おはようサイク 20-51

9月19日(土) 天気 曇り
急に朝の気温が下がって、ベストの着用を・・ でもまだ、無くてもよさそうだ。
 これから少しの間、服装で悩ましい時期になる。
 首の後ろに付けるものは、要らなくなったが、すぐに帽子が要る様になるね。
 サイクルコンピューターの移動をしてなかったので、バイクは、トレック1500です。
 参加者 7名 (後藤、今木、和田、西川、飯沼、Oさん、私)

駐車場に着くと、初参加予定の、Oさんが来ており、西川さんと談笑中でした。
 皆がそろったところで、紹介をして、スタートしました。

今日のコースは、「揖斐校」の方から「谷汲」コースです。
 橋を渡って左折、堤防道路、脇の雑草が綺麗に除草され、周りがすっかり見える。
 飯沼さんが、“ヒガンバナ”が少ない? 遅いのかなあ? そう言われると、見当たらないですね。
 川の傍に3~4本あるだけ、除草しても、1番の伸びて、花を咲かせるんですが、ありません。
 時速18キロほどで、ウオーミングアップ走行、少し肌寒い感じもする。

「下座倉大橋」を過ぎたところで、和田、西川さんの2人に、スピードアップさせる。
 多分、3グループになるだろうし、飯沼さんと2人、ゆっくりサイクです。
 これで、乾燥して来ると、最高のサイクリングの季節、なんですけどね。
 時速21キロ、今日のサイクリングスピードです。
 「平野庄橋」東交差点、赤信号停止の、私等だけ遅れたが、すぐ前で、待っていてくれました。
 それでもすぐに又、間が空いて、3グループになってしまった。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から、「303号線」信号交差点を右折する。
 田んぼの中の道路、横を川が流れて、里山の風景ですよね。
 上り坂に入る、対向車が何台かある、「谷汲」との行き来が結構ある感じだ。
 それほどきつくも無いので、十分登れる感じ、後藤さんとの間は空いてきたけどね。
 頂上のトンネルを抜け・・ 後藤さんは、下った様子なので、私等も、続きます。

「昆虫館」到着は、最後でしたが、良い運動でした。
 休憩している間、結構な人数のサイクリストが、左右に通り過ぎて行った。
 季節も良い事から、もっと増えるかもね。
 Oさんは、用事が有り、ここから戻るとの事で、別れました。
 
戻りも、最後尾スタート、でも何時もと違い皆がゆっくりだ。
 このまま行ってくれると、サイクリングで終わるんだけどね。
 「谷汲口」右折すると、前のグループ4人と、飯沼さんとの間が開いてきた。
 マイペース、マイペース! 急ぐ事は無い! そんな感じです。
 
 「分水嶺」根尾川の方
IMG_3529.jpg 
 堤防下から、扇のかなめの所に、水が出てきて、
IMG_3530.jpg
 開いた所から「糸貫川」と「真桑用水」へ、流れる。
IMG_3531.jpg
 「揖斐川」からも、形は違うけど、あちこちに水を取り入れてるところがある。
 こんな所を巡って見るのも、面白いかも知れない。
 一人走りになるが、ゴールまで追い付ければ良い。
 あまり頑張らずに、走りを楽しみながら、スピードアップ。
 「藪川橋」の手前で、追い付く事が出来た。
 5メートルほど後方を、ケイデンスは97回ほどで、走ります。
 「真大橋」下をくぐって、坂の途中から、下道へ。
 クールダウンコースになり、走りながら話す、久しぶりなので、疲れた! だって。
 熱くも無いので、走りやすかった、ようだが、頑張りましたですね。

「泰山木」でのコーヒータイムです。
 もうそろそろホットでもと思うが、今回は、アイスにしました。
 “自転車道“ 先月購入した本、自転車の構造、材料、色・・等、うんちく本みたいな本だ。
 知らないけど、聞く所が無い、と言うか、そんな専門的なところのある本。
 でも読んで行くと、なるほど! と納得行く事や、やっぱり、良かった! と言う事も有り、面白い本だ。
 その中での話題、”ベアリング”の事、セラミックにすると、軽くなる! B/B変更や、ガイドローラーを変更したが、感じられなかった。
 本では、ほとんど判らないでしょう! チェーンを洗浄し、軽くした方が大きい! やっぱり、と言う感じだ。
 まだ読み終えてないので、しっかり読みたいと思っている。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント