”サイクルトレイン“ 快晴の青い空! よかった!!

 5月 5日(日) 天気 晴れ
 暖かくて朝からいい天気、半袖ジャージに7部ズボン、完全に春バージョンでの準備です。
  初めての人も居る様子なので、キャンピング仕様にしたツーリング車に、フロアポンプを括り付ける。
  前のサイドバックに、工具類や救急道具を入れ、チューブの太いものも準備し、万全だね。
  コンビニでおにぎりとジュースは朝飯用、子供が腹減っては困るので、ミニパンを少し買った。

 8時に河川敷で、高橋、飯沼さんと合流、「樽見線 本巣駅」に向かう。
  駅前には、参加者が集合しており、にぎやかな雰囲気、挨拶をしながらその中に入る。
  長岡さん! 虫ゴム持ってない? (今木さん) 女の子の自転車虫ゴムがダメで空気が入らないんですよ!
   あると思うけどなあ! 自転車を止めて、袋の中の小箱から虫ゴムを取り出し、手渡す。
  付き添いに来たお父さんが、持ってきたフロアポンプで、空気を入れ完了です。
  
 「樽見駅」までの切符を買い(590円)、8:40自転車を持ってホームへ上がり、電車に乗り込む。
  参加者は30名ほど、子供は6人かな、電車1両が、自転車と人でちょうど一杯だね。
画像

  時間は30分ほど、イベント会長さんのお話、私もちょこっとクラブの話などを。
  桜の季節などは、結構にぎわうんですよね、「根尾川」の新緑の風景を見ながら、
   私は朝飯のおにぎりを食べながらでしたが、電車の旅を楽しみました。
  「樽見駅」に到着、自転車とともに降り立ち、みんなで記念写真を
画像

  「山県」方向へ、中級クラス(参加者少なく中止だった)予定の、和田、多和田さんが、先にスタートです。
画像

  遅れて、初心者コース参加者がスタートしました。
画像

画像

画像

  先ずは、「樽見」の街中を通り、「薄墨桜」(もう完全に葉桜ですが)を見に行きます。
  赤い橋を渡り、坂を上って駐車場、個々からは歩いて上りました。

  若葉が生える「薄墨桜」こんな桜の木もいいですね。
画像

  記念写真を撮ったり、思い思いの形で、桜を見ながら休憩です。
画像

  駐車場に戻り、山を下るんですが、スピードを出し過ぎないように、注意をしたり、先に行ってもらって、
   大きな道路に出ての左折、交通整理をしたり、クラブ員の力ですね。
  途中から、細い道路に入ってサイクリング、アップダウンが有って結構きつそうだが、車は来ないし、
   景色も最高のコースでした。
画像

  子供たちもそうですが、大人も頑張れ! 頑張れ! です。
画像

  「薄墨温泉 道の駅うすずみ桜の里」県道からの最後の登り、自転車を引いて歩く姿もちらほら、
   でも頑張って、みんな無事に到着する。
  五平餅、ソフトクリーム、せんべいなどを買って、それぞれにエネルギー補充しながら、楽しい休憩を。
  参加者の楽しそうな笑顔が、とっても印象的、子供たちもすごく元気ですよね。

 休憩を終え、戻りのサイクリング、交通整理にクラブのメンバーが先に出ました。
  下って県道に出て左折、オーバーランしないように、メンバーも分かってきました。
  道路の左側を1列になって、アップダウンの有るコースを、互いに励ましあいながら、走って居るようだ。
  右折して橋を渡る所では、車がストップしてくれて、お礼を言いながら、何組かに分かれて横断です。
  裏の方から回って、赤い吊り橋を、自転車を引いて渡ります。
  吊り橋から、上流を
画像

  済んだ川の流れ、あ! 魚がいる!!  誰だ? 揺らしてるの! とか、楽しいですね。
  
 旧道に入って、橋の上でストップ、話のあった自転車の異音を確認、シューが当たっている感じなので、
   そのまま少し走ってもらい、休憩見学予定の「根尾断層」で修理することに。
  雲もなく良い天気、木の間から風が吹いてきて、さわやかな良い感じだ、日陰にもなってるしね。
  「根尾断層」の所で休憩、自転車を確認、BD-1折り畳み自転車、後ろのVブレーキ、動きは問題ないが、
   トーインが有り過ぎるのか、シューの先が当たってしまう感じなので修正。
  スタートして間もなく気になったのが、エアー圧、確認すると少し少ない感じなので、これもタイヤを確認し、
   エアーを補充した。 (この方が、軽く走れる、前後サス付きだしね)
  その間に、子供たちにパンでエネルギー補給を(お菓子を出してくれた方もあり良かった)してもらう。

 再び元気良く走りだします。
  このコースは、それほど急ではないが、長い登り下りが有ったり、谷川みたいな景色が有ったり、
   パッと開けて、田んぼの中を走ったり、大木のトンネルみたいなところが有ったり、良いコースです。
  そんな感じの中のサイクリング
画像

画像

画像

  子供たちは、ほとんどが普通の子供用自転車、変則ギヤなどないので、大変だと思う。
  それでも元気に頑張っているのが良いですねえ!
  北方南小5年の女の子だったかな、良く頑張りました。 (弟さんかな、18インチ? 完走もすごい!)
  少しの間横に並んで、話しながらサイクリングをしました、楽しかったですね。

 長い登りの頂上では、皆が止まって待っていてくれ、小休止。
  さあ! もう少し! 頑張って行こうか!! とか言いながら再スタート。
  20インチ折りたたみ自転車のお母さんと、良い景色だねえ! 暑くもなく良い日だねえ! 最高!!
   子供さんは、前の方を元気に走って居る、お母さん頑張れ! でしたね。
  このイベントの特徴は、親子で参加しても、すべて親が面倒見なくてもいい所かな。
  子供たちだけで走ってしまうし、2人いたら1人面倒見たらいいとかね。
  そんな感じで、経験がなくても、任せてくれるのであれば、どんどん親子で参加してほしいね。

 途中から、帰路に就いた参加者もありましたが、全体では無事に「道の駅 織部の里」に到着です。
  皆の満足そうな笑顔、これがたまらなく良い感じで、またやりたい気分になりましたね。
  
 腹も減って、それぞれ昼食をして、帰る事になりました。
  ロードバイクのお母さん、ギヤの調子が…! 変則の確認と調整を済ませて、私もそばを食べることに。
  今泉さんは、駅弁みたいな弁当、美味しそうだったなあ! こんな日は、外のベンチでも良いよね。
  お孫さん2人と参加された、ご夫婦、ありがとうございました! また参加の約束も。
  これが最高にうれしいですねえ!

 中級コースの2人も、問題なくサイクリングを楽しめた感じなので、本当にご苦労さんでした。
  クラブのメンバーにも、交通整理や、参加者の面倒を見てもらい、ありがとうございました。
  終わってみると、写真が有りません! 皆に任せて、後ろを走ってきただけな感じでしたね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック