こうが止まった、清水さんだ! なんかあった? 横断して止まる。
 クランクが・・ あ! 蓋が無くなってる! ボルトが緩んだ? 工具を取り出す。
 2本とも完全に緩んだ? いや締まってなかった感じのゆるみだ。
 ギヤ側から、手でたたいて横の抜けを確認し、ボルトを締めこんで、とりあえず終了。
 和田さんが合流、2人が先に走りだし、工具をしまって遅れて走りだす。
 朝そこまで確認しなかったからなあ! とりあえずセーフだね。

「昆虫館」駐車場、「揖斐高」からのグループもついて休憩中、合流です。
 走ったわー! でも息切れギブアップだった! そんな感じで、休憩水分補充です。
IMG_2963.jpg
IMG_2965.jpg
 汗もしっかりかいているので、体を冷やさないように、遅かった私が、休憩を切り上げます。

今木、飯沼さんが先に道路に出たので、後に続いて出る。
 途中で追い越されるのは、わかっているので、そのうち最後尾になる。
 時速25キロ程だから、76歳の飯沼さん、良い感じだ頑張ってるよね。
 
「万代橋」を渡って右折、だらだら上り坂、清水さんが前に出たので、後を追ってスピードアップ。
 ここだけは頑張れる、時速32キロ! 上り切ったところでアウト! ガス欠? と言われながら、最後尾へ。
 適当に、空腹感もあり、今日の走りは終了! って感じだ。
 最後尾から、少しの向かい風の抵抗を感じながら、風景を楽しんで走ります。

体が冷えないように、時速は24キロ程になってきたが、ケイデンスは97回ほどです。
 ラジコンヘリコプターをやっている人、野球をやってる人、寒い中、みんなそれぞれ楽しんでいる。
 河原の砂利回収も、そろそろ終わりのようで、大きな木もなくなって、広々としてきた。
 マウンテンバイクで遊ぶのは、最高かもね。
 そんなサイクリングを楽しんで、「泰山木」ゴールです。

今日も、お客さんで一杯だね。
 私らの為に、8人席のお母さん2人が、移動してくれました。
 明日は、雨で「知多半島」サイクリングは、延期になってしまった。
 今年初めての、サイクリング中止ですなあ!
 ”新型コロナウイルス“ 60歳以上の私たち、怖いですが、こんな時にこそ、日ごろの運動が大切です。
 持病を持たずに免疫力を高めておくこと、これが1番かな。 (どこで感染するかわからないもんね)
 頑張らねば!!
 

大野ポタリングクラブ 2月 「梅林公園」

2月 9日(日)
「パレットピア大野」 10:30 強風ですが、「岐阜 梅林公園」まで、走ります。
 参加者 9名 (内藤、今泉、本庄、杉山、高橋、杉本、那波(お孫さんと2人)、私)

前回走った、53号線の南側をコースに、「小柿新田」の交差点で23号線を横切り、「北方町」へ。
 「北方体育館」南の道路から「武橋」を渡り、「長良川」下堤防道路を。
 「大繩橋」を過ぎたところで、向かい風にもなってきたので、小休止の後「忠節橋」を渡る。
 少し遠回りになるが、「大繩橋」の登りがきついので、避けたのですが、向かい風だったね。
 157号線を走って、「本郷町1」の交差点を左折、中央に並木の有る、片側2車線の道路を東へ。
 山に突き当たるまで行き、道なりで右へ、次の信号「殿町2」を左折、石畳風の道路に入る。
 左側に「瑞龍寺」の門を見ながら直進、「梅林公園」の標識、左へ入ると、目的地です。
 思ったより順調に、追い風と言うのもあるのかな、時間もかからなかった感じだ。
 岐阜市在住の、那波さんとはここで合流でした。

北側が山になっているので、比較的風も弱く、日当たりも良いので、家族ずれの人や、自転車でのカップル(年寄りも含め)多い。
IMG_2950.jpg
 思ったより、早咲きの梅が多く、良い感じで咲いている。
 先ずは、記念写真を
IMG_2943.jpg
 蝋梅もまだ咲いて居ましたが、さすがに花が茶色の所も
IMG_2945.jpg
 白い梅の花
IMG_2944.jpg
 ピンクも綺麗だね。
IMG_2948.jpg
 D51の機関車、綺麗になってました、周りが工事中で、近くに行けませんでした。
IMG_2946.jpg
 みんなそれぞれに、歩き回って梅の花を見学、白い花にも、いろんな種類が有るんですね。
 
次の目的地 “味噌カツ“ に向け、走りだします。
 北道路を走り「殿町2」交差点を直進、西へ。
 「神田町4」から「柳瀬」 「ドン・キホーテ」の側! 探してくる! 内藤、那波さんが頼りです。
 ありました! 2つ目の目的地 ”おいしい味噌カツを食べる!” です。
IMG_2953.jpg
 朝から何も食べていない私、エネルギー切れ寸前、厚切り味噌カツ定食、1500円だ。
IMG_2951.jpg
 うわ! 大きいし分厚い! ちょっと大きすぎた?
 柔らかくてうまい! 2切ほど助けてもらったが、完食!! でした。
 なんか、前に曲がるのがきつい、腹いっぱいでした。
 那波さんとは、次回もよろしくお願いします! と言う事で、此処で別れる。

「大繩橋」を渡った方が近いので、そこに向か走っている間に、コンビニでコーヒーを! とのリクエスト。
 ポタリングクラブの良い所、どこでも寄って休憩してしまうんです。
 すると、古民家の喫茶店寄らない? ってリクエストがあって、それじゃあ!! ってことになるんですねえ。
 そのまま、53号線から、92号線を西に、「市民病院」を右に見ながら通過です。
 向かい風など忘れてしまった感じ、久しぶりに見る風景でした。
 77号線交差点手前「鹿島町8西」交差点を右折し、77号線を横切り、「173号線」に入る。
 少し走ったところで そこそこ、右側よ! 本庄さんの声。
 黒い大きな屋敷風の建物(隣は郵便局かな)昔の庄屋屋敷みたいだね。
IMG_2954.jpg
 入り口には、しゃれた看板? みたいなのが
IMG_2958.jpg
 中に入ると、結構広いが満席状態だ。
 居段高くなっているところは、畳敷きで、靴を脱いで上がる事になった。
 テーブルの中心には、囲炉裏が有って、鍋がつるしてある、昔風。
 さすがに、柱や天井が、そのままですごくやわらげる感じだった。
IMG_2960.jpg
 コーヒーもおいしく、つまみの小ぶりなタイ焼きが、またお洒落だね。
IMG_2959.jpg
 最高の癒しの気分を味わって、良い休憩でした。

「河渡橋」を渡って、92号線の北側の道路を走る。
 「高屋白木」辺りから、北に向かうところで、高橋さんと別れる。
 その後は、北コースをたどって、帰路の走りでした。
 さすがに、帰りは向かい風の連続なので、女性陣は、少々きつかったようです。
 それでも、笑顔で「パレットピア大野」に、無事到着でした。
 走行距離は、26キロ程、良い感じですね。
 梅の花、みそカツ、それに美味しいコーヒーを堪能、最高ですねえ!
 大野ポタリングクラブ 3月のクラブランは、8日(日)ですよー!
 どこへ、どんな目的で行こうかねえ!!
 

おはようサイク 20-09

2月 9日(日) 天気 曇り 北西の風強い
起きだすと、ヒューヒューと風の音がする、これは寒そうだなあ!。
 玄関の外に出ると、風が強い、ラックから自転車を持ち上げ、車に乗せ様としたら、ふら付いた。
 西の山の方は、雲が低く垂れていて、冬独特の空模様だ。
 第2ラウンドが有るので、「パレットピア大野」に車を止め、そこから自転車で、集合地に行く。
 参加者 7名 (多和田、清水、今木、飯沼、高橋、杉本、私)

風が強い、例年なら何時もの事、今年は初めてだね! そんな話になる。
 ”大野ポタリングクラブ” の例会の日なので、Bコースを走る事にした。
 20インチ折りたたみの多和田さん、24インチ折りたたみの今木さん、クロスバイクの杉本さん、フラットロードの私、ロードは清水、飯沼、高橋さん、バイクも色々だ。
 「下座倉大橋」を渡って左折、追い風が良いねえ! 一人で走ってしまう感じだ。
 でも「ゆ~みんぐ」を回ると、最悪の強い向かい風、これはきついなあ!。
 スタートしてすぐ、ヘルメットのベルトが閉まってなく、止まったので最後尾です。
 高橋さんが先頭、後ろが杉本さん?その後ろは少し間がある。
 清水、多和田さんが前、先頭は大変な走りになりそうだ。

「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、先の2人は、青信号で通過したようだ。
 いつの間にか先頭になり、そのまま走りだす。
 少し走ったところで、清水さんが前に、少しづつ離して行った。
 「グライダー練習場」辺りで、多和田さんが先頭に、さすがに体力あるは、折り畳みだもんな。
 しかし、途中でスピードが落ちてきたので、先頭交代です。
 フォームが立っているので、この風はきついです。
 時速20キロ、頑張れば、もう少し上げれると思うが、飯沼さんも居るので、無理をしません。
 
「三町大橋」下をくぐって、堤防に上がったところで、後ろを確認、飯沼さんが遅れた。
 皆に先に行ってもらい、スピードダウンして待つと、何とか問題なく来ました。
 時速19キロ程で前を走り、「303号」横切って、トンネルへ。
 飯沼さん、トイレに直行は何時もの事だが、家から自走なので、仕方ないよね。

山が邪魔して、風は少し弱くはなっているが、やはり寒い。
 さあ! 強風と寒さを体で表現する!
IMG_2931.jpg
 いい写真が撮れました。

寒くなってきたので、早々に切り上げて、戻る事にしました。
 「野」の直線道路、6人ほどのチームとすれ違う、向かい風に向かって頑張って走って行ったぜ。
 せっかくだから、追い風を味わおうと、「大野橋」へ行く事にした。
 「総合運動場」多くの人がいたので、なんかイベントが有ったようだ。
 この辺は、追い風に吹かれて快調に走る。
 時間を確認、第2ラウンド集合時間、10:30分、私だけ「大野橋」袂で右折、直で「パレットピア」へ向かう。
 しばらくは追い風、時速32キロで走るが、「薮川橋」辺りから、横風になってしまった。
 速度は少し落ちたが、時間前に「パレットピア大野」に到着でした。

強風の中でのサイクリングでしたが、問題もなく終了です。
 走行距離 26キロ でした。

おはようサイク 20-08

2月 8日(土) 天気 曇り
予報通り、朝から気温が低い感じ、顔を洗う水も冷たい。
 顔を洗う前に、コップの水を口に含んでうがい、それからコップの水を飲む。
 コップ1杯の水を、難なく飲めたら調子が良い、もう何年もやってる事、今日も良い感じだ。
 とにかく1週間が早い、もう土曜日? って感じ、それでも走るのは、休まない。
 寒いので、薄手のネックウオーマーを着用(今年はこれで間に合っている)する。
 参加者 (後藤、和田、西川、清水、田中、私)

昨晩の運動の後は残っていない感じだが、メンバー的には、早い走りになりそうだった。
 寒い事もあって、余りはしりたそうな感じではない様子。
 清水さんは、二日酔いだ! とか言ってるし、「小野坂トンネル」から「谷汲」へのコースになる。
 「泰山木」の裏側、下道をウオーミングアップ走行。
 堤防に上がって「下座倉大橋」を渡って左折、さすがに寒く、涙が出てくる。
 少し早くなり「ゆ~みんぐ」を回って、「揖斐川」堤防に入った途端に、北西の風、向かい風だ。
 「揖斐川堤防」北西に向かうので、「三町大橋」下をくぐって、「303号線」までは、完全な向かい風だね。
 強い向かい風では無いが、寒さと相まってか強く感じる。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号にて停止、再び走り出すと、清水さんが前に出て走る。
 付いて行く元気無し、二日酔いのはずが関係ない見たいだ、離されていく。
 他のメンバーもその気はない様子で、後ろに付いたままだった。
 とにかく、26キロ程で走る事にした。
 普段から、後ろについて走らないので、風を受けて走るの離れているが、きついねえ。
 
堤防とお別れし、「303号線」町に向かって少し走り、工事中の交差点、警備員の指示に従って、右折する。
 田んぼの中を走って、いよいよ上り坂、そのまま先頭で入ります。
 それほど急では無いが、くねくねとカーブしていて、長さも適当にある。
 ギヤを2枚軽くし、60回ほどのケイデンスで、上り始める。
 カーブを曲がって、下を見ると、皆も頑張っているのが見える。
 そのまま先頭でトンネル、休もうかとも思ったが、寒いので、そのまま走り切る事に。
 下りは直線的だが、すぐ平坦になってしまう、こっち側が高いせいだ。
 30キロ、29キロとすぐにスピードが落ちたが、頑張って走り、「谷汲」交差点前、なだらかな登り途中息切れ。
 最後はだらけて「昆虫館」駐車場到着、中をぐるぐる回って、遊んでいると、和田さんがまず到着だ。
 その後少しづつ遅れて、皆が到着、清水さんは追加走りでの到着だ。

皆はベンチのような椅子に座って、何時もの様に休憩、私は立ったままうろうろ。
 西川さんは、長岡さん走りますねえ! って言いながら、バナナを食べて居る。
 潰れてるんじゃ・・! 暖かくなってる? とか、冗談話。
 後藤さんが、紙細工の箱の様な物を見つける、(ふたを取るとびっしりと箱が重なっている)
IMG_2961.jpg
IMG_2962.jpg
 自由にお持ちください! とあるので、お土産にする事に。
 清水さんが、サコッシュを持って居たので、6個ほど持ってもらう事にした。

戻りは、最後尾ですが、途中で遊んでしまった。
 「万代橋」を渡って右折、なだらかな登りを頑張って走ろう! 追い越しにかかったすぐ、大きなファンの音。
 ダンプが後ろに居たんだね、気が付かずに追い越しをかけてしまいました。
 とりあえずよけて、そこから時速30キロ超、坂を上って終えた所で、終了!! です。
 「分水嶺」手前でまた最後尾に下がって、「根尾川」堤防へ。
 向かい風の雰囲気の中、清水さんらがスピードアップ、和田、田中さんが置かれる。
 適当に間が空いたところで、私が後を追うつもりで、スピードアップし「大野橋」の所で、追い付く。
 交差点を渡ったが、後ろは着いてないので、またスローダウンです。
 和田さんが先に来て、前の方へ、田中さんを待ってその後ろへ、これで最後尾だ。
 前の田中さん、時速26キロ、やっぱり向かい風、頑張って走って居るのが判る。
 でも、良いフォームで走る様になったね、ペダルもいい感じで回っている。
 少しすると、25キロから上がらなくなって来たので、 代わります! と言って前に出る。
 これくらい頑張れば、今日は良いかな! と思って、引く事にしたんです。
 初めから早かったからね、でもどんどん走れる様になって、今年の目標は「琵琶1」ですから。
 最後の坂を30キロで上り、スピードを落としながら下道に入ると、田中さんが前に出る。
 私の方が、早めにクールダウンしてしまった感じだったね。

コーヒータイム、”バイシクルクラブ” を見ていた、西川さん、ロードのEバイクの話題に。
 とにかく、浸透するより進化する方が早い、そんな感じだ。
 価格もそうだが、重さ、大きさ、走行距離など、どんどん進化して来て居る。
 そんな話から、今日の走りに話題に、「昆虫館」休憩時、バナナを食べていた西川さん、正月にかけ、体重を2キロほど落としたそうで、エネルギー不足を補うのに、食べている、との事だった。
 どんだけあるの? 53キロかな! 少しやせ過ぎでないの? 年寄りは少し太り気味が、長生きする!
 俺は72キロあるけど、減らない! 俺は61.5キロから変わらずだ! とか。
 私は、”おはようサイク” 前は、パン1個とジュース(夏、7:30は食べない)食べるだけ。
 皆は、朝食を食べてきている感じだ。
 何年か前、TVにて、体の脂肪燃焼をする体に・・・ ある程度空腹の状態で運動、蓄えた脂肪を使う様に仕向ける。
 やり始めは、戻る途中で、エネルギー切れだ! とか言ってたけど、最近はほとんど無くなって来た。
 冬時間の、8:30は、最初から腹が減って居るので、パンを1個食べる様にしている。
 ほとんどのメンバーは、走り終えモーニング、昼飯は、別で食べる様子だ。
 走りの話になって、ケイデンスの問題に、昔は、ゆっくり踏んで早く走る、これが常識だった。
 現在は、”ペダルを軽く回す” に変わって来ている。
 何時もどれくらいで走って居るの? 97~100回ほどかな。
 90回が、エネルギー消費が少ない!、と言われているけど、プロの人らは、110回とか120回で走るみたい。
 イベントなどで、長い距離を走る時に、90回で走る為に、普段は、100回位で走らないと、走れ無い。
 回すとスピードに着いて行けない! それはバランスの問題、軽過ぎるギヤで回すから。
 足の力と、回転のバランスで、ギヤを変える。
 それも、最初から、100回も回したら、すぐ息が上がってしまう。
 今、70回位なら、80~85回程になるギヤで、走って見る。
 回数を重ねると、息が楽になって来るので、そうしたら90回とか95回にする。
 スピードを上げたり、落としたりせずに、ぎやを1枚軽くし、その分回す。
 私は、時速20キロでもケイデンスは100回、時速28キロでもケイデンスは100回、で走る。
 遅い人とでも、練習できるし、早く暖かくなるので、冬場は特にお進めだ。
 ケイデンスが少なく、踏んでいると、長い距離を走る時、同じ筋肉を使うので、そこだけ疲れてしまう。
 ケイデンスが多い走りだと、疲れたら、少なくし踏み、使う筋肉を変更出来るので、疲れにくい。
 足がつってしまう人や、膝が痛く成る人も、有効だと思う。
 歳だから回らない! とは言うけど、練習すれば、出来る様になる。
 やって見るか! そうですよ!! って事で、次回が楽しみですねえ!!

おはようサイク 20-07

2月 2日(日) 天気 曇り
暗いうちから目が覚めて、しばらく布団の中で、うつらうつら、時計を見て起床だ。
 順調に走れているので、何となく ”休みたい” 頭の片隅に。
 そんなんで、自走でなく自転車を車に積んで、家を出る事にした。
 駐車場には1番に着いた、すぐ後に後藤さん、後は来ないので二人だけ? 良かったです、来ました。
 本当に久しぶりの、渡辺さんが来てくれました。
 参加者 7名 (後藤、和田、高橋、内藤、渡辺、今木、私)

何年かぶりの参加、渡辺さん、同じ時期に始め多和田さん、ともに懐かしい話だ。
 乗ってきたバイクが、クロモリロードバイクなので、自転車談義もする。
 今木さんが来て、これで最後だろう! と言う事でスタートです。

「下座倉大橋」を渡って左折、”遡りたくない感じなんだけど!” ”Bコースにしない!” 皆賛成!!
 元気な人は、追加走りで「葬儀場」した駐車場休憩! と言う事になった。
 そんな話をしている間に、「ゆ~みんぐ」を回る。
 後ろに下がったので、先頭は高橋さんが、向かい風を感じる中、頑張ってくれた。
 高橋、和田、後藤さんの3人が、先頭グループ、病み上がりの内藤さんを含んで、4人が後のグループだ。
 思ったより、向かい風が有る感じ、あとのグループの先頭に出る。
 前のグループとは、どんどん間が大きくなって行く。
 
「平野庄橋」東交差点、私らのグループは、赤信号で停止、さらに間が空いた。
 走り始めて、前のグループを追う事を伝えて、1人スピードを上げる。
 前のグループは見えない、「川口橋」までには何とかなるだろう! とは思って頑張る。
 向かい風を感じながら、時速27キロ、これが精一杯だ。
 少しづつ間を詰めて行けば、何とかなるだろうが、先頭交代してるかな? だったらきついね。
 
「三町大橋」下をくぐって、中堤防前方に赤いジャージが見えた。
 和田さんが赤いジャージだが、一人ならおかしいので、知らない人だと思った。
 「揖斐川」堤防に入って、間を詰め追い付く、和田さんだった。
 前に出てそのまま引くことにしたが、2人は見えない。
 それにしても頑張ってるなあ! と思いながら「前島橋」、下道からの合流点、看板の裏に高橋さん?
 交差点の信号が青だったので、そのまま通り過ぎる。
 後ろに和田さんを確認、「岡島橋」を渡って反対側へ。
 とにかく、こうなったら「川口橋」行くぞ! って感じで、反対側を走る。
 途中、男性サイクリスト、おはようさん! と、言いながら追い越す。
 時速27キロ、何とか維持できている。
 「朝鳥公園」そのままスルーし、「川口橋」を渡って右折、きつい!。
 後ろに和田さん、高橋さんの姿は見えず、付いて来て無いかも。
 
戻りは楽だろう! と思ったが、何んと向かい風を感じる。
 時速28キロしか出ない、参ったですねえ。
 心拍数も上がって、足にも疲れが出てきている感じだ。
 それにしても、和田さんが着いて行けなかった? トイレ? そんな事を考える。
 後藤さんの姿が見えなかったし、そんな事を思いながら、走ってた。
 「岡島橋」交差点、停止の小休止が、有難い。
 下道に入っても、なるべくスピードを変えずに、「303号」交差点を過ぎ、トンネルへ。
 坂を下って、左側駐車場に入る、和田さんトイレへ。

後藤さんを含め、後ろのメンバーもみんな到着していた。
 確認すると、後藤さんは、高橋さんに着いて行けず、Bコースに変更した、との事。
 ちぎれてのは、後藤さんが早く、その後に和田さんが、ちぎれたんだ。
 どんだけのスピードで走ったんだ、30キロ越してたよ!
 27キロで、和田さんが、付いて来たんだもんね。
 そんな話をしているところに、来ました、高橋さんです。
 追い付けずに、1人で「川口橋」回ってきた! との事だった。
 本当に、覚醒してしまった感じですね。

自転車談義、フレームサイズの話題、今木さんが、私のバイクと渡辺さんのバイクを並べて、見ている。
 フレームサイズが、1サイズ違うって感じだ。
 トップチューブ1本分上下する、と考えても良い感じです。
 ヘッドとトップチューブ、ダウンチューブの付け根、指が何本入るか? で、大きさが判る。
 ホリゾンタルのクロモリフレーム、簡単な大きさの見分け方だ。
 簡単に言うと、私のは、指2本で520mm、渡辺さんのは、指1本で500mm。
 和田さんのは、指1本だが、510mm、との事だ。
 480mmになると、シートの方が少し下がっているのかな。
 そんな話で、休憩タイム終了です。

戻りは、「三水川」堤防をサイクリングです。
 川面には、また増えた感じの、カモが見られる。
 大きさや、色の違うのが見受けられるので、何種類かいるんだろうね。
 久しぶりに、泳ぐ2匹の姿も見られたよ。
 頑張って走った後の、クールダウンを兼ねて、のんびりとサイクリングを楽しむのは、最高です。
 ウオーキングの人も多く、挨拶を交わしながら、と言うのも良いですよね。
 柿畑では、消毒作業が始まったようです、すぐそこに春が来てるのかもね。

しばらくぶりの渡辺さん、
IMG_2924.jpg
 続けて来てくださいよ!

コーヒータイム、9日の ”大野ポタリングクラブ” のクラブラン、19日のクラブラン。
 梅の花がどうのこうの、「知多」の距離がどうの、楽しいですねえ。
 今年は、1回も雨で流れてないので、少し心配です。
 今日は、高橋さんに誰もついて行けなかった! これが問題ですね。
 それにしても、どうなってしまったんでしょうね。
 

おはようサイク 20-06

2月 1日(土) 天気 曇り
例年通りの寒さになった感じ、寒く感じながら、トイレを済ませて、着替えをする。
 ネックウオーマーを付けて、寒さ対策をすることに。
 参加者 9名 (後藤、和田、飯沼、西川、田中、杉本、多和田、清水、私)

「泰山木」駐車場で、それぞれ走る準備、多和田さんが、白いコードでなんかやっていた。
 聞いてみると、寒いので、買ってあったヒーター付きのグローブ、だとの事。
IMG_2916.jpg
 皆も興味津々、電池? バッテリー? どこにある? 暑くなり過ぎない? ダイヤルが有るんだ! とか。
 ただ、バッテリーの有る所は、前のファスナーの横、ファスナーの所からコードが、皆で大笑いだった。
IMG_2919.jpg
 自家発電だ! そう言われると、私のバイクは、ハブダイナモ付きなので、出来るかもね!。

走りだす前に、1話題あって、寒い中だったけど、和やかな感じでスタートです。
 堤防下の細い道路でウオーミングアップ、堤防に上がって「下座倉大橋」を渡り左折。
 さあ! 行きますか! って感じで「ゆ~みんぐ」を回ると、向かい風だ。
 寒い! 目から涙が出て来た。
 頑張って「谷汲」コースにするか。
 多和田、清水さんを中心に、「谷汲」コース、私、飯沼さん中心で「揖斐高」から、「昆虫館」休憩です。
 
2人の後に、和田さんらが続くと思っていたが、誰も後を追わず。
 何時ものように、先頭は私に。
 飯沼さんも居るので、時速22キロ、ケイデンスは97回だ。
 風切り音がうるさい、周りの草木はほとんど動いてない感じなんだけどね。
 何時もの年だと、「谷汲」へ輪路面が濡れてたりして、あまり行かないが、今年は雨が降らないからね。
 暖かいせいもあるし、距離が長くなってしまう傾向だね。

「三町大橋」下をくぐって、後ろの皆を確認する。
 飯沼さんが遅れたので、コースを確認してもらい、皆は先に行く。
 私は戻ってすぐ、飯沼さんが来たので、Uターンする。
 「303号線」にそって少し走って右折、峠越えです。
 上で待てば・・ と思って、先に走る事にした。
 トンネル手前、後藤、西川さんが、前に見えてきたが、結局追い付かず、トンネル前で待つことに。
 思ったより早く、飯沼さんが登ってきた、さすが元気が良いね。
 そのまま休まずに行ってしまうからなあ、トンなる出たところで、皆が止まって休憩でした。
 休まずに通過し、下りに入ってスピードが上がる。
 登りの距離から比べると、短いので、あまり楽しくはない下り。
 平地になると、和田、杉本さんらが前に出て走って、「昆虫館」駐車場に。
 追い付いたあ! 清水、多和田さんの2人が、後ろに。

寒いためか、自販機の ”おしるこ” を買って、暖を取ってるメンバーも。
IMG_2923.jpg
 皆は、座っているが、私はいつものように、立ってうろうろしながら、ペットのお茶を飲んだり、写真を撮ったりだ。
 寒く成って来たんで、戻ろうか! ちょっと待って、トイレ行く! 戻ったら誰も居なかったりね!
 戻ったところで、走りだします。

戻りは、最初に走りだした飯沼さんが先頭、私の後ろに清水さんがいる。
 ケイデンスは100回、少し間をあけ走るのは、何時もの事だ。
 誰も追い越さず、76歳の飯沼さんが先頭、気い使ってるねえ。
 「万代橋」のところ、川原に釣り人? そうか! 今日は、アマゴの解禁日だ!
 放流場所なので、釣り人が集まって釣っているんでした。
 「万代橋」を過ぎ右折したところで、清水さんが前に?? いやしらないサイクリストだ。
 その後ろに清水さんが、すると多和田さんも、張り合って離れて行った。
 やっぱり、このスピードは寒くなってしまうもんね。
 
「分水嶺」を過ぎると、向かい風の感じだ、残念!!
 後藤さんらもゆっくり走って居るので、少し練習することに。
 ケイデンスを上げ、スピードアップ、115回、30キロ、行け=! って感じ。
 「大野橋」手前でスピードダウン、皆を待って交差点を横切る。
 その後も、2度ほど、ケイデンス120回、32キロ、30秒ほど運動する。
 遊んでしまった感じ、たまに、思い切って回すのも必要だからね。
 多和田、清水さんみたいに、対抗心持って追いかけたりするのも、面白いもんね。
 その後は、スローダウンし、何時もの位置最後尾です。

2席に分かれてコーヒータイム、向かい側の多和田、飯沼さん。
 熱心に話が進んでいる感じ、話題が共通したんだね。
 私は西川さんと、自転車談義、ロードのディスクがどうのこうの、とか。
 こんな話題になると終わらなくなってしまう。
 8人席の方は、先に終了、私らは、少し遅れて終了です。
 そうだ、その前に、飯沼さんが、スマホを取り出して、スマホデビューでした。
 ラインをつなぐにもわからず、内藤先生がいないとダメだ。
 いよいよガラケイが無くなるか?

こんなんで、最近 ”おはようサイク” の中身が、覚えてなくなってきた。
 土、日の事が混じってしまったり、反対になってしまったりで、そろそろ限界かな?

 
 

おはようサイク 20-05

1月26日(日) 天気 曇り
予報が雨! 走れないかな? と思いながら床に就いたが、何とか走れそうだ。
 まだ、雨や雪での中止がなく、全部走れているからなあ!
 参加者 7名 (多和田、高橋、箕浦、杉本、和田、内藤、私)

このメンバーだと、早くなるかな? そんな事を考えながら、「谷汲」コースです。
 「ゆ~みんぐ」を回るところから、高橋、箕浦、杉本さんが前に出て走る。
 今日も良い感じで、頑張りそうだな! と高橋さんを見て思った。
 最近は、本当に積極的に、前に出て走る様になった、また走れるしね。
 向かい風は、思ったよりある感じ、でも草木はほとんど動いてない。
 
「平野庄橋」東交差点を過ぎると、杉本さんが置かれて、私が前に出る。
 このままどこまで行く? どこかでスピードダウンするんじゃないかな! と思っていた。
 横に多和田さんが出てきて、そのまま前へ。
 前の2人に追いつき、少しすると先頭へ。
 離れるのでなく、先頭を引く形なので、これは落ちて来ないと判断、後ろを確認すると、誰もいない?
 スピードダウンし待つことにし、杉本さんが来たところで、スピードを少し上げる。
 「三町大橋」の所で、内藤さんと合流、走りだすが、端の所でBコースに行ってしまった。
 
杉本さんと「揖斐川」堤防を、和田さんがいない? トイレ? 遅れだろう。
 前方に1人、ちぎれた箕浦さんのようだ。
 それでもなかなか追いつかない、こっちも22キロ程だもんね。
 「井ノ口橋」右折、追い付くつもりが、3か所ともに信号交差点で停止、離れてしまった。
 とにかく、頑張って走るしかない、茶畑の所で、前に1人多和田さん? 箕浦さんは見えず。
 坂を上ってトンネル、下ってギヤを変えて、スピードを上げ、そのまま「昆虫館」へ。

和田さんが先着、少し遅れて杉本さんが来た。
 前に見えた白いウエアーは、多和田さんではなかったようだ。
 遅れて、箕浦、高橋さんが来て、さらに遅れて多和田さんが到着です。
 皆やる気で、多和田さんが1番奥まで、高橋さんは「朝鳥公園」、箕浦さんは、坂の手前でトイレ休憩。
 和田さんは、昨日の私と同様で、トイレ遅れから「揖斐高校」の方からだった。

帰りも同様に、スピードが速かった。
 杉本さんが居るので、それほどとは思ってなかったのだが、彼が頑張っている。
 箕浦さんや高橋さんも同様に、走ってるもんね。
 「分水嶺」からも、当然のように30キロ、踏んで走ろうと思って、フロントは外側、リヤを14Tで来た。
 少し足に来ているので、フロントを内側に変更、ケイデンスを90回ほどにした。
 「大野橋」横切る時に、3人遅れてしまう。 (車が止まってくれて会釈してわたる)
 先頭にいた多和田さんがスピードアップ、和田さんが後に着くがすぐちぎれてしまった。
 私も遅れて後を追い、和田さんを追い抜くが、前のグループには追い付かず。
 多和田さんが追い付き、先頭を引いた時点で、諦めですね。

最終的には、前のグループで、着いて行けなかった、箕浦、杉本さんに、最後追い付くのがやっとでした。
 こんな走りをすると、ロードとフラットロードの重さの違いが、効いてくるのが良く判る。
 前傾姿勢の空気抵抗が、大きく違うんだろうね、大変です。
 それにしても、珍しく、今回は、和田さんがダメだったねえ。
 そんな事を思いながら、軽く流して、ゴールです。

コーヒータイムは、自転車の話。
 ロードバイクが、ディスクブレーキ化してきている。
 確かに、雨の日でも、ブレーキの利きが落ちないのはありがたいですね。
 オイルディスクは、車輪を外した時に、キャリパーのパッドの間に、ローターの代わりになる物(ついてくる)を挟む。
 車輪のない状態で、ブレーキを掛けたりすると、パッドが閉まってしまい、開かなくなってしまう。
 車輪のローターを、何かに当たらないようにする。 (曲がってしまうので)
 車輪をはめたときに、隙間が無くなってしまうんだけど! そんな話も。
 ワイヤー引きの場合は、片側しか動かないので、動かない方はほとんど隙間がない感じ。
 湿気が多い日何かは、キイー! っと、虫の声みたいな音が出る事も。
 オイルディスクは、両側動くので、同じ隙間ができる感じです。
 ダメな時には、車輪再度入れ直しする、それでもだめなら? 自転車屋さんだなあ!
 その後は、Eバイクの話題。
 どんどん進化しているねえ! 走れる距離が190キロ! モーター、バッテリーが小さくなった。
 形も普通のロードバイクと変わらなくなってきたし、価格も安くなってきた。
 丁度、私らが必要になる時は、もっと格好良く、安くなるなってるよ!
 そんな話で、終了でした。
 走行距離が、36キロ? 昨日も同じ? どっちかが間違っているかも。
 
2月16日(日)
 2月のクラブラン  ”知多 輪行サイク” 予定です。
  「穂積駅」発 7:25 ~ 「大府駅」着 8:14
   * 「大垣駅」からの人は、列車の時間を合わせてください。
   * 車の人は、「大府駅」 8:15 です。
 
 

おはようサイク 20-04

1月25日(土) 天気 曇り
今年も、1週間が早い! もう土曜日? って感じだ。
 何時ものサイクリングウエアーに着替え、バックとヘルメットなどを持って玄関へ。
 フラットロード、そう言えば、バイシクルクラブ部に出てたな、ロードバイクをドロップからフラットへ・・。
 確かに、頑張らずに乗れるかもね、でもヘルメットが困るかな、私は、ロード用と分けてるけどね。
 車に積み込んで、家を出て堤防へ、河川敷に男性がウオーキング、みんなそれぞれ運動してる。
 参加者 9名 (和田、長谷川、田中、後藤、箕浦、飯沼、今木、西川、私)

家を出る時や駐車場に着いたときは、暖かく感じたが、自転車を準備していると、寒くなってきた。
 なんとなく、風向きが変わったようで、ネックウオーマーが欲しくなってきた。

風も、雪もないし、山門に鬼が出来たので、またくぐり、「谷汲」コース頑張って行く事にした。
 最年長2人がそろうのは珍しい、ウオーミングアップ中も話してる。
 マウンテンの今木さんもいるし、時速22キロかな、そんな事を考えながら「ゆ~みんぐ」を回る。
 草や木が揺れてる感じはないが、風切り音が変わって、自転車が重くなった感じだ。
 
長谷川、和田、田中さんが前に出て先に行くが、その他は居ない?
 思ったより風の抵抗が大きいようだ、22キロで後ろが離れてしまった。
 風の波がないんですよね、同じペースで空気が流れている、そんな感じです。
 「平野庄橋」東交差点赤信号で停止、皆がそろったが、無理は出来ないようだ。
 ペースを少し落とし、21キロ程、グライダー練習場あたりで、近道「揖斐高校」から行く? 事にした。
 Bコースの途中から、303号線を少し走って、交差点を右折、高校の北東に出る。
 さあ、山登りです! どっちにしろ山わ超えないと、行けないんですよね。
 しばらく来ないと、長く感じるが、トンネルを見てほっとするねえ! 皆を待って、坂を下ります。
 
「谷汲」信号交差点を直進、参道を上ります。
 レンガ敷きのガタガタをお尻に受けながら、ゆっくりと坂を上って行きます。
 参拝者は、季節柄少なくて、問題なくそのまま走る事が出来た。
IMG_2910.jpg
 山門前に、大きな赤い鬼が仁王立ち
IMG_2905.jpg
 それぞれに、またくぐりをした後に、写真を
IMG_2907.jpg
 先に行ったと思った田中さんが来ました。 (和田、長谷川さんは先に行ったようだった)
 参道の途中、なじみのおばちゃんの店で、甘酒を飲んで小休止です。
IMG_2909.jpg
 2人とは、「昆虫館」で合流、トイレ休憩の後、一緒に戻ります。

何時ものように、最後尾になる。
 「谷汲口」辺りから、飯沼、田中さんの2人が離れてしまった。
 4メートルほど後ろを、私が走って居る、そんな状況で「万代橋」を渡り、「分水嶺」へ。
 「根尾川」堤防に入ると、意外なことに向かい風を感じる。
 前の2人、先頭は飯沼さん、田中さんが先頭で頑張れば・・  思っていたら、前に出ました。
  (戻ってからの話、向かい風だったので、最年長の飯沼さんに、前を走らせられない・・ と思って、だった)
 チームで走る所のいい部分なんですよね。
 遅い人が居たら、助けてやる、自分にとっては、良い練習にもなる。
 すべてでなくても、ダメになったら後ろに下がればいい、誰かが変わってくれる。
 そうしていると、力がついてくるんですよ、自然にね。
 「大野橋」を過ぎると、少しスピードが落ちてきました。
 蛇行するようにもなってきたので、疲れてきたようにも思うが、ペダリングはしっかりしている感じだ。
 それを見ながら、前に出るのをやめる事にした。
 せっかくなので、行けるところまで行こうと思ったんです。
 「薮川橋」を過ぎ再び堤防に上がる、さすがにスピードダウン、後ろに追いついてしまった。
 前もって間を多く開けたんですが、ダメでした。
 ま、此処まで来たらもうすぐなので、また少し離れて後ろを走ります。
 すぐ前に今木さんの姿が見えてきた、マウンテンも向かい風には勝てない感じだね。
 下道へ入って、田中さんと今回の走りについて話しながら、クールダウン。
 すると、“手放しで走れないのは、自転車がおかしいんですかね?” の質問。
 それで出来ない場合もあるけど、実は、私もできないもんね。
 指1本で軽く支えては乗れるけど、今木さんのように、長くは手放しできないよ!
 自転車の問題でなく、出来ない人はいるんですよ!
 これだけ乗れるのに? (田中) 練習すればできるんだろうけどね! (私)
 今のところ必要がないから、特に気にはしてない!
 そんな事を話しながら、「泰山木」ゴールです。

コーヒータイム、今日は、8人席では足らず、2か所に分散しての休憩だ。
 箕浦さんと、運動(ジム)での話、お互いにエアロバイクに乗っているんです。
 彼は、150W? (確かではない) で、85回ほど回して、息が上がってくると、回転数を落とし、20分ほど乗る。
 私は、130W (もちろんウオーミングアップはする)ケイデンス100回にし、心拍数が155回になったら、120Wにして、再び心拍数が155回になったら、110Wにして、合計40~45分やる。
 155になったら死んでるでしょう! そうそう、最高心拍数過ぎてるもんね。
 (220から私の年齢、72歳を引くと、148になる、箕浦さんは、144だものね)
 でも150なら別に問題ないもんね! 意見が一致です。
 ケイデンスが、85回ほどなら、ウエイトを落とした方が良いかも。
 足を動かす方が、私ら年寄りには良い、心拍数が上がってきたら、またウエイトを落とす。
 心拍数を気にしている人はいない感じだけど、それを意識することが、大切なんじゃないかなあ。
 そんな話題で、コーヒータイムが終了でした。
 

クラブラン「多度大社初詣」サイク!

1月19日(日) 天気 快晴
雲一つない最高の天気になった、きりっとした寒さ、風も無く最高のサイクリング日和だ。
 「泰山木」にて、朝食を・・ 7:40ごろに家を出る。
 駐車場に着くと、夏の集合時間に来てしまった辻さん、モーニングを済ませ、車の中に。
 モーニングの途中後藤さんも来て、一緒に腹ごしらえです。
 参加者 9名 (後藤、高橋、西川、清水、辻、平田、多和田、長谷川、私)

多和田、長谷川さんの2人は、現地集合になっているので、7名でスタートする。
 清水、西川、辻さんの3人で前のグループ、そのほか4人で後のグループとした。
 堤防道路の工事はまだやって居る様なので、「海津橋」を渡って反対側、サイクリングロードを走る。
 西川、後藤さんが詳しいようなので、道案内をすることになった。

風はなし、きりっとした寒さを感じるが、日の温かさも感じる。
 「揖斐川」堤防を南下、相変わらず、変束レバーは空うち状態が続いて居る。
 アップダウンは、橋の下をくぐって、再び堤防へ上がる、これ位なので、何とかなるけどね。
 それにしてもいい天気だ、雲一つない澄み切った青空です。
 先ずは、新幹線下をくぐり終えたところで、小休止だ。

ここからは、前を任せて、何時ものように、少し間をあけ最後尾で走る事にした。
 風よけがないだけ大変だが、速度がぶれてもあまり気にせずに走れるので、楽なんですよ。
 サドルを交換してきたので、尻の痛みは無いが、ハンドルとの間が長く感じる。
 サドルの高さは、昨日低く感じたので、5mm上げたので、足の感じは良い感じなんだけどなあ。

「腹束大橋」信号機赤で、私と平田さんが停止、そのまま行ってもらうよう合図。
 離れてしまったので、走りだしてすぐに、前に出て引くことにした。
 フロントを外側に、時速30キロから31キロ、さすがにロードだけある。
 こんな走りも、たまにはいいもんで、年を忘れてしまう感じだ。
 前のグループが少しづつ大きくなってきた。
 「今尾橋」の間が長いので、何とか追いついた形になった。

堤防道路、工事中で下道の予定だったが、すぐ下の道を走れるので、そこを走る。
 車はほとんど来ないし、結構幅が有るので、交差点も少ないし、良いコースだ。
 ここは、後藤さん育ったところ、2人で話しながら走って居る内、前のグループと離れてしまった。
 「海津橋」手前で堤防に上がって、橋を渡って左折するも、工事中で街中へ。
 堤防に出るべく、途中左へ入るが、お寺の駐車所で行き止まり。
 何とか堤防下の道路に出るが、メンバーは見えない。
 大分離れた感じ、コースは後藤さんが判っているので、そのまま走って居ると電話。
 高橋さんからで、?? 「海津橋」に上がる所で、私らが近道をして、前に出たみたいです。
 後藤さんは先に行ってしまうし、西川、清水さんとは合流するも、高橋さんらは別の所に。
 何とか電話をして、堤防の上で合流、走りだします。
IMG_2886.jpg
IMG_2887.jpg
堤防道路、途中舗装が悪かったり、未舗装部分もあったりだった。
 下道に後藤さんを探しながら、最悪神社合流だな、って感じだ。
 「油島大橋」下をくぐったところから、下へ降りて、田んぼの中を走って、「多度北小」の所へ出る。
 ここで、西川さんらと合流(ぐるっと堤防を回ってきた)走って行くと、後ろから、多和田、長谷川さんが合流です。
 「多度大社」前に到着、後藤さんとも合流できた。
IMG_2889.jpg
自転車をおいて、先ずは記念写真を。
IMG_2891.jpg
 まだまだ参拝客は多い、さすがに「多度大社」って感じだ。
 「本殿」に参ります。
IMG_2896.jpg
 隣の「別院」えも
IMG_2894.jpg
 戻って、社務所の所で、甘酒をいただきます。

腹も減ってきたので、喫茶店で昼食。
IMG_2898.jpg
IMG_2897.jpg 
 多和田、長谷川、平田さんの3名は、「養老鉄道」のサイクルトレイン旅へ。
 私らは、「お千代ぼ稲荷」へ寄って帰る事にした。
 
「木曽三川公園」まで戻って、北側から「218号線」を走る。
 心配した向かい風もそれほどではないので、時速26キロです。
 このメンバーなので、これ位は大丈夫、俺の方が大変かもね。
 清水さんや西川さんが居るから、行けるところまで行ったら、変わってもらえるだろうしね。

「お千代ぼ稲荷」さすがに人が多い。
IMG_2900.jpg 
IMG_2902.jpg
 串カツはどこも行列が、とりあえず、腹は減ってないので、並ばず。
 草餅を食べて、戻る事にした。
 
車の少ない道路を選んだので、あちこち曲がりながらの走りになるが、仕方がないね。
 主要道路は、時速27キロ、細い道路は25キロ程です。
 結局は、そのまま先頭を走ってしまった感じだ。
 「十九条」清水、後藤さんが「鷺田橋」方面へ、私らは、右へ曲がって、高橋さんは家の側で別れました。
 「泰山木」に到着は3人でした。
 西川さんとはコーヒーを飲んで、一休みをして、別れる事にしました。
 途中、バラバラになってしまったが、道案内をする人が、慣れてないと、こうなりますね。
 曲がる時に、どこで合図するか、離れた場合は、どこで待つか、が問題になって来る。
 信号交差点を通る時も、全員通過したかを確認する。
 ダメな場合は、速度を落とすか、止まるかをし、後ろの人が来たことを伝える、とかね。
 先頭と最後尾の人との連絡も、大切になって来る。
 何度か先頭になって、覚えて行く事なので、皆でやって行ってほしいですね。
 今回の走行距離は、86.7キロ 良い感じでのサイクリングでした。 

おはようサイク 20-02

1月18日(日) 天気 曇り
今回のバイクは、トレック1500(25年ほど前に購入した)に、掃除を済ませたが、変速レバーがスカ食ってしまう。
 フロントは、小さいギヤへ、リヤも小さい方に変わらず、何度かやってると引っかかるので、何とか乗れるだろう。
 エアーを入れ直し、タイヤの嵌まりは、正常になったが、これもしばらく乗ってない証拠です。
 やっぱり、自転車も、かわるがわる乗らないと、かわいそうですね。
 参加者 10名 (後藤、和田、飯沼、多和田、西川、田中、清水、志知、平田、私)

平田、志知さんの2人は、新車、マウンテンバイクと言っていいのかな。
 トレック 
IMG_2882.jpg
 フロントギヤ1枚で、小さい、リヤは馬鹿でかい
IMG_2883.jpg
 ハンドルは、長い、タイヤも太い
IMG_2884.jpg
IMG_2885.jpg
2人を除いて、私らは、”おはようサイク” スタートした。
 下道から堤防へ、ギヤは変わらずだが、何とか上れって橋を渡って左折。
 切り替えレバーをカチカチ、音はしないので、スカスカって感じだね。
 指の運動にはなるので、温まるにはいいかもね。
 時速を20キロで、ケイデンスは94回ほど、ギヤが変わらないので、しばらくそのままです。
 向かい風もほとんどない感じだが、帽子の関係で風切り音が響く。
 
予定は、Bコース、追加する人は速く出るように、話をする。
 清水さんが前に出て、和田、西川さんが続く、どこまでかは、本人らに任せる。
 とにかく、斎場駐車場が休憩、これだけです。

変則レバーにカチッと手ごたえ、1段重くなったが、その後は空振りだ。
 時速23キロになって、このまま行ける感じになった。
 飯沼さんが居るので、これ以上は無理、他のメンバーは前に出て来ない。
 
「三町大橋」下をくぐって、堤防を直進、後ろの2人(後藤、田中)が左折し橋を渡って行った。
 後ろを見ると、飯沼さんが遅れたようで、姿が見えない。
 止まって待つが来ないので、戻って行くと、左折し橋を渡ったので、後を追う事にした。
 後藤さんらが橋を渡ったので、頑張って追加走りになったようだ。
 とりあえず、「厚生病院」までかな? 後ろを走る。
 橋の手前でUターン、すぐそばのコンビニに、先に行った和田、西川さんらも止まっていたので、一緒に走る事に。
 清水さんが早くて、ちぎれたそうで、此処でUターンした感じだ。

ライトが着いて居なかった私は、後ろに下がって、トンネルを抜ける事にした。
 駐車場は、北の方が日が当たっているので、そこに集まって休憩です。
 少ししたところで、清水さんが戻ってきました。

 多和田さん、折り畳み自転車、フロントデレーラーにチェーンが当たるというので、調整する。
 ガイド版の傾きを調整、外々で当たらないように、規制ボルトを調整、内内も同様にする。
 フロントを大きい方にするのが、ものすごく重いので、ガイドの位置を調整?? 戻ってしまう。
 デレーラー取り付けのブラケット、下側が割れていて、ボルトを締め付けると、位置が戻ってしまう。
 小径車に出がちな問題、B/B~後輪ハブまでが短いので、チェーンのクロス角度が大きくなり、チェンジしにくい。
 そんな事もあって、フロントデレーラーの不調が出やすいんですよね。
 これもそうなのかも、ガイド版が少し変形しているし、先ずは、ブラケットを何とかしないと駄目なようだ。
 とりあえず、端に持って来なければ当たらないので、これで様子見だね。
 
「野」の交差点、Cコースに行っても良いよ! と言っても、「三水川」堤防で良い! って返事だ。
 皆で、内藤さんからテルの有った、神社へ寄ってみる事にした。
 「三水川」堤防沿いにある、小さな神社で、お供え物などを燃やす行事がある、との事。
 時間的に、モーニングが出来なくなりそうなので、すぐ戻る事にした。
 とうとう最後まで、切り替えは調子戻らず、左右ともに、たまに、カチッ と引っ掛かりギヤチェンジ。
 スプレーで何とかなるんだろうけど、油を取ってしまうのもダメなんで、このまま乗り切る。
 明日もこの自転車で行くが、まあ、何とかなるでしょう! って感じだね。
 それよりも、尻が痛いのと、少し低さを感じるので、これを何とかしないといけないなあ。

「泰山木」に到着、平田、志知さんが外に、モーニングを終え帰る所。
 試乗さしてもらう事に。
 ステムが短く、ハンドルが長いので、最初くらくらするくらいにハンドルが動く感じ。
 すぐに慣れたが、初めビックリって感じだ、思ったより軽い。
 これは、未舗装などでは面白そうだねえ。

中に入って、皆でコーヒータイムです。
 何の話題からか、飯沼さんと、社会の話へ。
 雲隠れの議員さん、出てきたらあの話、上の人をを見習った感じ、とか。
 予算が増え、借金も増え、若い人が困るのに、静観している日本の若者。
 「韓国」や「台湾」の若者は、敏感であれだけ騒いでいるのに、日本の若者は平和です。
 年寄り2人で、そんな話を真面目にしながら、コーヒータイムだった。
 内藤さんが到着して、コーヒータイムに加わった、風も落ち着いたようだね。
 今回の走行距離は、26.5キロ

おはようサイク 20-02 と ”岐阜 3神社初詣サイク”

1月12日(日) 天気 曇り
ポタリングクラブの例会、“三神社初詣サイク” もあるので、準備を早くして、モーニングをする。
 「泰山木」8時にに到着、モーニングで朝食を済ませる。

おはようサイク
 8時30分に、自走出来た松岡、高橋さん。
 外で待っているのも寒いので、短縮の ”おはようサイク” をやった。
 多和田さんは、モーニングをして、西川さんは着替えで準備。
 参加者 3名 (高橋、松岡知、私)

下道から・・ は一緒で、「揖斐川」堤防を遡って、「平野庄橋」東交差点。
 時間を確認し、「揖東中」で戻る事にした。
 そこから東へ走って、「真大橋」手前から、「三水川」堤防に入る。
 堤防を走って「パレットピア大野」へ戻る、9時20分過ぎ、バッチリに計画通りだね!
 先ずは、ウオーミングアップ完了! ってとこだね。

”岐阜 3神社初詣サイク”
 9時30分、「パレットピア大野」集合、内藤さんが来ない? 風邪をこじらせてしまったようだ。
 7名 (今泉、高橋、西川、多和田、清水、松岡、私)
IMG_2857.jpg
 コースは、悩んだ末に、53号線を東へ、「大縄橋」の横から、「長良川」堤防「忠節橋」を渡って、反対側の予定。
 片側2車線なので、車は多いが意外と走りやすい、ただまだ工事中の所が有るので、要注意だが。
 完成しているところは、歩道も邪魔なくらい広いので、そこを走る。
 幅を半分にし、自転車レーンにしてくれると最高なんだけどね。
 時速は17キロ、これ以上は ”ポタリングクラブ” では無くなってしまう。
 他のメンバーは大変かも、清水、松岡さんの2人が、先に行く事になったけどね。
 風もほとんどなし、太陽が出てないので、寒い、ケイデンスを上げ走る。
 信号交差点、ほとんどの個所で赤信号停止、タイミングが悪いというか、休めるというか。
 「大縄橋」手前で、先に走って行った2人と合流。
 「長良川」堤防に上がったところで、小休止を取る。

「忠節橋」を渡って左折、反対側の、堤防道路を走る。
 名和さんとの合流時間には、大分遅くなってしまったし、内藤さんを介しての連絡が取れず、「護国神社」に行く。
 思ったよりも、参拝客が少ない感じ。
IMG_2864.jpg
IMG_2858.jpg
 多和田さんが、パンフレットをもらってきて、「慰霊碑」が気になったようなので、行ってみる。
 私は何度か回ったことが有るんですが、神社にお参りする、で戻る事がほとんどかもね。
 「慰霊碑」結構大きなものです。
IMG_2865.jpg
 隣に、公園みたいなのが有ります。

「稲葉神社」さすがに、参拝客は多いですねえ。
 私は、正月飾りを持ってきたので、処理をすべく山になって居る所に置く。
 神棚から、ぬいぐるみまで有る、何でも構わない感じで、少し申し訳ない感じもする。
 皆で参拝、
IMG_2871.jpg
IMG_2869.jpg
 戻ったところで、名和さんと会う事が出来た。

一緒に、「金神社」へ。
 「岐阜」市街地、休日は、車も多くないので、大きな通りを走った方が、楽なんですよ。
 金色の大鳥居
IMG_2873.jpg
 「金神社」 後方の高層住宅が、印象的なんですよね。
IMG_2874.jpg
 参拝した後、”金運おみくじ” を、しっかり働かないとダメみたいだね。

腹も減ったので、みそカツを食べる事に、すぐそばの食堂へ。
IMG_2876.jpg
 “味噌カツ定食“ 700円、それなりの味だね。
IMG_2875.jpg

名和さんとは、此処で別れて、「忠節橋」袂を左折、「長良川」堤防へ。
 車進入禁止なので、サイクリングの人やウオーキングの人がいるだけです。
 ゆっくりとサイクリングが満喫できる。
 何時ものように、途中解散になるので、清水、松岡さんは、先に行ってもらった。
 電話が入って、止まっている間に、先に行った中で、多和田、西川さんが先に行った。
 3人で「神戸大橋」を渡って、裏道を通って、途中で高橋さんと別れる。
 今泉さんと2人で「パレットピア大野」に戻ったのが、3時でした。

雨も途中、ぱらっと来ただけで済みました。
 ゆっくりなので、暖かくならなかったですが、まあ、良かったですね。
 昨日、22,5キロ、今日の走行距離が、46キロでした。
 

おはようサイク 20-01 さあ 始めますよ!

1月11日(土) 天気 晴れ
2020年、走り始め、朝からいい天気になった。
 今年は、どれ位走れるかな? そんな事を考えながら、着替えをする。
 自転車は、フラットロード、全体を拭き掃除、チェーンは洗浄し注油、走り始めだからね。
 中途半端な時間になって、朝食はなしで、集合地「泰山木」駐車場へ。

おはよう! 明けまして… 今年もよろしく!! の挨拶で始まりました。
 参加者 7名 (後藤、和田、箕浦、今木、田中、平田、私)

1回目なので、Bコースにしようか? と、思いながらスタートです。
 まだ堤防道路は工事中、下道から「下座倉大橋」の所に出て、右折橋を渡る。
 左へ曲がって、何時ものコースに入るんですが、橋の上が凍り付いてる感じの所が有る。
 今木さんと話しながら、年間何キロくらい走ってんだろうね! そんな話に。
 回数は、80回ほどだが、距離の累計はしていないので、してみるのも良いかもね。
 
「ゆ~みんぐ」を回りスピードアップ、MTBの今木さん、最年長の箕浦さんが居るので、先ずは時速20キロだ。
 空は雲一つない青空、風もほとんどない、ピリッとした空気、指先が寒さでしびれてはいるが、良い感じだ。
 年末年始の休みは、1度も走ってないので、(ジムでは運動してはいたけどね)久しぶりな感じです。
 3が日は、駅伝三昧、そのほかの時間は、パチンコ店通いだったなあ!
 年末にかけてため込んだ貯玉、それだけで遊べたので、実質経費0円でした。

「平野庄橋」東交差点、赤信号停止。
 Bコース、追加自由! をみんなに知らせ、再度走り出しました。
 時速22キロ、ケイデンスを95回にして、体を温める事にした。
 グライダー練習場には、誰もいないので、まだ休みなんだろう。
 ウオーキングの男性が頑張っているくらいで、人影は少ない。
 体が温まって来たし、指先の温かくなってきた。
 平田さんは、MTBで、別行動しているので、和田さんが前に出てもいいのだが、出て来ない。
 私は、Bコースの予定なんですがね。

「303号線」を横切ってトンネルを抜け、坂を下って左側の駐車場へ。
 何時ものように、トイレに直行の箕浦さん、和田さんも・・ でなく追加行ったらしい。
 休憩中の話は、今年の目標と言うか、走りの話。
 青森での340キロイベントに参加の82歳、チャリダーの坂バカ招待の79歳。
 このテレビ放送を見て、まだまだやっても良いと思った。
 でも周りを見渡すと、ゲートボール、グランドボールだものね。
 自転車で家を出ると、近所の人に ”大丈夫?” って言われたことも。 (箕浦)
 何時も、自走で来る飯沼さんも、そんな風に言われてるのかもなあ!
 でも、周りを気にしてたら、やれないから、頑張っている人を目標にやらないとね。
 今年も、元気で頑張るぞ!
IMG_2847.jpg 
 結局、和田さんは、戻らず、「谷汲」へ行ったかもね! と言う事で、戻ります。

「三水川」堤防、相変わらず、殺風景な桜並木の下を、ゆっくりとしたスピードで走ります。
 水はきれいで、川草が綺麗に流れに揺れている。
 流れの緩やかなところで、カモが首を川の中へ突っ込んでいる。
 そんな姿を見ながら、川面にそって下ります。
 
「泰山木」に到着、先に戻っていた平田さんと一緒に、コーヒータイムです。
 しばらくすると、和田さんが戻ってきました。 (追加「川口橋」まで、だったとのこと)
 みんなで楽しく、無事故で走れるように、頑張りましょう。

終わってから、外で、和田さんのハンドルステムの件で話をしていると、ロードの男性が来た。
 ブログを見て、どんな風なのか、見に来てくれたようです。
 走りに来てくれると、嬉しいですね!!

お千代ぼ稲荷 年末のお礼参りへ!

12月29日(日) 天気 晴れ
今日は、ゆっくりなので、バイクは、ダボスツーリングで、家から自走です。
 早めに出て、「泰山木」でモーニングをする。
 参加者 8名(和田、高橋、後藤、杉山、西川、松岡兄弟、私)

内藤さん、風邪を引いてしまい不参加、モーニングのみ一緒にする。
 「揖斐川」堤防を下りますが、折り畳み自転車、クロスバイク、ツーリング車、ロード、とバラバラなので、少し走ったところで、ロードの3人(和田、西川、高橋)には、先に行ってもらう事にした。
 私、後藤、杉本の3人、遅れる形で走ります。
 「新幹線」の所で小休止、そこに松岡兄弟が合流でした。
 
ロード組5人で先に行って、コンビニ休憩することにした。
 私らは時速22キロ程、ゆっくりでは無いが、折り畳み自転車は、この位でないと大変だもんね。
 コンビニで小休止、此処からは、駐車場が判りにくいので、一緒に行きます。
 車が渋滞気味、やっぱり混んでいる。
 南側入り口を通り過ぎ、北側と言うか東側と言った方が良いのか、そっちの駐車場へ。
 車も多いが、バイクも多いね、自転車も多く10台近く止められている。
 参道を歩いて、お稲荷さんにお参りをする。
IMG_2842.jpg
 今日は、名刺を持ってきたので、名刺を挟み込んで、お礼を。
IMG_2840.jpg
IMG_2839.jpg
 串カツで昼飯、と思ったが、込み合っていて大変なので、カレーがおいしい! と聞き食べる事に。
IMG_2844.jpg
 お土産を買って、戻ります。 

松岡兄弟は、「多度大社」に向かったので、6人で戻ります。
 下道、それも車があまり通らないコースにした。
 民家の間を走るので、横から出てくる車や人に、気を付けないといけないが、車がガンガンすれ違うよりはいい。
 このコースになると、途中から先ずは和田さんが、さようなら! 次に高橋さん、そして杉本さんがサヨナラです。
 「泰山木」に戻ったのは、後藤、西川さんと私の3人です。
 これで、2019年のサイクリングは、終了です。

2020年は、1月11日(土) ”おはようサイク” 開始日です。

おはようサイク 番外編

12月28日(土) 天気 曇り
朝から、予定もないし、運動をすることにしていたので、走る準備をする。
 今木さんも、来る連絡が有ったので、「泰山木」に集合です。
 コースは、「揖斐工高」の所の、峠を上って「谷汲」へ出るコースになった。
 29インチMTBの今木さんが、前を走る事にした。
 スピードも任せて、3メートルほど離れて、後ろを走ります。
 時速20キロ程、ケイデンスを徐々に上げて行く事にした。

「平野庄橋」東交差点を過ぎると、時速22キロほどにアップする。
 ギヤを変えずに、ケイデンスを100回にした。
 この方が、早く体が温まるし、指先日も流れて、しびれが無くなるのも速い。
 グライダー練習場すぐ北側、スポーツ少年団のサッカーの練習が、なされている。
 寒い中、見守っているお母さん方も大変だねえ!

「三町大橋」下をくぐって、中間の堤防をそのまま道なりに走って、「303号線」手前から左へ。
 すぐに303号線に入って、間もなく右折横断する。
 山の裾を走るが、途中、運送会社の署員の人らが、落ち葉の掃除をしていた。
 しばらく小川伝いに走ると、今木さんが “珍しいもの有るんだよねえ!” と言いながら停車。
 「百観音」と言うのが有るんだけど、どこか分からないんだよね! と言うので、探すことにした。
 観音様みたいのが1つあって、その横に、「百観音」の看板がある。
IMG_2836.jpg
 写真が載っているが、それらしきものは見られない。
IMG_2838.jpg
 自転車を置き、庭らしき方に入って見る、何もないが、山の方に階段が有るので、行ってみる事に。
 少し上ったら、講師の扉があって、行き止まり状態、よくある事です。
 張り紙を見ると、この奥らしく、入っても良いが扉を閉めてください、と書いてあるので、ロープをほどいて中へ。
 そのまま恐る恐る、山道を登って行くと、ありました! 看板に乗っていた光景です。
 山道の両側に、並べられた「観音様」
IMG_2832.jpg
 四角な石の上に、40~50センチほどかな、すべて同じものではなく、千手観音みたいのもある。
IMG_2833.jpg
 倒れているものもあって、今木さんが起こしてました。
 良く見ると、京都、長野とか書いてあり、誰かが持ってきた感じですね。
 看板には、・・巡りしている間に、病気になったり、無事にめぐり終えたりした人が、供養に持ってきた・・。
 そんな事が書いてありました。
 こんな近くに、全然知らない、いろんなものが有るんだよねえ。
 扉を元通りに、占めてロープで施錠して、戻ってきました。

峠を上って「谷汲」へ降りましたが、モーニングに間に合うよう、途中短縮し裏道を走る事にした。
 日が当たる所に来ると、暖かさを感じる、青空になってきて、晴れて来たんです。
 風もほとんどなく、サイクリング日和、そんな感じになってきました。
 「根尾川堤防」周りの景色を眺めながら、前の今木さんの頑張っている姿を見ながら、走ります。

良い時間に戻ってきました。
 2人でのコーヒータイムですが、やっぱり来年の走りの話題でした。

サイクリングに続いて、ランチ忘年会を開催!

12月22日(日) 天気 曇り
予報は雨だったけど、午前中は何とかなりそうな、曇りの天気です。
 走る準備をし、忘年会の用品も持って、最後まで悩んだ末に、自転車は何時ものフラットロードにする。
 走るんだろうから、ロードにと思ったが、シューズカバーがないので冷たいだろうし、もう1台は出すのが面倒なんですよね。
 誰々が走るんだろう? 少し心配しながら集合地の「タイサンボク」へ。
 参加者 7名 (和田、多和田、清水、西川、松岡篤、松岡知、私)

そうそうたるメンバーで、やっぱりロードにすべきだったなあ!
 コースは、堤防を下って・・ 工事中の個所がある! との事だったので、変更し「横蔵」コースにした。
 このメンバーでは着いて行けそうにないので、速度は遅いが、ノンストップで「昆虫館」まで行く事にした。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、何時もとは反対に、最後尾になるし、此処から間が空いてしまう。
 なんといっても最年長だから、仕方ないよね。
 時速24キロでも少しずつ遅れる感じだもんね。
 いったんは「平野庄橋」東交差点で追いつくも、走りだしてすぐ、同じ状態になる。
 幸い向かい風はそれほどなく、時速25~6キロ程、前の方にみんなが見える。
 後ろに付くのも良いが、練習にならないので、1人先頭走りだ。
 ケイデンスは95回ほど、体が温まってきたので、少し落として走る。
 とにかくあまり無理をせずに、走り続ける事にする。
 和田、西川さんの二人が遅れて、間が空いた様子だ。
 私との差が開かなくなってきたので、同じような速度になったんだね。
 「前島橋」交差点で追いついた形、でもすぐ離されて反対側堤防を走る。
 和田さんも頑張っているが、「朝鳥公園」トイレ休憩はいるんだろう! と思う。
 「井ノ口橋」下をくぐったところに、松岡兄弟が止まっていた? コースが判らないかも。
 和田さんらと一緒に走りだして、「朝鳥公園」駐車場に入ったが、私は予定通りスルーした。
 
「川口橋」を過ぎ登りに入る、ギヤをチェンジし走るが、速度は19キロ程になる。
 それほどきつい登りでは無いが、「揖斐峡大橋」手前までは、ずっと登りになる。
 ここは意識して登れば、それほどきつい登りでは無い感じなんですが、トンネル後がどうもね。
 息が上がってきたが、何とかこなして橋を渡り「303号線」交差点、止まっている間に水分補給です。
 松岡兄弟が追い付いて来て、一緒にトンネルへ。
 出た後が大変、だらだらした登りだが、足が動かないんですよね。
 さすがに若い、松岡知(弟)が前に出て行った。
 これで最後の登り! の所に松岡弟、ゆっくり走って居る、コースに自信がないんだろう、追い付く。
 下りは先頭になって走り、交差点を左「横蔵寺」へ。
 不思議なことに、足に力が戻ってきているので、なだらかな登りは快調に、橋から登りが急になるが、頑張って上り切る。

「横蔵寺」の駐車場、そのままUターンし、下りへ。
 ワー!! ッと下れると思ったが、意外と向かい風が有って、速度が出ずに踏む事になった。
 交差点の所にサイクリスト、和田さん? と思いきや、清水さん? わきに逆さにした自転車が、パンクかあ! と思いストップ。
 スポークが折れた! バシ!っと音がして、止まったらスポークが・・。
 見ると、後輪のニップルが1箇所折れていた。
 とりあえず、スポークは良さそうなので、からげるもの・・ 外れるかな? 扁平のスポークで外れました。
 私のバックに入れ、とりあえずゆっくり走って戻る事にした。
 リムは曲がっているので、キャリパーを少し開いた形、とりあえず走れる。
 急な坂を上って、平坦になった所で、後ろを確認すると、清水さんがいない?。
 ゆっくり走るしかないな! 私は、27~8キロならのゆっくり表現だったけど、彼は20キロ感じだったようだ。
 再度確認し、それなりのスピードで、アップダウンのコースを走って、「昆虫館」駐車場に到着です。

和田、西川さんは、「朝鳥公園」から「井ノ口橋」~「谷汲」コースで来たとの事でした。
 少し遅れて、多和田さんも到着(用事で、途中下車って感じ)みんなで休憩です。
 ”スポーク折れ” そんなの有るの? 無い事ではない、強いショックを与えると、折れる事はある。
 折れると、片方に引きが強くなって、リムが振れてブレーキにこすってしまうので、キャリパーを開いた状態で、とりあえず走る。
 スポークが遊んでしまうので、テープかなんかで隣のスポークにからめるか、抜いてしまうかする。
 今回は、ニップルの破損なので、ニップルのみ交換し、振れを取るだけで大丈夫だと思う。
 皆も、いい経験だと思うよね。

頑張り過ぎたので、折れダラダラで帰るよ! と言いながら駐車場を出る。
 時間的には、11時15分ごろには、ゴールできそうな最適なスタートだ。
 でもこのメンバーでは、だらだらにはならないよね。
 「谷汲口」を過ぎても、時速28キロだもんね。
 後ろのグループで走ってはいるが、何ともなりませんです。
 やっぱりロードで来るんだった! そう思いながら、年を忘れて走るんです。
 途中、家によって15番のニップルを・・ と考えたが、用事もあって、清水さんが家に戻って、出直してくることになる。
 スピードアップし前へ、面白くなって後ろへ着く、32キロ! 33キロ! はや!!
 前の方を走る和田さんチームに追いつき、そのまま追い越す。
 面白くなって、そのまま後ろで走るが、カリモク手前で終了、すると和田さんが代わりに後ろに付いた。
 頑張りますねえ! しばらくすると、終了! って感じで間が開く。
 で良い感じで走ったよねえ! 走り過ぎました。

予定時間に「泰山木」に到着でした。

12時少し遅くはなったが、 2019年、令和元年のサイクリングクラブちゃりんこPit 忘年会です。
 参加者16名、盛大に実施しましたよ!
 乾杯は、最年長の飯沼さん
IMG_2815.jpg
IMG_2824.jpg
 もちろん、コーラ、ジュースであるコールは0。
 今年の走りの状態は、前回までで、イベントなどを含めると、91回走ったことになる。
 最高は、年寄り組で 後藤さんの 72回  若手組  多和田さんが 44回
           和田さん  62回       今木さん   30回
           内藤さん  43回       田中、西山さん 25回
   田中、西山さんは、今年から参加なので、本当に頑張ってくれました。
   特に田中さん、”頑張りましたで賞” を贈呈しました。
 大きな事故やトラブルもなく、皆のおかげで、名所旧跡巡りサイク”もやれましたし、楽しくもあり、有意義で、良い1年の走りでした。
 16人も参加してくれ、いろんな話に花が咲いて、本当に楽しい時間です。
 恒例の 福引 あみだくじ をやったり、楽しく団らん時間を過ごしました。
 お腹も一杯になり、最後にコーヒーをいただいて、終了です。

来年は、私事ですが、9月に ”東北のサイクリングイベント” に行く。
 ”琵琶湖一周” はまた行きます。 (田中さん目標です)
 ”琵琶湖自走 215キロ“ 5月に計画! まとまりました!!
 木村さんの、”名所旧跡巡りサイク” やりましょうね。

最後に「泰山木」からのプレゼント、コーヒー券? 残念ながら、私は1枚、2枚当たったメンバーも。
 ありがとうございました! 来年もよろしくです!!
 

おはようサイク 19-77

12月21日(土) 天気 曇り
今年最後の ”おはようサイク” 何とか雨にならずに、走れそうだ。
 ”おはようサイク” だけで、77回になるんだもんね、同じようなコースを、よくもまあ・・
 服装も同じで、1年が終わろうとしています。
 参加者 9名 (後藤、多和田、清水、箕浦、和田、田中、西川、内藤、私)

箕浦さん、風邪をひいてたようで、久しぶりの参加になり、Bコースを所望する。
 他のメンバーは、追加するか「谷汲」コース、と言う事でスタートした。
 「下座倉大橋」を渡って左折、後ろから賑やかな声がする。
 久しぶりのメンバーが来ると、話すことが多いんだろうね。
 多和田さんは、折り畳み自転車、あんなのを持ってたんだっけ? って感じだけどなあ。
 そのこともあっての、話題かも知れない。
 
何時ものように先頭、箕浦さんなので、時速23キロでも大丈夫! と思いながら走る。
 高速道路、走っている車が見える、そう言えば開通したんだよね、多和田さんが走ってきた、200円だった、そんな話題もあったな。
 なんとなく、静かに開通したって感じ、余り珍しくもないんだろうね。
 
「平野庄橋」東交差点赤信号停止、手の指先は暖かくなってきた。
 走りだし、Y字路を左に少し走ったところで、清水さんが前に出て、「川口橋」追加走りの話をし、そのまま前方へ。
 和田さんらも出るんだろうと思っていたが、誰も出て来ずに、清水さん1人だけ先に行った。
 向かい風はあるものの、ひどい感じはなく、23~24キロだったら大丈夫、そんな感じだった。
 箕浦さんに、早い? 遅い? ちょうどいい? ちょうどいい感じ! なんか湯加減を聞いてる感じだね。
 そんな話をしながら、調子は悪くない感じです。

「三町大橋」下をくぐって、誰も前に出て来ないし、調子も良いので、追加しますか? いいですよ! の声。
 橋を渡って再度堤防へ、清水さんとの時間合わせもあって、「厚生病院」の所まで行く事にした。
 体も暖かくなって、汗ばんでも来たので、ちょうどいい加減だ。
 皆には、もっと走ってもらおうとしたが、「厚生病院」の所でUターンしてしまった。
 箕浦さんの姿が見えず、待つが来ないので、戻ってみる事にした。
 暫くすると、向かって来たので、Uターンしてもらい途中から下道へ入ろうとすると、和田さんが走ってきた、Uターン! Uターン! と声をかけるが、そのまま堤防を走って行ってしまった。 (2人とも途中トイレでの遅れです)
 清水さんも行ったことだし、良いか! と思いながら、Bコースに戻って、トンネルを抜け、駐車場へ。
 さすが清水さん、早いわもう着いている! そんな事を思いながら、休憩だ。

暫くして、和田さんが到着、結局「井ノ口橋」まで行ったそうで、みんなどうしたの? って感じ。
 なんだかんだ話してると、清水さんも追加無しで来た感じで、1番走ったのは、和田さんだったんです。
 ご苦労さんでした! 全員で大笑いの休憩時間。
 その後、多和田さんの折り畳み、ヘッドの部分にガタが有る? との事で確認。
 確かに少しガタが有り、調整するがうまく治らず、帰ってから再度実施することにした。

「三水川」堤防、入るまでのコースは、多和田、和田さんが短縮して走ってきた。
 トイレに寄ったのかもね、此処からはまた全員一緒になりました。
 カモ、魚食ってるのかな? いや、草食系じゃないの? そんな話をしながら、ゆっくりした走りです。
 多いのは、「根尾川」「揖斐川」だと、撃たれるので、ラインでもしあってここに来るんだろうね。
 のどかな風景を眺めながら、「根尾川大橋」に着いた。

橋を渡って、Uターンした形で、「泰山木」にゴールです。
 マウンテンバイクの話題に、自転車の扱い、バランスのとり方はうまくなると思う。
 ロードとは違う形で、足腰が鍛えられるしね。
 来年は、マウンテンバイクに乗る機会が増えそうだね。

終了後、折り畳み自転車の修理です。
 ヘッドのカラーを、私が持って居るものと交換し、再度組みなおすと、ヘッドのガタは亡くなったが、ハンドルポストのガタ? はまだ感じられ、やって居る内に、フレーム折り畳みの部分にガタが有るのを見つけ、修正する。
 これでガタは感じなくなったが、いろんな所に ?? を感じる結果となった。
 まあ、こんな事も有りますよね、とりあえず治ったので、あとは様子見です。

おはようサイク 19-76

12月15日(日) 天気 晴れ
少し暖かいかな? 家族の皆と朝食が合ったので、家で朝食をとって、集合地へ。
 久しぶりに、松岡兄弟が来てくれました。
 参加者 7名 (後藤、多和田、高橋、松岡兄弟、平田、私)

平田さんが、マウンテンバイクを持って来て、エアーが抜けなくなった! との事なので、サスペンションの外側にオイルを塗る。
 ほこりなどでサスに傷がつく場合がある、その為のオイリングをし、滑りを良くして置く。
 再度エアーを調整、サグを確認10mm程あるので、エアー圧を高くし、再度確認、5mmになったので、これで行く事に。
 1人だけ、河川敷でマウンテンバイクを楽しむことに、取り敢えず、エアーポンプを遂行してもらう。

私たちは、このメンバーなので「谷汲」コースだろうね。
 ウオーミングアップを終え、多和田さんに、松岡兄弟来てるので、3人で先に行って! と話す。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、今回も向かい風、3人が前え?? 高橋さんも一緒だった。
 後藤さんと私の2人が少し遅れて、頑張るしかない感じだ。
 最近の高橋さん、走りに目覚めた感じで、良い走りが出来ているからね。
 時速26キロはきつい向かい風、24キロで行くしかない。

「平野庄橋」東交差点、前のメンバーが止まっている間に、何とか追いつき再スタートです。
 すぐに少しづつ離されるが、高橋さんはそのまま、前のチームの最後尾で走って居る。
 こんな風の時には、後ろに付いた方が楽かもしれないが、運動ですから風を切って走るんです。
 「三町大橋」手前で、1人高橋さんが遅れてきた、あの3人の後だと、さすがにきついか?
 こちらもきつい、ギヤを下げたり上げたりしながら、何とか25キロを維持してはいるが。
 再び堤防に上がってから、高橋さんに追いつき後ろへ、少し呼吸を整えて、きつそうだったので前に出る。
 高橋さんは、小さいうえに良いフォームをしているので、意外と風よけにならない感じ。
 後ろを走るんなら、大きい人の後ろが楽だねえ! ってことを再確認だった。
 
「前島橋」交差点、止まって2人で きついねえ! 息がハアハアしている。
 昨日も頑張っての今日だから、心拍数は良いかも、でも足がねえ、年だね! って感じだ。
 前の3人の姿は見えないし、頑張って走るしかない。
 同じような向かい風、前傾姿勢を深くして、少しでも抵抗をなくして走るしかない。
 緩いカーブは横風、終わるとまた向かい風、「井ノ口橋」袂を右折、向かい風無くなりホッとするね。
 信号交差点停止、水分補給しながら後ろを確認、皆無事にいる。

「広域農道」ほぼ追い風、なだらかな登りも26キロで走って、トンネル前の登りに。
 ギヤを落として一気に・・ とは行かなかったが、よれよれでトンネルへ。
 後ろからのライトの光で、すぐ後ろにいることが分かったので、トンネルを出ても休むことなく、下りへ入る。
 フロントギヤを外側にし、惰性に助けられる形で走る。
 頑張って走るが、後ろは着いてきている感じなので、緩めるわけにもいかない感じだ。

「昆虫館」の駐車場、屋台が出来ていた。 (毎月第3日曜は、イベントが有るとの事だった)
IMG_2809.jpg
 入口の所では、日が当たらないので、当たる所に移動、やっぱり暖かい。
IMG_2810.jpg 
 ”ばくだん” と言うのかな? 見たかったが、温まるまで時間が掛かる! と言われ断念、戻ります。

高橋さんは戻りも好調、「谷汲口」まで、時速29キロでも離れる感じ。
 多和田、松岡弟は既に見えず、高橋、松岡兄が前、私、後藤さんが遅れて2人だ。
 「万代橋」の所までにさらに遅れ、その後の登りでも見えないほど。
 「根尾川」堤防は、追い風に任せて時速35キロまで上がるが、続かないよねえ。
 このままでは追いつけないかも? そんな事を感じながら、それでも頑張って走って行くと、「大野橋」袂で止まっている。
 車の往来が多く、横断できないでいた様子、すぐ近くまで追い付く。
 また少し離れたが、見えているので頑張る事にしたが、驚くことに、高橋さんが前を走ってる。
 時速30キロで追いつかないスピード、本当に頑張ってるよねえ。
 「カリモク家具」手前からは、平坦になり追い風も横風に、前のスピードが鈍ってきた。
 頑張りどころ、踏ん張って何とか後ろに付き、一休みって感じだ。

「薮川橋」下をくぐって下道、坂を上って再び堤防、時速30キロそのままで上り切る。
 坂の途中で先頭になってしまったが、頑張りどころを頑張ってしまった感じだ。
 とにかく、ここまで来たら走り切ってしまうしかない。
 「真大橋」下をくぐって、坂の途中から左折、下道に入ってもそのまま走る。
 最後の交差点を渡ってスローダウン、みんな良く走ったねえ!。

「泰山木」店内に入って、席に着くが 暑い! たまらずジャケットを脱いでしまった。
 高橋さんらも同様に脱いでいるし、背中も汗びっしょり、風邪引かないように注意だね。
 アイスコーヒーって感じもするが、ホットにした。
 それにしても、高橋さんの変わりようはどうなってるの、話をすると、走るのが楽しくなってきた! 感じだそうだ。
 体調がよくなったのと、運動を続けたので、自分でも走れる! って感じが有るんだそうです。
 良い事ですねえ、追い越してください!!
 松岡兄弟も、2人とも元気で仕事をやれてる様子で、良かったですね。
 早く終わって、魚釣りのつもりだったんですが、走り過ぎたので、これで終了です。

おはようサイク 19-75

12月 14日(土) 天気 晴れ
さあ! 土曜日です! って感じではないが、何時ものごとく、起床してまず水をコップ1杯飲む。
 顔を洗ってトイレ、そして着替え、バックとヘルメットをもって、玄関へ。
 車に自転車を積んで出発、「薮川橋」の所で、サイクリスト6人、少し後に2人とすれ違う。
 コンビニでパンとジュースを買い込んで、集合地です。
 参加者 6名 (後藤、飯沼、今木、和田、田中、私)

平田さんが、マウンテンバイクをもって参集、買ってほとんど乗ってないらしい。
 オイルデスクブレーキ、前後エアーサス、26インチのマウンテンバイクだ。
 状態確認をしてほしいというので、チェックする。
 ブレーキレバーを握り、効きの状態を・・ 問題無し。
 フロントサス、戻りもあってほぼ問題なし。
 リヤサス、エアーが抜けているので、ポンプでエアーを入れる、サグの確認で、乗ってもらうと、抜けた?
 再度エアーを入れるが、体重をかけると、また下がってしまった。
 又入れるが、アツが上がらず?? フロアポンプを使って、急激に入れると、アツが上がった。
 やっぱり、長い間使ってなかったので、シールが効かなくなっているんだろう。
 とりあえず、このまま少し置いて、抜けたらまた詰める事、自転車を逆さに置いて、オイルを下げてみる。
 それと、明日にでも、サスに塗るオイルを持ってくる、そんな話で様子見です。

遅くなったので、皆を先に出てもらって、後追いをして走りだします。
 温度の寒さでなく、空気が寒い感じ、走りだすと特に感じる。
 昨晩、「ゆ~みんぐ」で運動したので、足は回るが力が・・ って感じだ。
 それほど遅くなったように思わなかったが、メンバーの姿が見えず、大分離れたようだ。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、冬特有の向かい風、それほど強くはないが、重さを感じる。
 飯沼さんが居るので、せいぜい22キロだろうから、頑張って26キロで、何とか追いつくだろう。
 そう言えば、今日は高速道路の開通日、車が並んでる様子はない。
 「平野庄橋」東交差点を走り抜けるのが見えた、下の方から抜ける事にした。

少しづつ、前を走るメンバーが大きくなってきて、グライダー練習場を過ぎたところで、追い付いた。
 少し前を、和田、田中さんの2人、後藤、飯沼、今木さんの3人が、後ろだ。
 今木さんとコースの打ち合わせ、「大谷トンネル」~「谷汲」~別行動。
 飯沼さんも調子良さそうなので、私らも行けそうだったので、そのつもりで前に出る。
 飯沼さんらと相談、風で走れそうにない! 追加走りで、Bコースになる。
 和田、田中さんが頑張っているので、後藤さんに飯沼さんを頼んで、前の2人に追いつく。
 「谷汲」はきついとの事で、「川口橋」まで行く事にした。

「三町大橋」下をくぐって、再び堤防へ上がったところで、先頭に出る。
 和田さんと交代した感じになる。
 やっぱり向かい風で大変、とにかく頑張って走る事にした。
 すれ違う車の風で、20キロになったり、結構きつい。
 時速26キロ、どこまで行けるか、頑張って見るしかない。
 「前島橋」を過ぎ緩やかに右カーブするところは、風が横風になって、少し楽になるが、ほんの少しの間だけ。
 「井ノ口橋」で後ろを確認するが、誰もいない? 付いて来れなかったようだ。
 せっかくなので、このまま「川口橋」まで行き、そこで待つことにした。
 少し上りを感じながら、民家の間を走り抜ける。
 久しぶりなのでか、端までが長く感じる、息が上がってきた。
 左折して橋の上、スピードを落として、2人を待つが来ない。
 橋を渡って左折、すると反対側に田中さんの姿が、待とうとしたが、橋の所でUターンした。
  (和田さんは、途中でトイレしたそうで、途中ですれ違ったとの事だった)
 それなら、と思ってスピードアップ、「井ノ口橋」で合流することにした。
 わたっている途中で、田中さんの走る姿を確認、袂で合流する。

戻りの堤防は追い風、時速30キロ、付いて来ているのは進歩だなあ。
 「岡島橋」の所で、長岡さん70過ぎてるんですよね? 72歳! ほんとですか?
 そのまま2人で走り切って、トンネルを過ぎて、駐車場に到着。
 後藤さんらは、先に到着していて、少し遅れて和田さんも到着です。
 
帰りは「三水川」堤防、カモが多く川面に。
 柿の木は、葉が落ちて枝がむき出し、黄色の実が残っている木が、冬を感じさせる。
IMG_2807.jpg
 落ちた葉を集めて、燃やしている煙が、あちこちに上がっている。
IMG_2805.jpg
 柿の木の手入れは、、大変だ! と聞くが、枯葉の処理もあるんだね。
 そんな作業をしている姿を見ながら、堤防を走ります。

ゴールしてのコーヒータイム、早いわあ! (田中) 田中さんも走れるようになったよねえ! (私)
 走れるときは、こんな風に走って見るのも大切。
 ゆっくり走る時は、ケイデンスを上げて走るし、今日みたいに頑張る時も。
 そうすれば、どんどん走れるようになって来るさ。
 そんな話を。
 マウンテンバイクを治さなくちゃなあ!

おはようサイク 19-74

12月 8日(日) 天気 晴れ
予報通り朝から暖かい感じ、「大野町」側溝の掃除日、8時から東側の川の掃除だ。
 一人だったが、とにかく約束事なので、木を切ったり側溝内の石ころを払ったり、掃除です。
 9時前に終了するも、腹が減って朝食、自走で「泰山木」へ。
 モーニングをしているところに平田さん、私服姿で来た。
 カラフルタウンのトレック店に行ったとの事で、マウンテンバイクが面白い! との話。
 しばらく乗ってないからねえ! 又乗りますか! そんな話に。

10時30分少し前、慌てて店を出て「パレットピア大野」に。
 ”大野ポタリングクラブ” 活動日なんですよね、バイクラックに1台のロードバイク、でも関係ないサイクリストでした。
 残念ながら、参加者はなし! 走り終えた内藤さんが来たので、一緒に「泰山木」に戻る事にした。

”おはようサイク” 参加者 5名 (後藤、多和田、和田、高橋、内藤)
 「谷汲」コースを走ってきた! との事。
 内藤さんは、遅くなって家からスタート、「大谷トンネル」を抜け、「昆虫館」での合流。
 一緒に戻ってきた様子だ。
 暖かいので、皆さん汗をかいているので、その後風邪を引かないように。

内藤さんと一緒に「三水川」堤防を戻る。
 天気は良いが、走る気力がなく、そのまま家に戻ってしまった。
 本当に、歳の制か、積極性がどんどんなくなってしまう感じです。

おはようサイク 19-73

12月 7日(土) 天気 曇り
仙台に住んでいる姉が来て、観光のお供をしてたので、前回のブログが、昨夜のアップになってしまった。
 そんな事もあって、おはようサイクが続けてきた感じだね。
 寒いのも今日まで、との予報もあるが、あてにならず、頑張るのみだ。
 久しぶりに、杉山さんが参加、中々女性陣が複数そろわないのが、ちょっと残念だけどね。
 参加者 7名 (後藤、長谷川、和田、田中、西川、杉山、私)

私と杉山さん(女性)の2人でBコース、他のメンバーで「谷汲」かな? そんな思いでスタートです。
 丸1週間運動をしていない(ゆ~みんぐは大掃除で1週間休み、その他で)ので、体が動かない。
 走る前に、準備運動などやるが、足が回らない感じだ。
 「下座倉大橋」を渡って左折、後ろに下がって、”「谷汲」コース行く?” ”寒いのでBコースで良い!” ”同じコースだと、待つ時間長くなるので、「井ノ口橋」でUターンして来て!” と言う事になった。
 こっちは、時速20キロ程で行けば、ちょうどいい感じだろう! の想定です。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、何時もの向かい風、5人が前に出て少しづつ離れて行く。
 ケイデンスを80回から90回にすべく、ギヤを変更する。
 時速は20キロ、ケイデンスを上げ体を温める作戦です。
 「神戸大橋」の下をくぐって坂を上って再び堤防へ、?? ダンプが来た、あんた下だろう!! (道幅が狭く、上下一方通行状態になって居る)きっちり端へ寄らないと、自転車でもすれ違えないのに。
 案の定、杉山さんは、止まってしまいました。
 「平野庄橋」東交差点赤信号停止、後ろを確認すると ?? 杉山さんの姿が見えず。
 何か問題でも? 戻ってみる事にして、すぐ姿が見えたので、再度Uターンする。
 早いですウ! って事だったので、とりあえず良かったです。
 再スタート後は、17キロにして、ギヤを最大限軽い所に変更、ケイデンスが103回ほどになった。
 慣れてきたせいか、足が回るようになってきたので、これで行く事にした。
 「池田山」上の方は白くなって居る所が有る、雪が積もったんだ。
 小休止と共に写真を撮る。
IMG_2803.jpg
 後ろの「伊吹山」、北側の奥の山も白くなっている、本格的な冬当来だね。
IMG_2802.jpg
 そんな事をしている中、グライダーが飛び上がって行く、うわー! すごいねえ!! 引っ張るのが有っちに有るんだ! もうすぐ切り離すよ! あ! 落下傘みたいなのが付いてる! そんな話を。
 また走りだしますが、少し心配になってきました。
 「井ノ口橋」でUターンだと早過ぎかもな! トイレでも寄ってくれるといいけど、と思いながら走ります。
 走ってないとダメですねえ! 20キロで走れないもの、17キロでしょこれなら着いて行ける! 「谷汲」行けるよねえ! なんて話してたんだけど、これじゃあだめだよねえ! こんな声が後ろからします。
 やっぱり、定期的に走ってないとねえ! 私らも、2回抜けると大変だもんね、そんな話に。

「303号線」を横切ってトンネル、さすがにほんのり暖かい、そんな感じに救われる。
 坂を下って駐車場、誰もいない? やっぱりトイレ寄ったかな、良かったねえ! 俺たちが早かったねえ!
 少しすると、下ってくるサイクリストが見え、駐車場到着です。
 「川口橋」まで行ったようで、タイミング的に、かえって良かったです。

そろって休憩、風も無く、太陽の光が何となく暖かく感じる。
 和田さんが、コルナゴのクロモリフレーム自転車を乗り出したので、試乗してみる事に。
 フォークがストレートなのでか、割とクイックな感じ、ダンシングすると重量感を感じ、良い感じで振れる。
 車輪も34本スポークなので、硬くもなく良い感じなんだと思う。
 そんな話をしながら、休憩を終え戻る事にした。

「三水川」堤防に戻って、川面を眺めながら、ゆっくりサイクリングです。
 役場辺りから、ダンシングで走って行く事にした。
 しばらくやったことのない練習なので、余りスムーズでないペダリング。
 ペダルを水平にして、そのまま走ったり、頭を動かさずに、体重をかける意識です。
 膝の上の方に違和感を感じ、運動しているのが判る。
 「真大橋」の所を過ぎたあたりで、長谷川さんらが前に出て来たが、ケイデンスが高い回し方だ。
 ゆっくりではあったが、それぞれが考えて走っているようだね。
 ダンシングをしたままで、「泰山木」ゴールです。

店内は今日も大繁盛! って感じで、2席に分かれてのコーヒータイムです。
 杉山さんは、電話があって早々に帰ったが、私らはゆっくりモーニングを楽しんむ。
 左上腕に違和感、ひざの上の筋肉も使った、そんな感有。
 スピードが遅くても、走り方の寄っては十分運動できる ってことだと思う。
 田中さんと、初めは皆こんな感じ、箕浦、飯沼さんらも、時速17キロ走行距離10キロから始まったんだから。
 1年くらいして、びわ湖行ってみたい! と言う事になり、「木曽三川公園」往復出来たら・・ で連れて行った。
 そんな話を、来年は田中さんもチャレンジしてみるといいと思う。
 日ごろの運動についても少し、とにかくあまり無理せず、定期的に続けること。
 私の年でも、美味く運動すると、筋肉が付いて来る、面白いですよ。
 とにかく、あまり無理をせずに、効率よく運動することではないかな。