おはようサイク” 18-54

9月2日(日) 天気 曇り~晴れ
 心配された天気だが、雨は降らずに行けそう、走る準備をすることに。
  夜は大分寒くなって、タオルケットから毛布1枚になった、もちろんエアコンも無し。
  走るには一番いい季節になって、メンバーも多く集まるといいですが。
  駐車場に着くと、3人ほど先着で走る準備を、
  参加者 8名 (後藤、箕浦、高橋、多和田、平田、内藤、沢田、私)

 箕浦さんの自転車の、ガイドプーリーが手に入ったので、交換することに。
  チェーン外れから始まって、ガイドプーリーの破損を発見、交換することになり発注。
  デレーラーはスラム、プーリーはrideaのPYL1-11TS ゴールドを使用する。
  プーリー2個、なぜかカラーが1個、?? だったが、バラスとガイドプーリーのシャフトが細い、これです。
  ガイドプーリーの方は、付属のカラーを入れ組付け、回転も軽い、テンションローラーはそのままでOK。
  チェーンを元に戻し、ギヤチェンジを調整して、作業終了です。

 気温25度、サイクリングには最高の温度、肌に当たる風が心地いい。
  橋を渡って左折、堤防道路両側の雑草がだいぶ伸びてきて、緑濃い中をゆっくりウオーミングアップだ。
  南からの向かい風を感じながら、時速19キロ、ケイデンス70回ほど。
  「下座倉大橋」を過ぎたところからスピードを上げ、時速24キロほど、ケイデンス90回ほど。
  北へ向かうと向かい風はほとんどない感じ、良い練習が出来そうだ。
  高速道路のインター工事、インターの土盛りも高くなってきて、橋脚とともに、大分形になってきた。
  後ろは箕浦さんのようだ、後ろの方はスピードに波が出るので、2ないし3番目が良いよ! って、
   話したことがあって、それを実践しているんだろうね。
  「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、水分補給をしながらみんながいるのを確認。
  走り出してすぐスピードを26キロ、ケイデンス100回へ、先頭でどこまで行くかだ。
  コースは、天気もいいし、昨日走ってないので、「川口橋」へ戻って「谷汲」かな? 
  早朝、空一杯を覆っていた雲も、大分少なくなって日が差すいい天気だ。
  時速は26キロ、ケイデンス100回、グライダー練習場あたりから、汗が出てきた感じだ。
  「三町大橋」を過ぎて、再び堤防、後ろはしっかりついてきている感じ、頑張らねば!!
  道幅が少し狭くなるので、後ろから車! 声で教えてくれる、最近の車は静かだからね。
  途中右下のお社の所に、10人ほどの人、掃除をしているのかもね、うちの部落も24日にやったなあ!
   とか思いながら、汗がヘルメットの廂から滴り落ちた。
  「前島橋」「岡島橋」を過ぎて、空腹感を覚えてきたのは、何時もの事だが、まだいけそうな感じ。
  実は、27日の夜腹痛であまり寝られず、朝運動に行ったが途中で戻って、昼頃から熱がってだるく、
   夜には下痢になって、28日、熱は亡くなったものの、29日朝まで下痢が続き、おかげで体重が60キロ、
   幸い食欲はあったし、下痢も治っての今日なので、少し心配なところはあったが、問題なさそうだ。
  今回も多和田さんらは後ろのまま、箕浦さんも調子よさそうなので、「井ノ口橋」を通過する。
  ここからは、民家の間になるし道が曲がりくねっているので、注意して走らないといけないし、
   凸凹しているうえに、上っている感じもあって、頑張りどころだね。
  スピードを上下させないようにしながら、前にバス! 後ろに合図してすれ違う。
  「川口橋」を渡って左折、此処までは1度もギヤチェンジをしていない、このまま小さな上り下りを、
   ケイデンスのみで対処、一定にすることも練習だが、これも練習だね。
  今度は「井ノ口橋」を渡ってそのまま坂を下って、「広域農道」、後ろから消防自動車に追い越される。
  あちこちで防災訓練があるので、それの帰りかな? 「303号線」交差点停止、水分補給中青信号、
   ごめん前行って! 最後尾スタートになってしまった。
  変わって箕浦さんが先頭で走っている、ガイドローラーのせいではないと思うが、調子が良さそう。
  トンネル前の登りに入るところで、列が乱れ順番が変わった、ギヤはそのままでダンシングで上る。
  3分の2くらい上ったところで息切れ、ギヤを落としてスピードダウン、上り切りトンネルへ。
  中は期待したほど涼しくなくがっかり、とにかく出口で待つことにした。
  すぐ後ろから来た高橋さんは、元気よく下って行き、反対に男性が1人上ってきた。
  こんちは! 歩道2人来ますので! ツールド西美濃コース、反対から・・・・! いや!
   いつもこのコース走ってるんですよ! そんな話をしている間に、箕浦後藤さんが来て、下って行った。
  ありがとうございました、きおつけて! と言いながら、私も走り出す。
  ギヤを変えて走るが、追い付きそうにない、男女2人や男性1人のサイクリスト、ともすれ違う。
  最後尾で「昆虫館」に到着、今回もジュースを買ってエネルギー補給、さすがに冷えてる!
  前のプランタンに、きれいな花が
画像

  なんて言う花かは、何時ものごとく判らないのですが、
画像

  花も一緒に休憩の風景を
画像

  上っていくサイクリストが何人かおり、下って行くのはエルモのチーム? のようだ。
  売店に来るのは、お年寄りのみ、早すぎてまだ開いてないのが残念ですね。

 戻りのスタートは、箕浦、高橋さんが先頭で、道路に出て走り出した。
  本当に元気な74歳! って感じ、後を追う事にし、ギヤを上げ30キロ超。
  平坦になっても30キロ、頑張ったら36キロになった、後ろは心配ないので頑張ってみる。
  「谷汲口」右折、前後からの車でストップ、差が開いてしまう。
  走り出してすぐ、追い越され? 知らない男性だったのでそのまま、それでも31キロなんだけど。
  とにかく、今日は追いついてみよう! と思い、そのまま頑張って「万代橋」右折で後ろ確認、皆居る!
   ここからの少しの登りも何とかこなして、再び堤防へ、しばらく前に2人が見える。
  スピードを上げ33キロ、少しづつ近くになって来るのが分かると、力が出るよね。
  「大野橋」少し前で何とか追いつく、それにしても早かったね2人は。
  交差点から走り出してすぐに、多和田、平田、沢田さんの3人だ前に出て、引き離して行った。
  箕浦、高橋さん、少し遅れて私、後ろに内藤、後藤さんかな。
  ここでも時速30キロで間はそのまま、少し早すぎない! 心臓に悪いよ! こんな感じだ。
  さすがに限界か? 間が詰まってきたので、前に出て引くことにした。
  せっかくだから、ロードの醍醐味をできるだけ長く、感じたいだろうしね。
  ”チーム60” 頑張ってます!! 50*14位のギヤで、踏み込む感じが何とも気持ちいい。
  フラットハンドルなので、持って居る所は、真ん中から10センチほど、肘を深く曲げ前傾姿勢をとる。
  完全に年齢を忘れて走ってしまっている、そんな感じだね。 (皆かも知れない)
  しかし、これがいいのかもね、お互いに少しづつ張り合って、頑張ってしまうので体に負担をかける、
   ダメだったら後ろに下がり風よけの中を走るか、遅れることもいいしね。
  
 最後は、クールダウンして少し走るが、今日は右折したところに白バイはいなかった、変に安心と言うか、
  物足りなさを感じたのは、私だけでなかったようだ。
 
 「泰山木」今日も賑わっていて、2席に分かれてのコーヒータイムだ。
  汗だくで入ってきた私ら、ヘルメットを取って、白髪頭を見てびっくりしているお客の顔がわかる。
  何時もの事だけど、特に今日は、同年代のような人が、多かった感じだったからね。
  雑談、フリーパワー(雑誌に載ってたのを見ながら)、体操でのパワハラ問題や、自民党の選挙まで、
   コーヒーだけでは足らずに、水のお代わりをしながら、ゆっくりした時間を過ごす。
  

おはようサイク 18-53

8月26日(日) 天気 晴れ
 昨日は、雨で走れず久しぶりの休みな感じで、モーニングだけで終わってしまったが、今日は、いい天気だ。
  まだまだ半袖短パン、毎回同じウエアで、これを着ると走る気になってくるんですよね。
  バッグ、ヘルメットにサングラスとグローブ、忘れ物? 無し! 車に積み込んで、荷台のタイヤを少し降し、
   自転車を積み込むが、蜘蛛の巣があって、それをとってからにした。
  1週間玄関先のラックに掛けて置くだけで、あちこちにクモの巣、クモがいることもある。
  車に乗って窓を開けると、そこにもきれいなクモの巣があった、やばいよね。
  参加者 9名 (後藤、箕浦、多和田、今木、高橋、和田、白木、沢田、私)

 天気もいいし、「谷汲」コース+「川口橋」まで、と言う事でスタートする。
  堤防に入って後方に下がり、沢田さんの隣へ、異音の確認ですが判らず、後でもう一度見る事に。
  ウオーミングアップを終え「下座倉大橋」を過ぎたところからスピードアップ。
  「ゆ~みんぐ」を過ぎて、先頭にいた今木さんらを追い越し、先頭に出てしまった。
  時速は24キロ、ケイデンスは94回、これで「平野庄橋」まで約3キロほど行き、それからは、
   時速26キロ、ケイデンス100回に、今日は、「井ノ口橋」まで行きたいと思った。
  向かい風もそれほどなく、この前は「三町大橋」過ぎで、後ろを待ったが、今回は「井ノ口橋」まで行く。
  グライダー練習場、飛び立つ準備をしている、サッカー少年団も頑張っている、そんな風景を見ながら、
   100回回しているので、頭から汗が流れてきたが、気持ちがいい感じだ。
  いつもなら、多和田さんが出てくるはず? 白木君もいるのに? と思いながら走る。
  後ろは今木さんがいることだし、とにかく、行ってみよう!!
  
 「前島橋」「岡島橋」ほぼ止まらずに通過、水分補給できずに走るしかない。
  ケイデンス100回も、いい感じで踏めてきましたが、多和田さん白木君、2人とも前に来ないので、
   「井ノ口橋」手前で、「川口橋」まで行かないといけない! そんな思いが。
  チーム60は、後ろにいても右折するだろうから、若いチームと走る事にして、直進。
  速度もケイデンスもそのまま、最初の予定は過ぎたけど、もう少し行けそうだった。
  「川口橋」を渡って左折、ジョギング姿の2人が、並走していたので、中央へ寄る合図をして追い越す。
  涼しくなり、大会が近ずくにつれ、走っている人が多くなるんだろうね。
  左道へ入ろうとして、あ! 間違った! と言いながら直進、「井ノ口橋」を渡って交差点でエネルギー切れ、
   合図をして後ろへ下がる。
  空腹を覚え、このまま上り坂は無理、スピードを落として回復を図る。
  チーム60は前かな? 追いつけるか? ま「昆虫館」で合流すれば! と思いながらトンネルへ。
  一坂上り終えると、エネルギー切れ、平坦なところで復活、こんな感じです。
  トンネルを抜けて下り、エネルギー復活! ギヤを変えてスピードアップ、前に和田さんが見えてきた。
  しかしその後の小さなアップダウン、1つ上ったらもう駄目だったので、また離れてしまった。
  「昆虫館」ちゅうしゃじょうへ、?? チーム60がおらず、今木さんがいた?(Bコースから来た)
   そんな話をしていると、高橋さんが駐車場に入ってきました。
  皆が直進したので、付いて来た! との事で、少し遅れて箕浦さんも到着です。
画像

画像
  
 頭から汗が流れ落ちる、たまらずヘルメットをとって、頭を冷やす? レモンジュースを買って補給です。
  これで走れそうな感じ、完全にエネルギーが切れたわけではなく、回復してくる感じがあるのが、
   体の脂肪分をエネルギー化しているのかもしれない。
  ”体の脂肪分をエネルギーに変える体質を作る、食事前に運動する” のがいい! からきている。

 休憩を終え、今木さんは一足先に出発、私らも行こうとしたときに、パンクしてる! (高橋さん)
  あまりゆっくりできないので、私も加わります。
  タイヤには、ガラスの破片のようなものが残っていて、これが原因でした。
  チューブを入れ、タイヤをはめ込む、思ったより簡単に入った。 (みんなはビックリだったけど)
  
 戻り、今回は、余り頑張らずに、ジュース1本のエネルギーで走る。
  走り出してすぐ、多和田、白木君の2人が前に出て、そのまま行ってしまったのはいつも通り。
  時速30キロの走りは無理、27キロほどで走る事にした。
  フロントギヤを外側にし、ケイデンス65回ほど、引き足も意識しながら、快調に走る。
  途中和田さんが追い越しをかけて前に出て、そのまま先を行くが、私らはそのままを維持する。
  「根尾川」の水は「揖斐川」同様に、まだ少し濁っていて、水量も少し多めなので、川遊びの人は、
   見られない様子だが、「大野橋」下には、子供たちはらが大勢いたが何だったのかな。
  堤防の上は南風の向かい風が少しあって、先頭を走るのにはいい運動になる。
  前方に和田さんが小さく見えるが、すごいスピードで走っている感じではない。
  この風景を楽しみながら、有酸素運動が最高! エネルギーも何とかなってる。

 最後は、クールダウンし「泰山木」に戻って、みんなで休憩タイムです。

 これからのイベントなどの予定です。
  9月16日(日)  ツールド西美濃
            琵琶湖1周サイク
  10月14日(日)  「渥美半島 ぐる輪サイクリング」
  10月20日(土)  「関サイクルツーリング」
  10月27日(土)  サイクルトレイン
  11月3日(土)  ”おはようサイク” 冬時間8時30分に変更
  11月25日(日)  「大野町 名所旧跡巡りサイク」
    秋の紅葉時のサイクリングは、「高山 せせらぎ海道」又は「京都」その他。
    

おはようサイク 18-52

8月19日(日) 天気 晴れ
 昨晩も涼しかった、エアコンなしで毛布1枚必要なほど、朝もいい感じだ。
  2日連続で走る事が出来る、新聞に載ってた「大垣ひまわり畑」第2ラウンド行けるかもね。
  何時もの服装に着替え、バッグなどを持って玄関へ、自転車を車に積み込んで、集合地へ。
  参加者 6名 (箕浦、高橋、内藤、和田、沢田、私)

 箕浦さん車、この前からたまにチェーン外れが有ったので、確認することに。
  前ギヤ外側への外れ、先ず、外々内内の状態を確認すべく、後ろ外へチェンジすると、外1枚が入らず、
   アジャスターボルトで調整をするが、ぐらぐらな状態、ネジをやってしまってる? と思った。
  ワイヤーを外し確認するが、スラムなので構造が違っていて、問題なし。
  ガイドローラー? ?? グラグラする! 穴が摩耗して大きくなってしまって、斜めになっている。
  交換部品もなく、とりあえずフロントのデレーラーを、ほんの少し内側へ規制し、切り替わることを確認、
   部品調達まで、このまま乗ることにした。
  8年程になるのかな、良く乗ったもんね、チェーンなどのメンテはしていたものの、此処までは…・
   そんな感じだと思う。

 ゆっくり「谷汲」コース、参加メンバーを見てそう思いながらスタート。
  堤防道路ウオーミングアップ、ひまわり畑の話が出て(新聞を見た)このまま見に行くコースになった。
  「下座倉大橋」を渡って右折、「揖斐川」堤防を下ることに。
  昨日、車でだが見てきた内藤さんが先導、1列で後に続く、私はいつも通り少し遅れて走る。
  久しぶりな感じの「揖斐川」堤防の走り、思っていたより車が多いように感じる。
  見晴らしのいい堤防を走るのは、先頭か少し離れて後ろ、景色を見ながらの走りが最高だ。
  
 途中、「新幹線」で10キロ近くなので、往復で20キロ、少し少ないかなあ? と思い、追加を考える。
  最後尾の和田さんと相談、一つか二つ下った橋を渡ることで、内藤さんへ伝え変更です。
  高速道路を過ぎたところでストップ? 日陰での休憩を考えたようだが、日陰の所がなくすぐ走り出す。
  どこまで行くかわからない! との事で沢田さんは戻ることに、私らはそのまま堤防を走る。
  走り出して20キロほどかな「福束大橋」信号交差点、此処を渡ることにしたが、和田さんは
   「木曽三川公園」に行くといって直進、4人になった。
  橋を渡って右折、反対側堤防を戻る形で走り、途中のポンプ小屋のようなところで小休止。
  裏の芝生、風が通る日陰の所を探して休憩する。
  再び堤防を走って「新幹線」下をくぐったところから下道、少し走って左折すると、黄色いところが有り、
   歩いて居たお祖母さんと孫、どこから来たの? 声を掛けられ 本巣から! ゆっくりすれ違う。
  緑色の畑の中に、濃い黄色の一角があって、人が大勢いる。
 
  北側の道路が一段高くなっているところに「大垣ひまわりばたけ」の看板
画像

  側には、休憩所、売店のテントが有り、そこから1枚
画像

  思っていたよりは、結構広いひまわり畑
画像

  朝早くから、大勢の観光客がカメラを抱えて、
画像

  同じ方向を向いて、満開だ
画像

  新幹線が通過するのを待って1枚
画像

  どんどん見に来る人増えてくる感じ、サイクリングのグループも多そうだ。

 戻りも「揖斐川」堤防を走って、10時45分「泰山木」に戻って、コーヒータイムだ。
  いいスピードで走ってきたので、結構な運動になった感じ、汗もかいてるようだ。
  高橋さんが、前回の後、ふくらはぎが痛かった! との話、帰りのケイデンスを落とした走りのせいだね。
  足首で踏んでるんじゃないかな、ふくらはぎに力が入ってるんだね、太もも付け根の方で踏む。
  そんな感じを意識しながら、練習していくと、足がつったりすることがなくなると思う。
  ダンシングが上手く出来ない! 箕浦さんが、これは内藤さん、ひざを曲げないで体重を…・・!
   ギヤを2枚ほど重くして! スピードを上げるんでなく、そのままか遅くなってもいい!
   それが休みのダンシング!  どうしても息切れするもんなあ!
  そんな話にも、年取ってまだまだ分からないことが多い、この自転車なんです。

おはようサイク 18-51

8月18日(土) 天気 曇りー晴れ
 盆休みが終わった途端、季節が秋になった感じで、夜も涼しくなったし、朝も涼しい。
  このところ順調に回を重ねて、土日連続で走れるし、13日(月)も走ったので、すぐ回ってきた感じだ。
  何時もの半袖、短パンジュアージ、ヘルメットにグローブサングラス、バッグを持って部屋を出る。
  外に出ると、少しヒヤッとする感じ、自転車を車に積み込んで家を出る。
  参加者 8名 (後藤、多和田、平田、沢田、和田、箕浦、飯沼、私)

 涼しい感もあって、「谷汲」コースと言う事でスタートする。
  道路の温度表示22度、暑い時と比べると8度も違う、さすがに涼しく感じる。
  台風の影響か南風、でも涼しくあまり湿り気もない、サイクリングの季節到来!! って感じだ。
  「下座倉大橋」まではウオーミングアップ、ここからはスピードアップ、ケイデンスを90回へ。
  「ゆ~みんぐ」を回って、少し向かい風はあるが、問題なく走れそうだ。
  「三町大橋」まではこのまま先頭で・・・・ 箕浦、飯沼さんの状態を見て・・・・。
  スピードを少しづつ上げ24キロ、「平野庄橋」東交差点を過ぎてから、26キロへ。
  ケイデンス100回、26キロ後ろ気にせず「三町大橋」まで、運動! 運動!!
  グライダー練習場、飛行準備の様子で、白と黄色の2台が並んでいる。
  汗ばんできたようだが、呼吸も大丈夫、足もいい感じで回っている。
  「三町大橋」を過ぎて左折、小さな橋を渡って右折、合図して後方へ、やっぱり、飯沼、箕浦さんがいない。
  スピードを落としてゆっくり走る、みんなはどんどん離れて行ってしまう。
  止まって後ろを確認、見えないので戻ることにし、Uターンしました。
  橋の手前で2人が来たので、少し行き過ぎてUターン、後を追う。
  一気に追いつくこともないので、28キロほどで走っているが、それほど間が詰まってこない。
  「前島橋」で追いつくか? と思っていたら、前のY字路で止まってしまった。
  飯沼さんが少しえらい! との事で、Bコースに戻ることになった。

 一人走り、休憩地に行かないと心配するので、私だけでも予定のコースを走ります。
  このままだと、休憩なしで戻ることも頭に置き、先を急ぐことにした。
  303号線交差点、ここも青信号で通過、水分補給はトンネル入り口、出口まで持たずだった。
  5人ほどのグループともすれ違った、女性含みの若いグループ、頑張りましょうね!!
  30キロで「あられ工房」を通過、どれくらい待ったかな? 思いながら「昆虫館」?? 誰もいない!
   もう行ってしまった? それとも「横蔵」回ったかな? 水分補給していると、多和田さんが入ってきた。
  少し遅れて和田さん、同じように沢田さん、そのあとに後藤さんが到着、「川口橋」まで追加走り、
   「横蔵」には工事中で行けなかったとのこと、でも良かったです、みんなで休憩だ。
  揖斐川沿いにいろんなところがあるからね
画像

  昔の「谷汲駅」だった所なんです。
画像
  
  ベンチに座り込んでしばしの休憩タイムだ。

 戻り、何となく先頭、「谷汲口」までだろうから・・・ とか思いながら、30キロで走る。
  しかし右折の所で、前後から車が来ていて、みんなが停止しての右折だったので、先頭のまま。
  腹も減ってきているが、行けるところまで走って見るか! 30キロ維持「万代橋」に。
  前ギヤは外側ケイデンスは70回ほど、足に力を入れ踏み込む、アップダウンをこなし、分かれ道。
  とにかく、「大野橋」までは頑張って30キロを維持、さすがに腹が減った感じ、エネルギー切れ寸前。
  一旦停止後再び走り出し、和田さんが先頭に出て引いて切れた、32キロだが後ろは助かる。
  少し走ったところで、多和田さんが前に出て先頭に、でもスピードが上がる、36キロ。
  それでもまだ着いて行けるのは、風よけのありがたさだね、それにしても早いわ!!
  「薮川橋」に下をくぐって堤防への登り、何とか話されずに登り、後ろに着く。
  走ってない! ゆっくり帰ろう!! とか言って多和田さん、まだまだ走れるじゃないか!
  もうそろそろ一杯一杯、「新大橋」の登り、ここはだめだな! と思っていたら、途中から左折、
   助かったあ!! と思いながら下道へ、もちろん後藤、沢田さんも後ろに。
  全員汗びっしょり、頑張って走った証拠だね。
  下道は、ゆっくり走り呼吸を整える、右手を出し右折すると白バイが停車、右折禁止違反取締だね。
  たまにパトカーもいるんですよね、でも私らもビックリしてしまう。

 「泰山木」店内に入ると、2人は戻っていてコーヒーもカラになった状態で、40分ほど前に着いたとのこと。
  8人席に移動してもらって、みんなでのコーヒータイムです。
  やっぱりこの時間が最高ですね。
  特に今日のように、頑張って走った後のコーヒーと言うか、氷水の1杯が最高!!
    

大野町名所旧跡巡りサイク

8月13日(月) 天気 晴れ
 道の駅「パレットピアおおの」 午前7時集合、
  コース説明、走り方などの話をして、7時30分にスタートした。
  一番年下の子を先頭にし、追い越し禁止とするが、思ったより早くリーダーがせかされる場面も。
  交差点では、交通係のメンバーが、車などを確認しながら通過させる。
  名所旧跡では、木村さんが説明をしてくれ、勉強もできた。
  エイドステーション(平和堂)では、ジュース、ケーキ、バナナで休憩タイムを。
  暑くなってきた中、子供たちは元気、見学場所では ”会長!” と走りの請求もあり、元気そのもの。
  事故もなく、楽しく過ごして戻って来て、1回目のイベントは終了した。

  参加してくれた子供たちと父兄に感謝です。
  協力してくれた、後藤、箕浦、和田、木村、杉本、内藤さん、精神的に疲れたと思います。
  ありがとうございました。
  2回目を秋にやりたいと思っていますので、お願いします。

  走りの状態は、大野サイクリングクラブ のホームページ見れます。 (内藤さん制作)

おはようサイク 18-50

8月12日(日) 天気 晴れ
 昨夜は、“根尾川花火大会” が有り、息子の友達らで大賑わい、泊った人もあって静かに起床、洗顔、
   着替えを済ませて玄関に、これも気を使って静かにです。
  自転車をラックから降ろし空気の抜けがないのを確認し、家を出発する。
  「根尾川」堤防には、花火大会後のごみ拾いの人が大勢、話をしながら歩いているだけの人も、
   ぶつからないようにゆっくり走るしかないが、車が来るとすれ違えないほどだった。
  参加者 5名 (箕浦、高橋、長谷川、立田、私)

 「谷汲」コースを走る事にして、みんなでスタートです。
  走り出すと、当たる風は涼しいが、じめっとしている感じがする。
  ウオーミングアップの走りは、19キロ、ケイデンス80回、立田さんと雑談しながらの始まりだ。
  順にスピードとケイデンスを上げ、練習体制に入る。

  立田さんには、追加走りのほうがいいと思い、前に出てもらい話をするが、一緒でいい感じだった。
  後ろを走ってばかりじゃ運動にならないので、先頭を走ってもらう。
  私と同じケイデンス97~100回との事なので、110回で走るように、アドバイス。
  (長い距離を走ると、足がつってしまう人がいるが、殆どがくるぶしのようだ。
  これは、足の前の方で踏んでるからではないだろうか? それを防ぐのには、踏まずに回すのがいい、
   エネルギー消費の少ないのが、ケイデンス90回と言われる。
  この状態を維持するには、練習ではもっと高いケイデンスで走る必要がある。
  そんな考えを持っていて、私は、ケイデンス100回前後で走るようにしている。)
  立田さんは、まだ若いので110回で回さなきゃ!! と言う事です。
  回したことがなさそうで、どこまで続くかだけど、やってみる価値はある、ギヤを変えて前を走ってもらう。
  後ろから見るフォームは、問題なく奇麗に回っている感じだが、どこまで続くかだね。
  「前島橋」手前でスピードが落ちてきた感じ、最初はこれでOK! 続けるとどんどんやれるようになる。
  
 私は、トンネル前の登りの手前で息切れし、登り途中で長谷川さんに追い越される。
  なだらかな登りも、ケイデンス100回はさすがにきつい、やっぱり年だねえ!
  両脇の並木の花が、心を癒してくれる
画像

  トンネル出口で、箕浦さんを待って、一緒に坂を下る、途中2人のサイクリストとすれ違う、頑張って!
  そのあともスピードが上がるが、ケイデンスは100回にしてギヤを変更です。
  
 「昆虫館」休憩、たまらず自販機でジュースを買って水分補給、冷えてるのがたまらなく良い。
  風も無くじめっとして居るので、日陰にいても涼しく感じない。
  山羊を見に行くと、暑さのためか小屋の中から出てこない、暑いのはみな一緒だね。

 いつまでも休憩したい感じだが、そんな訳にも行かないので、帰ることにした。
  戻りの走り始めて、坂を下ったあたりで、前を走っている高橋さんに、前ギヤ大きいのにして!
   チェンジすぐ後ろのギヤを軽い方に変えたので、いや!反対へもっと重いギヤに、もう1段!
  何時も高いケイデンスで走っているので、反対に50*14位で、ケイデンスを思い切り落とし、
   踏んで走る練習をアドバイス、私は、そのつもりで落としてある。
  出来るだけ頂点から踏む、下から引き上げる、意識をすることも大切。
  腰から踏む、”体重をペダルに乗せる” これもよく言われることだが、なかなか難しいですよね、
   ハンドルの手に体重をなるべく掛けずに、太ももの付け根で踏む。
  逆に、上体を腹筋と背筋で支える意識をすると、自然と体重がペダルに乗る感じだ。
  箕浦さんは、同じようなギヤで走っているのを確認しながら、前に出る。
  時速は28キロほど、ケイデンスは60回ほどだ。

 「大野橋」交差点でストップ、走り出すときは、後ろから声が、力が入るからね。
  これも良い練習になるからね、ギヤは変えない方が良い。
  橋の下をくぐって再び堤防への登りも、そのままのギヤで上る。
  最後は、遅れてしまったようだが、初めてなので仕方がない。

 「泰山木」でのコーヒータイムでも、走りの話に。
  ”おはようサイク” は、同じコースだし距離も短い、持久力や体力アップをしようとすれば、
   ゆっくり走るだけで無く、運動の走りをすることも必要。
  私は、行きが高いケイデンス、戻りを低いケイデンスで走る様にしたり、高いままだったり意識している。
  昔は、”ゆっくり踏んで早く走る” それが格好良かった! チェーンが伸びてくると、刃飛びが出ると、
   チェーンを交換、2本目の時にスプロケの一番小さいギヤも交換する、こんなメンテを。
  今は、ケイデンス90回が良いとされているが、少し前は80回だったと思う。
  それでもやってみたら息切れしたもんね、練習して今になっている。
  せっかく、週1~2回走るのだから、意識して走って見るのも必要だと思う。
  それによって、イベントなどの長い距離も、楽に走れるようになると思う。

 今日は、ウンチクを大分語ってしまったが、たまにはこんなまじな話もいいよね。
  

おはようサイク 18-49

8月11日(土) 天気 晴れ
 今日も暑くなりそうな天気だ、どうしても変な時間に目が覚めてしまう、エアコンが切れると熱くなってしまう、
   一晩中掛けるのも余り良くないみたいで、悩むところだね。
  暑いからと言っても服装は相変わらず、ポロシャツに短パンジャージ、下はしっかりアンダーシャツ、
   インナーパンツの自転車用は無くてならないものに。
  参加者 7名 (後藤、今木、飯沼、多和田、和田、杉本、私)

 13日の“名所旧跡巡りサイク” 参加してくれる杉本さんが来てくれたので、2人で試走することに。
  ほかのメンバーは、頑張って「谷汲」コース、と言う事で話をした後に、飯沼さんが来た。
  少し気になったが、今木、後藤さんが居るので、問題はないと思って、そのままスタートする。
  信号交差点、私らは横断して反対側を、道の駅「パレットピアおおの」へ。

 杉本さんには、”交通係” をやってもらうべく予定なので、特に交差点の所を意識しながら走る。
  車の来ないのを確認、来ている場合は、リーダーに合図し止まってもらう。
  動作は大きく、声も出しながら確認する。
  
 初めてのことで、大変だとは思うけど、いい経験にもなるし、違う喜びを感じてもらえるといいですね。
  
 いろんな話をしながら、2人だけのゆっくりした試走サイクリングでした。
  「泰山木」に戻ると、もう自転車が止めてある?? 私らが早いと思っていた。
  店内には、後藤、今木、飯沼さんの3人が、「Bコース」を走ってきたとの事で、早かったんですね。
  少し遅れて、多和田、和田さんが入ってきた、 ”ずっと待ってたんだよ!” と言いながら、席に着く。
  3チームに分かれてのサイクリングになってしまった感じ、ま、仕方ないかもね、今日は。

 

おはようサイク 18-48

8月5日(日) 天気 晴れ
 今日もいい天気だ、このところ連続して走れている、もう1回くらいは試走を…。
  行く前に、換気扇の中にハチが居る様なので、殺虫剤を噴霧したりしたので、少し遅れてしまった。
  この時間は、当たる風がほんの少し涼しい感じ、サイクリングには程よく走りやすいね。
  堤防で、同年代位の男性とすれ違う、重そうなマウンテンバイク、お互い頑張っていきましょう!!
  5分ほど遅れて駐車場へ、お! 高橋さんが来てる!!
  参加者 6名 (後藤、箕浦、内藤、和田、高橋、私)

 走りを少し実践的にして、”大野町名所旧跡巡りサイク” 試走をすることにした。
  道の駅「パレットピアおおの」からのスタート。
  リーダー   箕浦さん
  小学生役  高橋さん
  サブリーダー  後藤さん
  交通係   和田さんと私
  記録係   内藤さん
  北川道路から、「三水川」堤防を走る事に、でもリーダー箕浦さんと内藤さんが早くて、間が空いてしまう。
  サブリーダーが声を上げないといけないし、リーダーが後ろ確認しないといけない事項。
  曲がる個所を間違えたり、順番がバラバラになったり、交通係が遅かったり、引率する難しさが出る。
  初めての試みだから仕方がない、とにかく1っ歩1っ歩、まずやってみないことにはね。
画像

  これが、当日の予定コースだ。
  19.5キロ 見学個所が多く、休み休みになるが、熱中症にならないように、注意が必要だ。
  
 年寄りが集まると、ついこんな話が、”腹凹ますのにあの付ける…!” ”良いんでないの!”
   ”ピクピクして、下手すると筋肉痛になる!” そんな話や、
  目が見えなくなって、あの眼鏡どうなのかな、“俺使ってる、1万円で買った!” ”両手使えるし!”
   安いものもあるけど、余りに安いのはおっかないよね。 
  メガネは、発売されてすぐに買いました、ジオラマなんか作るときには良い、両手使えるし。
  安い物はどうなんだろうね? やっぱり駄目なんでないの? いいものはすぐに安い物が出る。
  あまり安いのは止めといた方が…。  
  とにかくいろんな問題が出てくるんだよね、腹の出具合とともに…。

 「泰山木」での休憩後、内藤さんの自転車、Vブレーキの遊びが多い! と言うので、講習会?
   遊びが大きいので、レバーのアジャストねじを戻し、Vブレーキのワイヤー止めのねじを緩めて、
   ガイドが外れる所にセット、アジャストねじで遊びを調整する。
  遊びが小さいときは、アジャストねじで、ただ抜きすぎないように注意が必要。
  今回は大きかったので、初めのセットからやり直しての調整となった。
  和田さん、ブリジストンモールトン、チェンジの際中で音がする! ギヤチェンジの調整をするが、
   どうしても不調な個所が出る、BBと後ろハブの間が短いのと、何となくチェーンが短い感じ、
   駒があれば、増やしてみて再度調整することにした。
  デレーラーをグレードアップしてからの不調、足の長さも関係しているかもね。
  私もいい勉強になりますので、また考えることになった。
 

おはようサイク 18-47

8月4日(土) 天気 晴れ
 早朝から、雲一つ無い快晴の空、着替えをするだけで何となく汗ばんでくる。
  それでも、走らない! という選択はない! 熱中症に注意はしないといけないけどね。
  メッセンジャーバッグ背中に汗をかくけど、自転車にバックをセットするのが面倒なので、このままです。
  サイクリストにかかわらず、暑さ対策をしていると思いますが、私は、あまりしないですね。
  おはようサイクでは、日焼け止めクリームも使わないし、マスクやアームウオーマー等も無し、
   日焼けしっぱなし、長時間走った時には、シャワーの後に日焼け処理をするくらいだ。
  参加者 6名 (後藤、箕浦、多和田、沢田、和田、私)

 今回は、2年ぶり? 和田さんが参加、腹が出てきてしまって・・・・ 箕浦さんと比べて・・・・・・。
  定年後の仕事も定年? になったとのことで、運動しなきゃ! と、再び参加してくれました。
  一人では、適度に走っていたとの事なので、しばらく行ってない「谷汲」コースです。
  橋を渡って左折、堤防に入ると風がさわやかに感じる、今だけ秋を感じているみたいだ。
  両側の雑草が伸びてきて、緑の中をゆっくりウオーミングアップ、後ろは賑やかな話声。
  久しぶりの再会なので、話題が尽きない感じだね。
  「下座倉大橋」を過ぎたところから少しスピードアップ、21キロほどで「ゆ~みんぐ」を回る。
  後ろを考えると、ゆっくり行きたい感じもするが、運動もしたいので少し走ったところで、22キロへ。
  箕浦さんの事を考えて、時速24キロを最高速に、と思いながら走りを進める。

 「平野庄橋」東交差点を過ぎてから、時速24キロへ、向かい風もそれほどでなく、問題なさそうだ。
  この青い空、グライダーはいいだろうなあ! それにしてもいい天気、太陽の光が痛いほどだ。
  体は十分汗ばんでるし、頭から汗が慕ってくる感じもする。
  ケイデンスは95~97回、心拍数も問題なく、有酸素運動になっていると思う。
  多和田さんが横に来て、「川口橋」まで? 「井ノ口橋」からそのまま「谷汲」! あそうか! わかった!!
   と言うと、スピードを上げ前に出ていくと?? 後ろに着いたのは、和田さんだ。
  まだまだ若いね、自転車に乗ったら歳忘れてるのは、変わってないや! と、そのままです。
  コースはわかっているし、そのままは着けないだろうから! (多和田さんには、着くの無理)
  男性サイクリストに追い越されるが、動かずです、一定の速度で走る事が、年寄りには良いんです。
  特にこのコースはね、良きは有酸素運動体制、戻りは堤防に入ると、頑張って走るになってしまうからね。
  とにかく、1列になっている4人、75歳、70歳、71歳、66歳なんですから。
  再び「揖斐川」堤防に上がるところで、後ろを確認、しっかり後ろについている。
  道幅が少し狭くなるので、車が来ると、声を出し合い合図しながらの走りになる。
  疲れてくると、どうしても下を向いてしまうので、こんなことも大切ですよね。

 「前島橋」を通り過ぎ少し走ると、前方にサイクリスト、和田さんが遅れたようで一人だ。
  久しぶりだとはいえ、まだまだ元気だね、てっきり沢田さんが着くと思っていたんだけどね。
  左カーブ幅が広くなっている入りの所に、こっち向きで車が止まっているので、合図し中央寄りへ、
   もっと中で止まってくれれば良いのに! と思いながら、老夫婦の運転だった。
  私も気を付けないといけないね、シルバーマーク付けてるからなあ!
  
 「井ノ口橋」袂を右折し、信号交差点の所で、和田さんに追いついた。
  303号線のコンビニは、しばらく前に閉店して、小休止できないので、信号ストップ時に水分補給だ。
  ここからの登り、トンネル前の登りまではそのままのギヤ、そこから2枚落として上り始める。
  両側にある並木、白やピンクの花が咲いているが、見ている余裕なし、頑張って和田さんの前へ。
  そのままトンネルへ、後ろも気になるがトンネル内もなだらかなのぼり、出口で待つことにした。
  中は涼しくていいが、何とか頑張って出口、自転車を止めて水分補給。
  1分遅れで、和田、沢田さんが来て、下って行く、4分遅れて後藤、箕浦さんが来て、合流。
  私は最後尾スタート、風を切って下るのは最高ですが、前の2人が早い、さらに信号に引っ掛かった。
  「竹中公園」前を左折し、追加上りも頭にあったが、エネルギーなくなってしまいそのまま「昆虫館」へ。
  ついてすぐ後に多和田さんが入ってきた、1人だけ追加走りになってしまった感じだ。

 皆汗びっしょりで、ベンチに座り込んで水分補給、休憩、 暑ー! 日陰でも風がないとだめだね。
画像

  日陰の所で風があるところを探してうろうろする、後藤、沢田さんが水道からの水を頭に、冷たくない!
   地面も厚くなってるからだろうな。
  今日は、走っている人も少ないね! 暑いからだろうなあ! いい天気なのにね。
画像

  10時過ぎには「泰山木」ゴールするので、まだ良いだろうけど、今から目的地に行くのは大変だよね。
  このまま休憩が長くなりそうなので、 さ! もどろうか!! 帰りを促す。

 先頭で道路に出て走り出すが、スピードはそれほど出さずに、平坦になってから30キロへ。
  「谷汲口」右折、手信号を出し一旦停止、後ろ確認すると、みんなが通り過ぎて行って、最後尾。
  車が来て、その分遅れての最後尾、ちょっと寂しい感じだ。
  頑張って後を追うが見えない? 多和田さんが引いていてみんな頑張ったら・・・・・ 。
  「万代橋」やっぱりそんな感じだが、ずっとではないだろうと思って頑張ってみる。
  「根尾川」堤防に入って、少し近くなってきたが、まだ大分有るが、多和田さんがいない感じだ。
  時速30キロで走っている割には近くなって来ない? 前のメンバーも頑張ってるんだ。
  朝のパンのエネルギーは無くなって、腹が減ってきた感じで、力が入らない。
  誰が引いてる? って言うよりも、箕浦さんが頑張って走っているのが驚きだ。
  時速28キロになってしまって、追い付ける可能性がなくなってしまったが、みんな下道へ行ったので、
   再度堤防に上がって、最後の頑張りをして30キロで、走ったあ!!。
  「泰山木」駐車場には、わずかに先に着くことができた。  やったね!!
  
 何時もの8人席、私たちの指定席みたいになっている。
  先ずは、コップの氷水を1杯、美味い! 蒸しタオルを顔に、熱いのもまたいい感じだ。
  アイスコーヒーが来て、ボトルのシロップ、かき混ぜミルク、ストローを入れ一飲み、甘い!
   シロップを入れすぎた、疲れに糖分は良いか! 
  エアコンのきいた中でのコーヒータイム、汗に濡れたウエアーが冷たくなってくるほどだ。
  久しぶりの和田さんがいると言う事で、誰々は? とか、余り話題にならないことが話題に。
  13日の ”大野町名所旧跡巡りサイク” の件についても、とにかく初めてなので、みんなで勉強。
  サイクリングイベントも、早く走る事が多くなっている感じもするし、何とか成功させたいです。

 ”ツールド西美濃” 28日(土)2次募集に3人で申し込んで、30日(月)昼にメール確認し、振り込もうとしたら、
   振込期限が、29日(日)になっていて、残念ながらダメでした。
  今までは、1週間ほど余裕があったので、3人分なので、月曜貯金を下ろして・・・・ 申込期限と同じとはね。

 “渥美半島 ぐる輪サイクリング” 10月14日(日)
   申込開始 8月10日~31日  参加費 5000円 (+手数料)
 
 ”せきサイクルツーリング” 10月20日(土)
   申込開始 8月1日~9月7日  参加費 4500円 (+手数料)

 “サイクルトレイン 秋”  10月27日(土)
   土曜日なので、参加少ないかもしれませんが、予定入れてください。

 暑いですが、8月 ”春日 茶畑のマチュピチ” に行ってみたく、案内の内藤さんが、
    8月16日なら空いてるようなので、どうでしょうか?
   上り坂が大変なのと、歩くのでそれ用の靴を持っていくことになりそうなのですが。

 9月 クラブラン 9月16日(日) “琵琶湖 一周サイクリング” (約150キロ)
  長浜スタート、午前7時  参加者は、長岡まで連絡してください。

 

おはようサイク 18-46

7月29日(日) 天気 曇り
 この辺は、夜中に雨が降った程度で、過ぎてくれたので良かったですね。
  時折風が強く吹いたりはするが、雲は濃い薄いがはっきりして来て、雨の心配もないようだ。
  車の入れ替えも面倒なので、自走で行く事にし、簡単に準備体操をし、自転車にまたがった。
  堤防に出ると、結構強い南風、初めから向かい風の中を走ることになってしまった。
  参加者 3名 (長谷川、今木、私)
 
 8時少し前まで待ったが、長谷川さんと2人だけ、”モーニングだけで良いよ!” とも言うが、
   もったいないので、走ることにした。
  こんなに天気よくなったのにねえ! 私も昨夜はあきらめていたからね、こんな話をしながら堤防向かい風。
  なんとなくゆっくりBコースを・・・・・ と言うのもなあ! なんて考えながら走りを進める。
  河原の状態を見ながら、水が増えてないねえ! 雨あまり降らなかったんだ! そんな話を。
  「ゆ~みんぐ」を回って北に向く、さすがに向かい風は亡くなった感じだ。
  「揖斐川」の方も、水が増している様子ではなく、台風が南の方を通ったのが判る。
  テニスコートの所は神戸町(ここだけ入り組んでいる)、街の方にもあるよね! バラ公園の所にも!
   神戸はテニス盛んなんだね! 大野町は全然ないよな! なんて雑談です。

 「平野庄橋」東交差点、赤信号停止して居る所に、右の方から今木さんが来て、3人になった。
  俺の車がなかったのに、良く走っていると解ったね! と言うと、 1人でも走るつもりだった! との事、
   とにかく多いことに越したことはない、楽しい走りができる。
  走り出してすぐ、スピードアップするが、今木さんはMTBなので、時速25キロ、ケイデンス98回。
  向かい風もほとんどないので、これ位なら走る事が出来る! はず!!
  調子も上がってきて、「川口橋」まで行きますか! 戻って休憩ね! 
  頑張ってスピードで走るのでなく、距離を走る事に頭の中で変更、有酸素運動をします。
  
 「川口橋」を渡り始めたとき、やなやってるかな? という話になって、道路の反対側へ。
  川の端の方に、石を積んで流れを呼び込んである場所があった。
画像

  台風のために外したのか、竹の簾みたいなのは無く、ちょっと残念。
  山の方は、雲がだいぶ白くなってきた感じだ。
画像

  橋を渡って左折、ここから向かい風下っているのに早くならない。
  
 「井ノ口橋」下をくぐって再び堤防、少し行ったところでエネルギ切れを感じスピードダウン。
  24~5キロこんなんでいいや! これでも結構いい感じで運動できたしね。
  左折して「岡島橋」、後ろを確認すると、今木さんの姿が見えず、そんなに離れた?。
  さらにスピードを落とし、「前島橋」過ぎから下道をゆっくり走る。
  Bコースに戻るところでも確認するが、姿が見えず、戻ろうとも思ったが、とりあえず休憩場所へ。
  29erといえども、MTB向かい風には抵抗が大きすぎるかもね。
  日が照ってきたこともあり、山側に自転車を止めるが、風がないので道路反対側にする。
  少ししてトンネルから下ってくる自転車、今木さんでした。

 戻りは、「三水川」堤防、早めに反対側、桜の木の影の下を走る事にする。
  日が照ってくるとやっぱり日影がいい! そんな暑さになってきた。

 「泰山木」冷たい水を一飲み、美味い!! 
  2人は、青春18キップで旅行の話に盛り上がっていて、私は静かに雑誌を見る。
  ゆったりしたこの時間が、何とも言えずにいい感じ、自走で帰るのを考えないとね。
  今日も運動が出来ましたので良かったです。
  帰るときにふっと思ったのですが、”「春日村」茶畑のマチュピチ” 行ってみたいなあ!
   8月 クラブランにしませんか? 内藤さん指導だね。

おはようサイク 18-45

7月28日(土) 天気 曇り
 台風が来ていることもあって、今にも雨が降りそうな曇り空、予報は昼から雨、夜中台風
  花火大会など夕方の行事が、あちこちで中止や延期になっている様子だ。
  ポロシャツに短パンジャージ、いつもと変わらずの服装、ヘルメットにグローブ、バッグを持って玄関へ。
  外はそれほど熱くはないが、吹く風がさすがに湿った感じ、自転車を車に積み家を出る。
  そんな中、谷さんや、久しぶりに箕浦、飯沼さんがそろって顔を合わせた。
  参加者 7名 (後藤、箕浦、多和田、内藤、飯沼、谷、私)

 ところどころに黒い雲があって、雨の心配がされるので、ついでと言う訳では無いが、
   ”大野町名所旧跡巡りサイク” の試走をすることにした。
  先ずは、道の駅「パレットピアおおの」へ、~「北岡田家」~「黒野駅レールパーク」~「牧村家」~
    「野古墳群」~「平和堂」~「竹中半兵衛生誕の地」~「揖斐二度桜公園」~「上磯古墳群」~
    「バラ公園」~道の駅「パレットピアおおの」~「泰山木」
  途中雨も降ってきたが、少しして止んでくれたので、走りを続行、何とかなりましたね。
  「野古墳群」は、「山水川」堤防を走ると、すぐ横なので、みんなも見ているんですが、その他の所は、
   ほとんどが初めて見る場所なので、皆で名所旧跡巡りサイクをした感じだった。
  道の駅「パレットピアおおの」は、相変わらず車も人も一杯、良い事だけどね。
  
 「泰山木」に戻って、コーヒーを飲みながら、13日の件について話をする。
  何とか皆に楽しんでもらえるといいんですがね。
  

おはようサイク 18-44

7月22日(日) 天気 晴れ
 参加メンバーによっては、”名所旧跡巡りサイク” のコース下見をしたいと思い、準備をする。
  玄関を出ると、昨日と違って、太陽に光は暑いが、風が涼しく感じる “夏終わった?”
  日曜は、できるだけ自走でと思って、自転車にペットボトルを装着、玄関前で軽く屈伸運動をしスタート。
  参加者 4名 (今木、木村、内藤、私)

 ”大野町名所旧跡巡りサイク” コースを走って見る事にした。
  順番通りではないが、一回りするので、「道の駅 パレットピアおおの」からのスタートにした。
  道の駅は、まだ開いていないが、サイクリスト、ジョギング姿の人らがいて、トイレ休憩なのかな?
   駐車場には、キャンピング車が有ったりもするので、多目的に使われてる感じだね。
  先ずは、「三水川」堤防を何時もと反対に遡ること、3キロ少し
  「北岡田家」
画像

画像

  そこから、1.2キロほどで、
  「黒野駅レールパーク」
画像

画像

  また「三水川」堤防に戻って、2.6キロほど、
  「牧村家」
画像

画像

  県道を横切り、1.5キロほどで
  「野古墳群」
画像

画像

  大野町中央を南北に走っている道路を、南へ向かいますが、途中「平和堂」(内藤さんの所)に寄ろう!
   と言う事になって、立ち寄り、ここから内藤さんも参加です。
  この間が一番長く、5.1キロ歩道があるので、その間は歩道を走る。
  途中から右(西)へ走ると、
  「竹中半兵衛生誕の地」
画像

画像

  田んぼの中の道路を東へ、1.9キロほど、
  「揖斐二度桜公園」
画像

画像

  ここから、車の来ない道路を、南へ2.1キロほど
  「上磯古墳群」
画像

画像

  ここから「花田川」堤防に出て、桜並木を1.7キロほど
  道の駅「パレットピアおおの」
画像

画像

  10時過ぎているので、駐車場は満杯、人も大勢いて賑わいを見せている。

 「泰山木」でコーヒーを飲みながら、改良点などを話し、スタートを「黒野駅レールパーク」から、
   道の駅「パレットピアおおの」に変更する。
  「バラ公園」を見学個所に追加する。
  「平和堂」にエイドステーションを設け、内藤さんの奥さんに協力してもらう事に、なりそうです。
  トイレのある場所も4か所になって、問題なさそうだし、総走行距離は約20キロだ。
  もう1回は、試走しないとだめなので、応援してほしいね。

  

おはようサイク 18-43

7月21日(土) 天気 晴れ
 蒸し暑さの中目が覚めるが、少しボーッとした感じで、朝を迎える。
  エアコンの中で寝ると具合悪かったので、部屋を冷やすだけにしてみるが、やっぱり寝れないよなあ。
  とにかく頑張って運動! 運動!! 走る準備、冷房しないとそれだけで汗ばんでしまう感じだ。
  ペットボトルのお茶を忘れないように、ヘルメット、サングラス…… 忘れ物なし!!
  寝るときから腹が減った感じだったので、コンビによって、パンとジュースを買って、駐車場へ。
  参加者 6名 (後藤、多和田、長谷川、箕浦、木村、私)

 スタートから30度あり、湿度も高い感じがするが、堤防に入ると、前方(南)の空にはくっきりとした白い雲、
   夏だなあ!! って感じだ、斜面の緑もいい感じの緑だし。
  「ゆ~みんぐ」までは向かい風、回って北に向かっても? やっぱり向かい風?? は何時もの事だ。
  なんとなくなんとなくだが、走る気がないというか? スピードが上がらず、18キロ。
  ま、のんびりサイクにするか! あの暑さでみんなも参ってるだろうから、勝手に決めた。
  ケイデンスも80回まで行かず、高速道路の下をくぐる日影がありがたく感じる。
  「平野庄橋」東交差点、タイミングよく青信号で通過、信号待ちは暑くて大変だもんね。
  夏休みに入ったばかりなのでか、グラウンドからの元気な声がない、グライダーの姿も見えないし、
   ウオーキングの人影もない、サッカーの練習はしてたけど、いつもより少ない感じだ。
  この天気だから、控えてる事もあるんだろうね、私らは元気? 無謀すぎ?
  決して無理をしない走りの有酸素運動は、健康つくりに必要だもんね。

 「三町大橋」を過ぎても、戦闘はそのまま、左折する? 橋の前で、後ろの木村さん “まっすぐ行きます!“
   私も “俺もそのつもり!” と言いながら直進、303号線「長良交差点」で停止。
  トンネルの中 ”涼しい!!“ と言いながら走り抜け、休憩場所へ。

 山影になる道路わきに手休憩、珍しく公園の東屋に10人ほどの集団、子供から年寄りまで。
  私らは、風が吹き抜けるところを探して、座り込んで休憩です。
  ペットボトルそのままを自転車につけているので、温かいお茶! と言うよりは、暑いお茶だね。
  
 戻りは、Cコースを(大野橋)走る事に、少しは頑張らないとね。
  野球場の横のT字路、前のメンバーが左折? 人が多く見られ 高校野球やってる? 私も左折。
  球場入口へ
画像

  看板が出ていて、岐阜放送の車もあり、入場は有料。
画像

  対戦カードを見ると、10:00からと、午後から1試合がある様子。
画像

  雰囲気のみ味わって、球場の駐車場を出ます。
  野球観戦、応援をするだろう車が多く、いつもよりすれ違う車が多い感じだ。
   
 「大野橋」を渡って右折、多和田、長谷川さんが前に出て、スピードアップ先に行ってしまった。
  ついていく元気がなかったが、少しだけ練習しようと、ラストスパート練習、重いギヤでダッシュ!!
   41キロ!! ペースダウン、呼吸が落ち着いたら2度目、3度で終了!
  最後は、21キロでゆっくり走って、「泰山木」ゴールですが、後ろの2人(後藤、箕浦)も、
   少しビックリしたそうですが、一緒に頑張ったみたいで、あまり離れずに後ろを走っていた。
 
 喫茶店内は、今日もお客で一杯って感じ、グラスの氷水を1杯一気に飲み干す。
  この時期、私らのテーブルには、初めから追加用の水差しを持ってきてくれてあるので、
   ついで2杯目、おしぼりで顔の汗を拭いて一息つく感じだ。
  木村さんと、大野町名所旧跡巡りの話を、みんなにも計画表で確認してもらう。
  初めての事なので、どうなることやら、と言う事だができるだけ応援してほしいね。
  自分が走ることだけでなく、”走らせる” 気を遣うので精神的に疲れるが、やってきたことを確認でき、
   しっかり自分のモノに出来る、手信号なども含めて。
  途中から今木さんが加わって、楽しいひと時を過ごして、終了です。 

おはようサイク 18-42

7月15日(日) 天気 晴れ
 何故か、「岐阜県揖斐川町」 が高い気温で有名になった感じがしますが、隣の「大野町」も厚い。
  朝からじりじりとするような太陽の光が、雲一つない空から注いでいる。
  部屋で着替えている間に、汗ばんでくる感じ、これは気を付けないと熱中症になるよね。
  第2ラウンド ”大野町 名所旧跡巡りサイク” コース下調べの予定もあって、自走で行くことにする。
  まずは、コンビニによって軽く朝食、それから駐車場へ。
  参加者 4名 (多和田、内藤、箕浦、私)

 3連休中日と言う事もあってか、思ったより参加人数が少なかった。
  スタート時の気温が30度、初めから厚さを感じてのサイクリング、でも体は昨日より楽な感じだ。
  このメンバー構成だと、多和田さんが退屈してしまうが、追加走りで合わせてもらうしかない。
  
 「平野庄橋」東交差点を過ぎてから、時速アップし26キロへ。
  これ以上上げると、バラバラになってしまうので、しばらくはこのままの走りになる。
  グライダー練習場、意外にもガラーンとしている、どこかに行ってるんだろうね。
  グラウンド方向からの声も、なんとなく少ない? 熱いので控えてるんかもね。
  後ろから太陽光線を受けてはいるが、サイクリングジャージと違って、縦襟のポロシャツなので、
   襟が長いので、首には光線が当たらないので熱くはない。
  サイクリングジャージを着用の時は、首を覆うものを使っている、暑さが全然違うもんね。
  ヘルメットの下は何もなし、綿帽子、汗が落ちなくて良いかもしれないが、風が通らない感じです。

 「井ノ口橋」からは、多和田さんが前に出てマイペース、先に行くことになる。
  トンネル前の登坂、途中で内藤さんに追い越されてトンネルへ、それほど涼しさを感じず??
   トンネルのある高さとか山の高さとかが影響しているのかな?
  出口で内藤さんが待っていて、2人で箕浦さんを待つが、しばらく来ないので心配になって戻る。
  少し入ったところで、向こうのほうにライトの光が見えてきたので、Uターンし出口で合流する。
  再スタートしたすぐ、箕浦さんチェーンはずれ、ま特に問題なさそうなので、そのまま下り下りる。

 「昆虫館」休憩、少し遅れて箕浦さん到着、多和田さんは追加走りで、最後に到着です。
  入口の所にベンチに座り込んで休憩、水分補給です。
画像

  イベントなのか、屋台の準備が進められていた。
画像

  私らと同じ状態なのかな? 走っているグループの人数が少ないような感じだった。
  戻りも、重いギヤで走ることにして、時速30キロ下り傾向だもんね。
  出ようとしたら、あれ? パンクしてる!! (多和田さん) 再度休憩! パンク修理タイムだった。
  すれ違うサイクリスト、みんな暑そうだけど、頑張ろう!! って挨拶だ。
  「谷汲口」までは一緒だったけど、そのあとはやっぱりついていけません、遅れました。
  
 「根尾川」堤防は、28キロほどですが、追い付くわけもなく頑張るしかない。
  「大野橋」横切るときに少し近づいたが、またすぐに話されてしまったので、箕浦さんと2人だ。
  ケイデンスを60~65回、引き足を意識しながら、橋の下からの登りは、腕を使わず太もも付け根、
   そんな感じを持って走る練習でした。
  それにしても、時々 ムッとした 熱い空気が流れてくるのが気持ち悪いねえ! 
    (大型トラックとすれ違う時にもあることがある、そんな感じかな)
  
 「泰山木」店内は混んでいて、汗びっしょりの私と箕浦さんに驚いた感じ、そばの席にいた老夫婦?
   奥さんのほうが、ヘルメットを取った私らを見て、驚いた表情をしてた。
  早速、コップの氷水を 美味い! 生き返るわ!! すぐに追加でしたね。
  内藤さんは途中から帰ったので、3人でのコーヒータイム、身体も冷えた所で、終了でした。

 第2ラウンド  ”大野町 名所旧跡巡りサイク” 小学生サイク” の、コース下見です。
 先ずは、スタート地点の「黒野駅レールパーク」へ、ここから「三水川」堤防を北へ、「牧村家」を見学、
   そこから「野古墳群」に行って一回り、橋を渡って南へまっすぐ走っている道路を走る事に、
   車は多いが、道路幅が広いし、歩道を走れるので、ここを南下する。
  「平和堂」の横を走って、「大依斐」の所を右折し西へ、中小前を走って「公郷」で左折、
   少し南下したところに「竹中半兵衛生誕の地」日陰で一休み、水分補給です。
  1本南の道路を、今度は東に「二度桜」公園まで走る。
  ここからもできるだけ車の走らないところと思い、東へ抜けてから右折し南へ、直接は行けずに、
   右折左折したけど、何とかいいコースがあって、南小学校の側「上磯古墳群」を見学。
  学校の所から「花田川」堤防を走って、下磯の「パレットピア大野」道の駅で休憩。
  今日も人で一杯、駐車場で入り口は渋滞の列も、野外では、和太鼓の演奏会。

  フリーマーケットも開かれていて、賑わっていた。
  当日はここで、昼食休憩の予定だが、混んでいるとちょっと困ってしまうなあ!
  冷えたジュースを飲んで、エネルギーを補充、「三水川」堤防を走って、「北岡田家」に。
  そこから、ゴールの「黒野駅レールパーク」に。

  走行距離 19.4キロ  走行時間102分 (当日は、120分とする)
  見学個所は8か所の予定(270分)  合計 390分 (6時間30分)
  午前8時スタートとすると、解散が3時ごろになるかな。
  8月13日になりそうですが、応援をお願いします。 (試走もやりますので)

おはようサイク 18-41

7月14日(土) 天気 晴れ
 先週とは打って変わって、朝から暑いいい天気、安心して走る準備ができる。
  自転車は、昨日しっかりと掃除をしてあるので、奇麗になっているしね。
  ステンのスポーク(36本組)太陽の光が当たって輝きながら回転するのを、上から見るのは最高だ。
  昔の自転車だから味わえるものなんだけどね。
  参加者 9名 (後藤、箕浦、木村、多和田、長谷川、沢田、杉本、平田、私)

 間が空いたので、走りたい気分か?、走りたくない身体か? 悩みながらスタート。
  この時間で、気温29度を表示している、やっぱり熱い!
  堤防道路に入ると、向かい風があってサッと冷たい風? 川からの風なんだろうね。
  すぐ生暖かい南風、厚さを感じながらゆっくりとしたウオーミングアップ。
  この暑さ、参加メンバーを鑑み、「川口橋」周回コースにすることにした。
  体調や気分に合わせて、スピードと距離を自分で選択できるので、皆に良いはずなんですが?
  それにしてもいい天気、空の青! 周りの緑! 360度のパノラマ! 最高の景色なんですが、暑い!!
   走っている間は風を感じてまだましだが、止まったら大変だよね。
  「ゆ~みんぐ」を回って、少し向かい風があるが、何時もの事なので、問題では無い。
  時速も24キロに上げ、ケイデンスは87回ほどに、しばらくこのままで行こう!!
  
 「平野庄橋」東交差点、後ろ離れてる? 青信号で止まったらみんな後ろのいて、信号待ちだった。
  暑くて、ここで水分補給、もう汗かいてきてるから、熱中症にならないようにしないとね。
  走り出してからは、時速を26キロ、ケイデンスを97回にアップする。
  ここは、ほんの少し上っているのがわかるし、橋の間が4キロほどあるかな、良い練習になる。
  風の抵抗を受けながら先頭を走る、最高の気分です。 (楽に走りたい人は、最悪かもね)
  
 「三町大橋」前で、多和田さんらに先に出てもらう、自分たちのペースで走ってもらうのと、
   遅いメンバーとのコース確認のため、後方に行く。
  木村さんは、体調を考慮しBコースを選択、箕浦、後藤さんは「川口橋」まで行くコースに。
  多和田チームが少しづつ間をあけ、先頭グループを作って、後藤、箕浦、沢田さんの3人が人グループ、
   少し遅れて私一人。
  木村さんと話して遅れたので、少し頑張って差を詰めることにしたが、前が結構早い。
  ”チーム60” 大丈夫かい! そんな思いをしながら、とりあえず後ろに追いつく。

 「前島橋」を過ぎ、そのまま後ろで走ると、速度のブレがよくわかる。
  いつの間にか、箕浦さんが3番目になって、ちょっときつくなってきたかな? って感じだ。
  なんだかんだ言ったって74? いや75歳になったかもね。
  とにかく、自分の体調に合わせて、マイペース走行が大切だからね。
  
 「井ノ口橋」袂で停止、車が来ている間に水分補給、箕浦さんのスタートが少し遅れて間が空く。
  こうなると、前が見える間は、どうしても無理をしてしまうので、前に出て引くことにする。
  しかし、スピードを上げるとついてこれない感じなので、無理して追いつくのでなく、維持することにした。
  
 「川口橋」を渡って左折、前のメンバーが見えてる位置、「朝鳥公園」を通過?? 左に入らず?
  やる気だねえ! 周回する気かな? こんな話をしていると、別のところから堤防に入ってきた。
  やっぱり暑いし2回ほど抜けたので、あまり走りたくないのかもね。
  でもこっちとは違って、スピードは速いので、どんどん間が空いてしまった。
  箕浦さんの状態を見ながら、無理に追いかけることはなしにして、それなりに頑張って走る。

 「前島橋」を過ぎて下道へ、箕浦さんを前にしてマイペースな走りです。
  Bコースに戻って、303号線を横切りトンネル、ヒヤッと涼しくていい! 体を冷やすべくゆっくり走る。
  間が広がるが、涼しさが勝って私だけゆっくり、トンネル長く続け! って思うね。

 休憩はいつもと反対側、山の影になっているところ、道路に座り込んで休憩です。
画像

  え! クワガタが頭だけ! でも生きてるよ! アリが群がっている、生存競争のさなかだ。
  別の所にも、頭だけのクワガタの死骸が、美味い所だけ食べられたんだね。
  公園のほうは誰もいない、それにしても雲一つないいい天気だ。
画像

  しばしの休憩と水分補給をして、戻る事にする。

 「三水川」堤防、やっぱり日差しが強く、早めに反対側へ移動し、木陰の下を走るようにした。
  日陰に入ると体感温度がぐっと低く感じるからね。
  最後に、11日に開業した 「道の駅 パレットピア大野」 に立ち寄りました。
  駐車場は車で満杯状態、人も大勢! 和太鼓演奏のイベント中、観客も大勢。
画像

  自転車を置き、それぞれ観光案内、トイレのある建物や、商業施設のある建物へ。
  何か食べるにしろ、空きテーブルはありそうにもなく、レジ前には行列もできている。
画像

  外には大きなリング状の、散歩スペースがあって、芝生はまだ入れないが、遊ぶスペースは十分。
画像
  
  適当に見学して、戻ってコーヒータイムだ。

 冷たい水、最高にうまい!! 生き返る! って感じだね。
  連休のためか店内もいつもの人とは違う感じ、私らの姿を見て、一応に驚いている様子だ。
  ヘルメットをとると白髪の老人だもんね、同じくらいのお客が多いしね。
  サッカーの話やら水害の話など、楽しいい時間を過ごして、本日のサイクリングは、無事終了です。

おはようサイク 18-40

7月1日(日) 天気 曇り
 昨日は、雨で中止、モーニングのみで終わってしまったが、今日もはっきりしない天気だ。
  天気予報は、10時ごろに傘マークがあるが、雨は大丈夫な様子だ。
  前回の「谷汲ユリ園」を歩いて、シューズの底は泥が詰まって、汚れてしまっている。
画像

  シャワーとたわしで泥を洗い落とし、洗浄する。
画像

  マウンテンバイク用シューズは、凸凹の突起があるので、泥や小石などが詰まりやすいんですよね。
  乾かしている間に、着替えを済ませて、自転車を車に積み込んで、もちろんシューズも忘れずに、
   7時10分を回ってしまったが、家を出て「泰山木」駐車場に向かう。
  「薮川橋」前で、男性サイクリストが北に向かって走っていったが、雨降るよ! って感じだった。
  途中フロントガラスに、水滴、雨のようだがすぐになくなってしまった。
  駐車場には、何人か集合し走る準備を、私も車を止め自転車を下すことに。
  端からの坂道を飯沼さんが下ってくるのが見え、これで参加メンバーがそろったようだ。
  参加者 6名 (後藤、内藤、飯沼、立田、平田、私)

 「春日村」や「揖斐川町」のほうが、大雨降ったようだね! との話、「根尾川」の増水と汚れが判った。
  山を越えるのはだめだね! と言う事で、おとなしくBコースを走る事になった。
  橋を渡って左折、堤防に入ると南からの風、それも生暖かいような湿った風だ。
  前方の空には黒い雲が出来てきた感じ、思っている間に雨が降ってきた。
  路面にも雨の跡ができ、そのあとがどんどん増して、黒くなっていきダメかな? と思いながら、
   でも誰も戻る感じがないので、そのまま進むと、雨が少なくなってきて終わった。
  青空が見えるようになって、「ゆ~みんぐ」を回り、北に向かうと、向かい風はなくなった。
  空は相変わらず、雲に覆われているが、黒い雲はなく暫くは大丈夫そうだが、急に黒い雲が出てくる、
   そんな空模様なので、空を見ながらの走りになりそうだね。

 「揖斐川」堤防から川を見ると、こっちも水量が多く茶色に汚れている、山のほうが降ったんだね。
  追い風気味なので、スピードがいつもより少し早く、23キロになっている。
  立田さんには、遅いだろうと思い「平野庄橋」東交差点を過ぎてから、前に出てもらい、追加走りの話を。
  雲を見ながら「井ノ口橋」Uターン、私らは「厚生病院」のところで戻って、「葬儀場」した駐車場休憩!
  スピードを上げて前に進んでいった、私らは23~24キロのペースを維持する。
  ウオーミングアップ80回、「ゆ~みんぐ」を回って95回、「平野庄橋」で100回ほどにアップ、
   そして110回ほどにするが、違和感もなくいい感じで舞わせて、いい有酸素運動状態だ。
  身体も暖かくなり、汗が出て来るのが解かるが、呼吸はほぼ上がって無い状態を維持できる。
  「前島橋」前でUターンする、私だけ止まって、川の状態を写真に。
画像

  茶色に濁った水が勢いよく流れている。
画像

  台風もなにも無しでこんなのは殆んど見た事が無い、それだけ集中して降ったんだろうね。

 休憩用の駐車場、先着の2人はすでに自転車を置き、雑談中。
  駐車スペースの白線を利用して、スラロームを3回程やって、自転車を止めペットボトルのお茶で水分補給。
  風が有って、暑くは無いがやっぱりじめっとした感じだ。
  トンネル内の路面が濡れていて、雨が降った感じ(内籐) 跳ねが上がる程だったんでそう感じたかもね、
   この季節じめっとして居る空気が、トンネル内で冷やされると、水分が露になって路面が濡れてしまう、
   そんな話をしていると、立田さんが戻って来ました。
  遅すぎると心配したんですが、「川口橋」まで行ったそうで、向こう側(山側)の道路が、山からの水が出て、
   川の様になってて、砂も交じって行って危なかった! シューズ、自転車も汚れている。
  上空にヘリコプターが、報道用ヘリだね! きっと春日の方に行くんだるな! ヘリも西の方向へ。

 広がる田んぼの稲も大分伸びて来て、綺麗な緑一色になって来た中を走るのも良い感じだ。
  「野」交差点で止まった時に、なんとなく「大野橋」へ・・・・ と言う話で、直進する事になった。
  前方に男性サイクリスト、このコースでは珍しいかな、どこかに行って来たのだろうか? ゆっくりした走り
   グラウンドの所で左折、右折で別れてしまうが、若い男性だったと思う。
  
 「大野橋」渡って右折、車が来ない事を確認し、合図をして前に出てもらう、立田、飯沼さんが前に。
  内籐さん! 前!! 私良いよ! 何言ってるの! なんて話をしながら、とりあえず前に出た。
  南風なので向かい風、良い運動になる! 何となく走りたくなって、スピードアップ28キロ、30キロ、34キロ・・、
   前を走って居た飯沼、内籐さんを追い越し、そのまま頑張って「藪川橋」手前でスピードダウン。
  橋の下をくぐって、少し走って堤防に上がる上り、スピードを上げて登り切ってスピードダウンです。
  次の「真大橋」の下をくぐってからの上りも同じ様に、頑張って上って少し走ってからクールダウン。
  「泰山木」ゴールの時には、汗が滴り落ちる感じ、息も上がって居て、走った! って感じだね。
  殆んど遅れずに、飯沼、内籐、後藤さんの3人も駐車場にゴールでした。

 店内は結構混んで居て、窓際の席に陣取る事にしたが、そこに平田さん登場?? (遅れて1人走り)
   結果、参加者6人となっての、コーヒータイムとなった。
  ”Eバイク” 楽な事は解かるが、峠越えした時の達成感とか、どうなるんだろうね? 途中で降りてしまった、とか、
   そんなつらい思い出話も、簡単に走れてしまったら、面白くない感じもする。
  自分の力で走る楽しさ、達成感を知らない人が使う、そこまで行けない人が行けるようになる、良い事もあると思うが、
   今の自分は、このままが良い感じだね。
  ロードのほらどこに付いて居るか解から無いやつ、だんまりで乗って若いメンバーをちぎって見たい気はあるが、
   公道では、24キロ規制が有って役に立ちそうにもないしね。

 家の戻る途中、「真大橋」の所の堰堤で「根尾川」の濁流の写真を
画像

  勢いよく流れているのが、波しぶきの様になって良く解かる。
画像

おはようサイク 18-39

6月24日(日) 天気 晴れ
 昨日とはガラッと変わって、いい天気になりました。
  車を定期点検に出すので、中の荷物を朝から降ろし、それから走るための準備です。
  車がないので自走、第2ラウンドの走り(谷汲ユリ園)も有り、自転車は、ダボスツーリングです。
  工具などを、メッセジャーバックから、自転車のサイドバックに移しいれ、エアーを詰めて家を出る。
  肌寒いくらい、ウインドウベストを羽織ったのは、腹が冷えずに正解だった。
  3分前に到着、5人ほど先着で、話をしていた。
  参加者 12名 (後藤、多和田、長谷川、内藤、沢田、白木、杉本、高橋、松岡、松岡、平田、私)

 先週のライン情報のお礼と報告を、多和田さんへ、長谷川さんらもTVを見たようで、「フリーパワー」の話に。
  まだまだこれからで、販売システムもできていないし、物もなく暫く待つことになりそうだし。
  反響が大きく、問い合わせが殺到しているとのこと、私もその1人だったんですが。
  オーバルギヤと一緒で、合う合わないもありそうだし、でも理屈はわかりそう、乗ってみたい。
  そんな話で、時間が過ぎてしまって、慌ててスタートする。

 白木君は、徹夜でカラオケ店で遊んで、朝1で名古屋帰り、若いっていうのはいいねえ!!
   (年配組のつぶやき、と言うか、若いころを思い出すっていうか)
  久しぶりの大人数(9名)、堤防を走るのもにぎやかな感じだ。
  コースは「谷汲」コース、早いメンバーは追加さかのぼり・・・・・ のつもりだった。
  ツーリング車、第2ラウンド、高橋さん・・・・・ 総合的にかんがみだね。
  「ゆ~みんぐ」を回っても強い向かい風なし、良い感じで走れそうだ。
  「神戸大橋」下のところにサイクリスト男性2人、挨拶して通り過ぎたが、堤防で後ろに来た?
   松岡兄弟の2人だったんでした、誰もわからずに通り過ぎた?
  これで11人になり、縦1列で走るのも、かっこいいですねえ!
  途中、坂のぼるんだったら、「横蔵」周りのほうが… の話があって、了解!! コース変更です。

 「平野庄橋」東交差点、みんながストップし青信号で直進、右折に車 ありがとう!! 手を挙げる。
  私は後ろから2番目、意外とスピードが上がらないので、松岡兄弟に、白木君二日酔いなんで引いて!
   声をかけると、2人が前に出て行ってくれて、スピードが上がってきた。
  前の3人が先行、そのほかのメンバーが続き、私ら2人が少し遅れて走っている。
  時速24キロ、いい感じで走れている、ツーリング車なので、ケイデンスは80回を下回っている。
  自転車自体軽くないので、回転数でなく少し踏む感じになる、この方が走る様なんですよね。
  少しづつ間が空いて来るが、こっちは「井ノ口橋」から右折、短いコースなので遅れて良いんです。
  今日は、片方のバックにしか荷物が入ってないので、何と無く安定性に欠ける感じがする。
  ふらつくわけではないが、左へは軽い(荷物が入っている)ハンドリングだって感じる。

 「三町大橋」~「前島橋」~「岡島橋」~「井ノ口橋」たもとを右折、広域農道を「谷汲」へ。
  トンネル前の登坂、遅れた高橋さんを出口で待つが、思ったより離れてなかった様で、
   水を飲んでる合間に、入れ替わってしまうが、途中の信号につかまって、遅れたままになった。
  「井ノ口橋」の所で、トイレ休憩をしたいような話だったので、頑張ったかもね。
  遅れついでに、「谷汲山」山門まで行く事で、交差点左折緑のトンネルをゆっくり味会う。
  レンガ畳のカタカタをゆっくり上って山門、自転車を入れ写真を。
画像

  「昆虫館」に着いたが、まだ誰も来ていないので、写真をと思って駐車場入り口へ。
  少しして1人来たので、写真を撮ったが、知らない人だった。
  2人目?? 今度は、平田さんだった、集合時間間に合わず、1人で走ってきた。コースは当たりだね。
  待ちくたびれて、写真は止め! 水分補給しているところに、先頭グループ到着です。
  後のメンバーは、少しづつ離れて、次々と到着、クロスバイクの杉本さんも、元気いいわ。
  「昆虫館」休憩、さすがにこの厚さ、水分補給が大切だね。
画像

  トイレのほうからは、松岡さんらが歩いてきた。
画像

  エルモのクラブのグループ、別のグループや1人走りのサイクリスト、今日は多いですね。
  私らが休憩している間にも、駐車場に入ってきたり、走りすぎたりが本当に多い。

 戻り、道路に出ると、先頭グループははるか向こう って感じだ。
  坂を下り終えたところで、サイクリストに追い越される、少し走るか! とスピードアップ、30キロへ。
  ツーリング車の走りになってきた感じ、30キロオーバー、ダボスはよく走る!! なんてね。
  「谷汲口」右折して、少しスピードを落としたが、後高橋さんも付いて来ている様子なので、そのまま。
  「万代橋」過ぎの少し上りも感じよく走り抜け、再び「根尾川堤防」、再度30キロへ。
  この自転車での30キロは、ロードバイクとは違う、何と言うか、大型バイクの感じなのかな。
  こんな時は、第2ラウンドのことは忘れて、走るしかない! こんな気分だね。
  最後のほうは、スピードを落としての走りになったが、この青空のように、気持ちがいい走りだった。
  
 今季初の12名、混んでいたせいもあって、店内で少し待って、3席に分かれてのコーヒータイム。
  それぞれに満足したように感じられる。 おーい! 誰か寝てしまったぞ!!
  楽しいねえ! なんだかんだ話をして、チケットを見るとナンバーが1になっている。
  今度の時には、新しいのを買わないとだめだ!

 いったん家に戻って、1眼レフカメラを左サイドバックに入れ、再出発。
  左右のバランスはとれた感じだが、走り始めハンドルが重く、いつものツーリング車って感じだ。
  「来振寺」の坂を上って、「万代橋」袂を通過、県道ではなく横道を走って、 「谷汲 ユリ園」・・・・。
  県道から車が渋滞している、こっちは途中の橋から渋滞の列へ、車が来ないので失礼!!
   止まっている車を追い越して、入り口の料金所で500円を払って中へ。
  日曜日、天気がいいこともあって大勢の観光客が、花もきれいだね。
画像

   前よりも広くなった?
画像

  いい感じで咲いていましたね
画像

  風向きによっては、ユリの花のいい香りが
画像

  汗を拭きながら見学しているのは、私1人、木の影を伝うようにしながら、花を見て歩く。
  「谷汲踊り」の、開始時間の変更があったようで、30分ずれ13時30分から、待つしかない。
  ユリ園をもう一回り、時間調整しながら、山側を散策する。
  時間が近ずくと、広場の舞台前には人の輪ができ、アナウンスがあって、登場でした。
画像

  2人一組になって、向かい合う形で舞うカチドキの踊りなんだね。
画像

  後ろの飾りが、回ったり、前後にしなって曲がったりが、物凄く鮮やか。
画像

  舞台からの歌? 詩吟みたいな感じだけど、舞う鮮やかさとは違う、暗さではないが、強さがある。
  巻いてのたたく太鼓の音に合わせて、揺れ動く鮮やかな花? がとっても印象的だったね。

 戻りは、大谷トンネルをぬけて、「三水川」堤防へ、遠回りになるが、久しぶりに「黒野駅レールパーク」へ。
  ジオラマを見に来る人が結構増えている様子、この時も4~5人来ていた。
  横にあったものを、新しく作り変えるとのことなので、又、応援するかな!

 3時半頃、家に到着したが、1日で走った距離は、73キロほどになっていい疲労感がある。
  第2ラウンドの走りが少ないので、総走行距離数は、少なくなっている感じだ。
  なんかにかこつけ、こんな走りを増やしていかないとダメかもね。
  「谷汲踊り」自体は単純な動きだが、晴れた青空と山の緑にはよく似合う、鮮やかな感じだった。
  来週は、どこ行こうか? その前に、7月のクラブランだよね。

おはようサイク 18-38

6月23日(土) 天気 曇り時々雨?
 スマホの予報を見ると、「大野町」7時のところに雨マーク? そのあと10時以降に雨マーク、
   運動しなくちゃ! と思い、ポロシャツ、短パンに着替えて、走る準備をする。
  一面雲に覆われて居るが、ボヤーっとした雲でなく、濃淡があって西のほうが比較的明るく、
   山も見えているので、希望的観測 “いけるかも!!“
  駐車場には、後藤さんが先着、挨拶をしながらいると足に冷たいものが、雨?
  南と北のほうがどんよりとして黒い雲になっている、無理することないか! (回数で余裕!)
  モーニングして終わるか! とか言いながら2人で、「タイサンボク」店内へ。
  テーブルにコーヒーが来たところに飯沼さん、自走、それも雨具持参、負けましたね。
  参加者 3名 (後藤、飯沼、私)

 自転車を車から降ろし、走ります。
  雑草がきれいに刈り取られた堤防、高速の橋脚を過ぎたあたりで、雨!
  パラパラではあるが、「ゆ~みんぐ」に向かってひどくなりそう、今の時期は、濡れても寒くないし
   行けるところまで行くか! って感じだったが、暫くして止んでくれた。
  北へ向かうのは、空が明るくなっているので、少し安心感がある。
  途中、ぱらっと来たが問題なく、「揖斐川」堤防を走って、「三町大橋」をすぎ303号線。
  トンネルを過ぎ坂を下って左側駐車場、トイレ休憩をする。

 2人がトイレに行っている間、駐車スペースの白線を利用して、スラロームの練習をする。
  3~4回やっている間に、2人が来たので、そのまま道路に出て戻ります。

 直線道路を走って「野」の交差点の所で、「大野橋」出ようか! と言いながら直進する。
  時速は21~22キロ、わずかではあるが上っているコース、快調に走っていく。
  橋の手前、手押し式の信号交差点、直前に赤? 後藤さんなんかやったね! と、
   冗談言いながらストップする。 (止まっている車もなかったんだけどなあ)
  「大野橋」を渡って右折、何時ものように交代の合図にて、最後尾へ。
  後藤さんお早いのはわかるが、飯沼さんも早い! 追いかけながらメーターを見ると30キロだ。
  向かい風もないので、いい感じなんだろうね、そのまま最後尾で追いかける。
  最後は、27~8キロになったが、頑張って、エネルギーを放出した感じだね。

 ゴールして、最後頑張った話をする。
  皆がわかってきているんですよね、初めから頑張ると後が続かなくて、迷惑かけてしまうことも、
   ゴールまでの距離がわかったところから、体力を使ってしまうと、充実感や達成感が感じられる。
  それがものすごく良いんですよね、次のモチベーションにもなるしね。
  BコースからCコースに変えて、よかった感じでしたね、雨も降らなかったし。
  70歳以上の3人、いい運動ができました!!。
  雨の降らない間に、飯沼さんも戻れそうでした。 (結局、雨は昼過ぎから降り出した)

  

おはようサイク 18-37

6月17日(日) 天気 曇り
 昨日とは打って変わって、雲に覆われた天気、でも雨は降ってないので、走る!!
  いつものようにポロシャツに半ズボン、時間があったので、スイカに水をやって、自走で行くことにした。
  堤防でサイクリストとすれ違う、頑張って走ろうぜ! って感じであいさつ。
  「新大橋」で自転車を止め、反対側で下の川面を覗き込んだが、小さな鯉が3匹いたのみだった。
  困難で、駐車場到着が25分 ?? 誰も来ていない! 雨の心配? 忙しい? 
   ま、1人でもいいか! 33分まで待ったが来ないので、コーヒーを… 高橋さんが来た、先にモーニング・・
   店の入って座ったところに、箕浦さんと平田さんが来たので、一緒にモーニングです。
  参加者 4名 (箕浦、高橋、平田、私)


 「揖斐川町脛永 宇佐美さん宅」と「池田町段 弓削禅寺」のアジサイの花を観賞するサイクです。
  あまり早い時間でもいけないので、何時ものコースから「ゆ~みんぐ」を回って、「平野庄橋」東交差点へ。
  橋を渡って右折、川の西側堤防を走ります。
  車の量は多いが、道路幅が広く舗装状態もいいので、快適に走れそう、風景が違うのもいい。
  左側、三菱マテリアル、東レなどの工場が並んでいる景色だ。
  それが過ぎると、看護学校、この辺は自転車修理の仕事で来ることがある地域です。
  ゆっくりと左へカーブし、「三町大橋」をくぐって再び堤防、左に降りる・・・・・
   交差点手前、アジサイの花が見えてきたので、ここだと思って左折です。

 民家の入り口から庭のほうに、時間が早いせいか、人はほとんどいない
画像

  いい感じで咲いています
画像

  ピンク色  
画像

  水色
画像

  ホワイト
画像
 
  外に花が、箕浦さんによると、中央のが花で、外のが額
画像

  奥のほうに行くと、一段下がったところに、灯篭や石橋が
画像

  そばのコンクリートの小屋の中
画像

  完成したものが、全部で80体、100体を目指しているとのことだった。
画像

  ヒノキの柱などの廃材を利用し、1対づつ作っているとのこと。
  作って居る内に、3体や5体背丈の違うのを並べると、バランスがいいとか、同じものが作れない
   そんな話や、庭園を造ったいきさつや、どうやったのかも聞くことができた。
  気さくな方で、いい時間帯に行けたと思う、ありがとうございました。

 ここからは、箕浦さんの街なので、お任せコースにした。
  「柏川」橋を渡るとき、河川敷では、消防団の訓練がされていました。
画像

  橋を渡って右折、「蘇生の泉」で休憩。
画像

  向かい側の駐車場、多くのキャンパーがキャンプをしていた。
画像

  河川敷の公園のほうはいっぱいなのかもしれない。
  今時だね、キャンピングカーがあり、車から続いて居るテントも。

 「ふれあい海道」上り坂、元気よく走り始め、すぐにスピードダウンだね。
  1つ目の登頂上? 右に新しい売店? があってサイクリストが3人ほど、メンバーも止まった。
  この激坂を登ったうえ! 右折の道路、行きます!! 先頭で走り始めたのはいいが、キツ!
  車もエンジンをふかして上ってくる、途中ダンシング続かず、3分の2ほどでリタイヤ。 
  先日の「岩村城」への激坂を思い出しながら、自転車を引くのも大変、心拍数最大!! って感じだった。
  ついた駐車場からの、池田の町が一段と良く見える。
画像

  みんなと一緒に、境内へ
画像

  中庭にもアジサイの花が
画像

  しっかりと、手入れがされていて、そろっている
画像

  これもアジサイ? 和尚さんがいて、現在の種類の多さを話してくれた。
画像

  「ふれあい海道」からさらに上がっているので、眺めがいい
画像

  高橋、箕浦さんは、本堂の中をのぞいていて、おばあさんかないろんな話と、天井飾りなどの話や、
   仏像の話を聞くことができたようだが、時間の制約もあって、私はいけませんでした。

 「池田温泉」側に抜けよう! と言う事で、「ふれあい海道」を走ることにした。
  途中の川のところには、テントがいっぱい張られていて、キャンプの人で賑わっているようだ。
  激坂を登った後なのでか、上り坂もあまり大変でなく、快調に走り切る。

 東へ向かう道路、車の量も多く注意をしながら、いい感じのスピードで走る。
  「八幡」の交差点のところで、平田さんが転倒するが、怪我もなく良かったです。
  歩道から車道に出るときに、少し段差があったのと、コンクリートが破損していたところに乗った感じだ。
  スピードが遅かったので、自転車にも問題がなく、そのあとは順調に慎重に走って、戻ってきました。
  曇り空の下、熱くも寒くもなく、いい感じの走りでしたね。
  今回もいい出会いと発見がありましたしね、その点でもいいサイクリングでした。
  そう言えば、レンタサイクル電動アシスト自転車の女性2人組、楽しそうに走っているのを追い越した。
  「マチュピチュ」へ行くのかな? でも大変だよ! って言うのが、私らでしたけどね。
  1度行ってみなくちゃ!! 私も、行きたい!!

 自走の私は、もう1度コーヒータイムで一休みをして、戻ることにした。
  
 

おはようサイク 18-36

6月16日(土) 天気 晴れ
 いい天気です、こんな日は目が覚めるのも早く、着換えなんかの準備も早めに終えてしまう。
  フラットロードをラックから降ろして、フレームの掃除をする、やっぱりオンロードバイクは、光ってないとね。
  玄関前に有るので、今からの時期蜘蛛の巣が出来るんですよね。
  自転車を車に積んで、いざ出発! 青空がすがすがしい、梅雨とは思えないほどだね。
  参加者 8名 (後藤、今木、多和田、箕浦、澤田、平田、谷、私)

 久しぶり、谷さん、先日からの異音について、B/Bをもとに戻したが、まだ治らず? ペダルのマス締めを…
   問題なさそう、原因判らずだ。
  「谷汲」コース! と言う事でスタートです。
  堤防道路に入っても、飯沼さんの姿が見られず、今回もすれ違いだね。
  右側の除草が済んでいて、枯れ草状態で黄色の草むらになって居て、高速などの工事現場が見える。
  それにしても梅雨の時期とは思えないほど、良い気温だし湿気もなく、サイクリング日和な感じだ。
  「ゆ~みんぐ」を回って、少し向い風が有ったが、このメンバーだったら問題はないだろう。
  ウオーキングのお祖母ちゃん、犬の散歩中のお祖母ちゃんらとすれ違い、何時もの走りだ。

 「平野庄橋」東交差点を過ぎてから、谷さんが横に来て打ち合わせ、「横蔵」行くとの事、休憩場所を確認。
  前に出て走って行くと、多和田、平田さんが前に、「竹中公園」前左トンネルまで登り… 「昆虫館」休憩。
  そしてどんどん前の方には慣れて行ったのは、何時もの体制だ。
  時速24キロ、少しきつい木もするが、それよりは腹が減ってきた。
  昨日? 昼に下痢をして全部出したので、夜から空腹感が有ったのが、そのまま続いて今なんですよ。
  走れないほどではないが、あまり頑張る必要もない、そんなことを思いながら「三町大橋」をくぐる。
  左折し、小さい橋を2つ渡って右折、後ろを確認すると、澤田さん1人だけだった。
  エネルギー切れ! 前行って!! と言いながら先頭交代するが、間が空いてしまう。
  後のメンバーの姿が見えず、そんなに早かった? それじゃ、ゆっくり行くか! 
  
 「岡島橋」を過ぎた所で、いったん止まって水分補給、ついでに川の写真を撮る。
画像

  後藤さんが来て、2人遅れたみたいです! と言いながら走りすぎる。
  待ってみるが、心配になって、戻ってみることにした。
  「三町大橋」手前まで堤防、橋を渡ってBコースを「葬儀場」下の駐車場へ、誰もいない。
  「大谷トンネル」から「谷汲」・・・ も考えたが、もっと前でトラブル… も考え、戻る事にする。
  トンネルから303号線を横切った所で、「谷汲」のメンバーへラインで連絡、これがまた字が小さく見えず、
   意味が通じればいいか! って思うしかないね。

 来たコースをしっかりたどって戻りの走りです。
  2人とは会えずだったが、「泰山木」についてラインを確認、問題なしが判った。
  Bコースから、休憩なしで「大谷トンネル」から「谷汲」に入ったとの事だった。

 席についてコーヒーを頼む、どうしたんですか? 店の人も不思議がったが、少しして皆が戻ってきた。
  谷さん「横蔵」から、多和田、平田さん「谷汲」坂追加? 後藤、沢田さん「谷汲」コースを、
   今木、箕浦さんBコースから「谷汲」へ、それぞれに合わせて走ってきた感じだ。
  谷さんのほうが、何やらにぎやかな話声、Vブレーキ? カンチブレーキ? デェスクブレーキ?
   マウンテンの話の様子、シクロクロスの話か? 
  賑やかな話題もあって、楽しい休憩の一時だね。

 明日は雨かな? 天気が良かったら、アジサイの花を見に行きたい! 話をして終了だった。