ちゃりんこPit

アクセスカウンタ

zoom RSS おはようサイク 18−39

<<   作成日時 : 2018/06/26 17:31   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

6月24日(日) 天気 晴れ
 昨日とはガラッと変わって、いい天気になりました。
  車を定期点検に出すので、中の荷物を朝から降ろし、それから走るための準備です。
  車がないので自走、第2ラウンドの走り(谷汲ユリ園)も有り、自転車は、ダボスツーリングです。
  工具などを、メッセジャーバックから、自転車のサイドバックに移しいれ、エアーを詰めて家を出る。
  肌寒いくらい、ウインドウベストを羽織ったのは、腹が冷えずに正解だった。
  3分前に到着、5人ほど先着で、話をしていた。
  参加者 12名 (後藤、多和田、長谷川、内藤、沢田、白木、杉本、高橋、松岡、松岡、平田、私)

 先週のライン情報のお礼と報告を、多和田さんへ、長谷川さんらもTVを見たようで、「フリーパワー」の話に。
  まだまだこれからで、販売システムもできていないし、物もなく暫く待つことになりそうだし。
  反響が大きく、問い合わせが殺到しているとのこと、私もその1人だったんですが。
  オーバルギヤと一緒で、合う合わないもありそうだし、でも理屈はわかりそう、乗ってみたい。
  そんな話で、時間が過ぎてしまって、慌ててスタートする。

 白木君は、徹夜でカラオケ店で遊んで、朝1で名古屋帰り、若いっていうのはいいねえ!!
   (年配組のつぶやき、と言うか、若いころを思い出すっていうか)
  久しぶりの大人数(9名)、堤防を走るのもにぎやかな感じだ。
  コースは「谷汲」コース、早いメンバーは追加さかのぼり・・・・・ のつもりだった。
  ツーリング車、第2ラウンド、高橋さん・・・・・ 総合的にかんがみだね。
  「ゆ〜みんぐ」を回っても強い向かい風なし、良い感じで走れそうだ。
  「神戸大橋」下のところにサイクリスト男性2人、挨拶して通り過ぎたが、堤防で後ろに来た?
   松岡兄弟の2人だったんでした、誰もわからずに通り過ぎた?
  これで11人になり、縦1列で走るのも、かっこいいですねえ!
  途中、坂のぼるんだったら、「横蔵」周りのほうが… の話があって、了解!! コース変更です。

 「平野庄橋」東交差点、みんながストップし青信号で直進、右折に車 ありがとう!! 手を挙げる。
  私は後ろから2番目、意外とスピードが上がらないので、松岡兄弟に、白木君二日酔いなんで引いて!
   声をかけると、2人が前に出て行ってくれて、スピードが上がってきた。
  前の3人が先行、そのほかのメンバーが続き、私ら2人が少し遅れて走っている。
  時速24キロ、いい感じで走れている、ツーリング車なので、ケイデンスは80回を下回っている。
  自転車自体軽くないので、回転数でなく少し踏む感じになる、この方が走る様なんですよね。
  少しづつ間が空いて来るが、こっちは「井ノ口橋」から右折、短いコースなので遅れて良いんです。
  今日は、片方のバックにしか荷物が入ってないので、何と無く安定性に欠ける感じがする。
  ふらつくわけではないが、左へは軽い(荷物が入っている)ハンドリングだって感じる。

 「三町大橋」〜「前島橋」〜「岡島橋」〜「井ノ口橋」たもとを右折、広域農道を「谷汲」へ。
  トンネル前の登坂、遅れた高橋さんを出口で待つが、思ったより離れてなかった様で、
   水を飲んでる合間に、入れ替わってしまうが、途中の信号につかまって、遅れたままになった。
  「井ノ口橋」の所で、トイレ休憩をしたいような話だったので、頑張ったかもね。
  遅れついでに、「谷汲山」山門まで行く事で、交差点左折緑のトンネルをゆっくり味会う。
  レンガ畳のカタカタをゆっくり上って山門、自転車を入れ写真を。
画像

  「昆虫館」に着いたが、まだ誰も来ていないので、写真をと思って駐車場入り口へ。
  少しして1人来たので、写真を撮ったが、知らない人だった。
  2人目?? 今度は、平田さんだった、集合時間間に合わず、1人で走ってきた。コースは当たりだね。
  待ちくたびれて、写真は止め! 水分補給しているところに、先頭グループ到着です。
  後のメンバーは、少しづつ離れて、次々と到着、クロスバイクの杉本さんも、元気いいわ。
  「昆虫館」休憩、さすがにこの厚さ、水分補給が大切だね。
画像

  トイレのほうからは、松岡さんらが歩いてきた。
画像

  エルモのクラブのグループ、別のグループや1人走りのサイクリスト、今日は多いですね。
  私らが休憩している間にも、駐車場に入ってきたり、走りすぎたりが本当に多い。

 戻り、道路に出ると、先頭グループははるか向こう って感じだ。
  坂を下り終えたところで、サイクリストに追い越される、少し走るか! とスピードアップ、30キロへ。
  ツーリング車の走りになってきた感じ、30キロオーバー、ダボスはよく走る!! なんてね。
  「谷汲口」右折して、少しスピードを落としたが、後高橋さんも付いて来ている様子なので、そのまま。
  「万代橋」過ぎの少し上りも感じよく走り抜け、再び「根尾川堤防」、再度30キロへ。
  この自転車での30キロは、ロードバイクとは違う、何と言うか、大型バイクの感じなのかな。
  こんな時は、第2ラウンドのことは忘れて、走るしかない! こんな気分だね。
  最後のほうは、スピードを落としての走りになったが、この青空のように、気持ちがいい走りだった。
  
 今季初の12名、混んでいたせいもあって、店内で少し待って、3席に分かれてのコーヒータイム。
  それぞれに満足したように感じられる。 おーい! 誰か寝てしまったぞ!!
  楽しいねえ! なんだかんだ話をして、チケットを見るとナンバーが1になっている。
  今度の時には、新しいのを買わないとだめだ!

 いったん家に戻って、1眼レフカメラを左サイドバックに入れ、再出発。
  左右のバランスはとれた感じだが、走り始めハンドルが重く、いつものツーリング車って感じだ。
  「来振寺」の坂を上って、「万代橋」袂を通過、県道ではなく横道を走って、 「谷汲 ユリ園」・・・・。
  県道から車が渋滞している、こっちは途中の橋から渋滞の列へ、車が来ないので失礼!!
   止まっている車を追い越して、入り口の料金所で500円を払って中へ。
  日曜日、天気がいいこともあって大勢の観光客が、花もきれいだね。
画像

   前よりも広くなった?
画像

  いい感じで咲いていましたね
画像

  風向きによっては、ユリの花のいい香りが
画像

  汗を拭きながら見学しているのは、私1人、木の影を伝うようにしながら、花を見て歩く。
  「谷汲踊り」の、開始時間の変更があったようで、30分ずれ13時30分から、待つしかない。
  ユリ園をもう一回り、時間調整しながら、山側を散策する。
  時間が近ずくと、広場の舞台前には人の輪ができ、アナウンスがあって、登場でした。
画像

  2人一組になって、向かい合う形で舞うカチドキの踊りなんだね。
画像

  後ろの飾りが、回ったり、前後にしなって曲がったりが、物凄く鮮やか。
画像

  舞台からの歌? 詩吟みたいな感じだけど、舞う鮮やかさとは違う、暗さではないが、強さがある。
  巻いてのたたく太鼓の音に合わせて、揺れ動く鮮やかな花? がとっても印象的だったね。

 戻りは、大谷トンネルをぬけて、「三水川」堤防へ、遠回りになるが、久しぶりに「黒野駅レールパーク」へ。
  ジオラマを見に来る人が結構増えている様子、この時も4〜5人来ていた。
  横にあったものを、新しく作り変えるとのことなので、又、応援するかな!

 3時半頃、家に到着したが、1日で走った距離は、73キロほどになっていい疲労感がある。
  第2ラウンドの走りが少ないので、総走行距離数は、少なくなっている感じだ。
  なんかにかこつけ、こんな走りを増やしていかないとダメかもね。
  「谷汲踊り」自体は単純な動きだが、晴れた青空と山の緑にはよく似合う、鮮やかな感じだった。
  来週は、どこ行こうか? その前に、7月のクラブランだよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おはようサイク 18−39 ちゃりんこPit/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる