おはようサイク 20-20

4月11日(土) 天気 晴れ
このところ、寒い日が続いている、今日も朝から寒いし、風もある様子だ。
 とにかく、体を鍛えておくことが大事、洗顔をし走る準備をする。
 箕浦さんが来るので、用意したタイヤなどを確認、自転車とともに車に積み、集合地へ。
 参加者 5名 (後藤、箕浦、長谷川、田中、私)

内藤さんが自転車できたが、仕事の段取り(休業)をしないといけない、とのことで帰りました。
 それぞれに、コロナの自粛での影響が出てきている。
 私の仕事も、学校が休み、外出も控えているので、自転車も乗らないんですよね。
 やっぱり修理が少なく、暇です! って感じだものね。

北西の風が強いし、寒い中、どのコースにしようか? との話、”ハナモモ” が咲いてるんじゃない? 決定です。
 「根尾川大橋」を渡るべく坂を上るが、向かい風が走りを大変にする。
 橋を渡って左折、追い風気味になってホッとしながら、ウオーミングアップ。
 久しぶりの箕浦さんと、話しながらの話題は、やっぱり ”コロナ“ です。
 「下座倉大橋」を過ぎたところから、先頭になって少しづつ、スピードを上げる。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、想像以上の向かい風、時速20キロだ。
 ウエアーを通して、腕に当たる風が冷たい、ウインドウベストの腹の部分まで、寒さを感じてる。
 肘を曲げて、前傾姿勢を深くしながら、走るようにした。
 河原側にある林に来ると、林が風よけになり、楽になってスピードが少し上がった。 
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、箕浦さんだけで、他のメンバーはまだ来ていない。
 青信号、後ろが箕浦さんなので、後ろを待たずに走り出します。
 時速23キロが手一杯、風の状態によっては、時速17キロになってしまう。
 「三町大橋」まで頑張ろう!! と声をかけ、練習モードです。
 風を遮るものは、何もなし、まともに風を受ける、いい運動になる。
 ”バイシクルクラブ” 5月号 “楽になる呼吸テクニック” 2度吸う! を実践です。
 ジョギングの時は、常にこの呼吸法だが、自転車だとほとんどやらない。
 足の回転と合わないからだと思う、100回近いと、呼吸とは関係なくなってしまう。
 息が上がってくると、すぐに1回になってしまうしね。
 フォームの違いは、スポーツジムのエアロバイクで、確認できる。
 ウエイトと回転数を変えずに、前傾姿勢を、弱くすると、心拍数が下がる。
 横を向くと、心拍数が下がることも有るのは、気道が開くのかも?
 胸を開く感じで、息を吐くときは、口をすぼめて、2度 フッ! フッ! 
 こんな日に困るのは、鼻がたまること、1人だと、片方の鼻の穴をふさいで、横を向き フッ! と出せるが、風が強いので、これもできない、後ろにかかったり、自分にも・・・ あるのでね。
 河川敷には、誰も居ない、グライダー練習場も、人の姿は見えない。
 ついたあ! 頑張ったねえ! と言いながら、橋の下をくぐって、中間堤防。

左折、橋を1本わたって右折、「花桃」並木堤防です。
 まだ早いのかな? 咲いて居ない木も有り、例年とは違う感じだ。
 眺めながら、ゆっくり走っていると、 お待たせー!! と、あとのメンバーが来ました。
 少し走ると、きれいに咲きそろっているところが、止まって写真を
IMG_3160.jpg
IMG_3161.jpg
 川伝いに「花桃」の並木を見ながら、堤防の散歩道みたいな道路を、ゆっくり走る。
 「揖斐川町」の街中を流れる、川でずうっとたどっていけるんです。
 「揖斐厚生病院」~「町役場」~「スーパー」のそばを通り抜ける。
 「桂川」を遡るんですが、ポコッと山(緑地公園)があり、それをぐるっと回ると、303号線です。
  この辺もきれいだったですね。
 道路を横切ったところ、橋の上で写真を。
IMG_3162.jpg
IMG_3163.jpg
 少し行くと、公園があり一休みです。
 相談のうえ、戻って「三水川」の桜と、「花田川」の枝垂れ桜を見ていくことになった。
 いったん「303号線」に出て、そのまま「揖斐警察署」の前を通り、街中を走って「長良交差点」左折。
 何時ものトンネルから、「葬祭場」下の駐車場にて、トイレ休憩です。

山も田んぼも緑になって、景色が変わった感じです。
 昔は、タンポポの種を蒔いて、それを刈って肥料にした・・・ 後藤さん、うんちく。
 途中にあるんでなかったかなあ! は、私、のどかな休憩です。

戻りは何時もの様に、「牛洞」のほうへ、田んぼの草刈りをトラクターでやってるので、草の香りがする。
 トンビやカラスが、エサを探しているし、ピンクの花がジュータンのように、咲いているところも。
 ダダピロい田んぼが、全部ピンクの花になったら、人呼べるよね! 今は、そんな時期じゃないか!!
 「三水川」堤防、桜はだいぶん散って花弁が、川面に浮かんでいる。
 所々に、集まってこれもある意味綺麗だね。
 「真大橋」を過ぎたところから、西に向かって「南小」のそば、「花田川」に出て、Uターンする。
 桜並木の下を走る、途中から枝垂桜を、橋から橋の間の1か所が、全部です。
 4年ほど前になるのかなあ、台風の後、上の方が枝折れして、なんとなく咲が悪い感じだ。
 普通の桜は、そんなことがなかったようなんですよね。

“花桃“ “桜“ を満喫して、ゴールです。
 コーヒータイムは、なんとなく静かに、話も少なく、時間も短く、終了です。
 走行距離、32キロ、思ったより走った感じでした。
 

おはようサイク 20-19

4月 5日(日) 天気 晴れ 風強い
家のそばの桜の木が揺れている、風が強そうだ、そんな中、走る準備をする。
 第2ラウンドで、桜を見に行くつもりが、釣りの予定が入って、”おはようサイク”のみになってしまった。
 そっちの準備もあって、車に自転車を積んで、家を出る。
 参加者 3名 (後藤、内藤、私)

後藤さんと、昨晩ラインが来て、多和田、長谷川さんが、プチキャンプをした話の中、多和田さんがバイクで登場。
 半紙をしていると、和田さんが車で、普段着で登場、多和田さんに用事があったらしい。
 その後に、内藤さんが自走で到着、結局走るのは、3名でした。

北西の風が強いので、「三町大橋」から「小野坂トンネル」を通り「谷汲」「竹中公園」「参道」の桜を見学。
 戻りは、「大谷トンネル」から「三水川」堤防、桜を見ながらのサイクリング計画です。

「根尾川大橋」を渡って左折、堤防に入って追い風、少し冷たい風だ。
 ゆっくりとウオーミングアップ、わきの雑草の背が高くなってきた感じだ。
 2人は、「淡墨桜」を見てきたみたいで、勿論、夫婦で別々だが、同じ日にちだった様子だ。
 私の花見は、これで終わりかな! 午後からは、釣りの教室になりそうだし。
 
「ゆ~みんぐ」を回ると、思ったより強い向かい風、スピードが上がらず。
 ウオーキングのお年寄り、風に押されていつもより、足が速い感じだった。
 内藤さん前! とも思ったが、なんとなく先頭になってしまう。
 3人で、平均年齢が70を超えてしまうので、本当に年寄りチームだね。
 時速19キロほど、足が動かず、少しづつアップし、時速21キロです。

「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、いつの間にか遅れた2人、青信号になって、これそうなので走り出す。
 スピードを落とし、追いついてくるのを待って、スピードを上げる。
 時速22キロ、それでも風に波があって、17キロになることも出てくる。
 左斜め前からの風、中央寄りに振られる、そんな強い風だ。
 先頭は、頑張って走るより仕方がない、後ろを振り返る余裕がない。
 
「三町大橋」下を、後ろ? また離れたみたいで、居ません。
 左折するところで待つべく、そのまま走って、「303号線」交差点手前で停止する。
 2人が来たので、再スタート「303号線」を少し走って、交差点を右折する。
 それほどきつそうではないが、スピードは上げれない様子だ。

「小野坂」向かい風とギヤを1枚変えただけ、風の影響は大きいんですね。
 それでも時速は、13キロだから、やっぱり坂かな! 頑張って登るしかない。
 緑のトンネルがすがすがしい、活力を生み出してくれるというか、気持ちがいい。
 これこそが、サイクリング、外を走ることの良さ、ローラー台では味わえないもんね。
 トンネルが見えてきた、間が空いた様子だが、そのまま走って下りです。
 ロードの男性とすれ違う、頑張れ!! って感じですね、こっちは下りですから。
 スピードは控えめにして、小さなアップダウン、道端の桜が満開です。

「谷汲」交差点手前、左折の所でストップ、2人を待つ。
 「竹中公園」の桜が、山の上の方まであることがわかる。
 あんな上まであるんだ! とか言いながら、3人で走り出す。
 2人は先に公園に上がってもらい、「あられ工房」のほうに左折、写真を撮る。
IMG_3143.jpg
 遅れて公園に上がると、満開の桜が、本当にきれいでした。
IMG_3144.jpg
 春の気分に浸って、公園を後にする。

「谷汲」交差点左折、参道を、ここも満開、桜のトンネルです。
IMG_3153.jpg
 観光客は、時間のせいか、コロナのせいか、少なかった。
 何時もの店屋に立ち寄り、甘酒を1杯、店のご夫婦と会話をして、一休み。
 おなかが何となく暖かくなって、戻ることにした。

内藤さんの、お友達の所に、立ち寄ることになり、コースを変更です。
 先ずは、北道路を戻り、「大谷トンネル」へ左折をせずに直進、「深根」地区の所で左折する。
 昔、沼地のようなところ、雨が多い時期は、道路が冠水して、通行できなくなってしまうんです。
 今の時期は、水も少なく、川も流れてない状態だった。
 残念ながら、お友達は留守の様子、会えませんでした。

急な上り坂「牛洞坂」を上ります。
 「谷汲」からだと、短いのですが、下りが大変、いろは坂の下りです。
 カーブで止まり切れずオーバーラン、ウオーキングの男性がいてびっくり。
 下り終え「の」交差点までの直線道路、え! 向かい風! すると横風に、そして追い風、風が回っている感じだった。

「三水川」堤防、桜並木も満開です。
 私は、止まって写真を
IMG_3155.jpg
IMG_3159.jpg
 最高の桜並木ですねえ!
 花を見ながらウオーキングの人、親子連れの家族など、みな楽しそうです。
 風がなければ最高なんですけどね、これで散ってしまいそうです。
 2人の姿は見えず、急ぐこともないので、満開の桜とカラシナの黄色の花を、堪能しながら、走ります。
 
「泰山木」に到着、お客が少ない! 私らは、8人席に、なんとなく離れてコーヒータイムです。
 このままいくと、サイクリングだけになるのか、それもやめになるのかねえ!
 ま、あまり長いコーヒータイムにならないで、終了でした。
 走行距離、36キロほど。

おはようサイク 20-18

4月 4日(土) 天気 晴れ
天気が落ち着いて、土日とも走れそうだし、桜も満開になった感じだしね。
 田中さんのことも有り、早めに家を出れるように、着替えなどを済ます。
 外出自粛のことも有るが、運動しないといけないので、注意しながらやるしかない。
 8名 (後藤、多和田、飯沼、今木、和田、田中、長谷川、私)

予想通り、田中さんが早く来たので、自転車の採寸をする事に。
 年齢は? 身長は? とりあえずこれだけです。
 サドルハンドル間、サドルブレーキ間、ハンドル幅、ステム長さ、トップチューブ、シートチューブ・・。
 測る所随分有るんですねえ! (田中) そんな話をしながら、サドル高さ、ハンドル高さ・・・。
 ハンドル高さは、前に下げて、もう下がらない。
 サドルブレーキの間が、同じ身長の人のを見ると、10mmほど短い感じだ。
 ハンドルステムが90mm、10mm長くしてもいい感じだ。
 サドル下がりが、25mmほど、もう少し下がっても良さそうなので、ここを調整。
 クランク3時での、膝とペダルの位置を確認、良さそうなので、これで行って見る事にした。

「霞間ヶ谷公園」の桜見に行こうよ! との話があり、行って見る事にした。
 堤防の工事が終わったので、「根尾川大橋」を渡るのに、上り坂が始まりです。
 橋を渡って左折、堤防道路からの風景が、なんとなく懐かしいというか、やっぱりこの風景だよね。
 カラシナの黄色い花、インターチェンジと橋脚、対照的なものがそこにある、って感じだ。
 後ろに下がって田中さんの横へ、見た目のフォームはいい感じだ、本人も、問題ない! との事。
 サドルを後退させたが、少し気になって居るので、様子を見て、再度採寸したい。
 
「平野庄橋」東交差点、「三町大橋」を渡るのなら、反対川堤防を・・。
 橋を渡って直進? 堤防で亡くした水戸を北に、後藤さんに任せたが、この辺は、多和田、長谷川さんの領域みたいだね。
 「東レ」「三菱マテリアル」西側道路、「コダマ樹脂」の所で左折、其の後、右折、左折し西へ。
 この辺は、仕事では来なくなったなあ! って感じですけど、知ってるところだ。
 「養老鉄道」を横切って「417号線」交差点。
 変則の十字路、多和田さんが先に行き、他の皆は歩道上に、私は青で直進、右折したところで停止です。
 青になったところで左折する、皆は、青信号で歩道を歩いてきたが、次は道路を横断し、さらに右側から左側へ横断、合流です。
 初めてだと、わかりにくい交差点、ここもそんな一つだね。
 そのまま西に、「宮地」から上りに入る。

桜並木、本当に満開で最高ですが、上りはきついなあ!
 前の方、和田さんを追い越して、田中さんが前へ、すごいなあ! しっかり走ってる。
 はじめは、「谷汲」トンネル前の坂、歩いたのに、すごい進歩だねえ! 今木、飯沼さん、私の3人。
 写真撮って! というので、ゆっくり来て! と言いながらスピードを上げ前に。
IMG_3124.jpg
 その後も、止まって桜の写真を
IMG_3125.jpg
IMG_3126.jpg
 子の登坂は初めてのコース、いいコースですねえ! 
「大津谷」看板前、みんなが座り込んでる。
IMG_3127.jpg
 橋の上、桜をバックに記念写真を撮る。
IMG_3128.jpg
 川の岸辺には、キャンプのテントが多くみられる。
IMG_3130.jpg
 「東海自然歩道」(ふれあい海道)を、南え走ることに。
 下って下って? 登りなかったんだっけ! 山側に濃いピンクの花園。
IMG_3132.jpg
 「霞間ヶ谷」公園の桜もきれいに咲いている。
IMG_3134.jpg
 池田町を見下ろす、もやっとしているのが、春らしくていい感じだ。
IMG_3135.jpg
IMG_3137.jpg
 一時、休憩と桜を楽しんで、戻ることにしたが、もったいないので、しだれ桜を見ていくことに。
 公園の南側から、「池田町」の街中へ。
 ここらが、昔花街だったところ! 解説付きなのが最高でしょ!
 旧街道から「417号線」を横切って、「池野駅」新しくなった? 綺麗になってる感じ。
 中を通れるよ! 「雲上の桜」を教えてもらい、改札口を通り、ホームから線路を横断、反対側へ。
 へー!! こんな風になってんだ! そんなことを言いながら、お礼を言って走り出します。
 ここ! ここ! 「雲上の桜」です。
IMG_3138.jpg
IMG_3139.jpg
 神社? らしくないところに、ひっそりと1本、見事に咲いている。
 400年くらいの桜、枝を支える棒と言うか、横に広がってるからなあ! でもすごいですね。

「池田高校」のそばを走って、「東レ」横の道路、来た道を走ることになる。
 多和田さんいた? 和田さんは? 飯沼さんは途中から帰った! とか、何時もの様にバラケテしまったようだ。
 太陽に日差しを受け、風は少し冷たいが、最高のサイクリング日和。
 満開の桜を見ながら、最高の運動ですよね。
 「揖斐川」に掛かる「平野庄橋」を渡り、「根尾川」に架かる「根尾川大橋」の2つの橋を渡る。
 「泰山木」に到着です。

さすがに少し御客が減った感じだ、一つづつ席を空けないとダメかなあ! と言いながら、コーヒータイムだ。
 店内は、4月から禁煙、メンバーに喫煙者はいないので、問題はない。
 ただ、コロナの問題で、コーヒータイムを考えないと、だめかもしれないなあ!
 いよいよ、現実化してきたもんね。
 今日の走行距離は、28キロでした。

おはようサイク 20-17

3月28日(土) 天気 曇り北西の風、強風だ
部屋のドアが、ガタガタと音がしてる、雨は上がったようだが、風が強い感じだった。
 とにかく、着替えをして、忘れ物がないように、バッグとヘルメットなどを確認し、玄関へ。
 ウインドウベストだけで、寒さもいい加減、グローブも薄い指ありでいけそうだね。
 早く着いたわけではないが、1番乗り、一人でも走ろうと思い、自転車を下ろすところに、田中さんが来た。
 参加者 4名 (和田、多和田、田中、私)

風が強いんで、Bコースだねえ! との事で、スタートです。
 堤防下は、風があまり来ないのと、追い風方向なので、軽くウオーミングアップです。
 堤防に上がって右折、橋を渡るのが、まともに向かい風、これは大変だ。
 わたって左折、追い風にホッ とするが、「ゆ~みんぐ」を回ると、再び強い向かい風だ。
 「揖斐川」堤防を北西に10キロほど走るので、しばらくの間、向かい風を受ける。
 なんとなく先頭、何時ものこと、運動にはちょうどいいかもね。
 時速21~22キロ、ケイデンス94回ほど、まずはこのスピードからだ。
 路面は、まだ濡れているし、水溜りになって居る所も有る。
 曇ってはいるが、雨は大丈夫な様子だ。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、ここまででもきつい感じだ。
 走り出すと、風が左寄りになって、少し楽になり、スピードも25キロほどに上がった。
 このままの風なら、このままで行けそうだ! と思ったが、そうはいかなかった。
 「グライダー練習場」辺りから、まともに向かい風になり、だんだんとスピードダウン。
 ギヤを変えて、ケイデンスを下げないように、でも息が切れて来る。
 2度ごとの呼吸が出来ず、ハアハアして来る。
 速度は、21キロになってしまったが、これで精一杯でした。
 少し休んだ感じで、22キロに戻して「三町大橋」下をくぐる。
 中間堤防は、道路が少し狭いので、スピードが落ち休んだ感じ。
 思い切って左手を出し、左折し、再び「揖斐川」堤防へ。
 何とか「揖斐病院」まで行く事に、頑張れ!!
 腹も減った感じも無いし、足に力も入っているが、どうしても肩で息する感じだ。
 一段と前傾姿勢になって、風の抵抗を少なくしてはいるが、きついです。
 「岡島橋」手前でUターン、下道へ入ると、追い風でペダルが軽い、すぐ25キロです。
 民家の間を抜け、田んぼの真ん中に入ったところで、和田さんから「谷汲」へ行こう! と話が。
 ここからは、和田さんが先頭、「303号線」交差点前を左折して、合流してから横断する。
 多和田さんがいない? そのまま行った? 足らずに追加走りだと思った。
 横断する時に、後ろに下がる「志津山」を通り「251号線」「小野坂」登り口へ。
 ケイデンスが落ちてきたので、ギヤチェンジ、2段落として上ります。
 向かい風で息を上げているので、少し楽な感じ。
 2人に近づき追い越した、時速14キロほど、もう1回曲がって登りか? いやトンネルです。
 なんとなく距離も短く感じ、トンネルを抜け、そのまま下り下りる。
 このコースは、ここからが結構長く、またなだらかだが、上っている感じです。
 時速24キロを維持して走る! 頑張ることにする。
 アップダウンもあるし、最後「谷汲」交差点手前が、上りなので、意外ときついんですよね。
 何とか、スピードを維持して交差点、青信号で直進、すぐ止まって写真を撮る。
IMG_3122.jpg
 まだ桜は、ほとんど咲いていない、でもピンクにはなってきている。
 後ろに田中さん、お! ついて来たんだ! 頑張ったんですね。
 
「昆虫館」駐車場、和田さんも到着し、3人で休憩。
 多和田さん、どうしたかな? とか言っている間に、到着です。
 (離れて走って、「葬儀場」行ったが見えないので、戻って「小野坂」から来た! とのことだった)
 和田さん車、フロントインナー、リヤアウターにするとおかしい! との話で確認。
 フロントデレーラーのガイドに当たるので、少し外側へ切り替えレバーを動かす! 回すと、アウターの大きいギヤに乗り上げてしまう。
 私の自転車でやると、とりあえず乗り上げはしないが、アウターのギヤにこすっている感じだ。
 何度かやっている間に、デレーラーにガイドの幅が、違う感じに気が付く。
 9速用なのかも知れない、帰ってから確認することになって、終了です。
 
追い風であることを祈りながら、戻りのスタート。
 多和田さんが遠慮していたので、この前の分ちぎっていいから! と先に行かせる。
 私は、田中さんの後ろ、何時もの様に、最後尾から走り出す。
 時速32キロ、平担に入っても、なかなか追いつけず、田中さん早い。
 「谷汲口」を右折したところで、いつもの距離感になった。
 それにしても、いい感じのスピードで走っている、ケイデンスも高い感じだ。

「万代橋」少し間をあけ、上りを頑張って差を詰め「分水嶺」を曲がる。
 時速32キロほどになって居る、本当に走れるようになったよね。
 追い風ということも有るが、尻は動かずに、ケイデンスは私と同じくらいだ。
 多和田さんと並ぶと、前傾がもう少しあっても良さそうなので、ステムを変えたほうが、もっと走れるかもね。
 少しスピードは落ちてきたが、快調に「大野橋」到着、車の切れるのを待って、横断する。

この後も、時速30キロで走るが、「カリモク」前あたりから、追い風がなくなって、横風になった。
 スピードも落ちてきて、30キロを維持できなくなってきた様子だ。
 「藪川橋」下をくぐって、Y字路交差点を過ぎて、再び堤防へ上がる。
 最後の頑張りどころ、少し離れてのぼりを頑張ると、途中で追いついてしまって、スピードダウン。
 田中さんは、頑張り切れなかったみたいだね。
 それでも、来た頃から比べると、走り方、持久力が、大きく進歩している。
 
コーヒータイム、田中さんに、ケイデンスの確認をしてみる、95回で走っている! とのこと。
 平日に、自転車乗ってる? 聞いてみると、 土曜日の“おはようサイク”のみです! の返事だった。
 日曜は来れないので、週1回のみ、確実に来ているのが、いいのだろうね。
 出来て居るので、これからは、ケイデンスを、100回にして行くことをアドバイスする。
 登坂がダメだ! すぐ息切れする! 和田さんも話に加わる。
 短距離型と長距離型があって、上りはそれが特に出るかもね。
 短い距離だと、和田さんには勝てないけど、長距離になったら、私が勝つもんね。
 和田さんは、若い時に、短距離型のスポーツをやってた感じだ。
 私は、一切やってないが、持久走なんかのほうが、よかったと思う。
 サイクリングの場合は、経験も入ってくるから、なんとも言えないが、関係はあると思う。
 呼吸の仕方も、私は、マラソンと同じような、2度吐いて2度吸う様にしている。
 それが中々出来ないんだよなあ! と和田さん、上りに入ると、難しいけどね! 私。
 登りは、ギヤを軽くして上っても、すぐ息が上がってしまう。
 ケイデンスが高過ぎてもダメなので、私は、ケイデンスが50回を目安に、切り替えをする。
 登りに入る所で、軽くしてしまう! 田中さんの話。
 フロントならそうでも良いかも、外れる事があるからですが、後ろは心配ない。 
 脚力を付ける為にも、軽過ぎるギヤで走るより、少しづつ頑張れるケイデンスで走る方が、良い。
 田中さんは、まだまだ進歩して行く感じ、私等は、落ちて行くだけだもんね!・・・。

 本日の走行距離は、40キロ程だが、向かい風も有り、良い運動になったね。

おはようサイク 20-16

3月22日(日) 天気 晴れ
少しゆっくりしすぎた感じで、急いで準備をする羽目に。
 久しぶりに(ホノルルセンチュリーライド以来)トレックマドンに乗るべく、ヘルメット、シューズを変える。
 ウエアーは何時もと同じように、体操短パンジャージ、半そでポロシャツに、ウインドウベストです。
 今年も、真冬用のサイクリングウエアーは、着ることがありませんでしたね。
 20分過ぎ「泰山木」に到着、でも誰も居ない? 3連休なので、無しかも? エアーを詰めていると、来ましたね。
 参加者 5名 (和田、杉本、箕浦、高橋、私)

さあ! これは、車1台の扱いでしょうか?
IMG_3118.jpg
 でも、将来、こんな形になるかもね!

走り出してすぐ やばい! ハンドル曲がってる! クイックレリーズは締め直し、ブレーキキャリパーも確認したが、ここは見てない。
 一人止まって、調整作業をする。 (組付けが中途半端ではなく、ステムが短いので、見難いんですよね)
 でも、やっぱりロードは、走りが軽い! 鉄フレームのフラットロードとは、大きく違うねえ。
 そんなことを思いながら、下道でウオーミングアップ。
 堤防に上がっても、みんなは見えない、「ゆ~みんぐ」を回ると、ずっと前のほうに見えた。
 追いついて、コースを設定する、昨日と同様 「川口橋」から戻って、「揖斐校」から峠「谷汲」だ。
 先頭杉本さん、向かい風があり、どんな速度で行くのだろうかね。
 私は、先頭で走るより、前傾姿勢を長く保つ、“自走琵琶湖“ 練習のつもりなので、後ろからだ。

「平野庄橋」東交差点、青信号で再び走り出し、少し走ったところで、箕浦さんが、前の二人から遅れ始めた。
 向かい風の空気抵抗で、少し大変かな? 彼の、前に出ることにした。
 それでも、時速24~5キロほどなので、少しづつ話される感じだ。
 これ以上上げると、後ろがついてこれそうにないので、このままです。
 ケイデンスは89回ほどから、ギヤを変え100回ほどへ、軽いというより、腹が邪魔になる感じだね。
 フラットロードよりも、前傾姿勢がきついので、そんな感じを受け、腰を意識して立てるようにする。
 サドル~ハンドル間は、ステムを60mmにして、最高に短くしたので、ハンドルを上げないとダメかもね。
 サドルとの高さの差が60mm、ただヘッドからの高さが40mm有り、もう高くも出来ないんだよなあ!。
 
「三町大橋」下をくぐって、中間堤防を走る、前の二人が左折して、橋を渡るのが見えた。
 私達も、左折し橋を渡って、再び「揖斐川」堤防へ。
 ここまでは順調に来れてる、ペダルも軽く回っているし、首も大丈夫だ。
 シューズがロード用になって、メッシュの部分もあるが、寒さを感じることもない。
 「岡島橋」交差点を過ぎ、すぐの「前島橋」を渡って右折、反対側を走ることに。
 少し走って下りの所で ”箕浦さん止まった!” 後ろの高橋さんの声で、ストップです。
 トラブった? と言いながら後ろを確認すると、止まっていた箕浦さんが、走ってきて パンクした! 。
 3人で協力して、路肩の芝生の上で、パンク修理です。
 太陽の日差しを受け、温かさを感じながら、こんなこともたまには良い事ですね。
 パンクの原因は判らず、タイヤの異常も感じられず、とにかくチューブを交換し、作業完了です。
 エアーポンプが小さいので、一人だと大変、途中で高橋さんが交代で応援でした。
 私はと言うと、まだまだ! もう少し! OK! 掛け声だけでしたね。

「朝鳥公園」トイレ休憩、テントを張って、キャンプの人らが結構見られる。
IMG_3120.jpg
 トイレ西側の、早咲きの桜は満開の感じ、写真を1枚。
IMG_3119.jpg
「川口橋」を渡り右折、いつもとは反対方向、「井ノ口橋」袂まで戻って左折、「広域農道」へ。
 打合せのコースで行くと、遠回りになるので、通常のコースを走ることに変更です。
 「303号線」交差点を過ぎて、少しづつ登りに、ギヤを変え、ケイデンスをそのままにする。
 トンネル前の登坂、やっぱり軽い! 時速14キロで登り切り、ストップです。
 ライトが付いてないので、前を走ってもらう都合上、2人を待ちます。
 ”箕浦さん止まった!” 高橋さんが上って来た、 どうかしたのかな? 戻ってみる。
 本文ほど戻った時、箕浦さんが、歩道の上を走ってきた、問題はなさそうなので、少し下ったところで、Uターンする。
 トンネルは、箕浦さんの後ろを走るが、反対側から無灯火のサイクリスト、やっぱり見えずらく危険だね。
 出口に2人のサイクリスト、止まって話を、高橋さん? ではなかったので、そのまま下ることにした。
 惰性で下ると、箕浦さんのほうが早い、間が空くが、踏まずに下りを楽しむ。
 元気を取り戻し、其の後も、いい感じのスピードで、「竹中公園」T字路を右折、「昆虫館」到着です。
 和田、杉本さんは見えず、居たのは高橋さんのみ、もう、戻ったのかなあ! こんな話に。

坂で止まった話に、カチカチ音がして、長岡さんだと思ったら、自分だった! 原因は、フロントインナー、リヤアウターで、フロントデレーラーのガイドに、チェーンが当たってた、とのこと。
 チェーンがクロスすると、当たってしまう、この場合は、フロントを1段カチッと上げる。
 フロントアウター、リヤインナーの時は、フロントの半落ちを使って、少し落とす。
 分ってたつもりが、忘れてて、おかしいなあ! と思ったが、思い出して直した! との事だった。。
 其の後、踏みが軽い、重い、の話に。
 ラックにかけてある、自分の自転車のペダルを、反対に回して、次に高橋さんのを、そして私のを、軽い! とのことで、高橋さんも、同じように回し始めて、箕浦さんのとは、変わりないが、長岡さんのは軽い! 全然違う! 感想だ。
 確かに、ビッグプーリーにしてから、乗ってはそんなに感じないが、自転車を引いて歩くと、ペダルが一緒に回るのである。
 ラックにかけてあるので、進行方向に、後輪をゆっくり回すと、ペダルも一緒に回る。
 二人の自転車をやると、カチカチと詰めが外れる音がして、ペダルは動かずだ。
 ギヤの位置にもよるが、普通のガイドプーリー(セラミックベアリング入り)では、見られなかった現象です。
 これだけチェーンに抵抗がなく、軽く回転する、ということだと思う。
 B/Bをセラミックに、ガイドプーリーをセラミックにしても、この現象は出なかったので、軽いのは、ビッグプーリーの効果と思う。
 話をしている途中に電話、やっぱり、2人は戻って「泰山木」に着いてしまっていた。

こんな話題に盛り上がって、時計を見ると10:15、やばい、モーニングギリギリかも! 戻ることにした。
 先頭は高橋さん、私は最後尾、普通で行けば間に合うが、風次第ってとこだろう。
 時速28キロほどで「谷汲口」、右折してもそのままのスピードだった。
 小さな橋を渡って左折、スピードが落ち、右カーブを抜けて開けた所へ、やっぱり向かい風。
 時速26キロほどになってしまい「万代橋」を渡って右折、なだらかな上り坂も同様だ。
 「分水嶺」から「根尾川」堤防、何もない所へ出ると、ここも向かい風だった。
 箕浦さんが付いて行けなくなって、間が空いて来たので、前に出て、引くことにした。

「大野橋」を過ぎたところで、前の高橋さんに追いつき、先に行ってもらうように話す。
 間に合わないかもしれないので、予約頼みをしておきます。
 時速24~5キロ、計算上は間に合うと思うのだが、後ろは? 確認しながらだ。
 それにしても、この処、行き帰りどっちも向かい風! っていうのが多い。
 出来るだけ、風よけ効果があるように、ハンドルの上を持って走る。
 風を受けて走る、この季節だから、すがすがしくていい感じです。
 
「真大橋」下をくぐって、下道に入った所で、再び時計を見る、10:50 バッチリだね!
 最後にクールダウンの走り、10:55 「泰山木」に到着です。

先に着いた二人は、モーニングを終え、出てきたところでしたので、3人でコーヒーを? 内藤さんが来ました。
 用事で参加出来ないつもりが、早く終わったので、“友達探し“ で確認「藪川橋」南の公園で待ってた様子。
 4人でのモーニング、話題は尽きないです。
 コロナウイルス、タイヤの交換、掃除など、満載だ。
 終えて外に出てからも、ビッグプーリーに変更費用の話に。
 「昆虫館」で、高橋さんの、チェーンの長さが気になっていたので、確認する。
 フロントは、ほとんどインナー使いなので、ガイドプーリーは上がり気味、抵抗が大きいはずなんですよ。
 1コマは切っても大丈夫なので、切ってしまうことにした。
 変化は、実感できないだろうけど、理論的には、軽くなるはずだと思う。
 走行距離は、45キロほどになったのかな。

次回、3月29日(日) “桜並木巡りサイク” を、計画します。
 第2ラウンドの予定、「大野ポタリングクラブ」 にも声掛けをします。
 子供、孫の参加もいいのではないでしょうか、学校も休校中ですので。
 
 
 

おはようサイク 20-15

3月21日(土) 天気 晴れ
今日は、パンツを起毛の無いもの、ウインドウベストを最初から羽織って、家を出る。
 桜が開花するかと思ったが、まだ咲いていないし、順調に、温かくなってないせいだろうね。
 駐車場到着、誰も居ないので、まずは準備体操から始める。
 朝のジョギング、3日連続でやれたが、筋肉痛らしきものはない。
 自転車を下ろしエアーを詰めていると、“おはようございます!” 参加者が集まってきた。
 参加者 9名 (和田、多和田、長谷川、田中、後藤、今木、飯沼、平田、私)

後藤さんが、ロードバイクに例の(U字型パイプ)物を付けてきた。
IMG_3117.jpg
IMG_3116.jpg 
 踏み出す時に、ちょっとふわっとするが、あとは問題ない! 振動は吸収する感じだ! とのこと。
 形はどうであれ、いいかもしれないね。 (ただ、シートポストがそれなりに出てないと、付けれない)

スタート、やっぱりまだ腕に当たる風が冷たい、シューズも変えたが、足は問題ない感じだ。
 折り畳み自転車の、多和田さんが来ない? 何かトラブルかな? ゆっくり走る。
 堤防に上がる手前追いついてきた、問題はなさそうだ。
 右折しはしを渡ろうとしてストップ、その間に、多和田さんに追い越され、最後尾に。
 橋を渡って左折、つくしを探してストップ、写真に収める。
IMG_3101.jpg
 「ゆ~みんぐ」を回って、前にはメンバーの姿が見えない、スピードを上げる。
 風の抵抗化、空気抵抗か分からないが、走り始めなので、足が動かないんですよ。
 「高速道路」南側、「揖斐川」の河原に、重機が入っている? 砂取り? 整地かな? あちこちでやってるから。
 公園化して、ジョギングやサイクリング等が、やれるようにならないかな。
 「平野庄橋」東交差点、赤信号で停止しているメンバーの姿、青にならないで! 勝手に思った。
 追いついて、止まってすぐに青になり、再び走り出す。

Y字路を左に入って、田中、和田、長谷川、多和田さんの4人が、人グループで前に。
 今木、後藤、私のグループになり、少しづつ間が空いてきた。
 今日は、春を楽しみながら走るつもりなので、後ろのグループで走ることにした。
 前のグループは、張り切って走っているので、「谷汲」は行くだろう! の想定だった。
 こっちは、先頭の今木さん任せ、「三町大橋」下をくぐって、中間堤防に上がる。
 「揖斐川」堤防を見るが、前のグループの姿が見えず、Bコースに行った? 後藤さんと話す。
 「303号線」交差点手前で、今木さんが左へ、峠越えし「谷汲」に行くようだ。
 道路を横断し、山すそを走る、大型トラックが並ぶ、運送会社の横を抜けると、里山の風景に。
 小川が流れ田んぼがあり、山際に家が並ぶ、のどかないい風景の中、ゆっくりと走り抜ける。
 前方を走る今木さんが、Uターンした、行き止まりの道だったようだ。
 こんなことも我がクラブの特徴かもね、出たのは登り口です。
 上り始め、本当に山際まで家が建っている、裏側が急な傾斜に、ゆっくり走っていて見えたことですね。
 後藤さんが先頭で、どんどん上っていく、今木さんが続くが、間が開いてくる。
 私は、今木さんを追い越さないように、ゆっくりと登っていく、つづら折りの登りが、なんともいい感じだ。
 何時もは、息がハアハアしながらなので、景色を意識する余裕がないが、改めてみると、下の道路も見えるし、「峠」って感じがいい。
 頂上のトンネル、歩道もなく小さい、昔ながらのトンネルが、またいいですよね。
 「谷汲」側根出たところでの1枚
IMG_3103.jpg
 振り返ると、2人の姿が見えず、先に行ったようなので、急ぎ坂を下ることに。
 民家が立ち並ぶ道路、車の通りは少なく、走りやすいが、なだらかにアップダウンがある。
 なかなか前の2人が見えてこない、やっと見えてきたのは、学校のある辺りになってからだった。
 見えてからは、意外と早く追いついた、と思ったら、今木さんが道路を横断し、スーパーの駐車場へ。
 なんか、走っている間に、おなかを冷やしたらしい(後藤さんの話)のでした。
 それならば、「谷汲」の交差点を直進し、山門前まで行ってみることにした。
 桜はまだまだの感じ、参拝客もほとんど見られない、ところどころ店は開いているようだ。
 上まで行ってUターン、戻って「昆虫館」駐車場へ。

先に行ったはずのグループがいない、代わりに、飯沼さんがベンチで休憩していた。
 集合時間に遅れたので、逆走してきた! との事だった。
 水分補給をしながら休憩、でも先のメンバーは来ない? 「横倉」回ってる? まさかBコース? の話も。
 奥の公園、ピンクの花が咲いてる木が、何本かあるので、行ってみることに。
 早咲きの桜? 満開だ!
IMG_3108.jpg
IMG_3110.jpg
 黄色の花、木の名前は?
IMG_3111.jpg
 大きい気に咲いている白いのは、コブシ 
IMG_3112.jpg
IMG_3113.jpg
 こっちの白い花は、アセビ
IMG_3114.jpg
 (飯沼さん解釈、馬が食べると酔っ払ったようになる! と言われる木、教えてくれたが、漢字だと「馬酔木」でした、さすが)
 この黄色のは、サンシュユ
IMG_3115.jpg
 ほとんど、後藤、飯沼さんが、教えてくれました。 (勉強になります!!)
 戻ってきても、まだ誰も到着せず、帰ることにした。

先頭は、飯沼さんに任せ、何時ものように、後ろを少し離れて走る。
 すれ違うサイクリストが、今日も多い。
 ハッ! として横、追い越される、やっぱり声がけがいるよねえ!
 若い男性サイクリスト、下ハンドルをもって、いいスピードで私らを、追い越していきました。
 そういえば、大声で挨拶をしてくれたサイクリストがいたなあ! 気持ちいですねえ、ついこっちも大声。
 「谷汲口」右折し、間もなく男性のサイクリスト、疲れたのかゆっくりで、前の飯沼さんらが追い越した。
 追い越しまあす! と、声をかけて追い越す、若い男性だった、頑張りましょう!! って感じだ。
 
「根尾川」堤防に入ると、南からの向かい風、このメンバーなので、前に出ることはせずに、任せます。
 黄色いカラシナの花、群生しているところが、あちらこちらに見えてきた感じだ。
 この時間になると、吹く風も心地いい冷たさ、つい体を起こして風に当たりたい感じだね。
 土曜日なので、ダンプが通るのが、道路いっぱいになるので、少し大変です。
 堤防道路でないと、味わえないこの解放感、景色を堪能しながら、有酸素運動は、最高ですね。
 
「新ōは知」下をくぐって、上り、さあどうする? さすがです、飯沼さんは登り切り、堤防に上がりました。
 後藤、今木さんは中間から左折、下道へ、当然のごとく、私も登って、飯沼さんの後を追います。
 それにしても、頑張りますなあ! 76歳、先週も、時間を間違え、誰も居なかったので、一人で「百梅園」行ったようだし。
 「泰山木」に到着、自転車はなく、私らのほうが早く着いたようだ。

店内は、本日も盛況、席について間もなく、和田、長谷川さんが到着、暑そうだ。
 坂で多和田さんを振り切ったあ! あの自転車(20インチ折り畳み)で、ついてくるんだもんなあ! だって。
 田中さんは? 分らない! すぐ後に多和田さんが到着したが、田中さんはだいぶ遅れたが、無事到着。
 コースを確認すると、「川口橋」まで行って、戻って同じ峠を走ってきた様子でした。
 「朝鳥公園」トイレ休憩、そのことも有って、「昆虫館」到着時間が、大きく違ったようだ。
 キャンプに話などをしながら、モーニングをして、本日は終了!!
 走行距離は、34キロほど、いい有酸素運動でしたね。

おはようサイク 20-14

3月15日(日) 天気 快晴
昨日は、起床時は雨が降ってなかった、走る準備をし、玄関を出ると、雨が・・。
 自転車を持たず、車で「泰山木」へ、後藤さんと2人で、モーニングをして終了だった。
 朝から、雲一つない天気に恵まれ、走る準備をし、玄関へ。
 チェーンを洗浄、フレームもワックスをかけ、きれいになったフラットロードを、車に積み家を出る。
 まだ寒い感じもするが、日差しは暖かく、冬の寒さではなくなっているように思う。
 参加者 9名 (後藤、和田、多和田、長谷川、内藤、高橋、杉本、箕浦、私)

久しぶりに、箕浦さんが参集、どうしてもこの時期は、花粉症で苦しんでるようだ。
 日差しが温かいので、冬のジャケットを脱いで、ウインドウベストを羽織ることにした。
 走り出すと、さすがに腕が寒さを感じているが、スタートは仕方がないですね、我慢です。
 何時ものように、「下座倉大橋」を渡って左折、コースを設定する。
 風もなく天気もいいことから、「横蔵」~「谷汲」コースとし、箕浦さんは、「井口橋」右折とした。
 「ゆ~みんぐ」を回ってスピードアップ、向かい風はなさそうだ。
 時速22キロ、ケイデンスを93回、思ったより快調に足が動いている。
 「ゆ~みんぐ」のスポーツジムが休業になったので、朝のジョギングに切り替えたのが、良かった様子だ。
 
「平野庄橋」東交差点、タイミングよく青信号で通過、話し声がしているので、後ろも通過したようだった。
 スピードを上げ時速24キロへ、ケイデンスは97回、前回の反省から、こんな感じです。
 腕に当たる風の冷たさも、それほどでなくなり、ベストで正解だった感じだ。
 堤防斜面には、あちこちに黄色い花が、群生(カラシナ)しているところもあって、走るごとに多くなってきている。
 桜の開花も、木曜日(19日)ごろになりそうだし、いよいよ春本番だね。
 速度を上げ時速25キロに、汗ばんでくる感じはない、ウインドウベストのせいだね、
 
「三町大橋」下をくぐって、中堤防から、はしを渡って右折、さすがにみんな後ろについている。
 並んできたのは杉本さん(集合が遅れ、追いかけてきた)コースを確認して、先頭に出る。
 何時ものように、少し間を置くと、多和田さんが出てきて、前が2人になった。
 久し振りと言うか、今季初めてじゃないかな? 「横蔵」は! 無理は禁物だ。
 できる限りノンストップで、「昆虫館」までは走りたいもんね。
 
「前島橋」「岡島橋」を過ぎると、長谷川さんが前のグループに、3人になった。
 私のほうは、足も順調に動いている、体が少し暖かくなってきた感じだ。
 背中に太陽の温かさを感じ、サイクリング日和、だねえ!

「井ノ口橋」袂、車が来ないことを確認、直進する。
 後ろから声が、箕浦さん来ない! コースわかっているからいいよ! と言いながら、止まらず走る。
 箕浦さん一人になるかもしれないが、彼なら大丈夫、遅くなることもない。
 こっちが急がないと、「昆虫館」での待ち時間が長くて、寒くなってしまうのが心配だ。
 ここは、両側に民家があるので、車や人が出てくることがあるので、注意です。
 「川口橋」?? 左側から杉本さん、ちぎれてコースを間違えた? 橋を渡る。
 右折、すぐ後ろなので、わかるだろうと、そのまま上りに入る。
 スピードをセイブしてきたので、順調に上りをこなせ、息も上がらない感じだ。
 ギヤを1段落としただけで、上り坂を走ることができた。
 しばらくぶりなので、短く感じることも有るのかな、「揖斐狭大橋」を渡って、「303号交差点」ストップ。
 信号待ちの間に水分補給、杉本さんの姿は見えず、遅れた? 青信号スタート。
 トンネルを抜けると、いつもならスピードダウン、上り坂も何となく楽な感じだ。
 戻したギヤを再度軽くして、上り坂を登りきる。
 下って直線に入って、T字路を左折、後ろを確認するが、誰の姿も見えない。
 なだらかな上り坂、時速23キロ快調です。
 橋を渡って、ギヤを1段軽くし上り坂、カーブを曲がりながら、「横蔵寺」上の駐車場到着。
 親子がキャッチボールをしていた、水分補給と写真を撮って、下ります。
  (写真が逆光なのと、あまり良くなかったので、アップしませんでした)

橋を渡って、直線道路、前方にサイクリスト、和田さんだった。
 合図してすれ違う、少ししてスピードダウン、待つことにするが、それよりもと思ってUターンし、上まで行く。
 下の駐車場トイレ? いない! よし! 上れ!! 頑張って登ります。
 1人で走るより2人が楽しい! ってね、思った通り、上の駐車場のトイレに自転車あり。
 出てきた和田さん、驚いた様子だけど、2人のほうが楽しいもんね。
 最高のサイクリング日和だねえ! なんて話しながら、下りを楽しむ、やっぱりこれが楽しいねえ!
 後ろの状態を確認するが、杉本さんは追い越してない様子、そこから右折かもね。
 急坂を登ります、このコースの最大の難所です。
 途中でギヤを落とす、2段構えの坂、心が折れるような坂、長くはないけどね。
 登り切ってスピードを上げずに、和田さんを待つが、すぐ来ずに下りで追いついてきたので、前に生かせる。
 下りは、和田さんのほうが早いが、トンネル前の登坂、スピードが落ちてきた。
 それでも前にいるので、頑張って登っている感じだ。
 トンネルに入って下り、間が開いてきた。
 とたんに、右側にサイクリストのグループ、挨拶をすると、響くねえ! トンネルだもんね。
 歩道のほうにもサイクリスト、挨拶を交わしながら、こっちは下りです。
 トンネルを出てもそのまま下り、どんどんスピードが上がる中、上ってくるサイクリストが多い。
 日曜日、天気もいいし、みんな繰り出してるんだね。
 左側の道の駅、奥のほうにも7~8人の姿が、その後にもすれ違う。
 平らになっても、時速29キロほどで、走っている、元気を取り戻した感じだね。

「昆虫館」到着、途端に、さあ! 戻ろうか! 行く? って私が行ったら、待ってよ今着いたばかりだよ! っと、和田さん。
 休憩することに、高橋さんの姿が、遅くなって1人で走ってきた! との事だった。
 とりあえず、みんなが揃って休憩です。
 ただし、心配したとおり、箕浦さんなんかは、寒くなってきているようなので、早々に切り上げです。

さあ! 戻るか! と言っても、ぱっと動いたのは、高橋、箕浦さん、走りだしました。
 少し遅れて、みんなも走り出すが、私はいつもの最後尾からのスタートです。
 私の前が和田さん、ちょっとお疲れさんかな? それとも、途中で前に出るかだ。
 平坦なところに来ると、和田さんが少し遅れてきた、やはりお疲れみたいだ。
 「谷汲口」を右折するころには、内藤、和田さん、それと私の3人になってしまった。
 風が向かい風になったし、結構強そうなので、ゆっくり帰るほうがいいかもね。
 「分水嶺」を通過、何もない堤防に出ると、まさに向かい風、って感じ。
 和田さんが前になって、後ろになった内藤さんが遅れ始めた。
 乗ってる自転車が、ツーリング車なので、大変かもしれない。
 「大野橋」3人が同じような間隔で走り、交差点を通過。
 前方に小さく、オレンジ色のサイクリスト、箕浦さんかも。
 なんとなく、追いつきたい気分に、風よけの意味も兼ね、スピードを上げ、内藤さんの前に。
 でもすぐに離れてしまう、きついのではなく、ゆっくりサイクを楽しんでる。(後で確認)
 和田さんは、スピードが落ちてきて、箕浦さんとの差が、縮まらなくなってきた感じ、間もなく追いついた。
 箕浦さんへ追いつくぜ! と言って、前に出て引きます。
 楽しいですねえ! 晴れた空! 向かい風! 前に目標があって、歳を忘れて頑張ります。
 なんとか、「カリモク」の所で追いつくと、和田さんが先頭に出る、やっと元気になった見たい。
 スピードを落とし、内藤さんを待つことにしたが、「藪川場知」下をくぐって、堤防に上がるところは、また頑張って走る。
 
今日の運動は、これで終わりです。
 あとはゆっくりサイクリング、下道へ入っても、後ろを確認するが、内藤さんは見えず。
 止まって待つが、なかなか姿が見えない、再びゆっくり走りだす。
 再度止まって確認、戻ったほうがいいかな? 見えました。
 一緒になって確認、問題なく、ゆっくりを楽しんできた! との事だった。

「泰山木」に到着は、最後の組だ。
 店内は今日も盛況、8人席に相席、3か所に分散するも、相席の人とが帰ったので、集団移動です。
 話題、腹の出っ張りをなくすには? やっぱり、普段の運動が大切! で、一致。
 ジムは、どこもコロナの件で、閉鎖状態、後藤さんは、もともと犬の散歩でウオーキング、影響なしだ。
 内藤さんは、「三水川」堤防を早朝サイクリングなので、同じく影響なし。
 高橋、箕浦さんが、もろに影響を受け、私は、朝、河川敷でジョギングになった。
 それと食事、炭水化物を取りすぎない! 
 私は、茶わん7文目! 昼、すき屋はミニ! それで間に合うの? 俺は2杯食べる! とか。
 腹いっぱいならないと! 夕飯まで持たない! それぞれだ。
 例えば、今日、走り終えてのモーニングは、朝食、昼食はないことも、あとは夕食です。(私)
 朝、食べてきて、サイクリング、モーニングを食べて、昼食を食べ、夕食も食べる。 (メンバー多く)
 朝持つ? これをやって、もう2年目くらいかな、問題ない感じだ。
 体の脂肪分を使う習慣づけ、これを体に覚えさせる、これがいいらしい。
 筋肉をつけて、新陳代謝をよくするのも、必要なはず。
 有酸素運動も、必要だが、筋トレ、特に体幹を鍛える、これが大切。
 どんどん深みにはまってしまいそうなので、適当なところで切り上げます。

外は、すっかり暖かくなってきた、これからは、ウインドウベストで大丈夫だ。
 次週は、桜の花が咲いていると困るよね、次まで持たないかも。
 天気が良ければ、第2ラウンド、“桜並木ツーリング“ するか!!
 走行距離は、51キロ 私が、最高でしたね。
 

ビッグニュース! かな?

ホノルルセンチュリーライド 2020開催 の、日本版ホームページが、記載開始されたようです。
 そのトップページのフォトギャラリー、2019(昨年)の10枚の写真の中、後藤さんの走っている姿が、アップで写ってました。
 内藤さんが、発見し連絡ありましたので、その写真を、ブログにアップしました。
IMG_3048.jpg
 どのへんなんでしょうかねえ! さすがプロ って感じの、いい写真ですよね!
 以上 業務連絡でした。

おはようサイク 20-13

3月 7日(土) 天気 晴れ
寒気が入って来た為か、寒い朝になった様だ。
 起きるのが遅くなってしまい、慌てて着替えをし、バック、ヘルメットを持って玄関へ。
 フラットロードのチェーンの油が気になったが、そのまま車に積んで、家を出る。
 さすがに寒い為か、河川敷には2人位しか人が居ない。
 駐車場へ着くと、誰も居ない? 白い車が端で止まって、長谷川さんが下りてき来た。
 誰も居ないので、帰ろうとしたのかも、良かったですね、其の後、後藤さんも来て、次々と参集です。
 参加者 9名 (後藤、内藤、多和田、今木、長谷川、和田、杉本、田中、私)

杉本さんの新車、トレックドマーネを見て、自転車談義の後、寒い! と言いながらスタート。
 ネックウオーマーをして無いので、首回りが寒い、帽子は、冬用にしたので、耳は大丈夫だ。
 ハンドルの手は指先がしびれてきて痛い感じ、足は、冬用のシューズなので大丈夫。
  (田中さんは、自走なので、走る前から、足先が寒さで痛そうだったからなあ)
 ギヤを落として、ケイデンスを上げ早く温まるように、でも1週間運動してないので、回らない感じだ。
 橋を渡って左折、本来のコースに入り、コースをどうするかを打ち合わせ。
 後藤さんが、20インチ折りたたみ自転車なのですが、杉本さん、新車とあって「谷汲」コースにする。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、いつもの向かい風、当然のように先頭になってしまった。
 少しづつスピードアップ、22キロまで上げ「平野庄橋」東交差点、赤信号停止だ。
 後ろは、和田、杉本さんの2人、他のメンバーは、のんびり走っている様子で、姿が見えない。
 青信号で、再び走り出す、コースは言ってあるので、大丈夫だろう。
 速度を上げて、24キロ、そこから少しづつ上げて見る事にした。
 足はだいぶん回るようになって来たし、ギヤを変えケイデンスを95~97回程で、時速26キロへ。
 この向かい風では、これでいっぱいな感じだ。
 グライダー練習場、格納庫が1個もない? どこかで大会でもある? それとも、コロナの影響かな。
 河川敷には、人影はない、運動しているのは、私らだけ! って事かもね。
 風が弱くなると、時速28キロほどに、でもすぐ戻ってしまう。

「三町大橋」下をくぐって、中堤防を走り左折、橋を渡って右折、やっぱり3人で走ってる。
 大分きつくなってきた、腹も減ってきたし、どこまで行けるかだね。
 頑張って時速27キロへ戻し、「前島橋」交差点停止、走り出して「岡島橋」を過ぎる。
 少し走ったところで、呼吸が苦しくなり、先頭交代し後ろへ。
 斜面に、黄色の名の花が咲いているので停止、胸が苦しいのもあってだ。
 急激に運動しすぎた感じで、胸が苦しいというか・・ 写真を撮って小休止だ。
IMG_3022.jpg 
 走り出すところに、長谷川、今木、田中ささんが追い越していった。
 すぐ右側の民家の庭先、桜が咲いているので、再び停止し、写真を撮る。
IMG_3023.jpg
 もう、あちこちで ”春” を感じれるようになって来た。
 
「井ノ口橋」袂を右折、「303号線」交差点停止、水分補給する。
 この前は、この後の交差点、直前を車で横切られたし、車でも同じような事が有って、2度ある事は・・ 注意だ。
 それにしても、今日はエネルギー切れ寸前だ、足に力が入らなくなって来た。
 前方に、今木さんの姿は見えるが、差が縮まらない。
 登りに入るところで、今木さんが店の駐車場から出て来た?? でも、すぐに離される。
 トンネル前の登りに入る所、左側の自販機に前に田中さん、通り過ぎるが、上り途中でで追い抜かれる。
 トンネルに入ってもダメ、差がどんどん開いてしまって、出た時には姿は見えなくなってしまった。
 ハンガーノックにならないように、省エネで走るよりないので、マイペースだね。
 坂を下って、平坦になってからは、何とか力が入るようになっては来たが、無理をせず24キロ程。

「昆虫館」駐車場、自転車を置いてすぐ、自販機でジュースを買ってエネルギー補給です。
 走り過ぎたわあ! 後ろに下がったけど、もう駄目だった! (私) 頑張り過ぎだわ! 後ろもきつかったもの!(和田)
 そんな話をしながら休憩、いやほんとに走り過ぎたかもね。
 なんか前がコトンコトンするんだけど! (今木) タイヤが入り過ぎてる所が有るんじゃないの? (私)
 車輪を回して確認、凸凹が有るので、やっぱり1か所が入り過ぎてる、手でシゴクがダメ。
 戻ってから、やり直す事にした。
 内藤さんよりライン "10:30 「泰山木」に戻ります!” 後藤さんと、Bコースかもね。

今木さんが先頭で走り出し、少し遅れて順に道路に出る。
 すぐに追い越されて、いつものように最後尾の走りになる。
 ケイデンスを上げずに、フロントをアウターにして、リヤも14Tくらいに、ケイデンスが65回程。
 和田、田中さんの2人に、「谷汲口」右折の前に追いつき、一緒に右折する。
 ペダルを引き上げ意識をしながら、時速26キロならこれでいける。

「分水嶺」を過ぎると、またも向かい風、和田さんのスピードが上がって、少しすると田中さんが遅れた。
 28キロではきついかもね、でもいい形で走っていると思う。
 25キロに落ちてきたので、体調も戻ってきたし、前を引く事にした。
 良く有る事で、行きは北に向かって向かい風、帰りは南に向かっているのに、向かい風なんでよね。
 「大野橋」を過ぎて後ろ?? 遅れたようなので、スピードダウンする。
 少しして追いついて前に出たので、下ハンドルを持つようにアドバイスする。
 いい感じのフォームなんだよね、スピードも上がって26~7キロ、いい感じで踏めている。
 少し走ると、頭が下がって来た、頭を上げてるのがきついんですよね、わかる!。
 交差点手前で、上ハンドルに戻る、戻して! って言うところだったので、OKです。
  (街中とか、交差点のある所は、下ハンドルはやめて、ブレーキを持つようにする)
 
「藪川場知」下をくぐってした道路、少し間を開いて、堤防へ上りを頑張るが、途中で追いつきブレーキングだった。
 力も戻ってきた感じ、空腹感は同じだけどね、やっぱり急にやるのはダメですね。
 下道に入って、フォームの話を、手が痛いとの事なので、肘を曲げ、猫背になる雰囲気で、体を支える。
 腹と背中で、上半身を支えるように、意識すると良い! すぐには出来ないけど、体幹が強くなってくるから。
 下ハンドル持った時のフォームなんか良い感じだし、ステムを長くしても良いかもね?
 そんな話をしながら、クールダウン走行し、「泰山木」到着です。

「泰山木」店内に入ると、今日も、盛況って感じだ。
 時計を見ると、10時少し過ぎ、えらい早かったねえ! って言うのが、皆の感想。
 少し遅れて、内藤、後藤さんの2人が到着したが、満席なので、椅子を追加、9人席にする。
 あれ良かったよ! (後藤) サドルの下にV字型のテンション装置を付けたんですよ。
 バイシクルクラブに乗ってた物を、手に入れたんですが、私のには付かないので、後藤さんが使用。
 効果有りそうですねえ!
 スマホ決済の話にも、お金どうして入れるの? とか、使いすぎてしまわない? とかね。
 支払う時の方法も色々ある、バーコードを読み込んでもらう、こっちで読み込む、スキャンして金額を入れるなど。
 まだまだ慣れないで、戸惑ってしまう事も。

コーヒータイムを終えて、外に出てから、部品代金などを、スマホ決済で受け取る。
 そんなことをやってる最中、 ブレーキがおかしい? (内藤) 戻りがおかしく、少し遊びがある。
 カンチの方は動いているし、おい! 尻で抑えてる! (私) (ツーリング車なので、ワイヤーがトップチューブの上を走っている)
 スローピングフレームでは無いので、跨いだままだと、尻で抑えてしまうのだ。
 しかし、降りた状態でもまだ少しおかしいので、ワイヤーを外して、グリスをして戻すと、OKでした。
 前後ともに遊びが多くなっていたので、修正、片ぎきも調整して、終了です。

車で戻っている途中、忘れた! 今木さんのタイヤの件、田中さんのステムの件です。
 最近物忘れが多いなあ! 認知症かな? 次回忘れずに確認します。
 本日の、走行距離は、38キロでした。

おはようサイク 20-12

3月 1日(日) 天気 快晴
6:30 目覚まし時計を見て、まだ早いなあ! では無いですよね、きょうから3月、7:30集合だ!
 間違えるところでした、洗顔をし着替え、ヘルメット、バックを持って玄関へ。
 自転車を積んで、7:07家を出る。
 1時間早いと、景色が変わる、朝、運動する時に会う、おばちゃんがジョギングしているのが見える。
 寒い時期にも、頑張ってたのかなあ? 私もやらなくちゃ! そんな思いになりながら、車を走らせる。
 雲一つない快晴の青空、どんよりとした曇り空の昨日とは、大違いの天気だ。
 参加者 6名 (後藤、内藤、長谷川、杉本、高橋、私)

7:30 3名のみ、コロナか時間間違いか? 暖かいのに、意外と少ない。
 とにかく走ろう! ということでスタート、下道をウオーミングアップ。
 上に上がって橋を渡ってから、コースを考え、内藤さんに任せることにした、結果、「揖斐校」の所から山越え、「谷汲」になる。
 ツーリング車の内藤さん、先頭を任せ、判らない所から後藤さん、案内する事に。
 私は、と言うと、いつも通り、2人から3メートルほど開けて、後ろを走ります。
 高速道路の下、テニスコートやってる人が、多く見られる、その横では道路工事の人が作業していた。

「平野庄橋」東交差点、信号停止しても、それほど寒さを感じない。
 ヘルメットの下の帽子は、耳当ての無い物にしたが、正解だね、当たる風が気持ちいい。
 走り出してからのスピードは、時速25~6キロ、いいペースです。
 相変わらずの最後尾、昨日もそうだが、自転車が変わっても、後藤さん、腰が動くのが気になる。
 グライダー練習場、グライダーが2機、格納庫から出され、1台は滑走路に出ている。
 風もほとんどなく、快晴の青空、気持ち良いんだろうなあ! 俺たちも、気持ち良いんだけどね。
 
「三町大橋」下をくぐって、中間堤防、後藤さんが先頭になる。
 左折しはしを1個わたって右折、中間の堤防を走る。
 303号線を走らず、途中から右折し、303号線を横切る、いいコース設定です。
 交差点のところは、工事が終わって、スムーズに通ることができ、左へ回り込む形で、峠に入る。
 何時もは、快調に上る内藤さん、なんとなく遅いような気が、風邪ひいてたので、運動不足かもね。
 追い越して前に出る、「谷組」側からくる車が何台かあり、少しびっくりでした。
 後藤さんは快調,頂上のトンネルまでに追い越せず。
 オーバルギヤ感じいいね! そうか、今日に自転車は、オーバルギヤだもんね。
 私の、フラットロードもそうだけど、慣れてしまって、効果が分からなくなってる。
 トンネルを抜け下り、休まずにそのまま走りますが、後藤さんがどんどん前へ。
 私は、スピードを抑えて、内藤さんを待つことにしたが、途中で電話の呼び出しでストップ。
 8:44 杉本さんから、電波状況が悪くすぐキレる、こっちからかけてもダメなので、あきらめる。
 止まっている間に、内藤さんが来て、そのまま先に行ったので、後を追うことに。
 
「昆虫館」駐車場、自転車を置いて、杉本さんへ電話、通じた。
 時間を間違え、長谷川さんと「泰山木」、逆方向から走るか、そんな話をする。
 毎年のことながら、仕方がない、私も間違いそうだったしね。
 杉本さん、新しい自転車かな? たぶんそうなんじゃない? そんな話に。
 2人で後を追ってくるんじゃないかな、天気もいいしね、走りたいだろうから。
 シャー! っと、タイヤ音? 道路のほうを見ると、赤いロードバイクが走っていった。
 カーボンのハイトリムだと、あんな音がするんですよね。
 一休みして、戻ることにした。

戻りも、二人に任せ最後尾、それにしても温かい、すぐ汗ばんでくる感じだ。
 くだりもあって、時速28キロほど、快調に飛ばしてるってことかな。
 「万代橋」袂に2人、長谷川、杉本さんだ、合流して戻ります。
 橋の上、ストップ、川面を見る、大きな恋が4,5匹、うわ! 大きいのがいるわ!! 丸々太ってるねえ! ここから釣れねえ! 大きくて上がんないだろう! 長い竿の田茂でか! そんな話のひと時です。
 スピードを上げ、先に走る内藤さんを追う。
 「分水嶺」からは、さらにアップし時速36キロ、でも長続きはしない、年ですう!
 頑張ってはみるものの「大野橋」では追いつけず、過ぎてからは息切れ、前に出るように合図。
 杉本、長谷川さんの2人が前に出て、追っていくが、あきらめました、年ですから。
 なんとか、時速28キロは維持しているので、内藤さんは少しづつ近くはなってきているが、それだけだった。
 下道へ入って、何とか追いついた、そんな走り、汗をかいてしまいました。

「泰山木」に着いて、コーヒータイムです。
 店に入る前に、杉本さん新車 トレック ドマーネSL5 眺める。
 ここにチューブなどが入れれる、ダウンチューブ内に格納できるんですよね。
 内藤さんが試乗 感想は? 軽い! それは当たり前、乗った感じは? 時間短くて??
 店内は、いつも通りの賑わいに、なんとなくほっとする感じだ。
 途中に、高橋さん登場!! 遅れたわけでなく、用事があって遅くスタートした、とのことでした。
 新車の話題とか、アシスト自転車の話とか、もちろんコロナでの学校休みの件も。
 私も、少なからず、孫の面倒を見ないといけない、そんな関係ですので。

終わった後に、杉本さんのバイクの再設定をする。
IMG_2968.jpg
 さっきの走りで、サドルが少し低い感じだったので、5mmほど上げ乗ってもらう、いい感じだね。
 縁石の所で、ひざとペダルの関係をチェック、問題ない。
 ハンドルステムを、いっぱいまで下げる(25mm)事にした。
 サドルとの高さの差が、28mmほどになり、フォームもロードバイクの感じになり、OK! です。
 ワイヤーの取り回しが、あまり気に入らないが、オイルデスクということも有り、簡単に修正できないので、しばらくそのままですね。
 しっかり決まってから、考えることにした。

天気もいいので、第2ラウンド、じてんしゃのビックに用事あり、車でなく自転車で行く。
 ついでに、「安八 百梅園」と「墨俣 しだれ梅」「つりびな」を見てから行くことにした。
 ジャケットを着なくてもよいかな? 迷うほどの温かさ、一人サイクリングです。
 「根尾川」堤防に上がると、南からの向かい風、これが温かさを持ってきているんだろう。
 日曜日のこの時間(12:00にチャイムが鳴ってた)の割には、車が多いように思う。
 風はこのままかなあ? でも帰りは楽か! そんなことも頭に。
 「21号線」手前あたりからかな、風向きが変わり、西風に、やっぱり帰りは向かい風?
 「新幹線」下をくぐって「安八郡」、梅の花を目指す車は、ない感じで、少し不安になる。
 看板を見て左折、?? 通行止め? 自転車は問題なくそのまま、警備員の横を抜ける。
 小さな橋を渡って駐輪場へ、観光客はいるが、バイク3台、自転車は、無しだった。
 琴の音楽が流れて、それなりにお客がいるので、安心したね。
IMG_2974.jpg
 裏の公園へ、梅の花を見学です。
IMG_2969.jpg
 何とか綺麗に咲いているようです。
IMG_2972.jpg
IMG_2971.jpg
 腹が減ったので、ほうれん草のうどん(300円)を食べて腹ごしらえ。
 次の目的地へ。
 反対側の、東側から出るが、こちらも通行止め、込み合うので、車は、南側の駐車場へ案内している感じだね。
 三日月形の「パナソニック」の建物の横を通って、「墨俣」に入る。
 先ずは、「光受寺」のしだれ梅を見ることに。
IMG_2983.jpg 
 満開というより、少し遅かったかな、下に花が落ちていたから、でも綺麗ですねえ!
IMG_2982.jpg
IMG_2981.jpg
 「陣屋」跡に行って、”吊りびな” を観賞です。
IMG_2986.jpg
IMG_2984.jpg
IMG_2989.jpg
 ”ネズミの嫁入り” なんてのもありました。
IMG_2990.jpg

もう一つの目的、「じてんしゃのビック茜部店」に行くことです。
 「長良大橋」を渡って、「31号線」さすがに車が多い。
 斜めからの追い風に吹かれながら、快調に走って目的地、予定のものを手に入れ、戻ります。
 帰りは、やっぱり向かい風、コースを考えたが、向かい風は変わりなさそうなので、車で来るコースにした。
 「泰山木」に戻って、時間を見ると3:00、45分くらいで走ってきた? 意外と早かったな。
 腹も減ってきていたので、ここで、食事をして家に戻ることにした。

今日の走行距離は、おはようサイク 36キロ、 その後 42キロ 計78キロ。
 暖かくて、冬のジャケットは、いらない感じだったけど、次回はどうだろうね。

おはようサイク 20-11

2月29日(土) 天気 曇り
続けて3回、雨のために走れなかったので、久しぶりって感じだ。
 どんよりとした曇り空、雲の切れ目がない、いかにも冬空、それほど寒くはない様子だ。
 フラットロードを車に乗せ、コンビニへ寄り、集合地へ。
 参加者 9名 (後藤、飯沼、今木、多和田、長谷川、和田、尚大、田中、私)

”新型コロナ” の件もあり、参加者は少ないかな? と思ったが、いつも通り集まった。
 話題は、やっぱり ”コロナウイルス” の事だったなあ。
 今木さんは、鉄チンロードを乗ってきたが、チェーンに油がなかったりブレーキがおかしかったり、尚大さん久しぶりなので、チェーンの動きが悪く、注油から始まったりで、スタートが9時になってしまった。
 
下道でウオーミングアップ、堤防に上がって「下座倉大橋」を渡って左折、走りながら、コース打ち合わせをする。
 スタートが遅くなった事も有って、”Bコース” 追加走り自由、葬祭場下の駐車場休憩! になった。
 そんなんで、先頭から最後尾に移動、このまま行こうかな? って感じ。
 「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川堤防」、北に向かうと、いつもと同じように、向かい風を少し感じる。
 時速18キロほど、みんなゆっくりしていると言うか、先頭田中さん、その後ろが飯沼さんです。
 まあ 久しぶりなんで良いか! そのまま最後尾から、ゆっくり走ることにした。
 「神戸大橋」下をくぐって再び堤防、ここからは、縦1列になって、少しスピードが上がって来た。

「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、私は、ゆっくり走ってタイミングを合わせ、止まらずに通過する。
 スピードが上がって、Y字路を左堤防に入ると、少しして、飯沼、今木さんが遅れてきた。
 大変そうなので、前に出て引くことにしようと、前に出てスピードを時速22キロにする。
 すると、最後尾になった今木さんが前に出てきて、そのまま追い越し、前を走るグループを目指す。
 私に任せて、走るぞ! って走り、今回は、任せてもらうことにする。
 向かい風! というより、空気が動いてる! 波がないので、同じ抵抗がある感じだ。
 後ろを気にしながら、時速21~22キロ保つ、と言うより、足が回らないんですよ。
 昨日、「ゆ~みんぐ」に行ったらジムが臨時休業、今週は、1日しか運動してないからかなあ。
 それでも、汗ばんできているのは、温かいせいなんだろうね。

「三町大橋」下をくぐって、中間堤防、前のグループの姿は見えない。
 「揖斐川堤防」の上白いウエアーのサイクリスト、和田さん? 遅れるわけないよなあ!
 私らも追加走りすべく、左折し橋を渡って右折、堤防へ。
 相変わらず、風の抵抗を感じながら、走る、後ろの飯沼さん、大丈夫な様子だ。
 「前島橋」手前、もう少し行ってみますか? いけそうなので、「井口橋」まで行くことにした。
 堤防の反対側前方に、白いジャージのサイクリスト、この状態で走れば、帰り追い越されるだろう!
 そんな話をしながら、頑張って「井口橋」到着です。

Uターン、やっぱり楽に走れる、なんとなくの追い風ってことだ。
 スピードは無理に上げずに、時速24キロほど、飯沼さんも大丈夫なようだ。
 「前島橋」まで戻っても、だれも追い越してこない? 向こう側を走っている? 追加してないか?
 そんな心配をしながら、下道へ入って、「303号線」を横切り、トンネルへ。
 坂を下りながら、駐車場を見ると、人影が見えない? 俺たちが早い? それとも行ってしまった?
IMG_2966.jpg
 飯沼さんはトイレ、みんな入ってしまったようなので、小休止程度で、戻ることにした。

「三水川」水が少ないが、透き通っていて綺麗、カモが少なくなった感じ、帰ったのかなあ!
 政治? の話をしながら、二人だけのサイクリングです。
 菜の花がぽつりぽつりと咲いている、春が来ているんだね。
 明日からは3月、集合時間も8:30から7:30の、夏時間になります。

「泰山木」に着く、みんなの自転車があって、やっぱり遅かったんだね。
 みんなに話を聞くと、追加走りは、和田さんが、「川口橋」を回ってきただけで、他は、Bコースだった。
 2番目に長い距離を、最年長の2人が、走ってしまった。
 元気なことはいいことです! コロナウイルスに勝つには、免疫力を上げることだもんね。
 「ゆ~みんぐ」のジムが、臨時閉鎖になったし、サイクリングは外なので、いいかもしれないが、喫茶店もダメになるのかな。
 平日の運動は、河川敷でのジョギングに・・ まだ寒いかなあ!
 とにかく、運動を続けないとね。
 みんな、負けずに、頑張りましょう!!

おはようサイク 20-10

2月15日(土) 天気 曇り
寒さも一段落した感じ、ネックウオーマー無し、ウエアーは何時もと同じだけどね。
 明日、輪行サイクで乗る、折り畳み自転車を考えたが、雨の様子なので、フラットロードにする。
 「真大橋」手前、道路が段になっている所で、10名のロードのグループとすれ違う。
 同じ色のジャージの人が前後に、あとはチームジャージではなかった。
 コンビニへ寄って、パンとジュース(210円)を買って、集合地へ。
 参加者 10名 (後藤、多和田、飯沼、清水、和田、田中、今木、長谷川、内藤、私)

天気は良く無いけど、参加者が多い中、清水さんが、切り替えがどうも・・ 確認する。
 11段コンポを自分で載せ替え、乗って来たのですが、何かしっくり来ない様だ。
 メンテスタンドに乗せ、切り替えの確認をする。
 インナー、インナーでは、フロントデレーラーのガイドに、チェーンが当たっており修正。
 アウター、アウターでも、フロントデレーラーのガイドに当たるので、修正。
 リヤの切り替えは、ほとんど問題なし、フロントも問題なし、終了です。
 走って居ての不具合が有れば、再度調整することで、スタートする。

2組に分かれて、「谷汲」コースを考えながら、下道から「下座倉大橋」へ。
 橋を渡って左折、堤防コースに入る。
 「ゆ~みんぐ」を回り「揖斐川」堤防に入って、コースの確認をしながら、後ろへ下がる。
 「井ノ口橋」からの何時ものコース、「揖斐校」裏からのコース、だが誰が行くかわ、判らずだ。
 私は、「揖斐校」にするつもりで、中間ほどの位置で、走って居た。
 高速道路の下をくぐって、「平野庄橋」東交差点でストップ、みんな一緒になった。
 
走りだして、Y字路を左、堤防道路に入って、清水さんが横に来て、コースの再確認。
 なんとなく、私も「井ノ口橋」コースになってしまった感じで、スピードアップ。
 後の事は、今木さんらに任せて、清水さんの後ろに付く。
 時速29キロ、この状態なら・・ と思いながら走るが、少しすると、30キロになってきた。
 後ろにも誰かいる感じ、多和田、和田さんくらいだろうけどね。
 フロントはインナーなので、リヤがどんどん小さくなって、時速31キロ、ケイデンスは95回ほどだ。
 「三町大橋」下をくぐって、中堤防橋の手前、清水さんが後ろを、私は、左への合図をする。
 橋を渡って右折、後ろは? やっぱり予想の2人だった、きついは!
 ドロップハンドルと違って、どうしても体がたってしまうのか、風を受ける感じがする。
 何とか「井ノ口橋」までは・・ そんな感じになってきた。

「前島橋」「岡島橋」もほとんど止まらず、休む機会無し。 
 足もそうだが、呼吸がきつくなってきてしまい、「井ノ口橋」の途中で息切れ。
 後ろにいた、多和田さんが2番手に着き、私はちぎれてしまいました。
 いたはずの和田さんは見えず、もっと前で遅れた様子だった。
 「井ノ口橋」右折、信号交差点引っ掛かり、さらに離されてしまう。
 時速27キロくらいで頑張って走り、「303号線」を過ぎたところの交差点、左から黒いワンボックス、止まるかと思いきや、そのまま横断、こっちは急ブレーキ、こら! どこ見て走って・・! つい怒鳴ってしまった。
 田んぼの中何もない交差点、車が見えてたので、ブレーキに手をかけていた為、助かりました。
 
トンネル前の上り坂、上の方にサイクリストが見えた。
 誰かわからないけど、頑張って居るなあ! とか思いながら、坂を上り切り、トンネルへ。
 向こうは車道、こっちは歩道を走り、でも少しづつ間が詰まって、清水さん? いやそれはないかな。
 トンネルを出たところで、向こうが止まった、清水さんだ! なんかあった? 横断して止まる。
 クランクが・・ あ! 蓋が無くなってる! ボルトが緩んだ? 工具を取り出す。
 2本とも完全に緩んだ? いや締まってなかった感じのゆるみだ。
 ギヤ側から、手でたたいて横の抜けを確認し、ボルトを締めこんで、とりあえず終了。
 和田さんが合流、2人が先に走りだし、工具をしまって遅れて走りだす。
 朝そこまで確認しなかったからなあ! とりあえずセーフだね。

「昆虫館」駐車場、「揖斐高」からのグループもついて休憩中、合流です。
 走ったわー! でも息切れギブアップだった! そんな感じで、休憩水分補充です。
IMG_2963.jpg
IMG_2965.jpg
 汗もしっかりかいているので、体を冷やさないように、遅かった私が、休憩を切り上げます。

今木、飯沼さんが先に道路に出たので、後に続いて出る。
 途中で追い越されるのは、わかっているので、そのうち最後尾になる。
 時速25キロ程だから、76歳の飯沼さん、良い感じだ頑張ってるよね。
 
「万代橋」を渡って右折、だらだら上り坂、清水さんが前に出たので、後を追ってスピードアップ。
 ここだけは頑張れる、時速32キロ! 上り切ったところでアウト! ガス欠? と言われながら、最後尾へ。
 適当に、空腹感もあり、今日の走りは終了! って感じだ。
 最後尾から、少しの向かい風の抵抗を感じながら、風景を楽しんで走ります。

体が冷えないように、時速は24キロ程になってきたが、ケイデンスは97回ほどです。
 ラジコンヘリコプターをやっている人、野球をやってる人、寒い中、みんなそれぞれ楽しんでいる。
 河原の砂利回収も、そろそろ終わりのようで、大きな木もなくなって、広々としてきた。
 マウンテンバイクで遊ぶのは、最高かもね。
 そんなサイクリングを楽しんで、「泰山木」ゴールです。

今日も、お客さんで一杯だね。
 私らの為に、8人席のお母さん2人が、移動してくれました。
 明日は、雨で「知多半島」サイクリングは、延期になってしまった。
 今年初めての、サイクリング中止ですなあ!
 ”新型コロナウイルス“ 60歳以上の私たち、怖いですが、こんな時にこそ、日ごろの運動が大切です。
 持病を持たずに免疫力を高めておくこと、これが1番かな。 (どこで感染するかわからないもんね)
 頑張らねば!!
 

大野ポタリングクラブ 2月 「梅林公園」

2月 9日(日)
「パレットピア大野」 10:30 強風ですが、「岐阜 梅林公園」まで、走ります。
 参加者 9名 (内藤、今泉、本庄、杉山、高橋、杉本、那波(お孫さんと2人)、私)

前回走った、53号線の南側をコースに、「小柿新田」の交差点で23号線を横切り、「北方町」へ。
 「北方体育館」南の道路から「武橋」を渡り、「長良川」下堤防道路を。
 「大繩橋」を過ぎたところで、向かい風にもなってきたので、小休止の後「忠節橋」を渡る。
 少し遠回りになるが、「大繩橋」の登りがきついので、避けたのですが、向かい風だったね。
 157号線を走って、「本郷町1」の交差点を左折、中央に並木の有る、片側2車線の道路を東へ。
 山に突き当たるまで行き、道なりで右へ、次の信号「殿町2」を左折、石畳風の道路に入る。
 左側に「瑞龍寺」の門を見ながら直進、「梅林公園」の標識、左へ入ると、目的地です。
 思ったより順調に、追い風と言うのもあるのかな、時間もかからなかった感じだ。
 岐阜市在住の、那波さんとはここで合流でした。

北側が山になっているので、比較的風も弱く、日当たりも良いので、家族ずれの人や、自転車でのカップル(年寄りも含め)多い。
IMG_2950.jpg
 思ったより、早咲きの梅が多く、良い感じで咲いている。
 先ずは、記念写真を
IMG_2943.jpg
 蝋梅もまだ咲いて居ましたが、さすがに花が茶色の所も
IMG_2945.jpg
 白い梅の花
IMG_2944.jpg
 ピンクも綺麗だね。
IMG_2948.jpg
 D51の機関車、綺麗になってました、周りが工事中で、近くに行けませんでした。
IMG_2946.jpg
 みんなそれぞれに、歩き回って梅の花を見学、白い花にも、いろんな種類が有るんですね。
 
次の目的地 “味噌カツ“ に向け、走りだします。
 北道路を走り「殿町2」交差点を直進、西へ。
 「神田町4」から「柳瀬」 「ドン・キホーテ」の側! 探してくる! 内藤、那波さんが頼りです。
 ありました! 2つ目の目的地 ”おいしい味噌カツを食べる!” です。
IMG_2953.jpg
 朝から何も食べていない私、エネルギー切れ寸前、厚切り味噌カツ定食、1500円だ。
IMG_2951.jpg
 うわ! 大きいし分厚い! ちょっと大きすぎた?
 柔らかくてうまい! 2切ほど助けてもらったが、完食!! でした。
 なんか、前に曲がるのがきつい、腹いっぱいでした。
 那波さんとは、次回もよろしくお願いします! と言う事で、此処で別れる。

「大繩橋」を渡った方が近いので、そこに向か走っている間に、コンビニでコーヒーを! とのリクエスト。
 ポタリングクラブの良い所、どこでも寄って休憩してしまうんです。
 すると、古民家の喫茶店寄らない? ってリクエストがあって、それじゃあ!! ってことになるんですねえ。
 そのまま、53号線から、92号線を西に、「市民病院」を右に見ながら通過です。
 向かい風など忘れてしまった感じ、久しぶりに見る風景でした。
 77号線交差点手前「鹿島町8西」交差点を右折し、77号線を横切り、「173号線」に入る。
 少し走ったところで そこそこ、右側よ! 本庄さんの声。
 黒い大きな屋敷風の建物(隣は郵便局かな)昔の庄屋屋敷みたいだね。
IMG_2954.jpg
 入り口には、しゃれた看板? みたいなのが
IMG_2958.jpg
 中に入ると、結構広いが満席状態だ。
 居段高くなっているところは、畳敷きで、靴を脱いで上がる事になった。
 テーブルの中心には、囲炉裏が有って、鍋がつるしてある、昔風。
 さすがに、柱や天井が、そのままですごくやわらげる感じだった。
IMG_2960.jpg
 コーヒーもおいしく、つまみの小ぶりなタイ焼きが、またお洒落だね。
IMG_2959.jpg
 最高の癒しの気分を味わって、良い休憩でした。

「河渡橋」を渡って、92号線の北側の道路を走る。
 「高屋白木」辺りから、北に向かうところで、高橋さんと別れる。
 その後は、北コースをたどって、帰路の走りでした。
 さすがに、帰りは向かい風の連続なので、女性陣は、少々きつかったようです。
 それでも、笑顔で「パレットピア大野」に、無事到着でした。
 走行距離は、26キロ程、良い感じですね。
 梅の花、みそカツ、それに美味しいコーヒーを堪能、最高ですねえ!
 大野ポタリングクラブ 3月のクラブランは、8日(日)ですよー!
 どこへ、どんな目的で行こうかねえ!!
 

おはようサイク 20-09

2月 9日(日) 天気 曇り 北西の風強い
起きだすと、ヒューヒューと風の音がする、これは寒そうだなあ!。
 玄関の外に出ると、風が強い、ラックから自転車を持ち上げ、車に乗せ様としたら、ふら付いた。
 西の山の方は、雲が低く垂れていて、冬独特の空模様だ。
 第2ラウンドが有るので、「パレットピア大野」に車を止め、そこから自転車で、集合地に行く。
 参加者 7名 (多和田、清水、今木、飯沼、高橋、杉本、私)

風が強い、例年なら何時もの事、今年は初めてだね! そんな話になる。
 ”大野ポタリングクラブ” の例会の日なので、Bコースを走る事にした。
 20インチ折りたたみの多和田さん、24インチ折りたたみの今木さん、クロスバイクの杉本さん、フラットロードの私、ロードは清水、飯沼、高橋さん、バイクも色々だ。
 「下座倉大橋」を渡って左折、追い風が良いねえ! 一人で走ってしまう感じだ。
 でも「ゆ~みんぐ」を回ると、最悪の強い向かい風、これはきついなあ!。
 スタートしてすぐ、ヘルメットのベルトが閉まってなく、止まったので最後尾です。
 高橋さんが先頭、後ろが杉本さん?その後ろは少し間がある。
 清水、多和田さんが前、先頭は大変な走りになりそうだ。

「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、先の2人は、青信号で通過したようだ。
 いつの間にか先頭になり、そのまま走りだす。
 少し走ったところで、清水さんが前に、少しづつ離して行った。
 「グライダー練習場」辺りで、多和田さんが先頭に、さすがに体力あるは、折り畳みだもんな。
 しかし、途中でスピードが落ちてきたので、先頭交代です。
 フォームが立っているので、この風はきついです。
 時速20キロ、頑張れば、もう少し上げれると思うが、飯沼さんも居るので、無理をしません。
 
「三町大橋」下をくぐって、堤防に上がったところで、後ろを確認、飯沼さんが遅れた。
 皆に先に行ってもらい、スピードダウンして待つと、何とか問題なく来ました。
 時速19キロ程で前を走り、「303号」横切って、トンネルへ。
 飯沼さん、トイレに直行は何時もの事だが、家から自走なので、仕方ないよね。

山が邪魔して、風は少し弱くはなっているが、やはり寒い。
 さあ! 強風と寒さを体で表現する!
IMG_2931.jpg
 いい写真が撮れました。

寒くなってきたので、早々に切り上げて、戻る事にしました。
 「野」の直線道路、6人ほどのチームとすれ違う、向かい風に向かって頑張って走って行ったぜ。
 せっかくだから、追い風を味わおうと、「大野橋」へ行く事にした。
 「総合運動場」多くの人がいたので、なんかイベントが有ったようだ。
 この辺は、追い風に吹かれて快調に走る。
 時間を確認、第2ラウンド集合時間、10:30分、私だけ「大野橋」袂で右折、直で「パレットピア」へ向かう。
 しばらくは追い風、時速32キロで走るが、「薮川橋」辺りから、横風になってしまった。
 速度は少し落ちたが、時間前に「パレットピア大野」に到着でした。

強風の中でのサイクリングでしたが、問題もなく終了です。
 走行距離 26キロ でした。

おはようサイク 20-08

2月 8日(土) 天気 曇り
予報通り、朝から気温が低い感じ、顔を洗う水も冷たい。
 顔を洗う前に、コップの水を口に含んでうがい、それからコップの水を飲む。
 コップ1杯の水を、難なく飲めたら調子が良い、もう何年もやってる事、今日も良い感じだ。
 とにかく1週間が早い、もう土曜日? って感じ、それでも走るのは、休まない。
 寒いので、薄手のネックウオーマーを着用(今年はこれで間に合っている)する。
 参加者 (後藤、和田、西川、清水、田中、私)

昨晩の運動の後は残っていない感じだが、メンバー的には、早い走りになりそうだった。
 寒い事もあって、余りはしりたそうな感じではない様子。
 清水さんは、二日酔いだ! とか言ってるし、「小野坂トンネル」から「谷汲」へのコースになる。
 「泰山木」の裏側、下道をウオーミングアップ走行。
 堤防に上がって「下座倉大橋」を渡って左折、さすがに寒く、涙が出てくる。
 少し早くなり「ゆ~みんぐ」を回って、「揖斐川」堤防に入った途端に、北西の風、向かい風だ。
 「揖斐川堤防」北西に向かうので、「三町大橋」下をくぐって、「303号線」までは、完全な向かい風だね。
 強い向かい風では無いが、寒さと相まってか強く感じる。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号にて停止、再び走り出すと、清水さんが前に出て走る。
 付いて行く元気無し、二日酔いのはずが関係ない見たいだ、離されていく。
 他のメンバーもその気はない様子で、後ろに付いたままだった。
 とにかく、26キロ程で走る事にした。
 普段から、後ろについて走らないので、風を受けて走るの離れているが、きついねえ。
 
堤防とお別れし、「303号線」町に向かって少し走り、工事中の交差点、警備員の指示に従って、右折する。
 田んぼの中を走って、いよいよ上り坂、そのまま先頭で入ります。
 それほど急では無いが、くねくねとカーブしていて、長さも適当にある。
 ギヤを2枚軽くし、60回ほどのケイデンスで、上り始める。
 カーブを曲がって、下を見ると、皆も頑張っているのが見える。
 そのまま先頭でトンネル、休もうかとも思ったが、寒いので、そのまま走り切る事に。
 下りは直線的だが、すぐ平坦になってしまう、こっち側が高いせいだ。
 30キロ、29キロとすぐにスピードが落ちたが、頑張って走り、「谷汲」交差点前、なだらかな登り途中息切れ。
 最後はだらけて「昆虫館」駐車場到着、中をぐるぐる回って、遊んでいると、和田さんがまず到着だ。
 その後少しづつ遅れて、皆が到着、清水さんは追加走りでの到着だ。

皆はベンチのような椅子に座って、何時もの様に休憩、私は立ったままうろうろ。
 西川さんは、長岡さん走りますねえ! って言いながら、バナナを食べて居る。
 潰れてるんじゃ・・! 暖かくなってる? とか、冗談話。
 後藤さんが、紙細工の箱の様な物を見つける、(ふたを取るとびっしりと箱が重なっている)
IMG_2961.jpg
IMG_2962.jpg
 自由にお持ちください! とあるので、お土産にする事に。
 清水さんが、サコッシュを持って居たので、6個ほど持ってもらう事にした。

戻りは、最後尾ですが、途中で遊んでしまった。
 「万代橋」を渡って右折、なだらかな登りを頑張って走ろう! 追い越しにかかったすぐ、大きなファンの音。
 ダンプが後ろに居たんだね、気が付かずに追い越しをかけてしまいました。
 とりあえずよけて、そこから時速30キロ超、坂を上って終えた所で、終了!! です。
 「分水嶺」手前でまた最後尾に下がって、「根尾川」堤防へ。
 向かい風の雰囲気の中、清水さんらがスピードアップ、和田、田中さんが置かれる。
 適当に間が空いたところで、私が後を追うつもりで、スピードアップし「大野橋」の所で、追い付く。
 交差点を渡ったが、後ろは着いてないので、またスローダウンです。
 和田さんが先に来て、前の方へ、田中さんを待ってその後ろへ、これで最後尾だ。
 前の田中さん、時速26キロ、やっぱり向かい風、頑張って走って居るのが判る。
 でも、良いフォームで走る様になったね、ペダルもいい感じで回っている。
 少しすると、25キロから上がらなくなって来たので、 代わります! と言って前に出る。
 これくらい頑張れば、今日は良いかな! と思って、引く事にしたんです。
 初めから早かったからね、でもどんどん走れる様になって、今年の目標は「琵琶1」ですから。
 最後の坂を30キロで上り、スピードを落としながら下道に入ると、田中さんが前に出る。
 私の方が、早めにクールダウンしてしまった感じだったね。

コーヒータイム、”バイシクルクラブ” を見ていた、西川さん、ロードのEバイクの話題に。
 とにかく、浸透するより進化する方が早い、そんな感じだ。
 価格もそうだが、重さ、大きさ、走行距離など、どんどん進化して来て居る。
 そんな話から、今日の走りに話題に、「昆虫館」休憩時、バナナを食べていた西川さん、正月にかけ、体重を2キロほど落としたそうで、エネルギー不足を補うのに、食べている、との事だった。
 どんだけあるの? 53キロかな! 少しやせ過ぎでないの? 年寄りは少し太り気味が、長生きする!
 俺は72キロあるけど、減らない! 俺は61.5キロから変わらずだ! とか。
 私は、”おはようサイク” 前は、パン1個とジュース(夏、7:30は食べない)食べるだけ。
 皆は、朝食を食べてきている感じだ。
 何年か前、TVにて、体の脂肪燃焼をする体に・・・ ある程度空腹の状態で運動、蓄えた脂肪を使う様に仕向ける。
 やり始めは、戻る途中で、エネルギー切れだ! とか言ってたけど、最近はほとんど無くなって来た。
 冬時間の、8:30は、最初から腹が減って居るので、パンを1個食べる様にしている。
 ほとんどのメンバーは、走り終えモーニング、昼飯は、別で食べる様子だ。
 走りの話になって、ケイデンスの問題に、昔は、ゆっくり踏んで早く走る、これが常識だった。
 現在は、”ペダルを軽く回す” に変わって来ている。
 何時もどれくらいで走って居るの? 97~100回ほどかな。
 90回が、エネルギー消費が少ない!、と言われているけど、プロの人らは、110回とか120回で走るみたい。
 イベントなどで、長い距離を走る時に、90回で走る為に、普段は、100回位で走らないと、走れ無い。
 回すとスピードに着いて行けない! それはバランスの問題、軽過ぎるギヤで回すから。
 足の力と、回転のバランスで、ギヤを変える。
 それも、最初から、100回も回したら、すぐ息が上がってしまう。
 今、70回位なら、80~85回程になるギヤで、走って見る。
 回数を重ねると、息が楽になって来るので、そうしたら90回とか95回にする。
 スピードを上げたり、落としたりせずに、ぎやを1枚軽くし、その分回す。
 私は、時速20キロでもケイデンスは100回、時速28キロでもケイデンスは100回、で走る。
 遅い人とでも、練習できるし、早く暖かくなるので、冬場は特にお進めだ。
 ケイデンスが少なく、踏んでいると、長い距離を走る時、同じ筋肉を使うので、そこだけ疲れてしまう。
 ケイデンスが多い走りだと、疲れたら、少なくし踏み、使う筋肉を変更出来るので、疲れにくい。
 足がつってしまう人や、膝が痛く成る人も、有効だと思う。
 歳だから回らない! とは言うけど、練習すれば、出来る様になる。
 やって見るか! そうですよ!! って事で、次回が楽しみですねえ!!

おはようサイク 20-07

2月 2日(日) 天気 曇り
暗いうちから目が覚めて、しばらく布団の中で、うつらうつら、時計を見て起床だ。
 順調に走れているので、何となく ”休みたい” 頭の片隅に。
 そんなんで、自走でなく自転車を車に積んで、家を出る事にした。
 駐車場には1番に着いた、すぐ後に後藤さん、後は来ないので二人だけ? 良かったです、来ました。
 本当に久しぶりの、渡辺さんが来てくれました。
 参加者 7名 (後藤、和田、高橋、内藤、渡辺、今木、私)

何年かぶりの参加、渡辺さん、同じ時期に始め多和田さん、ともに懐かしい話だ。
 乗ってきたバイクが、クロモリロードバイクなので、自転車談義もする。
 今木さんが来て、これで最後だろう! と言う事でスタートです。

「下座倉大橋」を渡って左折、”遡りたくない感じなんだけど!” ”Bコースにしない!” 皆賛成!!
 元気な人は、追加走りで「葬儀場」した駐車場休憩! と言う事になった。
 そんな話をしている間に、「ゆ~みんぐ」を回る。
 後ろに下がったので、先頭は高橋さんが、向かい風を感じる中、頑張ってくれた。
 高橋、和田、後藤さんの3人が、先頭グループ、病み上がりの内藤さんを含んで、4人が後のグループだ。
 思ったより、向かい風が有る感じ、あとのグループの先頭に出る。
 前のグループとは、どんどん間が大きくなって行く。
 
「平野庄橋」東交差点、私らのグループは、赤信号で停止、さらに間が空いた。
 走り始めて、前のグループを追う事を伝えて、1人スピードを上げる。
 前のグループは見えない、「川口橋」までには何とかなるだろう! とは思って頑張る。
 向かい風を感じながら、時速27キロ、これが精一杯だ。
 少しづつ間を詰めて行けば、何とかなるだろうが、先頭交代してるかな? だったらきついね。
 
「三町大橋」下をくぐって、中堤防前方に赤いジャージが見えた。
 和田さんが赤いジャージだが、一人ならおかしいので、知らない人だと思った。
 「揖斐川」堤防に入って、間を詰め追い付く、和田さんだった。
 前に出てそのまま引くことにしたが、2人は見えない。
 それにしても頑張ってるなあ! と思いながら「前島橋」、下道からの合流点、看板の裏に高橋さん?
 交差点の信号が青だったので、そのまま通り過ぎる。
 後ろに和田さんを確認、「岡島橋」を渡って反対側へ。
 とにかく、こうなったら「川口橋」行くぞ! って感じで、反対側を走る。
 途中、男性サイクリスト、おはようさん! と、言いながら追い越す。
 時速27キロ、何とか維持できている。
 「朝鳥公園」そのままスルーし、「川口橋」を渡って右折、きつい!。
 後ろに和田さん、高橋さんの姿は見えず、付いて来て無いかも。
 
戻りは楽だろう! と思ったが、何んと向かい風を感じる。
 時速28キロしか出ない、参ったですねえ。
 心拍数も上がって、足にも疲れが出てきている感じだ。
 それにしても、和田さんが着いて行けなかった? トイレ? そんな事を考える。
 後藤さんの姿が見えなかったし、そんな事を思いながら、走ってた。
 「岡島橋」交差点、停止の小休止が、有難い。
 下道に入っても、なるべくスピードを変えずに、「303号」交差点を過ぎ、トンネルへ。
 坂を下って、左側駐車場に入る、和田さんトイレへ。

後藤さんを含め、後ろのメンバーもみんな到着していた。
 確認すると、後藤さんは、高橋さんに着いて行けず、Bコースに変更した、との事。
 ちぎれてのは、後藤さんが早く、その後に和田さんが、ちぎれたんだ。
 どんだけのスピードで走ったんだ、30キロ越してたよ!
 27キロで、和田さんが、付いて来たんだもんね。
 そんな話をしているところに、来ました、高橋さんです。
 追い付けずに、1人で「川口橋」回ってきた! との事だった。
 本当に、覚醒してしまった感じですね。

自転車談義、フレームサイズの話題、今木さんが、私のバイクと渡辺さんのバイクを並べて、見ている。
 フレームサイズが、1サイズ違うって感じだ。
 トップチューブ1本分上下する、と考えても良い感じです。
 ヘッドとトップチューブ、ダウンチューブの付け根、指が何本入るか? で、大きさが判る。
 ホリゾンタルのクロモリフレーム、簡単な大きさの見分け方だ。
 簡単に言うと、私のは、指2本で520mm、渡辺さんのは、指1本で500mm。
 和田さんのは、指1本だが、510mm、との事だ。
 480mmになると、シートの方が少し下がっているのかな。
 そんな話で、休憩タイム終了です。

戻りは、「三水川」堤防をサイクリングです。
 川面には、また増えた感じの、カモが見られる。
 大きさや、色の違うのが見受けられるので、何種類かいるんだろうね。
 久しぶりに、泳ぐ2匹の姿も見られたよ。
 頑張って走った後の、クールダウンを兼ねて、のんびりとサイクリングを楽しむのは、最高です。
 ウオーキングの人も多く、挨拶を交わしながら、と言うのも良いですよね。
 柿畑では、消毒作業が始まったようです、すぐそこに春が来てるのかもね。

しばらくぶりの渡辺さん、
IMG_2924.jpg
 続けて来てくださいよ!

コーヒータイム、9日の ”大野ポタリングクラブ” のクラブラン、19日のクラブラン。
 梅の花がどうのこうの、「知多」の距離がどうの、楽しいですねえ。
 今年は、1回も雨で流れてないので、少し心配です。
 今日は、高橋さんに誰もついて行けなかった! これが問題ですね。
 それにしても、どうなってしまったんでしょうね。
 

おはようサイク 20-06

2月 1日(土) 天気 曇り
例年通りの寒さになった感じ、寒く感じながら、トイレを済ませて、着替えをする。
 ネックウオーマーを付けて、寒さ対策をすることに。
 参加者 9名 (後藤、和田、飯沼、西川、田中、杉本、多和田、清水、私)

「泰山木」駐車場で、それぞれ走る準備、多和田さんが、白いコードでなんかやっていた。
 聞いてみると、寒いので、買ってあったヒーター付きのグローブ、だとの事。
IMG_2916.jpg
 皆も興味津々、電池? バッテリー? どこにある? 暑くなり過ぎない? ダイヤルが有るんだ! とか。
 ただ、バッテリーの有る所は、前のファスナーの横、ファスナーの所からコードが、皆で大笑いだった。
IMG_2919.jpg
 自家発電だ! そう言われると、私のバイクは、ハブダイナモ付きなので、出来るかもね!。

走りだす前に、1話題あって、寒い中だったけど、和やかな感じでスタートです。
 堤防下の細い道路でウオーミングアップ、堤防に上がって「下座倉大橋」を渡り左折。
 さあ! 行きますか! って感じで「ゆ~みんぐ」を回ると、向かい風だ。
 寒い! 目から涙が出て来た。
 頑張って「谷汲」コースにするか。
 多和田、清水さんを中心に、「谷汲」コース、私、飯沼さん中心で「揖斐高」から、「昆虫館」休憩です。
 
2人の後に、和田さんらが続くと思っていたが、誰も後を追わず。
 何時ものように、先頭は私に。
 飯沼さんも居るので、時速22キロ、ケイデンスは97回だ。
 風切り音がうるさい、周りの草木はほとんど動いてない感じなんだけどね。
 何時もの年だと、「谷汲」へ輪路面が濡れてたりして、あまり行かないが、今年は雨が降らないからね。
 暖かいせいもあるし、距離が長くなってしまう傾向だね。

「三町大橋」下をくぐって、後ろの皆を確認する。
 飯沼さんが遅れたので、コースを確認してもらい、皆は先に行く。
 私は戻ってすぐ、飯沼さんが来たので、Uターンする。
 「303号線」にそって少し走って右折、峠越えです。
 上で待てば・・ と思って、先に走る事にした。
 トンネル手前、後藤、西川さんが、前に見えてきたが、結局追い付かず、トンネル前で待つことに。
 思ったより早く、飯沼さんが登ってきた、さすが元気が良いね。
 そのまま休まずに行ってしまうからなあ、トンなる出たところで、皆が止まって休憩でした。
 休まずに通過し、下りに入ってスピードが上がる。
 登りの距離から比べると、短いので、あまり楽しくはない下り。
 平地になると、和田、杉本さんらが前に出て走って、「昆虫館」駐車場に。
 追い付いたあ! 清水、多和田さんの2人が、後ろに。

寒いためか、自販機の ”おしるこ” を買って、暖を取ってるメンバーも。
IMG_2923.jpg
 皆は、座っているが、私はいつものように、立ってうろうろしながら、ペットのお茶を飲んだり、写真を撮ったりだ。
 寒く成って来たんで、戻ろうか! ちょっと待って、トイレ行く! 戻ったら誰も居なかったりね!
 戻ったところで、走りだします。

戻りは、最初に走りだした飯沼さんが先頭、私の後ろに清水さんがいる。
 ケイデンスは100回、少し間をあけ走るのは、何時もの事だ。
 誰も追い越さず、76歳の飯沼さんが先頭、気い使ってるねえ。
 「万代橋」のところ、川原に釣り人? そうか! 今日は、アマゴの解禁日だ!
 放流場所なので、釣り人が集まって釣っているんでした。
 「万代橋」を過ぎ右折したところで、清水さんが前に?? いやしらないサイクリストだ。
 その後ろに清水さんが、すると多和田さんも、張り合って離れて行った。
 やっぱり、このスピードは寒くなってしまうもんね。
 
「分水嶺」を過ぎると、向かい風の感じだ、残念!!
 後藤さんらもゆっくり走って居るので、少し練習することに。
 ケイデンスを上げ、スピードアップ、115回、30キロ、行け=! って感じ。
 「大野橋」手前でスピードダウン、皆を待って交差点を横切る。
 その後も、2度ほど、ケイデンス120回、32キロ、30秒ほど運動する。
 遊んでしまった感じ、たまに、思い切って回すのも必要だからね。
 多和田、清水さんみたいに、対抗心持って追いかけたりするのも、面白いもんね。
 その後は、スローダウンし、何時もの位置最後尾です。

2席に分かれてコーヒータイム、向かい側の多和田、飯沼さん。
 熱心に話が進んでいる感じ、話題が共通したんだね。
 私は西川さんと、自転車談義、ロードのディスクがどうのこうの、とか。
 こんな話題になると終わらなくなってしまう。
 8人席の方は、先に終了、私らは、少し遅れて終了です。
 そうだ、その前に、飯沼さんが、スマホを取り出して、スマホデビューでした。
 ラインをつなぐにもわからず、内藤先生がいないとダメだ。
 いよいよガラケイが無くなるか?

こんなんで、最近 ”おはようサイク” の中身が、覚えてなくなってきた。
 土、日の事が混じってしまったり、反対になってしまったりで、そろそろ限界かな?

 
 

おはようサイク 20-05

1月26日(日) 天気 曇り
予報が雨! 走れないかな? と思いながら床に就いたが、何とか走れそうだ。
 まだ、雨や雪での中止がなく、全部走れているからなあ!
 参加者 7名 (多和田、高橋、箕浦、杉本、和田、内藤、私)

このメンバーだと、早くなるかな? そんな事を考えながら、「谷汲」コースです。
 「ゆ~みんぐ」を回るところから、高橋、箕浦、杉本さんが前に出て走る。
 今日も良い感じで、頑張りそうだな! と高橋さんを見て思った。
 最近は、本当に積極的に、前に出て走る様になった、また走れるしね。
 向かい風は、思ったよりある感じ、でも草木はほとんど動いてない。
 
「平野庄橋」東交差点を過ぎると、杉本さんが置かれて、私が前に出る。
 このままどこまで行く? どこかでスピードダウンするんじゃないかな! と思っていた。
 横に多和田さんが出てきて、そのまま前へ。
 前の2人に追いつき、少しすると先頭へ。
 離れるのでなく、先頭を引く形なので、これは落ちて来ないと判断、後ろを確認すると、誰もいない?
 スピードダウンし待つことにし、杉本さんが来たところで、スピードを少し上げる。
 「三町大橋」の所で、内藤さんと合流、走りだすが、端の所でBコースに行ってしまった。
 
杉本さんと「揖斐川」堤防を、和田さんがいない? トイレ? 遅れだろう。
 前方に1人、ちぎれた箕浦さんのようだ。
 それでもなかなか追いつかない、こっちも22キロ程だもんね。
 「井ノ口橋」右折、追い付くつもりが、3か所ともに信号交差点で停止、離れてしまった。
 とにかく、頑張って走るしかない、茶畑の所で、前に1人多和田さん? 箕浦さんは見えず。
 坂を上ってトンネル、下ってギヤを変えて、スピードを上げ、そのまま「昆虫館」へ。

和田さんが先着、少し遅れて杉本さんが来た。
 前に見えた白いウエアーは、多和田さんではなかったようだ。
 遅れて、箕浦、高橋さんが来て、さらに遅れて多和田さんが到着です。
 皆やる気で、多和田さんが1番奥まで、高橋さんは「朝鳥公園」、箕浦さんは、坂の手前でトイレ休憩。
 和田さんは、昨日の私と同様で、トイレ遅れから「揖斐高校」の方からだった。

帰りも同様に、スピードが速かった。
 杉本さんが居るので、それほどとは思ってなかったのだが、彼が頑張っている。
 箕浦さんや高橋さんも同様に、走ってるもんね。
 「分水嶺」からも、当然のように30キロ、踏んで走ろうと思って、フロントは外側、リヤを14Tで来た。
 少し足に来ているので、フロントを内側に変更、ケイデンスを90回ほどにした。
 「大野橋」横切る時に、3人遅れてしまう。 (車が止まってくれて会釈してわたる)
 先頭にいた多和田さんがスピードアップ、和田さんが後に着くがすぐちぎれてしまった。
 私も遅れて後を追い、和田さんを追い抜くが、前のグループには追い付かず。
 多和田さんが追い付き、先頭を引いた時点で、諦めですね。

最終的には、前のグループで、着いて行けなかった、箕浦、杉本さんに、最後追い付くのがやっとでした。
 こんな走りをすると、ロードとフラットロードの重さの違いが、効いてくるのが良く判る。
 前傾姿勢の空気抵抗が、大きく違うんだろうね、大変です。
 それにしても、珍しく、今回は、和田さんがダメだったねえ。
 そんな事を思いながら、軽く流して、ゴールです。

コーヒータイムは、自転車の話。
 ロードバイクが、ディスクブレーキ化してきている。
 確かに、雨の日でも、ブレーキの利きが落ちないのはありがたいですね。
 オイルディスクは、車輪を外した時に、キャリパーのパッドの間に、ローターの代わりになる物(ついてくる)を挟む。
 車輪のない状態で、ブレーキを掛けたりすると、パッドが閉まってしまい、開かなくなってしまう。
 車輪のローターを、何かに当たらないようにする。 (曲がってしまうので)
 車輪をはめたときに、隙間が無くなってしまうんだけど! そんな話も。
 ワイヤー引きの場合は、片側しか動かないので、動かない方はほとんど隙間がない感じ。
 湿気が多い日何かは、キイー! っと、虫の声みたいな音が出る事も。
 オイルディスクは、両側動くので、同じ隙間ができる感じです。
 ダメな時には、車輪再度入れ直しする、それでもだめなら? 自転車屋さんだなあ!
 その後は、Eバイクの話題。
 どんどん進化しているねえ! 走れる距離が190キロ! モーター、バッテリーが小さくなった。
 形も普通のロードバイクと変わらなくなってきたし、価格も安くなってきた。
 丁度、私らが必要になる時は、もっと格好良く、安くなるなってるよ!
 そんな話で、終了でした。
 走行距離が、36キロ? 昨日も同じ? どっちかが間違っているかも。
 
2月16日(日)
 2月のクラブラン  ”知多 輪行サイク” 予定です。
  「穂積駅」発 7:25 ~ 「大府駅」着 8:14
   * 「大垣駅」からの人は、列車の時間を合わせてください。
   * 車の人は、「大府駅」 8:15 です。
 
 

おはようサイク 20-04

1月25日(土) 天気 曇り
今年も、1週間が早い! もう土曜日? って感じだ。
 何時ものサイクリングウエアーに着替え、バックとヘルメットなどを持って玄関へ。
 フラットロード、そう言えば、バイシクルクラブ部に出てたな、ロードバイクをドロップからフラットへ・・。
 確かに、頑張らずに乗れるかもね、でもヘルメットが困るかな、私は、ロード用と分けてるけどね。
 車に積み込んで、家を出て堤防へ、河川敷に男性がウオーキング、みんなそれぞれ運動してる。
 参加者 9名 (和田、長谷川、田中、後藤、箕浦、飯沼、今木、西川、私)

家を出る時や駐車場に着いたときは、暖かく感じたが、自転車を準備していると、寒くなってきた。
 なんとなく、風向きが変わったようで、ネックウオーマーが欲しくなってきた。

風も、雪もないし、山門に鬼が出来たので、またくぐり、「谷汲」コース頑張って行く事にした。
 最年長2人がそろうのは珍しい、ウオーミングアップ中も話してる。
 マウンテンの今木さんもいるし、時速22キロかな、そんな事を考えながら「ゆ~みんぐ」を回る。
 草や木が揺れてる感じはないが、風切り音が変わって、自転車が重くなった感じだ。
 
長谷川、和田、田中さんが前に出て先に行くが、その他は居ない?
 思ったより風の抵抗が大きいようだ、22キロで後ろが離れてしまった。
 風の波がないんですよね、同じペースで空気が流れている、そんな感じです。
 「平野庄橋」東交差点赤信号で停止、皆がそろったが、無理は出来ないようだ。
 ペースを少し落とし、21キロ程、グライダー練習場あたりで、近道「揖斐高校」から行く? 事にした。
 Bコースの途中から、303号線を少し走って、交差点を右折、高校の北東に出る。
 さあ、山登りです! どっちにしろ山わ超えないと、行けないんですよね。
 しばらく来ないと、長く感じるが、トンネルを見てほっとするねえ! 皆を待って、坂を下ります。
 
「谷汲」信号交差点を直進、参道を上ります。
 レンガ敷きのガタガタをお尻に受けながら、ゆっくりと坂を上って行きます。
 参拝者は、季節柄少なくて、問題なくそのまま走る事が出来た。
IMG_2910.jpg
 山門前に、大きな赤い鬼が仁王立ち
IMG_2905.jpg
 それぞれに、またくぐりをした後に、写真を
IMG_2907.jpg
 先に行ったと思った田中さんが来ました。 (和田、長谷川さんは先に行ったようだった)
 参道の途中、なじみのおばちゃんの店で、甘酒を飲んで小休止です。
IMG_2909.jpg
 2人とは、「昆虫館」で合流、トイレ休憩の後、一緒に戻ります。

何時ものように、最後尾になる。
 「谷汲口」辺りから、飯沼、田中さんの2人が離れてしまった。
 4メートルほど後ろを、私が走って居る、そんな状況で「万代橋」を渡り、「分水嶺」へ。
 「根尾川」堤防に入ると、意外なことに向かい風を感じる。
 前の2人、先頭は飯沼さん、田中さんが先頭で頑張れば・・  思っていたら、前に出ました。
  (戻ってからの話、向かい風だったので、最年長の飯沼さんに、前を走らせられない・・ と思って、だった)
 チームで走る所のいい部分なんですよね。
 遅い人が居たら、助けてやる、自分にとっては、良い練習にもなる。
 すべてでなくても、ダメになったら後ろに下がればいい、誰かが変わってくれる。
 そうしていると、力がついてくるんですよ、自然にね。
 「大野橋」を過ぎると、少しスピードが落ちてきました。
 蛇行するようにもなってきたので、疲れてきたようにも思うが、ペダリングはしっかりしている感じだ。
 それを見ながら、前に出るのをやめる事にした。
 せっかくなので、行けるところまで行こうと思ったんです。
 「薮川橋」を過ぎ再び堤防に上がる、さすがにスピードダウン、後ろに追いついてしまった。
 前もって間を多く開けたんですが、ダメでした。
 ま、此処まで来たらもうすぐなので、また少し離れて後ろを走ります。
 すぐ前に今木さんの姿が見えてきた、マウンテンも向かい風には勝てない感じだね。
 下道へ入って、田中さんと今回の走りについて話しながら、クールダウン。
 すると、“手放しで走れないのは、自転車がおかしいんですかね?” の質問。
 それで出来ない場合もあるけど、実は、私もできないもんね。
 指1本で軽く支えては乗れるけど、今木さんのように、長くは手放しできないよ!
 自転車の問題でなく、出来ない人はいるんですよ!
 これだけ乗れるのに? (田中) 練習すればできるんだろうけどね! (私)
 今のところ必要がないから、特に気にはしてない!
 そんな事を話しながら、「泰山木」ゴールです。

コーヒータイム、今日は、8人席では足らず、2か所に分散しての休憩だ。
 箕浦さんと、運動(ジム)での話、お互いにエアロバイクに乗っているんです。
 彼は、150W? (確かではない) で、85回ほど回して、息が上がってくると、回転数を落とし、20分ほど乗る。
 私は、130W (もちろんウオーミングアップはする)ケイデンス100回にし、心拍数が155回になったら、120Wにして、再び心拍数が155回になったら、110Wにして、合計40~45分やる。
 155になったら死んでるでしょう! そうそう、最高心拍数過ぎてるもんね。
 (220から私の年齢、72歳を引くと、148になる、箕浦さんは、144だものね)
 でも150なら別に問題ないもんね! 意見が一致です。
 ケイデンスが、85回ほどなら、ウエイトを落とした方が良いかも。
 足を動かす方が、私ら年寄りには良い、心拍数が上がってきたら、またウエイトを落とす。
 心拍数を気にしている人はいない感じだけど、それを意識することが、大切なんじゃないかなあ。
 そんな話題で、コーヒータイムが終了でした。
 

クラブラン「多度大社初詣」サイク!

1月19日(日) 天気 快晴
雲一つない最高の天気になった、きりっとした寒さ、風も無く最高のサイクリング日和だ。
 「泰山木」にて、朝食を・・ 7:40ごろに家を出る。
 駐車場に着くと、夏の集合時間に来てしまった辻さん、モーニングを済ませ、車の中に。
 モーニングの途中後藤さんも来て、一緒に腹ごしらえです。
 参加者 9名 (後藤、高橋、西川、清水、辻、平田、多和田、長谷川、私)

多和田、長谷川さんの2人は、現地集合になっているので、7名でスタートする。
 清水、西川、辻さんの3人で前のグループ、そのほか4人で後のグループとした。
 堤防道路の工事はまだやって居る様なので、「海津橋」を渡って反対側、サイクリングロードを走る。
 西川、後藤さんが詳しいようなので、道案内をすることになった。

風はなし、きりっとした寒さを感じるが、日の温かさも感じる。
 「揖斐川」堤防を南下、相変わらず、変束レバーは空うち状態が続いて居る。
 アップダウンは、橋の下をくぐって、再び堤防へ上がる、これ位なので、何とかなるけどね。
 それにしてもいい天気だ、雲一つない澄み切った青空です。
 先ずは、新幹線下をくぐり終えたところで、小休止だ。

ここからは、前を任せて、何時ものように、少し間をあけ最後尾で走る事にした。
 風よけがないだけ大変だが、速度がぶれてもあまり気にせずに走れるので、楽なんですよ。
 サドルを交換してきたので、尻の痛みは無いが、ハンドルとの間が長く感じる。
 サドルの高さは、昨日低く感じたので、5mm上げたので、足の感じは良い感じなんだけどなあ。

「腹束大橋」信号機赤で、私と平田さんが停止、そのまま行ってもらうよう合図。
 離れてしまったので、走りだしてすぐに、前に出て引くことにした。
 フロントを外側に、時速30キロから31キロ、さすがにロードだけある。
 こんな走りも、たまにはいいもんで、年を忘れてしまう感じだ。
 前のグループが少しづつ大きくなってきた。
 「今尾橋」の間が長いので、何とか追いついた形になった。

堤防道路、工事中で下道の予定だったが、すぐ下の道を走れるので、そこを走る。
 車はほとんど来ないし、結構幅が有るので、交差点も少ないし、良いコースだ。
 ここは、後藤さん育ったところ、2人で話しながら走って居る内、前のグループと離れてしまった。
 「海津橋」手前で堤防に上がって、橋を渡って左折するも、工事中で街中へ。
 堤防に出るべく、途中左へ入るが、お寺の駐車所で行き止まり。
 何とか堤防下の道路に出るが、メンバーは見えない。
 大分離れた感じ、コースは後藤さんが判っているので、そのまま走って居ると電話。
 高橋さんからで、?? 「海津橋」に上がる所で、私らが近道をして、前に出たみたいです。
 後藤さんは先に行ってしまうし、西川、清水さんとは合流するも、高橋さんらは別の所に。
 何とか電話をして、堤防の上で合流、走りだします。
IMG_2886.jpg
IMG_2887.jpg
堤防道路、途中舗装が悪かったり、未舗装部分もあったりだった。
 下道に後藤さんを探しながら、最悪神社合流だな、って感じだ。
 「油島大橋」下をくぐったところから、下へ降りて、田んぼの中を走って、「多度北小」の所へ出る。
 ここで、西川さんらと合流(ぐるっと堤防を回ってきた)走って行くと、後ろから、多和田、長谷川さんが合流です。
 「多度大社」前に到着、後藤さんとも合流できた。
IMG_2889.jpg
自転車をおいて、先ずは記念写真を。
IMG_2891.jpg
 まだまだ参拝客は多い、さすがに「多度大社」って感じだ。
 「本殿」に参ります。
IMG_2896.jpg
 隣の「別院」えも
IMG_2894.jpg
 戻って、社務所の所で、甘酒をいただきます。

腹も減ってきたので、喫茶店で昼食。
IMG_2898.jpg
IMG_2897.jpg 
 多和田、長谷川、平田さんの3名は、「養老鉄道」のサイクルトレイン旅へ。
 私らは、「お千代ぼ稲荷」へ寄って帰る事にした。
 
「木曽三川公園」まで戻って、北側から「218号線」を走る。
 心配した向かい風もそれほどではないので、時速26キロです。
 このメンバーなので、これ位は大丈夫、俺の方が大変かもね。
 清水さんや西川さんが居るから、行けるところまで行ったら、変わってもらえるだろうしね。

「お千代ぼ稲荷」さすがに人が多い。
IMG_2900.jpg 
IMG_2902.jpg
 串カツはどこも行列が、とりあえず、腹は減ってないので、並ばず。
 草餅を食べて、戻る事にした。
 
車の少ない道路を選んだので、あちこち曲がりながらの走りになるが、仕方がないね。
 主要道路は、時速27キロ、細い道路は25キロ程です。
 結局は、そのまま先頭を走ってしまった感じだ。
 「十九条」清水、後藤さんが「鷺田橋」方面へ、私らは、右へ曲がって、高橋さんは家の側で別れました。
 「泰山木」に到着は3人でした。
 西川さんとはコーヒーを飲んで、一休みをして、別れる事にしました。
 途中、バラバラになってしまったが、道案内をする人が、慣れてないと、こうなりますね。
 曲がる時に、どこで合図するか、離れた場合は、どこで待つか、が問題になって来る。
 信号交差点を通る時も、全員通過したかを確認する。
 ダメな場合は、速度を落とすか、止まるかをし、後ろの人が来たことを伝える、とかね。
 先頭と最後尾の人との連絡も、大切になって来る。
 何度か先頭になって、覚えて行く事なので、皆でやって行ってほしいですね。
 今回の走行距離は、86.7キロ 良い感じでのサイクリングでした。