サイクリングに続いて、ランチ忘年会を開催!

12月22日(日) 天気 曇り
予報は雨だったけど、午前中は何とかなりそうな、曇りの天気です。
 走る準備をし、忘年会の用品も持って、最後まで悩んだ末に、自転車は何時ものフラットロードにする。
 走るんだろうから、ロードにと思ったが、シューズカバーがないので冷たいだろうし、もう1台は出すのが面倒なんですよね。
 誰々が走るんだろう? 少し心配しながら集合地の「タイサンボク」へ。
 参加者 7名 (和田、多和田、清水、西川、松岡篤、松岡知、私)

そうそうたるメンバーで、やっぱりロードにすべきだったなあ!
 コースは、堤防を下って・・ 工事中の個所がある! との事だったので、変更し「横蔵」コースにした。
 このメンバーでは着いて行けそうにないので、速度は遅いが、ノンストップで「昆虫館」まで行く事にした。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、何時もとは反対に、最後尾になるし、此処から間が空いてしまう。
 なんといっても最年長だから、仕方ないよね。
 時速24キロでも少しずつ遅れる感じだもんね。
 いったんは「平野庄橋」東交差点で追いつくも、走りだしてすぐ、同じ状態になる。
 幸い向かい風はそれほどなく、時速25~6キロ程、前の方にみんなが見える。
 後ろに付くのも良いが、練習にならないので、1人先頭走りだ。
 ケイデンスは95回ほど、体が温まってきたので、少し落として走る。
 とにかくあまり無理をせずに、走り続ける事にする。
 和田、西川さんの二人が遅れて、間が空いた様子だ。
 私との差が開かなくなってきたので、同じような速度になったんだね。
 「前島橋」交差点で追いついた形、でもすぐ離されて反対側堤防を走る。
 和田さんも頑張っているが、「朝鳥公園」トイレ休憩はいるんだろう! と思う。
 「井ノ口橋」下をくぐったところに、松岡兄弟が止まっていた? コースが判らないかも。
 和田さんらと一緒に走りだして、「朝鳥公園」駐車場に入ったが、私は予定通りスルーした。
 
「川口橋」を過ぎ登りに入る、ギヤをチェンジし走るが、速度は19キロ程になる。
 それほどきつい登りでは無いが、「揖斐峡大橋」手前までは、ずっと登りになる。
 ここは意識して登れば、それほどきつい登りでは無い感じなんですが、トンネル後がどうもね。
 息が上がってきたが、何とかこなして橋を渡り「303号線」交差点、止まっている間に水分補給です。
 松岡兄弟が追い付いて来て、一緒にトンネルへ。
 出た後が大変、だらだらした登りだが、足が動かないんですよね。
 さすがに若い、松岡知(弟)が前に出て行った。
 これで最後の登り! の所に松岡弟、ゆっくり走って居る、コースに自信がないんだろう、追い付く。
 下りは先頭になって走り、交差点を左「横蔵寺」へ。
 不思議なことに、足に力が戻ってきているので、なだらかな登りは快調に、橋から登りが急になるが、頑張って上り切る。

「横蔵寺」の駐車場、そのままUターンし、下りへ。
 ワー!! ッと下れると思ったが、意外と向かい風が有って、速度が出ずに踏む事になった。
 交差点の所にサイクリスト、和田さん? と思いきや、清水さん? わきに逆さにした自転車が、パンクかあ! と思いストップ。
 スポークが折れた! バシ!っと音がして、止まったらスポークが・・。
 見ると、後輪のニップルが1箇所折れていた。
 とりあえず、スポークは良さそうなので、からげるもの・・ 外れるかな? 扁平のスポークで外れました。
 私のバックに入れ、とりあえずゆっくり走って戻る事にした。
 リムは曲がっているので、キャリパーを少し開いた形、とりあえず走れる。
 急な坂を上って、平坦になった所で、後ろを確認すると、清水さんがいない?。
 ゆっくり走るしかないな! 私は、27~8キロならのゆっくり表現だったけど、彼は20キロ感じだったようだ。
 再度確認し、それなりのスピードで、アップダウンのコースを走って、「昆虫館」駐車場に到着です。

和田、西川さんは、「朝鳥公園」から「井ノ口橋」~「谷汲」コースで来たとの事でした。
 少し遅れて、多和田さんも到着(用事で、途中下車って感じ)みんなで休憩です。
 ”スポーク折れ” そんなの有るの? 無い事ではない、強いショックを与えると、折れる事はある。
 折れると、片方に引きが強くなって、リムが振れてブレーキにこすってしまうので、キャリパーを開いた状態で、とりあえず走る。
 スポークが遊んでしまうので、テープかなんかで隣のスポークにからめるか、抜いてしまうかする。
 今回は、ニップルの破損なので、ニップルのみ交換し、振れを取るだけで大丈夫だと思う。
 皆も、いい経験だと思うよね。

頑張り過ぎたので、折れダラダラで帰るよ! と言いながら駐車場を出る。
 時間的には、11時15分ごろには、ゴールできそうな最適なスタートだ。
 でもこのメンバーでは、だらだらにはならないよね。
 「谷汲口」を過ぎても、時速28キロだもんね。
 後ろのグループで走ってはいるが、何ともなりませんです。
 やっぱりロードで来るんだった! そう思いながら、年を忘れて走るんです。
 途中、家によって15番のニップルを・・ と考えたが、用事もあって、清水さんが家に戻って、出直してくることになる。
 スピードアップし前へ、面白くなって後ろへ着く、32キロ! 33キロ! はや!!
 前の方を走る和田さんチームに追いつき、そのまま追い越す。
 面白くなって、そのまま後ろで走るが、カリモク手前で終了、すると和田さんが代わりに後ろに付いた。
 頑張りますねえ! しばらくすると、終了! って感じで間が開く。
 で良い感じで走ったよねえ! 走り過ぎました。

予定時間に「泰山木」に到着でした。

12時少し遅くはなったが、 2019年、令和元年のサイクリングクラブちゃりんこPit 忘年会です。
 参加者16名、盛大に実施しましたよ!
 乾杯は、最年長の飯沼さん
IMG_2815.jpg
IMG_2824.jpg
 もちろん、コーラ、ジュースであるコールは0。
 今年の走りの状態は、前回までで、イベントなどを含めると、91回走ったことになる。
 最高は、年寄り組で 後藤さんの 72回  若手組  多和田さんが 44回
           和田さん  62回       今木さん   30回
           内藤さん  43回       田中、西山さん 25回
   田中、西山さんは、今年から参加なので、本当に頑張ってくれました。
   特に田中さん、”頑張りましたで賞” を贈呈しました。
 大きな事故やトラブルもなく、皆のおかげで、名所旧跡巡りサイク”もやれましたし、楽しくもあり、有意義で、良い1年の走りでした。
 16人も参加してくれ、いろんな話に花が咲いて、本当に楽しい時間です。
 恒例の 福引 あみだくじ をやったり、楽しく団らん時間を過ごしました。
 お腹も一杯になり、最後にコーヒーをいただいて、終了です。

来年は、私事ですが、9月に ”東北のサイクリングイベント” に行く。
 ”琵琶湖一周” はまた行きます。 (田中さん目標です)
 ”琵琶湖自走 215キロ“ 5月に計画! まとまりました!!
 木村さんの、”名所旧跡巡りサイク” やりましょうね。

最後に「泰山木」からのプレゼント、コーヒー券? 残念ながら、私は1枚、2枚当たったメンバーも。
 ありがとうございました! 来年もよろしくです!!
 

おはようサイク 19-77

12月21日(土) 天気 曇り
今年最後の ”おはようサイク” 何とか雨にならずに、走れそうだ。
 ”おはようサイク” だけで、77回になるんだもんね、同じようなコースを、よくもまあ・・
 服装も同じで、1年が終わろうとしています。
 参加者 9名 (後藤、多和田、清水、箕浦、和田、田中、西川、内藤、私)

箕浦さん、風邪をひいてたようで、久しぶりの参加になり、Bコースを所望する。
 他のメンバーは、追加するか「谷汲」コース、と言う事でスタートした。
 「下座倉大橋」を渡って左折、後ろから賑やかな声がする。
 久しぶりのメンバーが来ると、話すことが多いんだろうね。
 多和田さんは、折り畳み自転車、あんなのを持ってたんだっけ? って感じだけどなあ。
 そのこともあっての、話題かも知れない。
 
何時ものように先頭、箕浦さんなので、時速23キロでも大丈夫! と思いながら走る。
 高速道路、走っている車が見える、そう言えば開通したんだよね、多和田さんが走ってきた、200円だった、そんな話題もあったな。
 なんとなく、静かに開通したって感じ、余り珍しくもないんだろうね。
 
「平野庄橋」東交差点赤信号停止、手の指先は暖かくなってきた。
 走りだし、Y字路を左に少し走ったところで、清水さんが前に出て、「川口橋」追加走りの話をし、そのまま前方へ。
 和田さんらも出るんだろうと思っていたが、誰も出て来ずに、清水さん1人だけ先に行った。
 向かい風はあるものの、ひどい感じはなく、23~24キロだったら大丈夫、そんな感じだった。
 箕浦さんに、早い? 遅い? ちょうどいい? ちょうどいい感じ! なんか湯加減を聞いてる感じだね。
 そんな話をしながら、調子は悪くない感じです。

「三町大橋」下をくぐって、誰も前に出て来ないし、調子も良いので、追加しますか? いいですよ! の声。
 橋を渡って再度堤防へ、清水さんとの時間合わせもあって、「厚生病院」の所まで行く事にした。
 体も暖かくなって、汗ばんでも来たので、ちょうどいい加減だ。
 皆には、もっと走ってもらおうとしたが、「厚生病院」の所でUターンしてしまった。
 箕浦さんの姿が見えず、待つが来ないので、戻ってみる事にした。
 暫くすると、向かって来たので、Uターンしてもらい途中から下道へ入ろうとすると、和田さんが走ってきた、Uターン! Uターン! と声をかけるが、そのまま堤防を走って行ってしまった。 (2人とも途中トイレでの遅れです)
 清水さんも行ったことだし、良いか! と思いながら、Bコースに戻って、トンネルを抜け、駐車場へ。
 さすが清水さん、早いわもう着いている! そんな事を思いながら、休憩だ。

暫くして、和田さんが到着、結局「井ノ口橋」まで行ったそうで、みんなどうしたの? って感じ。
 なんだかんだ話してると、清水さんも追加無しで来た感じで、1番走ったのは、和田さんだったんです。
 ご苦労さんでした! 全員で大笑いの休憩時間。
 その後、多和田さんの折り畳み、ヘッドの部分にガタが有る? との事で確認。
 確かに少しガタが有り、調整するがうまく治らず、帰ってから再度実施することにした。

「三水川」堤防、入るまでのコースは、多和田、和田さんが短縮して走ってきた。
 トイレに寄ったのかもね、此処からはまた全員一緒になりました。
 カモ、魚食ってるのかな? いや、草食系じゃないの? そんな話をしながら、ゆっくりした走りです。
 多いのは、「根尾川」「揖斐川」だと、撃たれるので、ラインでもしあってここに来るんだろうね。
 のどかな風景を眺めながら、「根尾川大橋」に着いた。

橋を渡って、Uターンした形で、「泰山木」にゴールです。
 マウンテンバイクの話題に、自転車の扱い、バランスのとり方はうまくなると思う。
 ロードとは違う形で、足腰が鍛えられるしね。
 来年は、マウンテンバイクに乗る機会が増えそうだね。

終了後、折り畳み自転車の修理です。
 ヘッドのカラーを、私が持って居るものと交換し、再度組みなおすと、ヘッドのガタは亡くなったが、ハンドルポストのガタ? はまだ感じられ、やって居る内に、フレーム折り畳みの部分にガタが有るのを見つけ、修正する。
 これでガタは感じなくなったが、いろんな所に ?? を感じる結果となった。
 まあ、こんな事も有りますよね、とりあえず治ったので、あとは様子見です。

おはようサイク 19-76

12月15日(日) 天気 晴れ
少し暖かいかな? 家族の皆と朝食が合ったので、家で朝食をとって、集合地へ。
 久しぶりに、松岡兄弟が来てくれました。
 参加者 7名 (後藤、多和田、高橋、松岡兄弟、平田、私)

平田さんが、マウンテンバイクを持って来て、エアーが抜けなくなった! との事なので、サスペンションの外側にオイルを塗る。
 ほこりなどでサスに傷がつく場合がある、その為のオイリングをし、滑りを良くして置く。
 再度エアーを調整、サグを確認10mm程あるので、エアー圧を高くし、再度確認、5mmになったので、これで行く事に。
 1人だけ、河川敷でマウンテンバイクを楽しむことに、取り敢えず、エアーポンプを遂行してもらう。

私たちは、このメンバーなので「谷汲」コースだろうね。
 ウオーミングアップを終え、多和田さんに、松岡兄弟来てるので、3人で先に行って! と話す。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、今回も向かい風、3人が前え?? 高橋さんも一緒だった。
 後藤さんと私の2人が少し遅れて、頑張るしかない感じだ。
 最近の高橋さん、走りに目覚めた感じで、良い走りが出来ているからね。
 時速26キロはきつい向かい風、24キロで行くしかない。

「平野庄橋」東交差点、前のメンバーが止まっている間に、何とか追いつき再スタートです。
 すぐに少しづつ離されるが、高橋さんはそのまま、前のチームの最後尾で走って居る。
 こんな風の時には、後ろに付いた方が楽かもしれないが、運動ですから風を切って走るんです。
 「三町大橋」手前で、1人高橋さんが遅れてきた、あの3人の後だと、さすがにきついか?
 こちらもきつい、ギヤを下げたり上げたりしながら、何とか25キロを維持してはいるが。
 再び堤防に上がってから、高橋さんに追いつき後ろへ、少し呼吸を整えて、きつそうだったので前に出る。
 高橋さんは、小さいうえに良いフォームをしているので、意外と風よけにならない感じ。
 後ろを走るんなら、大きい人の後ろが楽だねえ! ってことを再確認だった。
 
「前島橋」交差点、止まって2人で きついねえ! 息がハアハアしている。
 昨日も頑張っての今日だから、心拍数は良いかも、でも足がねえ、年だね! って感じだ。
 前の3人の姿は見えないし、頑張って走るしかない。
 同じような向かい風、前傾姿勢を深くして、少しでも抵抗をなくして走るしかない。
 緩いカーブは横風、終わるとまた向かい風、「井ノ口橋」袂を右折、向かい風無くなりホッとするね。
 信号交差点停止、水分補給しながら後ろを確認、皆無事にいる。

「広域農道」ほぼ追い風、なだらかな登りも26キロで走って、トンネル前の登りに。
 ギヤを落として一気に・・ とは行かなかったが、よれよれでトンネルへ。
 後ろからのライトの光で、すぐ後ろにいることが分かったので、トンネルを出ても休むことなく、下りへ入る。
 フロントギヤを外側にし、惰性に助けられる形で走る。
 頑張って走るが、後ろは着いてきている感じなので、緩めるわけにもいかない感じだ。

「昆虫館」の駐車場、屋台が出来ていた。 (毎月第3日曜は、イベントが有るとの事だった)
IMG_2809.jpg
 入口の所では、日が当たらないので、当たる所に移動、やっぱり暖かい。
IMG_2810.jpg 
 ”ばくだん” と言うのかな? 見たかったが、温まるまで時間が掛かる! と言われ断念、戻ります。

高橋さんは戻りも好調、「谷汲口」まで、時速29キロでも離れる感じ。
 多和田、松岡弟は既に見えず、高橋、松岡兄が前、私、後藤さんが遅れて2人だ。
 「万代橋」の所までにさらに遅れ、その後の登りでも見えないほど。
 「根尾川」堤防は、追い風に任せて時速35キロまで上がるが、続かないよねえ。
 このままでは追いつけないかも? そんな事を感じながら、それでも頑張って走って行くと、「大野橋」袂で止まっている。
 車の往来が多く、横断できないでいた様子、すぐ近くまで追い付く。
 また少し離れたが、見えているので頑張る事にしたが、驚くことに、高橋さんが前を走ってる。
 時速30キロで追いつかないスピード、本当に頑張ってるよねえ。
 「カリモク家具」手前からは、平坦になり追い風も横風に、前のスピードが鈍ってきた。
 頑張りどころ、踏ん張って何とか後ろに付き、一休みって感じだ。

「薮川橋」下をくぐって下道、坂を上って再び堤防、時速30キロそのままで上り切る。
 坂の途中で先頭になってしまったが、頑張りどころを頑張ってしまった感じだ。
 とにかく、ここまで来たら走り切ってしまうしかない。
 「真大橋」下をくぐって、坂の途中から左折、下道に入ってもそのまま走る。
 最後の交差点を渡ってスローダウン、みんな良く走ったねえ!。

「泰山木」店内に入って、席に着くが 暑い! たまらずジャケットを脱いでしまった。
 高橋さんらも同様に脱いでいるし、背中も汗びっしょり、風邪引かないように注意だね。
 アイスコーヒーって感じもするが、ホットにした。
 それにしても、高橋さんの変わりようはどうなってるの、話をすると、走るのが楽しくなってきた! 感じだそうだ。
 体調がよくなったのと、運動を続けたので、自分でも走れる! って感じが有るんだそうです。
 良い事ですねえ、追い越してください!!
 松岡兄弟も、2人とも元気で仕事をやれてる様子で、良かったですね。
 早く終わって、魚釣りのつもりだったんですが、走り過ぎたので、これで終了です。

おはようサイク 19-75

12月 14日(土) 天気 晴れ
さあ! 土曜日です! って感じではないが、何時ものごとく、起床してまず水をコップ1杯飲む。
 顔を洗ってトイレ、そして着替え、バックとヘルメットをもって、玄関へ。
 車に自転車を積んで出発、「薮川橋」の所で、サイクリスト6人、少し後に2人とすれ違う。
 コンビニでパンとジュースを買い込んで、集合地です。
 参加者 6名 (後藤、飯沼、今木、和田、田中、私)

平田さんが、マウンテンバイクをもって参集、買ってほとんど乗ってないらしい。
 オイルデスクブレーキ、前後エアーサス、26インチのマウンテンバイクだ。
 状態確認をしてほしいというので、チェックする。
 ブレーキレバーを握り、効きの状態を・・ 問題無し。
 フロントサス、戻りもあってほぼ問題なし。
 リヤサス、エアーが抜けているので、ポンプでエアーを入れる、サグの確認で、乗ってもらうと、抜けた?
 再度エアーを入れるが、体重をかけると、また下がってしまった。
 又入れるが、アツが上がらず?? フロアポンプを使って、急激に入れると、アツが上がった。
 やっぱり、長い間使ってなかったので、シールが効かなくなっているんだろう。
 とりあえず、このまま少し置いて、抜けたらまた詰める事、自転車を逆さに置いて、オイルを下げてみる。
 それと、明日にでも、サスに塗るオイルを持ってくる、そんな話で様子見です。

遅くなったので、皆を先に出てもらって、後追いをして走りだします。
 温度の寒さでなく、空気が寒い感じ、走りだすと特に感じる。
 昨晩、「ゆ~みんぐ」で運動したので、足は回るが力が・・ って感じだ。
 それほど遅くなったように思わなかったが、メンバーの姿が見えず、大分離れたようだ。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、冬特有の向かい風、それほど強くはないが、重さを感じる。
 飯沼さんが居るので、せいぜい22キロだろうから、頑張って26キロで、何とか追いつくだろう。
 そう言えば、今日は高速道路の開通日、車が並んでる様子はない。
 「平野庄橋」東交差点を走り抜けるのが見えた、下の方から抜ける事にした。

少しづつ、前を走るメンバーが大きくなってきて、グライダー練習場を過ぎたところで、追い付いた。
 少し前を、和田、田中さんの2人、後藤、飯沼、今木さんの3人が、後ろだ。
 今木さんとコースの打ち合わせ、「大谷トンネル」~「谷汲」~別行動。
 飯沼さんも調子良さそうなので、私らも行けそうだったので、そのつもりで前に出る。
 飯沼さんらと相談、風で走れそうにない! 追加走りで、Bコースになる。
 和田、田中さんが頑張っているので、後藤さんに飯沼さんを頼んで、前の2人に追いつく。
 「谷汲」はきついとの事で、「川口橋」まで行く事にした。

「三町大橋」下をくぐって、再び堤防へ上がったところで、先頭に出る。
 和田さんと交代した感じになる。
 やっぱり向かい風で大変、とにかく頑張って走る事にした。
 すれ違う車の風で、20キロになったり、結構きつい。
 時速26キロ、どこまで行けるか、頑張って見るしかない。
 「前島橋」を過ぎ緩やかに右カーブするところは、風が横風になって、少し楽になるが、ほんの少しの間だけ。
 「井ノ口橋」で後ろを確認するが、誰もいない? 付いて来れなかったようだ。
 せっかくなので、このまま「川口橋」まで行き、そこで待つことにした。
 少し上りを感じながら、民家の間を走り抜ける。
 久しぶりなのでか、端までが長く感じる、息が上がってきた。
 左折して橋の上、スピードを落として、2人を待つが来ない。
 橋を渡って左折、すると反対側に田中さんの姿が、待とうとしたが、橋の所でUターンした。
  (和田さんは、途中でトイレしたそうで、途中ですれ違ったとの事だった)
 それなら、と思ってスピードアップ、「井ノ口橋」で合流することにした。
 わたっている途中で、田中さんの走る姿を確認、袂で合流する。

戻りの堤防は追い風、時速30キロ、付いて来ているのは進歩だなあ。
 「岡島橋」の所で、長岡さん70過ぎてるんですよね? 72歳! ほんとですか?
 そのまま2人で走り切って、トンネルを過ぎて、駐車場に到着。
 後藤さんらは、先に到着していて、少し遅れて和田さんも到着です。
 
帰りは「三水川」堤防、カモが多く川面に。
 柿の木は、葉が落ちて枝がむき出し、黄色の実が残っている木が、冬を感じさせる。
IMG_2807.jpg
 落ちた葉を集めて、燃やしている煙が、あちこちに上がっている。
IMG_2805.jpg
 柿の木の手入れは、、大変だ! と聞くが、枯葉の処理もあるんだね。
 そんな作業をしている姿を見ながら、堤防を走ります。

ゴールしてのコーヒータイム、早いわあ! (田中) 田中さんも走れるようになったよねえ! (私)
 走れるときは、こんな風に走って見るのも大切。
 ゆっくり走る時は、ケイデンスを上げて走るし、今日みたいに頑張る時も。
 そうすれば、どんどん走れるようになって来るさ。
 そんな話を。
 マウンテンバイクを治さなくちゃなあ!

おはようサイク 19-74

12月 8日(日) 天気 晴れ
予報通り朝から暖かい感じ、「大野町」側溝の掃除日、8時から東側の川の掃除だ。
 一人だったが、とにかく約束事なので、木を切ったり側溝内の石ころを払ったり、掃除です。
 9時前に終了するも、腹が減って朝食、自走で「泰山木」へ。
 モーニングをしているところに平田さん、私服姿で来た。
 カラフルタウンのトレック店に行ったとの事で、マウンテンバイクが面白い! との話。
 しばらく乗ってないからねえ! 又乗りますか! そんな話に。

10時30分少し前、慌てて店を出て「パレットピア大野」に。
 ”大野ポタリングクラブ” 活動日なんですよね、バイクラックに1台のロードバイク、でも関係ないサイクリストでした。
 残念ながら、参加者はなし! 走り終えた内藤さんが来たので、一緒に「泰山木」に戻る事にした。

”おはようサイク” 参加者 5名 (後藤、多和田、和田、高橋、内藤)
 「谷汲」コースを走ってきた! との事。
 内藤さんは、遅くなって家からスタート、「大谷トンネル」を抜け、「昆虫館」での合流。
 一緒に戻ってきた様子だ。
 暖かいので、皆さん汗をかいているので、その後風邪を引かないように。

内藤さんと一緒に「三水川」堤防を戻る。
 天気は良いが、走る気力がなく、そのまま家に戻ってしまった。
 本当に、歳の制か、積極性がどんどんなくなってしまう感じです。

おはようサイク 19-73

12月 7日(土) 天気 曇り
仙台に住んでいる姉が来て、観光のお供をしてたので、前回のブログが、昨夜のアップになってしまった。
 そんな事もあって、おはようサイクが続けてきた感じだね。
 寒いのも今日まで、との予報もあるが、あてにならず、頑張るのみだ。
 久しぶりに、杉山さんが参加、中々女性陣が複数そろわないのが、ちょっと残念だけどね。
 参加者 7名 (後藤、長谷川、和田、田中、西川、杉山、私)

私と杉山さん(女性)の2人でBコース、他のメンバーで「谷汲」かな? そんな思いでスタートです。
 丸1週間運動をしていない(ゆ~みんぐは大掃除で1週間休み、その他で)ので、体が動かない。
 走る前に、準備運動などやるが、足が回らない感じだ。
 「下座倉大橋」を渡って左折、後ろに下がって、”「谷汲」コース行く?” ”寒いのでBコースで良い!” ”同じコースだと、待つ時間長くなるので、「井ノ口橋」でUターンして来て!” と言う事になった。
 こっちは、時速20キロ程で行けば、ちょうどいい感じだろう! の想定です。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、何時もの向かい風、5人が前に出て少しづつ離れて行く。
 ケイデンスを80回から90回にすべく、ギヤを変更する。
 時速は20キロ、ケイデンスを上げ体を温める作戦です。
 「神戸大橋」の下をくぐって坂を上って再び堤防へ、?? ダンプが来た、あんた下だろう!! (道幅が狭く、上下一方通行状態になって居る)きっちり端へ寄らないと、自転車でもすれ違えないのに。
 案の定、杉山さんは、止まってしまいました。
 「平野庄橋」東交差点赤信号停止、後ろを確認すると ?? 杉山さんの姿が見えず。
 何か問題でも? 戻ってみる事にして、すぐ姿が見えたので、再度Uターンする。
 早いですウ! って事だったので、とりあえず良かったです。
 再スタート後は、17キロにして、ギヤを最大限軽い所に変更、ケイデンスが103回ほどになった。
 慣れてきたせいか、足が回るようになってきたので、これで行く事にした。
 「池田山」上の方は白くなって居る所が有る、雪が積もったんだ。
 小休止と共に写真を撮る。
IMG_2803.jpg
 後ろの「伊吹山」、北側の奥の山も白くなっている、本格的な冬当来だね。
IMG_2802.jpg
 そんな事をしている中、グライダーが飛び上がって行く、うわー! すごいねえ!! 引っ張るのが有っちに有るんだ! もうすぐ切り離すよ! あ! 落下傘みたいなのが付いてる! そんな話を。
 また走りだしますが、少し心配になってきました。
 「井ノ口橋」でUターンだと早過ぎかもな! トイレでも寄ってくれるといいけど、と思いながら走ります。
 走ってないとダメですねえ! 20キロで走れないもの、17キロでしょこれなら着いて行ける! 「谷汲」行けるよねえ! なんて話してたんだけど、これじゃあだめだよねえ! こんな声が後ろからします。
 やっぱり、定期的に走ってないとねえ! 私らも、2回抜けると大変だもんね、そんな話に。

「303号線」を横切ってトンネル、さすがにほんのり暖かい、そんな感じに救われる。
 坂を下って駐車場、誰もいない? やっぱりトイレ寄ったかな、良かったねえ! 俺たちが早かったねえ!
 少しすると、下ってくるサイクリストが見え、駐車場到着です。
 「川口橋」まで行ったようで、タイミング的に、かえって良かったです。

そろって休憩、風も無く、太陽の光が何となく暖かく感じる。
 和田さんが、コルナゴのクロモリフレーム自転車を乗り出したので、試乗してみる事に。
 フォークがストレートなのでか、割とクイックな感じ、ダンシングすると重量感を感じ、良い感じで振れる。
 車輪も34本スポークなので、硬くもなく良い感じなんだと思う。
 そんな話をしながら、休憩を終え戻る事にした。

「三水川」堤防に戻って、川面を眺めながら、ゆっくりサイクリングです。
 役場辺りから、ダンシングで走って行く事にした。
 しばらくやったことのない練習なので、余りスムーズでないペダリング。
 ペダルを水平にして、そのまま走ったり、頭を動かさずに、体重をかける意識です。
 膝の上の方に違和感を感じ、運動しているのが判る。
 「真大橋」の所を過ぎたあたりで、長谷川さんらが前に出て来たが、ケイデンスが高い回し方だ。
 ゆっくりではあったが、それぞれが考えて走っているようだね。
 ダンシングをしたままで、「泰山木」ゴールです。

店内は今日も大繁盛! って感じで、2席に分かれてのコーヒータイムです。
 杉山さんは、電話があって早々に帰ったが、私らはゆっくりモーニングを楽しんむ。
 左上腕に違和感、ひざの上の筋肉も使った、そんな感有。
 スピードが遅くても、走り方の寄っては十分運動できる ってことだと思う。
 田中さんと、初めは皆こんな感じ、箕浦、飯沼さんらも、時速17キロ走行距離10キロから始まったんだから。
 1年くらいして、びわ湖行ってみたい! と言う事になり、「木曽三川公園」往復出来たら・・ で連れて行った。
 そんな話を、来年は田中さんもチャレンジしてみるといいと思う。
 日ごろの運動についても少し、とにかくあまり無理せず、定期的に続けること。
 私の年でも、美味く運動すると、筋肉が付いて来る、面白いですよ。
 とにかく、あまり無理をせずに、効率よく運動することではないかな。


 

京都 輪行サイク

12月 1日(日) 天気 曇り
  参加者 4名 (後藤、多和田、高橋、私)

4時30分起床、まだ暗いうちから起きだして準備、樽見鉄道「十九条駅」発 5:54 に乗るため、5:20家を出る。
 駅で、高橋さんと合流、寒いし暗い中自転車をもって、ホームへ。
 待つこと10分ほど、明かりと音が聞こえてきて、電車が来た。
 走りだして10分ほどで「大垣駅」到着、自転車を担いで、階段を上り「東海道本線」ホームへ。
 後藤さんと合流して、6:20発の列車に乗り込む。
 「米原駅」で乗り換え、隣のホームに移動する。
 8:15「京都駅」到着、降りると、途端に人ごみの中、エスカレーターで2回へ、此処も人費と人。
 1回に降り、料金は「精算所」で済ませ、改札を出る。
 踏陰と言う事もあって寒い! 先ずは、邪魔にならないところで、自転車を組み立てる。
IMG_2710 (編集済み).jpg
 多和田さんが、手違いで少し遅くなるので、何時もの喫茶店で、朝食です。
 9:00 過ぎに多和田さん合流、先ずは「清水寺」に向け出発。
 
まだ早い時間の為か、人も車も少ない感じ、坂を上って行くが、途中で人が多くなり引くことに。
 山門のすぐ手前まで行って、横道の所に自転車を止める。
IMG_2711.jpg
 山門
IMG_2712.jpg
 本堂の屋根が網で覆われ、暗くなっている
IMG_2714.jpg
 横の方に、朱色の鮮やかな建物、5重の塔、やっぱり中国人? が多い感じだ。
IMG_2716.jpg
 大きな声で話す、写真を撮って居るポーズが独特、外国にいる気分だね。
 奥の方に入って行くと、残念! 屋根ばかりでなく、舞台と言われるところも、まだ工事中で、足場が組まれている。
 とにかく見学です。
IMG_2717.jpg
 下の方まで
IMG_2718.jpg
 京都市街が一望に
IMG_2719.jpg
 散策路を歩いて、反対側の山から
IMG_2720.jpg
 どんどん観光客が増えて、3本滝? にも行列が
IMG_2726.jpg
 歩きながら、紅葉を
IMG_2729.jpg
IMG_2730.jpg
 門の所も、人が大勢、和服姿の女性が多くいるが、外人の様子だ。
 レンタル着物のようだ、男性もちらほら見受けられる。
 自転車をひいて、坂道をお下るが、人が多くて気を付けないと当たってしまう。

「知恩院」大きな門
IMG_2731.jpg
 一段一段が高い階段を上り終えると、大きな建物「御影堂」が見えてきた
IMG_2732.jpg
 とにかく大きい、どうやってあの時代に作ったか? って感じだ。
 裏の方にある「法然上人御堂」この後の「方丈庭園」は、有料、せっかくだから入ります。
 「徳川家」を祭ったお社とか、
IMG_2733.jpg
 庭園を散策
IMG_2734.jpg
 庭からの京都市街
IMG_2740 (編集済み).jpg
 紅葉を眺めながら、しっかりと歩きましたねえ
IMG_2741 (編集済み).jpg
IMG_2743 (編集済み).jpg
 休憩していた後藤さんの所へ、ベンチで休憩している老夫婦、地元の方でしたが、しばし話をする。
 今の時期は、観光客が多くて、どこかに行きたい気分、なんだって。

後藤さんが言ったことがないようなので、「平安神宮」へ行ってみる事に。
 鳥居と門の間には、いろんな店が並んでいて、人も大勢賑わっていた。
 大学生が作って居る焼きそばで、空腹を満たすことにした。
 「平安神宮」門の前で
IMG_2757.jpg
 中に入って、横に長いので、パノラマ撮影をしたが失敗、ダメでした。
 裏の庭園を見学するつもりで行ったが、余りの広さに、今回は止める事にした。
 どこも込み合ってる感じなので、しばらく北に走って、「鴨川」の河川敷を走る事にした。
「鴨川」の河川敷から、
IMG_2759.jpg
 川べりには、座り込んで日向ぼっこをしたり、ウオーキングの人も。
IMG_2760.jpg
 ”市民の憩いの場所” ってことが良く判る感じがする。
 行き止まりまで走って、自転車をもって階段を上り、「五条大橋」に出る。
 この辺も多くの観光客が歩いて居る。
 15時「京都駅」前に到着、すごい人出だ。
IMG_2763.jpg
 自転車をたたみ、手分けしてお土産や切符を買う事にしたが、結構時間がかかってしまう。
 多和田さんは、新幹線なのでここで別れ、急いでホームに向かうが、エスカレーターも並んで乗らないといけない状態。
 ホームにも列ができていて、4:06発でも満員状態だった。
 何とか吸われたものの、「米原駅」乗り換えは、上り下りがあって大変。
 
 「大垣駅」で後藤さんと別れて、「樽見線」ホームへ。
 30分ほど待って、電車が走りだし、「十九条駅」で降り、高橋さんと別れる。
 19時 我が家に到着。

おはようサイク 19-72

11月30日(土) 天気 晴れ
明日使う折り畳み自転車を使って、おはようサイクを走る事に。
 参加予定のメンバーも・・ 予想に反して、私だけでしたね。
 ほんとにたまにしか乗らないので、状態を確認しておかないとね。
 参加者 9名 (多和田、清水、和田、後藤、飯沼、田中、西川、西川、私)

堤防の下道を走って「下座倉大橋」の袂へ。
 橋を渡って左折、何時ものコースに入る、やっぱりこの時間車の通りは多い。
 「ゆ~みんぐ」を回ると、季節風の向かい風、起き上がっているので、まともに感じる。
 俺が先頭かよ! とも思うが、何時もの事なので、走るしかない。
 時速22キロ、ケイデンスは着いてないのでわからない、少し少ないかも。
 この風、飯沼さんも居るので、こんなもんだろう! 
 高速横のテニスコートでは、多くの男女で賑わっているし、ウオーキングがあったのにまだ工事車が見える。
 とりあえず、ギヤも変わるし、Vブレーキもしっかり作動している。
 
「平野庄橋」東交差点を過ぎて、清水さんに前に来てもらう? 話をしていて離れてみたいで少し待って。
 スピードアップし、離れて行ったのは、清水、多和田、和田さんの3人。
 田中さん、今回は遠慮します! ってこと? 西川さんは、奥さんが心配だねえ!
 取り敢えず、飯沼さんペースと行きたいが、向かい風で付いて来れるか? ってことです。
 少し左上からグライダーが、音もなくスーッと降りてきた感じだ。
 今日は、風もいい加減あって、最高のコンデションなんだろうなあ。

「三町大橋」下をくぐって、追加走りで、再び「揖斐川」堤防、後藤、田中さん前へ。
 「井ノ口橋」でUターン、先に行って! 頑張って運動してもらう事にした。
 こんなスピードでも、体が温かくなってきて、背中が汗ばんできた。
 20キロほどあるので、1時間ほど走って行く事になり、最高の有酸素運動になる。
 交差点も少ないので、停止しなくていいのも最高だね。

「岡島橋」を過ぎて、あと2キロほど手前から、スピードアップ、前の2人に近ずいてみる事にした。
 橋のたもとで2人止まって休憩? 私はそのままUターンし戻る事にする。
 戻りは追い風、ペダルに足を乗せているだけで24キロ、少し力を入れると28キロです。
 ハンドルに指先を乗せ、体を起こして、追い風を受けて、そんな走りを満喫する。
 少しすると、皆が後ろに来たので、スピードアップ良い風でしたねえ。

トンネルを抜け下ったところで休憩。
 何止まってんの! 運動しなきゃあ! (私) 喉が渇いて・・ (田中さん)
 そんな冗談を言いながら休憩、山の紅葉が綺麗です。
 曲がる合図をするとき、片手を出すとふら付いてしまう・・ (田中さん) 最初はみんなそうだね(私)
 上体のウエイトが腕に掛かって居る事と、踏んだ時に力が腕にかかるのが原因。
 足で踏んでる、と言うか、腰で踏むように、道路端の白線の上を走る練習が良いかもね。
 目線は遠目に、重いギヤや軽いギヤで、腺から落ちないように練習する。

戻ろうか! と言いながら、立てかけた自転車を?? サドルが動く??。
 前後が上下にガタが有る、え? ボルトが緩んだんだ! たいしたガタではないので、戻ってからやる事にした。
 最後尾、直線道路に入って、道路のへこみでガタンとなったら、サドルがずれた!!
 やばい! 前が上がって傾いた、手で治そうと思ったが、治らない。
 とりあえず「三水川」まで行ったら直す事にし、そのまま走る。
 堤防に入ってストップ、レンチを出してボルトを緩め、サドルを水平にし締めなおす。
 少し遅れていたのに、完全に遅れてしまった感じだ。
 
街中を抜けたところで、川面を泳ぐヌートリアを見つける。
IMG_2705 (編集済み).jpg
 泳いでいるとかもがすぐそばに、でも逃げる気配なし、襲われないって解ってるんかな。
IMG_2706 (編集済み).jpg
 しばらくぶりで、こんな風景を見れました。
 柿の葉っぱも綺麗に色図いて、取り入れも最終期に入って来た様子だ。
IMG_2707 (編集済み).jpg
 家の側までこんな感じだね。
IMG_2708.jpg

「タイサンボク」到着! 「谷汲」コースの3人の自転車もあり、本当に最後になったんだ。
 何時もの8人席、早いメンバーの前にはコーヒーが来ていた。
 明日の予定などを話をして、皆に置かれてしまった感じで、最後の一人になってしまった。