おはようサイク 21-06

2月14日(日) 天気 曇り
今日も、朝から暖かい、ネックウオーマーもつけずに、走る事にした。
 フラットロードを車に積み込み、余裕で家を出る。
 昨日と同じように、男性サイクリストとすれ違う、このところ団体とはすれ違わないなあ!
 「三水川」堤防、ジョギングのグループ4人ほど、季節だなあ!
 パン、ジュース210円也、買って集合地へ。
 参加者 6名 (後藤、高橋、杉本、西川、和田、私)

西川さんのバイク、今日は ”ヨネックス“ テニス、バドミントンなどの、カーボン技術を生かして、制作されたもの。
IMG_3917.jpg

今日は少ないねえ! どこ行く? 昨日と同じ、「川口橋」行く!
 先頭交代の練習してみるか! 先頭何分? 決めずに、自分でいいところだよ!
 とか言いながら、コースは決定です。

まずは、ウオーミングアップ、堤防に入ってすぐ、写真を撮るのに停止です。
 高速道路、インターから東への工事が、進んでいるんです。
IMG_3788.jpg
 走り出してすぐ、橋の橋脚の所に、和田さんが止まっている、トイレか! スルーです。
 「下座倉大橋」からスピードを上げ、「ゆ~みんぐ」を回って少ししたところで、追いつき追い越す。
 時速24キロ、風の状態から、26キロまで行けそうな感じだった。
 少し走って、交代だ、次は杉本さん、「神戸大橋」下をくぐり、堤防へののぼり、早いなあ!
 少し走って交代、良い感じだね! と思いながら「平野庄橋」交差点停止。
 走り出してから、スピードアップ、時速26キロへ。
 交代! と言いながら、順に変わっていくが、速度が上がったので、後ろへの下がりがうまくない感じだ。
 それと間が空くようになって、スムーズでなくなってきた。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、左折し橋を渡る所で、右折したら止まって! と声をかける。
 再び「揖斐川堤防」に入ったところでストップ、時速24キロにしようか! 速過ぎて上手く交代出来ないな。
 そう言ううと、交代前に、手を上げたらどうかな? とのアイデアが、そうする事に。
 和田さん来ないねえ! トイレだと思うんだが、少し早すぎたかな。
 でも追いついてくるよ、きっと! 行きます。
 時速24キロにして、先頭交代、スムーズになってきた感じだ。
 とにかく、先頭になったからと言って、頑張りすぎないことだ。
 スピードを変えない、前が居なくなると、急に足に力を入れないとダメなので、ブレが出る。
 この練習が必要だし、タイミングもね。
 後の話だが、手を上げると同時に、右へ寄られると、後ろが大変。
 手を挙げ、後ろが 一呼吸して OK! となったら、右へ寄ることも必要。
 
先頭交代を繰り返しながら、「井口橋」直進時、スピードが20キロに、遅いよ! と声をかける。
 再び24キロ、まだまだ行けるはず、そんな𠮟咤をしながら、走ります。
 民家の間なので、注意は必要ですが、いけないことはない。
 カーブあり、上りも感じるので、大変なところだけどね。
 少しばらけた感じだが、「川口橋」を渡って左折、下りが入る所でも、速度を上げずに行くと、追いつける。
 皆そろって「井口橋」を渡って、元の体制が出来た。
 また同じように、先頭交代をしながら、「303号線」を横切る。
 のぼりが少しづつきつくなってくる、速度落ちても良いよ! と声をかける。
 トンネル前の登りは、西川さんが先頭、追い越さずに私、杉本さんが続く。
 横に並びそうになるが、ここまでで追い越さないので、杉本さんも同じ状態で、上り終える。
 横断し、歩道に入る所で、私が先頭になってトンネルに入る。
 出て下り、そのまま惰性のみで下って、カラ回しから24キロで、普通に力が入る。
 とにかく、時速24キロを維持し、「あられ工房」前の小さなアップダウン、T字路を右へ。

先頭で、「昆虫館」到着、何時もの様に、場内を周回すると、反対側から、皆も入ってきた。
 2周回して、停止し、ラックに自転車をかける。
 隣りの自転車ラックに、トレックのロードバイクが2台、男性サイクリストが居た。
 すみません、写真撮らしてもらっていいですか? 西川さんの、ヨネックスのバイクです。
 乗ってる人が少ないからだろうね、ステーが細いんですねえ! 自転車談義だ。
 その後、どこから? どんな集まり? 等々、話をする。
 笠松の人だったかな、毎週走って居るのを、うらやましがられました。
 人数が少ないと、なかなか回数が、ままならないんですよね。

先頭交代の件は、大満足!! って、雰囲気だね。
 後ろに下がるのに・・ どうしてもスピードに・・ とか、話に。
 とにかく、メンバーを見て、また実施することになった。

戻りは、高橋さんが、時速30キロ維持する、つもりで走るので、皆そうする事に。
 ただし、後ろにつくのでなく、3~4メーター開けて、走る事。
 風よけを作らず、それぞれが先頭で、走る感じだ。
 スピードアップで、追い越し禁止、遅れての追い越されは、有りで、その人の後ろについてよし。
 「分水嶺」を過ぎてからね! と言う事で、走り出しました。

下り基調の間に、フロントをアウターへ、リヤは、30キロで87~92回ほどのギヤへ、変更する。
 この辺は何時もの様に、後ろについた形で、走って居る。
 結構向かい風を感じるが、堤防に出てもこんなだったら、きついかもね。
 「万代橋」手前も向かい風、これはダメかもなあ! 少し心配になった。
 緩やかなのぼり、結構いいスピードで皆走って居る、張り切ってる感じだ。
 「分水嶺」を過ぎ、堤防に入ると、向かい風はほとんどなし、良かった。
 スピードが上がり、時速30キロ、各自の間が空いてきている。
 前を走る、後藤さんの、腰が動くのが、気になる、サドルが高いんだろう。
  (終了時、確認すると、やはり高かったみたいで、調整するとの事)
「大野橋」を過ぎると、相田が狭くなってきたので、もっと間をあけるように指示する。
 どうしても、いつもの癖が出てしまう、そんな感じですね。
 それほど、前を気にしなくていいので、走りやすいと思うが、疲れます。
 でも、良い感じで走ってますねえ!

「薮川橋」下をくぐって、堤防へののぼり、時速アップし登りきる。
 間が詰まったが。そのまま、前に行って、杉本さんに、「真大橋」下をくぐったら、また堤防に上がって! と頼む。
 途中から、スパートダッシュ30秒、やってクールダウン、ゴールにするので、と言って後ろに下がる。
 橋の下をくぐって、再び堤防に上がり、さあ! 30秒 ダッシュ! と声をかける。
 皆、順番にスピードアップだ。
 ギヤはそのままで、力を入れる、38、40,42キロ、頑張れ!!
 前を追い越して、2番目になって、クールダウンです。
 走ったあ! って、感じで、「泰山木」ゴールです。
 走行距離 43.5キロ 平均速度 18.8キロ 
IMG_4179.jpg
 距離は、昨日と同じだが、平均速度が、0.6キロほど遅い? 多分、休憩時間が昨日より長かったからだと思う。

最後、力出なかったあ! 何キロ出た? とか、いつもとは、違う話題に。
 今日は、後藤さんが、足に来たみたいだね。
 3メーター位離れても、風の影響受ける? 受ける感じだよね。
 それで、もっと離れる様に、言ったのよ! いい経験だと思うし、いい運動だよね。
 最後のスパート30秒、練習するといい、スタミナが付くと思うよ。
 高橋さんへ、何時も同じケイデンスだけで走るんでなく、たまには、遅いケイデンスで走る事の大事。
 登りでも、常に軽いギヤでなく、頑張れる足の状態で、ギヤを変えるようにする。
 足、腰、腕を同時に使う、その筋肉や体感を鍛えられるから。
 いつもとは違う走りなので、ものすごく新鮮で、面白かったねえ!
 ロードバイクの魅力を、満喫した感じ、なのかな、またやりたいね! で終わりました。
 和田さん、どうしたかな? きっと「藤橋」に行ったよ! ってことで。