自走 「琵琶湖一周」 完走するも、疲れた! (後半)

1人サイクリングの良い所は、自由に止まれる事かな! 10人ほどが並んで、魚を釣っているので、止まってみる。
 5㎝ほどの魚が釣れる、1度に2匹も、ワカサギ釣りのような感じだが、延べ竿で長い。
 台の上に上がったり、胸までの長靴を履いてる人も、楽しそうだね。
 その次には、鯉狙いかな、長い投げ竿を並べて、釣りをしているところも。
 サイクリングロード、国道から外れ、くねくねと曲がるが、何時もの様に、走ります。
 ただ、終わりの方かな、左折した時、反対側から右折してきた、軽自動車が、小さく入ってきて右ペダルが当たってしまった。
 何とか、転倒はせずに停止、もう1台後ろから来た車わ、そのまま右折していってしまった。
 完全に、右側に入ってきたので、よけようがなかったのですが、50代位の女性でした。
 幸い、車輪やペダル、クランクなどに、異常はなかったので、良かったです。
 とにかく、気を引き締めて、注意! 注意! です。
 こんなことがありながら、国道に出る。
 何時もなら、この辺から道路幅が狭く、渋滞する箇所も、ほとんど問題なく、走ることができた。
 自転車通行帯のしるしがあっても、その上を走る車は、あるものですね。
 道路が広くなって、スーパーのどが立ち並び、一気ににぎやかになる。
 駐車場からの出入りの車に、注意をしながら、大きな交差点を左折する。
 少し行くと、左側に、大きなカニの看板、贅沢するお金なし! スルーです。
 「琵琶湖大橋」袂を左折、坂を下って「琵琶湖大橋 米プラザ」到着??
 道路上に車が停車、閉鎖中で車が入れないんでした。
 警備員さんに、奥のトイレは使用できる、事を確認し、自転車を引いていく。
 136.7キロ (13:23~35)
 トイレをして、写真を撮る
IMG_3223.jpg
IMG_3225.jpg
 買ってあった、チョコバータイプのお菓子で、エネルギを補給する。
 閉店しているので、サイクリストも何人か、トイレ休憩に来たが、すぐ出て行った。
 車やバイクの観光客も、同様に、写真を撮ったり、トイレだけで、戻るしかない。
 肉うどんで昼食・・ ダメになってしまったが、致し方ないですな。
 「琵琶湖大橋」を渡りますが、ウオーキングの、家族が結構見られた、いい景色だもんね。
 1往復するだけで、良い運動にもなるだろうしね。
 てっぺんで止まって写真を
IMG_3226.jpg
IMG_3227.jpg
 向かい風にならないことを、祈りながら、下り下りました。
 ショッピングビル街を抜けると、残念ながら、向かい風、きついなあ!
 ああ! 行き過ぎた! 慌ててストップ、3メートルほど戻って、”サイクリングの聖地像” に。
IMG_3229.jpg
IMG_3230.jpg
 一応、写真を撮っておかないとね。
 すぐ戻って、走り始める、歩道ではなく、青い印の道しるべです。
 左回りしかないので、歩道は、右回りのサイクリストや、ウオーキングの人がいるんですよね。
 ケイデンスを上げると、足が痛いので、ギヤを変えて、ケイデンスを78回ほどにする。
 少し踏んだ方が、違う筋肉を使うのか、楽な感じだ。
 スピードも26キロほどが維持できる、心拍数も120台で安定している。
 しかしここからが長かったねえ、何もない原っぱの道路、向かい風、心が折れそうになる。
 ここまでくると、この自転車の硬さが、聞いてくる感じで、手のひらが痛くなってきた。
 向かい風に向かって、前傾姿勢、ブレーキが持っていられる時間も、短くなってしまう。
 頭も下がり気味、天気も良くなり、バイザーを下ろしたが、風が当たらなくなって、逆効果な感じも。
 日陰のある「白鳥川」交差点で休憩だ。
 153.0キロ (14:28)
IMG_3231.jpg
IMG_3232.jpg
 いつの間にか、太陽の光がまぶしい、後ろはスカーフのようなもので、日よけ対策しているので、大丈夫だ。
 バイザーを上げ、顔に風を受けるようにした、この方が気持ちいい。
 「長命寺」の交差点を直進、左側の道路にサイクリスト2人、山側なので、風がないのかな?
 川のそばを走り、左側にコンビニ(いつも休むところ)があるが、素通りする。
 とにかく長く感じる、田んぼの真ん中の直線道路、川があって登って橋を渡ると、また道路! って感じだ。
 左側の、サイクリング道路を、すれ違うサイクリストがうらやましい。
 しばらく、湖畔が見えない道路を走って、再び湖畔に出る。
 歩道の方に、柵が出てきたので、「彦根」に入ったようだ。
 水分補給で、一旦止まることにした。
IMG_3234.jpg
IMG_3233.jpg
 前に向かって走るしかない、解っているのだが、こんな時は、1人がつらいですね。
 左側に、湖畔が見え、右側の景色も、細かに変化が出てきたので、助かる。
 路面が荒くなっているところがあり、受ける振動が、どんどん大きく感じてくる。
 走って1時間、左側にコンビニ、休憩! 「八坂町中」「県立大学前」の看板があった。
 175.0キロ (15:37)
IMG_3236.jpg
IMG_3237.jpg
 パンとアイスを買うが、ここも中で食べれず、外にあった椅子に座ると 痛!!
 普通の椅子でなく、海水浴などで使う、パイプにビニールを張ったような、チェアと言った方がいいかな。
 太ももが当たって居たいのだ、それも、疲れからかドン! と座ったんですよね。
 足に来ていることを、ここで痛感する。
 首もカンカンに凝ってる、バックは担いでないのに、方も同様に凝ってる。
 少し寒くなってきたことも有り、ベストを羽織ることにした。
 エネルギー補給をし、足の屈伸運動や、腕、首を回して、さあ! 出発です。
 しばらく走ると、前方右のほうに、大きな建物が「彦根」です。
 町に入ると、建物があり、人もいるので、風よけにもなる。
 道路が狭くなるので、要注意ですけどね、案の定、反対側が渋滞です。
 抜けた後に上り坂、意外と簡単に上れる、これには自分も少しびっくりでした。
 確かに、交差点で止まってのスタート、ダンシングは問題ないんですよね。
 普通に走る方が、足にきつい感じです。
 こんな状態なので、走りながら、「米原」から戻るつもりになる。
 思ったよりも、短い時間で「米原」に入る、「米原駅」の表示があったはず、これを右に・・。
 なんていう橋だったかな? とか考えている間に、通り過ぎてしまったようだ。
 戻るのもしゃくなので、「長浜」のホテルも見えるし、来た所まで行くことにした。
 左側は、整備された公園風の、歩道になり、建物も大きくなってくる。

 街に入った事が分かり、力が湧いてきた ?? 手の振動がおかしい! 交差点で停止。
 前タイヤがパンク、ここでかよ! って感じ、「長浜城」すぐ手前、190キロです。
 歩道に座り込んで、チューブ交換、小さな石のとがったやつが刺さってました。
 エアーは、ボンベを使って入れる、マウンテン用の大きいサイズ、これだけで十分。
 バルブは、凍って白くなったが、チューブは大丈夫、修理完了です。
 立ち上がるのに、足が痛い、幸いにシューズの中の足は、それほど痛くないのが、助かった。
 道路に出て走り出す、左へ曲がって、湖岸に出たら右、公園を横目で見ながら通過する。
 しばらく走って、湖岸道路に分かれ、右折する。
 45キロほどあったんだから、240キロになってしまう? 頑張れ! って感じだ。
 向かい風はなくなり、期待通り、追い風気味、ペダルも軽く感じる。
 ただし、交差点が多く、赤信号での停止ばかり、ついてない時はこんなものです。
 道路は片側2車線、文句は言わずに、ただ走るしかない。
 「上坂」の交差点を右折、「365号線」わずかだが登りの道路だ。
 時間的に悪いのか、やけに大型トラックが多い、それも追い越しの車だ。
 トレーラーが1番嫌なんですよね、前と違う動きをすることがあるので。
 トイレに行きたくなるが、何もなし、隠れれるところを探して、小休止です。
 心配した登りは、意外とスムーズに上れた、やっぱり使う筋肉が違ってる感じだ。
 1度も止まることもなく頂上、下りの方が、足の置き所がない感じだった。
 ペダルを回してもダメだし、3時の位置でも足が痛い、下にしていると、片方だけ疲れるしね。
 ブレーキを握る手も、握力が弱くなってきて、掛けるのが大変でした。
 時速47キロ、カーブもあって、途中で信号交差点赤! 交差点内で停止。
 「伊吹山口」交差点右折、ここからも下り、ありがたいのと、つらいのとが交差している。
 できるだけノーブレーキで、惰性を使って「21号線」と「53号線」の交差点を左折。
 追い風のありがたさを感じながら、時速30キロで走る。
 こんな時は、信号機が邪魔だが、タイミングよく赤になり、停止作業ですよ。
 でも、坂は上れそうなので、来たコース「池田温泉」の方にする。
 コンビニの所から左折、上り坂、思った通り、意外と足に力が入って、息も上がらず上り切る。
 長いトンネル、下りの歩道なので、ふらつかないように注意、車除けもあったはず。
 そんなことを考えながら、ブレーキングをして、慎重に走るが、長い!

 無事トンネルを抜け下り、「417号線」の手前のコンビニで停止です。
 最後の頑張り、コカ・コーラを買って、水分とエネルギー補充です。
 なんとなくシャキッ! とした感じがいいんですねえ、げっぷがダメですけど。
 もう薄暗くなって、ライトはつけてはいるが、注意して走らないといけない。
 体全体が疲れてきているので、注意力も散漫になりがちになる。
 どんどん暗くなってくる中、「神戸町」~「平野庄橋」を渡って、「パレットピア大野」です。
 「根尾川」堤防を遡って、無事家に到着です。
 走行距離 240.6キロ (19:30) 14時間30分 程、掛かったことになる。

火曜になっても、足の筋肉痛は、残っていました。
 いかに、長距離を走ってなかったのかが、これでわかる気がします。
 不思議なことは、あれだけ足に来ていたのに、踏む力は残っていたことです。
 最後は、平たんな「赤坂」の方から、回ってのコースを考えたのですが、「池田温泉」への坂が、簡単に上れた。
 ケイデンスを上げて走る時間を、もっと長くするようにしないといけないのかもね。
 とりあえず、240キロ 完走できた! と言う事で、この次は、9月に皆で行けると良いですね!
 自走では無いですよ! 「琵琶湖一周 150キロ」 ですかね! 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント