おはようサイク 20-33

6月22日(土) 天気 晴れ、風強い
朝から、家の東側の小さな川で、魚を釣っていて、遅くなってしまった。
 腹も減ってる感じがし、コンビニへ立ち寄るつもりで、「三水川」堤防を車で。
 「パレットピア大野」の手前で、前を走る内藤さんを見送り、コンビニでパンを食べる。
 橋を渡る途中で、反対側、最後尾を走る簑浦さんを・・ 駐車場につき、急ぎ走る準備です。
 参加者 11名 (後藤、多和田、長谷川、今木、箕浦、飯沼、西川、和田、田中、内藤、私)

そのまま「平野庄橋」交差点へ・・ 近道も考えたが、すぐに追いつく必要もないと思い、何時ものコースへ。
 久しぶりの強い風、「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防に入ると、まともに向かい風だ。
 飯沼さんも居たようなので、何とかなるだろう! とか思っていたが、思うように足が動かず。
 何時もの様に、しばらく走ったら、動くようになる・・ が意外とならずだった。
 その後も、せいぜい時速20キロ、それもすぐに18キロへ。
 あきらめて一人サイクです。
 子の向かい風、まさか「Bコース」? いや、「小野坂トンネル」~「谷汲」だろう!
 こんな創造の中、向かい風の向かって、頑張って見る事にし、「井ノ口橋」まで行く。
 憎らしいので、上り旗のハタメク所を、写真に
IMG_3314.jpg
 「広域農道」は久しぶり、両側の田んぼ一面が緑色だ。
 「303号線」交差点を過ぎ、田んぼの緑を?? 緑で無い! 稲が植えられてない。
 麦を作ったんですね、こんな風景になって居ました。
IMG_3315.jpg
 トンネル手前の茶畑は、刈ったばかりなのか、上側だけが、鮮やかな黄緑色になって居る。
 トンネルを抜け、下るが、すぐに異臭? 風の関係だろう、何時もなら下る途中なのに、最初からだ。
 養鶏場? を過ぎると、臭いもなくなって、さわやかな風になった。
 「あられ工房」の前には、「アジサイの花」が咲いて居た。
 「昆虫館」駐車場、皆が居ました! ベンチに座って休憩中。 (内藤さん途中帰り)
 
風の強い日の割には、参加者が多い、10人かな? とりあえず、水分補給です。
 思ったよりも、遅れてはいなかった様だし、「小野坂」コースは当たりだったみたいだ。
 向かい風に苦労したのは、皆も同じだった様子だ。

戻りは、何時ものように最後尾スタート。
 ゆっくり走り出したが、前は早くすぐにいなくなった。
 下って平坦な直線道路、終わる手前で、箕浦さんが歩いている? パンクトラブルのようだ。
 ちょっと行ったところに、路肩が広くなった(歩道が終わってる)所があり、そこでストップする。
 心配して、和田さんが戻ってくれるが、先に行ってもらい、2人で修理です。
 
チューブを見ると、バルブの横、分厚いところの側、20センチほど離れた、それも横の部分に穴があった。
 タイヤを新品に入れ替えたばかり、と言う事なので、その作業に問題があったのかもね。
 とりあえず、タイヤの裏側、異物がないかをチェックし、新しいチューブを交換する。
 
ここからは、2人での走り、前が箕浦さん、少し離れて私だ。
 いいことは、追い風、風に吹かれて走る! そんな感じだね。
 草木も一番大きくなる季節、緑が大きくて元気があふれている、そんな感じだ。
 「根尾川」を流れる水も、きれいに水色だし、最高の風景です。
 時速28キロ、さわやかな風を、体いっぱい受けながら、このまま走り続けたい! 帰りは電車だ!
 こんな冗談を言いながら、「泰山木」到着でした。

パンクトラブルから、エアー圧の話に。
 どんだけ入れてる? タイヤに書いてある圧の中間! 私は8! とか。
 私は、100psi それは何気圧? 7日そこまで行かないはず! そんなんですか?
 確かに、PSI Kgm BAR とか単位があって、分りにくい。
 BARだと、なんてんなに、で小数点以下が、分りにくいので、PSIを使っている。
 これだと、100とか110PSI で、分りやすい。
 タイヤが太くなれば、圧は少なくて済むし、体重が重い人は多くなる。
 多く入れると、軽くはなるが、硬くなるので、振動を感じることになる。
 一概に、どんだけ! という規定はない。 そんな話に。

モーニングを終え、外に出てから、PSI と BAR の確認。
 100psi=6.9BAR そんなんだ、なら、8気圧は入れすぎ? だと思うけど、みたいな。
 なんとなく、聞きずらいことがあるよね、これも1つかも知れない。
 西川さんより、ホイールの振れ取りの依頼が。
 後藤さんらも集まって、手に持って回してみる、分らない。
 1本、ダラダラなところがあって、確かに少し甘い感じがする。
 もう少しきつくなりませんかね? 全体に張りを強くし、振れを取る事で、預かる。