おはようサイク 20-45

8月23日(日) 天気 晴れ
天気予報が変わって晴れ? 寝起きが悪く、2度寝状態で、起きたのが6:45、やばい!!
 急いで走る準備をして、玄関へ、こんな時に限って車が後ろ、車を入れ替え、自転車を積んでと。
 7時15分過ぎ、家を出て集合地へ、みんな集まって居る所に、何とか間に合いました。
 参加者 9名 (後藤、和田、内藤、高橋、長谷川、杉本、西川、清水、私)

昨日「横蔵」行って無い様なので、行きますか! 40分過ぎにスタート。
 若い、杉本さん先頭だね! とか言いながら橋を渡って左折、堤防に入る。
 高速の橋脚を過ぎたところに、向こう側からサイクリスト、おはようございます! 。
 すれ違う寸前まで、清水さんだとは思わず、清水さん?  参加です。
 全然走れてなくて・・ と言いながら、合流する。
 
このメンバーなら、無理して先頭を走る事も無いので、最後尾です。
 「ゆ~みんぐ」を回って、向かい風が少し、でも良い感じの風だ。
 先頭は、杉本さんかな? 何時もの様に、少し間をあけて、走ります。
 昨日、回したので、足の付け根、お尻側に違和感、筋肉痛のようなものを感じる。
 そんな事を思いながら、でも、ギヤを下げて、ケイデンスを上げていきます。
 「高速道路」下をくぐる辺りで、トイレで途中停止した和田さん、後ろに来ました。
 これで、メンバーが揃って、清水さんが先頭にならない事を、祈ります。

「平野庄橋」東交差点、青信号何とか皆と一緒に通過。
 スピードが上がって、時速25キロに、これ位なら何とかなりそうだ。
 グライダー練習場、黄色の機体が外に出ている、今日は飛ぶのかな?。
 すぐ隣の芝生の広場では、サッカーの練習姿が、少しずつ元に戻ってきた感じだ。
 もう8月も終わりだもんね、そろそろ平常にならないとね。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防、左折、橋を2つ渡って右折、再び「揖斐川」堤防へ。
 スピードメーターは、時速24と25を行ったり来たりしている。
 風があるからなんだろうね、どうしても動いてしまう。
 でも1人で頑張って居る、流石に今日1番若いだけある。
 
「前島橋」を渡って向こう側へ、途中から清水さんが先頭に出たのかな。
 スピードが少し上がった感じ、少し落ちてきたから、助けてくれたかもね。
 先頭交代しても良いんだけど、若い杉本さんが・・ の話でスタートしたからね。
 向かい風の中、時速25キロでここまで来たら、立派ですよ。
 
「朝鳥公園」駐車場到着、トイレ休憩です。
 駐車場は、車で一杯、北側の角では、7~8人の男女グループが、バーベキューをしていた。
 自転車を降り、水分補給、皆もそれぞれ休憩です。
IMG_3511.jpg
 キャンプ場は、使用禁止になって居るので、川もなんとなく寂しい感じだ。
IMG_3512.jpg
 
道路に出て走り出すと、ヒヤッとした風が、涼しい! 思わず声を出す。
 ほんの少しの時間だが、やっぱり山に来た感じだね。
 「川口橋」前、2人の男性サイクリスト、古ぼけた自転車に跨り、長旅? 挨拶し追い越す。
 あんな感じでのサイクリング、憧れますねえ!
 いよいよ上り坂に、今日は頑張って、前を追い越すのでなく、この位置で走るんです。
 内藤、高橋さんが、何時もの様に、軽いギヤで足を回転させ、走って居る。
 私は、と言うと、ケイデンス70回ほどのギヤ、足に力はいるけど、良い感じだ。
 一定の登りでも無いし、下りも有るが、ギヤは変えずに、ケイデンスで調整する。
 長距離の中なら、ギヤを変えるが、惰性で下り、上りを頑張る、が、このサイクだ。
 そのまま走り切って「揖斐峡大橋」を渡って「303号線」赤信号停止。
 
水分補給をし、青信号で走り出し、トンネルへ。
 清水、杉本、長谷川さんも、前に行った感じだ。
 ここからは、上りが急になった所が有り、ギヤを1段落とし走るが、又戻した。
 トンネルが有る為か、上り勾配が分かりにくい、何時も自転車が、急に重くなったように感じる。
 上り終え下り、右へカーブして、平坦な直線道路、ギヤはそのままなので、スピードダウンです。
 左手を出し左折合図、後ろから、行くの! みたいな声がした。
 登りになるがギヤはそのまま、時速20キロ、途中少し急になるもそのまま。
 下の駐車場を過ぎ、橋を渡って右カーブから、上りがきつくなるが、そのまま時速17キロ。
 徐々に落ちてくるが、今日はそのままのギヤで登り切る。
 駐車場には、先についたメンバーが休んでいた。
 1番奥でUターン、そのまま皆を置いて下ります。
 途中で、フロントギヤをアウターにするが、踏み込むのはやめて、回すだけにする。
 清水、杉本、長谷川さんに、追い越されるが、これでないとダメ、休んでいてはね。
 急坂は、ギヤを落とさないと登れません、中間でもう1段落とし、上り終えます。
 前方に2人(杉本、長谷川)が見える位置で、アップダウンに入る。
 トンネル前の少し長い登り、頑張って間を詰めようと、スピードアップ。
 何とか頂上で、追いつけた位置まで行って、下りに備えて、フロントをアウターに ?? チェーンが外れた!!
 止まったすぐに、高橋さんらに追い越され、直しているところに後藤さん等が来た。
 オーバルギヤなので、ゆっくり回しながら変速するのだが、小さいところで、変わったんだね、きっと。
 嵌めなおして、再び走り出します。
 トンネル内は涼しいし、下りなので最高! このままの下り時速48キロ。
 この自転車では、安定感が少し心配になるが、前傾姿勢で下りを、楽しめ! って事です。

頑張って走る事も無いので、普通に時速28キロほど、すれ違うサイクリストも有り、挨拶です。
 アップダウンも、下り傾向なので、楽な感じで走れる。
 最後になってしまった感じで、「昆虫館」駐車場へ。

癖になってしまった感じで、自販機のマスカットのジュースを、買ってしまった。
 清水さんが、男性サイクリストと話し、「関サイクルツーリング」にスタッフ参加・・ 話の中へ。
 ”サイクリングクラブちゃりんこPit” の話などをする。
 一緒に走る機会が出て来るかもね? 嬉しいですね。
 親子でサイクリングの2人、小学生の男の子かな、マウンテンバイクで良いですねえ!。
 皆と、どこから? とか、楽しく談笑のひと時だったね。
 
道路に出るのは、何時ものように最後尾からです。
 誰のペースで行くかが、問題ですが、清水さんが「根尾」の方に行く、ので「谷汲口」で別れです。
 右折の時に、少し間が空き、工事中の信号通過、スピードを上げ、何とかいっしょに行けた。
 「万代橋」を渡り右折したところで、自転車の若い男性3人かな、追い越す。
 挨拶をしながら追い越したが、スピードが出ていたので、解ったかどうかは?だ。
 
「分水嶺」を過ぎて、スピードが上がって来た様だが、時速28キロほど、遠慮してるな。
 このメンバーなら、和田さんしびれ切らせて、前に出るか? 後ろは楽しいですね。
 尻を見ながら、後ろ走るより、先頭を気分良く、走れば・・ 思うのですが。
 「大野橋」を過ぎても、状況は変わらず、横に行って、西川さんに出させるか、なんて事も。
 でも今日は辞めて、少し間を置いて、後ろから眺めることにした。

「藪川橋」下をくぐって、上り坂は、間をあけて一気に登る。
 「真大橋」下をくぐって、1人そのまま登り切って、再び堤防へ。
 息が戻った所から、スパート!! それを2回やって、下をゆっくり入っている皆より先に、「泰山木」ゴールです。

スマホのアプリを確認すると、走行距離 51.1キロ になって居る。
 自転車のメーターとは少し違う? 自転車ではなく、背中のバックなので、休憩で歩き回ったのも、計測されるんですね。
 突然、白木さんが登場! と言っても、自転車でなくバイクだ。
 自転車には、全然乗ってないので、太ってきて・・ 確かに、全体にふっくらしてる。
 中型バイクの免許を取ったらしいので、自転車が、より遠くなってしまったかな。
 早く自転車に戻らないと、重くて乗れなくなるんだから! 皆で、共通の心配。
 騒がしくというか、和気あいあいに、と言うか、楽しい時間を過ごして、終了だ。
 

おはようサイク 20-44

8月22日(土) 天気 晴れ
夜も暑いので、なかなか上手く眠れない、そんな日が続いている。
 雨の心配はなくなったが、その分暑い! トイレ、洗顔を済ませ、着替えをする。
 この時点で、汗がにじみ出てくる感じ、バックのベルトが、何と無く湿っぽいし。
 自転車を車に積み、家を出て「藪川橋」の所で、ロードの集団とすれ違う。
 参加者 9名(簑浦、飯沼、後藤、多和田、和田、西川、田中、谷、私)

今回は、ゆっくりでも、「横蔵」周りするか・・ で、スタートする。
 橋を渡るので坂を上っていると、途中で止まって居る2人のサイクリスト。
 自走参加の、飯沼、谷さんの2人だった、一緒に橋を渡って左折、堤防に入る。
 久しぶりに、箕浦、飯沼さんがそろって、楽しそうに話しながら、ウオーミングアップ走行です。
 これだと、全員で「横蔵」は無理かも・・ と思い、第1班は「横蔵」回り、3班は「谷汲」コース。
 確認しながら、後方に下がって、3班に入る。 (簑浦、飯沼、後藤、私の4人だね)
 
「下座倉大橋」を過ぎると、2チームに分かれて、3班は後ろにまとまる。
 何となく、最後尾になったので、このまま走って見る事にした。
 1班は、一塊になって走って居るので、1度離れた距離はそのままで、走れて居る。
 「神戸大橋」下をくぐる時に、縦1列になって、その後はその隊列で、進むことに。

「平野庄橋」東交差点、過ぎると、どんどん間が空いて、何時もの状態へ。
 こっちは、箕浦さんが先頭だ、後藤さんが先頭でも良いんだろうが、殆ど見た事が無い。
 私は、少し間をおいて、同じ速度で走る、サイクルコンピューターは、23キロ。
 向かい風もほとんど無いので、箕浦さんは行けると思うが、飯沼さんが付いて行けるかだな。
 76,76,73,72歳の4人組、熱中症に気を付けて、走らないとね。
 
 速度は別にして、ギヤを落とし、ケイデンスを103回、練習だ。
 前のスピードが上がると、ケイデンスが110回を超える、なので良い練習になる。
 離れて走って居るので、風の抵抗があり、適当に力も入る。
 覚え始めは、息が上がってきたが、今は100回なら、普通に走れる感じだ。 
 ただ、軽く回せるだけで、時速30キロで・・と言われると、さすがに無理だけどね。

「三町大橋」まで来ました、飯沼さんも2番目で、頑張って走って居ます。
 ここからは、どこコースで峠まで行くか? お任せで、後ろから行くだけだ。
 橋を渡らずに直進、「303号線」交差点手前を左に、「303号線」に入って少し走る。
 横断して北へ、Y字路を右 じゃなく左だ! 田んぼの中の道路です。
 交差点を右折 あれ、直進? 右だよ! って後藤さん、2人行き過ぎて停止、戻ります。
 たまには、来んな事も有ります、決してボケた訳では有りませんから。
 坂までの間、止まって歩くかも! (飯沼) 俺もダメだわ! (簑浦)の会話。
 じゃあ、俺も歩くから、ピクニックするか! 私も、歩きに付き合う事にした。
 登りに入る、後藤さん先頭で、少しづつ先に行き、2人との間が空く。
 ゆっくり、ケイデンス50回程、軽くはないがゆっくり、追いつかないように走る。
 歩くか? と思いながら、上っているうちに、これが最後の登り! 結局、上り切ってしまった。
 上ってしまったんでないの! と言いながら、トンネルへ、涼しい! でも短いかな。
 出た所で、後藤さんが止まって居て、皆、止まって小休止だ。
IMG_3504.jpg
 ここからは下り、でもこちら側、標高が高いので、思ったより短いんです。
 小さなアップダウンがあって、「谷汲」交差点前は、なだらかな上り坂になって居る。
 そんなコースなので、それほど早いスピードにはならない。
 飯沼さんの後姿を、確認する格好で、景色を眺めながら、走ります。
 「谷汲」交差点を、2段右折して「昆虫館」到着です。

先着の、私等だけで休憩、水分補給をする。
 上り坂の話、やっぱりライバル心? 各自が、自然と頑張ってしまい、上れた! みたいな話だ。
 茶畑の登りは、ダメだけど、途中になだらかになる所があって・・ (簑浦さん)
 ちょうど良い距離なのかな、それほど急でも無いし・・ (飯沼さん)
 まあ、とにかく良かったですよ! たまには、歩きたかったけどね! なんて、私。
 あまり休んでも・・ と思い、9:10になったら、スタートすることにした。

9:10先に戻ろうか! と言いながら、自転車に跨った所に、多和田、谷さんが到着です。
 3人はそのまま出て、状況確認と、谷さんと話したかったことも有り、私はストップ。
 暑過ぎるので、「朝鳥公園」駐車場で、ゆっくり休憩した、そんな状況の様だ。
 谷さんと、ツーリングペダルの件で話、彼はこの後「伊自良湖」の方に・・ なので、グッドタイミングでした。
 
前の3人を追います。
 何時ものペースなら、それほど頑張らなくても、追いつけるだろう、と思いながら工事中の信号停止だ。
 すれ違うサイクリスト、何時もの様に、挨拶を交わしながら走ります。
 「万代橋」では姿を確認出来ず、「分水嶺」の所で、何とか確認する。
 周りに何もない堤防に入ると、向かい風があって、それほどスピードは出てない感じだ。
 「大野橋」袂を横断するところで、追い付く事が出来、一緒に横断する。
 間をあけて、後ろを走って居ると、横に西川さんが来た。
 休憩を短くして、先に来た! との事、そのまま前に行ってもらう。
 何時もの様に、後藤さんが続き、箕浦さんが途中息切れ、飯沼さんは、マイペースで頑張る。
 少しづつ間が空いて、1人づつ走って居る感じになる。
 頑張って走ってるので、そのまま後ろから、離れて走ります。
 「藪川橋」下をくぐって、堤防への登りは、時速29キロ! 間が詰まってブレーキング。
 そんな走りをしながら、楽しんで「真大橋」下へ。
 どうする? と思っていたら、飯沼さんが直進、再び堤防へ上がった。
 最後に頑張りますねえ! 惰性が有ったから! とは言うものの、何時もながら、頭が下がります。
 堤防からの風景を、存分に堪能しながら、走り切って「泰山木」ゴールです。

店内に入って、間もなく、1班の皆も、順に到着した。
 話によると、「朝鳥公園」での休憩が長くなって、「横蔵」で無く、戻って「井ノ口橋」~「谷汲」だったみたい。
 暑いからね、その時その時に合わせて、コース変更は、アリです。
 とにかく、汗びっしょりで、コップの水はすぐ無くなりますしね。
 水差しの水も、お代わりを貰う、これも何時もの事ですが。
 モーニングを食べながら、雑談をし、汗も引いた頃に、解散です。


 
 
 

おはようサイク 20-43

8月16日(日) 天気 晴れ
久しぶりに、トレックマドンに乗って見ようと、サイクリングジャージーを、上下そろいのものにする。
 十数年前、ドイツで購入したもの、何となく、以前より余裕がある感じだ。
 自転車はトレックマドンを出してきて、車に乗せ、駐車場に向かう。 
 参加者 6名 (後藤、今木、内藤、和田、西川、私)

想像したとおり、何? 今日は? って、ビックリされた。
 自転車も、サイクルコンピューターが、240,66の走行距離が出てきたので、5月の自走琵琶湖以来だね。
 たまには、気持ちだけでも、ロードマンになって、体形確認にも最高ですよ。
 ビッグプーリーを見て、実際軽くなるんですかね? 踏んで軽さは実感ないが、自転車を引くと…。
 そのまま自転車を引く、ペダルが付いて回る! これだけ、チェーンに抵抗が無いと考える。
 その分、軽くなっているんだろうね。
 そんな話をしながら、みんな集まったようだ。

“池田山行かない?” と言う声があり、決定です。
 橋を渡って左折、堤防に入った所で、停止、スマホのアプリとバッテリー繋いで無かったんです。
 遅れて走るが、皆が思ったより早い、ウオーミングアップのはずなんですがね。
 コースは判って居るし、後ろからゆっくりと、マドンを楽しむことに。
 ブレーキの上に手を乗せると、前傾姿勢、首が上がらない! って感じだ。
 「ゆ~みんぐ」を回って、昨日より向かい風が強い、でも気持ちが良いねえ!。
 前の皆が小さく見える、先頭が誰か解らない、そんな距離がある。
 ケイデンスを90回に乗せ、スピードもそれなりに挙げ、後を追う。
 
「平野庄橋」東交差点、何とか同じ青信号で通過、それにしても、早い感じだ。
 信号停止のことも有って、少し間が詰まって、先頭が今木さんだと判る。
 ケイデンスを97回ほどへ、少し間を詰めて、このまま・・ 時速25キロ、やっぱり早い。
 此の向かい風、落ちるか? でも、先頭交代西川さんかな、少しすると、又今木さんの様だ。
 時速24キロで後追いすると、離れなくなった、でも先頭交代されると、離れる感じだ。
 こっちは、初めから先頭を走ってるのと同じなので、きついのは良く判る。
 それにしてもこの向かい風、やる気になってる! 良い事だねえ!
 
「三町大橋」下をくぐり、上った所で、皆が止まって居る? どうした! 問題なさそうなので、通過する。
 スピードを落として、時速14キロで走りながら待つことに。
 橋を渡って右折、後ろに誰か来た。
 皆来てる? って聞くと、来ないよ! と和田さんの声がした。
 そのまま、時速13キロで走行、待つことにした。
 少し走って、先に行ってて良いよ! と、先に行ってもらう、和田、西川さんだった。
 私は、そのまま時速13キロで、「前島橋」交差点、後ろを確認するが、今木さんらの姿は見えない。
  (後で判った事だが、来ないよ! と、言ったのは、来てない! で無く、コースを変えて、来ない! と言う事だった。)
 もしかしたら、「三町大橋」を渡って、途中から「ふれあい街道」? 思ってスピードアップする。
 ゆっくり走ろう・・ が、しっかり走る事になってしまった。
 「井ノ口橋」を渡って、山の方に向かうが、2人の姿は見えない。
 時速30キロだが、2人も早いからなあ! 何とか姿を発見、残念ながら赤信号でした。
 橋を渡って右折、「蘇生の泉」到着し、2人と合流です。
 ここで、来ないよ! の意味が解りました。

とりあえず、「蘇生の泉」の水で水分補給、冷たくて美味しかった。
IMG_3492.jpg
IMG_3494.jpg
 駐車場は、仕切りがしてあり、ガラーンとしている。
 2台ほど、水のみに来た車くらいで、静かなものでした。

さあ! 山登りしますか! と言いながら、走り出す。
 北側からの入りは、結構楽なコース、後ろから上りに入る。
 何時も通り、余り軽くせず、ゆっくり上る事に。
 西川さんは、立ちこぎしてる、練習してるんだろう。
 長めの登りで、何となく前に出てしまう、ダメですねえ!
 そのまま下って又登って、「大谷公園」今木さん等は居ない? そのまま通過。
 上って下って、左側「池田町」の町が眼下に、最高の景色だ。
 「霞間ヶ谷」にも姿が見えず、そのまま通過、下り下りることに。
 もう1回戻って見る? 西川さんOK! 和田さんNO! 止めます。
 
県道に出て左折、そのまま走る。 (後で考えると、ゆっくりで無かったよね)
 横風に吹かれて、32キロ、信号交差点が無ければ、最高の走りです。
 片側2車線、自転車としては、走りやすい。
 「神戸町」交差点、前方にサイクリスト、居ました今木さんチームです。
 「平野庄橋」への上り坂、途中で追い越し前に出ます。
 これで、一緒に戻れるので、スピードダウンです。
 橋を渡って下ったところの交差点、走り出す時に後ろに下がります。
 和田さんが来てない! 置いて来てしまった? でもすぐ来ると思います。
 それにしても暑いです、首には日除けがして有るが、それでも暑さを感じる。
 汗をかく体には成っては居るが、水分補給をっしっかりしないとね。
 「根尾川大橋」上り坂、最後内藤さんが、車道を頑張って先頭へ、後を続く。
 「泰山木」ゴールは、汗びっしょりです。

店内は、結構混んでいて、一番奥の窓側の席へ。
 見たことのある顔、自転車修理に行った事が有る、横の席に座り込んだ。
 私だけ、その人と話をして、時間を過ごしてしまった。
 途中で、多和田さんが、バイクでモーニング参加でした。
 涼しくなったら、南側から走って見ようと思う・・、頂上まで・・ は、無いかな!

おはようサイク 20-42

8月15日(土) 天気 晴れ
通年なら、「お盆休み」なので、サイクリングも休み、なのだが、今年はコロナで、暇だろう! と走る事にした。
 白い雲が少しあるが、青空が見えて、太陽の光が差し込む、夏空になってきた。
 駐車場には、西川さんが先着、とりあえず1人ではない。
 後藤さんが来たが、私服姿、暑いので・・ 続いて和田さんが来た。
 参加者 5名 (今木、和田、西川、杉本、私)

ゆっくり「横倉」回りコース・・ でのスタート、どうなりますやら。
 ウオーミングアップのはずが、早い! ここから時速20キロを過ぎてる。
 今木さんが、リヤデレーラーが治った、クロモリロードで来たので、全体に早くなっているかな。
 「ゆ~みんぐ」を回って、少し走ったところで、途中から「谷汲」行く・・ (今木さん)
 4人で「横倉」になる、自然と先頭は何時ものことか。
 向かい風が少しあるので、無理をせずに走る事にした。

時速25キロ、ケイデンス97回、100Wくらいの抵抗になるのかな? ジムでやるエアロバイクより、少し楽な感じだ。
 やっぱりパワーメーターがあると、この辺が分かるのだろうね。
 心拍数で管理するのも、良いのですけどね、まだそこまで進んでいないね。
 最近やっと、スマホのアプリを使って、コース、距離など、確認出来る様になった。
 でも、スタートセットを忘れたり、モバイルバッテリーを忘れたり、今日は充電してなかった。
 和田、西川さんらは、ハンドル部にスマホをセットして、有効に使っている。
 まだまだそこまではね、効果的に練習するには、良いアイテムかも知れない。

「三町大橋」下をくぐり、中間堤防を走って、左へ、橋を渡って、再び堤防へ。
 今木さんは直進、「揖斐校」の方から、峠越え・・。
 昨日の夕飯が少なかったのか、腹が減ってる感じ、少し心配だ。
 熱いことも有って、消費エネルギーも、多くなるんだろうな、エネルギー切れが多い。
 「岡島橋」を渡って反対側へ、向かい風を強く感じる。
 山に近ずく関係で、風向きなども変わる事が有り、向かい風も変わる。
 速度、ケイデンスともに変わらず、心拍数は140台くらい(感覚だけ)かな。
 「井ノ口橋」下をくぐってから、「朝鳥公園」トイレ止まる? その方がいい! との事。
 私も賛成、エネルギー切れだったから。

「朝鳥公園」駐車場に入る。
 止まると暑い、木陰に移動し、トイレ休憩だ。
 ダメだ、エネルギー切れだ!! とか言っていると、西川さんが、これを・・ パンを出してくれた。
 遠慮なくいただく、本当に助かったです、まともに駄目だったんですよね。
 
トイレ休憩を終え、再スタート! まだ、パンのエネルギーが回ってこないので、馬力が出ない。
 ゆっくり走るしかない、上り坂、ギヤを落とし、70~80回のケイデンスになるようにする。
 スピードをいつもより、3キロほど落として、無理は出来ない。
 足に力は入るので、何とかなるだろう、空腹感も何とか無くなった感じだし。
 「昆虫館」でジュースを飲めば、何とかなりそうだし、無理は出来ない。
 坂の途中、杉本さんが横に、先に行って! と言ったが、下がってしまった。
 こんな走りの繰り返し、遠慮しなくても・・ と思うのですが。
 「揖斐峡大橋」から「303号線」横切ってトンネル、涼しくて最高ですねえ!。
 暫く続いて欲しい! これは全員の思いだよ、きっと、そんな涼しさだ。
 でも走って居れば、また日差しの中へ、暑い! 登りがきつい。
 こんなに急だったかよ! って思いながら、走り切って下り、少し走って左折だ。
 ダラダラの上り、ちょっと急なところは、スピードダウンしてしまった。
 橋を渡って、少し急になってそのまま上の駐車場まで、ここは頑張りどころ、でもきつい。
 何とか駐車場、そのまま一番奥でUターン、そのまま下ってくる。
 続いて急な上り坂、ギヤを下げて上るが、大きい方から3枚目で入る。
 ケイデンス50回までは、このままだが、途中の柔らかくなったところで、もう1段下げる。
 いつもこんな感じになってしまう。
 上り切ってギヤを戻しながら、なだらかな登り、トンネル前の登りで、杉本さんが前に出て、トンネルへ。
 中は涼しいし、下りだから最高、でも路面が濡れていて、跳ねが上がりそうだ。
 フロントのギヤを大きい方にし、下りが終わっても、時速30キロオーバーです。
 杉本さんは、前に見えるが追い付けず、そのまま「昆虫館」到着です。
 今木さんの姿が見えず、待ちくたびれて、先に戻った様子だ。
 
少しづつ間が空いて、全員到着、休憩タイム。
 自販機で、缶ジュースを買って、エネルギー補給、冷たいのがありがたい。
 「昆虫館」早く開いたので、中へ入ると、鈴虫の鳴き声が、久しぶりだ。
 2年前かな、クワガタを購入、増やし方を教えてもらったんですが、上手く行かなかった。
 そんな話をしながら、休憩でした。

戻りは、何時ものごとく、最後尾スタートです。
 走り出して間もなく、駐車場にいた、若い男性に追い越される。
 追いかけるスタミナが無く、そのまま見送るしかない。
 前方を走るメンバーも追い越され、「谷汲口」を直進、私らは右折する。
 「万代橋」すぐ下流には、多くの川遊びの人、テントなどが見える。
IMG_3490 (編集済み).jpg
 上流は、こんな風景ですね。
IMG_3491 (編集済み).jpg
 止まったので、さらに遅れ、今日のメンバーでは追いつけない。
 1人サイクリングを楽しむしかない。
 残念なのは、追い風にはならなかった、速度も当然ゆっくりだ。
 
先に戻った今木さんも一緒に、コーヒータイム。
 これだけ暑い日が続くと、体力自体が、落ちてくるのかもね。
 体重は増え気味だけど、上手く行かないモノですね。

おはようサイク 20-41

8月 9日(日) 天気 晴れ
今日も、空は白くなっている、でも晴れてるんだろうね。
 「藤橋」道の駅でモーニングを・・ と、言う事になって居るので、早く準備をし家を出る。
 集合時間までに「泰山木」で、モーニングをし、外に出る。
 メンバーの中に、兒玉さんが(昨夕ラインあり)通常コース参加の予定。
 おはようサイクコース 参加者 2名 (兒玉、私)
 「藤橋」道の駅でモーニングコース 参加者 8名 (内藤、和田、尚大、高橋、西川、田中、杉本、後藤)

皆を見送ってから、2人でスタート、今木さんが来るはず? (昨日、長野からの戻りが遅かったとのこと)来ず。
 コースは、相談のうえ「谷汲」コース(Dコース)に、兒島さんは初めてコースです。
 本人は心配している様子だが、今までの走りを見て、十分走れ切れる! と言いながら、ウオーミングアップ。
 「ゆ~みんぐ」を回って、時速18キロへ、クロスバイクだし、こんな具合かな。
 気持ちが良いですねえ! 最高です!! 何時もの元気な声が後ろから。

「平野庄橋」東交差点、止まると流石に暑い、青信号で再び走り出す。
 Y字路を左へ入ったところで、先頭交代! 後ろへ下がる。
 向かい風もほとんどないので、自分のペースで走った方が、気持ちいいからだ。
 後ろの方が、走り方など勉強に・・ と、言われるが、大丈夫だから! と交代です。
 走る事については、問題無しで、変速まだまだ理解していない事が有るので、後ろから見たいのもあった。
 スピードが上がって、時速22キロほど、やっぱり思ったより早い。
 僅かに上っているコースであるので、スピードの上下はあるが、いいペースだ。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防で前に出る、左折橋を渡って右折、これの誘導のためだ。
 再び堤防に入って、後ろに下がって、元の体制に。
 足もきれいに回っていて、綺麗なフォームで、本当に感心します。
 そのまま直進です!! と言いながら、「前島橋」交差点を通過です。
 スピードも落ちずに、スムーズに走れて居る。
 来ている上着が、レインコートのように長いので、風にひらひらしているのが気になるけどね。
 そんなことはお構いなしで、どんどん前に進んでいる。

「井ノ口橋」袂を右折、自信なく止まってしまう。
 この辺は女性、車とすれ違うのに恐怖を感じ止まったり、交差点で止まったり、が有るんですよね。
 前を走って居ると、見えないものが見えてくる。
 どうしても、端に寄れずに中央に出てしまう、左右に動きがある、とかね。
 「303号線」交差点で水分補給をして、また走りだします。

トンネル前の上り坂、ダメです! 登れません!! と言いながら、歩き出しました。
 私は、ゆっくり上っていると、勢いよくサイクリストの集団が、トンネルから下っていきました。
 トンネル入り口で、兒玉さんを待ちます。 (ライトが、点灯しなかったので)
 離れないように気を付けながら、トンネルへ入ると、前からサイクリスト、挨拶しすれ違う。
 トンネルを出ての下りは、兒玉さんが前を、まだ走れて居るので、大丈夫です。
 平坦になっても時速21キロほどで、「あられ工房」を通過。
 問題なく「昆虫館」到着です。

カチャカチャ音がする! と言う事なので、ギヤチェンジを確認する。
 ワイヤーが伸びてきた感じなので、前後のシフターワイヤーの微調整をする。
 ギヤの使い方の疑問? まだまだ、軽い重いが理解出来て居ない感じ。
 特に、フロントとリヤの関係が、解りずらいからね。
 ケイデンスが結構高いので、フロントをインナーのまま、リヤだけでギヤチェンジする! ことをアドバイス。
 特に今のバイクは、リヤのスプロケットが、大きくなって来ているからね。
 こんな話をしながら、休憩時間を終える。

戻りも同じように、前を走ってもらう。
 ここからは、何度か走っているコースなので、コースの支持もしなくていい。
 マイペースで、好きなように走ってもらうだけです。
 「分水嶺」を過ぎて、もう1段重くして! 重くするんですか? そうそう!
 ちょっと見て、もう1段重くして! 足きつくないでしょ? 大丈夫です!
 スピードが上がって、時速24キロほどへ。
 スピード上がったでしょう! 早くなったけど、足は楽な感じ!
 回転数と力のバランスが取れたんですよ! そうなんですね、気持ちいいです!!
 そんな会話をしながら「大野橋」を通過する。

最後の方は、少しスピードは落ちたものの、快調に走り切りましたね。
 年齢からすると、ポタリングクラブ員、そんな感じだが、走りはサイクリングクラブ員だね。
 ギヤは、フロントインナーでリヤの切り替えだけで、十分走れるし、まだまだ伸びそうだ。

私は、2度目のモーニング。
 いろんな質問を受けながら、楽しいひと時を過ごし、今日は終了です。

「藤橋」道の駅モーニングコースへのメンバーも、楽しかった様子。
 送ってくれた写メをアップします。
IMG_3488.jpg
IMG_3489.jpg
 どんな走りだったかわ、次回に聞くことにしましょう!

おはようサイク 20-40

8月 8日(土) 天気 晴れ?
梅雨が明けたにもかかわらず、すっきりした青空が無い、何となく霧がかかったような、感じの朝。
 右足、やっぱり肉離れかなあ! ランニングが出来ず、ウオーキングです。
 おっかないので、サポーターを付けて・・・ あまり格好良くないけどね。
 自転車は、トレック1500、サイクルコンピューター移動してないので。
 藪川橋の所で、10人ほどの集団が、1列になって堤防を北上、遅れた人が3人、頑張れ!!
 参加者 7名 (和田、西川、後藤、多和田、長谷川、田中、私)

このメンバーだと「横蔵」~「谷汲」コースか? と思いながらスタート。
 ウオーミング中、和田さんが横に来て、コース打ち合わせだ。
 明日「藤橋」行くので、あまり走らない方が・・ で、「川口橋」から戻って「茶畑」~「谷汲」になった。
 「下座倉大橋」を過ぎたところから、何時もの様にスピードを上げ、「ゆ~みんぐ」を回る。
 向かい風はほんの少し、やっぱりカラッとした風では無い。
 時速17キロ⇒21キロ⇒23キロと上げ、「神戸大橋」下をくぐる。
 堤防へ上がって、時速24キロにして「平野庄橋」交差点停止だった。
 すぐに青信号で、再び走り出し、下りを利用して時速26キロへ。
 Y字路を過ぎて、さらにアップしてみる、28キロだ。
 どこまで行けるか? と言う事も有るが、多和田さんが来てくれるだろう! 希望的観測だ。
 風もそれ程無いし、ロードバイクだもんね、行けえ! って感じだ。
 ケイデンス95回、いい感じで走れている。
 フラットロードとは、なんといっても前傾姿勢が違う、風の抵抗が少ない。
 
「三町大橋」下をくぐり、中間堤防は少しスピードを落とし、左折橋を渡る。
 右折の時に後ろを確認、?? 和田さんしか居ない?
 え! 誰も居ないの? 少し遅れて西川さんが来る! そう言われると、少し遅れて2人居る。
 どうする? って感じだったが、和田さんが付いてるし、行け! って感じだ。
 スピードを戻し、時速28キロ、汗びっしょりになってきた。
 心拍数も上がって、2度呼吸が上手く出来なくなっても来た。
 足と気力は、まだ走れそうな気分、頑張るしかない。
 「前島橋」交差点は青信号通過、「岡島橋」を渡って向こう側へ。
 まだ何とか走れて居る、多和田さんは来ないか? 目測を誤ったみたいだ。
 先頭交代するのも、癪だし、行ける所まで頑張るしかない。
 後ろから、「朝鳥公園」止まらない! トイレ休憩! 止まろうか! でまとまる。
 何とか、時速28キロで走り切って、「朝鳥公園」駐車場へ。
 少し遅れて、西川、後藤さんが到着、小休止。
 ランニングをしに来た夫婦、男性としばし、マラソンの話を。
 良いですねえ! 夫婦で共通の趣味を持つ、うらやましいね。
 
「川口橋」を渡って右折、反対側を走ります。
 僅かな下りを利用して、スピードを上げるのでなく、楽に踏みの走りだ。
 「井ノ口橋」袂を左折「広域農道」少しスピードを緩め、信号停止、和田さん来た。
 次の信号は短い、スピードを上げ何とか通過、「303号線」交差点を横切る。
 腹が減ってきた、なだらかな登りは何とか良かったが、最後の所でエネルギーが切れた。
 ギヤを落としてトンネル前の上り坂、ダメ! 和田さんに追い越される。
 ここで頑張ると、ハンガーノックになってしまうので、軽くです。
 
トンネルの中は、涼しく助かるー! でも、離されないのがやっと、って感じ。
 始めて追い越したあ! と、喜んでいる和田さん、でも本当に、エネルギーがなくなりそうなんです。
 下りは、惰性に任せて、少しづつ和田さんより遅れて、仕方ないですね。
 そこからは、省エネ走法で、軽く回すしかない。
 往路でのエネルギー切れは、ほとんど無かったはず、頑張り過ぎたんだね。
 「昆虫館」駐車場到着です。

自転車をラックにかけ、すぐさま自販機で、ジュースを買ってベンチに座る。
 ジュースがおいしい! とりあえず、エネルギー補給は完了です。
 そんなことをやってる間に、西川、後藤さんが到着、遅れて多和田、長谷川さんが到着だ。
 このメンバーだと、さすがに田中さんが、遅れての到着で、全員そろった。
 長岡さんを、上りで初めて追い越した! しばらく言われそうです。

戻りは何時もの様に、最後尾からスタートする。
 エネルギー満タン! では無い物の、このまま走れそうなので、後ろから眺めることにした。
 日差しが出てきたが、すっきりした青空では無い感じだ。
 走って居る時は良いが、止まると流石に暑い。
 すれ違うサイクリスト、何時もの様に、挨拶をしながら、すれ違う。
 
「谷汲口」車が来て、1人だけ遅れてしまうが、仕方がない。
 少し頑張って、「万代橋」手前までに追いつく。
 多和田さんが最後尾、と言うのもおかしいが、堤防に出たら前なんだろう。
 「根尾川」の水も大分少なくなって来た、水面を気にしながら、橋を渡る。
 右折し、上り、皆、思ったより良いスピードで走って居る。
 「分水嶺」を過ぎて、少しスピードが上がって、30キロほどになる。
 1列になって走る、ロードバイクの醍醐味だろうけど、私は少し離れている。
 一人遅れて・・ と見えてるのかもね。 そんな感じだ。

「大野橋」を過ぎ、ちょっと頑張ってみるか! スピードを上げ皆の横を追い越し、先頭へ。
 そのまま時速35キロほどで・・ やっぱりすぐ息切れ。
 でもすぐに和田さんが出てきた、と思ったら、今度は多和田さんだ。
 付こうとしたが付きけれず、離され、長谷川さんにも追い越される。
 でも刺激にはなったようで、役目完了! って、とこかなあ!
 置いてきぼりを食うのも、走る気を無くしてしまうが、少し頑張って見るのは、良い事ですよね。
 
「真大橋」下をくぐって、途中から左折をせず、再び堤防へ。
 1人だけだが、最後に頑張っては見たが、32キロが一杯だった。
 こんなんで、「泰山木」ゴールは、1番になってしまった。
 ダメだ、俺も和田さんみたいになってしまった! 明日からは、フラットロードにしよう!
 
店内は、涼しい風が吹き、コップの氷水が美味い。
 熱いお手拭きを顔に当てる、これも逆に、気持ちが良い。
 長谷川さんが、組合の役員で・・ からかな、そんな話になる。
 「宮城県」に居た頃は、”週休2日制” に、移行する時代でして・・。
 現在は、賃上げやボーナスにしても、会社自体での交渉は、あまりないのかな。
 大手が決まると、右習え! みたいな感じだし、やることが無い。
 選挙があると、それ何人演説会に出せ・・ とかね。
 大変だったけど、今思うと、面白かったねえ! やる事が有ったからなあ!
 そんな話をしながらの、コーヒータイムで、体も冷えたし、終了です。
 ちなみに、コップの水は、3杯飲んだかな。

おはようサイク 20-39

8月 2日(日) 天気 晴れ
雨は大丈夫! 天気は上々! 張り切って走る準備をし、玄関へ。
 自転車は昨日と同じ、トレック1500にして、車に積み込んで、いざ出発です。
 今日も多いかな? と期待をしたが、半分の人数になった。 
 参加者 7名 (今木、後藤、高橋、和田、内藤、西川、私)

天気も良いし、「横蔵」まで行くか! と言う事でスタート。
 ウオーミングアップしながら、コースの調整、今木、高橋、後藤さんが「井ノ口橋」~「谷汲」になる。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、何時もの向かい風が心地いい、サイクリング日和だね。
 
「平野庄橋」東交差点、再スタートは西川、和田、内藤さん、私の順。
 長岡さん先頭! 年長者に先頭走らせ無いの、後ろから行くから! と言いながら、楽をします。
 時速27キロほど、後ろから走るのもいいもんですね。
 西川さんは、いい感じでペダルが回っているし、和田さんは踏んでる感じ、内藤さんは軽く回転数で・・。
 ただ、どうしてもスピードの上げ下げがあって、少し離れたほうが、楽に走れる感じだ。
 
今日は、どうする? かっこよく先頭交代するかな? と思いながら、私は出る気なし!
 先頭交代! 和田さんが先頭、しばらくすると、西川さんが先頭、3人で交代、良いですねえ!
 「前島橋」能勢前の方で、うわっ! と、ガタン! とアスファルトの穴に、前輪を落としてしまった。
 後ろは、これがあるので怖いんですよね。 (とりあえず、問題はなかったです)
 橋を渡って向こう側に、和田さんが先頭になったが、間が空いてしまったので、前に出て追いつくことにした。
 そんな状態で、「川口橋」を過ぎ、登りに入る。
 ギヤはそのままで、和田さんの後ろを走ると、意識している感じで、頑張っている。
 こっちも遅れずに頑張って、後ろを走ることにした。
 前を走って、付いていこうとするより、後ろを走られると、頑張れるかもね。
 もう駄目だわ! と言いながら落ちてきたので、まだまだ頑張れる! と言いながら後ろ。
 スピードが戻ってくる、これはいい感じだぜ。 (遊んでいる)
 いい感じで「揖斐峡大橋」到着、渡って左側、トイレ休憩。
 少し遅れて、西川、内藤さん到着、トイレと水分補給の小休止。

「303号線」交差点を渡って、トンネルへ 涼しい!! 寒いくらいですが、ずっと痛い感じだ。
 抜けると暑さが戻ってくる、ダラダラの上り坂、ギヤを落として後方からの走り。
 和田さんが抜け出して、間が空いたので、スピードを上げ2人を抜いて、追いかける。
 先頭に出ないことにしたので、和田さんの後ろから、付いて走る。
 坂を下って右カーブ、直線から左折、また登りの直線道路、いい感じで走れている。
 橋を渡って、上りがきつくなる、ギヤを1段落として、和田さんも頑張っている。
 上の駐車場到着、和田さんは止まって水分補給、私は旋回して待つことに。
 和田さんスタート、あとに続く、西川さんが登ってきた、頑張れ!!
 いよいよ急な上り坂、ギヤを落として後に続く、何時もより軽くしているので、心拍数も楽な感じだ。
 昨日も頑張って走っている和田さん、少しきつくなって来たか? 私、昨日は、頑張ってないからね。
 トンネル前の上り坂、スピードが落ちてきたので ”和田さん! 最後の登り! ガンバ!!” 激励です。
 スピード上がって頂上、下りからトンネルの中も下りだからね。
 時速50キロ、でも少し離されてしまう、まあまあ 下りはこんなもんです。
 その後も、32キロくらいで走って「竹中公園」ほんの少し上っている。
 スピードが鈍ってきたので ”和田さん! ラスト!!” またスピードアップし、交差点通過。
 「昆虫館」駐車場、和田さんもすぐ止まらず旋回、クールダウンし停止です。

後藤さんチームが先について、休憩中に合流です。
 和田さんは、上着のファスナーを外して、汗だくで 帰りは、ゆっくり走るゾウ! だって。
 大丈夫だって、ペダルに足が乗ったら忘れて走るから! そんなことを言い返す。
 でも、たまには、こんな走りもいいもんです。
 誰も言ってくれないからね、置いてく事は有るけどね。
 よく走りました! 花丸だねえ!

昔の、名鉄電車カラー(赤白)の、3輪車が止まっていた。
IMG_3486.jpg
 運転席に乗せてもらって、写真を撮った。
 無料で、「谷汲さん 華厳時」山門まで乗せてくれるんだって。
IMG_3487.jpg
 もちろん ”無料” です。
 趣味でこの車? を購入し、ボランティアでやってるんだって、すごいですね。

今木さんは先に帰った、との事なので、6人で走ります。
 帰りは、何時ものように最後尾、のつもりでした。
 なんとなく中間に位置、メンバーとしては、心配ないので、このまま行く事にした。
 
「分水嶺」を過ぎて、「根尾川」堤防時速30キロ近い走り。
 和田、西川さんが先頭交代しながら「大野橋」を過ぎる。
 時速26キロほどになってきたので、内藤さん前! 先頭に出るとき 30キロで引け! とけしかける。
 スピードが上がって、いい走りになったが、あまり続かず、先頭交代です。
 でもこれもあまり続かず、スピードも下がってきたので、再度後ろにいた内藤さんに合図。
 前を引くように、声を掛けると、追い越して先頭へ、スピードが上がる。
 和田、西川さん少し遅れて、間が空いたので前に出て、内藤さんを追う。
 「藪川橋」下をくぐって、再度堤防に上がる前に、スピード落とさず坂上る! とけしかける。
 ?? 中間で息切れ、ぶつかりそうになって、慌ててブレーキングです。
 その後も頑張ってもらって、「真大橋」下から、下道へ。
 内藤さんにも走ってもらってしまった! でもたまにはいいよね。
 さすがに、後ろは遅れた感じ、誰も居ない。
 いや、楽しかったですなあ! いい運動になったでしょう!!

「泰山木」ゴール、後藤、高橋さんの方が、すぐ後に来ました。
 和田、西川さんがその後、これは少し意外でしたね。
 ケイデンスでなく、少し重くして走ったので、太ももが使った感じがする。
 汗びっしょり、席について、氷水がおいしいこと。
 家に帰ったら、一寝しないといかんは! 和田さんもきつかったみたいだが、満足げな顔つきだね。
 こんな走りをしたのは、何年ぶりかな? ほんとに、いい関係ですなあ!
 またやったろう! そんな感じでしたね。
 

おはようサイク 20-38

8月 1日(土) 天気 晴れ
やっと 梅雨明けだあ!! って感じ、朝から快晴の青空だ。
 迷うことなく、洗顔、トイレを済ませ、着替えをするんです。
 サイクルコンピューターを移動していないので、自転車は、トレック1500だ。
 ?? 表示が点滅? こっちも同じように、電池切れか? 電池も一緒に車に。
 さすがに日差しが厚い、車の窓を開けると、風はさわやかだ。
 駐車場につき、早速、測定器のボタン電池交換、点滅直らず! サイクルコンピューターの方を交換、直った。
 そんなことをやってる間に、メンバーが集まってきたね。
 参加者 13名 (後藤、箕浦、飯沼、多和田、長谷川、和田、尚大、谷、西川、田中、内藤、兒玉、私)

天気もいいし、さすがに参加者が多い、うれしいですねえ!
 コースは「横倉」~「谷汲」、「川口橋」から行けるかわからず、袂で停止、相談!
 そんな具合で、ワイワイガヤガヤのスタートになった。
 堤防に入って、ウオーミングアップも、賑やかな感じで、話し声が聞こえる。
 やっぱり天気がいいのが最高だね、空気も乾いてきている感じだ。
 前回は、2日とも走れなかったことも有り、箕浦、飯沼さんに無理はできず、「井ノ口橋」から「谷汲」だね。
 そんな話を、後ろに下がって済ませ、前に戻って「ゆ~みんぐ」を回る。
 少しすると、谷さんが前に来て、コースの確認をし、スピードアップ。
 若いメンバーも・・ あれ誰も続いて出ない? 間が空いて来たので、仕方なくスピードアップする。
 1人だけではかわいそうだもんね、私が上げれば皆付いて来るだろう!
 男女のサイクリストとすれ違う、初めて会う2人だと思う。
 高速の下をくぐる辺りで、谷さんの後ろに、そのまま「平野庄橋」東交差点、赤信号停止。
 青信号で、「横倉」チーム先にスタート、遅れて居る簑浦さんらを待つ。
 交差点で、バタバタして、箕浦さんの後ろと接触、後藤さん転倒。(幸い怪我無し)
 ゆっくりチームは、信号を1回遅らせてスタートです。

時速20キロ、少し向かい風を受けながらなので、これで走ることにした。
 前のメンバーは見えなくなって、4人だけです。
 平均年齢74歳、笑えそうなチーム構成ですね。
 ギヤを変えて、ケイデンスが97回ほど、ブレーキをもって前傾姿勢、保つ練習です。
 やっぱりハンドルが曲がっているなあ! 今日は特に気になって・・。
 堤防斜面、河川敷などの雑草は、水分をたっぷり吸ってか、生き生きとした緑一色だ。
 路面に移る後ろの影を確認しながら、ペダルを回す。
 走ってない影響か、太ももの付け根に違和感、運動している! って感じだね。
 
皆どうしているかな、「川口橋」から戻ってくるか? 思いながら、「岡島橋」を過ぎる。
 「揖斐川」の水量は少し多いようだが、濁りはほとんどなくなっている。
 順調に走ってきて「井ノ口橋」袂を右折、「広域農道」に入る。
 向かい風がなくなり、ペダルも軽くなった感じだ。
 「303号線」交差点でストップ、1回分余分に止まって、水分補給をする。
 
茶畑を見ながら、トンネル前の上り坂、両側の並木に、ピンク色の花が咲いて居る。
 癒されますねえ!
IMG_3483.jpg
 頑張って登ってきた、飯沼さん、箕浦さん
IMG_3484 (編集済み).jpg
IMG_3485.jpg
 トンネル中は、涼しくていいですねえ!
 汗が左の眼に入って痛い! 片目で走るしかないが、少しおっかない感じだ。
 歩道を走っているので、下手に片手で・・ とは行かないので、そのまま出口まで走る。
 皆も止まって居たので、止まって目を指で拭き、車がないのを確認し、再スタートです。

途中の信号交差点、赤信号で、飯沼さんとともに停止。
 そのまま走って、「昆虫館」到着ですが、なぜか、内藤、兒玉さんが居ました。
 あのスピードでも、こっちの方が早かったようで、少ししたら、尚大さんが入ってきた。
 疲れたあ! と言いながら、木製のベンチ? に、あおむけで休憩。
 少し遅れて、谷さんが入ってきて、間をおいて西川、田中さん、しばらく後に和田さんが到着です。
 順番がおかしい? と思ったら、「横蔵」駐車場へ行ってないメンバーとの差が出たようだね。
 しばらく後についた、多和田、長谷川さんは、知り合いの所で休憩・・。
 これで、メンバー全員そろって、休憩です。

内藤さんが、解るんだねえ! って、インナーパンツだったんだって、私は気が付きませんでした!
 涼しくていい! 確かにそうだとは思うんですが・・・。
 相変わらず、元気のいいのは、兒玉さんです。
 
昼から用事のある内藤さん、兒玉さんと先にスタート、遅れて皆走り出します。
 最後尾から走り出して、300メートルくらいかな? 後藤さんが逆走? どうした! ・・ 聞き取れず。
 自転車には乗れているので、忘れ物? ゆっくり走ることにした。
 飯沼さんが居るので、そのペースなら追いつくか! と思い、前に追いつき確認、解らず。
 再度スピードを落とし、そのまま「谷汲口」を右折、一人走りになる。

「分水嶺」の所で、前を確認すると、飯沼さんが遅れて1人のようだ。
 風は向かい風、少し大変かな? スピードを上げて追いつくことにした。
 はじめ見えなかったが、箕浦さんが前で、少し間を置き飯沼さん、後ろに田中さんが居るみたいだ。
 「大野橋」を過ぎ、少しすると、田中さんが前に出て、箕浦さんまで追いついた。
 間が少しづつ大きくなったのは、飯沼さんがきつくなった感じだね。
 後藤さんが追い付いてきました、ボトルを忘れた! との事だった。
 
何時もの様に、7~8メートルほど間をあけ、後ろを走ることにした。
 頑張って走っているので、そのままマイペースで、走ってもらうことに。
 「真大橋」下をくぐって、上り坂、再び堤防? 途中から左折、下道へ。
 さすがに、その元気はなかったようだね。
 話をしながら、クールダウン、久しぶりなので、少しきつかった様子だった。
 登りは、飯沼さんが早かったけど、平たんコースは簑浦さんが早い、って状態ですね。
 でも、76歳の2人、ともに頑張ってますねえ!

人数が多いので、3隻に分散して、モーニングタイムです。
 コロナと雨続きで、どうしても運動する機会が、少なくなってしまうんですよね。
 気力的にも、体力と同じく、積極性がなくなって、1歩が出せない。
 皆同じですね、私は肉離れをしてしまったようで、でもウオーキングに切り替え、やろうと思う。
 とにかく持続することが、第1ですかね。
 ”頑張ろう! チーム70!” ですね。

解散後、兒島さんとの約束である ”チューブ交換“ 作業をやってみる! 実施。
 今回は、フロントで実施しました。
 フロントとリヤの違い、オイルディスクの注意事項、パンクの場合、まずタイヤ表面に何かないかを確認する。
 タイヤレバーを入れる前に、外す方のビード部を、中央に落としておく。
 チューブを外す時、タイヤの内側に白くなって居る所が無いか、観ながら。
 新品チューブは、空気を少し入れて、丸くしたのを嵌める様にする。
 タイヤは、手で入れる、何度かこじながら、余裕を作る。
 空気を70%ほど入れ、タイヤのハマり状態を確認する。
 問題が無ければ、何時もの圧まで入れる。
 終われば、車輪を嵌める。 (キャリパーに挟んであるものを取り、ローターを入れる)
 クイックを調整し、はめ込み、終了!
 車輪を回転させ、確認する。
 等々、1回では覚えきれません、またやることにした。
 飯沼さんも最後まで付き合ってくれました。