おはようサイク 21-02

1月31日(日) 天気 曇り、晴れ
昨日は、積雪のため、走れず、モーニングのみだったけど、木村さんが来てくれた。
 坐骨神経痛を患ったらしく、走ることがしばらく無理な様子だ。
 今年は、名所旧跡巡りを、考えているので、走れるように頑張ってほしいなあ!

今日は、道路に雪はないが、夜中の雨で、路面は濡れている。
 とりあえず、走る準備をし、玄関に、東から日の光、西は灰色の雲が垂れている。
 フラットロードを車に積んで、家を出て堤防へ、?? フロントガラスに雨粒が。
 道路端には、まだ水たまりが残っているので、走るのは無理? と思いながら、コンビニへ寄る。
 パンとジュースをもって、「泰山木」駐車場につく。
 後藤、西川さん先着、和田、今木さん自走到着、路面濡れていることもあり、先にモーニングをすることに。
 参加者 8名 (今木、後藤、西山、和田、多和田、高橋、杉本、私)

直前に、朝食をしてきた今木さん、一人先にスタートです。
 モーニング中に、杉本、高橋さんが加わり、道路の渇きを待ちました。
 
外に出て、自転車を車から降ろし、エアーを・・ タイヤを新しいのに交換したので、あまり入ってなかったんです。
 シューズを履き・・ 皆の方は? もう終わってるではないか。
 先に行く! と言う事で、「川口橋」から「葬儀場」で休憩! コースを確認する。
 完全に遅くなり、橋を渡って左折堤防道路、メンバーが見えず1人サイクリングだ。
 ウオーミングアップをしている場合じゃないので、初めから20キロオーバーで走るが、皆の姿は見えず。
 風はあまりないのが救いだ、「焼却場」からの煙を見ると、上に伸びているので、「ゆ~みんぐ」を回っても、あまり風はなさそうだ。
 
1人といっても1人ではないので、走りには力が入る。
 「高速道路」下をくぐって「平野庄橋」東交差点、タイミングよく、青信号通過。
 道路はし、水たまりが続いているので、少し中央寄りを・・ 車が来ないのがよかったあ!
 Y字路を左へ、速度を24キロへ、何とかこれで行けそうな感じ。
 この辺になると、乾いて居る所が多くなって来たが、端は雪が残っている。
 河原も田んぼも真っ白、白と黒の水墨画の風景を、見ている様だ。
 「三町大橋」手前、路面が濡れて、端の下へ下るところは、雪も見られた。
 北へ来るにしたがって、積もっている雪が、多くなってきたので、乾きも好きなくなってきた。

再び「揖斐川」堤防に、やっぱり濡れている、路面の傾きによっては、流れているような筋も。
 前輪から、しぶきが前に飛ぶのが見える、後ろにも上がってるんだろうなあ!
 そんなことを思いながら、先を急ぐことにする。
 時速24キロ、ケイデンス97回、足の付け根に違和感は、何時ものことだ。
 信号交差点、ここも青信号通過、いいタイミングだが、休めないのも困るね。
 ここからは、どっち側を走っているかだなあ! 私は、直進することに。
 旨く行けば、すれ違うか、「朝鳥公園」で、トイレ休憩していると、追いつけるかもね。
 水溜りが出来て居る処もあって、濡れもひどくなって居る様だ。
 親子で、堤防斜面を使って、ソリ遊びをしている所を、通り過ぎる。
 「井口橋」手前で、写真を撮るべく停止する。
IMG_3771.jpg
IMG_3772.jpg
「井口橋」袂を直進、両側に民家があるので、雪のため、より狭くなってきた。
 向こうから、赤いウエアのサイクリスト、和田さんだ。
 “早いなあ!” と言いながらすれ違うが、1人だけだった。
 「川口橋」端にはまだ雪が残っている。
 左折する、右側が山なので、雪解け水が流れて、帯状になっている。
 雪がドサッ っと、音を立てて落ちてきて、びっくりしたりだ。
 右側の「朝鳥公園」を望みこむ、誰もいないようだ? どこ行った?
 Y字路左、途端にワダチ、真ん中にも雪が残っている。
 親子で、ソリ滑りをしているし、右端に逃げれないし、こっちに出ないでよ! って感じだ。
 右下の道路に、和田さん、戻って来た様だ。
 真ん中に雪があるのは、ずっとかな? と思いながら、端の下をくぐると、無かったので、良かったです。
 和田さんは「井口橋」を渡って、反対側へ。
 風のせいか、時速28キロにアップするが、ソリ遊びの子供らがいたり、注意しながら走る。
 ジョギングに付き添って、自転車の親子、お年寄り夫婦のウオーキング、暖かいからね。
 
「岡島橋」を渡りながら、和田さんを確認できた。
 ここからは、一緒にした道へ、Bコースに入って、「303号線」です。
 トンネルを走って、下り、日陰のところは雪が道路にはみ出ている。
 左側駐車場、みんなの姿を確認、到着です。
 
「川口橋」から、「303ごうせん」にでたようで、あわなかったわけですね。
 10分ほど前についた様子、寒くなってもいけないので、戻ることにした。
 のんびり走ると、寒いので「大野橋」コースにしますか!
 
東側の出口は、日陰で雪があり、入ってきたところから、道路に出る。
 前回、凍り付いていた道路は、大丈夫だった、やっぱり暖かいんだ。
 「大野町」の北の端、「泰山木」の辺りより、雪が多い。
 久しぶり「総合グラウンド」横を走って、だらだら上り、交差点ストップ。
 信号交差点は、全部ストップだった。

「大野橋」を渡って右折、合図し、先頭交代です。
 和田、西川さんの2人、間が空いたところで、多和田、高橋さんが前に出る。
 高橋さん、30キロで走る! 言ってたから、頑張ってるなあ。
 私は、時速28キロを維持、少しすると、前が4人一塊になった。
 後ろには後藤さんがいる感じ、このまま走る。

「薮川橋」の下をくぐって、合流地点は、片足をチョンとつき、再スタート。
 ギヤはそのまま、堤防へののぼり、30キロにアップし走りきるが、その後がダメで、26キロに。
 エネルギー切れで、足に力はいらず、少しして戻ったけど、ダメだったねえ。
 なんとか、28キロに戻して「真大橋」下をくぐり、下道へ。
 少し走って、交差点、個々の一旦停止も、片足をちょっとついて、左右確認、スタートです。
 クールダウンに入ると、後ろに後藤さんが来た。
 ちょうど40キロになりそうだ! いい運動だったねえ! そんな話をしながら、ゴールです。

片づけを仕様とした処に、白バイが走ってきた、だれかスピード違反した? そんな話に。
 少しして、サイレンの音、誰か捕まったな! そんな話をしながら、自転車を車に。
 高橋さんが、立て掛けた自転車の所で、何か変わったのを気が付かない? ??
 ハンドルのバーテープが、ピンク色のものになってる、気が付きませんでした。
IMG_3773.jpg
 でも意外と、フレーム、タイヤの色とマッチしてるんですよね。
 1人で巻けるようになったのも、大したもんです。
 
今回の、コースです。
 走行距離は、40キロでした。
IMG_3774.jpg