おはようサイク 19-32

 5月18日(土) 天気 晴れ 南風強風
 もうウエアーの心配をすることもなく、半袖、短パン、インナーも夏用でOK! 綿帽子も無しだ。
  グローブも指切りの夏用へ、日焼け対策はほとんどしないが、長距離の時は、首の後ろだけには、
   日焼け止めを塗るか、日除けの布を着用するようにしている。
  花粉症で悩んで終わるとともに、日焼けで悩む季節のなるんですよね、私は、両方とも問題なく、
   ありがたい限りですね、シミは出来てきてますけどね。
  自転車は、慣れるために トレックマドン を車に積み込んで、家を出ました。
  参加者 8名 (後藤、今木、田中、多和田、長谷川、和田、飯沼、私)

 良かったあ! 田中さんが来てくれました!! 頑張ってもらえそうです。
  初回から、皆と積極的に話をしてたので、来てくれると思ってはいましたが、無理させた感じだったので、
   少しだけ心配だったんですよね。

 飯沼さんが来たので、皆には先にスタートしてもらい、スプロケットの交換 ”乙女ギヤ!”  (32T)へ。
  ”おはようサイク” 戻ってからでもよかったのですが、デレーラーとチェーンも変えないとダメなので、
   状態を確認する必要があり、前にしました。
  変更前  14~25T 9段  デレーラーはソラのS型(ショート)
画像

  変更後  11~32T 9段  ソラのGS(ロング)に、チェーンも交換、長くなる。
画像

  何年か前から、気になっていたんですよね、75歳ですからねぇ! よく頑張ってきたと思う。
  試乗してみて、ギヤチェンジにも問題なく、1時間近く遅くなってのスタートです。

 気温は20度を越して、何となく生暖かい南風、堤防に入ると強い向かい風だった。
  ギヤチェンジをしてもらいながら、前のとの違い(1T飛びが多かったが、今度のは2T~3T、最後は4T飛び、   そのために、足にガクンと重くなったり軽くなったりする)を話しながら、ウオーミングアップ。
  ここでの強い向かい風は珍しい、急な雨にならない良いんですけどね。

 「ゆ~みんぐ」を回って「揖斐川」堤防、ワオー! 追い風だぜ!! って感じだ。
  そのまま飯沼さん前を、私が出る必要なし、任せることにした。  
  時速24キロ、「谷汲」コースでは、モーニングに間に合わないかもしれないが、行けるところまで行く。
  「神戸大橋」下をくぐっての登り、何時もより軽く上っている感じの飯沼さん。
  堤防に上がって、さらにスピードが上がる、25キロだ。

 「平野庄橋」東交差点赤信号停止、坂を上る時楽だったです! と聞きながら、信号青。
  後ろから見ると、スプロケット5枚目くらいかな、たぶん21Tだと思うのですが、前よりは軽いギヤだと思う。
  登りの為を考えて、ギヤを残している! そんな意識もあって、足と言うよりは、ギヤの真ん中で、
   そんな走りだった感じなんですよね。
  とにかく、走れるだけ走ろうか!! と言う事で、「揖斐川堤防を走り続ける。
  「岡島橋」を過ぎたところで、トイレを催し「朝鳥公園」まで行く事にした。
  この間ずっと先頭を走り、時速26キロにもなっている、楽しい追い風だね。

 「朝鳥公園」駐車場、車で満杯の状態? マラソン練習? の人が多くいる様子だ。
  木々は緑の葉に覆われ、新緑そのものって感じです。
画像

  今回は、最年長2人のうち、飯沼さんを紹介
  
画像

  神戸町在住、75歳でが、”おはようサイク” 何時も自走参加ですので、走行距離は、+12キロほど、
   私よりも、多く走って居ることになる。
  自転車は、パナレーサー、ハイテンションのフレームかな、ビンデングペダルでなく、ハーフクリップを使用。

 さあ! 戻りは向かい風!! 来たコースを戻る事にした。
  戻りは、私が前、時速20キロで走る事にした。
  マラソンをしているランナーがいて、ペアで走っている男性が中央を、すみません! 抜かさして下さい!
   と言って、追い越すことに。
  向かって走ってくるランナーもあり、なんかイベント? でも中途半端な人数でしたね。
  「岡島橋」を渡って反対側、そのまま堤防を走るが、飯沼さんが少し遅れ気味、時速19キロに。
  とにかく生暖かい風、ビュンビュン! 音を出して吹いている、皆も向かい風の中、走っているんだろうな。
  来るときは、グライダーむ飛んでいたが、今は、人影もなくなっている。
  ケイデンスを95回ほどのギヤで、心拍数も135回ほど(マドンには、心拍数を測れる、
   サイクルコンピューターを使用してある)で、有酸素運動圏内だ。

 「泰山木」に到着、時間的に、私らが早い? と思ったが、残念ながら、他のメンバーが早かった。
  「谷汲」コースとBコース途中から、「谷汲」へ行ったチームに分かれて走った、との事だった。
  ”乙女ギヤ“ について問われるも、余り登りがないので、効果抜群!! とは行かないが、
   山に行ったりすると、効果がはっきりするだろう、チェンジには問題なかったので、次回の楽しみです。
  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック