おはようサイク 21-04

2月 7日(日) 天気 晴れ
2日続けて走れます! 昨夜の雨で、路面は濡れては居るが、大丈夫だ。
 少しづつ暖かくなっても来ている感じで、嬉しくもなりますなあ!
 家の者が、起きてきたところで、玄関に出て車へ。
 参加者 6名 (後藤、和田、長谷川、高橋、西川、私)

昨日、車輪(ダブルバテッドスポーク使用、西川さんの)試乗した後藤さん、今日は私が。
 タイヤが25Cなので、95PSI(23C100PSIなので)にして、試走です。
 
メンバーから見て、「井口橋」~「昆虫館」コースです。
 風が少し冷たさを感じる、それほど強くはないので、走るにはいい感じかもね。
 堤防に入って、ジグザグに走ってみる、違和感はない。
 路面からの振動、するのは同じだが、なんとなく優しい感じがする。
 
「ゆ~みんぐ」を回って、スピードアップ! ケイデンスしか動いてない。
 後輪に磁石がついてないので、作動してないんでした。
 92回位だから、23キロ位だろう! 風も強くなくいい感じだ。

「平野庄橋」東交差点からは、もう少し上げて97回。
 時速26~7キロだと思いながら、先頭のまま走る。
 河川敷運動場の所で、先頭交代、後ろに下がる?? 長谷川さんがいない。
 声もかからなかったので、大きな問題はないと思い、そのまま後ろにつく。
 「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から左折橋を渡って右折、後ろを確認するも、姿が見えない。
 先頭を引くのは、西川さん、どうしてもスピードにブレがある感じだ。
 和田さんに代わっても、同じようにブレが出ている、難しいよね。
 少しして、再度西川さんが先頭へ、入る場所がまずいなあ! と思いながら、走る。
 また変わると、今度は和田さんが先頭、終わってから、西川さんとも話すが、2番目に入るんでなく、最後尾に入る。
 そうする事によって、5人居れば、順に交代が出来る様になる。
 
「井口橋」袂を右折、高橋さん前に出て! 和田さんからの声で、高橋さん先頭です。
 ケイデンスから、時速28キロ位で走ってた感じだから、息切れした様子だ。
 案の定、「303号線」を過ぎて少し走ったところで、高橋さんから遅れてきた。
 仕方がないので、前に出て高橋さんの後を追う。
 高橋さんは、ここからが強いからね、高回転で軽く回し、上りもそのままだ。
 少し遅れて、トンネル前の上り坂に入る、見ると1番軽いギヤ、こっちは3枚目だ。
 少しづつ詰まってきて、何とか最後に追い抜くことができた。
 横断し歩道に、高橋さん、前行って、ライト点かないので! と言って、後ろに。
  (車輪交換したので、オートライト使えないんです)
 トンネルを抜け、そのまま行って良いよ! と声をかけ、休まずに下りへ。
 ペダルを水平にし、おしりを後ろに下げ、体制を低くしての下り。
 高橋さんに近づいてくる、空気抵抗の関係だねえ! 彼が踏み出したので、そのままだったけどね。
 少し間をあけたままで、後ろを走る、高橋さんも、思いっきり頑張ってる。
 
「昆虫館」到着、駐車場をゆっくり3周回して、自転車ラックにかける。
 すぐ後に、長谷川さんが入ってきた、どうかした? いや、ちょっとヘルメットが・・ との事。
 ヘルメットに違和感を感じ、直して遅れ、トンネル中で、追い越してきたようだ。
 その後に、西川さん等も、皆到着し、休憩です。

汗が冷たくなってきたので、戻ります。
 ゆっくり帰ろうよ! 和田さんの声、あてにならないからなあ! と思いながら、道路に出る。
 なぜか先頭で出たが、天気もいいし、下りなのでそのままスピードアップする。
 このメンバーなら、気にすることもないし、天気もいいし、つい力が入る。
 「谷汲口」右折の時、後ろを見たら、誰もいない? それほど早かった?
 適当に走って居れば、追いついてくるだろう! と思い、そのまま走ります。
 山の陰になる所は、まだ路面が濡れていて、跳ねが上がりそうなので、ゆっくり走る。
 「万代橋」からのだらだら上り、頑張って踏み込んだので、後ゆっくりになる。
 「分水嶺」右に入る、後ろを見ると、後方に2人いる感じだ。
 向かい風を感じながら、待って一緒に行くか? 追いかけさせたほうが、楽しいかも! 行け!! です。
 サイクリングは、尻を見ながら走るんではないんです。
 青い空、流れる川は、青く澄んできれいだし、向かい風はきついけど、この風景は最高です。
 回転数が上がらず、87回ほどのケイデンス、ギヤからして、時速28キロだろう!
 「大野橋」後は、まだ離れたまま、やっぱり向かい風で、皆きついんだ。
 ギヤを変えてみるが、足が回らず、戻して走る、相変わらず、90回行くかってところだ。
 中間ごろから、下っている感がなくなり、膝の上に疲労が来た。
 高橋さんが、帰りの堤防は、時速30キロで走るはずなので、来るはずなんだけどなあ。
 息も上がってきて「薮川橋」下をくぐって、Y字路、一旦停止、まだ来てない。
 ダンシングして再び堤防へ、エネルギー切れ寸前、ペダルが遅くなってきた。
 80回ほどなので、26キロまでないかもしれない、「新大橋」下をくぐる。
 下道へ左折の所で、後ろに誰か、長谷川さんだった。
 二人でクールダウン、会長、途中で遅くなるだろう! と思ったけど、遅くならないんだもの! 言われた。
 高橋さんが前だったみたい、途中遅くなったので、追い越して追ってきた、とのことだった。
 良かったですなあ! 前にいると、頑張れるでしょう! 私の弁。
 高橋さんも、追いついてきて、「泰山木」ゴールでした。
IMG_3782.jpg
 走行距離 39.4キロ  平均速度 18.7キロ

汗だくで、ジャケットを脱ぎ、ヘルメット、グローブも、車において店内に入る。
 走りすぎたあ! って、後藤さんの隣へ、座り込む。
 前半、あれだけ走って、帰りはもうダメでした! 西川さん。
 やっぱり、車輪のせいだわ! と言い訳は、私です。
 第2ラウンド予定の、「岐阜 梅林公園」は、無くなってしまって、申し訳ない。
 それほど走ってしまいましたが、たまには良いことです。

自転車談義は、ツーリング車の事、歳を取ると、体に優しいクロモリが良いとか。
 ゆっくり走って、コーヒーを作って飲んだり、ご飯を炊いて食べたり、が最高だねえ。
 ガンガン走ったり、名所巡りも良いけど、今年は、こんな事もやって見たいもんだ。
 そんな年寄りサイクみたいなもので、盛り上がってしまった。
 
後ろの皆で、上手く先頭交代してたら、もっと手前で追いつけたと思うのですがね。
 行きのコースで、西川さん、和田さんが後退しただけなので、あれで疲れるよね。
 交代の仕方を話しする、列の後ろに下がる、2番目でなく、最後尾へ。
 5人居れば、順に変わり、今度は5回目に先頭になる。
 それと、先頭に出ても、スピードアップしないで、維持する。
 あまり頑張って引かない、2分、3分でも、自分でいい時に交代する。
 練習するなら、1キロづつにするとか、決めるのも手かもね。
 そんな話を、外に出てから、後藤、西川さんの3人で話し、終了だった。