おはようサイク 19-46

 7月28日(日) 天気 曇りのち晴れ
台風が去って、カラット晴れ! と言う訳には行かないが、道路は乾いているみたいなので、走る事にする。
 「乗鞍」はだめになったけど、またの機会でやればいいもんね。
 何時ものウエアーに着替え、ヘルメット、グローブなどを持って玄関へ。
 まだまだじめっとしている感じ、ラックに掛けてある自転車にクモ、タオルを出して払うのと同時に掃除をする。
 グリップが濡れてるみたいに、滑りが悪い、7時過ぎてしまったので、急いで車に積み込んで、家を出る。
 河川敷に近所の男性、クラクションで朝の挨拶、サイクリングの男女とすれ違う、晴れるのを待ってたんだねきっと。
 駐車場は1番乗り、一人でも走る! と思い自転車を下ろそうとしたら、後藤さんが来ました。
 昨日話した、スプロケットを確認、止めナットを外しスプロケットとコグのでっぱりを確認、これは問題なさそうだ。
 裏側のカラーが異常に分厚いので、スプロケットを抜いて見ると、カラーが2枚入っており、薄い方のみ入れて組み込むと、ほぼ面一。
 分厚い方のみだと、スプロケットの切込みとは合わないので、2枚使用することにして、元のようにくみ上げる。
 こんな作業をしている間に、参加者がそろった感じだね。
 参加者 4名 (後藤、多和田、高橋、私)

時間になって見ると、参加者は「乗鞍」予定のメンバーだけ、“延期になりました!!” って、ラインを入れる手もあるが、しません。
 私が不参加でも ”おはようサイク” を成立させたいからですが、思うようにはいかないようですね。
 今木、内藤さんは「浜名湖」輪行、雨で走れてないので、私は、”おはようサイク” にしたが、仕方ないですね。
 もしかしたら、他のメンバーは別サイクリングかもね。
 
「谷汲」コースと言う事でスタート、気温25度、曇り、湿度高い!
 ウオーミングアップ走行は、高橋さんと、何となく足がだるい感じ、湿度の制? 金曜の運動の制?。
 「乗鞍」だったらやばい感じもする中、「下座倉大橋」からスピードが上がった。
 高橋さん先頭! とか言いながらスタートだったので、少し間をおいて2番手で走る。
 このところ積極的に走ってくれてるので、そのまま任せることにして、間をあけ後ろを走る。
 時速24キロ、そして25キロ、ケイデンスも高く良い感じだねえ! 後ろから見ていると、グッド! ですねえ!
 
「平野庄橋」東交差点赤信号停止、暑い!! もう汗をかいてきた。
 走り始めて、スピードがさらに上がって26キロ、やる気になってる! って感じだ。
 「グライダー練習場」辺りで、多和田さんが前に出て行ったが、そのまま行ってしまわず、先頭を走ってくれる。
 スピードのブレが大きくなってきた感じだったので、グッドタイミング! ですが、スピードアップする?
 1キロほど上がって27~28キロ、先頭よりは風よけが有れば、楽な感じだろうけど、こっちは大変だぜ。
 ケイデンスが100回を越しているので、息が上がってきた、ギヤを1枚重くする、95回ほどになる。
 前の高橋さんだったら、こんな走りはしなかったもんね、積極的でいい感じですよね。
 
少し遅れ気味の所はあったものの、「井ノ口橋」右折し、「広域農道」登りに入ったところまで、しっかり走った。
 トンネル前の登りでも、私は追いつけず、トンネルの中で一応後ろに付いたまま下りに入った。
 惰性は、私の方が早い感じなので、ブレーキングや体を起こして、間を取る事にした。
 平坦なところになっても、時速30キロ近いスピード、頑張ってる!

「昆虫館」駐車場到着、男女10人ほどのグループが休憩中(「羽島」のサイクリンググループ)だった。
 女性が明るくて、元気な声で談笑、見るからに走りそうな感じ、これから「根尾」の方を回って帰るとの事だった。
 とにかく熱い! 汗がしたたり落ちる、水分補給をするも、最後にはペットボトルが空になってしまった。
 ”気を付けて行ってください!” と言いながら、先のグループが元気にスタートしていった。

さあ! 戻りますか! と言いながら、自転車にまたがって、最後尾スタートです。
 のんびりと走りだしたせいもあって、離されてしまった感じ、多和田さんが引いてくれたら、追い付けないなあ! って思った。
 こっちも時速30キロには挙げたけど、追い付いてる感じではなく、見えない感じだもんね。
 「分水嶺」の所で、「根尾川」の水が多く、流れが綺麗だったので、止って写真を撮る。
IMG_2224.jpg
 再び走り出し、時速32キロ、でも追い付かないだろうね。
 「大野橋」車が多く暫く待ち、タイミング最低だった。
 とにかく、頑張って見るか! 走って居ると、「カリモク」の所で、後輪に異常? 下を見るとタイヤが広がって、パンク!! です。
 ダメなときは重なるもんだねえ! 反対側の広くなって、余り草のないところまで、引いて移動しパンク修理。
 バルブの所に小さな石のとがったやつが、爪で引っ掛けて取り払い、チューブを交換する。
 久しぶりのパンクトラブル、タイヤの交換時期でもある感じかな。

こんなんで、大分遅れて「泰山木」ゴールとなってしまった。
 高橋さんの話によると、途中でちぎれてしまったそうだが、これでは追いつけないですよね。
 今木、内藤さんは、「浜名湖」行ってるかな? 浜松餃子食ってるかもね。
 何となく体が重かった私、年齢とともに、運動した疲れが取れにくくなっているのかもね。
 「乗鞍」は、8月11日(日)に延期、体調を万全な状態に持って行かないとね。
 又も、ニュースに・・ 「滋賀県」トンネル内での自転車事故、反対側の車がサイクリングの列に突っ込んできた・・
  やりきれないですねえ! 幾ら注意していてもこれは何ともならないもんね。
 とにかく、十分注意をしながら、交通ルールを守って、楽しく走りたいですね!

おはようサイク 19-45 3時間のコーヒータイム!

 7月21日(日) 天気 曇りのち雨
雨は降ってない! 空全体が雲で覆われてはいるが、走れそうなので、走る準備をする。
 ポロシャツに短パンは、何時もの服装、自転車は何時ものフラットロード、蜘蛛を退治して蜘蛛の巣を払って、2週乗ってないからなあ!
 家を出て堤防道路に上がると、南西の空に少し黒い雲が、北の向かって走るロードの男性、こっちも頑張らないとね。
 西川さんが先着、自転車を下ろし空気を詰めているところへ和田さんが来た。
 参加者 4名 (和田、高橋、西川、私)

7時30分、後藤さんも来て入るが、用事があり普段着、あとは来そうにないかな? そんな話の中、雨? 腕に冷たいものが。
 西の方が暗くなっている、パラパラっとは降られるかもね! どのコース行こうか? なんて言ってるうちに、少し強くなってきた。
 あっという間に本降り、慌てて屋根の有る所に避難し、モーニングを先にすることにした。
 思ったよりも、雨の降り方がまともで、路面は完全に濡れ、走れる状態でなくなってきたので、”自転車のセッティング” 記録を出す。
 最近実施していないので、近いうちにやろうと思って、持って来たんです。
 これが私の、トレックの場合
IMG_2221.jpg
 これが箕浦さんの場合
IMG_2222.jpg
 もっと前はこんな写真も撮ってましたね。
IMG_2223.jpg
 歳をとって来ると、年々身長が小さくなってくる、上半身だけでなく、足も短くなる感じだ。
 おなかが出てくるし、体が硬くなっても来るので、前傾姿勢がとりにくくなるしね。
 何年かに1回は、見直しが必要だね。
 箕浦さんと私の身長は、ほぼ同じですが、サドルの高さとハンドルの間が、結構違うんですよね。
         身長      B/B~サドル間   サドル先端~ブレーキ頭間     合計     ハンドル下がり
  箕浦さん  1680mm    665mm       673mm      1338mm     30mm
  長岡さん  1673mm    715mm       630mm(最新)  1345mm     60mm
 身長、両手広げ幅、足の長さなどを測定、基本的な計算で各寸法を出して、セッティングをする。
 乗って見て、不具合を感じたら、少しづつ微調整をする。
 何回かにわたって調整し、良い所を見つける。
 部品交換でも寸法が違ってくる場合が有るので、これを記録しておくと、確認できるので、良いと思う。
 私も、トレックマドンのコンポを新しくしたら、サドル~グリップ間が長く感じ、チェックするとヂュアルコントロールレバーの形が、
  変更されていて、10mm長くなった感じなので、ステムを70mmから60mmに変更したんです。
 サドル交換なども、注意しないと、高さが違ったり、長さが違ったりしますからね。
 クラブ立ち上げてしばらくは、皆が素人なので、よくこんな話をしながら、いろんなことをやったのですが、最近は、皆が勉強して、
  解っている人が多いので、やらなくなった! と言うのが当たりかな。
 ハンドルの幅、これなんかも、400mmが広く感じてきて、昨年380mmにしましたしね。
 ”クランクの長さ” この話にも、身長と言うか足の長さに関係することだと思う。
 足が短い人は、長いクランクだと上下大きくなるので、大変だろうし、力学的には長い方が楽、でも動かす距離が長くなる。
 ”タイヤ“ 23C? 25C? 私のマドン、後藤さんのロードは、古いのでクリアランスがなく、フレームが擦れたような跡が出たので、  これからは、23Cにするしかない感じ、確かにクッション性は良いと思う。  
 チューブレス? 軽いのは良いかも、でもツーリングだと途中でパンクすると大変、硬くて嵌まらない! のが多い感じだ。
 レースなどコースがよくて、短時間ならって思う。
 それぞれにメリットデメリットありだと思うので、走る形に合うものを使用するのが1番。
 私は、揃える余裕がないので、普通のタイヤで、アルミのホイールで十分です! って思っている。 

先日、新聞で見た ”トンネル内での自転車事故” この話にも。
 詳しいことが判らず、想像での話が多いが、テールランプは? とか、どんなトンネル? だとかね。
 亡くなられた方のご冥福を祈るしかないが、他人事ではなく、私らも注意しないといけないしね。
 何年か前に、「根尾」で亡くなった事故の話も、カーブの所で落車運悪く、何もない所で谷に落ちなくなってしまった。
 子供さんの自転車修理に行ったところのお家で、なんで? って聞かれたこともあったなあ!
 私自身も、落車したり、車にぶつけられてくも膜下出血で入院、ビンデングが外れず店頭川にドブン、スマホやカメラも水の中。
 とにかく、事故には十分注意をしながら、楽しく走る事を心掛ける事ですよね。

後藤さんが途中で帰って、しばらくして内藤さんが参加、気が付いて見ると、10時30分でした。
 話に話が盛り上がって、3時間、雨は上がったようですが、走る元気はありません。
 今回は、”研修会” と言う事で! 終了でした。

昼過ぎから、「ゆ~みんぐ」行ったぜ!
 思ったより人が居なくて、エアロバイクを40分、ひと汗かいて、ジョギング台で35分、筋トレ途中で腹が減って、帰ってきた。
 シャワーを浴びて、冷たいビール・・ テレビの一場面になりそうですが、我が家の冷蔵庫には、アルコールはなし!!。
 最近のビールは、美味しくなった? んでしょうかねえ!
 
0

おはようサイク 19-44

 7月13日(土) 天気 曇り
 何とか走れそう、今日は、多和田さんの自転車を何とか直さないとね、そんな訳で、自転車はトレックマドンです。
  「薮川橋」手前で、ロードの集団とすれ違う、男性6人ほど早くから走って居る。
  そんな姿を見ると、頑張ろう! って気になって来るね、駐車場には先着の後藤さんがいた。
  参加者 10名 (多和田、和田、長谷川、箕浦、飯沼、後藤、西川、田中、今木、私)

 先ずは、多和田さんの自転車の、ギヤチェンジの状態を確認することにした。
  あうたーから、2,3段がほんの少し入りにくいので微調整、オイルをさしてしっかりチェンジするのを確認。
  私のと違って、カチン! カチン! と、しっかり過ぎるくらいの音とともにチェンジ、フレームに共鳴しているとも思う。
  これで乗ってもらい、変化なければ、ホイールを交換するか、私が乗って見る事にする。

 主体は「谷汲」コース、今木さんは、Bコースから合流する、そんな話でスタート、気温24度だ。
  何時ものウオーミングアップ、田中さんと、”走り方” について話しながら。
  腕に体重が多くかかっていると、ふら付き進まない、腕が疲れるし痛く成る事も、上半身を腹筋と背筋で支える。
  練習するのに、ハンドルに親指化人差し指をおいて走る、こんな風に・・・ とか。
  私は、腹をへこまし感じで、猫背のフォームですね、ロードの時は、出来るだけブレーキの所を軽く握る、これを維持する練習ですね。
  下ハンドルを持つことはほとんどない、サドルとの高さが60㎜低いので、肘を曲げてやるといい感じになる。
  ステムは、ヘッドから40㎜上がってるし、かといって、フレームを大きくすると、ステムが60㎜で、これ以上短く出来ないし、
   自転車を買い替える金もないしね、今のところこれがベストな感じですね。

 こんな話をしている間に「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、見ると先頭は箕浦さんだ。
  元気が良さそうなので、そのまま後方からの走りをすることにした。
  ロードでもたまには、ゆっくり走るのもいいかもね。
  向かい風も少しだけ、良い感じで吹いているので、さわやかな感じさえもする。
  道路端で今木さんが停止? 後輪タイヤが振れている、リムの問題では無く、タイヤの嵌まりこみの問題のようだ。
  
 「平野庄橋」東交差点赤信号停止、確認すると、タイヤサイドの部分が切れてきていて、膨らんでしまったのが原因だった。
  すぐにはバーストしない感じなので、今回は、気を付けて走る事にした。
  みんな揃って再スタート、少し走ったところで、多和田、和田さんが前に、少し遅れて長谷川さん。
  第2グループ、箕浦、飯沼、田中さん、間をあけ、私、西川、後藤、今木さんだ。
  後ろの西川さんに ”すごいサイクリングクラブだよね! 76歳が先頭だもんね!!” ”須郷ですね!無いですよ、ほんとに!”
   長谷川さんが、先頭に代わってくれた! と思ったら、前の組を追って行ってしまったしね。
  田中さんには、まだ先頭を・・ ってことは言えないしね、笑いながら、少し離れて見守ります。
  
 「三町大橋」を過ぎて、左折の所で、今木さんは直進し、別れて「昆虫館」を目指します。
  時速24~5キロ、良い感じで走れている。
  なんで前に来ないんだろう? って思ってるかもしれませんが、とりあえずは、先頭の走りですからね。
  ケイデンスは97回ほど、有酸素運動ですが、快調ですねえ!
  「岡島橋」を過ぎ「前島橋」 ?? 先頭箕浦さん左折? おーい! まっすぐ!! 慌ててUターンです。
  張り切って「横蔵」へ・・ だって、頑張ってますねえ! そのまま先頭へ復帰。
  
 「井ノ口橋」を右折して広域農道、信号交差点3か所、すべて赤信号停止、水分補給もでき、丁度よかったかもね。
  少しづつ登りになって来ると、さすがにスピードが落ちてきた感じ、トンネル前の登り口、左側で止まった?? どうした!
   問題ない様子なので、そのまま追い越して坂を一気に上りトンネルへ。
  こちら側からは、出口まで登りになっているので、そのまま頑張って星り切る事にした。
  出たところで停止、待つが皆来ない? 何かあった? 戻って見る事にし再度トンネルへ。
  来ました、飯沼さん、少し遅れてだれか? 中でUターン出来ないので、練習! と思って坂の下まで行ってUターン、再度上る。
  トンネルを出て下っている間に、ついでにもう1回、下り切ったところで停止Uターン、トンネルまで登ります。
  途中に多和田さんが来て、トンネル手前で長谷川さんが来た、トンネル入り口でUターン、再度下ります。
  フロントギヤをアウターにし、時速35キロ、足を使った後なので、結構力が入っていい感じだね。
  なんか、一人楽しんだ感じですが、いい運動が出来た、結構軽く上る事が出来たしね。
  ガンガン飛ばして「昆虫館」駐車場到着です。

 少し遅れて、和田さんが入ってきましたが、やっぱり車輪だ! (「朝鳥公園」で、多和田さんとホイールを交換した)
  異音がしなくなって、原因がスプロケット(カラーが入ってないのか、ガタが有る)と分かった、との事。
  スタート前、メンテスタンドを使って、ギヤチェンジをチェックした時に、カシッ! と音がしてギヤが入るので、
   音が大きいのは気にはなったが、ガタが有って共鳴したのかもしれないですね。
  とにかく原因がわかって良かったですね、帰りに私のを交換するか、乗ってみるつもりでしたが、無くなりました。
  ありがたいですねえ! 先輩が心配してくれて、積極的にかかわってくれて、解決で来た感じです。

 今回は、田中さん、瑞穂市古橋在住の方で、57歳男性 の紹介です。
IMG_2077 (編集済み).jpg
  ほぼ毎週土曜日に参加、自走出来てくれてますので、どんどん力が付いて来た感じですね。

 戻りは、マウンテンの今木さんが少し先にスタート、私は、何時ものように最後尾からのスタートです。
  フロントをアウター(50T)にし、リヤは14Tにして、ケイデンスは60回台になるが、踏んでみることにした。
  引き足と頂点から力を入れることを意識、「谷汲口」右折の時に、離されたので走るにはちょうどいい感じだ。
  「万代橋」過ぎの登りは、上半身にも力を入れ、ほぼ追い付いた感じ、また少し離れてから、スピードアップし「大野橋」です。
  前のメンバーが、西川さん遅れて飯沼、田中さんです。
  27~8キロ、良いペースで走って居る、わざと少し離れて、また追い付く、そんな走りを楽しんでいる。
  田中さんのフォームが、少し経ち過ぎの感があって、そろそろ調整してもいいころかも? そんな風に思いながら走る。

 「真大橋」下をくぐって、さあ! どうする? 田中さんは左折した道へ、飯沼さんは直進坂を、上り切って堤防へ、頑張ってるね。
  私も、ギヤはそのままで上り切って後に続きます。
  どうですか、この根性! と言うか、頑張りは、これが元気の源なんですよね。
  最後はどうしてもだらけてしまいがちなところ、普通は上り坂の途中から左へ行って、下道でクールダウンですけどね。
  そんなんで、後藤、西川、田中さんより先に「泰山木」ゴールになりました。

 雑誌を読んだり、スプロケットの話になったり、人数が多いので、8席では間に合わず、隣の席まで占領でした。

 コーヒータイム中に、和田さんが田中さんとフォームの話をしたようで、もっとハンドルを下げた方が良い! (和田)とのアドバイス。
  本人もその気で、さっそく実施することになった。
  測定すると、地面からサドルの高さ、950mm、ハンドルの高さ、935mmで、マイナス15mm。
  ツーリング車並みの差しかない感じ、身長が有るだけに中途半端な形ですね。
  ステム下のカラーが、10mmのが3枚あるので、2枚抜いてマイナス20mm、それと、ステムを反対にして装着する。
  再度測定すると、900mmで、マイナス50mmになった。 
   (カラーを全部抜かないのは、ステムとトップのベアリングケースが、しっくりいかない場合があって、ハンドルを曲げたときに、
    異音や擦れ感が出たりした経験が有るので、有れば5mmカラーを1枚でも入れておきたいのが、私です)
  試乗してもらうが、もっと前かがみでも行けそうな感じ、高い所に左足を置き、右ペダルを3時の位置へ、少し膝が出る感じだ。
  サドルを、10mmほど後ろへ、見た目なのではっきりしないが、とりあえず良しとする。
  もっと全体を測定しないと、はっきりしないが、とりあえず試乗した感じは問題なさそうなので、これで行く事にした。
  土曜日ごと参加してくれて、どんどん乗れるようになってきた感じなので、フォームが変わるとさらに良くなるかもね。
  ここしばらく、測定していないので、改めて測定することにしよう、と思いましたので、よろしく!!
 
0

おはようサイク 19-43

 7月 7日(日) 天気 晴れ
 夜明けが明るく、早く目が覚め、時計とにらめっこをしながら起き上がる。
  おかげで余裕をもって洗顔着替えを終え、バッグなどを持って玄関に、ペットボトルに水を入れ賞味期限切れのパウダーを入れる。
  昨日解らなかった、多和田さん車の異音、再度乗って見るのと、ホイール入れ替えを考え、トレックマドンを車に。
  雨の心配もなく、走行距離も多くなるだろう・・ と思い、コンビニで軽く朝食(パン、ジュースで210円)を取る。
  後藤さんと一緒になるが、用事が有るとの事で、走る格好ではなかったのと、多和田さんも用事で不参加を知る。
  久しぶりの白木君が、元気な姿を現し、太ったんじゃねえ! とか、走る準備です。
  参加者 8名 (和田、白木、西川、内藤、高橋、杉本、今木、私)

 白木君が来たので、「横蔵」コースかな? 半年走ってないから! そんな話の中で、スタートしました。
  やっぱり青空の下を走るのは気持ちが良い、久しぶりのサイクリング日和、日の光がまぶしい感じだ。
  ヘルメット、サングラスもロード用と言うか、走る感じになってるので、頑張れそうだね。
  今木さんは「池田山」に行くとの話、内藤さんは今回も「二坂坂」になるのかな? 「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防。
  サイクルコンピューターの心拍計が点滅? 68回から始まって75、86回と上がってきているので、作動はしているんだろう。
  スピードを上げ時速25キロ、ケイデンス95回良い感じで走れている。
  途中から、白木君が前に出て来た、早い速度で行ってしまう? と思ったが、そんな感じでもなさそうだった。

 「平野庄橋」東交差点赤信号停止、止まるとさすがに厚さを感じる。
  再び走り出すが、スピードは時速27キロ程、すぐ後ろには着かずに、自転車2台分ほど開けて走る事にした。
  せっかくのロードバイク、練習練習! 白木君が気にして後ろを確認、気を使ってセーブしているのか、29キロになったり動く。
  間をあけているので、和田さんが出てきても良いんだけど、今回は出て来ないようだね。
  フラットロードと違い、フォームが前傾姿勢になっているので、ケイデンスを上げずらい感じ、太ももの付け根が腰に当たる?
   腹が邪魔してる って感じかな、年が歳だからなあ!。
  これ以上は、ブレーキ~サドルの間を縮める事も出来そうにないし、頑張るしかないかもね。
  「三町大橋」下をくぐって上り、再び「揖斐川」堤防の所で後ろを確認、白木、私、和田、西川さんの4人になったようだ。
  このメンバーだと結構頑張らないとダメかも! とか思いながら、相変わらず間をあけ2番目。

 「前島橋」を渡って右折、反対側を遡るが、少し向かい風が強くなってきた感じがした。
  山から下りてくる風のせいか、結構場所によって違うんだよね。
  上っている感じも出てくるので、そのせいもあるかもしれない、空き過ぎないように頑張って走る。
  「朝鳥公園」は休まず通過、白木君がスピードを上げ間が空く、登りの前に頑張った感じだ。
  「川口橋」袂を過ぎると、登りに入るが、白木君は大分前小さく見える。
  ここからが頑張りどころ、ギヤを変えて上ります、少しづつ近づいて白木君を追い越します。
  彼に勝てるのは上り坂しかない、そんな思いで走り坂を上り切り、橋を渡って「303号線」交差点停止。
  皆合流し、水分補給をして、青信号で再スタート、トンネルを抜け、この後が大変、なぜかペダルが回らずなんです。
  それほどきつい登りではないんですが、きつい! 上り終えてすぐに、白木和田さんに追い越される。
  左折してまた登り、アドバンテージを取った白木君、おかげで頑張らないといけないもんね。
  何んとか追い越して上の駐車場に、そのまま戻るよ! と言いながら、駐車場内をUターンし下りへ。
  途中で白木君に追い越されるが、急坂に入って追い越す、この後も登りが有るので、上手く行けばそのまま先頭だね。
  心拍計は175? 老眼ではっきり見えず、とりあえず呼吸は出来ているので大丈夫だ。
  トンネル前の上り坂も、重いギヤで上り切ってトンネルへ、もう下りへ入っているので、バイクに任せるだけ。
  フラットロードと違い、今日に自転車は50キロになっても平気だから、快調に走ってしまう。
  その後も、34~5キロで「谷汲」交差点、頑張ったあ! って感じでしたね。

 「昆虫館」駐車場到着、心拍数173だが思ったより苦しくはない、それよりはジュースが欲しい! って感じだ。
  自転車ラックに自転車をかけ、自販機へ直行、ジュースを買って一飲み、生き返った感じだね。
IMG_2215.jpg
  内藤チームが来ないので、スマホで位置確認、近くまで来ていて間もなく到着でした。
  こんな青空のいい天気、走らない! はないですよね。
IMG_2217 (編集済み).jpg
  グループや個人のサイクリストともすれ違ったし、何時ものように道の駅で休憩しているグループもあったし、
  「昆虫館」前を走って行くサイクリストも多い感じだ。
  駐車場に入ってきた男性3人グループは、「三重県桑名」からのサイクリスト、「根尾」~「山県」へ行くとの事だった。
  しばしサイクリング談義、共通の趣味仲間、すぐ友達感覚でした。

 一緒に走りだして、「谷汲口」で彼らは左折、気お付けて頑張って!! 言いながら分かれ、私らは右折する。
  車が来てまたも遅れてしまった、メンバーがメンバーなので、遅れると後が大変。
  自転車が違うと不思議とやる気が出るもんですね、頑張るのも気持ちが入るというか、走れ! って感じだ。
  「万代橋」の上に3人が見える、西川、高橋、杉本さんのようだ。
  橋を渡って右折、なだらかな登りギヤを変えずに走って、大分近くになってきた。
  「根尾川」堤防に入ると、前の3人のスピードも上がって、こっちは33キロになっている。
  少しづつ近くなってきて、「大野橋」まで頑張ってみるか! って感じになり、そのまま追い越すことにした。
  当然心拍数は170を越してる、それでも何とか走れてる、計算上は死んでる感じかな。
  そのまま交差点で停止、車が途切れたタイミングで、西川、高橋さんが来て追い越されてしまう。
  
 皆その気になってしまった感じ、その後も30キロオーバー、頑張ってしまった。
  とにかく、白木、和田、内藤さんの3人には追い付けず、最後に西川さんまで追い付き、コースを確認してスローダウン。
  杉本さんを待つが、心配になってUターンしたところで見えましたので、一緒に戻ります。
  クロスバイクなのに、ほったらかしにして走ってしまった感じなので、申し訳ないでした。

 今木さんは先に戻っており、皆でコーヒータイム。
  走行距離50キロ程、良い感じの走りと言うより、走ったあ!! って感じ、汗びっしょりでしたね。
  たまにはこんな走りもいいもんですし、しないといけないんですよね。
  

 14日(日) 天気が良ければですが、「池田山」上りたいと思っています。
  そうでないチームは、「井ノ口橋」~「ふれあい街道」を走って、「池田温泉道の駅」休憩で合流。
  勝手にこんな走りを予定しましたので、よろしく!!
 
  
0

おはようサイク 19-42

 7月 6日(土) 天気 曇り途中から雨
 梅雨真っ最中って感じで、薄暗いじめっとした朝からの始まり、走れそうなので勇んで準備をする。
  フラットロードのチェーンを洗浄掃除したので、きれいな状態だが、ヘッドの所にクモの巣が、タオルで払って車に積み込む。
  前回は、土日の2回続けて走れなかったので、今回は途中雨が降っても…  って感じだね。
  駐車場には、西川さんが先着、その後も次々とメンバーが参集、同じ気持ちだったようだね。
  参加者 10名 (箕浦、和田、多和田、後藤、長谷川、西川、飯沼、今木、田中、私)

 箕浦さんが来たので、サドル(すり減ったりして破れが出てきていた)を、ツインテール2に交換してみる。
  先日私が使うつもりで購入、フラットロードで試したところ、ほしい旨話が有ったので、試乗ですね。

 北西の空にどんよりとした黒い雲、南の方が明るい感じだが、行くのは北、雨は覚悟のスタートです。
  ウオーミングアップ走行中は、何時もよりにぎやか、話し声が聞こえてくる。
  このサドル良い感じ! 尻が動かないし、ももたが擦れない! (箕浦) シリコンパッドの制だろうね! それと前の方が、
   細くなってるからいいかもね! (私) 新しいサドル談義をしながら、私の走りです。
  「下座倉大橋」からスピードアップ、「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、後ろを確認すると、3人ほどしかいないようだ。
  そのうち追いかけてくるだろう! と思いながら、時速24キロ程、良い感じで走れている。
  コースをどうするかな? 山超えたら雨かなあ! 前方に見える黒っぽい雲が気になる。
  
 「平野庄橋」東交差点赤信号停止、遅れていたメンバーも合流、先ずは「朝鳥公園」まで行って、天気見て先決めようか!! (私)
   と後ろの方にも伝達し、青信号で走りだしました。
  時速26キロに上げ、先頭を走る、ジョギングをしているので足が軽い感じ、ケイデンスは100回前後だ。
  もしかしたら、飯沼さんが着いて来ていないかも? 今木さんがいるし、任せることにしてそのまま走る。
  何時ものように、多和田さんらが前に・・・ 出て来ないので、そのまま先頭を走る。
  「三町大橋」を過ぎて、再び「揖斐川」堤防へ入る時に後ろを確認、やっぱり今木さんらがいないようだ。
  向かっている北の空が黒い雲に覆われて、下の方がかすんできた感じで、雨になっている様子だ。
  「前島橋」を渡って右折、反対側堤防を遡るが、空模様がさらに悪くなってきた。
  「井ノ口橋」手前で、雨が降ってきてしまった、とにかく「朝鳥公園」まで行くしかない。
  大粒の雨って感じではないが、道路全体が濡れてきた、公園駐車場到着です。
  自転車を着の下において、トイレ休憩。
IMG_2215.jpg
  駐車場の路面も濡れてきてしまった。
IMG_2214.jpg
  今木、飯沼、田中さんが来ず、Bコースを走って居るのかも、雨はどうかな?
  多和田さんの自転車の異音、確認のため試乗して道路に出るが、雨とシューズが合わないためもあって、解らずだった。 
 
 相談の結果、来たコースを戻る事になった。
  イオンの件は、後ろについて走る事に、確かに カチッ カチッ! 音がする、チェーンかな? とか思っている間に、離れた。
  その後は、何時ものように置いてきぼり、と言うより、着けませんでした! が、あってる感じだね。
  チーム70で仲良く3人で走るしかないが、時速27キロ、頑張って戻ります。
  雨雲の下からは抜けたようで、「岡島橋」手前では雨もやんでしまった。
  快調に走って「平野庄橋」東交差点左折、「根尾川大橋」を渡ったところに西川さんが止まっていた、電話だろうと思って、
   そのまま通り過ぎ「泰山木」駐車場へ到着です。 (後で、ちぎれてしまいコースを確認してたんだって、良かったです)

 今日も、お客さんで満席状態、2席に分かれてのコーヒータイムでした。
  こっちは、自転車談義に花を咲かせましたね。
  そうそう、今木さんチームは、Bコース途中から「大谷トンネル」を抜け「谷汲」行ってきたとの事だった。
  私らの方が、走行距離が少なかったみたい、ご苦労さんでしたね。

 ビッグローブのブログが変わったのと、この辺での不具合があって、アップが遅れました。
  まだわからない部分が有って、おかしなところが出てくるかもしれませんので、よろしくです。
 
 
0