おはようサイク 19-11

2月24日(日) 天気 快晴
 8時30分 冬時間スタートは、今回で終わり、次回からは、夏時間7時30分スタートになる。
  少し余裕をもって布団から出たつもりだが、家族はもう出かける準備で大忙し、トイレに行ってる間に、
   誰もいなくなってしまった。
  家にあったパンとコーヒーを沸かして簡単な朝食、着替えをし自転車を車に積んで、いざ出発です。
  駐車場に着く、1番乗りかな? と思ったら、本庄さんがいたので2番目だね。
  参加者 7名 (和田、杉本、高橋、内藤、本庄、杉山、私)

 風もそれほどなく、天気もいい割には、参加メンバーが少ない? ちょっと意外だった。
  Bコースとプラスコースにならざるを得ないかな? と思いながらスタート、気温は5度。
  風邪が治って参加の杉本さん、インフルエンザではなかった様で・・・ なんて話を。
  何時ものウオーミングアップの風景、時速17~8キロほどだ。
  後ろの方からにぎやかな声が、女性2人が居るので、やっぱり明るい感じだね。
  和田さんを中心に「川口橋」周回コース、葬儀場側駐車場休憩! 支持をして、後ろの内藤さんも前へ、
   女性2人は私が着くことにした。
  「下座倉大橋」から2チームに分かれて、私ら3人が少しづつ離されていく。
  「ゆ~みんぐ」を回って少し向かい風はあるが、走れないことはないので、私は最後尾で走る事にした。
  杉山、本庄、私の順番だが、何時ものように私は少し間をあけて走ります。
  時速17キロ、これを維持することができるかだね。
  私はギヤを変えて、ケイデンスを100回にすることにした。

 「神戸大橋」過ぎて堤防に上がってすぐ、ダンプカーが来たここは道幅が狭くなっていて、
   杉山さんがブレーキング、女性はどうしても恐怖感が出るんだよね。
  道幅が広くなって、またダンプカー、再度ブレーキングでスピードダウン、余り落とすとかえってふら付き、
   危ないので、ふら付かない程度に落とさないといけないかもな。
  日曜日は、ダンプがほとんど通らないんだけど、高速道路は工事やってるのかな?
 
 「平野庄橋」東交差点を少し行ったところで、本庄さんが前に出て先頭交代です。
  さすがに先輩、走りもしっかりしてるし、前も良く見えてるって感じです。
  二人とも不通ペダルなので、回転数では無く踏む乗り方なんですが、足首は二人とも動いてる、
   ペダルが3時あたりから踵が下がっているのが杉山さん、力が抜けてるかもね。
  後ろを走ると、ペダルが回ったり止まったりの繰り返しが多いのも杉山さんだ。
  初心者に多く見られる踏み方、なんかの時にアドバイスしよう。

 「三町大橋」手前、コースが分だったようなので、前に出る。
  ギヤはそのままケイデンスを120回ほどに上げ追い越す、太ももの付け根に違和感を感じるが、
   回してなかったためのモノ、体も暖かくなってきたので、そのまま先頭です。
  「303号線」交差点直進、トンネルを出て坂を一気に下り下り、左側駐車場に。

 早いですねえ! おっかなくてブレーキ掛けないと…・! (杉山さん) スピード出て気持ちいじゃないの!
   (本庄さん) 。
  「川口橋」チームはまだ来ない、坂下る時もペダル回すんですね! (本庄さん) 疲れている時以外は、
   から回しで良いので回していた方が良い (私) 止めて置いて、エイ! っと力を入れずに、
   予定のスピードになったら、自然と足に力を入れる、この方が後疲れない。
  ついでと言う訳ではないが、先ほど気になった、ペダリングについてアドバイスする。
  駐車場の白線を利用して、スラロームをやって見たり、それでも来ないので戻る事にした。

 「三水川」堤防、川面を眺めながら、ヌートリアを探すが見当たらず、「役場」の手前で白い錦鯉を発見、
   そんな走りをしていると、反対側に和田さんらが合流です。
  「岡島橋」を渡って反対側を走って、「朝鳥公園」にてトイレ休憩を取って…・・ (杉本さん)
  先にスタートして正解でしたね。

 「真大橋」下をくぐったところから、少しスピードを上げ、最後頑張らせようと思った・・・ 、私だけだったね。
  皆話しながら走ってた感じで、橋の所で左折後ろを見ると、誰もおりませんでした。
  
 「泰山木」ゴール、モーニングもしたいのですが、今日は魚釣りに行きたいので、ここで帰る事にした。
  また次回ですよ! 7時半スタートですよ!!

 目的が、「岐阜 梅林公園」 梅の花見学  柳瀬での “味噌カツ定食“ か、わかりませんが、
   3月10日(日) 第2ラウンドの時間帯で、サイクリングしたいと思います。
  11時にはスタートしたいと思いますので、参加してください。
  ちなみに、本庄、杉山さんの女性チームが主体です。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック