ちゃりんこPit

アクセスカウンタ

zoom RSS クラブラン「春日」〜「揖斐高原」 道どっちだ?

<<   作成日時 : 2017/09/01 09:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月27日(日) 天気 快晴
 しばらく振りの快晴! ロードで行く事にし、チームジャージ、レーパンに着替え、ヘルメットもそれ用のにする。
  ツーリング車? とも考えたが、飯沼、高橋さんが不参加みたいなので、トレックマドンにした。
  車輪を換えようと思ったが、タイヤだけでなくスプロケットも交換しないといけないので、後ろ50mmハイトだ。
  軽く準備運動をし、自転車にまたがる、堤防に出て走る “軽い!” やっぱりロードだね、走りが違う。
  コンビニにより、おにぎりを2個食べ朝食、店を出て交差点の所、清水さん? 2人で先に行った。
  参加者 10名 (白木、宮川、清水、高橋、谷、後藤、箕浦、多和田、内籐、私)

 7時45分、「泰山木」駐車場出発する。 (白木、宮川、清水、高橋、谷、私の6人)
  「根尾川大橋」を渡って西へ、「平野庄橋」東交差点右折、「揖琵川堤防」を何時ものコースで北上。
  白木君先頭、気を使ってくれてるのか、時速28キロ程、私は5番目。
  これからの事を思うと、此処で余り頑張りたくないけど、このままでは行かないんだろうな。
  と思っている内に、時速30キロになってきたのは、このメンバーなら自然の事だね。
  良い感じで向かい風もあり、後ろに居る間はこのスピードでもなんとかなる、息も上がる事は無いし。

 「前島橋」手前、”時間が速いので、「井ノ口橋」まで行き、遠回りしようか!” と白木君に合図。
  「岡島橋」たもとに内籐さん、一緒に走る事になって、遠回りをするが、ツーリング車なので、このスピードは大変か?
  「井ノ口橋」を渡って、右折の場所を指示、内籐さん少し離れたので、皆を先に行かせスピードを落とし、
   コンビニまで走る事にした。

 コンビニ、後藤、箕浦さんが居て、少しした所で多和田さんが参集です。
画像

  予定通り、8時45分、改めて皆で、スタートしました。
  順調な走りだし、川に沿ってなだらかな上り、風がさわやかで、どんどん緑の中へ・・・ と言う感じだ。
  「マチュピチ」のは入口看板、”此処から入って行くんだあ!” 「春日モリモリ村」 “見覚えがある!” とか、元気だ。
  この辺? もう少し行って、赤い橋の所から右! いよいよ本格的な上りの始まりです。
  谷川らしくなって来て、山の緑と空の青
画像

  箕浦さんが遅れたので、日陰で休憩中、時間に遅れた平田さんが合流
画像

  水分補給をし、登る事にしました。
  程良い感じの上り坂、平田さんは先に行ってしまったので、チーム60での走りになった。
  私には、良い感じの上りだが、73歳の箕浦さんには少々きついかもね。
画像

  谷川、大きな白っぽい石、透き通った水が綺麗
画像

  延堤からの水も綺麗だね
画像

  とにかく、雲一つない青空、これが最高です。
画像

  下って来た事しか無いコース、大きな建物等に、なんとか見覚えがある所があって、コースの確認です。
  反対側から見る景色と言うのは、まともに違うので特徴のある建物等の、記憶しかない。
  清水さんが戻って来た? トラブル? では無く気になって見に来てくれたんですが、又すごいスピードで、上って行った。
  そうか! ロードなんで少し頑張って見るか! 私も先に行って、戻って確認、又登る事にした。

  「足立」と言う辺りかな、集落があって、道路が細く枝分かれ、どっちの道かが解からず、畑のお母さんに聞いたり、
   先のメンバーが戻ってきて、こっちで無くてそっちだ! とか言いながら、更に上って行く。
  下って来る時は、迷うことなく走れた様に思っていたんだが、だんだん自信が無くなって来た。
  左へ新しい道路があり、向こう側で皆が止まって居て、こっち! と言うのが細い道で急な上りに。
  橋の方に行ってギヤを落としてUターン、皆の後に続居て坂を登る。
  細い道路、上りがどこまでも続いて居る感じ、でも木陰があって助かるのと、方向的に後ろから日が当るのを予想、
   首の後ろに布を付けて来たのが、良い感じだね。

 道路が広くなった所で、皆が待っていたが、私等の顔を見ると、順次スタートして行ってしまった。
  大分差が付いた感じだが、仕方が無いね、年齢差がもろに出てるんだもんね。
  私等も皆一緒にスタートするが、すぐに差が出てしまう、内籐さん、後藤さんがほぼ一緒、箕浦さん遅れだ。
  しばらく走って又戻る、さすがにブレーキを掛けっ放し、箕浦さんとすれ違い、Uターン少し一緒に走る。
  無理しないで! 俺、練習だわ! と言いながら前に、気を遣わせるより、1人走りの方が良いと思ってね。
  内籐、土籐さんを追い越し前に、「長者の里」! もうすぐ頂上? まだまだでした。
  上りがきつくなって、どれだけ登る? カーブでもう終わり? まだ上って居る! の繰り返しだ。
  右側の日陰に皆が休んで居たので、私も?? ビンデング外れない? アブな! 足に力が入らず、すぐに止まれず。
  少し行き過ぎて、なんとか止まって皆と合流、思ったより離れ過ぎたので、此処で解散の話をする。
  待ていると大変なので、このまま行ってもらい、温泉に入るチーム、そのまま戻るチームになるが、行ってもらう事に。

 再度戻ります、「長者の里」入り口の所で ナガオカさーん!! の声がし、少し行き過ぎたがUターン、戻って見ると、
  入口のところに、内籐、後藤さんの2人が、座り込んで居たが、箕浦さんはまだ来てない様なので、もっと戻る。
  少し下った所で歩いて居る箕浦さんを確認、Uターンし状況を確認、なんとか元気そうだ。
  もう少しで「長者の里」、そこで休んでるから、ゆっくり来て! と言いながら、とりあえず前に出て、2人の所へ。
  「長者の里」看板があるが、余り人は多くなさそうだった。
画像

  自転車を置いて、道路の反対側に行って、箕浦さんを待って居ると、自転車を引いて来ました。
  側溝に水が流れ、かぶせてある網が涼しいので、皆で座りこんで休憩、バックに有った菓子を分けて、エネルギー補給。
  少ししかなかったんだが、とりあえず良かったです。 (自販機があったはずが無くなってる様だし)

 元気を取り戻した所で、又走り出しますが、まだまだ上りは続く様です。
  上りがきつくなって、まだかよ! って思いながら、一人走ります、少しゆるくなって頂上? と思いきやカーブの後、
   まだ上りが、其れを何度か繰り返すと、前方左側に小さな標識、やっと頂上です。
  水分補給し、戻ります、途中で2人に もう少しで頂上!! 声を掛け通り過ぎ、箕浦さんの所まで、さすがに急坂、
   歩いていますが、元気そうなのを確認し、Uターンする。
  追い付いて、今度は一緒に歩く事にした。
  急坂なんでこれ過ぎたら少し楽になるので、それから乗れば良いよ! と言いながら、右側へ。
  出来るだけ日陰になっている所を行ける様に、左側も歩く事にした。
  「中津川」に行った時にもこんな歩きをしたね! とか話しながら、それでもすごい73歳ですよ。
  歩いて居ると、緩やかになったのが解からず、前方に2人の姿が、頂上です。
  頂上で休憩、通り抜ける風が最高に気持ちいい、誰かさんは寝てるんだよね。
画像

 一休みをし、今度は下りです。
  下り長いし、カーブばかりなのでスピードは出し過ぎない様に、手が大変なんだよね! 先頭箕浦。
  下りは得意箕浦さんって感じ、この前は離されたからなあ! 快調に走って下りますが、右に左にカーブが有って、
   ペダルの位置を換えながら走るのは、最高ですね。
  ブレーキを掛ける指が痛くなって来て、下ハンドルに持ち換えて走るが、やはり恐怖感があるね。
  顔を上げてるのがきつい、歳だねえ! とにかく下れ! 下れ!! やっと橋が見えて、ストップだ。

 T字路右へ、そのまま下り坂を更に下って、右側に有る、「白龍の湯」へ。
  露天風呂のみの小さな温泉、410円を払って中江へ、 良いわあ! 温泉!! 
  入り過ぎると、帰って疲れるので、適当に温泉を堪能し、出る事にした。
画像

  温泉の横を川が流れているが、白くはなって無い。 (温泉を流れる川は、硫黄で白いイメージがある)
画像

  時間は1時、腹も減ったので、そのまま下って303号線に出た所の喫茶店、昼食です。
画像

  店内奥の席、ダム湖を見ながらのランチも良いもんですが、残念ながら水が濁って居たんですよね。
  腹ごしらえもすんで、店を出た所で1枚。
画像

  再びトンネルを通って左折、旧道を走る、車は来ないし日陰が多く、最高のコースだが、途中 “工事中全面通行止め”
   の看板、行ける所まで行って見よう・・・・ そのまま通過、赤い車が追い越して行ったので、行ける?
   残念ながら行けませんでしたので、戻って国道を少し走りトンネル前を右折、反対側の旧道へ。
  こっちも通行止め、仕方なく戻って国道を走らざるを得ず、トンネル内は歩道を走るが、所々水溜り、跳ねは上がるは、
   切れ目の所で、大きな音がするは、隙間が開いている所もあって、怖かったが無事通過。
  「谷汲」へ行ける交差点を右折、旧道を、「朝鳥公園」を過ぎた所で、後藤、箕浦さんは右、私、内籐さんは左です。
  
 私等は、何時ものコースを走って「大野町」役場の所で別れたんですが、皆無事故で戻ったのかな?
  天気も良かったし、コースも良かったんだけど、少しバラバラになり過ぎたね。
  登りのコースなので、体力差が大きく出てしまい、予定外の解散になってしまった。
  これからの事を考えると、もう1人の仕切り役が必要だね。

 走行距離、75キロ程、思ったより疲労感なく、跳ねの上がった自転車を掃除だけし、しまう事にした。
  バーテープがはげて来てしまっているので、巻き直しが必要だ、色をどうするかな?
  やはりこの自転車は、上りが好きな様だ、下りはより安定する感じだし、まだまだ換える予定は無い、金もないし。
  ハンドルステムを60mmにして、フォームも良い感じだし、頑張るだけだね。
  さあ、 今度は「琵琶湖1周 150キロ」 体調を整えて、楽しく完走出来る様に、練習だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラブラン「春日」〜「揖斐高原」 道どっちだ? ちゃりんこPit/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる