おはようサイク 20-37

7月19日(日) 天気 晴れ
昨日は、起きた時に雨は降って居なかったので、走れる! と思って、着替えをした。
 バッグ、ヘルメット等を持って、外へ出ると?? ざあざあ降の雨! そのままの服装で、「泰山木」へ。
 モーニングを終え、店を出たところで後藤さんが来て、逆戻り、その後に、木村、西川さんが来て、モーニングで終わった。

今日は、朝からそんな心配はない、青空が広がり、梅雨が明けた? そんな感じだ。
 自転車は、トレック1500(25年ほど前のアルミフレーム)で、自走することにした。
 家を出て堤防へ、当たる風が少しひんやりとして、気持ちがいい、サイクリング日和。
 メーターに目をやると、時速27キロ、さすがにロードバイクは軽い! 最初からこれだもんね。
 久しぶりのロードの走りを楽しみながら、集合地に、後藤、和田さんが先着です。
 参加者 6名(後藤、和田、箕浦、高橋、杉本、私)

腹がまた出てきたあ! 確かに、運動不足で、私も腰が(土曜日)痛くなった、木村さんもギックリ腰だって、言ってた。
 雨で朝の運動が出来ないし、コロナで夜の事務にも行けない、そんな日が続いてるからなあ!
 それぞれ、皆も同じような状態のようだ、そんな話をしながら、準備をする。

天気もいいし、ゆっくりで「横蔵」回りするか! とスタート、向こうからサイクリスト、杉本さん合流です。
 杉本さん入ると、平均年齢だいぶ落ちるなあ! とか言いながら、ウオーミングアップ走行です。
 確かに、その前は全員70歳以上でしたからね、平均年齢最高ではなくなりました。
 和田さんと、世間話をしながら、時速18キロほどで、ウオーミングアップ。
 「ゆ~みんぐ」を回っても、変わらずゆっくりした速度で、のんびりサイクです。
 男性サイクリストとすれ違う、「神戸大橋」を渡るサイクリストも、天気もいいので、走っている人は多そうだ。
 そんな話をしながら、縦1列になって橋の下をくぐって、再び堤防に上がる。
 「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、スピードは20~21キロで行くことにする。
 途中から早くなるんでないの? そのままで行くから! 絶対いけないよ! そんな話の後、走りだします。
 ケイデンスは92回ほど、しっかりと有酸素運動だね。
 それにしてもいい天気だ、この人数はもったいない感じです。
 ギヤを変えて、ケイデンスを102回に、ブレーキを持つと前傾姿勢を保つ、練習になる。
 フラットロードよりも、だいぶフォームが前に倒れるので、首も大変です。
 グライダー練習場の辺で、和田さんが前へ、やっぱり我慢出来ないんですね。
 少し離れたところで、杉本さんが後を追い始める。
 2人がどんどん先に行く、こっちは相変わらず、時速21キロ、ケイデンス102回。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、左折し、再び「揖斐川」堤防へ。
 スピードの確認をする、このままでいい! との事なので、21キロです。
 スピードは遅いが、ケイデンスが高いので、汗が出てきました。
 「岡島橋」を渡って反対側へ、先頭交代、箕浦、高橋、私、後藤さんの順です。
 それにしても快適です、体に当たる風は、涼しいしさわやかな感じです。
 川を流れる水も、綺麗になって、緑も最高に盛り上がりの季節、梅雨の中休み。
 「朝鳥公園」は入れるようになっていたが、通過、「川口橋」の所に、2人が止まっていた。
 やっぱり通行止め、仕方なく橋を渡って国道へ。 (前回、多和田さんから聞いていた)
 後藤さんが、わき道を知っている・・ ので、左へ入る。
 民家の間を走り抜け、少しくと?? 道が草だらけで、走れそうになく、戻ることに。
 国道に戻って、少し走り、トンネル手前を左、旧道に入る。
 路面が濡れて、枯葉が積もって、小枝も散乱し、おっかなびっくりって感じだ。
 景色は最高、
IMG_3441.jpg
IMG_3442.jpg
 途中土砂崩れにて、泥が路面に、片足ついて抜ける。
 「揖斐峡大橋」が、山の緑の中に紅一点、赤く輝いてる。
IMG_3443.jpg
 国道に出て、交差点の所で、トイレ休憩です。
 路肩にあった、水たまりにて、清水の泥を落とし、タイヤも水につける。
 
トンネルを通り抜け、ダラダラ坂、ギヤはそのままで走る。
 頑張って走ることはせずに、少し余裕をもって・・ かっこよすぎか?
 バイクの音がして、横に並んだ?? 白木君でした。
 乗るもの違うだろう!! まだバイクに凝ってるようだ。
 下りは惰性、T字路を左へ、ギヤはそのまま、速度を上げる必要もない。
 今回は、皆で「横蔵」だからね、橋を渡って、少し急になってもそのまま、駐車場奥でUターン。
 おお! 簑浦さん来たね! と言いながら、すれ違って下り坂。
 ギヤはそのまま、完全惰性、24キロ出ると、ケイデンスが120回を超えるので、空回しだ。
 T字路の所で、先にサイクリスト、ビアンキカラーのロードバイク、若い男性だ。
 さあ! 急坂のぼり、ギヤを1段落として、上ります。
 ここでも、ロードの軽さを感じながら、上り切りました。
 ギヤを戻して、相変わらず17キロで、アップダウンへ。
 トンネル前の少し長い登り、途中で杉本さんに追い越され、てっぺんで、高橋、和田さんが先に行く。
 止まっていると、後藤さんが来たので、先に行ってもらい、箕浦さんを待つ。
 姿が見えないので、坂を下って務ると、下り終えたところで見えましたので、すれ違い、Uターンです。
 久しぶりなので、急坂が登れなかった・・ あとは下りですから。
 トンネルから下って、惰性での走りだが、時速47キロになる、でも簑浦さんとは、離され気味だ。
 平坦になって、ギヤを1段変えたが、ケイデンスが追い付かず、最後尾で「昆虫館」到着です。
 
「昆虫館」駐車場には、軽トラックの屋台が、数大イベントの準備中です。
IMG_3444.jpg
 私たちは、何時もの様に、ベンチに座って休憩タイムだ。
IMG_3446.jpg
 道路側に、ピナレロのロード、クロモリロードのサイクリスト、知り合いでは無い感じだね。
 
10時も過ぎたし、そろそろ戻ろうか! と言いながら、ラックの自転車を、外します。
 走りが遅かったので、何時もより30分ほど遅い、そんなスタートです。
 ここからは、箕浦さんペースで、最後尾からゆっくり・・
 走り出して、少しすると、先ほどのピナレロの男性に追い越される。
 すれ違うサイクリストも多く、挨拶を交わしながら、「谷汲口」。
 右折の時には、箕浦さんと2人になって、前のメンバーの姿は、ありませんでした。
 ギヤを変えて、フロントをアウターに、リヤは14Tかな? 踏んで走る事に。
 この辺は、時速27キロほど、「万代橋」から右折、少し上り坂は、後れを取って走り間を詰める。
 「分水嶺」を過ぎて、堤防は向かい風、箕浦さんには少しきついかも。
 でも前には出ず、任せて、こっちは引き足だけで走ることにした。
 「大野橋」横切るタイミング悪く、車が列になってくる、ま、休憩です。
 その後も、引き足走行、くたびれたので、親指をハンドルに起き、ペダルに体重を乗せる、練習だ。
 腰が痛いので、背筋を鍛えるのにも、いい感じなんですよね。
 スピードは、時速24キロほど、箕浦さんが頑張っているので、前には出ません。
 これくらいの風は、最高の運動になりますので、助けませんね。
 こっちはこっちで、勝手にプラスして、運動強度を上げて、楽しんでますので。

「藪川橋」下をくぐって、合流地点、見覚えのある自転車! 内藤さんでした。
 神社の清掃活動で、終わってから来た! との事で、ゴールまで行きます。
 スピードはゆっくりだとはいえ、76歳の箕浦さんには、少しきつかったかな?
 本人は、十分楽しんで走ってきた! そんな話をしながら、「泰山木」ゴールです。

店内に入ると、良かったあ! やっと会えたあ! 元気な声が、兒玉さんです。
 皆の顔が見たくて、ママチャリ電動アシストで、モーニングに来ました。
 相変わらず元気で、周りが、ぱあ っと、明るくなりますよね。
 そんな楽しい? コーヒータイム、また明日から雨だなあ! って感じだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント