おはようサイク 20-64

11月15日(日) 天気 曇り
 参加者 4名 (和田、多和田、高橋、西川)
 「泰山木」スタートし、「根尾川」を遡り、戻るコースを逆に言ったのかな。
 「来振寺」の横から、「万代橋」袂より「谷汲口」~「昆虫館」。
 「谷汲」の交差点から南へ、「大谷トンネル」から「三水川」沿いを走った感じだ。
 走行距離 28.93km 平均速度 22.3km/h  最高速度 53.8km/h

 ご苦労様でした。
 次回は、一緒に走りますので。

私は、「根尾」~「馬坂峠」~「徳山ダム」~「藤橋」~「揖斐川」でした。
 山の紅葉には、ツーリング車だ! と思っているので、ツーリング車を準備する。
 コンビニでおにぎり、パンを買って・・ マスクを忘れた! 家に戻った。
 おにぎりを食べ、ついでに、サドルが柔らかかったので(ブルックスの革サドル)、調整する。
 そんな事で、再出発の時間が、9:00になってしまった。
 「来振寺」の上り坂、クロスバイクの男性に追いつき、しばし話しながら走る。
 同世代かな、「樽見」の手前まで・・ 遅いので、先に行く事にした。
 「根尾断層」の所でトイレ休憩、「薄墨桜」は見ずにスルーです。
 「270号線」「大門橋」を渡って、「根尾川」沿いを走り、いよいよ上りだ。
 走り出して、30キロを過ぎたところ、10キロほどあるんだっけ。
IMG_3615.jpg
IMG_3619.jpg 
 頂上のトンネルだ! 
IMG_3625.jpg
 暗く狭いトンネル、対向車が来たら・・ 後ろから車が来たが、どうしようもない。
 此処からは下り、すぐ「ダム湖」が見えてきた。
 紅葉も最高! ただ、道路が濡れていて、枯葉も有って滑りそうだ。
 ツーリング車でよかった感じ、スリップに注意しながら、下り下りる。
IMG_3632.jpg
 橋から見る、紅葉は最高でした。
IMG_3636.jpg
 「藤橋会館」着いたのが昼なので、レストランが一杯、ソバはあきらめる。
 写真を撮って、走りだします。
IMG_3639.jpg
IMG_3641 (編集済み).jpg
 下って「徳山ダム」、ここも結構観光客が多い。
IMG_3644 (編集済み).jpg
IMG_3645.jpg
IMG_3646 (編集済み).jpg
 また下って、「藤橋村」で休憩。
IMG_3647.jpg
IMG_3649.jpg
 食堂で昼食、出なくアマゴの塩焼きを買って、持ってきたおにぎりを食べる。
 此処も同様に、駐車場は、ほぼ満杯な様子。
 ただ、予想外なのは、バイクツーリングは多いようだが、自転車が見られない。
 こんないい季節なのに、1台も見られないなあ!

 休憩を終え、戻る事にします。
 途中工事中で、片側通行で信号停止だったりだが、紅葉の風景を楽しみながら、「藤橋道の駅」腹も減ってないので、通過します。
 ?? 旧道が通行止め、仕方が無いので、そのまま直進、トンネルへ。
 「303号線」を「久瀬」まで走らざるを得ない。
 しかし、ここからの旧道も、工事中通行止め表示、止が片側なので、行って見る。
 ダメだったら戻るつもりだったが、工事も休みだったので、無事通過出来た.
 橋を渡って反対側へ、ここからは問題ないので、気楽に走る事が出来た。
 此処で、同年代の男性、クロスバイクに追いつく。
 「谷汲」まで車で来て、そこからサイクリング・・ との事。
 そんな話をして、お別れです。
 何時ものコースを走る感じ、「岡島橋」~「葬儀場」~「大野町」内へ。
 家に着いたのは、15:45 でした。
 走行距離 91.2km 平均速度 14.6km/h
 高度上昇 1884m 
 紅葉が、最高に良かったですねえ!

おはようサイク 20-63

11月14日(土) 天気 晴れ
6:30起床! 思ったより寒く無い朝、今日は、元気に走れそうだ。
 空気は抜けてない、クモの巣も無し、自転車を車に積み、いざ出発です。
 途中、パン、ジュースを買うために、コンビニへ寄り、「泰山木」へ。
 参加者 7名 (和田、今木、多和田、西川、後藤、飯沼、私)

何と無く、温かい感じの中、ウオーミングアップ、今日の今木さんは、鉄ちんフレームロードです。
 ジャイアント24インチ折りたたみ、チェーンリング交換後は、良好な様子だ。
 今度は、このロードバイクの整備を・・ などの話をしながら、ゆっくり走る。
 その後、後ろに下がって、コース「谷汲、昆虫館」休憩を、打ち合わせです。
 天気は問題ないし、あとは風次第! ってとこだろう。

「ゆ~みんぐ」を回って、「揖斐川」堤防に入ると、やっぱり向かい風でした。
 これからは、これが普通になるんだろうけどね。
 時速を上げ20キロへ、ケイデンスも90回以上にする。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、皆一緒になり、青信号でスタートです。
 Y字路左へ、入った所で、今木さん前え! と言って、前に出てもらう。
 和田、多和田、今木、西川さん(このときは、後藤さんもと、思っていた)が、離れていく。
 私ら3人で、「茶畑」コースになる感じだ。
 この向かい風、飯沼さんが前ではきついので、このまま前を走ることに。
 時速21キロ、ケイデンス100回以上のギヤにして、運動! 運動!
 2基のグライダーが、並んで飛ぶ準備をしている。
 上から見る景色は、どんなんだろう。
 「三町大橋」手前で、後ろの飯沼さんが、「揖斐校」コースで良いかな? の問い、良いよそうしようか! 変更です。
 やっぱり、この向かい風は少しきついかもね、時間の事も有るし。
 
「303号線」交差点、を直進して、田んぼの真ん中、里山の風景、山が紅葉してきた。
 私は、止まって写真を撮る。
IMG_3609.jpg
 遅れて、坂を上り始めたすぐ、若い男性サイクリストに、追い越される。
 年寄は、無理せず慌てずだ、前方に飯沼さんが見えるが、後藤さんは見えない。
 何とか飯沼さんを追い越し、トンネルはスピードダウンして、待つことにした。
 トンネルを出てすぐ、飯沼さんが来たので、前を走ってもらうことに。
 やっぱり下りが良い!! でも意外と短いのです、ここは。
 下り終わると、飯沼さんいわく、長く感じるコースだ。
 ジワリと登っているんですよね、最後の「谷汲」交差点までは、しっかり上ってる。
 私は、交差点を直進、山門まで行ってみる。
 大分、紅葉が進んで、赤くなっている、観光客も多くなっている感じだ。
IMG_3610.jpg
 送迎用の3輪車とともに
IMG_3612.jpg
 写真を撮って、戻り「昆虫館」へ。

駐車場にある車も、何時もより多い感じだ。
 水分補給をし、トイレに行って、時間を確認すると、10時だった。
 そろそろ行かなくては、と思いながら、和田さん等に、モーニングの予約を頼む。
 何か有ったら、11時にはゴール出来ないので、10:05飯沼さん走り出します。
 走り出してすぐに、和田さん等に追い越されるのは、何時もの事だ。
 
飯沼さんが、快調に走って居るので、間をおいて後ろを走る。
 違うのは、後ろに後藤、今木さんが居る事かな。
 「分水嶺」の所は、工事中? 古くなったからなのかもね。
 快調に走っている、時速24キロにも、ケイデンスが120回に。
 110回ほど回さないと、遅れてしまう、良い運動です。
 このままだと、余裕でモーニングに間に合う。
 「藪川橋」手前で、無理をし過ぎないように、時間を知らせる。
 最後スピードが少し落ちたものの、問題なくした道へ入る。
 「泰山木」ゴールは、10:45 余裕だね。
 
店内は、結構にぎわっている感じだった。
 8人席に座って、コーヒータイムの休憩、世間話で終わったかな。
 明日、紅葉を見に行くつもりだが、都合が悪く、私一人になる。
 22日(日)は、「横蔵」「谷汲」で、紅葉を見てくるつもりです。
 終了するときには、お客は誰もいない状態だった。

おはようサイク 20-62

11月 8日(日)天気 曇り
暗いうちから目が覚める、やっぱり年なんだなあ! 寒いので、そのまま。
 時計を確認し、起床! 昨日の疲れも残ってないし、走る準備をする。
 上は本気の冬支度ではなく、少し薄手の長袖、ベストを羽織るので、大丈夫だろう。
 車で家を出て堤防へ、道路が濡れている、夜雨が降った?
 途中、6人ほどのロードの男性とすれ違う、走りそうな集団だったね。
 パン、ジュースを買って、駐車場に向かった。
 参加者 11名 (後藤、和田、多和田、志知、平田、今木、西川、内藤、高橋、児玉、私)

久しぶりの、志知、平田さん、人数も多く、久しぶりの11名になった。
 今回も、治った? 大丈夫ですか? って心配され、ありがとうさんです。
 ワイワイガヤガヤの中、「昆虫館」休憩! だけ、打ち合わせスタート。
 ウオーミングアップ、時速17キロでも、皆遅れてる。
 スピードを落とし、グループ作りの打ち合わせへ。
 「茶畑」コース、「揖斐校」コース、「大谷トンネル」コースとか。
 最後尾の、内藤、児玉、高橋さんグループと話し、スピードアップ。
 前のグループは遅く、そのまま先頭へ、来た来た! え! 待ってたの? って感じだ。
 そのまま先頭を走ることに、時速22キロ、ケイデンス95回。
 兒玉さんは、内藤さんに任せて、少し走るか! と思いながら、「平野庄橋」東交差点。

青信号で走り出す、橋を渡って左折したサイクリスト2人、後ろの1人はゆっくりした走りだ。
 Y字路で止まるもんだから、どうするのよ! って感じで、追い越す。
 黒の服装で、リュックみたいな物を担いでたから・・ でも女性だったようだ。
 前の人は、旦那さんかな、待ってやればいいのに、道が分からなかった?
 こっちはスピードを上げ、時速26キロ、ケイデンス105回。
 向かい風が有るので、これが限界、「三町大橋」までかな。
 途中からギヤを変え、ケイデンスを95回へ、心拍数が上がってきた。
 体も暖かくなり、ヘルメットの中は汗ばんできた。
 それでも何とか、目標の所まで・・ 頑張れえ! ってことです。
 「三町大橋」手前で、右にずれて 先頭交代! です。

「三町大橋」下をくぐって、中間堤防は、少し遅れて走る。
 前の5人が、左へ曲がる、「茶畑」だな と思った。
 前を走る今木さんは直進、「揖斐校」コースだろう。
 左手を出し、左折? 前のメンバーが堤防でなく、下道を走っている?
 何だ? 「揖斐校」コースかよ! と思いながら、「揖斐川」堤防へ。
 後ろは西川さんのみ、2人で「茶畑」コースだ。
 
西川さんは、マラソンを終えての参加、時速24~5キロなら大丈夫。
 このまま先頭で引くことで、行く事にした。
 間が空いて2日目、思ったより体が動いている。
 向かい風が有るので、前傾姿勢を強くとると、お腹が邪魔になる感じがするけどね。
 ケイデンスを97回ほどにし、心拍数もそれ程では無い。
 「岡島橋」を過ぎ、そのまま堤防を走る、何とかいけてる。
 フラットハンドルなので、曲げている肘が少し痛くなってきた。
 それでも空気抵抗を少なくする為、前傾姿勢は崩せず、頑張るしかない。

「井ノ口橋」袂を右折、下って青信号、スピードを上げ、ぎりぎり通過。
 「303号線」交差点、水分補給を考えたが、青信号なので通過でした。
 直線「広域農道」少しづつ登りになる、すれ違うサイクリスト、下りがうらやましい。
 ギヤを1段づつ落としながら、トンネル前の登りに入る。
 後ろを確認、西川さんが遅れてしまったようだ。
 息を切らしながら、坂を上り切って、右側歩道に入り、トンネルへ。
 此処も登って居るので、出るまで頑張って、そこで待つことにした。

出たところで、少し待つと、西川さんが来たので、後ろから走り始める。
 下りは、踏まずにペダルを平行にし、お尻を後ろに下げ、出来るだけ空気抵抗を無くして下る。
 直線的な下り、思いっきり楽しむしかないんです。
 時速34キロ位になった所で、ペダルを回し始める。
 もちろん、フロントはアウターに変えてあり、スプロケットも3枚ほど戻してある。
 時速30キロで行くか! やっぱり疲れてるんだろうな、時速27キロほどだ。
 間をあけ、ギヤを変えて、ケイデンスを上げる。
 皆「昆虫館」着いたかな? こんなことを思いながら、「谷汲」の交差点です。
 今日も、すれ違うサイクリストが居る、多そうだねえ!
 駐車場到着、内藤チーム3名を除き、皆到着済みだった。

休憩! 走ったねえ!! と言いながら、水分補給です。
 内藤さんらどうしたかなあ? さすがに、姿を見せてもいい時間、何かあったか少し心配に。
 ギヤが変わらない、故障ですかねえ! (志知さん) ヂュラに交換するんだわ! 笑いながら和田さん。
 乗ってないからだわ、爪を動かすところが、硬くなってるだけ、手で動かしてると治るよ。
 俺のトレック1200もそう、乗りながら、レバーを動かすと、たまに引っかかる。
 部品が小さいので、下手に油を射すと、反ってダメになる場合があるので、動かすこと。
 寒くなると、特にダメだけどなあ! そんな話をしながら、皆で休憩タイムだ。

10時を回ったので、内藤さんチームは、まだ来ていないが、戻ることにした。
 ラインも入ってないので、問題は無いだろう、コース変更したんだろう。
 何時もの様に、最後尾から走り始める。

坂を下って、平坦な直線、前方に1里見えるだけ、皆早いねえ!
 少しづつ間を縮め、前が西川さんとわかる。
 「谷汲口」を右折、このまま帰りも2人で、仲良く走ることになりそうだね。
 適当に運動したし、このまま最後尾で、間をあけ走ることにした。
 「分水嶺」の所で、前方に2人の姿が見えた、赤い服、今木さん? 後ろ後藤さん? 位。
 堤防に入って、はっきり2人だとわかる。
 西川さんも、追い付こうとしているのか、頑張っている感じ、途中から縮まらなくなった。
 せっかくだから、追い付こう! と言いながら、前に出て引くことにした。
 時速28キロ、流石に30キロは無理、何とか「大野橋」で追いつく。
 
交差点をスタートの時、がシャッ と、歯飛びの今木さん、やっぱりフロントも駄目なようだ。
 先頭は今木さん、ジャイアント24インチ折りたたみ、時速27キロで頑張る。
 すぐ後ろに後藤さん、4メートルほど離れて私、後ろが西川さんだ。
 向かい風の影響はあるが、スピードが25キロに成ったりしているので、この方がいい感じだね。
 体全体に力が入る感じで、感覚が戻って来たみたいだ。
 やっぱり、健康が第1ですなあ! 走っていると、つくづく感じますねえ!
 「藪川橋」過ぎの登り、思いっきり頑張って上る、心拍数が上がるのも、心地いい。
 つまり過ぎた間を又開けて、堤防を走り切って下道へ。

クールダウンは、西川さんと話しながら、ゆっくり走ることに。
 良い走りでしたねえ! こんなことを言い合いながら、「泰山木」ゴールでした。

店内は、お客さんが多く、窓の側2席に分かれて、コーヒータイムです。
 今木さんが、先週のイベント参加、Eバイクの人が3名ほど・・ の話に。
 パナのEバイク、スタートが後ろから押されるみたいで・・ との話。
 4年程前かな、規格が変わって、スタート時のアシストが強くなったんですよ。
 (スタート時の転倒が多い、との事らしい)
 ママチャリアシストから来ている様だ、スポーツバイクのメーカーはそうでない感じだね。
 登りなどはしっかりアシストが、されているみたいだ。
 まだまだ改良されるだろうから、ちょっと様子見です。
 私等が、走れなくなったころ、良い感じかもよ。
 それまで、金貯めとかないとなあ! ちょんちょん! です。

兒玉さん、遅れて到着。
 なんか、「牛洞坂」を上ったらしく、私最初から歩いた! 見るからに急だもの!。
 私等も好き好んで行かない所! なあんだ! そうなの!!
 ま、とりあえず、問題なかったので、OK! です。

外に出て、今木さん車の、前ギヤを交換する。
 スプロケット、前ギヤ板ともに、後藤さんが譲ってくれたんですよ。
 供回り抑え工具を持って来ていないので、心配しながらボルトを緩める。
 4本は緩み、最後の5本目、ダメでした。
 大きなマイナスドライバー、ダメ、チェーンの長さ測定版、ダメ、プライヤー、ダメ・・。
 最後に、スプリングリング外し、掛かりました。
 見比べてみると、完全に摩耗していることが分かるほどでしたね。
 左が付いていたギヤ板、右が新しくしたギヤ板。
IMG_3607.jpg
IMG_3606.jpg
 スプロケットは、こんな感じでしたね。
IMG_3605.jpg
 良く乗ったんだねえ! 見事に減ってるもんね。
 53Tから、52Tになったので、フロントデレーラーを、3mm程下げ調整。
 ワイヤーを張りなおして、完了です。
 チェーンの遊びもなく、踏み具合も良好でした。

おはようサイク 20-61

11月 7日(土) 天気 曇り
夜からの雨が、そのまま残ると思っていたら、上がったようだ。
 風も治り、走れる体調になったので、走る準備をする。
 ”おはようサイク” 3回抜けたことになる。
 運動が全然出来なかったので、2.5キロほど体重が増えてしまった。
 頑張って運動し、元に戻さないとね。
 集合時間が、8:30になり、腹も減るので、途中コンビニで、パンとジュースを買う。
 参加者 4名 (後藤、和田、飯沼、今木、私)

曇りとは言え、予報によっては、雨が降ってくるのも有りの、怪しげな空だ。
 来る間にも、道路が濡れている所があり、その正価、参加者が少ない。
 準備運動をし、体をほぐしていると、飯沼さんが来た、少し嬉しい!。
 ゆっくり走れそうなので、病み上がりには、最高のメンバーです。
 雨の心配もあって、長くは走れそうにないけどね。
 ウオーミングアップ走行しながら、和田さんと、やっぱり健康が良いねえ! などと。
 体を動かせるのが良い、風邪だと咳き込んだり、熱が出てきたり、大変だ。
 さわやかな風を切って、自転車が最高ですよ!!
 2.5キロ太った! と言うと、そんなの太った部分に入んないわ! と返された。
 
「下座倉大橋」を過ぎる所から、スピードアップで時速20キロ。
 飯沼さんも居るので、上げても22キロまで、どのコースにするか? だね。
 「揖斐川堤防」に入って、北に向かうと、何時もの向かい風だ。
 ケイデンスを90回ほどに成る様、ギヤを変える。
 テニスコートでは、プレーをしている人が、何人か見られるが、静かな感じだ。
 「平野庄橋」東交差点、今木さんが、帰るから! と言って?? 右折して行った。 (用事が有ったらしい)
 本当に、チーム70になってしまった。

雨が降って来た! 後ろの和田さん、私は感じず、位の雨。
 雲の濃い薄いが有り、降ってもそれ程では無いと思いながら、走りを進める。
 Bコースかなと思いながら、せっかく飯沼さんが来たんだし、後ろの和田さんに ”「井ノ口橋」でUターン、火葬場休み、俺ら「厚生病院」まで行くので!” と、前に出て先に行ってもらう。
 これ位の時間差で、ちょうどいい感じになる、そんな計画でした。
 
何と無く、雨がぽつりと降って来たのを感じながら「三町大橋」下をくぐって、中間堤防。
 左折し、橋を渡って右折、再び「揖斐川」堤防に入ると、和田さんが止まっている。
 どうかした? スピードが出てなくて! すぐ走り出して前へ。
 此処からでは、差がつかないので、私たちも、「井ノ口橋」まで行く事にした。

雨は大丈夫なようだし、飯沼さんも行ける! との事なので、頑張ります。
 時速は19キロほど、向かい風を感じるので、少し控え気味だ。
 足は動き出したので、ギヤを変え、ケイデンスは97回ほどです。
 ゆったりと右へカーブし、和田さんが見えるか、戻ってくる頃です。
 橋のたもとが見えたが、和田さんの姿が無い、頑張って「川口橋」まで行った?
 そんな話をしながら、Uターン、走り出した前方に、和田さんの姿?? 途中で、トイレだったようでした。
 
飯沼さん先頭で、時速24キロほどに成る、追い風だもんね。
 こんな風でも、大きく影響する、でも追い風は最高です。
 快調に走って「岡島橋」、堤防から降りて下道、ここは途中から路面が悪く、ガタガタする。
 「303号線」交差点を直進、トンネルを抜け、下って駐車場です。
 
傍の山は、少しづつ秋の山の色になってきた感じだ。
IMG_3603.jpg
IMG_3602.jpg
 話題は、薬の話だったかな。
 久しぶりに病院のかかると、薬の貰い方も判らない! (私) 傍の薬局でなく、ドラッグストアだと、ポイントが貯まる! (和田)
 薬を定期で飲んでる人は、流石に良く知っている。
 コロナ過の中では、体調に気を使わないとね、重症化しないように。
 チーム70は、こんな話が多いけど、勉強になる。

戻りは、「山水川」堤防を走る。
 「大野町」のど真ん中を、南北に流れる、寒くなりカモが増えてきた感じだ。
 今の季節は、桜並木も葉が無く、寒々としている。
 でも、美味しいパンの香りがしたり、ウオーキングの人等と挨拶したり、楽しいコースです。

コーヒータイムは、8人席に、間を取って4人です。
 将来の話、免許を返してしまうと、再度試験を受け・・ なので、持ってた方が・・。
 自動車でなく、東京で試験したが、キックボードみたいな、電動で動くものが出てきた。
 少なくとも、免許が必要、持ってないとね。
 自転車も、倒れなくなるかも知れない、踏まなくて走る。
 自動運転、でも衛星が壊れたら・・ 自分で運転だろう! とか。
 はなしはつきず、きょうはこのくらいで・・。

私、風邪にて、3回欠席! 参加者報告のみ!!

10月25日(日) 天気 晴れ
 ”ツールド西美濃“ コースをサイクリング 
 参加者 5名 (清水、多和田、和田、内藤、西川)
IMG_3588.jpg
IMG_3594.jpg
IMG_3595.jpg

10月31日(土) 天気 晴れ
 おはようサイク
 参加者 6名 (後藤、和田、今木、清水、田中、西川)
IMG_3590.jpg

11月 1日(日) 天気 晴れ
 おはようサイク
 参加者 6名 (後藤、和田、多和田、内藤、飯沼、高橋)
IMG_3591.jpg
IMG_3592.jpg
IMG_3593.jpg

 次回から、走れる様に、頑張りますので!!
 11月のクラブラン 15日第3日曜日
 ”紅葉の「徳山ダム、徳山会館」サイク” の計画をしています。
 コースは、「根尾」から行こうかな? ですが。

おはようサイク 20-58

10月24日(土) 天気 曇り
木曜の午後位から、寒気がして、喉の奥の方がおかしくなり、風邪引きさんになった。
 熱は無いが、動き出すと熱が出る、そんな感じで、とりあえず走る準備だ。
 長袖、タイツを出して、秋の格好で、ジャケットを羽織ると、4枚着る事になる。
 明日は、トレック1500でクラブラン、と思い自転車を車に・・ 前輪パンクしてる! 仕方なく、フラットロードにした。
 参加者 9名 (多和田、長谷川、和田、西川、後藤、今木、飯沼、内藤、私)

今木さん、ジャイアント24インチ折りたたみ、チェーン外れは無くなったが、ガシッと、飛んでしまう! との事。
 スプロケットの小さい方で走るのが多く、飛ぶのもその辺らしい。
 チェーンを新品にしたので、歯飛びをする様だが、3,4枚目でも・・ が少し疑問。

とりあえず、戻ってからと言う事にして、スタートしました。
 風が少しあるものの、割と温かい感じ、但し、なんとなく足に力が入らない。
 コースをどうしたもんか、考えながらウオーミングアップ、「ゆ~みんぐ」を回って、「揖斐川」堤防へ。
 前方に、飯沼さんらしい姿が、遅れて途中合流したようだ。
 多和田さんと、「谷汲」「昆虫館」まで行くので、あんたらでコース決めて! と言う事にした。
 そのまま前に出てもらい、最後尾、皆と少し離れる。

「平野庄橋」東交差点、赤信号で止まった皆に追いつき、一緒に走り出す。
 前のメンバーからスピードが上がり、1列でY字路左へ、飯沼さんが少しづつ遅れる。
 追い付いて、飯沼さんの行けるコースで「昆虫館」行こうか! と声をかける。
 汗をかきたくない状況なので、来てくれたのはありがたい、そんな体調だ。
 グライダー練習場に入る所に今木さん停車、止まると、やっぱり調子が悪い! との事で、乗り換えてみる。
 右ペダルにシューズを嵌め、踏み出した途端 ガシッ!! カラ踏みした感じで転倒。
 踏み出した時に歯飛びした様だ、此処までとは思わなかったので、失敗でしたね。
 ギヤを変えて、慎重にスタートする。
 走りながら、慎重にギヤを変更していく、切り替えは問題ないようだ。
 一応フロントも、アウターとインナーで、スプロケットのアウターからインナーを試す。
 スプロケットのアウターで、力を入れ踏むと、ガシッと音がして、歯飛びだ。
 「三町大橋」下をくぐり、上りでは、スプロケット3枚目でも、歯飛びを起こす。
 少なくても3枚はダメな感じだ。
 24インチ折りたたみ、乗りなれない事も有り、ハンドルがシビアだ。
 一人で前を走っている、飯沼さんに追いつくことにした。
 
「井ノ口橋」袂を右折したところの、信号交差点で、追い付き後ろに。
 「303号線」交差点で停止、今木さんの自転車を戻す。
 今木さんが前に出て、どんどん離されてしまった。
 上り坂の前で、完全に見えないと思ったら、途中トイレに寄ったらしい。
 飯沼さんと2人で坂を上ってトンネルへ、私も1番軽いギヤでした、今日は。

坂を下って快調な走り、「あられ工房」の所のアップダウンも、良い感じだ。
 「昆虫館」到着は、私等が8:55で、先着でした。
 「横蔵」組は、15分くらいに来るかな! と言いながら、休憩です。
 上り坂は大変だけど、そのあとは、こっちの方が楽だね! 短く感じる! (飯沼)
 「揖斐校」の方は、上りは楽だけど、ずっとなだらかに上ってる感じだもんね。 (私)
 特に「谷汲」の交差点手前が・・ そんな話の中、多和田さん到着です。
 10分過ぎ、早かったですねえ! と言うと、「横蔵」行ってないから! の返事でした。
  (「川口橋」から「303号線」に出て、茶畑コース、だったようでした)
 少しづつ間をおいて、皆が到着です。
 今木さんの自転車、Rデレーラーのガイドローラーの引きを強くするように、調整する。
 少しでも、歯飛びしにくいように・・ ですが、どうですかな。

戻りは、何時もの様に、坂を下って平たんになると、飯沼さんと私の2人になった。
 向かい風はあるものの、それほどでもないので、何時もの様に、間をおいて走ります。
 何時もながら、変わらずにしっかりと踏めてる感じだ。
 後ろから見ていても、良いフォームをしていると思う。
 「真大橋」下をくぐって、下道に入ってから、話をする。
 良い感じだ走ってきたねえ! 風が少しきつかったかな! そんな話に。
 まだまだ走れそうですねえ!

コーヒータイム、西川さんから、スポークの話が。
 終わった後に、その自転車に乗るが、自転車自体が違うので、良さが実感できず。
 ダブルバテットスポーク、ステンレスだがチタン色をしている。
 手に入れば、組み換えをしてみる事にした。
 確かに、中央は力が入らないので、細くてもいいんですよね。
 昔乗ってた、ツーリング車がそうだたったんですよ。
 36本、34本スポークで無いとダメかも知れないけどね。
 今木さんは、10速のスプロケット探しです。
 世の中、どんどん変わるので、付いて行けない感じだ。
 風邪ひきさんなので、早めに終了でした。

 

おはようサイク 20-57

10月18日(日) 天気 曇り空
2週続けて、土曜が雨、週1のサイクリングになっている。
 大分寒くなってきて、まだ夏服で着替え、グローブは指ありにした。
 どうしても、足先と手先だけは、冷たくなってしまうからね。
 外に出ると、流石に腕と足に寒さを感じるが、何とかなるだろう!
 参加者 7名 (和田、長谷川、高橋、内藤、後藤、飯沼、私)

後藤さんが、五十肩で肩が調子悪くて・・ 73歳でも、50肩? って言うんだ!
 そんな話から、挨拶が始まり。

長岡さん、傍に来ると風邪ひきそう!! 見るだけで風邪ひきそうだ! 皆にダメだしされる。
 実は、まだ、衣還してないんだよね、こんな時、独り身は、自分でやらないとダメだからね。
 指先は冷たいので、指ありのグローブ、ヘルメットの中帽子をかぶってる、大丈夫だ。
 日が照ってくると、温かさを感じるが、流石に、腕は寒いを感じる。
 寒い事も有り、Bコース! なんて声も出ながら、走りだす。
 堤防に入って、向こうからサイクリスト、飯沼さんが合流です。

「川口橋」を渡って、周回する? 「前島橋」まで戻る、長い方ね。
 戻って「葬儀場」下の駐車場休憩! 下がりながら、連絡をする。
 肌が出ている、腕と足が冷たい、ゆっくり走って居るので、温まらない。
 「揖斐川堤防」に入って、少し向かい風、何時もの事だ。
 テニスコートは、人が少ない、寒さのせい? まだまだいい季節じゃないのかな。
 少し離されて、「平野庄橋」手前、青信号で前のメンバーが、先に行ってしまうか? 赤信号、良かったです。
 前のグループに追いつき、一緒にスタートする。
 
Y字路左へ入り、スピードが上がる、時速25キロ、ついていた飯沼さん遅れる。
 後藤さんと、「川口橋」戻って! と言いながら前に出る。
 先頭長谷川、和田、内藤、私、高橋さんの順だ。
 長谷川さんのお尻の上下動が、小さくなっている、サドル下げたんだな! 
 反対に、え! 内藤さん、お尻が上下動してる? 足短くなったか?
 そんな事を見ながら、後ろを走るが、走りずらいので、間をあけることに。
 風は受けるが、あったまるには、運動した方がいい。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、再び「揖斐川」堤防へ。
 先頭を交代するかと思ったが、そのまま、長谷川さんが頑張っている。
 信号で、止まると、離れるので、間を少しづつ詰めるべくスピードアップ。
 「岡島橋」前で、後ろに着き、交差点を通過する。
 
先頭交代、和田さんが先頭、長谷川さんには、2番目でなく、最後尾に下がってもらう。
 橋区間行けるだろう! そんな事を思っていたら、中間ほどで、交代になった。
 えらい、かっこよく先頭交代したな、って思った。
  (後でわかったが、直後にパンクしたようだ)
 先頭が内藤さんになり、「井ノ口橋」を通過する。
 ?? 左堤防下へ? トイレ? と思いながら、そのまま直進、私が先頭です。
 
順番としては、ちょうどいいかも、「川口橋」からの戻りを、高橋さんに先頭を・・ 考えてたので。
 とにかく時速26キロ、維持しながら走る、そんな意識で頑張る。
 黒い軽自動車、ウインカーも出さずに、右へ、オイオイ! やめてよ!! と言う感じだ。
  (2週目にも、屋敷から出てきた軽自動車、止まりもせず、こっちの声にも反応なし)
 私も、お年寄りですので、車の運転には、十分注意をしたいと思います。
 事故もなく通り過ぎたので良かったですが、びっくりしました。

「川口橋」を渡って、左折、いやにランニングの人が多い。
 「朝鳥公園」で終わりではなく、堤防にもみられる。
 Y字路左へ入る所で、真ん中を走っているランナー、すみません! どっちかにして! と言って追い越す。
 高橋さんが先頭に出る、予定通り、スピードはそのまま、時速30キロだ。
 両側にランナーが走って居たり、中央付近を走って居たり、要注意だ。
 ?? 前方に、黄色の服のサイクリスト? 飯沼、後藤さんチームだ。
 「井ノ口橋」を渡って、戻ったようだ、大丈夫! と言いながら、追い越す。
 あまり追い風ではないような感じ、それでも、時速30キロで頑張っている。
 しっかり走れるようになった、そんな風に思いながら「岡島橋」もう駄目です! で私が前に。

橋を渡って左折、2周目に入る。
 このまま先頭かもしれないが、走るしかない、そんな感じだ。
 時速26キロ、ケイデンス95回、1周目は、100回回してたけど、きつくなってきた。
 体も暖かくなり、汗ばんできた、腕は寒さを感じないくらいだ。
 後ろは高橋さん、先頭交代は望めないかも? そのまま走ります。
 時速26キロ、エネルギーは何とかなりそうだ。
 「井ノ口橋」を通過、スピードを維持し、民家の並ぶコースへ。
 左側民家から、軽自動車止まりもせず出てきた、ビックリです。
 「川口橋」を渡って左折、ギヤを変えてスピードアップする。
 まだランニングの人が見られるので、注意しないと・・。
 疲れてくると、集中力がなくなり・・ 危ない! 中央に出てきた!
 対抗してきたランナーが、下を向いて走っていて、びっくりしたんです。
 問題なかったので良かったですが、注意しないとね。
 30キロが出なくなって、28キロほどに落ち、「岡島橋」に。
 もう1っ周する! と言ったら、もうこれで良いです! と言うので、戻ることにしたが、和田さんは、回ることに。
 
私、高橋、長谷川さんの3人、右折して、下道を走って、Bコースに入ります。
 「303号線、長良交差点」を直進、トンネルへ。
 暖かいね! 外が寒くなって来たので、トンネル内が、温かくなってきたんですね。
 坂を下って左側駐車場、飯沼、後藤、内藤さんが先着で、休憩中だ。
 
内藤さん、トイレ? いや下道走って見たかったの! 走ったことある? いや無いけど!
 こんな会話の間に、腰が動いてるね、足短くなった? ポジションの話へ。
 長谷川さんは、動きが小さくなったね! 下げた? 2センチ下げてみた! そんなに!
 少し大きく下げた方が、解り易いと思って! ペダルは回しやすい感じ!
 ほら、内藤さんも下げてみて! 早速実施です。
 NHKのチャリダーでもやってたけど、最初に合わせた・・ ではダメだよね。
 年を取ると違って来るしね、でも自分では判らないし、後ろから見てもらわないとね。
 1センチほど下げて、はい乗って見る! まだ動くなあ! って感じだ。
 和田さんが戻ってこない、先頭交代の時、パンクしたみたいで、遅れ分を走ったので待つことにした。
 45分まで待って、来ないので、堤防を戻った、と思い戻ります。

久しぶりの「山水川」堤防です。
 左に見える「野古墳群」綺麗に除草してあり、良い感じの風景です。
 柿畑は、夏季のみが黄色になって、いよいよ「富有柿」の季節ですね。
IMG_3586.jpg
IMG_3587.jpg
 交差点をストップアンドゴーを、くり返しながら、ゆっくりとサイクリングです。
 桜並木も、歯が赤くなって、道路に散って来ているし、どんどん秋が深くなって行く感じだ。
 腕が寒くなって来た、もう次回からは、長袖で秋の服装だね。

「泰山木」ゴール、店内に入ると、隣の席にいた夫婦、奥さんが “元気で良いですねえ!” と声を。
 元気だけが取り柄ですね! 年だから、動かないとね! ほんと、そうですよねえ! 年寄同士の会話に。
 ヘルメットを取り、白髪頭で、びっくりする感じですね。
 え? 何事? 飯沼さんとこで、コーヒーをひっくり返したようだ。
 和田さんは、やっぱり先に戻って、モーニングをして、帰ったみたいで、良かったですね。
 内藤さんと、体調についてちょこっと話を・・
 後藤さんは、50肩だし、なんかちょこちょこ出て来る様になった。
 お互い注意せていかないとね。
 釣りに行きたいので、早々に終了でした。

釣りの方は、ウグイが1匹釣れただけ、まだ動きが分かりません。
 エサは上手く作れたのですが、中々上手く行かないですねえ!

10月のクラブラン
 ”ツールド西美濃” のコースを、クラブ員でサイクリングします。
 集合時間 AM7:30
 集合場所 道の駅 パレットピア大野
 走行距離は、全コース走ると、120キロになりますが、天候などの状況にて、短くなるかも。
 回る方向も、当日集合時に、決定します。
 

おはようサイク 20-56

10月11日(日) 天気 晴れた
昨日の朝は、完全な雨、例のごとく「泰山木」で、モーニングでした。
 しっかり天気になって、すっきろしている感じだ、2度寝してしまい、慌てて準備をする羽目に。
 玄関を出て、車に自転車を・・ そうか、後ろにあったんだ! 車を入れ替えし、家を出ます。
 堤防道路、走って帰りのサイクリスト? 追い越しました、疲れてる感じだった。
 やっぱり、ぎりぎりになり、参加者が集まって居ました。
 参加者 10名 (和田、多和田、高橋、杉本、清水、今木、後藤、西川、内藤、私)

半袖短パンは、多和田さんと私だけ、って感じだが、日差しが厚いので、ウオームアーマーを外す内藤さん。
 この季節、服装は、本当に難しいよね。
 このメンバー、この天気、「横蔵」しか無いだろうな! とか思いながら、スタートです。

堤防に入って、日差しがまぶしい、さわやかな風が体に、お腹の部分は、寒さを感じる。
 「横蔵」コース行こうか! 清水さんと話し、確認のため後ろに下がりながら、伝達する。
 ずっと雨の天気だったので、朝の運動も出来ず、体が重そうな感じ。
 「ゆ~みんぐ」を回って、少し間が空く、珍しく前の方が早く、スピードが上がった。
 北西の風?メートル、雨の後の風、結構抵抗がある。
 清水、多和田さんが先頭だと、追い付かないかもね。

「平野庄橋」東交差点、青信号で走り出す?? 内藤さんストップ トイレ、コンビニ行く・・ で右折です。
 コースを変えて、「昆虫館」合流すれば・・ と思い、そのまま直進する。
  (お腹の具合が悪かったようで、そのあと走れず、そのままリタイヤ、家に戻った。 との事)
 時速25~6キロにするが、どんどん離される感じだった。
 後ろにいるのは、今木、後藤さんの2人、気になるが、前もね。
 今木さんらは、栗拾いを予定しているかも、気持ちを切り替え、このまま後を追うことにした。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、左折の橋に停止中の西川さん、どうかした? 声をかけ通過です。
 後ろは誰もいない、今木さんらに任せることにして、多和田さんらの後を追う、姿は見えずですが。
 たぶん「朝鳥公園」でトイレ休憩、してると思うので、ノンストップで走れば、何とかなるかもね。
 向こう側へは行かずに、そのまま直進、「揖斐川堤防」をさかのぼる。
 自転車がやけに重く感じる、時速26キロが維持できない。
 「岡島橋」信号赤、後ろは誰もいない、頭が暑いので、内帽子を取る事に。
 こうして走り出すと、ヘルメットの通気性の良さを、実感できる。 頭が涼しい!!
 そういえば、今日が誕生日、73歳だもんなあ! 頑張れるもんじゃないかもね。
 年寄らしく走らないと・・ って感じだが、「井ノ口橋」を過ぎたあたりから、動くようになってきた。
 少し曲がりくねるのと、民家が両側にあり、路面も凸凹、雰囲気が変わったからかな。
 
「川口橋」を渡って右折、ランニングの人が多い、エイドステーションらしきところもある。
 大会があるのかなあ? そんな風景の中、上りに入る。
 これで、前に出れたのか、まだ後ろか? そんな事を思いながらです。
 ギヤを変えて、ケイデンス70回ほど、少し腹が減ってきた。
 ランニングしている人が多く、追い越すのとすれ違うのが、何時もより多い。
 もちろん、サイクリストともすれ違いました、頑張ってるねえ! 皆。
 何と無く、短く感じたのぼりをこなして「揖斐峡大橋」を渡る。
 
「303号線」交差点、皆の姿は無し、停止を利用し水分補給。
 やっぱ、トンネル内は結構上ってるんだ! そんなことを思いながら、走り抜ける。
 此処からも、それほど急ではないのだが、きつく感じるコースだ。
 右へカーブし、もう一つ長い登り・・ と、頭に浮かべながら走る。
 上り終え下り、誰も見えずに突き当りを左折する。
 
直線の、なだらかな登り、エネルギーが不足してきた感じだ。
 橋を渡って、上りが急になる、ギヤを1段変えて登りに入る。
 頑張って駐車場、有料駐車場の看板、3人ほど人がいる イベント?
 奥でUターン、ストップし、バックからお菓子を取り出し、エネルギー補給です。
 前の皆は、相変わらず見えない、私が前なのかも? 下ります。
 
下りの走りでも合わず、急坂に入る、ギヤを落としゆっくり上るしかない。
 途中サイクリストとすれ違う、俺も下りたい! って感じだね。
 上り終えたところで、又サイクリストとすれ違う、頑張ろう!!
 前のグループが見えない、一人走りはきつい、常に先頭だもんね。
 やっと上り終え、下りでトンネルへ。
 お尻を後ろに下げ、ペダルを水平に、腕を曲げて前傾姿勢、時速52キロ!!
 下りは最高!! 道の駅からの出入りを注意、下りきる。
 そのあとは、時速30キロで、アップダウンを頑張って、何とか走る。
 「谷汲」の交差点前、黄色と赤のジャージを発見、高橋、和田さん?
 信号が青になり、走りだしたところに、何とか追いつく、やったあ! って感じだ。

多和田、清水さんが先着、流石に早いわ。
 「朝鳥公園」でトイレしなかった? したよ! 「横蔵」下りでも合わなかったし、来なかったの?
  (303号線から茶畑コースで、「谷汲」だったとの事)
IMG_3582.jpg
IMG_3584.jpg
 しばらくして、今木さんら3人が到着、やっぱり栗拾いだった。
 私が、1番長いコースを、走ってしまったようです、誕生日だぜ!
 今日も、エルモさんとこのチーム? が、5人ほどづつ3チームかな、すごいスピードで、東の方に走っていきました。
 西の方に向かうサイクリストも多く、みんな頑張って、楽しんでるんですね。

戻りは、「谷汲口」右折で最後尾へ、そのまま離されて、1人に。
 (今木さんは、生落花生を買うのに、開店待ち、残念ながら、無かったらしいけどね)
 ダラダラと言う感じではないけど、せいぜい時速28キロ、それも続かずだった。
 追い風にもならないんですよね、なんとなく向かい風、でも良い感じだ。
 堤防なので、360度パノラマ状態、後ろは見えないけどね。
 緑も一段と濃くなり、ススキも、川の水はきれいで、景色は最高です。
 コーヒータイムを早く終えて、鯉釣りに行く段取りを・・ なんて考えながら、です。
 最後の坂を・・ しかし、途中から下道、元気がなかったでね。

「泰山木」ゴール、店内に入ると、元気な声 兒玉さんだ。
 今日も元気です!! って感じ、手作りの栗きんとんなどを、持参してくれました。
 釣りの計画は無くなりました! 楽しい時間を、過ごします。
 遅れて、今木さん到着、栗拾いの話で、盛り上がってる。
 
外に出て、杉本さん車、シフトワイヤーの調整です。
 トレックドマーネ、買ってから少しなるので、シフトの不具合が出てきたためです。
 ワイヤーが伸び、微調整して来たが、ネジが一杯なので、修正します。
 リヤを修正し、フロント、フロントとの関係を修正し、終了です。

西川さん、クロモリフレームの自転車、後藤さんと試乗しての、自転車談義。
 進められ、私も試乗、流石にオーダーメイド、走りが軽い感じだ。
 振動吸収も良く、クロモリの感が、良く感じられるようだ。
 そんな、自転車談義をし、今回は終了でした。

おはようサイク 20-55

10月 4日(日) 天気 曇り所によって雨
曇り空、予報は昼から雨、何とか走れそうなので、洗顔し着替えをする。
 ヘルメットやバックをもって玄関へ、外へ出ると、雨! 車のフロントガラスも濡れている。
 パラパラッとしている感じだし、南の方は、明るい感じなので、自転車を車に積んで、とりあえず家を出る。
 最悪、モーニングをして帰ってくる! そんな事も考えながら、駐車場到着です。
 予報によっては、8時ごろ雨・・ そんな話をしながら、後藤、西川さんと準備。
 高橋、今木さんは自走で集合、内藤さんは、車で、しっかり振ってた・・ で、自転車なしの格好。
 参加者 5名 (後藤、高橋、今木、西川、私)

昨日のモーニング時に、「池田町」のひまわりの話を、でも栗の事も有るし、コースは、任せることにした。
 昨日と同様に、初めから最後尾、これも気楽でいいもんです。
 先頭は、今木さん、この頃マウンテン29ERで頑張っている。
 走れなくなったあ! とか言ってたので、意識しているのかもね。
 
「平野庄橋」東交差点、左折?? 止まっているところを、直進し追い越す。
 え! 栗の方でないの? でも、「ふれあい街道」だろう!! って感じだ。
 Y字路左へ、皆を前に出てもらい最後尾に。
 道路の色が変わって、濡れて来たが、50メートル位で、又乾いて来た。
 これか、やっぱり内藤さんの所だけ、しっかり雨が降ったんだ! って話に。
 思ったより、今木さん頑張ってるのか、少し遅れた形で、後を追う。
 
「三町大橋」の所で、止まった? と思ったら、そのまま橋の上へ出て、渡り始めた。
 こっちから、「池田山」か! と思いながら、後を追います。
 「273号線」を西へ、ほとんど直線的な道路、少しだがずっと上り坂。
 「蘇生の泉」休憩、かと思いきや、そのまま左で、「ふれあい街道」上り坂です。
 一坂登り終えたところで、後ろから呼び止められる、すれ違ったランニングの男性、Oさんだ。
  (前々回かな、初めて ”おはようサイク“ 参加してくれた男性)
 暇なので、50キロほどランニング・・ 凄いですねえ!
 今木さんとともに、しばし談笑し、別れる。

「大津谷」で休憩です。
 桜がちらほら咲いている、
IMG_3567.jpg
IMG_3568.jpg
IMG_3570.jpg
 人影はほぼ見られず、ガラーンとした感じだ。
IMG_3573.jpg
 下りでハンドルがブレる? (今木) この前も有ったので、再確認する。
 ハンドルに体重を乗せると、大きく沈む? エアサス? だよね。
 入れたことが無い! それより、知らなかった! 感じなので、ロック装置を利用し、ロックする。

 此処からは下りが多い、すれ違うサイクリストには、頑張って! と言うしかない。
 「池田温泉道の駅」東へ出る、ヒマワリはどこ? 左へ曲がってすぐ、あれじゃない?
 道路反対側、黄色の花と人が、徒歩1分だね! 道路を横断する。
 小ぶりの黄色のひまわり、満開ではないですか!
IMG_3581.jpg
 見に来ていた夫婦の方が、撮ってくれました。
IMG_3579.jpg
 季節外れのひまわり、良いものですねえ! 結構人も出ているし。

雨? 冷たいものが落ちてきた、逃げますか! で走り出す。
 何とか、濡れもせずに、止んだ方に走れたようだ。
 時速27キロ、マウンテンでは大変? サスをロックした効果が出てるかな。
 西川さんは、真っ直ぐで良いんだよね? と言って、スピードアップ、先に行ってしまった。
 ま、こんな事も有り、最後は、バタバタしたけど、楽しい走りでしたね。

逃げれたねえ! と言いながら、モーニングです。
 そこへ、今日は、どこ走ったんですか? 会えませんでした! と児玉さんが来ました。
 一人で「昆虫館」行ってたみたいで、とにかく、元気がいいですなあ!
 後藤さんの、ギヤチェンジは問題なし、調子がいい! との事です。
 今木さん、24インチ折りたたみ、ギッ ギッ ッと音がする、との事。
 過酷な乗り方するからだわ! と言いながら、持って来てもらうことに。
 何時もの様に、楽しいひと時、コーヒータイムでした。

外に出て、今木さんのマウンテン、フロントサスにエアーを入れてみる。
 サス用のポンプが無いので、フロアポンプで、ゆっくりエアーを入れると、ハンドルが上がってきた。
 ハンドルに体重をかけ、15mm程沈むところまで、エアーを入れる。
 右側にある+、-のダイヤルを回し、復帰の状態を確認しながら、説明する。
 サスによって違うので、難しい面もあるが、見ていたメンバーも、興味津々だ。
 舗装道路は、ロックして走った方が、良いと思うので、とりあえずロック。
 未舗装になったら、ロックを外し、はずみ具合で、+、-のダイヤルを回し、復帰の具合を調整する。
 とにかく、エアーがすぐ抜けない様子なので、良かったですね。

その後も、クランクの長さ、について。
 そんな、長さに違いがあるの? (兒玉) 裏に書いてあるよ! 165mmだ。
 高橋さんのは、同じ165mm、このクランクは、穴の開ける位置が違う、170mmでも行けるんだろうね。
 そうか、端が出っ張ってるもんね! なんで違うの? 足の動く範囲が違ってくる。
 身長の有る人は、長く、無い人は短い、身長の10分の1、と言われる。
 とにかく、自転車の話になると、終わらなくなってしまう。
 適当に、終了ですな。 
 まったねえ!! 
 

おはようサイク 20-54

10月 3日(土) 天気 曇り
大分涼しくと言うよりは、寒い感じもする朝だ。
 まだ半袖で行けそう! 例年通り最後まで、半袖かも・・ ベストを羽織る。
 自転車は、フラットロードに戻し、サイクルコンピューターの、周波数を合わせて、OK!
 車に積んで家を出て、堤防道路へ、男性サイクリスト、「根尾」に行った帰りかな、追い越す。
 駐車場に着き、走る準備、やっぱり話題は “琵琶一” の事。
 参加者 9名 (和田、今木、多和田、長谷川、西川、後藤、飯沼、田中、私)

ゆっくりでも、「横蔵」周りするか! と言いながらスタートです。
 堤防に入ると、両側に 赤い彼岸花 鮮やかに咲き乱れてる。
IMG_3563.jpg
IMG_3564.jpg
 綺麗に咲いてるね! とか言いながら、ウオーミングアップです。
 飯沼さんが居るので、「横蔵」は無いだろう! まあ! 風もないし、任せだね!。
 「ゆ~みんぐ」を回って、風もほとんどないので、前に出るのをやめにする。
 堤防下のテニスコート、元気そうな声が聞こえる、みんな頑張ってるなあ!
 
「平野庄橋」東交差点、信号ストップ、すぐにスタートとなった。
 ?? 多和田さんのグループに、飯沼さんが入ったまま、行くの! って感じだ。
 Y字路左へ、和田、長谷川、西川さん等が、前に出て、今木、後藤さんも前へ。
 飯沼さんが置かれてしまう、仕方ない、時速26キロほどだもんね。
 風は無いので、少し遅れて最後尾、前が飯沼さん、時速23キロです。
 コースは任せて、後ろを走る、前のグループとは、どんどん間が空いてきた。
 「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、飯沼さん左折し橋を渡る。
 どうする、任せるよ! 「井ノ口橋」からトンネル・・ (飯沼) OK! です!
 76歳、今日は調子が良いようです。
 ケイデンスが100回になるギヤにして、運動をしてます! 私は。 

「井ノ口橋」袂を右折、「303号線」交差点で、水分補給です。
 「広域農道」広くて走りやすい、「茶畑」濃い緑色で、何となく寂しそう。
IMG_3565.jpg
IMG_3566.jpg
 もう今期の借り入れは、終わったんだろうね。
 遅くなって、坂を上り始める、飯沼さん、歩いてる様子が無い。
 坂の中ほどで、右前方に、飯沼さんを確認、あと少しでトンネルに入る所だ。
 トンネルの中ものぼり、出口までに追いつく事が出来た。
 でも、休まずにそのまま下っていく、76歳元気です!!
 下り坂、流石にこっちは、小刻みにブレーキング、追い付かない様にする。
 そのまま走って「昆虫館」到着は、8:55 1番乗りだったね。

「横蔵」組は、9:15 位だろうから、来たら、私等はスタートするか! と言いながら休憩です。
 9:20 多和田さんが到着、西川さんが、横からズバッ! っと、追い越されたあ! 言いながら入ってきた。
 「朝鳥公園」休憩、スルーして逃げ大勢だったんだけど、追い越されました!
 今木さんは、背中とズボンのポケットと一杯に、栗を詰め込んで、入ってくるし。
 和田さんは、まだ戻ってません?

飯沼さんと、先に行くね! と言いながら、駐車場を出ると、西川、田中さんが付いてきた。
 とにかく、飯沼さんに任せてあるので、マイペースで行ってもらえば、いいんです。
 途中、前を走る田中さんに、前ギヤ小さい方にして! って指示、ケイデンス110回です!(田中)
 後ろ1段重くして! 100回です!(田中) よし、これで行って!!
 結構回してるので、これ位なら行けるはず、そんな感じですよね。
 飯沼さんの後ろなので、足が時々止まる、横に行き、足を止めないで、カラ踏みして!! と指示。
 止めたり回したりすると、疲れるので、何時も回す習慣づけをする。
 良い感じで回ってます、頑張れ!
 同じように、100回回している私は、堤防道路の白線が綺麗なところで、腺から落ちない走りの練習です。
 余分なところに力を入れずに、綺麗に回す、練習にもなるんですよね。

和田さんに思いっきり追い越され、多和田、長谷川さんにも追い越された。
 まあ! いいタイミングですね、後藤さんも後ろに、合流したようだし。
 下道へ入って、田中さんと話し、疲れますう! 練習だからね。
 せっかく、回せてるので、これを覚えると、ゆっくり踏む事も出来る。
 長距離の場合、違う筋肉を使うことも、疲れない走りになるからね。
 そんなアドバイスをしながら、ゴールでした。

遅れて、今木さんも到着、クリ、生落花生を買ってたらしく、栗の話に。
 和田さんも、途中栗拾いを・・ 「横蔵」周りは? 誰誰なの? って感じだ。
 栗拾いの横を、私等は、走ってきた様子、どうして呼んでくれないんだよ!!
 面白い ”おはようサイク“ ですよ、ホントに!!

店を出て、自転車を車の方へ引いていく途中、横の後藤さんの自転車、チェーンが垂れ下がっていた。
 外れてるよ! と言うと、余り調子よくないんだよね! (後藤) の返事。
 チェーンを直した後に、確認すると、Rデェレーラーが、内側に曲がっている。
 車輪を変えた事も有るだろうが、こっちが大きいんじゃないかな。
 修正機を使って確認すると、真下よりは後ろ気味に曲がっている。
 修正して、チェンジを確認、インナーに入らず、これも調整。
 車輪を変えると、微妙にギヤの位置が違ってくる事が有って、確認が必要だね。
 後藤さんの場合も、規制値をずらさないと、行けないくらい違ってた感じだ。
 フロントとの関係を確認し、作業終了です。
 

”琵琶湖1周サイク” 風が強い中、無事完走!

9月27日(日) 天気 曇り雨も
夜になって、腹の具合が最悪、早めに寝ることもままならず、目覚まし音で3:30起床。
 年に1度の年中行事、天気は何とかなりそう、車で「泰山木」へ。
 5:00 「長浜」に向け出発、まだ夜が明けず、周りは真っ暗。
 途中、コンビニに立ち寄り、朝食のおにぎりを買う。
 「豊公園」駐車場に着き、走る準備をする。
 メンバーは、杉本、長谷川、私の3名です。
IMG_3558 (編集済み).jpg
IMG_3559 (編集済み).jpg
今回は、メンバーが少ないので、「琵琶1の奨励コース」と言うか、矢印を辿る事にした。
 7:00 スタート!
 和田さんの言ってた通り、風がやたら強い、それも北西の風、走り始めから向かい風。
 初めは、長谷川さんが先頭、時速26キロで、向かい風に向かって走行だ。
 こんな感じで、矢印が有ったり、走るレーンが有ったりする。
IMG_3560 (編集済み).jpg
 道路端が濡れていて、水溜りも所々にあり、雲行きも怪しい。
 雨に降られるのを覚悟しないと・・ そんな事を考える。
 間もなく、霧雨のような雨が落ちてきて、これで終わることを願うばかりだ。
 30分位で、小休止とも思ったが、先頭の長谷川さんに、任せそのまま走っていく。
 何時もは「8号線大音」交差点の手前から左へ入り、トンネルを走り抜けるのだが、交差点を直進すぐ左折です。
 学校みたいな建物の横から、上り坂に入る。
 山を登ってトンネル、抜けたところで「琵琶湖」が望める。
IMG_3542 (編集済み).jpg
 サイクリストが3人、同じように、この風景を楽しんでいた。
 落ち葉が濡れている下りを走って、「8号線」に戻る。
 再び、向かい風の中、でもスピードは快調です。
 8:13 26キロ、「塩津」コンビニ
 矢印が、コンビニの所から左折、道の駅でなく、ここで休憩です。
 相変わらず、雲に覆われ、何時雨が降ってもおかしくない感じだ。
 コースは、田んぼの中を走って、「303号線」に出て、すぐに上り坂です。
 きつい登りはここだけ、頑張って登って「岩熊トンネル」に入る。
 坂を下って、「湖西線」の下をくぐり、交差点を左折する。
 途中から、矢印が右折なので、道路を横断し、田んぼから川の堤防道路です。
 「大浦」から右折の道路に出て、「億琵琶湖」のコースに入る。
 山の陰になるので、向かい風は少し楽になった、さすがに釣り人も少ないようだね。
 「海津」の交差点、左へ行かず、直進、「161号線」に出る。
 前に来た、「追坂峠」を下り終えたところに出る。 でした。
 少し走って「54号線」追い風になり、杉本さんへ先頭交代です。
 湖岸道路から、1本中に入った道路、スピードが上がり時速30キロだ。
 スピード出さなくても・・ 言ったんですが、追い風だし行きます。
 道路幅も広く、矢印もあり、走りやすいコースだ。
 どうしてもスピードが出てしまうよね、また雨が降ってきた。
 道路の濡れ方を見ると、降り終えた後を走っている感じだ。
 このまま行ってくれると有り難い。
 9:22 49キロ、「南新保」コンビニ
 休憩、どら焼きを買って、エネルギー補給、腹の具合を見ながら、少しづつです。
 ラックに掛けた自転車が、風で大きく揺れ、落ちそうになる、それほど強い風だ。

 此処からも、追い風状態で、快調に走る事が出来た。
 天気が良くなったなあ! と思っていると、とたんに雨が降ってきたり。
 サイクリングコースは、水溜りが有って、青線より中央側を、走ることも。
 「風車村」もスルー、止まるのがもったいない、そんな走りになった。
 「勝野」辺り、「161号線」には、高架下をくぐって、いったん町の間を走って、戻った形で合流した。
 此処からは、湖岸を走って右へカーブすると、鳥居が湖面に見えてきた。
 10:24 70キロ 「白髭神社」
IMG_3546.jpg
IMG_3548.jpg
 神社の方へは、横断できないので、水分補給をし、走り出します。

 此処からは、何時ものコースだが、一部、遊歩道みたいな所を走りました。
 両側にガードレールがあるし、車止めが狭いし、走りやすいとは、言えがたいコースだ。
 雲の状態を見ると、何とかこのまま、ひどい雨にならずに行けそうな感じだ。
 湖岸の道路も、人通りはほとんどなく、キャンプのテントはあるが、少ないかな。
 道路も狭いので、時速24キロほど、右左へ曲がるコーナーも多いしね。
 そんな走りから、国道に入ると、途端に車が多く、渋滞だ。
 腹が減って来て、エネルギー切れそうな状態、何とか持ってくれれば!。
 あと3キロほどが、本当に長かったね。
 11:37 92キロ 「琵琶故大橋道の駅」
IMG_3552.jpg
IMG_3550.jpg
 開いてはいましたが、人は少なく、この時間にしては、食堂もすいてる感じ。
 マスク着用! の張り紙が、持ってて良かったです。
 とにかく昼食、お腹に優しいうどんに、それも梅付きです。
 途中で、一緒になった、男性サイクリスト、何度か追い越したりして、又合流です。
 「愛知県」の方で、フルコースを1泊して、回るとの事だった。

 12:35 再スタート、もう雨の心配はなさそうだ。
  「琵琶故大橋」の頂上
IMG_3561.jpg
 写真を撮っていると、若い男性5人ほど、マウンテンバイクだが、2台がEバイクだった。
 これから、もっと多くなってくるんだろうね。
 橋を渡り終え、北に向かうと、予想通り、最悪の向かい風だ。
 「サイクリングの聖地」 今回は、間違わずに止まれたね。
IMG_3557.jpg  
 北西の風、ハンドルが振られ、走りずらい。
 コースの向きによっては、向かい風、または横風になる。
 14:00 112キロ 「島町」コンビニ
 天気が良くなって、日差しが厚くなって、アイスとどら焼きを食べる。
 水も補充、杉本さんも同様の様子だ。

 走り出してすぐ、背中に違和感、バックの蓋が空いたままで、スマホが当たってた、停止して直す。
 大分間が空いたが、仕方がない、慌てずに後を追う。
 少しづつではあるが、差を詰めた と思ったら、信号ストップだった。
 直線道路、周りは何もなく、向かい風がきつい。
 スピードメーターは、時速20キロにもなる、横風にふらつくしね。
 それでも、2人が近づいてきた、ずっと先頭なので、前もきついんですよ。
 何とか追いついて後ろ、風が有って、それほど近づくのも危ない。
 スピードが落ち、きつそうなので、前に出る事にする。
 良く此処まで、先頭で来たもんですよ、向かい風の中ですからね。
 頑張って走っていると、後ろに誰もいない? スピードを落として待つ。
 少しスピードを下げ、走ることに、杉本さん引きすぎたかもね。
 時速22キロほど、風が急に強くなって、20キロを切ることも。
 15;02 130キロ 「滋賀大学」前、コンビニ
 男性サイクリスト、レンタサイクル、スコットのロードバイク、1日4000円で、2日借りたそうです。
 今度は、ジャイアントの自転車を借り、そのあとで買うつもりとの事。
 ジャイアントどうですかねえ! しばし自転車談義でした。

 残り20キロ、頑張って行こうか! と走り出します。
 町の中を走る時には、向かい風が弱くはなるが、湖岸に出ると、風がまともに当たる。
 体を少し横に倒し気味で、横にブレないように、とにかく頑張るしかない。
 途中で、杉本さんが遅れたのに気が付き、歩道に上がって小休止です。
 水分補給をし、再度走り出すが、無理は出来ないようだ。
 3キロほど手前で、長谷川さんを前に、スタートの順に並ぶ。
 「長浜」市街地に入って、プールの傍の信号交差点、横にバイクが、多和田さんでした。
 左へカーブし、「長浜城」を左に、右えカーブすると、湖畔道路です。
 300mほどで、横断歩道を渡って、駐車場に入る。
 16:05 148キロ 駐車場ゴール

問題もなく、無事に帰ってきましたよ! 疲れました!!
 帰る準備をしながら、杉本さんと、反省会?
 先頭引きすぎたねえ! 走れる様になたなあ! って感心してしまって、任せてしまった。
 この風の中、良く走れますねえ! ペダルは回るが、スピードが出ないんですよ!
 フラフラしてしまう、なぜですかねえ? こんな話にも。
 おはようサイクを利用して、練習して行く事にした。

 スマホのアプリ(ロードバイクプロ)は、
  走行距離 151.0㎞
  時間   9:13
  平均速度 16.4㎞/h

10月は 「徳山会館」行って、ソバを食べますよ!!

おはようサイク 20-53

9月26日(土) 天気 曇り
早朝から、我が家が騒がしい、と言うのは、小学生の孫が、運動会なのだ。
 普段なら、私だけが、もそもそと出かける準備、それが、家族皆が出かける準備だからね。
 トイレ、洗面所・・ コロナの関係で、午前中だけ! なので、昼食の準備が無いだけ、マシかな。
 そんな訳で、ササッと準備をし、自走で集合地へ向かう、途中戻りで、カメラ班だからだ。
 先にモーニングを済ませて、外に出ると、皆が集まっていた。
 参加者 8名 (後藤、飯沼、西川、和田、多和田、長谷川、田中、私)

初めて見る自転車ですね! (田中さん) そうかも知れない、明日の「琵琶一」の為、トレックマドンなんです。
 前日に乗って、問題ないかを確認ですよ! そんな会話で始まった。
 孫の運動会で・・ 途中離脱です! どこ行きますか? みたいな感じだ。
 飯沼さんチームは、「揖斐校」傍から「谷汲」へ。
 和田さんチームは、「朝鳥公園」休憩、そこでコースを決めるか! でスタートだ。
 橋を渡って左折、堤防に入ると、左側斜面雑草が刈られた後に、ニョキっと伸びた彼岸花が、赤い帯状になって咲いている。
 何と無く、例年の秋の風景に、安どしている自分が居るのを感じながら、ウオーミングアップ走行だ。
 
「下座倉大橋」を過ぎ、スピードアップし「ゆ~みんぐ」を回る。
 少し向かい風は何時もの事だ、飯沼さんペースで、時速22キロに。
 後ろからの声が聞こえなくなるが、そのまま走る、そのうち追い付いてくるだろう。
 ベストを羽織っているが、これがちょうどいい感じの季節、自転車の季節だね。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、皆も同じように停止、水分補給する。
 同じスピードで走りながら、時計が気になる。
 どこで別れて、どのコースで学校に行くか、そんな事を考えながら、「揖斐川堤防」です。
 和田さんらが、前に出てくるんだろう! と思っているが、誰も出てこずそのままの体制だ。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、橋の所は直進し、「303号線」交差点前で、飯沼チームは左折、私は直進です。
 トンネルを抜け、いわゆる、Cコースを走って、途中から目的地の「北小学校」へ。

入場箇所は、1か所、事前届した家族のカード、マスクをし、受付へ。
 検温、カード確認し、手首に確認済のリストバンド、コロナ対策万全! って感じだ。
 受付を済ませば、外に出れる、との事なので、再度自転車をもって、裏の方へ。
 グラウンド内は、例年と違い、見学の人や日よけのテントの数も、少ない感じだ。
 もちろん全員マスク姿、子供たちも、紅白に分かれ、テントでの大気中は、マスク着用。
 座っている椅子も、なんとなく間が空いて居る、これもコロナ対策ですね。
IMG_3536.jpg
IMG_3539 (編集済み).jpg
 水分補給の時間を作ったり、ダンス等も、近づかないような振り付け、綱引きなども無しだ。
 先生らも、本当に大変だね、教育に関することで無いもんね。

とりあえず、自分の役割を終え、午前中の作業を終了しました。
 もちろん、昼からは仕事です、電話が有ればですが・・

おはようサイク 20-52

9月20日(日) 天気 曇り
雨かと思いきや、晴れた! と言うか、曇りだけど、走れそうだ。
 スマホの天気予報アプリ、10時ごろ雨具もあり、とにかく走る準備です。
 自走を断念し、車に自転車を積み込んで、家を出る。
 何時も自走の、和田、高橋さんも車に積んで参集。
 赤のジープタイプの車、後ろのラックにロードバイク、名和さんが参加でした。
 参加者 7名 (後藤、名和、内藤、和田、高橋、西川、私)

スマホを各自で見ながら、北の方は大丈夫だろう! と言う事で、北の方へ。
 雨が止んだら戻ってくればいいか! 凄い事になりそうです。
 橋を渡って左折、堤防で、少し練習してみるか! と言う事で、1時間走コースを周回、する事に。
 「川口橋」を渡って戻り、「前島橋」を渡って左折、3周を目標です。
 そのまま堤防を戻って、「平野庄橋」左折で、「泰山木」ゴールの計画。
 
「下座倉大橋」過ぎからスピードアップ、「揖斐川堤防」に入っても向かい風は、問題ない。
 時速26キロ、これ以上も以下も無し! 先頭交代する!
 「平野庄橋」東交差点、過ぎたところから、和田、西川、高橋さんと私の4人になる。
 橋から橋を区切りにして、先頭交代をするが、少し長いかもね。
 1週目は、「川口橋」を渡って、和田さんが先頭へ、?? 早いんでない!
 時速30キロ過ぎくらいで「前島橋」、渡って左折、2週目に。

 「井ノ口橋」手前で、先頭の西川さん苦しそう、橋を越えて、高橋さん前に。
 さあ!どこまで頑張れるか、そんな感じになってきた。
 「川口橋」を渡って、私が先頭、「朝鳥公園」駐車場後藤さんの姿を確認。
 内藤さんらは、休憩をしている様子、スルーです。
 下り基調と言う事も有り、自重して時速28キロで「前島橋」。

 西川さんが、力尽きて遅れたようだ、今度は和田さんが先頭。
 途中で、トイレ! との事で、少し早い、高橋さんが付いたまま、私は遅れても時速26キロ、間が空いた。
 「井ノ口橋」手前で、和田さん横道へ、高橋さん先頭だが、間があり、2人が先頭みたいになる。
 2橋分先頭状態なので、少しきつくなってきたが、「川口橋」からは、少し楽なので、何とかなりそうだ。
 左折して少し「朝鳥公園」?? 高橋さんが居る? 内藤さんらがいると思ったようだ。
 左側、堤防に入った所でスピードダウンし、待つことにする。
 後ろに着いたことを確認し、スピードを時速28キロに戻す。
 向かい風は弱くなり、川の流れ分下って居るので、スピードは出やすい。
 西川さんが気になったが、和田さんと合流した、と思いそのまま走る。

 「前島橋」を渡って右折、そのまま堤防道路を走ります。
 この辺まで来て、足が回る感じになって来た。
 このスピードなら、このまま行ける様なので、先頭のままです。
 「三町大橋」下をくぐり、また堤防へ、依然として、内藤さんらは見えない。
 「グライダー練習場」の所で、後ろの高橋さんから、止まって! の声がありストップ。
 何か有ったのかな? と思って、後ろを確認すると、高橋さんが坂を降り始めた。
 練習場の駐車場に、内藤さん等が居たんでした。
IMG_3533.jpg
IMG_3534.jpg 
 すこしして、和田、西川さんも合流、小休止です。
 1回4000円で、乗せてくれるってよ! 故郷納税だとタダだって! そんな声が。

ここからは、グループが変わり、和田、高橋、西川、後藤さんの4人、遅れて名和、内藤さん、遅れて私。
 「平野庄橋」からは、裏道を走ったが、私は途中から、県道に出る。
 最後に「根尾川大橋」への登りを、時速30キロで走って、終了!! です。
 こんな走り方も面白そうですね、自分の体力に合わせて、何週できるか? なんてのも。
 「朝鳥公園」でトイレ、別のグループに合流、早いチームで頑張ったりも。

世の中狭いもので、和田さんと名和さんが、昔からのたどりで、知り合いみたいで、盛り上がってる。
 こっちは、西川さんが途中息切れで・・ 高橋さんは、ハワイから人が変わって・・。
 そういえば、“ホノルルセンチュリーライド“ 参加から、ちょうど1年ですよ。
 早いものですねえ! 良い思い出です。
 まだまだこれから、頑張らないとね、10年後 “ホノルルセンチュリーライド“ 参加、を目指して!
 10年後かい? そりゃそうだろう、金がないし! 行かせてくれるかなあ? 文句言われたし。
 いろんな問題がありますなあ! その前に “琵琶湖1週サイク“ 行く人居ない!
 コロナの件もあるしねえ! 台風も来るみたいだし、どうなりますかねえ!!

おはようサイク 20-51

9月19日(土) 天気 曇り
急に朝の気温が下がって、ベストの着用を・・ でもまだ、無くてもよさそうだ。
 これから少しの間、服装で悩ましい時期になる。
 首の後ろに付けるものは、要らなくなったが、すぐに帽子が要る様になるね。
 サイクルコンピューターの移動をしてなかったので、バイクは、トレック1500です。
 参加者 7名 (後藤、今木、和田、西川、飯沼、Oさん、私)

駐車場に着くと、初参加予定の、Oさんが来ており、西川さんと談笑中でした。
 皆がそろったところで、紹介をして、スタートしました。

今日のコースは、「揖斐校」の方から「谷汲」コースです。
 橋を渡って左折、堤防道路、脇の雑草が綺麗に除草され、周りがすっかり見える。
 飯沼さんが、“ヒガンバナ”が少ない? 遅いのかなあ? そう言われると、見当たらないですね。
 川の傍に3~4本あるだけ、除草しても、1番の伸びて、花を咲かせるんですが、ありません。
 時速18キロほどで、ウオーミングアップ走行、少し肌寒い感じもする。

「下座倉大橋」を過ぎたところで、和田、西川さんの2人に、スピードアップさせる。
 多分、3グループになるだろうし、飯沼さんと2人、ゆっくりサイクです。
 これで、乾燥して来ると、最高のサイクリングの季節、なんですけどね。
 時速21キロ、今日のサイクリングスピードです。
 「平野庄橋」東交差点、赤信号停止の、私等だけ遅れたが、すぐ前で、待っていてくれました。
 それでもすぐに又、間が空いて、3グループになってしまった。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、「303号線」信号交差点を右折する。
 田んぼの中の道路、横を川が流れて、里山の風景ですよね。
 上り坂に入る、対向車が何台かある、「谷汲」との行き来が結構ある感じだ。
 それほどきつくも無いので、十分登れる感じ、後藤さんとの間は空いてきたけどね。
 頂上のトンネルを抜け・・ 後藤さんは、下った様子なので、私等も、続きます。

「昆虫館」到着は、最後でしたが、良い運動でした。
 休憩している間、結構な人数のサイクリストが、左右に通り過ぎて行った。
 季節も良い事から、もっと増えるかもね。
 Oさんは、用事が有り、ここから戻るとの事で、別れました。
 
戻りも、最後尾スタート、でも何時もと違い皆がゆっくりだ。
 このまま行ってくれると、サイクリングで終わるんだけどね。
 「谷汲口」右折すると、前のグループ4人と、飯沼さんとの間が開いてきた。
 マイペース、マイペース! 急ぐ事は無い! そんな感じです。
 
 「分水嶺」根尾川の方
IMG_3529.jpg 
 堤防下から、扇のかなめの所に、水が出てきて、
IMG_3530.jpg
 開いた所から「糸貫川」と「真桑用水」へ、流れる。
IMG_3531.jpg
 「揖斐川」からも、形は違うけど、あちこちに水を取り入れてるところがある。
 こんな所を巡って見るのも、面白いかも知れない。
 一人走りになるが、ゴールまで追い付ければ良い。
 あまり頑張らずに、走りを楽しみながら、スピードアップ。
 「藪川橋」の手前で、追い付く事が出来た。
 5メートルほど後方を、ケイデンスは97回ほどで、走ります。
 「真大橋」下をくぐって、坂の途中から、下道へ。
 クールダウンコースになり、走りながら話す、久しぶりなので、疲れた! だって。
 熱くも無いので、走りやすかった、ようだが、頑張りましたですね。

「泰山木」でのコーヒータイムです。
 もうそろそろホットでもと思うが、今回は、アイスにしました。
 “自転車道“ 先月購入した本、自転車の構造、材料、色・・等、うんちく本みたいな本だ。
 知らないけど、聞く所が無い、と言うか、そんな専門的なところのある本。
 でも読んで行くと、なるほど! と納得行く事や、やっぱり、良かった! と言う事も有り、面白い本だ。
 その中での話題、”ベアリング”の事、セラミックにすると、軽くなる! B/B変更や、ガイドローラーを変更したが、感じられなかった。
 本では、ほとんど判らないでしょう! チェーンを洗浄し、軽くした方が大きい! やっぱり、と言う感じだ。
 まだ読み終えてないので、しっかり読みたいと思っている。





おはようサイク 20-50、

9月12日(土) 天気 晴れ
天気予報より、天気が良くなった感じ、嬉しいですねえ!
 余裕で起きたはずが、7時になってしまった、急いで玄関へ。
 自転車は、トレック1500に、再栗コンピューターをフラットロードから外し、ポケットに入れ、いざ出発。
 道路の端が、濡れている様で、色が黒くなっているところがある。
 夜中に雨が降った感じだった、場所によって、時間がずれたんだろうね。
 「泰山木」駐車場に着くと、何時もと車の並びが違う、後藤さんの車がなく、私が遅かったからだね。
 参加者 6名 (多和田、長谷川、和田、西川、児玉、私)

え! 今日はロードですか! なんて言われながら、空気を詰め、サイクルコンピューターを、サイクル合わせ。
 時間になっても、5人のみ、ロードで当たりでしたね。
 トレック1500 ホリゾンタルのアルミフレーム、540mm
IMG_3524.jpg
 ダウンチューブが縦に大きくなっている
IMG_3527.jpg
 ハンドルステムは、70mm 幅400mm リーチ80mm
IMG_3528.jpg
 天気の事も有って、「横蔵」回りでなく、「東のトンネル」~「昆虫館」コースになった。
 橋を渡って左折、堤防に入って、ブレーキの上に手を乗せる、前傾がきつい。
 慣れて置かないといけないので、たまに乗るんですが、やっぱりフラットロードとは違う。
 ペダルも、ツーリングペダルなので、片側ビンディングなんですよ、ひっくり返すのも慣れだね。
 リヤのギヤチェンジ、まだ少し空打ちする感じ、何度かやって引っかかる。

「下座倉大橋」からスピードアップ、23キロほどにして「ゆ~みんぐ」を回る。
 向かい風はほんの少し、何時ものことだ。
 
「平野庄橋」東交差点、歩行者用が点滅、頑張って通過する。
 今日のメンバーなら、置いてきぼりでも大丈夫、そこからスピードアップする。
 時速26キロ、まだいけそうなので、28~9キロへ。
 後ろにいるのは、西川さん、その後ろは判らず。
 「三町大橋」手前で、きつくなって先頭交代、西川さんと2人だけだった。
 再び「揖斐川堤防」やっぱり後ろは楽、呼吸を整えることができる。
 この体系で「井ノ口橋」まで行ければ、最高です。
 「岡島橋」手前で、少しスピードが落ちてきた感じだった。
 信号交差点も青で通過、休む場所がないまま「前島橋」も通過、先頭交代する。
 何とかまだ行けそうなので、スピードを戻し、ギヤを1段変えて、ケイデンスを下げ走る。
 何時もの様に、向かい風がなくなって、すぐに元に戻る、頑張りどころだ。
 右へ柔らかくカーブしながら「井ノ口橋」、そこを右へ?? 西川さんが居ない。
 少し遅れた感じで、後方に見える、ゆっくり下って、信号交差点停止。
 此処は、自転車だと、ほぼ2か所とも止まるんですよね、水分補給です。
 西川さんも合流し、スピードも落として、普通の走りにした。
 「303号線」交差点を過ぎたところで、長谷川、多和田さんの2人が来た。
 和田さんは、前に出ずに、後ろに着いたようで、思った通りになってきた。
 2人とは少し間が空いたままで、茶畑から上りに入る。
 頑張って昇が追い付かず、2人は車道、私は横断し右側の歩道、トンネルへ。
 少し間が近くなったが、トンネルを出て、車を確認し、左側車道・・ また開いてしまう。
 前傾姿勢をとって下るが、終えたところの信号機が赤、残念でした! って感じだ。

「昆虫館」駐車場、3回転して停止、児玉さんの姿があった。
 1人で、それも私らと同じ「東の山トンネル」を・・ と言った具合、驚きますよ、ホントに。
 少し遅れて、西川さん、さらに遅れて和田さんも到着、そろって休憩です。
 ベンチに座った私を見て、珍しいですね! 座って休憩なんて! 兒玉さんに言われた。
 確かにそうですね、サングラスとヘルメットを外し、座り込んだんでね。
 西川さんと、あまり長い休憩は良くないんですってね! そうだね、筋肉が冷めてしまう!。
 5分から10分位かな、その事も有って、普通は座らずに、うろうろしてることが多い。
 そうしたら、何分立ちました! そろそろ行きませんか? と言う事になり、出ます。

遅いので、先に行きます! と、児玉、西川さんと共に、先にスタートする。
 スピードは、兒玉さんに任せて、私は、少し離れて最後尾です。
 50*13位で、ゆっくり踏んで帰ることにした。
 「万代橋」を過ぎダラダラな登り、いい感じで走れているのは、さすがですね。
 「根尾川」堤防、時速26キロほどで、快調にペダルも回っているみたいだ。
 西川さんが、前なので下げてやろうと思ったが、間が少し空いて居るので、止めた。
 「大野橋」を過ぎ、舗装が良くなった辺りから、ダンシングに切り替えた。
 休み休みだが、気が付いた事が有る、休む時、ペダルを平行にすると、ふら付き易い。
 それは判って居たのですが、何時も左足が前なんですよ。
 意識して、右足を前にすると、ふら付く? バランスが上手く取れないんです。
 新発見ですねえ! 練習! 練習!
 「真大橋」下をくぐって、下道へ入ってもそのまま、ひざ上の筋肉が居たくなってきた。
 でも思ったより長く、ダンシング状態が出来、右足前でもふら付かなくなった感じだ。

兒玉さんが、良い感じで走ったので、「大野橋」と「藪川橋」の中間ほどだったと思う。
 多和田、長谷川さんに追い越された、場所的には、最高かもね。
 追い越した方も、追い越された方も、十分満足だもんね。
 
「泰山木」ゴールです。
 和田さんも到着し、みんなで一緒に、コーヒータイムだ。
 この本(バイシクルクラブ)はどうしてるんですか? (兒玉さん)
 2か月先行してる(8月20日発行は、10月号)ので、9月になったら、9月号を此処へ持って来てる。
 2冊になって、8月号は、内藤さんが家で読むので、持って行ってしまう。
 何冊固まった所で、リサイクルしたお金が、私の所に戻ってくるんですよ。
 へえー! すごいんですねえ! 一人で走るのが出てましたよね、それが読みたかったんです! じゃあ、内藤さんに言えばありますかね?
これまた、意欲的な児玉さん、いつもながら驚きですよ。


 

おはようサイク 20-49

9月 6日(日) 天気 晴れ?
目を覚ますと、窓の外が明るい? 雨は降っておらず、青空が見える。
 雨は、夜中で上がった様子、洗顔をし、走る準備をする。
 空腹感があり、少し早めに家を出て、コンビニで、パン、ジュースを買う。
 西の方は、灰色の雲があって、道路にも濡れた跡があったしね。
 多和田さんが、朝雨降ってた! と言っていたので、後藤さんが来てないのは、雨の制かも。
 参加者 8名 (多和田、和田、長谷川、高橋、西川、杉本、内藤、私)

長谷川さんに、修理した車輪を渡し、状況説明しながら、取り付けてもらう。
 リヤなので、スプロケットや、構造上から、ハブシャフトを抜かないとダメだった事等。
 
今期は、「横倉」コース多いよねえ! なんて言いながら、今日も同じコースになりそうだね。
 珍しく、杉本さんが、クロスバイクで来たので、どうしたの? って感じだけどね。
 ゆっくり行こうよ! との声もあるが、どうなることやら。
 
昨日と違い、なんとなくジメッ とした感じの天気だ。
 「ゆ~みんぐ」を回って、ケイデンスとともにスピードを上げる。
 向かい風は問題なし、でも時速26キロはきつそうなので、24キロだね。
 北西側の空は、灰色の雲があり、雨になる? そんなことも頭に浮かぶ。
 初参加の男性が来るはずだったのですが、雨だったのかもね、池田町なので。
  (仕事の電話の方にメール、やっぱりそうでした)
 道路端にまだ水溜りの所も、急に極所で雨が降るもんね。
 
「平野庄橋」交差点を青信号で通過、後ろも全員通過した様子だ。
 グライダー練習場には、グライダーが外に出ているし、サッカーの練習をしている子供たちが大勢。
 何時もの日曜の午前の風景、少しづつ戻ってきている感じだね。
 杉本さんが前に出て、先頭を走る、流石に若い! 良い感じですねえ。
 少し走ると、和田、多和田、長谷川さんが前に出て、少しづつ間が空く。
 橋を渡って、堤防に上がった所で、合図をして内藤さんらにも、前に出てもらう。
 此処からは最後尾を走る、腹は問題ないが、なんとなく足が回らない。

「前島橋」を渡って向こう側へ、何時もの軽バン(中電の広報カー)とすれ違う。
 少し間が空いた所なので、1人遅れてる・・ って、見られてるかもね。
 皆調子良さそうなので、歳の節目なのかなあ? 有ると言うもんね。
 西川さんらと、「朝鳥公園」で休まず、走る方が持久力の練習に・・。
 どうするかな? お、直進したよ! 駐車場を気にしながら、私もスルーです。

山の登り、頑張っては見るが、追い付きませんでした。
 と言うよりは、差もほとんど縮まらず、「揖斐峡大橋」を渡る。
 赤信号停止で、水分補給をし、青信号で再スタートです。
 トンネルを出ても更に上り、西川、高橋、杉本さんが前に見える。
 内藤さんは、トイレに入った様子で、後ろになってしまった。

ここから上りも、同じように離されたまま、頑張るしかなかった。
 登りを終え、坂を下って左折、差が大きくなった感じ。
 ダラダラ上りの直線、橋を渡って、次の登りへ入る。
 軽いギヤで登る高橋さん、こっちはケイデンス60台、何とか追いついた。
 上の駐車場 ?? 多和田、和田、長谷川さんがいるではありませんか!
 とりあえず、水分補給をし、行くよ! と言いながら、すぐに下ります。
 苦しいながら、練習! 練習! なんてね。

急坂を上り切って、何とか頑張ったが、多和田、長谷川さんに追い越される。
 トンネルを出て下り初めで、杉本、高橋さんに追い越され、元の位置に。
 何とか、高橋さんの後ろで、「昆虫館」到着です。
 
水分補給、ペットボトルのお茶が無くなり、ジュースを買って、半分をペットボトルに入れる。
 高橋、西川、和田さんなども、同じように追加していたみたいで、暑いんだよね。
 日陰に居ても、風がないので、余り涼しさを感じられない。
IMG_3521.jpg 

早めの道路に出るが、すぐに追い越され、定位置で走る。
 途中、太った男性サイクリストに、横を追い越され、ちょっとびっくり。
 予想もしないで、横に黒いものが・・ だったんです。
 最後尾の走り、「分水嶺」までは重いギヤ、その後は軽くし、ケイデンス105回ほど。
 前のスピードに合わせて走ったので、ケイデンス115回の時も。
 私の前は、杉本さんで、その前は間が空いてしまったのは、仕方がないね。
 でも、クロスバイク、時速28キロ~30キロだからね、こっちが大変ですよ。
 そんな走りで、完走!! 「泰山木」ゴールでした。

席に着いてすぐ、コップの水をガブッ と、いやあ! 美味しいですねえ!
 おしぼりで汗を拭いて、シャツのファスナーを下ろし、ああ涼しい!!
 アイスコーヒーを・・ ほっとしますねえ。
 なんだかんだ話しているうちに、ホイールの振れ取の話に。
 確かに、経験を積まないと、出来ない作業かも知れない。
 トラブって、リムの曲損となると、大体2か所曲がるのが多いんですよね。
 曲がり方によって、どこがどっちへ曲がったのか、見分けにくい事も有る。
 スポークの数が多いのと、少ないのがある、少ない方が修正しにくい。
 扁平スポークは、ニップルについてねじれるので、押さえないといけないし、戻すことも。
 ニップルの形、マビックなんかは星形で、大きさも違うしね。
 横ブレは、大体解るけど、盾ぶれって言うの、上下にブレる事は、どうするの!
 初めから組上げる場合は、スポークのネジを切ってある部分まで、ニップルを回し入れ、バルブ穴の所から、1回転ずつ回す。
 まだ緩ければ、もう1回転づつ回し、張りを調整、その後に、横ブレ、縦ブレを見る。
 ママチャリのリムは、斜めにもなるので、縦ブレは取りにくく、まず横ブレを先に・・。
 普通に組めば、縦ブレは、そんなに出ない、出た場合は、5本位締める様にして修正かな。
 今回、長谷川さんのは、交差してない方に1本、入れ替えて、張り、計測すると6位だった。
 まだ少し曲がっていたので、他のスポークテンション、10だったので、そこまで張り、曲がりがなくなった。
 リムは曲がってないので、簡単に張りだけで、元に戻ったので、良かったですよ。
 久しぶりに、自転車屋さんの話に、でも良い事ですよね、自分が使っているものですから。
 今回のうんちくは、これで終了です。


おはようサイク 20-48

9月 5日(土) 天気 晴れ
予報にずれが出てきたか、朝からいい天気に恵まれた。
 もう土曜日? って感じもあるが、とにかく走る準備です。
 グローブ、ヘルメットのバンドなど、汗で汚れたものを洗ったので、確認しながらです。
 掃除をした、フラットロードを車に積んで、家を出て堤防へ。
 「藪川橋」手前で、ロードの集団、今日は2チームに分かれて・・ って感じだった。
 参加者 7名 (後藤、今木、多和田、和田、田中、西川、私)

日差しは厚く感じるが、風は涼しくなった感じもする。
 多和田さんに、振れ取した車輪を渡し、状況を話ししながら、準備をする。
 今日のメンバーなら、「横蔵」回りだね・・ と言いながらスタートする。
 
最近、なんとなく走る時から、空腹感がある。
 途中エネルギー切れ! も有って、体重は増えてるのになあ!
 今回も、途中で、和田さんらが前に出たのに、付いて行く元気が出ない。
 遅れて、前に出た西川さんにも、じりじりと、遅れる始末だ。
 「揖斐校」の方から「谷汲」へ行くだろう、後藤、今木さんは後ろだしね。
 
「岡島橋」交差点、赤信号停止、間が詰まらず。
 西川さんは、前に追いつき「前島橋」を渡って行ったので、私は、直進する。
 行けたら、「川口橋」を渡って・・ と思いながら、走るが駄目でした。
 「井ノ口橋」袂を右折、「東の山トンネル」を抜けて、「谷汲」へ変更です。
 「広域農道」で、車ですれ違った、ロードチームとすれ違う、後ろのチームは、「303号」交差点手前だった。
 国道を、南の方から? どのコースを走っているのかな? 人数が減った? 頑張ってるよね。
 
トンネル前の上り坂、両側の並木にまだ花が咲いていた、癒されるね!
 歩道を走っている途中、無灯火のサイクリスト、やっぱり危ない。
 一人走りは、マイペースなので良いけど、やっぱり楽しくはないですね。
 頑張る気にもなれず、下ってそのまま「昆虫館」到着です。

先についた、後藤、今木さんとともに、休憩。
 風は時折、ほんの少し、それを探すように、うろうろする。
 若い男女のサイクリストが、駐車場に・・ 女性も走りそうな自転車を。
 会話する事は無かったが、多くなりましたねえ、女性のサイクリストも。
 
9:15 まだ、先のメンバーが来ない、どうせ離されるので、先に出る事にした。
 追い付かれるだろうから! という想定、だったんですけどね。
 ゆっくり走る中、「谷汲口」右折で、今木さんが先頭に。
 少し間をあけ、2番目を走る、3番目が後藤さんだ。
 
「分水嶺」を過ぎて、堤防道路、少しの向かい風の中、快調な走り。
 時速28キロ、同じ鉄チンロード、力強い走りです。
 力が入って居る制なのか、左右への蛇行が大きい、後ろを走ると、良く判る。
 重いギヤで踏んで、腕で支える人は、出やすいように思う。
 そんなことを思いながら、スピードメーターが、30キロを示す時も。

結局、下道に入っても、多和田さんらに、追い越される事は無かった。
 今木さんが、何キロ位で走ってた? そうか、スピードメータ付いて無いだっけ! と思いながら、28キロほど! と返事。
 一瞬、30キロも出てた! (私) やっぱり、マウンテンより早いなあ! 軽いし! だって。
 マウンテンバイクとは、同じ力で、3キロほど早くなる感じだね。

店内に入って間もなく、和田さんが飛び込んできた。
 やっぱり、同じようにスタートしてたら、完全に置いてきぼりだったね。
 皆が(田中さんは用事で、帰った)そろって、コーヒータイムです。
 何時に出た? 9時15分! 途中で追い越されるだろう! と思ってね。
 そんな会話をしながら、汗を沈ませました。
 途中、児玉さんが来て、会話の中に、終わって外で、スタンドやバックライトの付け直しをする。
 何時もながらの元気に、こっちも元気をもらって、頑張らなくちゃ!!

 

おはようサイク 20-47

8月30日(日) 天気 晴れ
何と無く、快調な感じで起床、顔を洗って着替えをする。
 余裕だと思っていたが、7時の音楽(町内放送)が流れて、慌てて家を出る。
 参加者 5名 (後藤、和田、高橋、西川、私)

参加人数も少ないが、このメンバーなら「横蔵」行きますか! になる。
 何と無く、むしむしする感じの中、ウオーミングアップを、時速18キロほどで走る。
 風は無い様な感じ、「ゆ~みんぐ」を回って、からスピードを決めることにした。
 
「ゆ~みんぐ」を回って、北へ! やっぱり向かい風を感じる、不思議なものです。
 此処までは向かい風があっても、ぐるっと回って、反対の北に向いても向かい風? あるんだよねえ。
 とりあえず先頭に居るので、このまま先頭で走ります。
 時速23~4キロ、ケイデンスは87回ほど、このままで、「平野庄橋」交差点です。

スピードを上げ、時速26~27キロ、ケイデンス95回です。
 これでどこまで行けるかですが、途中でダメでした!
 「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、後藤さん直進した! との声があり、「揖斐校」の方から・・ と思った。
 「前島橋」を渡って右折、途中下って登りの所で、エネルギーがなくなった。
 先頭交代でなく、そのまま最後尾で、遅れてしまい、そのまま「朝鳥公園」到着。

駐車場は、ほぼ満杯、ランニングを終えた人らが、集まって休憩中だった。
 私らも、トイレと水分補給、休憩です。

道路に出るのも、最後尾、なんとなく足が重い。
 追いつく元気と気力もない、暑い日の体力消耗は、きついねえ。
 
「横蔵」までの直線道路、和田さんらが下ってきてしまった。
 それでも上までは・・ 上って駐車場、自販機でジュースを買って、一気飲み、下ります。
 1番軽いギヤにして、急坂を上り、トンネルからは下りです。
 遅れて、「昆虫館」到着、休憩だ。

皆より、一足先にスタート、ゆっくり行くためだ。
 「谷汲口」右折のため止まって、後ろを見ると、高橋さんが来た。
 2人で走り、「分水嶺」堤防は、時速28キロ、何とかなりそうだ。

「大野橋」を過ぎたところで、西川、和田さんに追い越される。
 良い処で来たな! って感じだったが、ついて行けずに間が空いた。
 ジュースのおかげで、空腹感はほとんどないが、力が出ない。
 終りに近くなって、力が出てきた感じもするが、もう夏バテかもね。

「泰山木」ゴールするも、後藤さんの車はなく、帰った様子だ。
 今日のモーニングは、パンを追加して、特別食だ。
 昨日は、1番走ってないのに、今日は、最悪の走り、ダメでしたね。
 

おはようサイク 20-46

8月29日(土) 天気 晴れ
夜が、上手く眠れないのは、皆同じ? 何と無く、眠い感じで、走る準備をする。
 準備をして居るだけで、汗ばんで来る様な、暑い朝だねえ!
 頑張って運動しないとダメなので、負けない様に、自転車を車に乗せ、家を出る。
 20分過ぎの到着なので、大分集まって来ていた。
 参加者 9名 (簑浦、内藤、後藤、西川、田中、多和田、長谷川、和田、私)

1班は「横蔵」~ 3班は、途中で考える・・ スタートします。
 何時もの様に、雑談をしながら、17キロほどでウオーミングアップ。
 道端の雑草が、大きくなって、西側は、景色が見えなくなってしまった。
 
今日の走りは、皆バラバラになってしまった。
 「平野庄橋」東交差点、を過ぎたところで、
 和田、多和田、長谷川さんの3名、「朝鳥公園」休憩、「横蔵」~「谷汲」
 「三町大橋」下をくぐり、「揖斐川堤防」に入ったところで、 
 内藤、西川、田中、後藤さんの4名 「川口橋」~「井ノ口橋」周回
 箕浦さんと私の2名、「川口橋」を渡って、内藤さんらと「朝鳥公園」休憩。

3班の私ら2名、時速22キロ、早くは無いが、余り無理をせず、長い時間走る。
 走りながら、坂を上りたくないので・・ 平坦なコースを設定したんです。
 熱いことも有って、後ろの箕浦さんに、声をかけ確認しながらだ。

「朝鳥公園」駐車場に入ると、和田、多和田、長谷川さんの3人がいた。
 少し間を置いて、内藤さんが入ってきた。
 一緒のはずの西川さんら3人が来ず。
 和田さんら3人は、「横蔵」に向け、スタートしていった。
 (しかし、後で話を聞くと、「横蔵」は和田さんのみ。
  多和田、長谷川さんは、茶畑コース「谷汲」、それもお互い追突トラブル。
  車輪を破損し、戻ってきた。)
 箕浦さん、私は、予定通り、堤防を走って、「岡島橋」を渡って、「葬祭場」下の駐車場へ。
 心配だからと、内藤さんは、「川口橋」を渡って、戻りで「葬祭場」下の駐車場で合流。
  (西川さんらは、「井ノ口橋」から茶畑~「谷汲」だった)

「葬祭場」下の駐車場、個々の休憩は、久しぶりです。
IMG_3514 (編集済み).jpg
IMG_3515 (編集済み).jpg
 暑い暑い! と、言いながら、今年は、「谷汲」コースが多いんですね。

「山水川」堤防を走るのも、久しぶりです。
 桜並木下、日陰になって涼しいと思ったけど、思ったより、歯が散って居て、余りありがたみ無しだった。
 昨年もこんなだったかなあ? なんて思いながら、空閨を楽しむ。
 ヌートリア発見! でもすぐに、茂みの中へ、逃げて行ってしまった。
IMG_3516 (編集済み).jpg
「泰山木」ゴールは、私らが最初だったが、順に皆が戻ってきて、コーヒータイムでした。
 こんなバラバラでの走りも、そうは無いと思う。
 モーニングの後、箕浦さんと話していた、”カキ氷” を、食べる。
IMG_3519.jpg
 今年初のかき氷です! 冷たくて、最高でした。 (西川、内藤さんも)

外へ出て、多和田さんの前輪を。
 スポークが曲がって、リムが大分触れてしまっている。
 長谷川さんのは、後輪、スポークが1本折れ、同じくリムが振れてしまっている。
 扁平、しかもストレートのスポークなので、車輪のメーカーで有るかどうかだね。
 2人の車輪を預かることにした。

おはようサイク 20-45

8月23日(日) 天気 晴れ
天気予報が変わって晴れ? 寝起きが悪く、2度寝状態で、起きたのが6:45、やばい!!
 急いで走る準備をして、玄関へ、こんな時に限って車が後ろ、車を入れ替え、自転車を積んでと。
 7時15分過ぎ、家を出て集合地へ、みんな集まって居る所に、何とか間に合いました。
 参加者 9名 (後藤、和田、内藤、高橋、長谷川、杉本、西川、清水、私)

昨日「横蔵」行って無い様なので、行きますか! 40分過ぎにスタート。
 若い、杉本さん先頭だね! とか言いながら橋を渡って左折、堤防に入る。
 高速の橋脚を過ぎたところに、向こう側からサイクリスト、おはようございます! 。
 すれ違う寸前まで、清水さんだとは思わず、清水さん?  参加です。
 全然走れてなくて・・ と言いながら、合流する。
 
このメンバーなら、無理して先頭を走る事も無いので、最後尾です。
 「ゆ~みんぐ」を回って、向かい風が少し、でも良い感じの風だ。
 先頭は、杉本さんかな? 何時もの様に、少し間をあけて、走ります。
 昨日、回したので、足の付け根、お尻側に違和感、筋肉痛のようなものを感じる。
 そんな事を思いながら、でも、ギヤを下げて、ケイデンスを上げていきます。
 「高速道路」下をくぐる辺りで、トイレで途中停止した和田さん、後ろに来ました。
 これで、メンバーが揃って、清水さんが先頭にならない事を、祈ります。

「平野庄橋」東交差点、青信号何とか皆と一緒に通過。
 スピードが上がって、時速25キロに、これ位なら何とかなりそうだ。
 グライダー練習場、黄色の機体が外に出ている、今日は飛ぶのかな?。
 すぐ隣の芝生の広場では、サッカーの練習姿が、少しずつ元に戻ってきた感じだ。
 もう8月も終わりだもんね、そろそろ平常にならないとね。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、左折、橋を2つ渡って右折、再び「揖斐川」堤防へ。
 スピードメーターは、時速24と25を行ったり来たりしている。
 風があるからなんだろうね、どうしても動いてしまう。
 でも1人で頑張って居る、流石に今日1番若いだけある。
 
「前島橋」を渡って向こう側へ、途中から清水さんが先頭に出たのかな。
 スピードが少し上がった感じ、少し落ちてきたから、助けてくれたかもね。
 先頭交代しても良いんだけど、若い杉本さんが・・ の話でスタートしたからね。
 向かい風の中、時速25キロでここまで来たら、立派ですよ。
 
「朝鳥公園」駐車場到着、トイレ休憩です。
 駐車場は、車で一杯、北側の角では、7~8人の男女グループが、バーベキューをしていた。
 自転車を降り、水分補給、皆もそれぞれ休憩です。
IMG_3511.jpg
 キャンプ場は、使用禁止になって居るので、川もなんとなく寂しい感じだ。
IMG_3512.jpg
 
道路に出て走り出すと、ヒヤッとした風が、涼しい! 思わず声を出す。
 ほんの少しの時間だが、やっぱり山に来た感じだね。
 「川口橋」前、2人の男性サイクリスト、古ぼけた自転車に跨り、長旅? 挨拶し追い越す。
 あんな感じでのサイクリング、憧れますねえ!
 いよいよ上り坂に、今日は頑張って、前を追い越すのでなく、この位置で走るんです。
 内藤、高橋さんが、何時もの様に、軽いギヤで足を回転させ、走って居る。
 私は、と言うと、ケイデンス70回ほどのギヤ、足に力はいるけど、良い感じだ。
 一定の登りでも無いし、下りも有るが、ギヤは変えずに、ケイデンスで調整する。
 長距離の中なら、ギヤを変えるが、惰性で下り、上りを頑張る、が、このサイクだ。
 そのまま走り切って「揖斐峡大橋」を渡って「303号線」赤信号停止。
 
水分補給をし、青信号で走り出し、トンネルへ。
 清水、杉本、長谷川さんも、前に行った感じだ。
 ここからは、上りが急になった所が有り、ギヤを1段落とし走るが、又戻した。
 トンネルが有る為か、上り勾配が分かりにくい、何時も自転車が、急に重くなったように感じる。
 上り終え下り、右へカーブして、平坦な直線道路、ギヤはそのままなので、スピードダウンです。
 左手を出し左折合図、後ろから、行くの! みたいな声がした。
 登りになるがギヤはそのまま、時速20キロ、途中少し急になるもそのまま。
 下の駐車場を過ぎ、橋を渡って右カーブから、上りがきつくなるが、そのまま時速17キロ。
 徐々に落ちてくるが、今日はそのままのギヤで登り切る。
 駐車場には、先についたメンバーが休んでいた。
 1番奥でUターン、そのまま皆を置いて下ります。
 途中で、フロントギヤをアウターにするが、踏み込むのはやめて、回すだけにする。
 清水、杉本、長谷川さんに、追い越されるが、これでないとダメ、休んでいてはね。
 急坂は、ギヤを落とさないと登れません、中間でもう1段落とし、上り終えます。
 前方に2人(杉本、長谷川)が見える位置で、アップダウンに入る。
 トンネル前の少し長い登り、頑張って間を詰めようと、スピードアップ。
 何とか頂上で、追いつけた位置まで行って、下りに備えて、フロントをアウターに ?? チェーンが外れた!!
 止まったすぐに、高橋さんらに追い越され、直しているところに後藤さん等が来た。
 オーバルギヤなので、ゆっくり回しながら変速するのだが、小さいところで、変わったんだね、きっと。
 嵌めなおして、再び走り出します。
 トンネル内は涼しいし、下りなので最高! このままの下り時速48キロ。
 この自転車では、安定感が少し心配になるが、前傾姿勢で下りを、楽しめ! って事です。

頑張って走る事も無いので、普通に時速28キロほど、すれ違うサイクリストも有り、挨拶です。
 アップダウンも、下り傾向なので、楽な感じで走れる。
 最後になってしまった感じで、「昆虫館」駐車場へ。

癖になってしまった感じで、自販機のマスカットのジュースを、買ってしまった。
 清水さんが、男性サイクリストと話し、「関サイクルツーリング」にスタッフ参加・・ 話の中へ。
 ”サイクリングクラブちゃりんこPit” の話などをする。
 一緒に走る機会が出て来るかもね? 嬉しいですね。
 親子でサイクリングの2人、小学生の男の子かな、マウンテンバイクで良いですねえ!。
 皆と、どこから? とか、楽しく談笑のひと時だったね。
 
道路に出るのは、何時ものように最後尾からです。
 誰のペースで行くかが、問題ですが、清水さんが「根尾」の方に行く、ので「谷汲口」で別れです。
 右折の時に、少し間が空き、工事中の信号通過、スピードを上げ、何とかいっしょに行けた。
 「万代橋」を渡り右折したところで、自転車の若い男性3人かな、追い越す。
 挨拶をしながら追い越したが、スピードが出ていたので、解ったかどうかは?だ。
 
「分水嶺」を過ぎて、スピードが上がって来た様だが、時速28キロほど、遠慮してるな。
 このメンバーなら、和田さんしびれ切らせて、前に出るか? 後ろは楽しいですね。
 尻を見ながら、後ろ走るより、先頭を気分良く、走れば・・ 思うのですが。
 「大野橋」を過ぎても、状況は変わらず、横に行って、西川さんに出させるか、なんて事も。
 でも今日は辞めて、少し間を置いて、後ろから眺めることにした。

「藪川橋」下をくぐって、上り坂は、間をあけて一気に登る。
 「真大橋」下をくぐって、1人そのまま登り切って、再び堤防へ。
 息が戻った所から、スパート!! それを2回やって、下をゆっくり入っている皆より先に、「泰山木」ゴールです。

スマホのアプリを確認すると、走行距離 51.1キロ になって居る。
 自転車のメーターとは少し違う? 自転車ではなく、背中のバックなので、休憩で歩き回ったのも、計測されるんですね。
 突然、白木さんが登場! と言っても、自転車でなくバイクだ。
 自転車には、全然乗ってないので、太ってきて・・ 確かに、全体にふっくらしてる。
 中型バイクの免許を取ったらしいので、自転車が、より遠くなってしまったかな。
 早く自転車に戻らないと、重くて乗れなくなるんだから! 皆で、共通の心配。
 騒がしくというか、和気あいあいに、と言うか、楽しい時間を過ごして、終了だ。