おはようサイク 18-72

12月 9日(日) 天気 曇り
 今日は、地区での ”川掃除の日” 8時から、息子夫婦は用事があってできないので、私がやる。
  その為に、”おはようサイク” は、欠席です!  が後で追いかけます!!
  参加者 7名 (後藤、今木、多和田、高橋、和田、内藤、私)

 掃除を終え、急いで着替え玄関のラックから自転車を… やばい水忘れた! 再度玄関のかぎを開け、
   お茶を持ってきたが、慌てるとこうだよね。
  近くの山に初雪、家から出たところから写真を、
画像

  堤防に上がって南の方へ、女性の方々が来ているかな? どのコースかな? 走り出す前に、
   スマホで、内藤さんの位置を確認、「ゆ~みんぐ」を回って北上中・・・ だった。
  「薮川橋」過ぎたところで再確認、「平野庄橋」東交差点より北にいたので、Bコースを想定して、
   西に向かって「三町大橋」の所へ・・ 走る事にした。
  まともな向かい風、それも南へ下がり過ぎ、遠回りになってしまった。
  こんな時は、細い道路より太い大通りの方が、スピードを出して走れるので、そっちへ行くが、
   まともに向かい風は同じで、きついしスピードが上がらずだった。

  「三町大橋」の所から「池田山」これは撮っておかないとね、
画像

  北の方角の山も結構積もっている感じだ。
画像

  もう「谷汲」の方へは行けなくなるなあ! とか思いながら、「303号線」からトンネルを抜け下り坂、
   駐車場! 人は? 誰もいない! とりあえず止まってスマホ、「三水川」にマークが!
   近道をして「三水川」を走るが、誰も見えない。
  「商工会事務所」の所から、内藤さん途中抜けのはずなので、ダメだったし、1人だけだったのかな?
   とか思いながら、先を急ぐことにした。
  1人でも、朝飯食ってないし、モーニングしに「泰山木」には行く事に。
  「真大橋」下をくぐって桜並木を出たところで、前方に2人の自転車が見えたところに、後ろから 
   ”おはようございますう!!” 和田さんが来た! (トイレに行ってたそうです) 2人で前に追いつく。
  今木、高橋さんだった、その前方にも2人(後藤、多和田さん) 追いつこうか! と言ってスピードアップ、
   時速30キロでも追い付かず、途中止め! スピード上げやがったな! って感じだね。
  ゆっくり走って、後ろの2人と一緒にゴールでした。

 距離は短かったけれど、頑張って走ったので、結構汗をかいてしまいました。
  スマホに入れてもらったアプリ “友達を探す” 今は、内藤さんとの居場所がわかるだけですが、
   サイクリングでも、皆がどこにいるか等も分かり、結構役に立つ感じですよね。
  ”向い風” から、それにまつわる思い出の話に盛り上がる。
  横風で、堤防を走れなくて、下へ降りた! 「琵琶湖一周」寺に向かい風頑張っていたら後ろ誰もいなかった、
   「多度大社」の帰りたまらず「養老鉄道」に乗ってしまった… とか、数々あったよなあ!
  やっぱり年の制かな、昔みたいに走らなくなったねえ!! っていうのが実態ですかね。
  向かい側の高橋さんと、最近のスポーツ事情の話なんかを話題にしながら、コーヒータイム。
  皆が、解散した後も話し込んでしまった感じだった。

 16日(日曜日) 「お千代保稲荷」 年末のご挨拶 
  第2ラウンドにて、行ってこようかとも考えていますので、同行者募集ですね。
  天気予報がいまいち怪しいのと、帰りは向かい風覚悟のサイクリングです。

おはようサイク 18-71

12月 8日 (土) 天気 曇り
 目を覚ましたのが、6時少し前、トイレに行ってまた寝てしまったら、起きたのが7時30分になってしまった。
  急ぎ、トイレ洗顔を済ませ、着替えをする。
  ヘルメットなどの小物、忘れ物がないかを確認、バックを持って玄関へ。
  昨晩、自転車は車に積んであったので、車へ?? 濡れている、雨が降ったようだ。
  東の太陽が出て青空、西はどんよりとした雲が覆っている、「伊吹山」の方は白くなった感じ、
   とりあえず雨は上がったようなので、このまま家を出ることにした。
  堤防道路、男性のサイクリストとすれ違う、寒いのに頑張ってる! って思いながらコンビニへ、
   パンとジュースを買って、「タイサンボク」駐車場へ。
  この天気、誰も来ない雰囲気、車にいると上の道路に飯沼さんが来た、よし! 走ろう!! 外へ出て、
   自転車を下ろし空気を詰めているところに、今木さん、少し遅れて内藤さんだ。
  参加者 4名 (今木、飯沼、内藤、私)

 準備をしている最中にも、雨がパラパラっと、西の空は今のも雨が降りそうな、でも青空がのぞくことも、
   こんな天気の中、Bコースを走るべくスタートする。
  気温5度、今期最低気温だと思う、風と共に空気が冷たく感じるなあ! なんて話を飯沼さんと。
  目からは涙、鼻から鼻水、たまらないねこれは! って感じのウオーミングアップだ。
  フロントは大きいギヤに入っていたので、そのまま踏んでいこうと思ってきたが、寒いので止め!
   ギヤチェンジしてケイデンスを上げることにした。

 救いだったのは、「ゆ~みんぐ」を回っても、向かい風はほとんど感じなかったことだ。
  時速は22キロにアップ、今日は、このスピードで先頭走りです。

  グライダー練習場、こんな天気でもやってるんだ! と走っていると、左側、黄色のグライダーが、
   音もなく降りてきて、見事着陸、フードを付けているので音が聞こえないんだね。
  河川敷グラウンドでは、サッカーの練習チーム、そばで見ている親御さん、寒そうだ。
  この辺までくると、体も温まって汗ばんでくる、ケイデンス97回が良い運動になってるんだろうね。
   (夜「ゆ~みんぐ」のジムで、エアロバイクに乗るときは、80W、80回で3分ウオーミングアップ、
   120W、98回で、心拍数150まで10~15分(体の調子によって違う)漕いで、110Wに下げ踏む、
   心拍数が140台に下がるので、そのまま150台になるまで、やっぱり10分ほどかな、残り5分は、
   ケイデンスを115回(120回以上になると自動停止してしまう)で1分、95回にして1分、
   これを3回やると、ちょうど35分設定が完了!  室内なので汗びっしょりになる。)
  心拍数もそれほどでないので、100Wか110Wくらいの荷重で、有酸素運動になっているんだろうと思う。
  調子もいいので、追加延長して…・・ とも思ったが、汗をかきすぎても周りが寒いので、風邪をひいても、
   と思い、そのまま「303号線」交差点からトンネルを抜け、駐車場で休憩です。

  山は結構紅葉している感じだ
画像

  皆で写真を撮ることに
画像

  しばらく前から、ヨーロッパ風と言うか、昔風と言った方が良いのかな、そんなサイクリングウエアを、
   左側の今木さんが… いいですよね、本来の ”サイクリング” 。
  ツーリング車には、夏は半ズボン、1年中ニッカポッカにハイソックスが最高かな?
  
 帰りは、久し振り 「三水川」堤防を走る事にした。
  川面のカモの数が多くなっている、種類も増えた感じだ。
  寒くなり水温も低くなり、亀や鯉の姿は全然見えなくなった。
  内藤さんは、仕事が有るので… 途中で解散、3人での走りになった。
  ?? 「新大橋」の側のイチョウの畑、気が全部切られている、奇麗になって見ると、
   随分太い木が有ったのにびっくりする。
  秋は黄色に色ずき奇麗だったのが、もう見られなくなるんですよね。
  柿木は、葉っぱがすべてなくなって、実も残ってない中、渋柿? 一杯の実を付けている木が1本だけ。
  カキは意外と手がかかるので、やめていく農家も多くなっているとかで、大変だとも聞く。
  そんな話もしながら、ゆっくりとサイクリングを楽しんで、「泰山木」にゴールです。

 冷たい水を一口、蒸しタオルで顔を・・ アツ! 
  温かいコーヒー! 今日は、うどんが付いている、運動した後のコーヒータイム、最高ですね。
  30分ほど、ゆったりした後、終了でした。 

おはようサイク 18-70、「京都 輪行サイク」も!

12月 2日(日) 天気 晴れ
 おはようサイク  
  参加者 4名 (多和田、後藤、白木、高橋)

 ”京都輪行サイク”
  参加者 2名 (内藤、私)
 私は、樽見線「十九条駅」から電車に乗るべく、まだ暗い5時20分に、家を出る。
  変に暖かいとはいっても、さすがにこの時間は寒い、ホームに自転車を置き、車で待機です。
  5:50 電車の明かりと音が、まだ周りは真っ暗だ。
  「モレラ岐阜」から乗った内藤さんと、同じ電車で合流、吊り輪が変わってる。
画像

  さすが岐阜! って感じ、アユを形どってるんだね。

 「大垣駅」6:20発の電車に乗り込む、周りは明るくなってきたが、寒い感じは同じだ。
  朝早いので、まだすいてるな! と思っていたら、発車間際になって、多くの乗客が来て、途端に満席に。
  「米原駅」では乗り換え、此処からもほぼ満席に、何とか座る事が出来たが大変だ。
  「京都駅」7:57到着、構内は人で一杯、いつ来ても同じような感じだね。
  精算所で料金を払って外へ、輪行袋から自転車を出し、走る準備、袋などはコインロッカーに入れる。
  ロータリー端の喫茶店で朝食、これも何時もの事、此処も賑わっているねえ。

 紅葉はあまり期待できそうにないので、「京都」を走って見る事にした。
  「西本願寺」前を通り西へ、歩道内に自転車用の通路があり、そこを走るが、真ん中に線があって、
   向かい側からも自転車が、慣れているのか、京都の人は速いし、あっち行ったりこっちに来たりで、
   私には走りにくいので、途中から車道を走る事にした。
  もう少し広くしてほしい! 両側にあるのなら、一方通行にした方が良い感じだが。

 「桂川」に架かる橋を渡って、河川敷の遊歩道へ。
  大分暖かくなってきたこともあってか、ジョギング、ウオーキングや散歩、サイクリングの人も多い。
  家庭菜園みたいなところもあり車も通るし、車1台が通れる幅なのでゆっくりの走りだ。
  広場には、地域の駅伝大会のイベントで、大勢の人も、そんな風景の中のサイクリングです。
  途中から堤防道路になるが、車はないので人と自転車に注意しながら、サイクリングを楽しむ。
  12キロほど走ったかな、山が近くなってきて、「嵐山」に到着です。
画像

  「渡月橋」を
画像

  橋をバックに記念写真を
画像

  台風で破損した欄干も元通り
画像

  橋を渡るにも観光客で一杯、自転車が邪魔なので途中で車道に降りる。
  「竹林」を見たいというので、川べりから奥の方へ、もちろんすぐに歩きになってしまう。
  「竹林の道」とにかく観光客で大賑わい、初もうでの参道みたいな感じだ。
画像

  人力車専用の通路が竹林の中に、
画像

  台風で被害があったことは聞いていたが、まだ倒れた竹があちこちに見られた。

 この周りにも、紅葉の奇麗なお寺が有るが、ゆっくり走りながら鑑賞することにした。
  「金閣寺」の改修工事が終わって、奇麗になった! ことも聞いていたので、行ってみることに。
  盆地なので、よっぽど山の方に行かない限り大丈夫、際を走っていればいいんですよね。
  しかし、細い路地のようなところでも、観光客らしき人らが歩いて居る、さすが有数の観光地だ。
  
 大きな山門が目に入ってきた、「清凉寺」
画像

  拝観料はないので、入って見る事にする。
  二重の塔、観光客はそれほどでもない、やっぱり紅葉が目的なんだろうね。
画像

  それにしても広い敷地、こんなところが数多くあることに驚きを覚えながら、歩くのも疲れるよね。

  少し走ると、「大沢の池」水抜きをして魚を取っていた。
画像

  前回も水がなかった思い出、こうやって魚を取って、欲しい人には売っているんだね、コイやタナゴ、フナ、
   残り少なくなったところでは、魚が口を出しているし、水が流れ込んでいるところでは、サギが魚を取って、
   それを漁師が追っ払い、取る姿をカメラマンがおってる、世の中だなあ!

  「仁和字」此処も無料なので、鑑賞してみることに。
画像

  ここも奥が広い、砂利なので歩きにくいし、ビンディングシューズ音もするしね。
  「五重の塔」なんとなく紅葉の赤を入れて・・・・・
画像


 走っていると、観光客が多くなって「金閣寺」への入口へ。
  並んで拝観料を、中に入っても同じ、立ち止まって写真は撮らないで! 奥の方に行って! 
   そんな警備員の声、此処が正面でのポイントだね。
画像

  太陽の光で、鮮やかな金色に輝く
画像

  金箔の色が本当に奇麗、風も無いので湖面に移る影も最高でした。
  通路に沿って一回り、屋根の上の「鳳凰」が太陽の光に当たり輝いているのも印象的。

  昼は、出て交差点側の食堂で、”にしんそば”
画像

  昼なので、混んでるかと思いきや、客は誰もいない? まずいのか? 心配したが、すぐに満席になった。

 せっかくなので、もっと走りたい(内藤) との事で、北に向かって「上加茂神社」そこから「鴨川」を走る事に。
  途中暫く、並木道路を走るが、黄色く高揚した並木の中をサイクリング、最高の気分でした。

 赤い大きな鳥居、「上賀茂神社」到着です。
画像

  神社らしい、鮮やかな朱色の建物、京都のお寺とは別物って感じだね。
画像

  ”式年遷宮”の時期らしく、工事中の所もあったり、古い建物もあって、すべてがこんな色ではない、
    そんな一面も。
  川があって、水量もあって、流れが強いのが印象的。

 ここからは、「鴨川」を下るコースですが、河川敷を走る事にした。
  ベンチで本を読んでたり、昼寝を楽しんでいる男性、手を繋いで散歩のカップル、親子でのサイクリング、
   そう言えば、3人乗りの電動アシストが多い、若い奥さん頑張ってるんだねえ!
  途中から反対がの河川敷に移動、学生らしき団体が、踊りの練習? やってたりランニングの練習?
   疲れて下見ながら走っている女性にぶつかりそうに・・・・・。
  学生も多いんですよね、読書? 絵をかいてる? そんな姿も。
  川べりに、ベランダのような作りが多くなって、街中に入ってきたな! って景色になる。
  暖かいので、家族ずれも多く、川に入って水遊びをする子供の姿も。
画像

  右側も川になって、中洲を走っている状態、どこまで行ける? とにかく行けるところまで行ってみよう!
   と言う事で、そのまま下って見る事に。
  最後は、石で凸凹歩いて小さな橋を渡って、階段を担いで登って橋の袂へ出る。

 町の中へ入ってすぐ南へ、しばらく走ると「JR」の鉄橋があり、手前の交差点を右折する。
  「京都駅」到着です。
画像

  午後3時、いい時間に戻ってきました。
  自転車をたたんで、輪行袋に入れて、交代でトイレや土産、切符を買って、
画像

  「京都タワー」の写真を撮って、戻ります。

 早いためか、心配したほど混雑はせずに、とりあえず座って帰る事が出来ました。
  「米原」から相席になった、同年配の男性と、いろんな話をしながら、「大垣駅」到着でした。
  
 30分ほど待って、「樽見線」に乗車、「十九条駅」で別れ車へ、もうすっかり暗くなってしまったが、
  家に着いたのは6時半ごろ、楽しいいい1日サイクリングの旅でしたね。

おはようサイク 18-69

12月1日(土) 天気 晴れ
 なんとなく早起きして、余裕で走る準備を済ませ、自転車を車に積み込んで、家を出て堤防へ。
  天気は良いし風もそれほど無さそうだ、こんな日は、参加者も多いかなあ? こんなことを思いながら、
   コンビニで、パンとジュースで朝食を済ませる。
  参加者 4名 (和田、長谷川、沢田、私)

 余裕で駐車場、誰も来ていない? 寒い事もあって、少し車の中で時間を過ぎし、外へ出ると長谷川さん、
  和田さんが来て、走る準備を済ますが、これ以上はなかった。
  天気も良くこのメンバーなら、「横蔵時」でも・・・ と思ったが、それほど走りたい雰囲気ではなく、
   「川口橋」「朝鳥公園」休憩・・・ と言う事で、スタートする。
  先ずは、ウオーミングアップ、時速18キロほどゆっくりしたスピードで始まる。
  「下座倉大橋」を過ぎ、少しづつスピードアップ、「ゆ~みんぐ」を回って、向かい風を確認する。
  何時もの事を何時ものように、何時もの向かい風が少し、時速22キロになる。
  今日は先頭を走らなくていいかな? と思ったが、これも何時ものように先頭になってしまった。
  
 体が慣れてくるにつれて、ケイデンスを上げ、スピードを上げながら走る。
  「平野庄橋」東交差点、手前で時速24キロ、ケイデンス93回ほど、タイミングよく交差点通過する。
  下りを利用して時速を26キロへ、ケイデンスも97回ほど、このままで問題なさそうだ。
  このメンバーならついてくるだろうし、遅いなら前に出るだろう。 (私は、一杯だもんね)
  先頭はね、とにかくきついよね! 後ろだったら時速30キロで走ってるくらいだもんね。
  足に踏む力と回す力を意識しながら出ないと、ケイデンスが維持できない、そんな感じだ。
  河川敷は、芝生も黄色くなっている中、グライダー練習場には人、サッカーの子供たちも見れる。
  山が近くになって来ると、紅葉しているので、赤茶けて見える。

 「前島橋」信号交差点、青通過!  「岡島橋」車来ずにスピードダウンからそのまま通過、調子いい!
   って言うか、ノンストップで走っていることになった。
  体が汗ばんできて、腕まで汗が出ていることがわかる。
  心拍数も上がっては来ているが、息切れするほどではないが、少しきついかな。
  「井ノ口橋」此処も車が来てないので、スピードダウンしただけで通過、いいのか悪いのか・・・・。
  ここからは、登りがわかるので大変なのだが、道路に曲がりと両側に建物があって、雰囲気が変わり、
   なんとなく頑張れるところ、足に力を入れると時速27キロ。
  「川口橋」を渡って左折、下りなので時速29キロ、ケイデンスも100を超えるが、そのまま。
  「朝鳥公園」到着、トイレ水分補給の休憩です。
  周りの木々は紅葉しているが、やっぱり中途半端な状態だねえ。
画像

  いときは鮮やかな花を咲かせている木が1本
画像

  寒椿かな、鮮やかな濃いピンク色
画像


 戻りは、「葬儀場」の方から「大野橋」へ出るか、休憩無しでそのまま走ろうか! 先頭は誰か行ってよ!!
   と言いながら走り出しました。
  「井ノ口橋」手前、前方からサイクリスト、誰かと思ったら、沢田さん!! 戻る戻る! と言って合流。
  和田さんが先頭に出て、私は最後尾に、いつも通りに少し間をあけ走る事にした。
  さぼるつもりはないのである ”おはようサイク” は、運動することもあるので、最後尾でも先頭を走る、
   そんな抵抗を受けるように、少し離れて走るのだね。
  スピードが速くなったり遅くなったりもするので、離れているとそれもほとんど関係なく走れるしね。
  「岡島橋」手前には28キロまでスピードアップ、少し間が空くがなんとか元に戻した。
  下道を走って「303号交差点」此処も青信号通過、本当に調子いい感じだ。
  トンネルを抜けて下り、そのあとの駐車場、沢田さんは ”休憩!”” と思ったらしいが、素通りする。
  そのまま直線道路へ出て「野」の交差点、赤信号停止、ありがたい感じかな。
  ここから、先頭が長谷川さんに、途端にスピードが上がって、3番手に下がった和田さんが遅れ気味。
  少し上り坂になるので、いったん遅れるときついんだよね、でも頑張っている。
  「西方」の交差点で赤信号停止、追い付いた後はそのまま3人1列に、私は相変わらず離れて最後尾。
  時速は29キロになって、和田さんが遅れ気味で「大野橋」を渡るが、右折の所で和田さんが早く曲がり、
   かどで止まった私らの前に出るが、すぐに追い越されて3番手、でも後ろに付いている。
  時速がさらに上がって、30キロ? それでも離れる? 32キロ? 前も続かず間が戻る。
  ギヤを変えてケイデンスを93回ほどに、これで対応する。
  こんな走りをすると、やっぱりロードの楽差を感じる。 (力が有れば問題ないんだろうけどね)
  同じような力のメンバーで走ると、こんな風に面白い、なんとなく頑張る力が出るもんだし、諦めもしない。
  だから、つい頑張ってしまう! そんな感じ、汗びっしょりって感じだもんね。

 「泰山木」に着いた時には、みんな汗びっしょり、胸のファスナーをあけ、タオルで汗を拭く。
  良く走ったねえ! どんどんスピード上がって来るんだもん! とか言いながら充実した走りだった。
  
 寒くなって、私の装備を紹介します。
  先ずは、何時も背負っているバッグ、
画像

  工具(パンク修理工具、パッチ、英式バルブ一式、変換バルブ、ゴムのり、チェーンカッター、ニップル回し、
       レンチセット) 初心者向けのモノ、英式バルブなども持って歩く。
  救急用具 (消毒薬、ガーゼ、貼るもの大小)
  雑もの (印鑑、ボールペン、ワイヤー鍵、電池、ライト、ライターなど)
  粉末のエネルギ補助剤、  
  グローブは、夏用の指無し、春、秋用の指有薄手、冬用の5度~用のと0度~用
画像

  ヘルメットの内側の帽子、春秋用の綿帽子のベロを取ったもの、冬用は、耳当て付き
画像

  初めての人なんかは、どうしても迷うところですよね。
  参考にしてもらえば… ならないかな!

  業務連絡!
   2018 忘年サイク!!span>
   12月23日(日) ”おはようサイク” 「木曽三川公園」行ってQ! 後、続けて実施。
    雨天の場合は、午前11時 「泰山木」」集合、ランチパーテイー忘年会。
    会費 3000円 (会食費用、福引景品費用)
    参加の有無は、ラインまたは ”おはようサイク” の時に、会費もお願いします。
    ”おはようサイク” 参加なしで、忘年会のみの参加もOKですので。

「大野町名所旧跡巡りサイク」 やりました!!

11月25日(日) 天気 晴れ
  私ら、イベント関係者 9名  参加者 子供 7名  大人 6名 で実施です。

 集合している最中からパンクの話、男子のジュニアマウンテンだ、さっそく修理に掛るが、パンク修理材使用?
   修理不可能なので、チューブ交換になってしまったが、何とか解決。
画像

  続いて、ギシギシ音がする、後ろベアリングダメかも? 確認すると、バンドブレーキがこすっている、
   隙間調整して、チェーンに油をさして、終了。
  覚悟はしていたものの、初めからバタバタしてしまった。
  
 8時15分から、開会式、 会長挨拶、係紹介、
画像

  その後に、簡単ではあるが、図を使っての、”走り方教室” を、
画像

  参加者での、記念写真を撮って、
画像

  さあ! 楽しいサイクリングに、スタートです。
画像

  「パレットピア大野」の北側の道路に出て、
画像

  「三水川」堤防に出て、そのまま堤防を一列になって走ります。
画像

  時速は16キロ、ゆっくりしたスピードで、楽しみながら走ります。
画像

  3キロほど走ったところで、1つ目の見学場所に到着です。
  「北岡田亭」では、文化財保護委員会の方が説明をしてくれた。
画像

  特別に時間を早めて門を開けていただき、ありがとうございました。
画像

  地主さんの大きな屋敷で、水害対策の為に、土台を高くしてあったり、庭も高く避難場所に。
  そこから1.2キロ走って、「黒野駅 レールパーク」に到着、此処ではトイレと2階にある「ジオラマ」を、
   ここも少し早く解放していただきました。  有難うございました。
  再び「三水川」堤防を走って、2.6キロ  「牧村家」住宅 到着です。
  茅葺の民家だったところ、記念写真を撮りました。
画像

  見学したところで、再び走り出し、信号交差点を横断し、北の方へ1.5キロ。
  「野古墳群」の間を走り、中でも大きな古墳横で停止、見学をする。
  此処も説明してもらえたよ、それも古墳の頂上で、
画像

  上から見るのは、初めてなので、みんな感動だね。
画像

  全部で9個の古墳があって、成り立ちなどの説明を受けました。
  子供たちは、お菓子までプレゼントされ、大喜び、本当にありがとうございました。
  古墳の周りを一回り
画像

  大きさや広さがよくわかるし、サイクリングには良いコースですね。
画像

  ここからは、「大野町」の真ん中を、南北に走る車の多い道路を走ります。
  広くていい道路ですが、歩道が途中で無くなったり、反対側だけだったり、自転車には走りにくい、
   そんな所があちこちに有り、危険だ! と言う人も、大人の人も参加してくれるので、体験してもらう、
   そんな意味もあって、あえて回り道をせずに、この直線道路を走りました。
  とちゅうの 「平和堂」 エイドステーションで一休み、
画像

  さらに、直線道路を南に走って、右折し少し走ると、田んぼの真ん中に。
画像

  途中、急に曇り空になって心配したが、また青空の気持ちい天気に。
画像

  暖かくなってきて、子供らの中には、上着を脱いで走っている子も。
  西の端「揖斐川」堤防のすぐ側 「竹中半兵衛」生誕の地 到着です。
画像

  大人の参加者も楽しそうで、何よりです。
画像

  今度は、先ほどの道路を1本南の道路を、東に向かって田んぼの真ん中を走っていくコースです。
  とにかく、”通行係り” が先に出て、交差点で旗を持って、安全確認をします。
  通り過ぎると、次の交差点へ…・ 間が長ければ、何とか前に出れますが、短いと大変です。
  「二度桜公園」到着、此処でも説明をしてもらいました。
画像

  私も、最近まで間違ってたんです、2度咲く桜だ! って、それではなく、”2段桜” が解り易いかな、
   八重桜だが、少し遅れて、中央にもう1度咲く! って感じです。
  花が全部ではないようなので、1本の木の中でも、探さないと見つからない、とのこと。
  春にまた来ないとだめですね。
  ここからさらに南下して、「上磯古墳群」を見学、すぐそばにある「バラ公園」でトイレ休憩。
  「花田が割」堤防を走って、「パレットピア大野」ゴールです。
画像

  みんないい表情で戻ってきましたね。
画像

  予定の時間通り、12時30分到着でした。
  ちょっとびっくりし、大笑いで済んだ転倒がありましたが、無事に全員完走!!
  閉会式を簡単にやって、解散でしたが、係りの皆は疲れた感じです。
  とにかく精神的に疲れるんですよね、本当にご苦労さんでしたし、ありがとうございました。

 参加者の皆さんも、これに懲りずに、また参加してください。
  小規模ではありますが、また実施してみたいと思っています。
  本当にありがとうございました。

おはようサイク 18-68

11月24日(土) 天気 晴れ
 3連休の中日、休みではない私には、また来た土曜日! って感じだが、1週間が早い!
  北の方からは、雪の便りがあって、本格的な冬になった感じ、朝の温度は一桁だね。
  朝1番のコップ1杯飲む水も、一息では飲めないほど冷たくなってきたもんね。
  着替えるにもストーブを付けてから、それでも走るのは変わりはない。
  参加者 8名 (今木、後藤、箕浦、多和田、和田、清水、平田、私)

 紅葉の季節でもあるし、これからは行けなくなってしまうコースでもあるので、「横蔵時」~「谷汲」コースに。
  何時ものように、 俺、ゆっくり行くから! (和田) 何言ってるの、ペダルに足乗せた途端・・・ (私)
   冗談を言いながらスタート、途中から3チームかな? (これが私の予想)
  19キロほどでウオーミングアップ走行、「下座倉大橋」からスピードアップし22キロ。
  「ゆ~みんぐ」を回って後ろから影が映って、すぐ後ろにいることが分かり、そのまま走りを進める。
  体感的には、向かい風はそれ程感じないが、耳を覆っているので、ゴーっと風切り音がする。
  足は動いているので、出来るだけギヤチェンジをしないで走る! で頑張る目標です。
  ケイデンスを変えないで走り(ギヤチェンジを多くする)疲れないようにする。  これが普通だと思うが、
   ”おはようサイク” は、練習、運動だと考えると、これも有りなんですよね。
  「平野庄橋」東交差点、青信号で停止無しで通過、時速24キロにアップ、ケイデンス93回ほど。
  そろそろ後ろのメンバーが前へ・・・・ ?? 出て来ないので手で合図、先頭交代をする。
  ?? すぐ後ろが箕浦さん? 和田さんと平田さんかな、少し離されながら後ろを待つ。
  信号に掛ったか見えないし、箕浦さんがそのまま先頭、交代の様子なしなので、慌ててスピードアップ、
   後ろのメンバーはそのままにして、再び先頭に出て走る事にする。
  せっかく箕浦さんが頑張ってるので、後ろのチームは、それぞれに任せることにした。
  時速は同じで24から25キロと言うところ、足の付け根に痛みではないが、筋肉痛かな? 
   止まってないからね、問題ある痛みではない。
  「三町大橋」を過ぎて再び堤防、向かい風が強くなった感じ、でも後ろの箕浦さん頑張っている。
  出来るだけスピードがぶれないように、ケイデンスの数字に注意して走る。
  どうしても風の強弱があったり、車とのすれ違いでの風があったり、どうしてもブレるもんね。
  ま、これも練習の一つ、ケイデンスを上げると安定しやすいけど、「乗鞍」があるので踏む事もね。
  「前島橋」も信号機青の直進、「岡島橋」を渡って反対側の堤防へ、もうひと頑張りで休憩だ。
  
 「朝鳥公園」やっぱり紅葉は中途半端、
画像

  同じ期の中でも、紅葉し居る所とそうでないところに差が有り過ぎ。
  これなんかは、もう終わってる
画像

  トイレ、水分補給と休憩、最後に後藤さんが到着。 (今木さんは、Bコースから「昆虫館」)  
画像

  後藤、箕浦さんは、此処から戻る? いや、頑張って「横蔵」周りで行くとの事で、みんなで走りだす。
  すぐに2つのグループになって、坂を上り始める、私のギヤはそのまま変えずだ。
  山の所々紅葉はしているが、余り奇麗ではない。
  橋の所で待てばいい! と思いマイペースで上り坂を上るが、早くはないスピードだ。
  赤い橋を渡って「303号線交差点」左側で、先に来たメンバーが休んでいたが、箕浦さんが来たので、
   青信号で走りだし、トンネルの中へ。
  途中で待つか、「横蔵時」への追加でも良いか? と思いながら走りを進める。
  この辺は、だらだらした登りが続き、最後にまとめての下り、結構こたえる感じだ。
  下って、「横蔵」と「谷汲」への分かれ道、後ろは来てないので左「横蔵」へ。
  下の駐車場で戻るかと思っていたら、多和田さんが上まで行きたそうだったので、行く事に。
  上っている途中で清水さんに追い越され、上の駐車場に到着。
  すぐに戻ろうかと思っていたが、清水、多和田さんがもっと上に行き、その間に和田、箕浦さんら全員が、
   上ってきてしまった。
  そんなことで、「横蔵時」で記念写真だが、清水さん行方不明?
画像
   
  この時間じゃ、モーニング間に合わないなあ! 先に行って予約・・・・ とか言いながら、紅葉を眺める。
  しばし休憩の後、さあ! 戻りますよ! と言いながら、先頭で駐車場を出て下り坂。
  ギヤを変えないので惰性で走るしかないので、すぐ追いついてくるだろう。
  激坂に突入! ここはギヤを2枚だけ軽くして上る。 (あと2枚残っている感じ)
  ケイデンスが下がっても、50以下には成らないので、足の力は出ている感じ、息もまだ大丈夫だった。
  そのあとのアップダウンでかな? 多和田、清水さんに追い越されるのは、想定内のこと。
  とにかくギヤを戻してだから、下りの27キロ以上は回せません! 惰性のみ。
  「昆虫館」駐車場と思いきや、手前の信号交差点で、清水さんが左折の合図、行き過ぎて止まりUターン。
  後退して、後ろのメンバーに合図、和田さんが来て、後藤、箕浦さんも来たが、待っても平田さんが来ない?
   仕方ないので、参道の皆を追う事にした。
  走り出してすぐ止まった!パンクかも! そんな話をしながら、参道の紅葉を見る。
  「谷汲山」参道の紅葉はいい感じだった
画像

  山門から奥の風景
画像

  参道の紅葉をもう1枚
画像

  写真を撮っている間に遅れ、腹も減ったし何かないかな? 考えながら店が無くなってしまった。
  少し戻って「タイ焼き屋」でタイ焼きを買って、「昆虫館」へ。
  タイ焼きと干し柿(箕浦さんが買った?) 尻尾は食べてしまったから無い。
画像

  ラインが入っており、やっぱりパンクだったが、しばらく待っても来ないので、途中から帰った? 
   自走の事もあって、そのまま戻ったんだろう! と思った。

 そのまま戻る事にし、走りだしますが、ギヤはそのままです。
  下り傾向なので26キロほど、ケイデンスは110回を超えている。
  「谷汲口」右折停止したところへ、平田さんが追い付いてきた。
  これで皆で帰る事になったが、何時ものように私らが遅れて、2つのグループになった。

 結局、私は先頭のまま、25~6キロで「根尾川」堤防を走って、良い運動になった! と言うよりは、
   少し走り過ぎた感じかな、それよりも、箕浦さん、最後まで後ろにいたもんね。
  疲れた! 明日大丈夫かいな! が箕浦さんの感想だった。
  太ももと付け根に疲労感があり、いい感じで踏みの力が入った、そんな感じだ。
  平坦なところは、ケイデンス100回前後とか、帰りはケイデンス60回以下のギヤで、とか
   意識をして走りを変えながら、やると退屈しないで済むしね。
  本日の走行距離、51.9キロ 箕浦さんさすがに頑張りました! です。

 モーニングでなく、ただのコーヒータイムになってしまったが、店内で休憩。
  遅くなってしまったこともあって、人数も少なかったが、12時過ぎに解散でした。

おはようサイク 18-67 第2ラウンドも!

11月18日(日) 天気 晴れ
 風邪ひきも、だいぶ良くなってきたし、紅葉の話題もあり、第2ラウンドにて、「横蔵時」「谷汲」の紅葉に、
   と言う事もあって、自転車で家を出ることにした。
  寒くもなってきたので、耳隠しのある帽子を付け、ジャケットも長袖、シューズも冬用に。
  メガネ(遠近両用)を使用しているので、ヘルメットはエアロR-1にしたが、シールドを落とさずにいたら、
   涙が出てきて見えなくなってしまったので、止ってシールドを落とす。
  参加者 10名 (箕浦、飯沼、高橋、多和田、和田、平田、沢田、清水、内藤、私)

 8時半過ぎ「泰山木」駐車場から、道の駅「パレットピア大野」に移動し、清水さんらと合流し、
   「大野町名所旧跡巡りサイク」試走に、改めてスタートした。
  「三水川」堤防を走って「北岡田亭」へ、途中、多和田、清水さんに ”交通係” をやってもらいながら、
   「黒野レールパーク」 「牧村家」・・・・・・  当日を想定してのコースをみんなで走る。
  11時のモーニング時間に間に合わず、先に行ってもらったり、「パレットピア大野」には入らず、
   そのまま「泰山木」に戻り事になってしまったが、一応の練習ができた。
  これで、当日なんとか行けそうな状態になった感じだ。
  とにかく、子供だけのグループ、大人のグループと分けてのサイクリングは、少ないと言うよりは、
   無いかも(親子一緒なのは数あるけどね)知れない。
  リーダー、サブリーダーは大変ですよね、神経を使うからね、何人もだしね。
  交通係もそう、とにかくみんな初心者なんで、気を使うので、終わった時にどっと疲れが出る。
  でもそれが、ただサイクリングをやった時の疲れとは番う感じがすると思う。
  でも、参加者の、満足そうな顔を見るとね、なくなってしまうんですよね。
  先ずは、無事故で終えることですね。

 第2ラウンド  「横蔵時」 「谷汲」 の紅葉を見に行く。
  「泰山木」にてコーヒー休憩したら、次走るメンバーがいない! (ゆっくりしすぎるとね、わかる!)
  結局は、内藤さんと2人きりになって、コース、スピードは彼に任せることにした。
  先ずは、「平野庄橋」交差点を右折、何時も走る「揖斐川」堤防をさかのぼる。
  天気はいいし風もほとんどなくて、サイクリング日和だ、紅葉も楽しみだ。
  久しぶりの第2ラウンド、体調がよくなっているせいか、気分も良好! って感じだ。
  時速24キロ、サイクリングはこのスピードがいい、周りの風景を見ながら、顔に当たる風を楽しめる。
  「三町大橋」を過ぎて再び堤防、この辺までくると、汗が出てきて熱くなってきた。
  朝が寒かったので、冬ウエアーだもんね、ネックウオーマーを付けていないのが、救いだ。
  「前島橋」信号交差点、内藤さんたまらず上着を脱ぎにかかるが、私は「朝鳥公園」で・・・ なら私も!
   と言う事で、そのままで走りだし「岡島橋」を渡って反対側を走る事にした。
  さすがに、揖斐川マラソンが終わった後なので、練習している人は少ない感じ。 (駐車場に1組いた)
  「朝鳥公園」の紅葉はまだ早い?
画像

  トイレを済ませて、ジャケットと中帽子を取る。 (内藤さんは中のシャツを1枚とる)

 登りはどうかな? 走りながらちょっと心配、登りに入ると、しっかり足に力が入って、
   余裕で走れる、健康っていいなあ!! そんな思いに駆られながら、走りを楽しむ。
  何人かのサイクリストと挨拶を交わしてすれ違う、若いサイクリストが多くなったね。
  日陰に入るとまだ寒い、頭は風が抜けて気持ちがいいが、ウインドウベストがあった方がよかった感じだ。
  「303号線」を横切ってトンネル、出た途端、自転車が重い? 少し上ってるんだね、暗いところから出て、
   解らなかった感じ、そのあとの登りも快調に走る。
  下ってT字路左折、又なだらかな登り、この時期の渋滞がない? やっぱりまだ早いか?
   駐車場のすぐ前から渋滞があって、横を通り抜けるが、観光客は少ない感じだ。
  この後は、歩きになるのだが、人が少ないのでそのまま注意して走る事が出来た。
  上の駐車場からにぎやかなスピーカー音、「紅葉まつり」開催中だからね。
  やっぱり人が少なめ、時間的には昼なんだけどなあ! 奥の方に自転車を止める。
  「横蔵時」みんなが撮る駐車場からの風景。
画像

  なんとなく鮮やかでない、全体に柔らかい感じだ。
画像

  紅葉しているところも少ない
画像

  早いんではなさそう、落ち葉は結構あるし、枯れている葉も見られるので、気候のせいでダメなんだね。
  コーヒーと焼きパン? で一休みし、駐車場を出る。 (そばが食べたかったのでね)

 下って来ての急な上り坂、ギヤを2枚落として登りに入るが、此処もいい感じで足に力が入る感じ。
  「ゆ~みんぐ」のジム通いが効いて居るのかな? やっぱり常に動かす必要があるってことだね。
  ここからは、アップダウンが続きトンネルへ、そこから長い下りがあって、内藤さんとの間が空く。
  下りをゆっくり走ってるせいだ、腹が冷える! って感じ、やっぱりベストがいるわ!!
 
 「谷汲」到着、交差点を左折参道に入るが、さすがに駐車場からは、人が多くて歩く事に。
  参道の紅葉は、まだまだって感じだが、此処も落ち葉がみられる。
  観光客の歩きが遅く、どんどん追い越しながらって感じ、店に寄るつもりもないしね。
  山門横の駐車場からは、自転車に乗ってさらに上まで登り、手洗い所の裏の方に止める。
  階段の途中 「谷汲山 華厳時」 本殿を
画像

  巡礼中の団体さんが、お経を唱えている、参道を歩いて居る時にも団体さんにあった、何の日?
   そんなことを思いながら参拝、裏に回って学業の仏様にもお礼を。
  紅葉の写真を! こんな感じだもんね。
画像

  ここは台風の影響もあって、今まで有った木が無くなっている所も。
  奇麗な紅葉だねえ! って声も聞こえてきたが、今年は最悪な感じだった。
  
 自転車の所に戻ると、そばにロードバイクが2台、若い男性2人が参拝を終え戻ってきた。
  話しかけると、初めて間もない! との事、道を聞かれ方向が同じで、帰るコースが一緒になった。
  私らは、蕎麦を食べて帰るつもりだったけど、せっかくだから! と言う事で、一緒に行く事にもなった。
  「きさら」だったかな、下って平地の田んぼの中、右側駐車場にて停止。
  ここも久し振り、2時も回っていたので空き席もあり、すぐ座る事が出来、4人で蕎麦屋での昼食会?
  私らのクラブの話とか、パンク修理を覚えたい!(彼ら) 長い距離の乗り方・・・・・ その他にも、
   クラブでのやっていることを話し、”おはようサイク” の案内もする。
  会社員で安八の方に会社があるとのこと、1人は「大野町」在住だったかな、最近らしかったけど。
  そんなことで、此処からも一緒に走る事になった。
  内藤さん先頭、2人が中で私が最後尾、踵が下がる! と言ってた彼、見ていると足首が動いている、
   確かに踏んだ時に踵が下がっている感じだ。
  前を走る彼は、内藤さんに刺激された? ケイデンスが高い状態で走っていて、いい感じだね。
  「根尾川」堤防、踵が下がってしまう… 気にしていた彼の横へ、つま先でけるのでなく、足全体で回す、
   踵は少し上がった状態、足首は動かさず・・・・・ アンクリングの方法ををアドバイス。
  初心者が重いギヤから始めると、足首が下がってしまう乗り方になることが多いので、軽いギヤで回す、
   そんな走りを覚えたらいい、ケイデンス90回が、省エネと言われるので、この練習も。
  そんな話をしながら走っている間に「大野橋」 5の里、5差路?? 「五之里」「郵便局」の有る所かな?
   そしたら、次の橋「薮川橋」、もう一つ「新大橋」を渡って、そのまま西の方に走ると、
   信号交差点3つ目が五差路だから・・・  と言う事で、此処で別れることにした。

 私らは、「大野橋」を渡って左折、家に戻りました。
  こんな出会いも楽しいものですね、メンバーが増えるかもね、これも楽しみです。
  走行距離 42キロほどなので、合計60キロ ゆっくりな走りなので、いい運動だったと思う。
  これからも天気の具合を見ながら、第2ラウンドはやっていきたいですねえ!

第5回 ぷらっとほうむ 企業参加しました。

11月17日(土) 天気 晴れ
 週間天気予報は、傘マークだったのが、ずれてきて朝からいい天気になった。
  「大野町」 「黒野駅 ぷらっとほうむ」を会場にして、“働く体験”イベントがあったんです。
  体験企業として、「ちゃりんこPit」 も参加しました。

 「働く体験」を楽しんで、「プラット通貨」をもらって、「お買い物」ができる! と言うイベントです。
  ちゃりんこPit では、
   1、 タイヤのパンク修理体験  チューブの空気が抜けてしまう、穴を探して修理できるかな?
       空気を入れ、チューブを水の中に、泡が出ているところを探してマーキングし、鑢で表面を掃除、
        ゴムのりを塗って、パッチを張り、再度空気を入れ、水の中でチェックする。
       出来た!! って感じ。
   2、 リムの振れ取り修理体験  自転車で転んで、車輪が曲がってしまった、直せるかな?
       振れ取り台の曲がった車輪を、ニップル回しを使って、曲がりを修正する。
       普通では、きつくて回せないので、全部のニップルを少し緩めて置いて、実施した。
   3、 体験ではなく、遊びのつもりで、マウンテンバイクをローラー台にセット、乗ってもらう事も。

  まだまだ、興味を持ってもらえずに、体験数も少ないが、修理の内容など知ってもらえるのもいい事です。
   重機の運転など、整理券を出しているところもあって、体験数には差があるけど、また参加のつもり。
   各企業ともに、ボランティア活動ですが、22か所での体験箇所があり、1日中賑わってましたよ。
画像



 ”おはようサイク”
  多和田さんが来てくれたようですが、他誰もいなかったので、コーヒーだけになってしまったようです。
  今後も、クラブの存続のためには、私自身の勉強も必要ですので、イベントやコース探しなど、
   ”おはようサイク” 参加できないことがあると思いますが、みんなで盛り上げてください。
  マンネリ化しないように、さらに私が出来なくなっても、終了! とはしたくないので、お願いします。
  

おはようサイク 18-66

11月11日(日) 天気 晴れ
 朝から快晴の良い天気、気温も高いので、まだベストを羽織るだけで行けそう。
  3名の初参加の人が来る予定なので、楽しみと不安が入り混じってる、そんな思いで車に。
  「三水川」堤防を走っていると、ママチャリに乗った男性、きっとサイクリングしてんだ! と思うけど、
   もう少し頑張らないと…・ 勝手におせっかいを。
  パンを法張りながら集合遅着、車が一杯でいつもの場所には止められず、奥の方へ。
  思ったより参加者が多いし、初参加の人の顔もあったので、さっそく挨拶を交わし、走る準備をする。
  参加者 14名 (後藤、箕浦、飯沼、多和田、白木、立田、高橋、平田、今木、内藤、今泉、杉山、本庄、私)

 これだけいると、大変にぎやかです、あっという間に40分、慌ててスタートしようとしたら、平田さんが来て、
   少し待ってみんなでスタート。
  初参加の人は、Aコースの短縮コース、他のメンバーは「谷汲」コースにした。
  堤防道路に入ってのウオーミングアップもにぎやか、インターの写真をと思って止まると、皆が止まりそう、
   行って! 行って! と言いながら、「谷汲」コースチームはそのまま走って行ってもらう。
  インターチェンジの工事も、大分形が見えてきた。
画像

  初参加に交じって、内藤、今木さんが残って、一緒に走ってくれることになった。
画像
  
  先ずは、乗り方折り方の練習から、初参加の3人ともが、サドルに腰かけたまま足が付ける高さ、
   このままで、自転車をまたいで、右足で右ペダルを3時の位置に、足を乗せスタートし尻を乗せる。
  止まる時には、トップフレームにお尻を移動し、左足を地面に着きブレーキ、止まる。
  皆で来る返し練習をしてみて、出来るようになったところで、サドルを上げて乗ってみます。
  え! 楽! 乗った感じが違う! と言う感想、後ろを走りながら、サドルの高さを確認。
  止まってもらって再度調整するとともに、ペダルに乗せる足の位置をアドバイスする。
  クロスバイクのサドル高さとハンドル高さの関係を話し、この時点で3人の自転車はいい感じになって居る。
  再度走り出します、いい感じになってきたところで、上半身フォームの話を、腕は突っ張らずに、
   肘を少し曲げる、そうすると腕で振動を吸収できる。
  前傾姿勢になるが、腰の上の所から曲げ、猫背みたいに曲げる(腹をへこます感じ) 腹が凹まない!!
   そんな声が、無理しなくてもいいので、そんな意識です。 と言う感じだね。
  そのまま少し走ったところで、ギヤチェンジについて、3人ともクロスバイクなので、右側のレバーを押して、
   あ、かるくなった! どんどん押して! もっと軽くなった! そしたら、前側にあるレバーを…
   おもくなった! とにかくペダルを回しながらやること。
  じゃあ、次は左側、こっちは前のギヤを変えるやつです! 私のないわ! すみません、前1枚でしたね、
   とにかく楽しい時間ですね。
  前が大きいときは、後ろ大きなギヤはだめなんですよね! 解ってるじゃないですか!
   (本庄さんは、旦那さんがロードに乗ってたらしく、この辺の知識もあるんですね)
  少し走ったところで、手信号の話へ、右、左・・・・・ 後ろの人に知らせるためにもしっかりやること。
  時速14キロほどで「ゆ~みんぐ」を回って北へ、向かい風もほとんどなく、最高のコンディションだ。
  気持ちがいいですねえ!! そんな声も聞こえてくる、ゆっくりしたサイクリングです。
  自分たちの走れる、気持ちの良いスピード、周りの風景を楽しみながら、これがサイクリングです。
  舗装道路を見ながら…・  前の人のお尻を見ながら…・ そんな走りはしたくないですよね。
  
 このコースは、信号交差点の2段階右折、車の多い片側2車線道路、が有ったり、右左にカーブするとか、
   いろんな要素を取り入れたコース、まさに初心者コースだと思っている。
  「真大橋」の下をくぐって「根尾川」堤防に上がったところで、小休止です。
  結構いい運動になりますねえ! 10キロほどしか走ってないが、初めての事なので疲れますよね。
  女性2人は、予定があり此処で解散、今泉さんは、もう少し走りたい! との事だったので、「薮川橋」まで
   行く事にした。
  先頭を内藤さんに、後ろから見たいこともあって、後方から走る事にする。
  本人が気にしているように、蟹股が目立つが、気にすることはない、意識していると治ってくる。
  休憩の時に話したんですが、歩いてではほとんど治らないが、自転車では治ってくる。
  ペダルに力を100%伝えるには、膝を真上に持ってくる必要があって、自然と意識するうちに良くなる、
   ビンデングは強制的なところもあって、効果が出るが、危ない点もあるので、ハーフクリップを使う、
   でもこれはこれから考えればいいことで、先ずは回数を走る事だと思う。
  股関節から大きく動かすので、自然と改善されるはずなんですよね、ある程度は。
  最初はまず、楽しく走る事、でないと続けられないから、そして続けることですよ。

 「泰山木」にゴールし、コーヒータイム休憩です。
  少しして、白木君が汗を流しながら1番で戻ってきて、続いて多和田さん、そのあとも速いメンバーが、
   戻って来た、少しして第2グループ、少し遅れて第3グループもゴールです。
  私が会長なら、早い方で多和田さん、遅い方で後藤、今木さんが副会長かな、広報係で内藤さん、
   少しづつではあるが、理想のサイクリングクラブになってきた感じもする。
  これからやっていく、イベントの主催者として、サイクリングを楽しんでもらえる、そんなサイクリストに皆が、
   なってくれると、また、違った感じでのサイクリングが、楽しめると思うんですよね。
  現在、70歳以上が、私と後藤さんが71歳、箕浦、飯沼さんが75歳、これに、今泉さんが78歳なので、
   5人になります、チーム60に続いて、チーム70になりそうですね。
  着いて行けそうにないから! と、1人で走っているサイクリストさん、一緒に走りませんか?
   楽しいですよ、大勢で走るのは。

 この後、私事で、孫と魚釣りの約束があって、早めに終了でしたが、皆は、楽しくコーヒータイムを、
   過ごして、次回の走りの確認をしたものと思っています。
   (魚釣りの釣果、20センチほどのウグイが1匹、子供らが網で捕まえた1センチほどの小魚が10匹ほど、
     残念ながら、狙った鯉は釣れませんでしたので、鯉の煮つけはありません) 

おはようサイク 18-65

11月10日(土) 天気 晴れ
 治ったと思った風邪がぶり返し、動くと熱っぽくなってしまうし、咳が止まらず、でも走る準備だ。
  食欲はいつも通り、コンビニでパンとジュースで朝食、駐車場に着く。
  参加者 4名 (長谷川、沢田、後藤、私)

 このメンバーなら、「谷汲」コースだな! と思いながらスタート、思ったより風が強い。
  長谷川さんと一緒にウオーミングアップ、「谷汲」コースの話をすると、Bコースで良いわ! と返事、
   後ろついて走るんでなく、あんたが先頭で任せるから…! と言う事にした。
  「ゆ~みんぐ」手前で、長谷川、沢田、後藤さんが前に出て、私が後ろに着く?? どんどん離されて行く、
   足が動かない、時速20キロ向かい風が強い… 俺だけ! って感じ。
  前回もそうであったが、やっぱり、 “健康が第1だなあ!” つくづく実感。
  「平野庄橋」東交差点、赤信号でストップ、さらに遅れて、前の3人はほとんど見えない。
  その後も、時速23キロがいっぱい、それも続かず20キロになってしまう。
  前回は、1人走りで「谷汲」コースだったが、今回は、その気力もなく、「三町大橋」を過ぎて再び堤防、が、
   そのまま直進して、「葬儀場」の側の駐車場に。
  あれ? 駐車場に見慣れた? 後藤さんが (「岡島橋」までで遅れたので、1人戻ったとのこと)
  心配するといけないので、長谷川さんにライン(私)、沢田さんの電話(後藤さん)
  ここでの休憩は久しぶり、田んぼは稲刈りも終わって、風景が何となく殺風景な感じ。
画像

  いつもなら、警察犬学校から聞こえる、犬のなく声も今日は本当に静かだ。(後藤さん)
画像
  
 駐車場を出てすぐ あれ? パンクだ!! 後ろから、後藤さん。
  道路端ではまずいので、田んぼの交差点の所まで移動して、2人でチューブ交換作業。
  天気も良いし、座り込んでの作業もたまにはいいもんですね。
  
 「三水川」堤防のサイクリングも久しぶり(後藤さんは、この前走ってるけどね)
  川面のカモの数が増えている感じ、1年じゅう住み着いてる種類と、渡って来るのがいるみたいだ。
  甘ーい、美味しい香りが漂う空気も、なんとなく懐かしい感じ。
  「大野温泉」駐車場には多くの車が、早くから賑わっている感じだ。
  ウオーキング、ジョギングの人も何時もの通りだ。
  下記畑だった所が、何もなくなっている、手がかかって大変らしいもんね、こんな話をしながら。

 「根尾川大橋」途中で止まって川面を見ながら、魚がいる! ウグイだな! 
  こんなことをやりながら、「泰山木」に戻ってきました。
  テーブルにコーヒーが来て暫くしてから、2人が戻ってきました。
  やっぱり、行きは大変帰りはスイスイって感じの走りだったようだ。
  これからの季節は、このパターンが多くなってくる、早く風邪を治さないといかんね。
 
  

おはようサイク 18-64

11月4日(日) 天気 曇り雨
 朝早いうちからスマホが、ラインで白木君が集合時間の確認、1回走って8:30集合! と返答。
  ちょっとして再度ラインが、雨降ってきた! え! うそ! 外を見ると、道路の色が変わっているが、
   雨は上がったようだ。
  予報が、朝ちょっと雨、西の方が明るかったので、おはようサイクやるよ! ラインし、準備をする。
  バックなどを持って外へ出ると、車には雨の跡があって濡れてはいるが、降ってないのでロードを積み、
   家を出て堤防に、北西の空が黒く怪しげな感じだった。
  時間に余裕があって、コンビニでパンを食べ、駐車場に向かう。
  参加者 4名 (今木、白木、立田、私)

 相変わらず北の方に黒い雲、Bコース位なら…・ スタートする。
  堤防道路に入って、「高速道路」橋脚の所を過ぎたあたりで雨が、空を見るとどんよりとした感じ、
   切れ目が全く見られず、変わってしまっている。
  戻ろうか? と言う声もあり、「下座倉大橋」を渡ってUターンすることになった。
  強くは降らないだろうが、空の状態を見ると、止むような感じでもない、仕方ないね。

 戻って「泰山木」に入ると、内藤、平田さんの2人(平田さんはサイクリングウエアー)がいて、
   一緒にコーヒータイム、少し後で後藤さんも普段着で出来ました。
  雑誌を見ながら、車の自動運転の話に、飲酒運転なんてなくなるよね! それよりもパーティをやりながら、
   温泉行けるんじゃないの! でもさ、運転が好きな人、出来なくなるよね、事故のもとになるもんね。
  追い越しもなくなる? 1列になって走るんだろうなあ! とか。
  自転車はどうなる? 自走するのはあるんだから、そうなるんじゃないの?
  皆1列になって、ゆっくり踏んでも、早く踏んでもスピードは変わらず! って感じ?
  追い越しもなく、ブレーキもない自動で止まる、自動で曲がって目的地まで行く、自転車いらないね。
  車みたいなものだけになってしまうかもね、面白くはないけど、大丈夫、私らが生きてる間はない!
   ない!! いい時代に生きてたのかもね。

 私は、まだ風邪ひきさんです。
  皆も風邪などひかないように、十分気を付けてくださいね。
  紅葉の便りが、あちこちから届くようになってきました、良い季節ですので、行ってみましょう。

 11月25日(日) 「大野町名所旧跡巡り」 の件
  18日(日) 24日(土) おはようサイクは、コース確認サイクとしますので、出来るだけ参加してください。
  当日を想定して、各自の役割を決めて走りたいと思っています。
  また。18日(日) は、紅葉真っ盛りだと思いますので、「泰山木」休憩後に、「谷汲」「横蔵時」へ
   行けたら、「藤橋村」あたりまでとも考えています。
  17日(土) 大野町 「黒野駅 レールパーク」 にて、“働く体験” イベントがあり、ちゃりんこPitも参加、
   おはようサイク出れませんのでよろしく! 
   応援してくれる方、募集です! 子供たちのパンク修理体験などの、応援です。

おはようサイク 18-63

11月3日(土) 天気 晴れ
 今日から冬時間、8時30分、1時間遅い集合時間になるが、目が覚めるのはいつも通りなので、
   少しゆっくりして起きだし、走る準備に入ることにした。
  いつもと同じ服装、バックにヘルメットと忘れ物がないかを確認しながら、部屋を出る。
  フラットロードを車に積み、いざ集合地へ! って感じだが、冬時間になると、腹が減っているので、
   途中、回り道しコンビニへ、パンとジュースで210円、毎回の支出だ。
  参加者 5名 (後藤、多和田、長谷川、沢田、私)

 フラットロード、ヘッドパーツが錆びてしまっているので、新品入れ替えをした。
画像

  スレッドタイプで昔のモノなので、錆がどうしても取れなかったんですよね。
  やっぱり光ってるのがいいですねえ!
  チェーンもだいぶ使ったので、交換しましたが、これはトレックに使ってたやつです。
  ビッグプーリーにしたので、チェーンが長くなって交換せざるを得ず、外したもの。
画像

  費用削減のため、トレックマドンにはいつも新品、おさがりの中古使用は、トレック1200か、
   フラットロードに、3台とも10段なので、ほぼ共用できる。
  ロードバイクを2台以上持って居る人は、ほとんどやっていると思うけど、タイヤもイベント前に変える、
   少しもったいないけどトラブルと困るから、でも近場で乗るロードなら使えるもんね。
  たまには、前後のタイヤを入れ替え、同時交換することにした居る。
  その代わり、11段の自転車は、必要ないといううか、買えませんけどね。

 今日のメンバーなら、「谷汲」コースは余裕だな! とか思いながら、スタートする。
  集合が8:30になり、35分にはスタートしないと、ゆっくりできなくなるんですよね。
  走り出してみると、心配していた咳も出ず(風邪をひいてしまっているんですよ)行けそうな感じだった。
  「ゆ~みんぐ」を回って時速21キロほど、何時ものように先頭を走る。
  向かい風は少しあるが、スピードアップしても行けそうな感じだった。
  「平野庄橋」東交差点、青信号になって走りだし、スピードを上げる?? 体が重い、足が回らず、
   時速23キロ、グライダー練習場前で、前に出るよう合図、多和田さんに「谷汲」コースを告げる。
  4人が1列になって前へ、着く力もなくてずるずると間が空いていってしまう。
  鼻は詰まって来るは、咳も出そうになって来るは、最悪の状態だ。
  土曜の夜にパチンコ屋で風をもらって、日曜サイクリング後、熱が出てきて、そのまま1週間風邪、
   運動も全然してないので、ダメだったですよね。
  ま、一人サイクリングです。
  ケイデンスを90回までにして、呼吸も上げないようにしながら、頑張ります。

 「三町大橋」を過ぎて再び堤防に上がる前の4人を確認、このまま同じコースを行けそうだ。
  体も暖かくなって、汗ばんできたので、あまり無理はできない。
  周りの景色を楽しみながら…・ と行きたいところだが、そんな気分でもなかった。
  「井ノ口橋」手前、反対側から?? 後藤さんが戻ってきた。
  真直ぐ行ったのかな? いや曲がって行くよ! と言いながらすれ違い、橋の袂へ。
  西の山が黒くなってきてる。
画像

  今から行く方向の、北東の山も同じ感じだね。
画像

  ?? 後藤さんが来ない? 聞き間違えて戻ってしまったようだ。
  どうしようか? と思ったが、心配するといけないので、「谷汲」へ行く事にした。

 「昆虫館」駐車場到着、3人はベンチに座って休憩です。
  自転車ラックに、見たことのあるクロモリのロードが、トイレに行って戻ると出て行ってしまったようだ、
   その代わりに、トレックのドマーネが止まっていた、これもいい自転車だねえ!
  水分補給をして、遅いので先に出るね! 後で追い越して!! と言いながら先に走り出します。
  「万代橋」か「大野橋」あたりで、追い越されるだろう! と思いながら、1人走りだ。
  戻りは、体も動くようになって、時速26キロで走れ、体調がよくなった感じ。
  すれ違うサイクリストも多い、挨拶を交わしてすれ違う、ロードばかりでなくクロスバイクの人も。
  ウエアーもそれぞれ、走り方もそれぞれ、若い人から年寄りまで、みんな頑張っている。
  河原のススキや黄色い花、そんな秋の風景を眺めながら走って来ました。
  「大野橋」を過ぎても、「薮川橋」を過ぎても、多和田さんらが来ない? 結局そのままゴール。
  
 「泰山木」に入ると、後藤さんがいた、混んでいて待ってた感じだった。
  窓際の席が空いたのでそこに座る、やっぱりそのまま戻って葬儀場下の駐車場だったようだ。
  それにしても多和田さんらの到着が遅いので、心配したが、3人とも問題なくゴールする。
  やっぱり健康で頑張って走れるのがいい! 鼻が詰まったり、咳が出たりでは、何ともならないもんね。
  皆も風邪などひかないように、十分注意しましょう!!

 最後に、タイヤの横に亀裂が入ってて…・・ (沢田さん) との事なので確認。
  残念ながらアウト! 横方向のひび割れでなく、縦に入った切り傷のような感じだった。
   (側溝にはまったとか、なんか横でこすったのが原因だと思うんだけどね)
  ふくらみも出ており、早急にタイヤ交換をする必要アリ! を進める。
  まだあまり減ってないし、後ろなので片方のみ交換だね、と言う事でした。
  でも、バースト前に気が付いてよかったです。

おはようサイク 18-62

10月28日(日) 天気 晴れ
 昨日は悩ましい時間の雨、8時には雨が上がって天気になって、また曇って午後から晴れ。
  せっかくのサイクルイベントが中止、ただ走るだけならぎりぎりで良いかもしれないけど、サイクルトレイン
   なので、木曜に中止が決定、仕方ないね残念ですが。
  打って変わって今日は朝からいい天気になった、洗顔を済ませ着替えるが、もう迷うことはなく、
   下はパンツにジャージの短パン、上は長そでに半袖のシャツを重ね、ウインドウベストを羽織る。
  ヘルメット下に被る綿帽子、指有りグローブ、まだ薄手なもの、ヘルメットに入れ玄関へ。
  玄関のラックからフラットロードを、チェーンが汚れてきたので、洗浄しないといけないが、とりあえずこれだ。
  堤防を走っている途中、サイクリストとすれ違う、黒いマスク姿、頑張って走るといるなあ! と思う。
  参加者 9名 (多和田、後藤、内藤、和田、和田尚、立田、飯沼、高橋、私)

 今年初? 和田尚大さん、久しぶりみんな元気? 坂井田君も元気です! じゃなくて、あんたの家族!
   あ! みんな元気です!! 子供さんも大きくなったろう? それもあって走れません!
    そんな時期もある、立田さんも・・・・・ と言った話をしていると、立田さんが来ました。
  箕浦さん来てないので、今日は飯沼さんが来るか? とか言ってたら、来ましたよ飯沼さん。

 ビッグプーリーの話が出て、なんだかんだ盛り上がってしまった。
  少し遅くなったのも何時もの事で、さあ!行きましょうか!! と言いながら走り出す。
  風もほとんどなく、暑くもなく寒くもない、サイクリング日和! って感じだ。
  立田、和田尚さんが二人で走っているので、”「谷汲」コースで、あんたらは「川口橋」まで行って…・”
   そこから後ろに下がって多和田さんに伝える。
  年寄組は、「井ノ口橋」右折「谷汲」だね! となったが、内藤さんらは前の方なので、任せだ。
  「ゆ~みんぐ」の所までは後ろから3番目、途中で下がって最後尾、飯沼、高橋、私だ。
  前のメンバーは任せて、このまま最後尾を走る事にした。 (風邪? 喉の奥が痛いんで)

 「平野庄橋」東交差点、此処までは時速19キロほど、信号交差点で停止したので、さらに遅れてしまう。
  ここからは時速20キロになるが、飯沼さんが前なので、このまま走る。
  少しづつケイデンスを上げ、95回ほど(フロント中、リヤは大きい方から3枚目)。
  すぐ後ろに着くと、スピードのばらつきと軽すぎて足が遊んでしまいそうなので、間をあけ風を受ける。
  時速22キロになって、ケイデンスが100を越してきたがそのまま、安定して行きたいね。
  いつもと違って高橋さんが重いギヤを使ってる、前を走れば…・ と思うが、出ないんだよね。
  「揖斐川」堤防のあちこちで、清掃活動だろう袋を持ってごみ拾いをしている人がいた。
  道路の端を歩いて居る人もあって、車とともに注意しながら走る。
  「三町大橋」の手前で体が汗ばんできた、良い有酸素運動になっている証拠だ。
  足も心臓も頑張って走るのもいいけど、足の方だけ頑張るのもいい感じだ。
  左折、右折のとこで間が開き、ケイデンスを上げ追うが、前もスピードが上がり追いつかず。
  「前島橋」の信号前で何とか追いつき直進、飯沼さん久しぶりなのに、頑張ってるなあ!
   山が近くなって、緑が黒ずんできて秋の深まりを感じる。
  そう言えば、花がない? 黄色の花があるが、鮮やかな感じでないし、ススキが目立ってきたね。
  
 「井ノ口橋」まで行き右折、橋を渡ってきた立田さんと会うが、そのまま離されてしまった。
  3人すぐ前に行ったよ! (高橋) との事。 (多分、多和田、和田、和田尚さんだろう)
  信号交差点では、手前からスピードを落とし、調整してきたのでノンストップ、いい感じだ。
  尻の痛みは、これだけ軽く回していると、体重が知りにかかるので、仕方ない。
  田圃は稲刈りが終わって黄色? ではなく緑色、家の所より早いので、新しい草が生えたんだね。
  写真をと思ったけどやめて走り続ける、少し間をあけていき、トンネル前の上り坂。
  ギヤを1枚落としてゆっくり上る、前の2人に近づいたが追い越さずにそのままトンネルへ。
  出たところで小休止? いや、そのまま下って行ったので、ゆっくり下りに入る、惰性で下っているが、
   少しづつ近くなってきてしまいブレキング、順番はそのままに。
  ギヤを戻して平地になるが、2人が早いケイデンスが120回になるがなんとか行けた。
  下りで離され登りで追いつくって感じで、「竹中公園」T字路右折、ロードの男性5人組と、
   挨拶しながらすれ違う、お互いに気持ちがいいよね、頑張ろう!! ってね。
  「昆虫館」駐車場に到着、先に着いたメンバーとともに休憩です。

 出入り口前のベンチに座って休憩、私はいつものようにうろうろ。
  高橋さんとしようギヤの話、前大きいギヤ、後ろ大きい方から4枚目(高橋) 前小さい方、
   後ろ大きい方から3枚目(私) 。
  和田親子が、自転車を…・ 死んだらもらう! やらない! 一緒に燃やす! いらんわ!
   私も入って、カーボンバイク燃えるんかな? 燃えるんじゃないの繊維だから! でも炭素繊維だよ!
   間の樹脂が燃えるか? 白くなる…・ 皆も加わって、自転車談義になった。
  いい親子関係だねえ! 羨ましい限りです。 (私の所は、息子はバスケットだもんね)
  エルモのチーム10名ほどが、1列になって東へ走って行ったし、肥った若い男性2人クロスバイクで西へ、
   天気もいいし、みんな頑張って走ってるね。
  飯沼、高橋さん、トイレと水分補給をし、しばしの休憩後、戻ります。

 3番目で道路に出た飯沼さんだが、すぐ皆に追い越されて、来た時と同じで、3人が置かれてしまった。
  下りで少し離されたが、そのあとの平坦からなだらかな登りで、何とか追いつき「谷汲口」右折。
  すぐロウドの男性に追い越される、青いジャージさっきの集団から遅れた人のようだ。
  こっちは、先頭が75歳都市では絶対に負けてないけどね。
  小さな橋を渡って左折、日陰に入ると ”寒い!” 日光のありがたさ感じる。
  「万代橋」の途中反対側で川面を見ている人、私もストップして川面を除くが何もなし。
  またも10名ほどの集団、勢いよく追い越して行った、エルモも頑張ってるねえ!
  どれだけ離れたかなあ! と思いながら先を急ぐが、それほどでもなかったので、すぐに追いつき、
   堤防は3人、自転車4台分ほど遅れて私最後尾。
  ケイデンスは相変わらず100回を超えている、帰りは重いギヤとも思ったが、そのままで来た。
  高橋さんの足も速い事に気が付く、休憩での話で軽いギヤにしたようだ。
  足を合わせてみる、105回ほど回ってる感じ、俺より早いんじゃん! と思いながらギヤ1枚変えると、
   120回を過ぎてしまう、これはギヤの攻勢が違うので、段数では合わないかった。
  少し頑張ってみるが、少しすると尻が弾んでくるようになって、ギヤを戻す。
  「大野橋」過ぎ、相変わらず飯沼さん戦闘で頑張っている、幸い向かい風もほとんどなしだ。
  帰りもこの回転数はしばらくやってないので、足の付け根に違和感、でも回せている。
  時速22~23キロ、105回ほど、周りの景色を見ながら走れている、サイクリングだね。
  「薮川橋」過ぎのY字路、スピードダウン後方確認右手信号斜め下、片方ビンデングから外し、
   ゆっくり再スタート、前もいい格好ですな。
  坂を上って、近くなりすぎてブレーキング、こっちはスピード落とさず上がってきたからね。
  それにしても先頭頑張ってますよ、もう少しです。
  「真大橋」下をくぐって、登り途中から左折 ?? そのまま直進で、再び堤防へ、まだ頑張るか?
   普通は、途中から左折した道… さすがに頑張ってる、上ってしまった。
  後ろも続くしかないよね、堤防最後にギヤを2段ほど変えクールダウン、「泰山木」に到着です。
  飯沼さん頑張ったねえ! と言うと、前に出てくれないかなあ! って思ったけど出てくれなかったから!
   風も無かったし、頑張ってたからね! 高橋さんでなきゃ! 逃げてしまいました。
  
 9人なので、私ら3人は別の席で、今日の走りの話を。
  高橋さん、110回ほど回ってたじゃないの! そんなに回ってた? ケイデンス付いてるはず?
   久しぶりの走り方で、大変だった様子、飯沼さんも頑張ったしね。
   (実は、私も、月曜日に久しぶりに筋肉痛らしきものが、足の付け根に出ました)
  今年は、長い距離を走ってないし、イベントもほとんど参加してないので、体力が落ちてきている、
   そんなこともあって、来年は少し頑張って走る、そんな話も。
  先に着いたメンバーが解散、内藤さんが加わって話の中、リュックを背負った清水さんが顔を出した。
  サイクリングジャージにリュック? 山行ったの? 「岐阜」の祭りで、神輿を担いできた! とのこと。
  好きだねえ! と言うと、祭りは見るもんでなく、参加するもんですよ! いう通りかもね。
  でも良い感じですし、嬉しいですよね、わざわざ遠回りして寄ってくれたんですから。
  年に1回でも、暇を見てきてくれるし、運動だとして毎週来てくれる人も、始めた目的と言うのも、
   ここにあるので、このまま続けていきたいですし、広がるといいですよね。

 業務連絡です!
  12月2日(日) 京都 秋の紅葉 輪行サイク
   例年のように、「樽見鉄道」朝一番、「大垣駅」朝一番です!
   輪行のできないメンバーは、レンタサイクルでも大丈夫ですので、参加してください。
   見学個所は、検討中ですので、行きたいところがあれば、教えてください。

  来年8月、 「乗鞍」ヒルクライム
   「高山駅」まで輪行、そこから約40キロのヒルクライム、私も年なので、是が非でも行ってみたい、
    頑張って練習してみようと思いますので、みんなも頑張ろうよ!!
   ゆっくり走っても、朝一で行って最終では戻れるようなので、行きたいと思ったのですが。

  来年9月末  「ハワイ センチュリーライド」 50~100マイル
   費用が掛かることもあって、今から準備してみてください。
   自転車は、自分のを段ボール箱に入れ、空輸しますので分解組み立てが必要ですが、
    私も行きますので、段取りしますし、料金も込みのツアーで行きます。
   何度も行けるところではないし、単独では大変です、この機会に2人でどうでしょうか? 
      

おはようサイク 18-61 第2ラウンドも!!

10月21日(日) 天気 晴れ
 夜天気が良いためか朝が寒い、ウエアーを秋用と言うか、パンツをタイツ、半袖の下に長袖に変化した。
  自転車はトレックマドン、今回乗ったら掃除して部屋に・・・ よそ行き用だからなあ!
  第2ラウンドで、「谷汲」の ”クラシックカー祭り” を見に行くつもりでもある。
  自走も考えたが、取りあえず車で行く事にした。
  参加者 7名 (後藤、内藤、高橋、和田、白木、長谷川、私)

 参加者全員がロードバイク、夏ウエアーの白木、長谷川さん、寒い! から始まる。
  長袖の中にも、風の通さないジャケットを着用のメンバーも、差が大きいのもこの季節だね。
  天気もいいし、「谷汲」コースになった。 (クラシックカーは、みんなが興味ある訳では無いので後で)
  何時ものウオーミングアップ、自転車が軽い! やっぱりマドンはいい感じだねえ! 風も心地いい。
  白木君と話をしながら、ゆっくりと秋の景色を楽しみ「下座倉大橋」、過ぎてスピードを上げ始める。
  ゆっくり走って第2ラウンド… と思っていたが、このメンバー構成なら、走ってもいいかな?
   そんなことを思いながら、白木君の後ろを走る。
  「平野庄橋」東交差点、再びスタートからさらにスピードが上がって、時速30キロに。
  白木、長谷川、私、和田でその後ろはわからず、このまま行けるところまでだ。
  先頭の白木君、何時ものように力強い、それでもケイデンスは高い、良い走りだ。
  少し向かい風があって、列から外れると大変な感じだ。
  誰も先頭交代してくれない!! (白木) と言っていたが、この抵抗感では、なかなか出にくいよな。
  金曜の朝の運動、ベンチの上がり降りの数を増やした影響が今出てきた感じ、太ももが痛い。
  1日遅れの筋肉痛、やっぱり年齢のせいだね!
  こんな走りもしばらくぶり、とにかく頑張って行けるところまで行こうって感じだ。

 「三町大橋」を過ぎて再び堤防、さすがに4人だけになってしまったようだ。
  もう少し頑張ってみるか! スピードを上げ先頭白木君の横へ、先頭走るから! と前に出る。
  向かい風の抵抗がすごい、体制を低くし少しでも抵抗を減らし、30キロを維持する。
  3キロほどあるかなあ、「前島橋」手前で息切れ、交差点からは、また3番目で走る事にした。
  腹も減ったし、どこまで着いて行けるか少し心配になりながら、とにかく頑張る。
  「井ノ口橋」まで行きそのまま直進、予定通りこっちは多く走り、うまくいけば合流できるからだ。
  長谷川さんが少し遅れ気味、間に入るか? しかしまた詰まってきたので、そのままで走る。
  「川口橋」を渡って左折、マラソンの練習らしい人らが多く、中央側によることもあって注意しながら、
   後ろで和田さんの声、「朝鳥公園」トイレ休憩だな! と分かったので、そのまま通過です。
  再び「井ノ口橋」を渡って、広域農道を東へ、遅れたメンバーは確認できず。
  「303号線」交差点で水分補給、思ったより走れているが、上りがどうだかだね。
  トンネル前の登り、足に力が入る、マイペースが楽! と頑張ったら先頭に出てしまった。
  どうせ下りは追い越されるんだし、トンネルを出てもそのまま下りに入るが、途中で、長谷川さんが前に??
   白木君ではないの? だったが、追い付けずにそのまま1人で走る事になった。
  「昆虫館」駐車場は、テントが5~6個あって、横の方から入るしかなかった。
画像
  
  クラシックカー祭りと同じく、ここでもだ店などをやる予定なんですね。
  少し遅れて和田さんも到着、みんなで一緒に休憩タイムです。
  内藤さんらがいない、もっと後? そうだ、友達アプリで…・ スマホで確認すると、「大野町役場」の側、
   「三水川」堤防を走っている様子、Bコースになったんだねきっと。

 休憩を終え戻り、あまりスピード上げるなよ! とか思っている間に、置かれてしまった。
  和田さんと2人、前で走るしかなさそう、頑張っていくか!
  時速30キロ、思ったより向かい風があって、これも予想外だが走るしかない。
  慣れた成果太ももの付け根の痛みもほぼなくなった、後は、エネルギー切れの心配だけだ。
  とにかく30キロを維持、走り切るつもりだが、意外とエネルギーは持つ感じもする、脂肪を燃やす身体、
   少しはそれになってきたのかな? 
  「大野橋」も一瞬止まって通過、やっぱりこの自転車は走るわ! そう快感も感じるが、キツイ!。
  でもなんだかんだ言いながら、30キロで走り切る事が出来た。
  夏時間、7:30集合は、朝食無し、ある程度空腹で運動すると、脂肪分をエネルギーに変える体に、
   テレビで見たのだが、そうなってきた感じもするがどうなのかな。
  最後は、スローダウンしてゆっくりとクールダウン、今回はパトカーはいませんでした。

 「泰山木」みんなで一緒にコーヒータイム、走りすぎたあ! と言いながらヘルメットを取る。
  しっかり足に来ている感じだが、思ったより走れた気分、たまにはいい。

 第2ラウンド 「谷汲」 クラシックカー を、後藤、内藤、私の3名で、見に行くことにした。
  内藤さんの家に立ち寄ってから、「三水川」堤防を走って「大谷トンネル」、手前の急さかも、
   思ったよりも快調に上れて、「谷汲」側へ。
  同じ方向へ向かう車が結構多い、同じ目的のようだね。
  信号交差点前から、駐車場はいっぱいのようで、歩いて居る人も多くなってくる。
  参道は人が多く、自転車を引いて歩くことになった。
  片側にクラシックカーが、車2台分開けた形で、並んでいる
画像

  こんな車有ったなあ! ”ダイハツ ミゼット” 1971年
画像

  フォード モデルA ロードスター  1931年
画像

  ボンティアック チーフテン  1950年
画像

  その他、ホンダS800、トヨタトヨペットコロナ、三菱ミニカ等々、1970~80年代のクラシックカーが。
  山門、まだ紅葉はしてない。
画像

  戻る途中に、おばちゃんの店で一休み、お汁粉ともちでエネルギーを補給。
  駐車場の会場へ、トヨタ、カローラレビン、セリカ等々、ニッサン、フェアレデイ、セドリック等々、
  ニッサン スカイラインGTR
画像

  エンジンがすごい
画像

  ニッサン車がずらり並んでいる。
画像

  ステージではバンド演奏が、もちろん古い歌だった。
画像

  車の下から写真を撮ったりしている人も、オーナーが側にいるので、話をしたりね。
  若い人も熱心に見てたりするので、特徴のある形がいいのかもね。
  「昆虫館」駐車場の屋台を一回りし、エネルギーを補給し戻りました。
  天気も良かったし、いい第2ラウンドの走りでしたね。
  

おはようサイク 18-59,60

10月14日(日) 天気 曇り
 私らは、”渥美半島 ぐる輪サイク” に参加し、”おはようサイク” は、他のメンバーが走ってくれました。
  参加者 3名 (谷、和田、和田尚大)

10月20日(土) 天気 曇り
 このところ天気が少し安定? 雨の心配はないが、寒くなってきたので、服装に悩む時期だね。
  まだ良いだろうと思って、半袖短パンにウインドウベストを、グローブは指アリにした。
  腹が減ってた感じなので、途中でコンビニへ立ち寄り、パンとジュースを買って集合地へ。
  集合したメンバーもさすがに服装がバラバラ、走りだしは寒いし途中では熱くなってくるもんね。
  参加者 7名 (後藤、今木、箕浦、多和田、高橋、沢田、私)

 スタートしてすぐの道路上の温度表示板は15度、腕に当たる空気が冷たく痛く感じるほどだ。
  やっぱり長袖が正解かもね! 年も年なんだし、我慢はしない方が良いかも! って感じだ。
  皆、走る気になっているので、「谷汲」コースにしウオーミングアップ、ゆっくりな走りです。
  「ゆ~みんぐ」を回って、MTBの今木さんから、葬儀場から「谷汲」へ…! の話で了承、
   少しづつスピードを上げる。
  
 「平野庄橋」東交差点を過ぎて、グライダー練習場あたりで、多和田さんと、「川口橋」まで・・・・ の話、
   終えると、スピードを上げ先に行く事にし、どんどん前に。
  私らは、24~5キロのペースでそのまま走り、「三町大橋」を過ぎて再び堤防に上がる。
  このスピードだと、MTBが29インチでも長くは走れないので、別コースになったんです。
  少し向かい風を感じながら、この風がどんどん強くなってくる季節なんだと思う。
  「前島橋」「岡島橋」を過ぎて、右側へカーブするところで急に向かい風が強くなったが、
   何とか頑張ってスピードを維持する。
  「井ノ口橋」まで行き右折、後ろは沢田さんのみで、他は少し離れてしまったようだ。
  広域農道に入って、信号交差点でストップ、みんなが一緒になった。
  トンネル前の登りは、そのままトップで上ってトンネルへ、出口で待たずに下ることにした。
  久しぶりに、「道の駅」かトンネルまで登ってみることに、思いながら下る途中、沢田さんに追い越された。
  交差点赤信号停止、追い付かずに「竹中公園」前を左折し、追加走りに。
  上り坂、2度目なので足は動く感じ、「道の駅」前まででUターンするつもりが、前にサイクリストが出てきて、
   「横蔵」方向へ、つられる形か闘争心か? そのまま通過です。
  どんな形にしろ、前にいると頑張れる、少しずつ近くなってきたところでトンネル、Uターンして戻る。
  ランニングで上ってくる人もあって、大変なんだよね走るのも、頑張って!! 思いながらすれ違う。
  途中、電気工事車輌がいたので下りはあまりスピードを出さずに、注意して下ることにした。
  「昆虫館」駐車場には、さすがに最後になってしまったが、良い走りができたと思う。

  駐車場周りの木々も、少し紅葉してきた感じ
画像

  昆虫館前には、きれいな花がプランタンに、
画像

  皆は、ベンチに座って水分補給しながら休憩、車から降りてきた同年代の男性ら、どこから? 
   良く走るなあ! って感じだね。
  
 駐車場をスタート
画像

  元気に戻りましょう!! って雰囲気を出しながら、道路に出ました。
  
 私は、今木さんと2人で最後尾、何時ものゆっくりした走りです。
  今年は本当に走れてないね! 回数もそうだが、距離も走れてない感じ。
  そんなんで、走れなくなってきた! (今木) 確かにそんな感じだ、まえはMTBでも付いて来れたもんね。
  それが出来なくなってきた感じ、私も、ぐる輪サイクの時にはいたパンツが緩くなった感じで、
   太ももが細くなったような気がしていたので、同感だった。
  さぼったわけでもなく、夏は暑すぎたし、天候不順で走れなかったし、少なかったね。
  「乗鞍」も途中歩いてしまったので・・・・ 来年はもう1度・・・・! (今木) 私も行ってみたい!
   「高山」まで輪行で行き、上り40キロほど、日帰りができるというので、チャレンジすることに。
  少し練習をして、上り切る目標で、夏場に実施だね。

 そんな話をしながら、堤防から降りて下道へ、十字路手前、スピードを落とし左右確認、直進!
   右側家の裏にミニパト、そのまま通過し、今度は右折したところに白バイ、なんだかんだ言っても、
   なんとなくドキッとしてしまうのは、私だけだろうか?
  こんちは! って、つい挨拶して通り過ぎたりでしたね。
  
 「泰山木」に戻って、みんなにもそんな話をするが、同じような現象だったようだ。
  とにかく、交通ルールはしっかり守って、事故のないサイクリングにしましょう!! ってことです。 

渥美半島 ”ぐる輪サイク” 完走!!

10月14日(日) 天気 雨? 曇りのち晴れ
 今年の参加は5名 内藤さんとお孫さん(前泊で集合地へ) 後藤、箕浦さんと私、午前5時過ぎ
   「泰山木」駐車場出発する。
  まだ暗い中、新しく出来た「安八のスマートインター」より、高速道路へ。
  ?? 「名古屋」あたりから、フロントガラスに雨? どんどんひどくなって本降りになってしまった。
  天気予報は、回復に向かい晴れてくる・・・・・ を信じていくしかない。
  7時過ぎに駐車場へ着くが、まだ雨はやまない、おにぎりを食べ、小降りを利用して受付へ。
  8時より開会式
画像

  まだ小雨程度だが雨は降っている、
画像

  準備体操を終え、受付を済ませ、内藤さんとも合流、走る準備のため一旦車に戻る。
  戻る途中(第2駐車場なので徒歩15分ほどかかる)チェーン外れ? 声を掛けると、Rデレーラー??
   どこかにぶつけたのかエンド金具が折れてしまっている、残念ながらアウトでした。
  なんとなく嫌なものを見た感じで、車から降ろした自転車の準備をする。
  自転車を持ってスタート地点に、砂地になっているので自転車を引いていくと、カチャカチャ?? 異音、
   誰の? と思ったら、自分のだ! タイヤに着いた砂が、フレームとの隙間に当たってしまうのだ、
   23Cから25Cにした事もあり隙間が少なくなっていて、こすってしまう、慌てて持ち上げ舗装に避難。
  タイヤの砂を落とし一件落着、後藤さんも同様だがフレームの材質の関係で、音が出ないだけだった。
  
 スタートは、番号順で、3000番台の私らは、9時30分になり、先ずは記念写真だね。
画像

  内藤さんとお孫さんは、2人ともに足を痛めていて、40キロのショートコースにエントリー変更です。
  スタート前
画像

  9時30分 元気にスタートです
画像

  会場を出てすぐ左折、戻る方向へ上って下って漁港を一回りした感じでまた登坂、足を痛めてる2人には
   最初からきついコース、そのまま右折させるんだったかもな。
  坂を下って再び会場前を通過、ウオーミングアップを終え、いよいよ本番! って感じかも。
  少し走って左方向へ、半島横断するのだが、内藤さん ”先に行って!” と言うので、前に出る。
  一緒で無理させても行かんので、私ら3人で走る事にし、前の2人に追いつく。
  
 向かい風があるので先頭に出て、25キロほどで走る事にした。
  山と言う訳では無いが、丘陵地帯結構アップダウンがあるんですよね。
  田舎のにおいが漂ってきたり、田んぼの中の道路、振動がきつかったり、良いコース取りです。
  広い道路に出て少しして左折、下り坂 “スピード注意!” 突き当たって海だからね。
  目の前に太平洋、此処からは海辺を走ります。
画像

  サーフィンをやってる人の車が止まっている横を、しばらく走ってから自転車道路に入りました。
  思ったより砂がたまっておらず、走りやすかった。
  赤羽根 エイドステーション到着です。
画像

  チェックのスタンプを押してもらい、バナナとパンを
画像

  公園の向こうに海が見え、すぐそばには道の駅 「あかばねロコステーション」がある。
 
  若い男性2人が、パンク修理? タイヤが入らない様子なので、応援する。
  チューブレスタイヤのパンク、チューブを入れて対処、きつくて嵌まらず、レバーを使って入れ込む。
  チューブを挟みやすいので、レバーを逆向きで使うことをアドバイス。
  エアーを入れ、車輪を持って回し、タイヤの入り具合を確認、でこぼこするのを見てもらい修正。
  必ずこの動作もすることをアドバイス、手でしごいて空気を入れなおし、再確認 OK!!
  走っている途中にも、何件か道路わきで修理の姿があって、トラブルが多い感じがした。
画像

  内藤さんチームには会えなかったが、到着した様子で、元気で次へ行ったとの事なのでよかったです。

 海岸沿いの自転車道路、この辺もサーフィンの車で一杯だ。
  海、サーファーが多く白い波の間に見える。
画像

  昨年よりも前の方で坂を上って、普通の道路に出てしばらく走ったところでストップ。
  私らだけの楽しみ、”メロン生ジュースとかっとメロン” 
画像

  毎回ここに寄って休憩するのが良いんですよね、走る元気が出てきました。
  しばらくは、車の通る道路を走りますが、海は見えずに普通の家並みの中のサイクリング。
  表示板を見て左折、再び海岸沿いの自転車道路に。
  この辺からは、釣りの人が、投げ釣りを楽しんでいるが、こっちは砂が積もっていて、車輪を取られそう。
  砂は小さいので、フレームに当たることはないが、取れるまで時間がかかっている感じだ。
  結構こんな箇所が続くので、注意して走らないといけなかった。
  海の中に岩が出ていて、シャッターポイント皆が一旦停止、
画像

  この後急な坂を上って、ゆるくなってもしばらく上って、開けたところに出る。
  ぐるっと回って、岬が見える所で写真を
画像

  高い所なので、眺めは最高!! さあ 下って休憩ポイントだ! でも歩道を下るので注意です。

 「伊良湖港」のエイドステーション到着、スタンプを押して、此処では冷凍パインをいただく。
  冷たくて少し酸っぱくて、ものすごく美味い!!
  皆座り込んで休憩している中、トイレに行って、さあ! おおあさり丼だ! 行きます。

 ちょっと走って、何時もと同じ店「みなみ」、席も空いていたのはラッキー! ってことかな。
  もちろん ”おおあさり丼” 1600円 (不良のため値上げの表示が) 参加証の赤のリングにて、
   500円のサービス、ありがたいですねえ!
画像

  歯ごたえがあって、美味しいですねえ! これを食べるために走ってる感じですから。
  腹も一杯になったところで、次のエイドステーションに向け走り出します。
  
 直線道路何キロあるかな? 前より長くなっているので、走りがいがある。
  風もそんなにないので、左側に海を見ながら、さあ! 走れ!! スピードを上げる。
  35キロ、37キロはビッグプーリーの効果? 若い参加者を追い越して、年寄り頑張る。
  食べたばっかりなので、腹が、げっぷが! それにしても気持ちがいい!!
  一気に走り切るのは無理、上体を起こして余韻を楽しんでいると、追い越された。
  もうひと頑張りするか! 35キロ簡単に39キロまで、右側に風力発電、最後の所まで頑張る。
  走ったあ! って感じ、本当にここは最高のコースです。
  自転車を置き、写真を
画像

  少し遅れて、箕浦さん
画像

  後藤さんのは失敗してしまった、ごめんなさいね。
  この後は一緒に、時速25キロ快調な走りで、街中を走る。
  エイドステーション到着、
画像

  ここまでくると、足に問題を抱える参加者が、2人も座り込んで休憩。
  私は、何時ものようにうろうろしながら休憩、みんないい自転車乗ってるなあ! なんて思いながら。

 また新しいコース? 海沿い? 道路? コンクリー板の切れ目、段差、穴など盛りだくさん。
  マドンで走るコースじゃない! 手が痛くなってきてしまうくらい、がたがた道が続く。
  風景は最高だから、まあ許されるかな、普通の道路に出る所で、2人がいないのに気が付きストップ。
  トラブルを心配したが、私が早すぎただけの感じだったので、再び一緒に走り出す。
  街中、海が見渡せるところ、そんなコースを走って、最後のエイドステーション到着。
画像

  最後の休憩、かっとメロンがおいしかったね。
画像

  ゴールまで7キロほど、私は、ゴールの写真を撮るために、先に出ることにした。
  車も多いので、注意しながら最後の走りを楽しむことにした。
  アップダウンもあって大変だけど、カッコ良く走り切るように、頑張って走って先にゴール。
  待っていると来ました! 箕浦さんゴール!!
画像

  続いて後藤さん、ゴール!!
画像

 3人とも、トラブル無しで無事ゴール!!
  天気も良くなって、向かい風はあったものの、快調に走りながら、良い風景の中完走です。
  毎回のように、一部コースが変わるので、毎回参加していても、知らない景色とコースがあり、
   結構退屈しないサイクリングになっている。
  係員の数が少なくなっている感じで、危険な交差点のみに配置されたそんな感じ、反対に良いと思う、
   あまりに縛られず、各自で交通ルールを守って走るべきだよね。
  曲がるべきところすべて係員がいるわけでないので、注意しないと案内表示を見逃す心配も。
  ただ、パンクトラブルだろうと思われる修理で、路肩に止まっているグループや個人が、数多く見られた。
  路面があれているためとは思えないし、それにしても多すぎるように思えたね。
  オーバルギヤ使用バイクは少し、ビックプーリーギヤ数は別として、は思ったより多く見られた。

 完走賞をもらい、くじ引き(3等賞)をし、アサリ汁をいただきながら休憩。
  お土産のメロンを買って、帰路に就く。
  家に着いたのが7時過ぎ、いい感じの疲労感と満足感でしたね。
  ここは、毎年行きたい そんなサイクリングイベントの1つだね!

おはようサイク 18-58

10月13日(土) 天気 曇りのち晴れ
 何回抜けたのか、途端に寒くなった感じもするのは、私だけだろうか。
  早めに起きだして自転車の準備、明日のイベント「ぐる輪サイク」に使用する、トレックマドンと車輪を
   部屋から降ろし玄関の外で組付けをする。
  やはり、ビックプーリーが異様ににでかい感じがする。
  グローブは指無しとありを、インナーキャップも準備し、ウエアーはベストを羽織ることにした。
  空腹感が有ったので、コンビニでパン、ジュースを買い込んで、「泰山木」駐車場へ。
  参加者 6名 (後藤、箕浦、今木、和田、沢田、私)

 前に走っていたYさんが、亡くなった! と聞きビックリ、まだ若いんだもんね。
  会った時は、お互いサイクリングの途中で、元気良かったのに分からないものですね。
  冥福を祈るしかできないし、私らは頑張って生きるしかない。

 お婆さんが、”空気入れて!” って来たり、和田さんと話している間に、みんなスタート。
  何時もと違い最後尾のスタート、さすがに腕に当たる空気が冷たく感じるが、指先は指有りグローブで、
   冷たくもなく正解だったね! って感じだ。
  堤防道路、斜面に咲いていた彼岸花は、完全になくなって緑だらけだ。
  和田さんと、電動バイクに続いて、Di2の話に、サイクリングイベントにも乗ってくる人が増えてきて、
   それなりにトラブルが出ている、良く理解する必要があるかも。
  デスクブレーキの話も、雨の走りには有効、でも、私らはほとんど走らないし、スピードも遅いので、
   買い替えるまでのメリットはなし、オイルデスクはメンテの事もあるしね。
  「ゆ~みんぐ」を回って「神戸大橋」下をくぐるまで、続いてしまった。
  先頭はMTBの今木さん、最後尾はモールトンの和田さん、今日は、サイクリングだ!!。

 「平野庄橋」東交差点、何とか青信号で通過、5番目で後ろについていると、ブレーキを掛けたり踏んだり、
   スピードのばらつきがあって走りづらいので、少し間をあけることにした。
  ロードが久しぶりと言う事もあって、ハンドルとサドルの間が長く感じ、肘が伸び気味になる。
  頭を上げておくのもきつくなってくる、フラットロードが、いかに前傾姿勢でなかったかがわかるね。
  太ももの付け根に違和感、これは乗ってない証拠! やっぱりジョギングとは、使う筋肉が違う。
  
 「三町大橋」を過ぎて、どうする? 今木さん直進! 次の箕浦さんらが左折でストップ。
  ”良いよ! 行けるんだったら行こう!” と言う事で、再び堤防に、今木さんとは別コースとなる。
  少し遅れた形で、私と後藤さんの2人、途中、和田さんが停止? トイレの様子、通過する。
  先頭は箕浦さん、コース選定は、年長さんに任せることにした。

 「井ノ口橋」まで行き右折、「谷汲」コースだな、張り切ってるなあ!! と思いながら、1人和田さんを待つ。
  しばらく待っても姿が見えないので、戻って今木さんと合流? と思いながら、「谷汲」へ。
  変だったのはトンネル前の登り、上りかけた途端、力が入らず? と言うよりどの筋肉を使う? って感じ。
  普段は何気なしに上っているのに、おい! 足に力を入れろ!! って、命令しないとダメな感じ。
  ?? すぐ前に箕浦さん、チェーンでも外したか? (後で、ギヤチェンジを反対にして、踏めなかった
   ことが分かった)と待っていたが走り出した。
  追いつけずそのままトンネルへ、彼、下りは速いのでそのまま追いつけずに「昆虫館」へ。
 
 今木、和田さんの2人がいて、別コースできたとの事で、皆一緒に休憩です。
画像

  公園の緑が、少し黄色がかってきたようだ。
画像

  
 戻り、何時ものように最後尾、少し遅れてスタートする。
  急ぐこともないし、みんなが走りたい速度で走っているので、後ろからついていくだけです。
  「谷汲口」での右折は、車が来て私だけストップ、さらに離された形だ。
  「万代橋」の途中に、今木、後藤さんが停止、川面を いるいる固まって黒くなってる! 産卵するんだ!!
   私も止まってのぞき込むと、見えました、群れになったアユです。
  産卵が終わると、川を下る季節なんですよね。

 再び走り出すが、最後尾は保ったまま、しばらくぶりのこの秋の空気を楽しむ。
  彼岸花の代わりに、ススキがの穂が目立ってきた感じの堤防道路、緑も何となく元気がない、
   そんな感じさえする風景だ。
  ギヤを変えて、ケイデンス60そこそこ、太ももの付け根から動かす意識をしながら、ロードを味会う。
  でも、難しいもんで、この前ハンドルトステムを変えたときは、肘も曲がって、最高のフォームだ! と、
   思ったが、今日は、まだ長く感じているんですよね。
  夏と冬での違うのはわかるが、身長が縮んでしまった感じかな?
  
 「泰山木」に戻って、コーヒータイムは何時もの8人席、今日はホットだ。
  ”ぐる輪サイク” ”サイクルトレイン“ ”大野町名所旧跡巡りサイク” などのイベントの話、
   ”ビックプーリー“ ”デスクブレーキ“ などの自転車の話など、話題盛りだくさん。
  11時過ぎに解散でした。

おはようサイク 18-57

10月7日(日) 天気 晴れ
 昨日は、台風の影響で雨の1日、私は、「大野まつり」に出店のために、早朝から1日中会場に。
  天気が回復した今日も、朝から会場に、走りたいけど、残念です。

 9時半ごろ、箕浦、飯沼組が、その後しばらくして、ほかのメンバーも立ち寄ってくれました。
  参加者 11名 (後藤、多和田、長谷川、箕浦、飯沼、今木、内藤、沢田、和田、高橋、杉本)
  3回ほど抜けたのかな、久しぶりいい天気なので、みんな参加してくれたようです。
  
 「岐阜」 「大垣」の方でも、イベントがあって、人出はどうか? と思ったが、大勢の人が来てくれた。
  残念ながら、キーホルダーはあまり売れなかったけれど、いい雰囲気だったね。
画像

  ちゃりんこPit のブース、
画像

  ゲームコーナーのブースは、大賑わい、
画像

  暑かったので、カキ氷の氷が無くなったあ! って店の人、売れすぎですなあ!!
  最後のビンゴ抽選会、2日間で10枚購入したんですが、ドーナツ(5個入)が1個当たっただけ。

 足がくたびれた! 立っているだけ! と言うのもつらいもんです。
 来週は、 「渥美半島 ぐる輪サイク」 参加です。

おはようサイク 18-56

9月23日(日) 天気 曇り
 このところ、天候の悪いところが週末に合ってきた感じで、昨日も雨。
  小学校の運動会が延期で今日に、コーヒータイム無しで、カメラマンにならないといけない。
  走る準備とともに、カメラも準備、フラットロードを車に積んで、集合地へ。
  参加者 7名 (箕浦、高橋、長谷川、平田、杉本、和田、私)

 メンバーがそろうまでの時間の話、「ビッグプーリー」に変えての軽さを実感、そんな話。
  B/B、ガイドプーリーのセラミックベアリングへの変更、この時は全然と言っていいほど変化判らず。
  目で確認できるのが、車輪を浮かせ、進行方向へ回すと、クランクが着いて回るのである。
    (今までなら、クラッチの爪の音がカチカチして、空回りの状態)
  これだけ、プーリーとチェーンとの間の抵抗が少なくなった証拠と言える、踏みは軽くなると言う事です。
  「人間ドック」(20日に私実施)の結果の話、腹回り81センチ、身長マイナス1mm縮み止まった?、
   血圧測定65~115、変わらず、薬飲んでるんでしょう? 飲んでないよ!俺150! そんな話に。
  不整脈があるとかないとか、休んでいるときに出るのは危ないとか、話は尽きない感じだ。

 さあ! どこ行こうか? 天気もいいし、なかなか走れてなかったので、「谷汲」コース! で、決定。
  堤防道路、斜面緑の中に、赤い彼岸花が目立っている、除草が済んだところに、すっと伸びた茎の先に
   赤い花が咲いているのが、とても印象的だ。
  ウオーミングアップは、時速19~20キロ雑談をしながらのゆっくりした走りだ。
  「下座倉大橋」を過ぎたところからスピードアップ、時速23キロへ。
  「ゆ~みんぐ」を回って北へ向かうと、向かい風を少し感じるようになった。
  ケイデンスはまだ90回まで行かない状態、「平野庄橋」まではこのまま行く事にする。
  河川敷にテントが張られ、車も多く駐車している、人も多くいるが、何をやっているかは?? だ。
  
 「平野庄橋」東交差点、青信号でそのまま直進、下りの惰性そのまま26キロへ。
  ケイデンスで稼いで97回ほど、このままで運動状態で走る。
  太ももの付け根から動かす意識をし、肘を曲げて少し前傾姿勢、ロードに乗っても苦しくないように、
   こんな意識もしながらの走りだ。
  向かい風を感じながら、でも雑草はほとんど動いてない感じ、そんなことを思いながら、暑くなってきた。
  
 「三町大橋」を過ぎて再び「揖斐川」堤防に上がるときに後ろ確認、皆付いてる。
  ここまでくると、汗が落ちてくるし心拍数も上がってきたが、まだまだ行ける感じだ。
  風が風だけに、前を走ってくれるわけでもないが、練習には前がいい、大変だけどね。
  「前島橋」交差点も青信号で通過、止まりたい感じもしながらの通過だった。
  ここからが頑張りどころ、空腹感も出てくるし、足の付け根に違和感が出てくる。
  特に前日や前回、走ってなかったりすると、特にね、交差点で止まるとなくなるんですけどね。

 「井ノ口橋」袂を右折、「広域農道」に入って、信号交差点停止、水分補給をする。
  「303号線」交差点での赤信号停止時にも水分補給、青信号でスタートです。
  なだらかな登りはスピードを落とさず何とか行くが、トンネル前の登りは、ダメだった。
  杉本、長谷川、平田、和田さんにも追い越され、だらだらの走りになってトンネルへ。
  和田さんに追いつこうと思ったが、それもできずにトンネルを出て、後ろを待つ。
  高橋さんが来て先に行く、少し遅れて箕浦さんそのまま前へ、後ろから走り出す。
  途中の信号交差点、私だけ赤信号また遅れてしまった。
  「谷汲」の交差点も赤信号、重なるときはこんなもんだ。

 「昆虫館」皆休憩に入ったところ、駐車場を一回り、先に戻ることを伝えて、そのまま道路に出る。
  ここからは一人、時速30キロこのまま小学校に向かうことにした。

 運動会  孫2人の写真を撮る。
  小学校の運動会風景
画像

  2時ごろに終了。
  「泰山木」に戻る途中、「三水川」堤防の彼岸花がきれいに
画像

  結構一杯咲いている
画像

  あちこちで、彼岸花が咲いていて、名所になっているところが話題になっているようだ。
  次回の週末も、あまりいい天気予報ではないので、また走れないのかな?

おはようサイク 18-55

9月16日(日) 天気 曇り
 おはようサイクが3回連続で雨、夜中まで雨だったが、起床時間には曇り空、何とか走れそう。
  6時前からライン、白木君からの“走りますか?” だった、走る準備をする。
  ビッグプーリーに変えたマドンに… とも思ったが、チェーンを変えてないので、フラットロードに。
  駐車場は1番乗り、と言うより、誰も来ない? の方が心配だったが、来てくれました。
  参加者 6名 (後藤、多和田、高橋、長谷川、白木、私)

 北の方が雲が低く黒っぽいので、「谷汲」コースは止める事にし、「Bコース」でスタートです。
  橋への坂を上っているとき、中型トラックが幅寄せしてきたが、すれすれで回避、2車線だが並走して
   居そうな車もなかったので、意識的なんだろうね、自転車も車道を走る事になってるんだけどね。
  堤防道路、両側の除草が済んでいて、かられた雑草が茶色で、緑色と混じっている。
  「根尾川」の水量がまだ多く濁ってもいる、そんな風景だ。
  2人づつになって久しぶりの話題に、ゆっくりのウオーミングアップの走りだ。
  「ゆ~みんぐ」を回って少しスピードが上がったところで、空が少し明るくなってきたので、
   「井ノ口橋」まで行き、戻って「火葬場駐車場」休憩! と言う事にした。
  後方に下がって連絡をし、そのままの順で走りを進めることにした。

 「平野庄橋」東交差点、赤信号停止して再び走り出すと、白木、多和田、長谷川さんのチームと、
   私、後藤、高橋さんのチームに分かれる。
  私の方は時速26キロ、少しづつ間が空いていく、これは何時もの事だ。
  ケイデンス100回、乗ってないので何となく調子が出ない。
  3連休の中日、河川敷は少年サッカーのチームが10名ほど練習、何となく寂しい感じ。
  この辺まで来ると、汗が出てきたし心拍数も少しづつ上がってきた。
  「三町大橋」を過ぎて再び堤防へ、後ろの二人は着いてきている、ギヤを1段重くする。
  ケイデンスは94回ほどに、100回は少しきつかったね今回は。
  前の3人とすれ違えるかな? 「岡島橋」を過ぎても、3人が見えてこない?
  もしかしたら、「川口橋」まで行ったかも? と思いながら頑張って「井ノ口橋」たもとでUターン。
  向かい風がなくなって、時速が27キロ、ケイデンスは97回ほど、でも楽になった。
  「岡島橋」を過ぎて左側の下道へ、家並みを過ぎたところで、後ろか白木君が来た。
  「井ノ口橋」を渡ってから戻ってきたとのこと、みんな一緒で駐車場到着です。
  田んぼや畑、山も緑一色、しばらくぶりの風景
画像

  何の話からか “ふるさと納税“ についての話題で盛り上がってしまった。
  一時休んで、”ツールド西美濃来る時間かな?” と言う事で、戻ることにした。

 「三水川」堤防、彼岸花 秋だねえ! て感じだ  
画像

  こんな感じで、これからどんどん増えてきそうだ。
画像

  皆ゆっくりしたスピードで、堤防の走りを満喫しているようだ。
  水量が少し多く濁っているので、コイなどは見えないけど、彼岸花がずっと咲いているのでいい感じ。
  
 「パレットピアおおの」の所で、多和田さんらが右折、みんなが続くと、係員がいて駐車場に。
  イベント参加の人らのエイドステーション、前の人らが到着して休憩中だった。
画像

  グループごと間を少しおいて入ってきている、役場の人と少し話をして、戻りました。

 「泰山木」に戻って、コーヒータイムです。
  ”本巣のアウトドアフェステバル” のイベント、今年も参加しよう!!
  ”ビッグプーリー” について、大きさにびっくり
画像

  右側が普通の11T、左側が16Tのビッグプーリー。
  手で回してみると、軽く回ってしばらくそのまま回っているのに、またビックリだった。
  フレームがアルミでも3万円、チェーンも交換しないといけないので、+4000円、工賃もかかると、
   やっぱり簡単には交換できないよな。
  どれだけの効果があるか? 最終的にはこれだね。

 「ビッグプーリー」に交換した。
  通常のRデレーラー (自転車は違うものです)
画像

  デレーラーをエンド金具から外します。
  裏側(親指の側)のネジを緩める  *ネジの先が、棒のようになっているので、抜き取る。  
画像

  105タイプは、本体からのボルトでシャフトのへこんだところに入るようになっている。
  (ヂュラエースは、ケージの裏側からボルトで止まっている)
画像

  スプリングにも違いがあって、105はケージ側が少し小さくなっている(ぢゅらは同じ径)
画像

  ビッグプーリーは、ケージについているストッパーがネジになっているので、取り外す。
画像

  シャフトにグリスを塗り、スプリングを本体に入れ(端は中の穴に)反対側はケージの穴に入れる。
  105,ヂュラともに3つの真ん中にあったが、ビッグプーリーは端の弱い方にした。
画像

  そのまま中に収めるが、2~3mmほど残しておく。
画像

  ケイジを半時計方向に回し、(ストッパーが着けられるところまで)ストッパーを付ける。
画像

  ガイドプレートのシャフトをしっかり中まで入れ、本体から外したボルトをねじ込む。
画像

  動きに問題がないかを確認し、スムーズに動けば終了です。
画像

  新しいチェーンを入れ、長さを調整(フロント大ギヤ、スプロケ小ギヤでプーリーシャフトが、垂直より
   ほんの少し前に出る、短めの感じ)する。
画像

  これが、最大引いた形のなる、フロントギヤとの間が短くなって、カタカタ音がするので、クロスはしない
   ようにした方が良さそうだ。
  プーリーは、しっかり刃が作ってあり、入りが悪く、カタカタ音がしたんですが、11段は入らず?
   プーリー側が1つおきに薄くなっていて、チェーンの板の内側と外側の部分で、入るところが決まって
   いるようになっていたんでした。
  両方ともに、チェーンと合わせると、問題なくきれいに入るようになった。
   (うちに戻って、私の自転車のチェーンを変えて、入るところを合わせると、音が無くなりました)
  これは、18T さらに一回り大きくなる。
画像

 白木君は、さっそく乗ってみると “軽い!” ”ギヤを2枚くらい重く出来そうだ!” との感想。
  私は、車輪を回すと、普通はカラカラと言って、クランクは回らないが、クランクが着いて回る。
  コグ内の爪が外れるるより軽いと言う事なんだろう。
  そのあと実際乗ってみるが、確かに軽い感じがし、面白いです。
  ただ値段がね! リデア RD2 シマノ105用 アルミケージ、ベアリングセラミック 28300円(税抜き)
  オーバルギヤと違い、誰でも同じ効果を感じることができるのは、安心かもね。
0