おはようサイク 22-34

6月21日(日) 天気 晴れ
6時過ぎ起床! 余裕で走る準備をする。
 自転車は、フラットロード、車に積み込んで、家を出て堤防道路、サイクリストとすれ違う。
 天気も良いし風もないので、走っている人が多いんだろうね。
 参加者 7名 (後藤、多和田、高橋、和田、内藤、兒玉、私)

「泰山木」スタート時は、後藤、多和田、高橋、和田さんと私の5人。
 和田さんが、ルックで来たので、「横蔵」回りだね! と言いながらスタートです。
 日差しが強い割には、肌に当たる空気は、少しひんやりしている感じだ。
 堤防道路、両側の除草が終わっていて、綺麗になって、周りの景色がよく見える。
 
「下座倉大橋」を過ぎたところから、時速24キロにスピードアップ、「ゆ~みんぐ」を回る。
 やっぱり、無風というわけにはいかない様子で、空気の抵抗を感じる。
 とりあえず、ノンストップで行きたいので、無理をせずに走ることにした。

「平野庄橋」東交差点、青信号通過、今日のメンバーなら、後ろを気にする事は無い。
 遅ければ前に出るだろうし、時速25キロにして、ケイデンスは97回です。
 昨日よりは、足が回る感じだ、何時もの付け根には、違和感が出ている。
 「三町大橋」を過ぎ、再び「揖斐川」堤防に入ってすぐ、大きな穴があるので、声と手で合図する。
 昨日走った時に気が付いていたので、私はよかったが、落ちたら大変です。
 
「前島橋」を渡って右折、反対側へ、まだ誰も前に出てきていない。
 ここからは、ジョギングの人が居るので、手信号を出し中央に出て追い越す。
 「朝鳥公園」駐車場は、まだ封鎖されていて入れず、通過する。
 ギヤは軽くしているので、そのまま上り坂へ、やっぱり途中でチェンジだった。
 今回は、短く感じて上り終え、民家の並ぶところから、右折して橋を渡る。

「303号線」交差点、赤信号停止、すぐ後に高橋さんが来た。
 水分補給をして、青信号で再スタート、トンネルへ。
 ここからがきついところ、信号待ちでの水分補給がよかったのか、意外と走れた感じだ。
 トンネルから登っているので、分りにくく、何となく足が重い? そんな感じになる。
 気分を入れ替えて、走りだすと違うのかもね。

T字路を左へ、後ろから声が聞こえる? 行くんです、上まで!
 下の駐車場の所で、お年寄りが大勢、ゲートボールを楽しんでいる様子だ。
 橋を渡って、上りがきつくなる、ギヤを1段落として、上り切る。
 奥の方でUターン、多和田、高橋さんが後ろ、戻りだしたところに、和田さんが登ってきた。
 下りは、頑張らずに惰性に任せる、T字路の所で、後藤さん? 居ないので、そのまま行ったようだ。
 急坂の上り、すぐ多和田さんが前に出て、そのまま登って行った、追いつけないもんね。
 2度呼吸を意識して上るが、最後はどうしても、ハアハアしてしまい、1度呼吸になった。
 上り終えた時には、多和田さんの姿は、はるか前カーブですぐ見えなくなってしまった。
 後ろのメンバーも、遅れてないので、トンネル前で待たずに、そのままトンネルへ。
 すぐ後ろには、高橋さんが居る、走れるようになったもんなあ! そんなことを思いながら、一気に下ります。
 その後も、時速30キロ超で走り、「昆虫館」駐車場へ。

黄色のウエア? 内藤さん、兒島さんも居る。 (遅れて、「小野坂」から来たようだ)
 少し遅れて和田さんも来て、全インド休憩タイムです。
 私たちのチームとしては、少ないが、道の駅には、結構自転車が止まっていたし、途中でもすれ違うサイクリストいた。
 この駐車場にも、他に休んでいるサイクリスト、通り過ぎる人もいるしね。
 
後藤さん、車輪にガタが出るんだけど! 確認すると、後輪がひどい状態だ。
 走る前に、ガタを取ったのだが、また出てきた! と言う事だが、せいぜい40キロしか走ってない。
 手の打ちようがないので、とりあえず気を付けながら、「泰山木」まで戻ることにした。
 
ブログ用の写真を、ついでではないが、皆の写真だ。
 遅いから! と言いながら、先に出てしまった兒島さんが居ません。
IMG_3321.jpg
IMG_3323.jpg
 何時もの様に、最後に道路に出る、みんな早い!
 すれ違うサイクリストが多い、これだけ多いと、挨拶が大変だね。
 こんちわ! お辞儀をしたり、手で合図をしたり、その時々ですけどね。
「谷汲口」右折の時は、ほぼ1人旅 って感じに。
 急ぐ時間でもないので、マイペースでのサイクリングを、楽しむことにする。
 
前のグループが見えたのは、「大野橋」手前だったかな。
 それから少しづつ間が詰まる、兒玉、後藤、高橋さんのようだ。
 私が、追いついたのが分かったみたいで、後藤、高橋さんが前に出て、兒玉さんが遅れた。
 何時もの様に、間をあけたまま、後ろを走る。
 それにしても、快調にペダルが回っている、恐れ入ります。
 この前の日曜に、一人で「彦根」まで行ってきたみたいだし、ビックリしますよね。
 これで、手信号や一時停止表示交差点など、もう少しはっきりとした表現になると、最高だね。
 
こんな走りをしながら、無事に「泰山木」ゴールです。
 店内は、何時もよりすいている感じだったけど、私らがにぎやかだった。
 ここでも、兒島さんが主役だ、和田さんが引き立て役かな?
 
店を出て、後藤さんの車輪を分解する。
 簡単な、前輪を外して、ハブのダブルナットを緩めて、中を確認する。
 黒い、アルミかすのような色、これは完全に摩耗している状態だ。
 後で、家の方に持ってくることで、元に戻して、終了でした。


 

おはようサイク 20-33

6月22日(土) 天気 晴れ、風強い
朝から、家の東側の小さな川で、魚を釣っていて、遅くなってしまった。
 腹も減ってる感じがし、コンビニへ立ち寄るつもりで、「三水川」堤防を車で。
 「パレットピア大野」の手前で、前を走る内藤さんを見送り、コンビニでパンを食べる。
 橋を渡る途中で、反対側、最後尾を走る簑浦さんを・・ 駐車場につき、急ぎ走る準備です。
 参加者 11名 (後藤、多和田、長谷川、今木、箕浦、飯沼、西川、和田、田中、内藤、私)

そのまま「平野庄橋」交差点へ・・ 近道も考えたが、すぐに追いつく必要もないと思い、何時ものコースへ。
 久しぶりの強い風、「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防に入ると、まともに向かい風だ。
 飯沼さんも居たようなので、何とかなるだろう! とか思っていたが、思うように足が動かず。
 何時もの様に、しばらく走ったら、動くようになる・・ が意外とならずだった。
 その後も、せいぜい時速20キロ、それもすぐに18キロへ。
 あきらめて一人サイクです。
 子の向かい風、まさか「Bコース」? いや、「小野坂トンネル」~「谷汲」だろう!
 こんな創造の中、向かい風の向かって、頑張って見る事にし、「井ノ口橋」まで行く。
 憎らしいので、上り旗のハタメク所を、写真に
IMG_3314.jpg
 「広域農道」は久しぶり、両側の田んぼ一面が緑色だ。
 「303号線」交差点を過ぎ、田んぼの緑を?? 緑で無い! 稲が植えられてない。
 麦を作ったんですね、こんな風景になって居ました。
IMG_3315.jpg
 トンネル手前の茶畑は、刈ったばかりなのか、上側だけが、鮮やかな黄緑色になって居る。
 トンネルを抜け、下るが、すぐに異臭? 風の関係だろう、何時もなら下る途中なのに、最初からだ。
 養鶏場? を過ぎると、臭いもなくなって、さわやかな風になった。
 「あられ工房」の前には、「アジサイの花」が咲いて居た。
 「昆虫館」駐車場、皆が居ました! ベンチに座って休憩中。 (内藤さん途中帰り)
 
風の強い日の割には、参加者が多い、10人かな? とりあえず、水分補給です。
 思ったよりも、遅れてはいなかった様だし、「小野坂」コースは当たりだったみたいだ。
 向かい風に苦労したのは、皆も同じだった様子だ。

戻りは、何時ものように最後尾スタート。
 ゆっくり走り出したが、前は早くすぐにいなくなった。
 下って平坦な直線道路、終わる手前で、箕浦さんが歩いている? パンクトラブルのようだ。
 ちょっと行ったところに、路肩が広くなった(歩道が終わってる)所があり、そこでストップする。
 心配して、和田さんが戻ってくれるが、先に行ってもらい、2人で修理です。
 
チューブを見ると、バルブの横、分厚いところの側、20センチほど離れた、それも横の部分に穴があった。
 タイヤを新品に入れ替えたばかり、と言う事なので、その作業に問題があったのかもね。
 とりあえず、タイヤの裏側、異物がないかをチェックし、新しいチューブを交換する。
 
ここからは、2人での走り、前が箕浦さん、少し離れて私だ。
 いいことは、追い風、風に吹かれて走る! そんな感じだね。
 草木も一番大きくなる季節、緑が大きくて元気があふれている、そんな感じだ。
 「根尾川」を流れる水も、きれいに水色だし、最高の風景です。
 時速28キロ、さわやかな風を、体いっぱい受けながら、このまま走り続けたい! 帰りは電車だ!
 こんな冗談を言いながら、「泰山木」到着でした。

パンクトラブルから、エアー圧の話に。
 どんだけ入れてる? タイヤに書いてある圧の中間! 私は8! とか。
 私は、100psi それは何気圧? 7日そこまで行かないはず! そんなんですか?
 確かに、PSI Kgm BAR とか単位があって、分りにくい。
 BARだと、なんてんなに、で小数点以下が、分りにくいので、PSIを使っている。
 これだと、100とか110PSI で、分りやすい。
 タイヤが太くなれば、圧は少なくて済むし、体重が重い人は多くなる。
 多く入れると、軽くはなるが、硬くなるので、振動を感じることになる。
 一概に、どんだけ! という規定はない。 そんな話に。

モーニングを終え、外に出てから、PSI と BAR の確認。
 100psi=6.9BAR そんなんだ、なら、8気圧は入れすぎ? だと思うけど、みたいな。
 なんとなく、聞きずらいことがあるよね、これも1つかも知れない。
 西川さんより、ホイールの振れ取りの依頼が。
 後藤さんらも集まって、手に持って回してみる、分らない。
 1本、ダラダラなところがあって、確かに少し甘い感じがする。
 もう少しきつくなりませんかね? 全体に張りを強くし、振れを取る事で、預かる。

 

NHK”麒麟ぐ来る!” 歴史を訪ねてサイク(山県市編)

6月 7日(日) 天気 快晴
「泰山木」スタート、7:30予定、その前にモーニング、のつもりが時間を間違え、家を出たのが、7時少し前だった。
 自転車は、ダボスツーリング、久しぶりの乗車、フロントサイドバック、バランスよくするため、スケッチブックのセットを入れる。
 朝早く起きて、準備をしたのに・・ やっぱり始めは、重いなあ! は何時ものことだ。
 コンビニで、ミニパンを2袋と、パンを1個買って、集合地へ。
 参加者 9名 (今木、多和田、後藤、内藤、西川、田中、和田、高橋、私)

雲1つない快晴、ありがたいが、暑くなりそうだ。
 パンを食べ、日焼け止めを・・ スタートというところに、多和田さんと2か月ぶりの高橋さんが来た。
 今木さんらに先に出てもらい、行けるとの事で、高橋さんを含め3人で、スタートします。
  (久しぶりで、高橋さんが、おはようサイクのつもりで、来た)
 先ずは、「コルマール」でモーニングをすべく、「大野橋」へ向かいます。
 堤防に上がると、向かい風が最初から、いやな風ですねえ、スピードが出ない。
 20インチ折り畳みの多和田さん、前に出てどんどん先に行きます。
 久しぶりの高橋さんも居るので、無理をせず、ゆっくり行くことにした。

「コルマール」何時もの、レトロな店内、ソーセイジパンを注文。
IMG_3282.jpg
IMG_3281.jpg
 朝食を済ませて、「樽見駅」目指して走りだします。
 みな張り切ってる感じで、一人少し遅れて走ります。
 コースは判って居るので、慌てる事は無く、久しぶりの風景を、楽しみながら走ります。
 特にこういったサイクリングは、後ろからくっついて走ると、お尻しか見えないもんね。
 ツーリング車で来た意味がない! そんなんで、マイペースで「根尾川」の風景を堪能です。

「樽見駅」には、最後に到着?、休憩です。
IMG_3284.jpg
 周りの木々の緑が、最高の季節ですね。
IMG_3286.jpg
 参加者での記念写真を
IMG_3288.jpg
ここからは、「418号線」「尾並坂峠」の登りコース、約6キロ。
 これを上り終えると、約16キロの下りコースだ。
 下り始め、1.4キロ左側、山水が流れ出ている道端で、小休止。
 その後も下りに下って「谷合」の信号交差点で停止、メンバー確認し、さらに下り傾向のコースだ。
 反対側から登ってくるサイクリスト、季節柄結構多かったね。
 「美山大橋北」信号交差点を左折、「美山第1トンネル」内で接触、田中さん転倒トラブル。
 膝の横を少し擦りむいただけ、ですんだので、良かったですね。
 トンネルを出てほんの少し、右折横断し走ると、すぐに「桔梗塚」に到着です。
IMG_3298.jpg
IMG_3299.jpg
 明智光秀のお墓
IMG_3289.jpg
IMG_3290.jpg
 こんなところを歩いた奥の方
IMG_3296.jpg
 腹も減ってきたので、ミニパンを・・ 思ったが、すぐに昼食だ! との事で、後にする。
 走り出して、裏通りみたいな道路、途中で皆止まって・・ 道を間違え、戻ります。
 「256号線」に出てトンネル、交差点を左折、「418号線」少し走って右側 「食堂 山務」到着。
 食堂らしくない、仕出し屋さんみたい、弁当を食べる。
IMG_3303.jpg
IMG_3301.jpg
戻って、交差点左折「国道256号線」を南下し、「伊佐美」交差点を直進?
 交差点信号がややこしい、国道南下する左折道路がある関係だね。
 「174号線」を走って右に入ると、ヒルクライムだ! ではなかった。
 駐車場があり、ここは ”「古城山」を上る健脚コースのは入り口” ここから先が、ヒルクライムだった。
 コースを違えて、降りるほうから登ってきてしまった! との事だが、とにかく行きます。
 「はじかみ林道」先頭で走り始めたのはいいが、暑い! 2キロほど登ってダウンでした。
 来るのは、今木、多和田さんだけかと思っていたら、皆が登ってきた。
 自転車を引きながら、追い越される、ギヤを見ると、もう1枚残っているではないか。
 あまり乗らないので、間違えたんですなあ!

駐車場から、「古城山」山頂まで、約880m(20~30分) 行きます!
IMG_3311.jpg
 ハイキングコースな感じで、行って見る事にしたが、大違いだった。
 すれ違うのに、待たないといけないし、階段も様々だし、岩もありだ。
 バランスを崩しあわや転落、あわや滑り転倒、2度も休憩してしまった。
 今木、多和田さんにはおかれ、一人登山、甘かったねえ!
 もうすぐだろう! と思ったら、440mの看板、これで半分!!
 何とか頂上、2人は戻るところ、しっかり30分かかりました。
IMG_3304.jpg
 ミニ天守閣
IMG_3306.jpg
IMG_3307.jpg
IMG_3310.jpg
 2人の証拠写真
IMG_3312.jpg
IMG_3313.jpg
降りるのが、また大変、ロープをつかんで、滑らないように。
 前を歩く女性2人、大きな声で話しながら歩いているのが、何となく元気をもらっている感じ。
 上ってくる人が、あとどれくらいですか? すぐそこで半分かな! まだそんなにあるの! 行けるかなあ! だって。
 皆、来ないで正解だったね。
 帰りも、やっぱり30分かかった、誰も居ませんでした。
 ダウンヒルして、下の駐車場まで行くと、皆は木陰で休憩中。
 さあ! 行こうか!! と、走りだします。

「伊佐美」の交差点まで戻って、右のほうに走ったところのコンビニで、エネルギーを補給する。
 水と、かき氷、バナナを買って、店の前に座り込んで、休憩でした。
 
其の後は、「256号線」~「79号線」を走り、「雛倉」へ。
 「秋沢」~「文殊」 「157号線」交差点角のコンビニで休憩。
 今木さんから、今回のイベントについての話。
 私は、今回の走り方などについて、気になったことを。
 走行距離は、100キロ超すことになったが、皆は元気だね。
 会長が途中歩いたのを見て、安心した・・ とか言われたし、疲れました。
 ここで分散解散、今木、高橋、田中さん同方向へ、「大野橋」から、多和田、西川さん「泰山木」へ。
 橋を渡って左折、後藤、内藤さんと私、今回は、そのまま家路でした。

おはようサイク 20-32

6月 6日(土) 天気 晴れ
“梅雨入り“ のニュースが聞かれる中、天気は上々の様子。
 朝から熱くなりそうな雰囲気の中、走る準備をし、玄関先の自転車を車に。
 スタートがどんどん遅くなっている・・ 早めようと、家を出て堤防へ。
 「藪川橋」手前、ロードの2人組(男女)とすれ違う、今日も走ってる! ってことだ。
 15分駐車場一番乗り、車から降りると、西川さんが来た。
 参加者 12名 (和田、西山、田中、多和田、長谷川、後藤、箕浦、今木、杉本、渡辺、内藤、私)

“スタート時間が、遅くなっているので、早く出るよ!” と入ったものの、7:30に来るメンバーも居て、上手く行かない。
 仕方がないので、”ゆっくり行ってるから!” と言って、走りだしました。
 ウオーミングアップが、3キロほどあるので、ゆっくり走っている間に追いつく。
 堤防に入って、時速10キロくらいでいると、後ろから話し声、みんなが来た様子だ。
 ”行ける人は、「横倉」行こうか! とにかく「昆虫館」合流ね!” コース打ち合わせで、最後尾に。
 
「下座倉大橋」を過ぎたところから、スピードを上げ「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防に。
 ”前に出ます!” と言いながら、皆を追い越し、いつの間にか先頭です。
 向かい風があって、今日の先頭は大変、行けるところまで行けばいいか! って感じだ。
 時速24キロ、このスピードなら、なんとか行けそうだし、遅ければ、前に出てくるだろうにね。
 「平野庄橋」東交差点、タイミングよく、青信号で通過、誰が一緒かわからずだ。
 時速25キロが精一杯、ケイデンス95回、グライダー練習場、車が数台止まっているが、人が見られず。
 とにかく何もない堤防道路、向かい風をまともに受け、気持ちはいいが、大変だ。
 「三町大橋」下をくぐり、中間堤防から左折、橋を渡って右折、再び「揖斐川堤防」へ。
 後ろは、和田、西川、多和田、長谷川さんと、田中さんもいるようだ。
 もうダメ! 先頭交代、多和田さんが変わってくれる。
 ありがたかったけど、付くのをあきらめるが、和田さんが付いていった。
 間が空いたところで、長谷川さんが前に出て、追い始める。
 これで3人づつのチームになった、だいぶ間が空いてしまったけどね。
 
「岡島橋」交差点、前のチームが赤信号停止、私等はタイミングよく、青信号通過です。
 「前島橋」を渡って反対川堤防、すぐに間が開いてしまった。
 こっちのスピードで行くしかないので、慌てずにマイペースな感じだ。
 「井ノ口橋」下をくぐって「朝鳥公園」は、まだ規制されたまま、「川口橋」を過ぎ、上りへ。
 上り坂を終え「岩坂トンネル」前、までは出来るだけノンストップ、が目標だ。
 「揖斐峡大橋」までの最初の登りは、何とかいい感じでこなせた。
 橋を渡って、「303号線」交差点は赤信号、水分補給をする。
 信号が青になったところに、西川さんが来たので、行くよ! と声をかけ、走りだす。
 トンネルが曲者で、なだらかに上ってるんですよ、分らずに重く感じる。
 出てからもそうなので、何となく足が回らず、意識を変えないとつらいんですよね。
 ギヤを落としたり、上げたりしながら、この坂を上り切って下りです。
 T字路を左折、ほぼ直線になだらかな登り、橋を渡って右へカーブ、上りが少しきつくなる。
 息を弾ませながら、上り切って上の駐車場、奥の方でUターン、西川さんが昇ってきた。
 そのまま下ると、田中さんが来た? 頑張ってる! いいぞ! って感じだ。
 直線道路の途中で、和田さんが来たが、多和田、長谷川さんが見えず?? 。
 下りは、踏まずにほぼ惰性で下ることにして、急坂に入る。
 ギヤは2枚ほど残っているが、ケイデンスが50回までなら、このギヤで登ります。
 上り切ってすぐにギヤを上げ、スピードアップ、後ろは気にせずに行きます。
 そのあとのアップダウンをこなして、最後の上り、頑張って頂上にてストップ。
 予想外、2番目に田中さんが、西川さんより先に来た、すげえ!!。
 すぐに西川さんが来たので、先に2人に行ってもらい、和田さんを待つ。
 なかなか来ないので、もう1回上るか! Uターンして下り始めたら、来てしまいました。
 通り過ぎた所からUターン、最後尾になって、トンネルへ。
 下りは勝てません、45キロでも追いつけず、自転車がぶれて来るもんね、こっちは。
 大型トラック、ボデイの長いやつ、スピードが出ていることも有って、恐怖感最高でした。
 下っているときは、すれ違うサイクリストへの、挨拶もままならない、自転車が安いので、片手はぶれるんですよ。
 平地になっても、時速35キロ、これでも追いつきませんでしたね。
 「昆虫館」駐車場、2回りしてから停車、みんなと合流です。
 
内藤さんが、「三町大橋」の所から、戻った様子、代わりに杉本さんが居ました。
 途中で、渡辺さんが来て、みなそろった感じだね。
 水分補給をしながら、休憩時間、雑談に花を咲かせる。

戻りは、後ろの方からスタート、結構スピードが出ている、それでも前のグループは見えない。
 「谷汲口」右折は、車が来たので、一旦停止での右折になった。
 「万代橋」を渡り右折、後ろにいた多和田さんらが前に出たので、私もついていく。
 この登りだけなので、終えるとスピードダウン、後ろへ。
 「分水嶺」から、「根尾川」堤防へ、多和田さんとも間が空く。
 少し頑張ってみるか! スピードアップし簑浦さんたちを追い越し、そのまま前へ。
 時速39キロまで上がり、少しだけそのまま走って、スローダウン、「大野橋」です。
 その後も、2度ほどダッシュを繰り返す、スピードダウンしたところで、杉本さんが前に出てきた。
 その後は間が空いて、追いつけなかったけど、もう2度ほど遊んで、終了でした。
 後ろでは、箕浦、今木さんも頑張ったようで、下道へ入ったら、すぐ後ろにいた。
 つられて、みんな頑張った様子で、良かったですねえ!

それとともに、田中さんの成長、というか、目を見張ることがあるねえ。
 西川さんを追い越してきたもんね、坂が上れず自転車を引いた、1年前ですからね。
 週1ですが、毎週来てるし、焦らず地道にケイデンスを稼いでたもんね。

「泰山木」のお客さんも、多くなってきた感じがするし、初めての顔も多くみられる。
 自粛期間中、特に高齢者が、行動範囲が狭くなり、動けなくなった人がいる、こんなニュースも。
 クラブ員の中にも、太った? 体重は変わってないけど、腹が出てきた! なんて話も。
 感染も心配だが、運動不足による、健康問題も大事ですよね。
 注意をしながら、運動していかないと、習慣的にね。

おはようサイク 20-番外編

5月31日(日) 天気 曇りから雨
NHK ”麒麟が来る” 歴史を訪ねて、「山県市」編 の計画が、雨予報が早くなり、延期になった。
 朝、予報を見ると、10時降水確率40%、何とかなるかな? と、走る準備をする。
 自走では、雨にあってしまいそうなので、フラットロードを車に積んで、「泰山木」へ。
 空は、雲で覆われている、いつ降ってきてもおかしくはない、そんな感じだ。
 15分、駐車場着、誰も居ない中、自転車を下ろし、シューズを履く。
 
30分ちょうど、誰も来ないので、一人で走り出す。
 どれくらいの時間走れるか? コースはどうするか? とにかく運動です。
 橋を渡って左折、ウオーミングアップの堤防、何時もより黄色なのに気が行く。
 例年は、もっと緑だと思って、止まって写真を
IMG_3270.jpg
「下座倉大橋」を過ぎたところから、時速24キロにアップ。
 「揖斐川」堤防に入ると、ほんの少し向かい風、何時ものことだ。
 そのままの速度で、「平野庄橋」交差点、赤信号停止です。

其の後も同じ速度で、ケイデンスを95回ほどで、有酸素運動の走りです。
 雲行きを見ながら、「谷汲」コースにするか・・ 迷いながら、「三町大橋」下をくぐり終える。
 橋を渡って右折、再び堤防、上り坂を走りたくない気分・・ 「川口橋」周回コース決定です。
 「井ノ口橋」からは、久しぶり「川口橋」までが、長く感じる。
 橋を渡って左折、速度を時速26キロにアップ、下りがあるからね。
 
速度を維持したまま、「岡島橋」まで戻り、橋を渡って左折、周回する。
 雨はまだ大丈夫、降ってきてはいない。
 ジョギングしている人に、2度会う、なんだこの人? と思われてるかもね。
 「川口橋」の上で、クロスバイクの男性とすれ違う、「井ノ口橋」を走ってた人だ。
 左折して、戻りのコース、よそ見してて堤防の方に入るのが遅くなった。
 
来たコースと同じ、堤防道路を走ることにしたが、向かい風を感じる。
 クロスバイクの男性(60歳代?)”おはようございますう!” と言いながら追い越す。
 「平野庄橋」東交差点、を左折して戻ると、40キロにならない感じなので、「ゆ~みんぐ」まで行くことに。
 ただ、「グライダー練習場」あたりから、雨がぽつぽつと降ってきた。
 まだ明るいので、強くならないだろうと、走り切ることにして、下道を通過する。
 「ゆ~みんぐ」を回って、「下座倉大橋」を過ぎたところから、スピードダウンです。
 ゆっくり走りながら、ペットボトルのお茶で、水分補給。
 雨は降ってはいるが、濡れてしまうほどではない。
 43キロほど走って、「泰山木」ゴールです。
 汗もいい感じでかけた感じ、先に自転車を車にしまい込んで、店内へ。
 内藤さんと誰だっけ、そう今木さんが来ましたよ! って話があった。
 
モーニングを澄ませて、外に出た時には、本降りで地面もビシャビシャだった。
 今度の、土、日曜日は、天気が良さそうなので、走れそうだし、頑張らねば!!

おはようサイク 20-31

5月30日(土) 天気 快晴
明るさで目が覚め、6時過ぎまで待って、起きだし、トイレ洗顔、着替えをする。
 それにしても、1週間が早い、洗濯した物をしまい込んで、すぐ出すって感じだ。
 ブログもそう、書き終えアップした、と思ったら、すぐ走るんだもんね。
 なんだかんだ言いながら、干してあったグローブと首当てを、ヘルメットと一緒に持って、玄関へ。
 車に、確認しながら乗せ、自転車を積み込み、「泰山木」へ出発です。
 参加者 11名 (和田、尚大、内藤、西川、後藤、長谷川、多和田、田中、箕浦、兒玉、私)

自転車を下ろし、空気を入れ、シューズを履いて、??グローブが無い? 確かに玄関までは持ってきたはず。
 どこを探しても無し(帰ったら、玄関下に落ちてました)、今日は、グローブなしです。

久しぶりに、尚大さんが来てくれたので、「横蔵」周りするか! 他は、「揖斐校」から「谷汲」だね!
 こんなに天気がいいのに、明日は雨? の予報もあり、走れるメンバーは、走ります。
 BD-1の多和田さん、B/Sモールトンの田中さんが居るので、兒玉さんは、後藤さんが見てくれるだろう!
 そんな思いで「下座倉大橋」を過ぎたところからスピードを上げる。
 何人一緒になるかまでは考えずに、行って見る事にした。 (これがまずかった)
 時速24キロ、ケイデンス92回、「ゆ~みんぐ」を回っても、風はほとんどない感じだ。
 グローブを付けてないので、グリップがべたつく感じだが同仕様もない。
 
「平野庄橋」東交差点、赤信号停止、確認すると、後ろは和田さん親子だけだった。
 とにかくいいや! 行きますよ! 青信号で直進スタートです。
 速度を上げて、時速26キロ、行けるところまで行こう!
 この所、足の付け根というか、お尻側が痛くなる? ケイデンスも上げづらいし、おかしいんです。
 今日も、それが出て来た。
 “自走琵琶湖“の後遺症? ではないと思うんだけど、歳の制かもなあ!
 
「前島橋」交差点を過ぎ、「岡島橋」 後ろから内藤、西川さんかな? 来てる!
 橋を渡って右折、反対側へ ?? まっすぐ行った! 見ると、反対側赤のジャージが見えた。
 合流するだろうから! このまま走り、トイレもいいというので、「朝鳥公園」をスルーする。
 上り坂に入る、後ろに影が見える、尚大さんだろうが、前には出ずにそのまま後ろ、遠慮してるな。
 登りを終え、赤い橋を渡って、そのまま直進! 信号赤になったのでストップ。
 尚大さんは、早く帰らないといけないらしく、青信号で先に行くことになった。
 間もなく、和田さんが来てトイレ休憩、西川さんも来るというので、私は、橋まで戻って写真を。
IMG_3266.jpg
IMG_3267.jpg
 青信号でスタート、トンネルからまた上り坂、息も上がってきたが、頑張りどころだ。
 坂を上り終え左カーブから下り、下り終えたところから左折、「横蔵寺」上の駐車場へ。
 直線道路はなだらかで、橋を渡って、少し急になる登りを、頑張って登り、駐車場でUターンです。
 下り途中で和田さん、橋の所で西川さんとすれ違う、内藤さんは右折したようだ。
 坂を下った後は急な上り坂、ギヤを落として上り、中間ほどで、もう1段落とし、上り切る。
 今回は、そのままの勢いで、其の後のアップダウンを走って、トンネル前の登り終わりで、2人を待つ。
IMG_3268.jpg
IMG_3269.jpg
 写真を撮って、後ろからトンネル、下りです。
 お尻を下げ、前傾姿勢を深くして、時速47キロ、しかし前の2人は見えません。
 スマホをカバンにしまう、少しの時間ですが、前が見えません。
 快調に走ったのですが、「昆虫館」は、最後の到着でした。

先に着いたメンバーは、ベンチに座って、休憩雑談中です。
 自転車から、ペットボトルを外して、水分補給しながら、話の中へ。
 兒玉さんが、遅かった! と言うより、みんなが、早かったみたいで、来ていません。
 トラブッタ? 心配になり、私は、みんなが来たコースを、先に戻ることにした。

道路に出て「谷汲」交差点を左折、左右をキョロキョロしながら、「小野坂」の坂へ。
 こちら側からは、だらだらの上り、最後少し上ってトンネル、あとは下って直線道路です。
 とにかく、何時ものコースを戻ってみるが、見当たらず、もう一方の道路、「葬儀場」下の駐車場へも。
 戻って、「303号線」から、逆コースの堤防に出て、「平野庄橋」を左折する。
 トラブルがあって、止まっている様子ではないので、そのまま戻ることにした。
 「泰山木」駐車場の所に、兒玉さんが出迎え、(先についてメンバーが、話してくれたようだ)一緒に店内へ。

簑浦さんとの席で、3人、彼の始めた当初の話、10キロから・・ それから見たらすごい! とか。
 とにかく、問題が無くてよかったです。
 自由自在に走ってもらうには、女性がもう2人ほど、居てくれると最高なんでしょうけどね。
 それになるよう、頑張らないといけないですよね。