おはようサイク 19-34

 5月25日(日) 天気 快晴
 雲一つない快晴の朝、走るのは今だけって感じだね。
  5時に目が覚めたが早すぎるので、時計を見ながらそのまま横になって、6時少し前に起きだす。
  半袖短パン、バッグにヘルメット、メンバーズカードと、両腕に抱えて玄関へ。
  フラットロードをラックから降ろし車へ、ハンドル周りにクモの巣、タオルで振り払う。
  「泰山木」駐車場?? 感じが違う? タイサンボクを奇麗にしたんですね。
  参加者 7名 (後藤、和田、飯沼、田中、今木、木村、私)

 明日に向けて、ウオーミングアップに来るんでは? と思っていたのですが、意外と少ないメンバー。
  ゆっくりと「谷汲」コース! との事でスタートです。
  ウオーミングアップ、それほど遅い訳では無いが、飯沼さんが一人先頭、張り切ってるな! って感じだ。
  5月では最高温度が… あちこちに騒がれているが、この時間は、すがすがしい感じだね。
  朝走るのは、最高ですよ! そんな話をしながら「ゆ~みんぐ」を回って、「揖斐川」堤防。
  少しの向かい風は何時もの事、このまま調子のよい飯沼さんに、先頭を任せるか? って思いながら、
   あまり無理もさせられないので、途中から先頭交代です。

 「平野庄橋」東交差点赤信号停止、止まると厚さを感じる。
  堤防斜面には、多くの黄色い花(オオキンケイギク)、途端にあちこちに咲きだした感じだ。
  道路端が広くなっているところで、先に行って!! と声をかけ、ストップし写真を
画像

  グライダー練習場には、待機中のグライダーが見られる。  
画像

  こんな日は、良いんだろうね、空からの景色。
  大分差が出来た皆を追うが、差が縮まる気配なし、さらにスピードを上げる、30キロだぜ!。
  少しづつ差が詰まってきたが、原因は和田さんだ、先頭だもんね。
  「三町大橋」下をくぐって、中の堤防も頑張って走る、?? 前が見えない? 
   1つ目の橋を渡ったところで右折、それでした。
  このまま、花桃の並木を… と思ったら、次の交差点から再び「揖斐川」堤防へ戻った。
  何とか追いつき、少し離れて最後尾で、和田さんに任せた感じだね。

 雲一つない快晴の青空、山の濃くなってきた緑、きれいな水の流れ、何もない360度パノラマの景色、
   毎週と言っていいほど、見ているのに飽きませんね、この景色は。
  ギヤを一つ落としているので、ケイデンスが100回に、体が温まって汗が出て来た。
  さっき頑張ったせいもあるけど、心拍数は戻って、良い感じで走れている。
  前の3人もそんな感じなんだろうね。

 「井ノ口橋」袂を右折、「広域農道」田んぼの稲も少しづつ成長してきている。
  だらだらの登り、3人が少しづつ離れてきた、この辺から体力差が出る、仕方がない。
  「トンネル」前の登りに入り、私は前の方に出る、少しでも練習しないとね。
  尻を少しサドルの前に出し、垂直に踏めるように…  心拍数が上がってきた。
  そのままトンネルへ、和田さんの後ろには着いたが追い越すまではいかず、出口で後ろを待つ。
  飯沼さんが来て、和田さんとともに下って行った、後藤さんも来たが、田中さんを待つ。
  なかなか来ないので、心配になって自転車を戻すと、明かりが見え田中さんが来ました。
   (登りで歩いたようで、初めてだった? このコースは、とりあえず問題なし)
  3人で一緒に坂を下ります、やっぱり下りは最高!!。

 「あられ工房」前を通過し、T字路を手信号を出して右折、「谷汲」交差点へ。
  今木さんだ! 後ろから声が、見ると右歩道にサイクリスト、「大谷トンネル」から来たな! って感じだ。
  ともに「昆虫館」駐車場へ、休憩です。
  ベンチの座って雑談、水分補給、休憩タイム、田中さんはシューズを脱いで休憩だ。
  立ってうろうろの私、座って休憩しないのが、私の何時もの休憩姿。

  今回は、1番古いメンバーの、和田さんを紹介します。
画像

  瑞穂市別府在住、69歳、しばらく一緒に走ってなかったのですが、1人で走るとだらけてしまったりして、
   いい運動にはならないこともあり、再走りしました。
  走れない! 走れなくなったあ! と言いながら、ビンデングにシューズを入れると、年を忘れる走りです。
  今日も、皆を置き去りにして、トップで戻ってきた感じだった。

 さて、そろそろ戻ろうか! 帰りを促すと、皆が立ち上がって自転車へ。
  何時ものように、最後尾からのスタートです。
  和田さんが先頭、少しは八尾感じで、どこまで着いて行けるかだね。
  「万代橋」上流、砂取りをしていたところの囲いが壊れていた、先日の雨で壊れたので、
   水が汚れていたんだ! 橋の上から川面を見ながら、右折です。

 「根尾川」堤防、ここにも黄色の花が、外来種だと聞いてはいるが、すごい繁殖力だ。
  和田さんの先頭から少し遅れて「大野橋」底からどんどん離されていった感じだね。
  「薮川橋」手前、個々も両側黄色の花が咲き乱れている。
画像

  止まったので、また遅れてしまった、頑張って走るも追い付かず、「真大橋」下をくぐって上り、
   再び堤防へ、最後の頑張りです。
  皆は下道へ入って、スローダウンしているので、ここで逆転ゴールを狙う、遊び心ですよ。
  やっぱり、和田さんには勝てなかったけど、3人より先にゴール?? 沢田さん? いや、
   トレックは木村さんだ! と思いながら店内へ。
  遅くなって1人走りをしてきた木村さん、しばらくぶりですねえ!

 みんな揃ってサイクリング談義、田中さんにはお詫び、走れると思って気を使わず、置いてきぼりに、
   でもあきらめずのまた来てくれたので、よかったです。
  踏む走りなので、回す走りを覚えた方が良い事をアドバイス、わずかだが膝が開く感じなので、
   それをなくすためにも、ケイデンスを上げた走りを練習した方が、後々良いと思うんですよね。

 終了後、フロントデレーラーに当たる・・・ チェーンがクロスになった時の様子だが、これは仕方がない。
  インナー、インナーで確認、隙間が少し有ったので規制ネジで調整、アウター、アウターは問題なし、
   チェンジも以上ないので、クロスはしないようにアドバイスとともに、使う時は、半落ちと、半上げ、
   を使う事をアドバイスし、終了です。
  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック